他人のための自粛

今回の新型コロナウイルスの自粛は他人のための自粛といってもいいでしょう。
でも実際問題、他人のために自分の人生をかけてまでの自粛ってできるんでしょうか。
知らない他人の命を守るよりも自分や自分の家族の生活や命を守る方が優先だと考える人が多いはずです。

お金に余裕がある人やそこまで生活レベルが変わらない人は問題ありませんが、収入がなければ破綻してしまう家庭の自粛は死活問題です。
今回の自粛で借金を多く抱えて自己破産したり、解雇等で今までの生活にもどれなくなる人は多いでしょうし、そうなると自殺者は当然増えていくものと想定できます。

正直国が自粛を要請するならそれ相応の金銭的損失を補償してほしいものです。
自粛は要請する、でも金銭的補償はしない、というのでは切羽詰まってしまっている国民は納得しないでしょう。

知らない他人のために全てを犠牲できる人間なんてそうはいません。
中には周りに白い目で見られるのが嫌だから生活の破綻を覚悟で自粛する人はいるでしょうが、そういう人はひっそりと命を絶つ可能性が高いでしょう。
それでは結果的に他人のために死を選ぶ選択をしたことになってしまいます。
だからこそ国が金銭的補償の方向で政策を考えてほしいと思います。

国がだめなら私たちでも募金活動でもなんでもして損害を補填するシステムを作り上げるとか、国民全体の力でなんとかできたらなと思います。
私の場合は今の段階では問題はありませんが、まぁしいていえば施設の維持費くらいですね^^;
なので私は今のところは何か少しでも協力していきたいなと思っています。

とにかく新型コロナウイルスの一日も早い終息を願います。
今回の緊急事態宣言で終息の兆しが見えてくることを願うばかりです、今月末には目に見えてきますからそれには自粛、我慢です、緊急事態宣言の範囲が広がらないように終息を目指しましょう。

みなさんいろいろな面で大変でしょうが頑張ってしのぎましょうね、国が動かなくても個人的に応援する人は必ずいますから^^

歴史的自粛

新型コロナウイルスの猛威で自粛要請が続いていますが、明日にはついに緊急事態宣言がされるようですね。
それにしても公務員やある程度給料が保障される会社員は生活面ではそこまで困らないですが、収入の保証がない人たちにとっては絶望しかありませんね。

これがあと何か月続くかもわからないとなると、家賃も払えない、生活費もないとなれば食事にも影響が出てきてしまいます。
その状態で1,2か月と持つのかどうか、それを考えるだけで恐ろしいですよね。
それが半年、一年と続く可能性もあるとなると普通に考えても生きてはいけないでしょう。
何も対策がなければ餓死者が出たり、犯罪が起きたりするかもしれません。

それでもやはり学校より、働くより、命が大事なことです。
でも収入がなければ命も守れない、だからこそ危険を承知で働いてしまうんでしょう。
子供がいる家庭やローンを組んでいる人は今は不安しかないでしょうし、内定取り消しやリストラにあっている人も、このいつ終息するかわからない状況ではお先真っ暗です。

今まで作り上げられた生活がすべてリセットされてしまったり、マイナスに転じてしまうかもしれないのは恐怖でしかないでしょうね。
自分一人ならまだしも、守るべきものがいる人たちにはかなり残酷な仕打ちです。
でもこのような状況になったからこそ、人として本当に大切なものは何かということを考えられると私は思います。

これまで戦争や災害等、いろいろなことがあるたびに人は絆や人との温もりを改めて実感してきました。
長い年月で麻痺しそれが薄れると、またそういった人としての大切なものを後回しにしてしまいがちです。
不安や苦労、辛さがある今だからこそ、助け合ったり励ましあったりすることが今まで以上にでき、これまで見失って欠落していた事に気づかされることでしょう。

今の時代はネットがある分、会えなくてもつながりは持てる、それだけでも随分幸せなのかもしれません。
そういった些細な幸せを感じることがある意味必要です。
もしかしたらこれはそういった大切なことをおろそかにしてきた罰なのかもしれませんね。

この状況に終息が見え始めたら景気はグングンと上がってくるはずです、ある意味バブルのように。
家賃の支払いや銀行の支払いなどは恐らく国の政策で何とかしてくれるはずです。
そうでなくても事情が分かっているはずなので、自主的にそうしてくれるでしょう。
痛みはみんなで分かち合い、だからこそ団結できる、そしていずれ終わるであろうこの事態を力を合わせて乗り切っていきたいですね。

光が見え始めた時には気分は癒えます、それまでみなさんなんとか頑張っていきましょう^^


志村けんさん訃報

いきなりの志村けんさんの訃報
新型コロナウイルスに感染して重症化していることは知っていましたが、まさかという知らせでした。

これまで日本での死者は57人となっているようですが、これまではいまいち実感が湧いていませんでした。
志村けんさんと私は知り合いではないですが、やはり有名人ということもあって一方的にはよく知っていて親近感があり、それがあったからこそ衝撃的でした。

しかしこのように普通に生きていた方がいきなり新型コロナウイルスに感染して2週間余りで亡くなってしまうというケースはこれまでもあったわけで、そう考えると身近な人が不幸なことにならない限り、他人事のように捉えてしまうのかなぁと感じました。
少なくとも私はそうでした。

有名人も一般の人も命は同じはずなのにこのように感じてしまったことはとても反省すべきことだと思います。
これから亡くなられる方が増えていくことは避けられない状況のようですが、一人一人の命を同じように重く捉えていきたいと思います。

これまで新型コロナウイルスで亡くなられた方々にご冥福をお祈りいたします。

京介

緊急事態?

私はiPhoneを持っているのですが、今のiPhoneは設定によって三本指で2度タップすると拡大表示ができるようになっているんですね。
老眼なのか、細かい字が見えずらくなっているのでこの機能をよく使うんですが、先日その拡大表示がいつもよりもなぜかさらに拡大してしまい、そこからどんな捜査をしても元に戻らなくなってしまったんですね^^;

通常は2回タップして拡大表示になって、再度2回タップすると元に戻るのですが、まったく反応しなくなってしまってその状態のままになってしまいました。
スリープ状態にはできたので再度電源をつけてみると暗証番号の画面が出るのですが、拡大表示すぎるので操作ができず、更には顔認証も反応しませんでした。

それならとスリープ状態ではなく再起動をしようとしたのですが、再起動はまずボタンを押して再起動する画面を呼び出すのですが、再起動するにはその画面上で再起動の操作をしなくてはならず、そこも拡大表示すぎて操作できずに再起動できませんでした。
最終手段として音声で操作できる「siri」に「再起動して」と頼んだのですが、「手動でしてください」との指示でお手上げ状態・・・。

これはもう自然に放置して電源を落としての再起動しかないと思ったのですが、それには1日以上かかるかもしれないので試行錯誤するしかありませんでした。
そんな状態を雑談時でお話ししていたキーさんも見ていて心配そうにしていたのですが、このことが緊急事態というのではなく、そこから大変なことが起こってしまうんです。

それからどうしようかと試行錯誤しながら画面をいじってのですが、そしたらそんなボタンを押してもないのに、なんと緊急通報してしまったんです・・・。
緊急通報とは110番のことで、再起動時の画面に一緒に出てくるものなんですが、拡大画面ではその緊急通報の表示はでていなく、確実にそこには触れていないのですが、勝手にかかってしまったんです^^;

取り消そうにも画面が反応しないので取り消せず、そのまま相手側が出てしまい「事件ですか?事故ですか?」と当然のことながら聞いてきます。
私はとっさに「間違いです、すいません」と一言謝り、相手側も「わかりました」と返答して事なきを得たように思えたのですが、なかなか電話を切ってもらえず少し沈黙。
私側の方は操作ができないので電話を切ることができずにいたのですが、5秒くらいしてやっと通話終了となりました。

生まれてこの方初めて110番通報をしてしまい、横にいたキーさんも「初めて110番通報しているのを見た」と苦笑い(汗)
先週やってしまった大失態のお話しでした。
電話対応してくれた方には大変ご迷惑をおかけしてしまいました、ごめんなさい。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

Q&A 「キー卒業について」

コメントから来た質問です。
質問があると記事も書きやすいのでスパ関係でも日常のことでもなんなりと質問してきてください^^
なお、質問はコメント欄からお願いします。


Q.
よく、「年齢的にそろそろキーを卒業しなくては…」と聞きますが、やっぱり、ある程度の年齢でキーを卒業しなくてはいけないものなのでしょうか?
ある程度の年齢…30代位でしょうか?京介さんは何歳位とお考えですか?
私は遅咲きのキーで、キーであることに気が付いた時点で卒業しなくてはいけない年齢でした。

A.
キーを卒業するかどうかは本人が決めることです、自分が心地いいのであれば卒業なんてする必要はありません。
なんでキーを卒業したいかというのはそれぞれ理由がありますが、お仕置き欲求に心を揺さぶられたくないとか、キーである自分を受け入れられないとか、パートナー関係に違和感を持ったりとか、出会いにリスクがあるとか、いろんな要素があると思います。
その一つの目安が個々に設定した年齢で、歳を重ねるにつれてその思いが強くなっていくのでしょう。

ただ、キーであることをそれも自分なんだと受け入れ、そうすることで気持ちが楽になるという人もいます。
そうやって受け入れちゃえば卒業なんてしなくたっていいんです。

といっても、年齢を重ねるにつれてお仕置きをしてくれる人が少なくなってきたりするので、お仕置き欲求が強いままだとそれもまた辛いことになります^^;
そういうことからも結局は早く卒業したいということにつながっていくんでしょうね。

遅咲きのキーさんはやはり相手探しが難しいですが、お仕置きをある程度経験しないことには欲求は薄まってくれません。
だからこそ年齢を重ねると大変なんですよね^^;

ちなみに私のサイトでは35才までと年齢制限をかけていますが、もう少し依頼の人数が収まってきたら年齢制限を45~50歳くらい引き上げるつもりでいます。
そういう人こそ欲求を薄めるのにお仕置きが必要なのかもしれませんしね^^;

ま、いろいろな人からの要望があったのでそのように考えています、人が増えすぎても対応しきれないことも想定していろいろと検討します^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

卒業シーズン

もう卒業シーズンですね。
今期は新型コロナウイルスの影響で卒業式中止が相次いでいますが、それでも規模を縮小して卒業式を行う学校はあるようです。

卒業は別れでもあります。
いつも一緒にいた親しい人との別れは悲しいものです。
お世話になった大好きな先生との別れも悲しいですよね。

また卒業といえばキーからの卒業、パートナーからの卒業もありますね。
就職や転勤を機にパートナーと離れなくてはならない人もいるでしょう。
また、これに関しては今がシーズンというわけではありませんが、彼氏が出来たり結婚を機にパートナーから卒業せざるを得ない人もいるでしょう。

大好きで離れたくないパートナーから諸事情で離れざるを得ないというのはとても辛いものです。
それが一方ではなく、お互いに離れたくないと思っているのに離れざるを得ないというケースというのはそれはそれは辛いでしょう。
一方がそういう選択をせざるを得ない状況になった時にもう一方は背中を押してあげるのが一番ですが、好きで離れたくなければつい関係を続けて欲しいと言ってしまいがちで、その一言が相手に辛い思いをさせることにもつながります。

関係を続けたいと言う方も相手のこと考えると追い詰めることにつながるので辛いですが、自分のことを考えると黙っていられなくなって言ってしまう。
言われる方も相手に悪い事をしたという罪悪感で辛くなる
だからこそ黙って見届けてあげないと、どんどんと悪循環に陥ってしまいます。

相手を失って初めて相手の大切さ、重要性が分かるものです。
守るものがあるならば、突然の別れはあるものです。
急に離れなくてはならなくなるかもしれないと想定しておけば普段でも思いやりのある言動ができると思います。
些細なことで喧嘩したり、突き放してみたり、気持ちを素直に言わなかったり、そういうことは後悔につながるので、大好きな人にはしっかりと愛情表現をしていくべきだと私は思います。

特に相手に配偶者がいたり、彼氏彼女がいる人とパートナーになる場合はそういったことを踏まえてお付き合いをしていかなければと思います。
もちろん配偶者がいる人と性行為をしたら、それは不貞行為で慰謝料請求の対象となりますからそういったことのないようにしないといけませんね^^;

もしそのようなことをしてしまった人はお仕置きです!
その場合はお尻ペンペンのお仕置きをしますので正直に申告してください(笑)


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

学校休校

新型コロナウイルスの影響で小学校、中学校、高等学校が今日から休校になってしまいましたね、びっくりです^^;
賛否両論があるようですが、このような決断をしたことは私は立派だったと感じます。

もし休校にしてなかったらどういう結果になったのか、、、ということはもうわからなくなりました。
なので「ここまでする必要はあったのか」という声がでるのは当然かもしれません。
そしてこの対処がうまくいったとしても、うまくいったかどうかの判断がつかないので、残念ながら批判は免れないでしょうね。

ただ私が思うに、このまま対策が遅れて中国の武漢市のようになってしまったとしたら、それこそ最悪の政府となってしまうのは確実です。
批判するのは簡単ですが、その批判している人たちが責任のある立場であったなら、手遅れにならないように苦渋の決断をしなければならなくなるのではないでしょうか。
私は政府のような責任のある立場ではないからこそ、前記事に書いたように自分自身の憶測でものを言えるんですけどね^^;

学校が休みになり、共働きの親たちが会社を休まなければならないとか、そういうところまで考えてくれていないとか、批判が相次いでいますが、命より仕事が大事なわけはありません。
いきなりすぎるといっても手遅れになるかもしれないと考えたら1日でも早いほうがいいに決まっています。
もし仮に武漢市のように感染が広がってしまったら今度は自分の家族の命を考えなければならず、そうなったら仕事は二の次ですからね。

卒業シーズンともかぶり、そういった意味でも批判が出ているようですが、卒業式等があるから、本人たちが可哀そうだから休校はやめますなんて判断はできませんよね。
給料が入らなかったら生活ができなくなる、お客さんが入らなかったら店はつぶれる、倒産も相次ぐ、これはもうしょうがないことだと思います。

それはこういった未知のウイルスが発生してしまったわけなので、痛みはみんなで受けなければならず、まずは命を守ることが最優先だからです。
考え方が「まぁ大丈夫だろう」と考えるのか、「もし武漢市のようになってしまったら」と考えるのとは大違いですし、もし武漢市のようになると最初からわかっていれば休校は当然のことで、政府からは休校どころかもっとたくさんの要請がでてくるでしょう。

今回のウイルスは子供には感染しずらいという情報もあり、そういったところからやりすぎだという声が上がっていることもありますが、休校要請しないで子供からどんどんと感染が広がってしまったらそれこそ大問題です。
現時点ではそこまではっきりとウイルスの正体がわかっておらず、恐らく大丈夫だろうという考えでは危険です。

新型コロナウイルスに関しては、終息はなくても国民みんなの協力で感染を遅らすことはできるわけです。
今感染を遅らすことには大きな意味があって、それは新型コロナウイルスの特性の解明をしたり、既存の薬で代用できるものを探したり、ワクチンを開発する、そういった時間が必要で、遅らすことによって時間稼ぎができるわけです。

特に高齢者が肺炎にかかったら死に直結する可能性が高いので、予防方法も含めて今回のウイルスの特性を解明し、治療薬やワクチンを開発する必要があります。
今の段階で急激に感染が広がったら対処できず、死者も増え、国民はかなりパニックになって、中国武漢市の二の舞になってしまうかもしれません。
電車内でのトラブルも、買い物時のトラブルも、中国での出来事をみているようなことが日本でも起きていますからね^^;

こういったことを考えた場合、今回の休校要請は政府であれば出さざるを得ない判断だったと思います。
人間対ウイルスの戦いは今に始まった事ではありませんが、ウイルスを撃破できるように感染を遅らすことも一つの手段です。

まぁ休校要請についてはよく出せたなという意味で立派だと表現していますが、私個人的にはこれまでと同じく、そこまで恐れる必要はないと思っています。
今は致死率が2%となっていますが、これはインフルエンザ(0.1%)の20倍です。

脅威は脅威ですが、まだまだ風邪気味の人でも検査を受けている人は少なく、私の勝手な推測ですが、結果的には日本での致死率は1%未満にはなるのではないかと思っています。
責任のない立場だからこそ言える個人的見解ですが^^;

マスク、トイレットペーパー、ティッシュの不足、子供の対応、仕事、経済的損失等、国民の殆どが痛手を負っているわけですが、ここはみなさんで協力し合って一日も早く今までの日常を取り戻せるようにしていきましょう^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスがCOVID-19(コビッドナインティーン)と名付けられましたが、まだまだ猛威を振るっていますね。
現在は感染者約78000人、死者は約2600人という事態になって、隔離ではもうどうにもならない、日本各地で感染源のわからない感染者が広まりつつあります。。

何が怖いかというとこのウイルスはまだどのようなものかがはっきりとわかっていないということでしょう。
おそらく今から日本でも爆発的に感染が広がって蔓延するでしょうが、それでもウイルスについてよくわからない状態であればかなりの恐怖でパニックになるでしょう。

ただ、ある程度解明され、治療薬も現在の何かしらの薬で代用できることが分かれば、インフルエンザと同じような扱いになり、これまでの恐怖とは少し違う感覚になるでしょう。
とにかく怖いのは肺炎であって、軽症者は風邪の症状でおさまりますが、悪化すると肺にまでウイルスが行き、肺炎になってしまうので、特に高齢者は要注意となります。
普通の風邪でも悪化したら肺炎になりますけど、このウイルスは特に肺炎になりやすいタイプのウイルスなんだと思います。

私の予測ではピークは3月いっぱいで、ゴールデンウィークの頃にはおさまってくるのではないかと思います。
それは単純に風邪ウイルスは気温や湿度の上昇に弱いからです。
それでも夏でもコロナウイルスによる風邪はあるわけで、これは終息はなく感染者がいなくなるということはないと思います。
すなわちこのまま一般的な風邪として蔓延する可能性が高いのではないでしょうか。

ウイルスはその個体では生命を維持できないので、人間のような生命体の宿主が必要で、その宿主の細胞の中で増殖をしていく生き物です。
なので宿主がなければ生きていけないのでドアノブやつり革等についたウイルスは2~8時間ほどで死滅するとされていますし、環境によっては24時間~48時間という場合もあるそうです。

しかし新型コロナウイルスはドイツの研究チームによると、平均4,5日、最長9日間生きられる可能性を示唆したと発表しており、それがその通りなら、それはそれは驚異のウイルスということになってしまいます。
これはいってみれば人間とウイルスの戦いですね。
人間は自分たちが住みやすいように地球を支配して人間本位に地球を操っていましたが、地球の生命体は人間だけではないので生物の本能としても反逆するのは自然の摂理です。

ウイルスに攻撃されない対策として、私たちが個人でできるのは予防しかありません、予防というと、うがい、手洗い、マスクが基本となっていますよね。
ウイルスを付着させないというのは物理的に不可能なので、ウイルスが付着したり体内に侵入してしまうのは避けようがありません。
しかしその付着した個数は減らすことができます。

仮にの話ですが、1000個ついたウイルスを100個くらいに減らすことは可能ですし、減らしたウイルスが体内に入っても今度は人間の持っている免疫力でやっつければ全て死滅させることができます。
いかにして体内に入るウイルスを少なくし、いかにして大量のウイルスを死滅させる免疫力があるかがポイントになると思います。
また普段はある程度の個数のウイルスを死滅させていても、寝不足やストレス、疲れや体を冷やすことで、普段持っている免疫力を落としてしまうと、ウイルスの増殖を許し、風邪やインフルエンザにかかってしまい、そういうケースで体調を崩す人は多いです。

つまり対策にはうがい手洗いマスクに加えて、免疫力の維持やアップも必要なことです。
あまり除菌除菌と気にしていても菌やウイルスに弱い身体となってしまうこともあるのでやりすぎはよくないこともあります。
私も独自の免疫力の維持やアップをしていますが、独自なものなので、真似して体調不良になられても困るのでここでは伏せておきましょう^^;
まぁ筋トレとは違いますが、いろいろな方法で人間の体の機能を向上させるみたいな感じです^^;

それと予防の一つにマスクというのが常識となっていますが、実はマスクについては予防としてのエビデンス(科学的根拠)がありません。
インフルエンザの予防を検証する研究がいくつかされており、ランダム化比較試験の結果で、いずれもマスク着用と非着用のインフルエンザ感染発症率に統計的有意差はなかったと出ているので、専門家の間ではマスクの効果は無しとされています。

逆にマスクを一旦外してポケットの中やカバンの中に入れたりしていると、そこからマスクにウイルスが付着したり、取り外した手からマスクにウイルスが付着し、それをまた使用するとウイルスが直接口についた状態で呼吸することにもなりかねません。
ウイルスはマスクの細かい網目も通り抜けるので、使い方によっては逆効果になりますので過信注意です。

ただ、マスクは感染者が飛沫を飛ばさないようにするためには大きな効果はありますし、保湿効果もあり、正しく使えばデメリットはないみたいですから、あったほうがいいかなとは思います。

ま、ウイルスに対抗するには予防しかありませんからしっかりと体調管理をして予防は徹底しましょう。
とにかく3月いっぱいは気を引き締める必要があります。
これからの情報次第でいろいろと状況は変わってきますが、重症者も確かにいますが、軽症者も多いことからもあまり恐怖に感じないように、感染した人を差別的に扱わないようにすることは大切だと思います。
いち早く感染して、新型コロナウイルスの抗体を手に入れる!という考え方もありますしね(命がけですが・・・)

あのダイヤモンドプリンセス号の中でも700人弱の感染者が出ましたが、あんなに閉塞された空間、しかもほとんどが高齢者にもかかわらず3000人以上は感染しなかったわけですから、感染しない人にはしない、軽症者も多いし、肺炎になりやすい風邪ウイルスというちょっと軽い感じで受け止めた方がいいのではないかと感じます。

このままの状態で外出も避け、イベントの中止が続いたら、当然経済は落ち込み、それこそ大変なことになってしまいます。
インフルエンザで経済閉鎖なんてことは考えられないことですからね。
でも政府的には自粛を示唆せざるを得ないでしょうから苦しいところだと思います。

未だに新型コロナウイルスの正体が解明されていないのでこのような対応になっているので仕方ないですが、空気感染の疑いや、若い人の重症化、感染力の強さや発症前の人からの感染、などなどはインフルエンザでも起こっていることですし、空気感染についてはインフルエンザもそういう疑いをもたれて研究されている事でもあります。

なのでパニックにならないように、致死率も重症率もインフルエンザに毛が生えたくらいに思っていたほうがいいでしょう。
あくまで私の見解であり推測であるということは最後にいっておきます。
なので軽く考えないように、十分警戒をした上でパニックにならないようにという趣旨でのことですからね。
まぁこの経験則での推測は2,3か月後に明らかになるでしょうけど^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

ドミナントとサブミッシブ

ドミナントとサブミッシブという言葉が最近になってかなり広まるようになりましたね。
とはいってもこれは英語の言い方であって、日本語でいえば単なる主従関係(支配者と隷属者)です。
まぁ支配と服従の関係ということです。

そういう関係はこれまでは”SM”の主従関係という見方をされていて、支配欲のある人はS、支配される側はMと決めつけられていたんですね。
ですが実際はS(加虐嗜好)じゃなくても支配欲があったり、M(被虐嗜好)じゃなくても被支配欲(従属欲)がある人もいて、そういう人たちにとっては違和感でしかなかったんですよね。

まぁ昔のことはわかりませんが、もしかしたらキーとカーも昔はMとSと言われていたかもしれませんしね、そういう違和感です。
日本語で表現したら「俺は支配者嗜好だ」「私は隷属者嗜好だ」となり、そうなると少し滑稽というか、威張っているお山の大将的に見られそうですしね、そういうこともあってそんな表現はしなかったのかもしれません^^;

そんな中、ドミナントとサブミッシブという言い回しが出てきたことで、自分を表現する言葉として違和感なく受け入れられ徐々に広まっていった感じでしょうか。
「私はMではなくサブミッシブだ」と公言する人も多いようですが、もちろんその通りでMは被虐を好む性癖であるために、被虐を好まないサブミッシブ(服従欲)も当然います。

まぁ「私は服従したいタイプ」「私は隷属者(従属者)嗜好」と表現するよりも「私はサブミッシブ」と言ったほうがおしゃれでスッと心になじむ感じに聞こえますよね。
同じく「俺は支配者嗜好」というよりも「俺はドミナント」という方が全然センスいいですよね。

そもそもドミナントとサブミッシブという言葉が日本で頻繁に使われるようになったのは、2015年に公開された「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」という映画からだと認識しています。
この映画は私の知人からの勧めで観たことがあるのですが、簡単にいうと支配欲でしか性欲を満たせない男性がノーマルの女性に惹かれ、その女性と主従契約を結んだのですが、性癖の違いでうまくいかずすったもんだがあるという感じの映画です(笑)

ドミナントというのは支配者嗜好
サブミッシブは被支配者嗜好=服従嗜好=隷属嗜好=従属嗜好です。(どれも同じ意味です)
SMの関係であれば当然Sは加虐欲があり、Mは被虐欲があり、Sが罰を与えている時はM側は支配されてるという事になります。
つまりSがMを責めている時はドミナントとサブミッシブの関係といってもいいと思います(主従関係)

ただ加虐欲が無かったり、被虐欲がない場合はSでもMでもないので単なるドミナントとサブミッシブの関係になります。
SとMはもちろんですが、これがキーとカーであったりしても、管理監督という面から考えると場合によってはカーでありドミナント、キーでありサブミッシブというような関係もありえます。

これらは支配欲と被支配欲を持っている者同士の関係ですが、日常にもあることです。
それは会社の上司と部下であったり、師弟関係、親子関係、恋人関係等で、そうした関係を構築せざるを得ない環境下で起こり得ます。
従わざるを得ないという意味ではまったく別ものではありますが、契約や約束事をして本人の意思とは関係なく縛り付け、約束事を破ったら何かしらの罰があるわけですから、これも主従的な関係でドミナントとサブミッシブの関係といえます。

勘違いしやすいのはドミナントとサブミッシブというのは支配したい人と支配されたい人という意味合いであり、本来そこにSMは関係ありません。
しかしそういう関係の代表にSMがあり、SM的なお仕置きをするのでそう認識されるだけで、それがゲンコツでもビンタでも叱るだけでも、干されることでも、それは罰であり、性的な罰ではなく、そういう罰をくだす関係も当然ドミナントとサブミッシブです。

SとMの意味は加虐したい人と加虐されたい人
カーとキーの意味はお尻を叩きたい人と、お尻を叩かれたい人(叩く事が悪い事の罰かどうか人それぞれ)
ドミナントとサブミッシブの意味は支配したい人と支配されたい人

Mであり、サブミッシブの人もいます。
キーであり、サブミッシブの人もいます。
そしてMでもキーでもなく、サブミッシブだけの人もいます。

長々と書きましたが、ドミナントとサブミッシブという関係にSMや性的な事をこじつけないで単なる支配と従属と考えるとわかりやすいかと思います。
その中で自分がどういう嗜好を持っているか、それが一つなのか、複数持っているのかを見極めて、自分の嗜好を探っていけばいいと思います^^

ちなみに私の性癖はドミナントでS、私のプライベートの深い仲の人たちは全てサブミッシブということになるでしょう・・・。
それはこれまでお付き合いした人全員に対してそうだったような気がします^^;
こういう性格だからこそキーさんと相性がいいんだと思いますよ^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

支配と管理

前記事の管理されること という記事の中で支配と管理は似ているようで違いますと書きましたが、今回はそういったお話をしたいと思います。

人間に対する支配と管理という意味は同じ部分もありますが、まったく異なる部分もあります。
それは親と子供を例に挙げてみると分かりやすいかもしれません。

親は子供を管理するものです。
健康や食事、生活習慣はもちろんのこと、社会性を身につけさえるために教育や躾をします。
それは将来しっかりと自立し、社会に通用する人間に育てるために必要なことで、そういったことも含めて管理監督をするわけです。

しかしそれが支配だとしたら話が違ってきます。
支配とは自分の思うとおりに相手を束縛することで、それは自分の理想を押し付けるような躾となります。
もちろん生まれたばかりや自我が芽生えるくらいまでは完全な支配が必要ですが、自我が芽生えてからの支配は単なる押し付けや強要になってしまう場合があります。

学歴や職業にこだわり、自分が成しえなかった夢や自分が経験して後悔したことを子供にさせないようにするために支配しがちなんでしょう。
それが子供の意思であれば何も問題ありませんが、無理矢理子供に強要するということが問題なわけです。

そういう親は子供のことを思うからこそ強要する場合もあれば、単に世間体だけを気にして子供に強要する人もいます。
しかし子供にとってはそれは自分の人生とはいえません。
親に怒られたくない、叩かれたくない、機嫌を損ねたくない、見捨てられたくない、嫌われたくない、、、
そういう恐怖心があると親のいうことを聞かざるを得なくなってしまう心理状態になってしまいがちです。
しかしそういった人生を振り返ってみると自分のしたいことができてなかった人生に無性に虚しさを感じるものです。

管理というのは子供が一般社会で通用するような社会性を身につけさせるために管理監督すること。
支配というのは親のエゴで子供が納得していないことまで強要してしまうこと。
納得してなくても社会性を身につけさせるためには支配も必要なので、支配と管理は同じ意味合いな部分もありますが、やはり明らかな違いはあるんですね。

親子関係を例にとりましたが、人間を支配する、管理するというのは似ているようで違うものです。
キーやカーの関係性でも管理したり、支配したりということがあります。
管理というと生活の管理となりそれは親と子供の例と同じですが、大人が大人を支配するとなると相手が従属するわけで、従属するのは本人の意思でもあるのでそこは親と子供の例とは違ってきます。

大人になっての支配関係というのはSMの主従関係というのがあげられるでしょう。
支配というのはその中に管理も含まっていますし、絶対服従的な意味合いもありますしね。
そのような支配関係のキーさんとカーさんもありえますよね、それは家庭的な関係ではないキーさんとカーさんですけど、主従だからといってSMだ!というわけではないですからそれもありうる関係です。

その関係に関してはここ数年前からは映画の影響もあり、支配と従属の関係を「ドミナント」と「サブミッシブ」と英語での言い回しが一般的になりつつあるようですね。
「私はMではなくサブミッシブ」と訴える人が増えた気がします。

とうことで次回は支配者(ドミナント)と従属者(サブミッシブ)について分かりやすく書いてみようかと思います。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

管理されること

お仕置きを好むキーさんは基本的に管理されることを望んでいるものです。
それは悪いことに対してお説教をし、二度としないようにという意味も含めてお尻ペンペンのお仕置きをするわけですから、そこでカーさんとキーさんはこの悪いことに関しては管理する側とされる側になるからです。

管理しているからこそ今までの悪いことを把握しているわけで、また繰り返したらもう少し厳しくお仕置きをすることになります。
更に同じ悪いことを繰り返すようなら目を光らせてその都度確認したりしますから、それは結果管理なわけです。
管理という言葉が生々しいので、思わずそれは違うと感じたとしても、放任ではお仕置き関係は成立しないわけですし、一度お仕置きされたこととか約束したことをカーさんが忘れていたとしたら嫌な思いをするでしょうから、お仕置きを好むキーさんはある程度の管理を望んでいるということになります。

管理とは聞こえが悪いですが、子供は親の管理下にありますよね、そういう意味でも管理はお仕置きのセットのようなものです。
躾をするということは相手をしっかり見ているということであり、そういうことで愛情を感じて満たされるのが家庭的なお仕置きを好むキーさんでもあります。
お仕置きはされたいけど、その土台にはこういった管理されているという愛情が無ければ満たされないのがお仕置きを好むキーさんでしょう。

ただその中にも非常に強く管理されたいと思うキーさんもいます。
管理されていたり監視されていると思ったら約束をしっかりと守れる力が芽生えてきたりします。
自分の今日の目標を決めて報告することで、その目標を達成できる原動力になったりするようです。

また、約束をしたことが毎日できているかどうかの報告をすることで、自分の力だけでは怠けてしまうところにプラスαの力が働いてできるようになったり、出来ない日があったらそれについてはお説教されて後日お仕置きとなるので、改めて気持ちを引き締めたりもできるようです。

もっと管理されたい人は起床の挨拶から就寝の挨拶まで、すべての行動を報告してそれが自分の活力になったりするようで、こういう人は”管理下欲”がかなり強いんでしょうね。
ここまで行くと支配関係みたいな感じですが、支配と管理は似ているようで違うところがあります(そこら辺の話は後日記事に書きたいと思います)

私の活動でもそういう意味ではキーさんを管理しています。
もちろん日常的な管理ではなくお会いした時に、約束したことを持続できているか、悪いことを繰り返してないか、新たな悪いことは無かったか、ということを確認しているのでこれも管理です。

私の場合キーさんとはパートナー関係ではないので、日常的な報告などのやり取りは対応できませんが、お会いした時にしっかりと対応するようにしています。
一度した約束や反省内容、そして大まかな話は基本覚えていますし、そうであるからこそパートナーっぽくやり取りができているんだと思います。
まぁたまに忘れることがありますけど、そこは人間ですから大目に見てください^^;

それでも私は何人ものキーさんと接していますが、キーさんからしたら私だけという人も多いので、それなのに話したことを忘れていたり、違う人と間違えて話をしてまったらやはりショックですよね、そういうことがあったときは深く深く反省しますし、もしそういう事があったら遠慮せず怒ってくださいね^^;

で、管理されることに強い喜びを感じる人は稀にいますが、そこまでではなくてもキーさんは相応の管理を望んでいると私は思っています。
お尻を叩かれるというよりも自分のこれまでのいきさつをしっかりと知っていてくれなければその場限りのお仕置きとなってしまします。
こちらが相手のすべてを把握して、いい子とも悪いことも日常生活も把握しているからこそいい関係性が築けるのではないでしょうか。




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

新型コロナウィルス

中国武漢で発生した新型コロナウィルスですが、かなり猛威を振るっていますね。
もともとコロナウィルス自体は一般的な風邪ウィルスの一つで、人の風邪の症状の半分はこのコロナウイルス(10%~15%)とライノウィルス(30~40%)で占めていて症状も軽いものです。

そのコロナウィルスが変異したものがSARS(サーズ)でありMERS(マーズ)で、今回の新型ウィルスはこれから名前がつくと思いますが、サーズやマーズと同じようにコロナウィルスが変異したものです。
変異するとこれだけ強烈なウィルスになってしまうんですね、恐ろしいことです。

SARSについてはコウモリが宿主の可能性が高いようですから、今回の変異も中国のコウモリが原因かもしれません。
ちなみに日本にいるコウモリは中国にいる原因となったコウモリとは違う種類ですから今のところ心配いりません。
まぁ中国はコウモリを食事用にスープにして食す文化があって普通に市場で売っているので、そこから人に感染した可能性は高いかもしれませんね。

これから新型コロナウィルスの宿主をある程度絞り込んでいくことになりますが、コウモリからというのは私の推測にすぎませんからね^^;
他の動物が原因である可能性は普通にありますから、当たらなかったらそこはさっと流しといてください^^;

今回の新型コロナウイルスがどれだけ脅威かは致死率を見ればわかりやすいと思うので、ちょっと調べてみました。
インフルエンザウィルスは約0.1%
SARSは約10%
MERSは約30%
新型コロナウィルスは今のところ3%だそうです。
1月27日の情報によると、現在の感染者は2800人を超え、死者は81人で、今後の動向は気になるところです。

また、このウイルスの潜伏期間は1日~14日間ということなので、最大14日は症状に出ず、その間に検査しても基本的には陰性と出てしまい、しかも潜伏期間にもかかわらず感染してしまうというとても厄介な特徴を持っているウィルスでもあります。

潜伏期間中の新型コロナウィルスはある程度増えないと陽性反応が出ないので、検査は陰性だけど後になってウイルスが増えていって発症するということがあります。
潜伏期間でもウイルスが増えていれば陽性反応はでるようですが、体の中にウィルスが全く存在しないというところまでは今の医療ではわからないようです。

春節(太陰暦での正月)を迎え、中国大陸からたくさんの人々が世界中に飛び立ってしまったので、少なくとも2月いっぱいは感染者は増え続けるでしょうし警戒しないといけませんね。
油断せずにマスクをしたり、人混みを避けるなど、十分に警戒は必要だと思います。

それ以外にも自分自身の免疫力を上げるための工夫もして体調管理していきましょう。
とにかくこれ以上の感染に歯止めがかかるように、1日でも早い終息を祈っています。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

ミルフィーユ鍋

つい先日、ミルフィーユ鍋というものを作ってもらって初めて食べたのですが、それがもう感動するくらいおいしかったんです^^
これなら簡単だし自分でも作れると思い、さっそく豚バラ肉と白菜を買い、教えてもらった作り方で一人鍋をしてみたんですが、、、

前回メチャクチャおいしかったので大目に豚バラ肉を買ったのですが、脂身が多いものを買ってしまい、ちょっと脂身がしつこく気持ち悪くなってしまいました^^;
残すのももったいないので完食したんですけど、更に気持ち悪くなってしまいました…。
30%引きの豚バラ肉を買ったのですが、今思うと白い部分が大半を占めており、あまり知識のない私はそういうものなんだと思って買ってしまったんですね^^;

また後日、リベンジで赤身の多いものを探そうと思って買ったのですが、何枚も重なっていて脂身の部分が見えないようになっていて、実際は見えないだけで脂身が多い豚バラ肉でした。
それでも前回よりは赤身が多い気がしたので調理して食べてみたのですが、やはり結構脂身が多く、またまた気持ち悪くなってしまいました(泣)
豚バラ肉一つ選ぶのも大変な事なんですね^^;

今では思い出すのも気持ち悪くなってしまい、しばらくミルフィーユ鍋はするつもりはありません(笑)
おいしかった記憶は鮮明にあるので、気持ち的にほとぼりが冷めたら脂身の少ない豚バラ肉を買ってリベンジしてみたいと思います^^;

感動の鍋からトラウマの鍋なってしまったわけですが、肉一つでこんなに変わるとは料理は怖いものです。
教えてくれた人、もう少し素人にもわかるように教えてくれたらと、、、(笑)




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

Q&A 「嘘の告白」

コメントから来た質問です。
質問があると記事も書きやすいのでスパ関係でも日常のことでもなんなりと質問してきてください^^
なお、質問はコメント欄からお願いします。



Q.
もし、京介さんの所に通ってるキーさんが京介さんに対して嘘をついてしまった場合、どれくらい厳しいお仕置きをしますか?
また、嘘ついた事の告白をメールするのと直接伝えるのとどちらがいいですか?やっぱり直接ですよね…。


A.
私に対して嘘をついて、そのことを自分から白状した場合においては厳しいお仕置きはしません。
嘘をつくのは基本的に自分を守るためですが、一度ついた嘘を撤回することはとても勇気のいることです。
そういう意味で嘘を撤回して告白したことについては、「よく言えたね」と褒めています。
また、その嘘についてのお仕置きは軽めにペンペン程度です。

どうしてかというと、嘘をついた事について厳しくしてしまうと、次にまた嘘をついたら嫌われるんじゃないか、呆れられるんじゃないかという気持ちが強くなり、更にあんな痛いお仕置きはもう嫌だとなったら、それこそ嘘をつかせるような雰囲気を作ってしまいかねないからです。
それは関係性上はよくない事なので、そういう意味で軽めにお尻ペンペンということです。

何を言っても嫌わないんだよ、呆れることはないんだよ、ということが分かり合える信頼関係を構築できれば嘘は減っていくと私は思っています。
嘘をつかせてしまうのは、私がそこまでの信頼関係を作り上げることができなかった部分があるとも考えられますからね。
ちなみに私に対してではなく、私以外に嘘をついたのならそれはその嘘に応じた厳しさのお仕置きですからね、軽くペンペンなんてことはありません(笑)

嘘というのは、嘘をついた本人がずっと心に仕えてモヤモヤしていたり、罪悪感を抱えたりと辛いものですから、まずそのようなことにならないようなにしたいですね。
でも結局私の中では嘘をついたと告白した時点で嘘ではなくなりますからね、むしろ嘘の告白は私にとっては嬉しいものです^^
変ですけど(笑)

ただ、嘘についてそのように対応するのは自ら告白した時のみです。
対話の中で矛盾点を追求して、嘘を暴くことはたまにありますが、そうなると厳しいお仕置きとなります。
自首すると罪が軽くなるような感覚でしょうかね、自首しなければ罪が重くなるということです^^;

嘘をつくのは利害関係があるからで、その利害関係は人と人とのつながりでは必ずあるものです。
ですが私はそれを無くした関係を理想としています。
私の所では嘘は必要ないんだよ、ありのままの自分を出しても無条件で受け入れるんだよ、ということを私自身が相手に伝えきれてなければまずは無理な事でしょう。
ま、理想ですからね、なかなか難しいことです^^;

で、嘘ついた事の告白はメールでも直接伝えるのでもどちらでも構いません、本人が伝えやすい方でいいと思っています。
基本的には直接言うのが一番いいのでしょうけど、やはり本心をしっかりと伝えることに私は重きを置いているので、私に対しての嘘の告白の場合はそのように考えています。
対象が他の人の場合はケースバイケースですね。

嘘をつくのは辛いものです、嘘をついてしまって今更言えないといって私の所にお仕置き依頼をしてくる人はいますが、ここは最終的な場所でありたいですね。
ここで嘘をつかないように、ここですべて吐き出せるように、そういう最終的な居場所でありたいと思っています^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き観の変化

昔と比べて明らかにお仕置き観が変わったなぁと思うのは、最近の私のお仕置きは厳しすぎないようにしていることです。
昔はお仕置きレベルが”お任せ”という依頼であれば力いっぱい平手打ちをしてました。

まぁそこまで厳しいお仕置きとなるのは、とても悪いことをした時、同じことを何度か繰り返した時、反省していないと判断した時と
条件付きではありますが、その場合はかなり厳しくお仕置きをしていました。

また、キーさんに「他のカーさんの平手の方が痛かった」なんてことを言われたことがあり、その時以来そのようなことうを言う子には「俺の平手はどうだ!」と言わんばかりに相手を負かすような気持ちで叩いたりもしていました。

道具に関しても厳しく叩き、皮膚から血が出ないようにギリギリを基準とし、お尻が限界になったら太ももを叩くなど、痛さを追求したお仕置きでした。
そこまでしていたのは悪さの度合いに合わせてお仕置きレベルを決めていたこともありますが、相手が痛がっても躊躇しないでここまで厳しくできるということを相手に伝え、そこで甘え心を無くして反省させ、しっかりとごめんなさいを言わすように無言の圧力をかけていたこともあります^^;
恐らく昔にSMの世界でしてきたことの流れで、その部分は残っていたんだと今は感じます。

しかし今のお仕置きの厳しさの考えは、それなりに痛みを与えればいいと思っているので、思いっきり平手で叩いたりすることはほとんどありません。
道具に関しても強く叩くというよりも、そこそこの力で痛みを感じさせるような工夫をしています。
結果的にそれで反省できればいいですし、厳しすぎることで逆に反省できなくなったりするケースも見てきたので、厳しすぎるお仕置きはあまり意味がないと思うようになってきたんですね。

お仕置きの目的はお仕置き欲を満たすことですが、それと同時にしてしまったことを反省して成長することでもあります。
厳しく叩くことでお仕置き欲が満たされなかったり反省できなかったりしたとしたらそれは本末転倒で、相手の為のお仕置きにはなりませんからね。

逆に軽めのお仕置きでお仕置き欲が満たされたり、しっかりと反省して成長できるのなら、厳しいお仕置きは逆効果です。
どのような厳しさでお仕置きを受けたら欲が満たされ反省もできるのか、そこはキーさん自身にしかわからないところで、お仕置きを受けるたびに変化することもありますから、そこ部分は随時把握するようにしています。

そう思うようになったのは、何人かのキーさんから子供へのお仕置きであの厳しさは家庭的とは言えないとか、家庭的なお仕置きは平手で軽めに1回ぺちん!という感じ、
というようなことを言われ、なるほど確かに本当の子供だったらもっと手加減して叩くし、そういう気持ちを持ったキーさんであれば厳しいのは虐待的に感じるんだろうなと気づいたからです。

しかし人によってはかなり厳しくお仕置きをしてもらわないと反省した感じがしないという人もいます。
厳しくされた後のアフターフォロー時では解放感を得たり、天と地の差があるほどより満たされるものでもあるので、それで痛みを追及してしまう人は実際にいます。
また、いつもは軽めでも今回は厳しくしてほしいという人もいますし、その時の心境でふと厳しくされたいと思うことはあるものです。

でもその場合は私が昔のように力いっぱいの平手で叩いたり、ハードに道具を使用すればいいだけですからね。
厳しくなくなったわけじゃなく、要望があればいくらでも厳しくはしますよって事です^^
ただ、その要望も恥ずかしくてなかなか言えない人もいますから、キーさんは難しいんです(汗)

いくら私でもキーさんの頭の中身までは全て把握できません、それぞれがどのくらいの痛さでお仕置きしてほしいのかなんてわかりませんし、今日は厳しくしてほしい気分とか、今日は軽めにしてほしい気分とか、そんなことはわかりません^^;
なので、プレイ的にならないように、お仕置きが終わった後とか、その後のメールでとかで、お仕置きが軽すぎなかったか、厳しすぎなかったか、もう少し強くても我慢できそうか等の心境を聞いて、その人にあったお仕置きを模索するようにしています。

キーさんはお仕置き欲求があるので当然お尻を叩かれたいのですが、お仕置きが嫌という前提で家庭的なお仕置きが成り立っているので、お仕置きされたいけどお仕置きは嫌だという複雑な心理面があるんですね。
なのでお仕置きの厳しさをキーさん側から要望するというのは本来言いにくいことなのですが、そこを私が言いやすい環境を作って、できるだけ欲を満たし、ついでに反省させ成長できればと考えています。

お仕置き欲から解放されてキーを卒業したい方、お仕置きを受け入れて楽しみたい方、罪悪感を薄めたかったりしっかりと反省したい方、ボロボロに罰されたいというイメージがある方、ただただ叩かれたい方、、、
キーさんと言えど様々いるのですが、そういうものを満たすには自分に合ったお仕置きを受けることが一番ですから、恥ずかしがらず、自分の理想のお仕置きを言ってみることは大切だと思います。

最後に。
私の今のお仕置きの厳しさが物足りないのであればいくらでも強烈にできますからね、そこはご安心を(笑)
厳しいお仕置きと要望してくれればいくらでも厳しくはしますから^^
厳しくという要望が無ければ昔のような厳しすぎるお仕置きはしません、それが私の”家庭的なお仕置き”のスタンダードということです^^
といっても痛いのは痛いはずですよ(笑)




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

令和2年となりましたね、みなさんにとっていい年になりますように^^


活動に関しては1月3日からする予定です。
昨年内に清算できなかった人は心機一転するためにもお仕置きを受けてみてはどうでしょうか^^

私の新年の抱負は一昨年もそうだったのですが、「読書」です。
一昨年は想定していた分の読書ができたのですが昨年は全く読めてなかったので、今年は改めて今考えている分の本を読み切りたいと思います^^
できなかったらお仕置きも覚悟です^^;

みなさんも新年の抱負くらいはしっかりと立ててみましょうね。
できるかできないかはおいておいて、抱負を考えること、それを実行しようとすることは気持ちを新たにするという点でもとても大切な事ですからね^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

よいお年を

今年もあっという間に1年が終わってしまいますね^^;
それがいいのか悪いのかはよくわかりませんが、私にとってはこの一年とても充実した年でもありました。

また私とお会いした方々の中にも自分自身で成長が実感できた方や罪悪感を払しょくできた方、お仕置きを経験してみてスッキリとした方と様々いらっしゃると思いますが、私と会ったことで多少なりともプラスになったのであれば嬉しいことです^^

まだまだ私も成長途中ですからいろいろなことを吸収してたくさんの人に良い影響を与えられたらと思います。
私もこの活動は好きでやっていることですが、それで相手にとってプラスになるのであればやっていて良かったと更に思いますし、逆にマイナスになったり傷ついてしまうようなことがあれば私としても辛いところです。
ま、いろいろな人がいますけど、オールマイティーに対応できるように日々精進していく所存です^^

ところでみなさん大掃除は終わりましたか?
年末までに部屋の掃除を終わらすと約束した子もいましたが、なにやら難しいようです^^;
今年の5月から伸びに伸びての約束ですから、守れなかったら厳しくお仕置きです!

しかしやはり年末ですからしっかりと掃除を終わらせてのんびりと大晦日を過ごして新年を迎えたいですよね。
大掃除は30日までですからね、あと数時間ですからできていない人は頑張ってみましょう^^

それではみなさんよい年をお迎えください^^

京介



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

病は気から

つい先日体調管理という記事で、「特にこの時期の風邪は不注意や油断からおこることが多いので風邪をひいてしまったらお仕置きです」というようなことを書いたのですが、それについてこんなコメントが届きました。

-----------------------
京介さんも母と同じこと言うんですね、、風邪をひくのはあなたの体調管理ができてないから。あなたが悪いって。
子どもの頃風邪ひくと必ずそう言われて怒られました。
所が今、私の子どもが風邪をひくと母親の私の管理が悪いからだと私を怒るんです。おかしくないですか??
毎回それにすごくむかついています。
-----------------------

なるほどですね(笑)
確かに、風邪をひくのは本人の体調管理がなっていないから自己責任ですよね。
そして子供が風邪をひくのは本人の体調管理がなっていなかった自己責任もありますが、まだ子供ですから体調管理を養育者が行ったり、直接管理方法を教えることはすべきでしょうね。

ちなみに体調管理に関わらず、私の所に反省に来た人には相手が悪かったとしても当の本人にも責任がある場合にはその落ち度を反省させています。
私の所に来ていない人に責任をなすりつけても意味がないですからね^^;
そういう意味からも、風邪をひいたら本人の責任であり、子供が風邪をひいたら養育者の責任としてお仕置きとなりますね。

ただこのケースの場合、結果自分の母親ができていなかったことを怒られているわけですから頭にきてしまうんでしょうね^^;
その気持ちはよくわかりますが、私の所に来て同じ話を聞いた場合は、当然その母親と同じことを言いますし、そんなことでブーブー言っていたら厳しくペンペンです!
やはりこういうことは第三者である私だから指摘できることなのかもしれませんね^^

私は基本的に10のうち本人が1でも悪ければそこの部分を指摘して叱ります。
9悪い相手が悪くないということではなく、もし仮に9悪い相手が私の所に来たとしたら、それは更に厳しく叱るというだけです。
もちろん本人の落ち度が低い場合には相手の方が悪いということは私も伝えますし、「私は悪くない!」と思う気持ちは理解しますけど、本人の落ち度が微塵でもあるのであれば、その部分をしっかりと見つめてもらいたいと考えます。

とにかく体調管理はしっかりと!
病は気からといいますが、気を張っていれば免疫力は多少上がるものです。
それに加えて、風邪予防に対していろいろな注意をすることでも、更に気を張るということにつながります。
寒い時や疲れている時などはそういたことをしっかりと意識することでも予防になり、免疫力を下げない対策になるはずです。

”病は気から”というのは風邪に関しては絶対に迷信ではありませんからね、免疫力を下げないように、むしろ上げていくようにしてこの冬を乗り切りましょう。

ちなみに年末の活動は31日まで、年始は3日から受け付けています、今年中にスッキリしておきましょう^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

Q&A 「お尻叩きは虐待か」

Q.
ご質問があって、コメント致しました。
最近出た児童虐待例に「お尻を叩く」が入りましたが、どう思いましたでしょうか?
今と昔、躾から虐待への変化に驚いています。


A.
つい先日、厚生労働省の体罰ガイドライン指針案が厚労省有識者検討会でおおむね了承されたそうで、その体罰の例の一つに、”お尻を叩く”を定義したそうです。
それに関しての質問だと思うのですが、私的には率直に言ってナンセンスだなぁと感じました。
しかしその一方、法律の文言としてはしょうがないのかなとも思います^^;

そもそも体罰=虐待とも言えないですよね。
行き過ぎる体罰が虐待なのであって、軽くペンペンとするのは虐待とはいわないでしょう。
もちろん軽くでもお尻を叩く行為は表現的には体罰とはなりますが、虐待とは違います。
しかし叩く側が軽いつもりでも、受け手がどう捉えるかということも重要で、肉体的にも精神的にも本人が虐待だと感じれば虐待になります。

私もいろいろなキーさんからお話を聞いていますが、本人の虐待の捉え方はそれぞれで、線引きするというのはとても難しいと感じます。
ちなみに私は大人に対してお尻ペンペンのお仕置きをしていますが、これと同じ威力で子供に対してお尻ペンペンをしたらこれは虐待となるでしょうね^^;

それと、もし私が子供にお仕置きをするとしたら虐待にならないようにかなり手加減をしてお尻ペンペンをすると思います。
ま、それだけ”それはダメだよ”という愛情を持った信号でもある体罰は、スキンシップやコミュニケーションを含む愛情表現としてとても必要だと思うからです。

この厚生省の指針案で問題なのは、手加減の度合いや厳しさの線引きに関しては法律の文言に入れることは非常に難しいというか限りなく無理な点です。
軽くはいいけど厳しすぎるのはダメだよとはいえず、それでも虐待や過度な体罰は制限しなければならないので、そう考えるとしょうがないのかなとも思います。

今年にはいっても虐待死などが相次ぎ、どんどんと問題視されるようになり、なにかしらの対策は練らなくてはならず、そうなると苦肉の策なんでしょうね。
お尻叩きの他にも、長時間の正座、食事を与えない、殴る、ほほを叩く、等も指針案にありました。
長時間の正座や食事を与えないというのは過度な体罰(虐待)に該当しますが、殴るやほほを叩くに関しては、軽く殴る(ゲンコツ等)、軽くほほをぺチンする等のレベルであればお尻叩きと同じく、虐待には該当しないと感じます。

とにかく、注意を促す程度の軽めのペンペンは、躾するにあたって必要だと私は思います。
動物もそうであるように注意を促すには痛みを伴う行為をして脳に覚えさせるということをしていますし、人間が進化したからといって、それをなくしてはたして健全に育つかというと疑問です。

体罰は虐待になり得る一方、叱ったり軽いペンはスキンシップでもあり、愛情表現にもなるわけです。
大人の都合で叱られたり感情的に怒られたりして育った子や、叱られたことや叩かれた経験のない子達は、自分の為だけに冷静に叱られるという愛情を求めてしまうものです。

そういった意味では、すべて体罰は禁止!となると逆にキーさん人口は増えるかもしれません(笑)
また、体罰ができないとなると、精神的な虐待が増え、それもキーさん人口を増やしてしまいそうですね^^;

でもこれは難しい問題です。
もし法整備をするとしたらこういう特例を定めてたらどうでしょうかね^^;

「但し、躾の範囲内で、誰から見ても軽ーい体罰はその刑を免除する」
これでどうでしょうか(笑)
親族相盗例ならず、親族相罰例とでもしましょうか^^;

ま、とにかく、”本当にこれはダメだよ!”という合図でもある怒った顔や叩くふりや、軽めのペンというのはいろいろなことを教えていくうえで必要でしょうね。
そんなことをせずとも良い子に育っている子の方が、良い子過ぎて将来問題が出てくるかもしれません^^;

※親族相盗例
親族間の金銭に関わる罪(窃盗や詐欺等)は免除するという法律

当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

善悪の価値観

お尻ペンペンのお仕置きをするときにはそれなりの理由というものがありますよね。
もし理由が無いとしたら、それはただのお尻叩き(スパンキング)であり、それを”お仕置き”とはいいません。
そもそもお仕置きとは何かしてしまったことに対する罰ですからね^^

私の場合は当然のことながら悪いことをした時にお仕置きをしています、要望があれば別ですが、理由が無ければお仕置きをすることはありません。
それは私には叩きたいだけの欲求というものはないからで、このお仕置き活動をしているのは、悪いことをした人に対してそれ相応の苦痛をもって罰したいという欲求があるからなんです^^;

そしてそのお仕置き理由となる善悪の判断ですが、これに限っては私の価値観だけでは考えないようにしています。
というのは、私の価値観でお仕置きをしてしまっては、私が気に食わないからという理由でお仕置きをするということも出てくるでしょうし、一般的ではない私独自の信念や考え方もあるので、そういったことを強要すべきではないと思っているからです。

そういった私の価値観に合わせて体罰をもって強要したら、相手は納得はしないでしょうし、そうであるならそのお仕置きは虐待のようになってしまいます。
もっといえば自分の意のままに操れる奴隷のような感じにもなりかねません^^;
なので私は人をお仕置きするときはその事案を客観的に見つめ、第三者的な目で判断するようにしています。

私の悪い事の基準は世間一般の常識的な事、法律や規則違反、マナー違反、協調性に欠ける行為や相手を不快にさせる行為などです。
その他には自制の問題で、目標を決めたのに達成できないことや、何かしらの罪悪感を感じていることについてです。
ただ、これらのことについてもお仕置き理由としないこともあります。
それはある一部の事項に関してですが、しっかりと自分の考えを持ち、様々な弊害も理解したうえで自分の信念で行動している場合です。

そうはいってもお仕置き逃れの為に本当はそう思っていないのに流れで「私はそれでいい」と口走ってしまう子はいるんですよね^^;
まぁそういう子には一つ一つ逃げ道を無くしながら詰めていき、「本当にそれでいいのか、それならそれでもいいんだよ」と引っ込みがつかないような雰囲気で一言いうとほとんどの子は降参しますけどね(笑)

しかし善悪の価値観って難しいものです。
国によっても違いますし、日本ならではのものや地域によっても違いますしね。
そういったことも考えた上で相手が納得するように、自分の価値観だけに頼らずに善悪の判断を心がけています^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

体調管理

急激に寒くなりましたね^^
身体が寒さに慣れていないので、まだ冬の始まりなのに体感は真冬のように感じますね。
人間の身体はある程度の暑さにも寒さにも対応できるようになっているのですが、暑くなり始めや寒くなり始めを一つの信号として、そこから身体を少しずつ順応するようになっているんですね。

寒冷馴化(かんれいじゅんか)というものがあって、これは人間の身体が寒さに対応できるように、徐々にその環境に順応していくという体の機能です。
寒くなりたてにかなり寒く感じるのはそのためで、気温的にはそうでもないということになるんですね。
ただこの時期は身体の機能が環境に慣れていないので特に風邪をひきやすくなり、これを季節の変わり目と表現することもありますね。

しかし風邪をひきやすくなるからといって、これは毎年のこと。
身体が寒さに慣れるまでは身体を冷やさないように厚着をしたり、無理せず休息をとるように対策をして、しっかりと体調管理をしないといけませんね。
風邪をひきやすいということは免疫力が弱まっているということなので、そういった対策をしないと当然インフルエンザや感染症にもかかりやすくなります。

特にこの時期に風邪をひいてしまうのは、こういった体調管理がしっかりできていないことでもあり、このようなことを忠告しているにもかかわらず風邪をひいてしまったら、それはお仕置きとなりますね^^;
そうならないようにこの時期の風邪には注意して日々を過ごしてみてください。

それと、あまりエアコンなどの快適な環境に依存しすぎるのはデメリットでもあります。
それは身体の中で寒冷馴化がしっかりと機能しなくなるため、外出した時に身体が順応してなく、風邪をひきやすくなるからです。
こういうこともあるので無理をしないように、しっかりと体の体温調節機能を鍛えるということも風邪予防です。
ちなみに熱さへの対応は暑熱馴化(しょねつじゅんか)といいますが、この時も体調を崩しやすいですよね。

また、寒さ暑さに弱い人っていますが、そういった方は子供のころから快適な環境下で暮らしている場合が多いように思います。
これからでも遅くはありませんから、あまりエアコンに頼りすぎないように、無理をしないで少しずつ身体の体温調節機能を復活させるようにしていきましょう。
その方が身体的にも楽だし、風邪をひきにくくなりますからね^^

とにかく風邪をひくということは不注意や油断ということが多いですから、そうならないように風邪をひいてしまったら”お仕置き!”と意識してみてください。
風邪でのドタキャンをしないように、体調管理をしっかりしないと厳しくお尻ペンペンとなりますからね。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/




くすぐりについて

先日くすぐりの記事を書いたんですが、それについて質問もあったので補足です^^;

私自身がくすぐられることに興味あるのかどうかという質問があったのですが、それについては全く興味はありません。
くすぐるのは楽しいですが、くすぐられるのは好きじゃないですし、もし私をくすぐるようなちょっかいを出してくる子には10倍返しでくすぐり返します(笑)

私はくすぐられることに興味はないので、逆にくすぐられるのが好きな子の気持ちがよくわかりません^^:
M気質なんでしょうかね、くすぐりについての心理はいまいちよくわかりません・・・。
まぁ私がくすぐりたいタイプなのでそこはどうでもいいんですけどね^^

ちなみに私は精神のコントロールというものができて、くすぐったくないモードに切り替えることができます。
なのでいくらくすがられても大丈夫なんですね。
子供の頃はくすぐったくてやられると逆切れしていましたが、そのうち克服して、くすぐられても動じない術を身につけましたので、私に対する挑戦は無駄に終わるのでやめた方が賢明です^^

人の体質によってはくすぐりにとても弱い人もいれば、全然くすぐったくない人もいますよね。
くすぐったがらない人をくすぐっても何も反応がないので私は面白くありません。
ということから考えてもやはり私は相手の反応が楽しいんだなぁと感じます。

それと、くすぐったい所は脳の切り替えで感じ方が変わります。
くすぐったい箇所というのは性感帯でもあり、ふざけているとくすぐったいだけなのに、ムードを作って性行為をするような時はくすぐったいのが快感に変わります。

子供の頃や初体験の頃はくすぐったく感じていたのが、経験を積むにしたがって快感を得るようになっていくのは女性は特にわかるのではないでしょうか。
一見不思議なことですが、くすぐったい箇所は基本的に動物の危険個所なので、本能によって自律神経が過剰に反応してしまい、それがくすぐったく感じたり、相手に身を委ねると快楽に感じたりするそうです。
なので強靭な精神力をつけなければ本能に抗えないでしょうね^^

まぁでも笑いたくないのに笑わされてしまうって屈辱ですよね・・・。
そこもくすぐっていて私が楽しく感じてしまう部分なので、やはりくすぐり好きに関しては私のSっ気が関係しているんでしょう。
ちなみに本格的なくすぐりは、大の字になるように縛って暴れないようにし、脇などをかばえないようにしてくすぐるのが一番きついでしょうかね。

最後に、ここのお仕置きはお尻ペンペンのお仕置きがメインになっていますが、くすぐり好きのぐらさんのためにもくすぐりのお仕置きでも気軽にこれるようになるといいかもしれません。
ただし前提はお遊びじゃなくてお仕置きです!

ま、本当にそれがお仕置きになるのか実際に検証してみないとわからないことですけどね^^;
あ、それと基本的に要望がない限りくすぐりはしませんからね、もししたとしても拒否したら即座に止めますのでご安心を(笑)

余談でした^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/


くすぐりのお仕置き

くすぐりのお仕置きは私の中ではおふざけのお仕置きという認識で、笑って許せるような悪い事やいたずらに対して、たまにくすぐりをするという程度のものでした。
悪いことをしたのに笑わせてふざけるのはお仕置きにはなりませんからね。^^;
ただ、そういう私の認識が今は少し変わってきています・・・。

つい先日のことですが、私の書いたくすぐりの記事(くすぐりの刑)を見て、くすぐり体験をしたいということで私の所に「ぐら」さんがきました。
※「ぐら」とはくすぐり用語 「ぐり=くすぐりたい人、ぐら=くすぐられたい人」

その子はお尻ペンペンには全く興味がなく、小さい頃からくすぐられたい欲求がずっとあって、ネットでくすぐりの検索をしていたら私が書いたくすぐりの記事をたまたま見つけて連絡をしてきたんですね^^;
実際はくすぐりをしてもらいたいとのことだったので、お仕置きは下着着用、平手で軽めのお尻ペンペンという、形だけのお仕置き依頼でした^^;

そしてお会いした時にくすぐりのことをお話しして、実際にくすぐりをして、それがきっかけで少しくすぐりのことを調べてみると、日本では過去にくすぐりの罰も存在していたそうで、それは顔や体を傷つけられないような職業の人に適用されていたそうです。
海外では拷問の一つとしてくすぐりがあったとう記録が残っていたり、そういうのを見ているうちに、くすぐりもお仕置きになるんだなぁ、という認識に変わっていったんですね^^

くすぐりは連続して休むことなく続けると、呼吸困難になって苦しくなったり、笑いすぎて発狂状態になることもあるそうで、そう考えると”くすぐりはおふざけ”という認識が少し薄れていきました^^;

どうしてくすぐりがくすぐったいのか。
自分でしてみてもくすぐったくないのは、その指の動きを把握できるからだそうです。
しかし他人にくすぐられると指の動きが予測不可能になり、その不快な感覚が「くすぐったい」と感じるそうです。
そもそもくすぐったい箇所は急所でもあり、本能的に体を守るためにかなり敏感に反応するようになっており、それもあって、自分で触ってもくすぐったくなく、他人では過剰に反応してくすぐったく感じるそうです。

ま、そういう意味で考えるとくすぐりのお仕置きはありですけどね。
ただ私の場合ですけど、お尻叩きのお仕置きの時は多少のSっ気は抑えられるのですが、くすぐりをし始めるとSになってしまうという弊害が出てしまいます^^;

お尻叩きではそうならないのですが、くすぐりをするともっといじめたくなってどんどんとエスカレートしてしまうので、私の場合のくすぐりはディシプリンスパには合わないようです^^;
私が人をくすぐるのが面白いのは間違いないのですが、それは相手を”いじめる”とか”追い詰めたい”とか、そういうSっ気の欲求からくるものなんだと思います^^;

ま、拒否する人をくすぐることはしないのでそこは安心してくださいね^^
ただ拒否した場合でも、私にちょっかいを出してきたり、言いつけを守らないことがあったら問答無用でくすぐることがありますから要注意ですよ(笑)
その場合、お尻ペンペンかくすぐりかは私の裁量ですから(笑)


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

濡れるのが恥ずかしいキーさん

お仕置きのことを考えて濡れてしまうキーさんは多いのですが、濡れるのが恥ずかしいからお仕置き体験を戸惑ってしまうキーさんはいるようですね。

私の所には問い合わせなどがあり、「お仕置き小説を読んでいると濡れてしまうのですがどうしたらいいですか?」とか「叱られたりお仕置きされたりすると、気持ちいいとかではないのに濡れてしまうんですけど、気付いても気にしないでいてくれますか」とか、直接の問い合わせは少なくても、実際に聞いてみると濡れてしまう事に対する悩みは多いと感じます。

以前のブログにも書きましたが、家庭的なお仕置きで濡れてしまうのは、セックスなどの性的な事をしたくなっているわけではありません。
また、お仕置きを考えて自慰行為をするキーさんは多いですが、それもセックスの欲求であったり、エッチなことを考えてしているわけではありません。

もちろんそれは全員ではありませんが、少なくてもディシプリン派のお仕置き観を持っている人はそういう人が多いはずです。
そこにセックスのような性的な事が介在したら冷めてしまいます。
もしお仕置きに性的な事がはいりこんで興奮するとしたら、それはキーさんでもありますが、同時にMの要素があるんだと思います。
まぁそれはそれでいいんですよ、二者の感覚が違ってくるので一応補足ということです^^;

お仕置き依頼では、人によっては下着着用でのお仕置きを要望する人はいますが、本来はお仕置きをしっかりと実感するためには下着を下ろしたお仕置きが理にかなっています。
それはお仕置き欲を薄めるために、自分の理想のお仕置きを受けて欲を満たすことが一番大切なことだからです。
でも、濡れてしまう事が相手にわかってしまう事が恥ずかしくて下着着用とする人もいるのですが、どっちにしてもいずれ下着を下ろしたお仕置きを受けたいと思うようになっていくものです。

男性から見たら、女性が濡れるということは性的に興奮していて、エッチしたくなっているんだろうとか、もっと気持ちよくなりたいんだろうとか、そういう勘違いの目を向ける人がほとんでしょうし、世の中的にそういう認識でいるので、勘違いされたらどうしようとか、こんなことで濡れていたら恥ずかしいとか思っちゃいますよね。
当の本人がそういうつもりじゃないのに体が反応してしまう事は、戸惑いや悩みにもなっていきます。

ただ、その認識は間違っています。
身体は反応していても、それはセックスのようなエッチなことをしたくなって濡れているのではありませんからね。
そこを勘違いしてしまう男性は性的な事に発展させたりするのでしょう。
なぜ濡れてしまうのか、なぜ性的な事を求めていないのに性的な興奮をしてしまうのかについて気になる方は、お会いした時に直接お話ししますが、簡単にいうと、脳の回路の問題です。

家庭的なお仕置きで身体が性的に興奮してしまう要素は、”羞恥心””背徳感””被虐感””スキンシップ”そして”愛情”です。
それぞれは単体でも性中枢を刺激する要素でもありますが、キーさんはその中の一つでは興奮せず、すべての要素がはいったお仕置きセットである「家庭的なお仕置き」で性中枢が刺激されて興奮してしまうわけです。
でもその興奮というのは小説を見たり妄想した時に起こるのであって、実際のお仕置き時に興奮しているわけではないんですよね。
でも条件反射的に体は反応してしまうんです。

お仕置きで興奮してしまう時点で、その欲求を無くすことは難しいですが、体験によって欲求を薄めることは可能で、欲が薄まっていけばだんだんと濡れ具合もおさまってくるものです。
ただ、単に経験すれば薄まるわけではなく、スタンダードなお仕置きを繰り返し、キーさん自身の理想を満たしていく必要があるので、それにはお仕置きをする側が卒業させるたようなお仕置きをする必要があります。

もし濡れてしまう事が恥ずかしくて躊躇しているのであれば、それは卒業できないのと同じことです。
濡れてしまう事はキーさんであれば当然なことですから、それをエッチな事ではなく当たり前のことだと理解してくれる相手であれば何ら恥ずかしがることではありませんからね。
もちろん卒業ではなく、キーである自分を受け入れてお仕置き行為で満たしている人もいるので、そういう人は卒業をする必要はありませんが、歳を重ねていくうちに相手が見つからなくなると自分が辛くなるだけなのでそういう意味ではいずれは卒業は必要です。

濡れてしまう事はただの生理現象と一緒ですから私は全く気になりませんし、変に思うこともありません。
また、私は相手がエッチなことをしたいんだなんて思うことも全くありません。
ちょっとしたファンタジー的な要素もお仕置きにはつきものですけど、そこにエッチなことがあっては全てが台無しになりますからね。

ま、とにかくそういう子たちの生の声を直接聞いていますし、なにしろ私は見慣れていますからね、今更どうこう思うことはありません。
なのでそういったことを気にせず、本当の自分を、隠し続けている自分を解放してあげて、モヤモヤやどうしようもない気持ちを吐き出してみてはどうでしょうか。

ま、とにかくお仕置きや叱られることで濡れることは、キーさんであるなら当たり前であると認識しましょう、ほとんどみんな濡れるものですからね。
妄想したり、小説を見たり、動画鑑賞でも身体は反応しますが、それも当たり前のことです。
そういう部分を理解してくれる相手であれば価値観も合うし、キーさんの気持ちを理解してくれるでしょう。
実際に理解といっても男脳では難しい、そこが分かり合えないのでまぁ難しいことなんですけどね。

女性と男性とでは脳の仕組みも違うし、性反応に違いがありますから、男性は男性風の解釈で物事を捉えてしまいます。
そして世の中は男性側の意見が中心になってしまうので、そこに違和感が生じるわけですね。
そういう部分の理解っていうのは世界的にもされていないので、なかなか女性風の解釈を理解してくれる人は少ないですが、こういったブログを通して少しずつ浸透していけたらなと思います^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

痛みが怖いキーさん

お仕置きにとっても憧れがあるキーさんでも、実際に痛みが怖くて体験する勇気がでない子はかなり多くいるようですね。
まぁその前に未知の世界に飛び込む勇気というものがいりますから、それも含めるとかなり高い壁となっているんでしょう。
確かに動画を見ると、それこそやりすぎなものもありますし、真っ赤なお尻を見ただけでも、未経験の痛みに恐怖を感じて踏み込めない子の気持ちはよくわかります。

私のサイトにある”お仕置き後の感想”を例に挙げてもかなり痛そうですよね。
でもそれは痛くないお仕置きはないわけで、軽めでも軽めの痛さはあるし、超厳しめはそれどころじゃない痛さだし、それを文章で見るとどっちともかなり痛く思えちゃうだけなんですけどね^^;

そもそもキーさんは自分が想定していないような痛みまでは求めていないし、でも痛くないとお仕置きにならないし、という葛藤があるものです。
その中で耐えてこその許しがあり、だからこそその後のアフターフォローがより心地よく感じるものです。
キーさんは自分の”妄想”の中ではピンポイントな痛さを調節できるので、怖がりの子は実際も痛さを自分でコントロールできるのならお仕置きの体験に踏み込めんでしょうね。

私もそういったキーさんの要望に添えるようなお仕置きは心掛けてはいます。
なので実際の私のお仕置きは、その人に合わせた痛さのレベルでお尻を叩いています。
まぁ、サイト立ち上げて数年は自分基準で妥協は許さないという感じでしたが、最近はキーさん基準でのお仕置きをするようになりました。
なぜかというと、これまで活動をしてきて、それがキーさんの反省や成長に確実につながると分かったからです。

悪い事だからといって本人が望む想像以上の痛みを与えても、それがかえって反省できなかったり、お仕置きから逃げるようになって改善すらしなくなったり、悪い事の罰を受けなきゃという謙虚な気持ちもなくなってしまったりします。

前にもブログに書きましたが、人によっては親から子供に対するお仕置きは、軽めにお尻を一回「ぺチン」と叩くというイメージの人もいます。
そういう人にはそれがその人の成長のためのお仕置きで、それは本人がしっかりと罰を受けたという気持ちになり、前を向けるからです。
仮にそういう子に厳しいお仕置きをしたとしたら反発心しか芽生えないでしょう。

逆にとことん痛みを感じさせてくれないとお仕置きと感じないし、反省した気がしないという子もいます。
これは痛み追求型のキーさんですが、そういう子には軽いお仕置きでは物足りなく、モヤモヤが残ってしまいます。
それと痛みに関していうと、人によって皮膚の強さ、痛みの感じ方が違いますから、普通レベルのお仕置きでも私の叩く強さは一定ではなく、キーさん側の痛みの感じ方で叩く強さを変えています。
それはお尻の皮膚の具合や、本人の痛みの訴えによって調整しています。

そうやってレベルを判断していますから、当然何も反応がないとどんどんと厳しくなることはあります^^;
なのでそうなりたくない人はしっかりとアピールしましょうね。
ただ、それで判断してますから過剰に反応すると、痛みを追及するキーさんには物足りなくなりますから、そこも逆に注意です(笑)
ま、私は叩きたいだけの人ではなく、相手の反応を見て”よし”とするタイプなので、意味なく厳しくする必要が全くないからできることかもしれませんね^^

キーさんのお仕置きに対するイメージは本当にいろいろあります。
そして私の所には様々なキーさんがくるので、そこの部分をしっかりとカウンセリングをして、その子自身にあったお仕置きレベルを最初は手探りですが、それを何回かに分けて作り上げています。

もちろん実際のお仕置き時にそんなことを打ち合わせしていたらそれはイメージプレイ的なお仕置きとなってしまいますから、そこはメールでしっかりと気持ちを聞いたり、最初の雑談時にさりげなく聞いたりして、お説教が始まったらそういったことは微塵も出さないように心がけています。
それがやらせやプレイっぽくない、ガチのお仕置きの雰囲気づくりでもあるんですけどね^^

まぁそういうことで、痛みが怖くて踏み込めない人には少し安心材料になりましたかね?
特に初めてのお仕置きには、スキンシップも含めて、痛みの強弱にも、かなーり気を使っていますから、痛すぎて怖いということはないですから、そこはご心配なく^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

依存と恋愛感情

質問があったのでその件で書いてみたいと思います。
質問の内容がかなりその子たちのプライバシーに触れるような内容だったので、ここはQ&A形式ではなく、ブログとして取り上げてみたいと思います。

あるキーさん(Aさん)の友達のキーさんは、パートナーと会っているうちに恋愛感情を持ってしまい、そのカーさんが複数のキーさんと会っているのを聞いたりすると、凄く悲しくなって、自分だけのカーさんでいてほしいと思い、嫉妬で苦しんでしまうそうです。
Aさんにも大好きなパートナーさんがいて、大好きだけど恋愛感情とは違うと自分では思っていて、それでも依存はしている気がしているそうです。

その事を友達のキーさんに話をしたら「依存と恋愛感情はどう違うの?」と言われたそうで、「カーさんのことが好きなら恋愛感情じゃんと」言われたそうです。
そういうことがあって、私に「依存と恋愛感情は同じものだと思いますか?」ということを質問してきました。
カーさんとの関係性で、恋愛感情を持ってしまって苦しんでいる人、依存してしまって病んでいってしまう人、恋愛だか依存だかわからなくなっている人って結構いますし、相性の合うパートナーであれば、いずれそうなってしまう人は多いような気がします。

しかしはっきり言って恋愛と依存は違います。
恋愛して依存してしまう人はたくさんいますが、恋愛感情が無くても依存はしてしまうことはありますよね。
母親に依存してしまう人、同性の友達や、いつもアドバイスをくれる同性の知り合いに依存してしまう人はいるのですから、そう考えると恋愛と依存は同じではありません。

ただ、異性の人に依存してしまうとはたから見たら恋愛感情を持っていると思われるでしょうし、依存相手にも恋愛感情を持っているのかもしれないと思われてしまうことはあるでしょう、そして実は自分でもよくわからなくなる、ということもあります。
なので、自分自身で恋愛感情はないと言い切れるのであれば、誰がどう思おうと恋愛感情はないんだと思います。
しかしいずれそれが恋愛感情に変わるということは異性間ですから当然あることですけどね。

依存について私は、”悪い依存”と”良い依存”があると思っています。
普通の依存というと悪い依存ですよね、その事に囚われ、日常生活もうまく回らず、その人のことばかり考えて気持ちが落ちこむ、これはマイナスです。

しかし良い依存は一緒にいることによって成長してプラスになれる、そしていずれ自分から離れて行けるようにしっかりと自分に自信をもって自立していける、その自立までの一方的な依存です。
依存しあっていては自立できませんからね^^;

親との関係を取り上げてみると、生まれた時は100%の依存ですが、成長するにつれて依存度が低くなり、自立したら親元を離れて依存関係じゃなくなる、それが良い依存です。
しかし親も子もお互いに依存しあっている、または子供が依存し続けている状態であれば、いつまでたっても自立ができない、これは悪い依存ですよね。

私はこの活動において、私の考えているキーさんとの関係性があります。
それは、一番に悪い依存関係にならないようにということを念頭に置いているということです。
私との関係で相手が悪い依存になってしまうのであれば相手は苦しいことですしマイナス要素です、そしてそれによって私は自分の接し方について必ず後悔しますから、そういう危険性があるような子には必ず忠告をしています。

カー側は立場上、相手を依存させていくことは比較的容易ですからしっかりと線引きをしておかないといけないのですが、そこの部分はキーさん側からどうにもできませんよね。
そういうこともあって、パートナー関係はとても難しいわけです。
パートナーになれば、相手をもっと知りたい、もっと近づきたいというのは恋愛以前に人間の欲求ですが、近くなりすぎると悪い依存になったり、恋愛感情に移行したりしていくものです。

もしパートナーさんを作るなら、そこは自分が傷つかないように、悲しくなったり虚しくなったりならないように、しっかりと線引きだけは持っていた方がいいと思います。
最初はお仕置きへの憧れだったのが、いつのまにか男女間の依存の心地よさを求めてしまっている人は多く、そういう人はなかなかスパから離れられません。

それはお仕置き以外の、依存ならではの心地よさを求めてしまうからです、しかしそれは悪い依存という、自分にとって最悪な結末に向かっていくだけのものですから、そこは各自しっかりと理解した上で線引きし、相手との関係性を深めていってほしいと思います^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

電車内での通話

先日電車に乗っていた時の事、朝方である程度の満員電車だったのですが、その時に静かな車内に携帯電話の着信音が鳴り響きました。
まぁそこまではよくある話で、その場で電源を切るとか、マナーモードにするとか、ひそひそと「今電車だからかけなおす」と一言だけ話して電話を切るとか、そういう対処をほとんどの人はするものですよね。

しかしその60代前後と思われる女性は、電話をとり、今から待ち合わせであろう方とその待ち合わせ場所について悪びれる様子もなく、ゆったりとした口調で話し始めました^^;
その女性は一分くらいで電話を切り、一緒にいた男性とにこやかに電話の内容を話していました。

電話が鳴っただけでも注目の的なのに、約1分間も話しをするとなると、やはり周りの目は厳しくその女性を見つめていましたね。
もちろん私は周りの様子も含めこっそりと観察していましたけど^^;

そういった光景を見たらマナー違反と周りは思うでしょうし、私も初めはそう思っていたのですが、あまりにも悪びれる様子もなく通話し、電話を切った後には連れの方とにこやかに電話の内容を話しているのを見て、私はだんだんとその光景がかわいらしく思えてきたんですね(笑)

まぁその女性はおそらくですが、電車内で電話をするのはマナー違反ということを全く知らなかったんじゃないかなと私は思いました。
見た目もおっとりとした感じで、良い人そうでしたし、そうでなくても堂々と電話ができるのは只者ではありませんからね(笑)

というより、そもそも電車内は誰もしゃべってはいけないのでしょうか、という話になりますね。
もちろん大声で話すのはマナー違反ですが、普通の声で話をするのは普通のことです。
なのにどうして電話だけいけないのでしょうか、もちろん大声で話すのはマナー違反ですが、普通の声で話すのになんでみなさん目くじらを立てるのでしょうか。

そういうことを考えると電車内で通話するのがマナー違反というのはただの刷り込みだけで、他の人は普通に会話をしているわけですから通話だって同じ声の大きさならば何も問題ないはずです。
電波を飛ばすのがダメなスペースはあるでしょうが、それ以外の場所だとしたら通話以外でもSNSや動画観賞など、普通に電波を飛ばすことはしていますよね。

実は、なんで通話が迷惑行為かというのは心理面からきているみたいなんですよね。
心理的に一方的な会話に対して人はストレスを抱えてしまうからだそうです。
電車内で居合わせている人同士の会話は何をしゃべっているかわかりますが、通話ではわかりませんよね。
他人から見て会話の内容がわからないのが心理的にイライラして、そこから迷惑に感じ、クレームがつき、通話がマナー違反となったようです。

他人の会話を盗み聞けないからイライラする、だから通話をするな!
そんな自分勝手な理由・・・^^;
もちろん会話を盗み聞けないからイライラするとはだれも認識していません、心理的にそう感じてしまうのはしょうがないことですが、なぜかイライラしてしまうからマナー違反となったのでしょう。

しかしそれをひも解くと、盗み聞きできないからイライラする!ということになり、それこそイライラする方がマナー違反かもしれませんね^^;
あからさまにダメと決めつけず、こうやって広い視野で物事を考えることは、時には必要かもしれませんね。

という今回は日常的な出来事のお話しでした^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

過去のSMのお話

前記事では支配や管理といったお話をしましたが、それに関連して、過去にしていた私のSMのお話をしてみたいと思います。
SMに嫌悪感がある人はスルーしてください、人によってはグロい話かもしれませんしね^^;

過去にSMの世界にいたことはブログにも書いたことがありますし、FC2ブログのプロフィールとして、どうしてSMの世界からスパの世界に来たのかということも書いてありますので気になった方は目を通してみてください^^
プロフィールはPCからしか見れないようなので、見れない方はこちらからどうぞ→プロフィール

私は最初はSMというジャンルしか知らずにSMの世界に足を踏み入れたのですが、スパの世界というものを知ったのはそのずっと後でした、まぁスパの世界を知っていたとしても確実にSMの方に入り込んでいましたけどね。

そして私のSMの嗜好は主従関係で、それは支配と服従というようなもので、その関係性においては相手が嫌がること全般を好んでしていました。
私の中の加虐とは、精神的に追い詰める事や、羞恥的な事、苦痛的な事なことが主なものでしたが、それは相手が嫌がることが前提であって、相手が喜ぶことは加虐にはならないので興味はありませんでしたね^^;

まぁ人間の本性や本質という部分にとても興味があって(今もそうですが)、嘘のない、全てを曝け出せる超越した関係というものを追求していました。
その中で一般常識の配慮はもちろん、女性としての品格や立ち振る舞いなどの躾をメインに、ダメなところがあったらSM的なお仕置きをしていました。

それと一つ、私の中のSMは他とは違う特徴がありました。
SMというと、一般的には当たり前のようにセックスがありますよね、私の場合はSMと恋人のようなセックスは別物と捉えているので、SM行為にそのようなセックスは必要としていませんでした。
それは私の中で行き着いたSMの概念が、支配行為や加虐行為であり、セックスではないからです。

まぁSMの世界に入った当初は肉体的な性欲を満たすために性的な事も含めていろいろな事を経験してきましたが、そこからどんどん追求した結果そこまでに至ったという感じです。
SMで好んでいたのは主従関係でしたが、主従関係といっても私の中では区分けがありました。
例えばご主人様と奴隷的な関係である場合はセックスは一切しませんでしたし、それは相手が望んでもあえて拒否していましたね。
それは、それを拒むのがまた加虐につながり、相手の必死な様子や欲求を満たせないで悶々としてる姿を見て楽しみたかったからです^^;

ご主人様とペット的な関係である場合は、扱いがペット的に可愛がるということで私の中では奴隷的な扱いと違う区分けになるのですが、セックスに関しては加虐行為が成立するならありですし、相手が必死にお願いするのならばしてあげるという姿勢でしたね^^;
ま、いずれにしても私から誘うことは皆無です。

で、私の最終的にたどり着いたSMは、相手が全裸になっても基本的に私が服を脱ぐことはしませんし、お仕置き中に限っては絶対に服を脱ぐことはしませんでした。
それは真面目に躾をするのに私が裸になる必要性は全くないですし、お説教して躾をしているのに性的な事をしていては立場的にもおかしなことですからね(笑)

これは今のスパのお仕置きの感覚と非常によく似ています、違うところはSMの時は主観が入って自分好みの女性にしようとしていたことと、大きく違うのはSM的なお仕置きをしていたことです。
SMを追求した結果こういう形を好むようになったのですが、お仕置だけに焦点をあてると、私の主観を入れず、家庭的なお仕置きをにしたのが今の形といっても過言ではありません。

こういう感じだからキーさんの要望があればSM的なお仕置きもできるんですね、そこに性的な事が無いからそれを躾としての罰としても応用できるんです。
念を押しておきますが、SM的なお仕置きをするのは要望があればですからね、要望が無ければしません。
あくまでSM的なお仕置きは”サービス”としてしてあげるということですから、要望が無いのにわざわざすることはありませんので^^;

話を続けます。
一般的な認識では、SMは加虐行為や被虐行為などのプレイがあり、最終的には性的な事を楽しむとされていますし、実際パートナーとはセフレのような関係ですよね。
しかし私はそうではなく、セックスが目的ではないし、相手が単純に喜ぶだけなのであれば性的な事もしたくなくなります。
なぜかというと、それは奉仕になるからです。
私がSMでしたかったことはいことは懲らしめたり、いじめたり、追い詰めたり、恥ずかしめたり、ということですからね。

ただ、SMのパートナーとなってしまうと相手は当たり前のように性的な事を要求してきます。
それはSMは性的快楽であるセックスやそれに類似する行為で性欲を満たすという固定観念が無意識に浸透しているからです。
だからこそそれがないと、愛されてないとか寂しいとか、そういう方向にいってしまい、お互いの距離が縮まれば縮まるほどにどんどん病んでいき、結果傷ついて離れていくという結果になりかねません。

最初からセックスありきではないということを伝えても、やはり心の奥底では「SM=性的な事」という固定観念にとらわれているので、「私を必要としてくれいていない、愛してくれていない、寂しい」と思考がずれていき、病んでいってしまいがちです。
そうなっていくとそれはマイナスの関係です。

それまではプラスに働いて、人間的にも隷属者としてもどんどん成長していたのが、それを機にマイナスに転じ、結果余計に傷ついてしまう。
これは相手にとってはとても辛いことで、そんなに傷つくなら出会わなかったほうが良かったかもしれないと思ってしまいます。
そしてこういう病みは私にとっても凄く辛いことです。

SMの関係って性的な事が絡むという概念がある以上とても難しいですよね、なので私のやりたいことはSMでは実現不能だなって感じたわけです。
私が相手に伝えている事は最初から一環として変わらないんだからそれでいい、とは思えませんでした。
とにかく相手を傷つけたり病ませたり、依存体質にさせてしまったりとそういう結果が苦痛になったわけです。
だからそういう重い関係ではなく、現在は遊び的に性欲処理的な感覚で、裏でひそひそとSMはしてますけどね(笑)

ま、そういうことに嫌気がさしたので、性的快楽を求めていない人が多いスパの世界に行き、それがぴったりとはまったんですね。
私の過去のSMは、若気の至り的な俺様的な部分もありましたが、今は更に上を行く、いってみれば大人に成長したような感覚かもしれません^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

キーさんとの関係性(支配欲、管理欲)

前回の記事で、私自身の中で管理や支配をしている部分があるということを書きましたが、そこに関してもう少し書いてみようかと思います。

私には支配欲というものがありますが、その支配欲は相手を意のままに操るということではなく、その人の行動や心を把握して管理したいというようなことです。
その上でしっかりと自分の人生の選択をさせ、その人の人生を歩んでもらいたい、そしてその姿を見届けたいという思いがあります。

例えば、子供を支配しすぎてしまう親はいますが、その支配とは違います。
親の支配のし過ぎというのは子供の意思を尊重せずに自分の言いなりに育てるということで、それは子供の人生ではなく、親の人生です。
親は子供のためにと思ってしていることですが、本人が人生においてやりたいことをしなければそれは他人の人生です。
もちろん社会になじむためには躾や知恵は必要ですが、それは主観であってはならず、あくまでアドバイスにとどめておかないと子供の人生とはいえません。

それと、この活動は家庭的で親から子へのお仕置きをコンセプトとしていますが、本当の親子関係のような管理というだけではなく、全てを把握しておきたいという思いもあるんですね。
全ての把握とは、友達にもいえないことであり、親にもいえないことであり、つまり世間的に封印している心の部分の把握です。
初めてのお会いした時のカウンセリングではそういった心の中身も話してくれる方がほとんどです。

その人自身の全てを把握し、これからどのように人生を選択していくのか、そして間違ったことをしてしまったり、間違ったことをしようとしているときに、指摘し、叱り、アドバイスし、その上で選択肢を与え自分で決めさせたいと思っています。
それだけではなく、悪いことについてはお仕置きをして反省させ、結果成長をさせる、ということを目的としています。

そういった支配欲や管理欲をもともともっているので意識したわけじゃないのですが、そこがキーさんと相性があって今に至っているんですね。
まぁ、そもそもがお尻を叩きたい欲求でスパの世界にいるわけではなく、懲らしめの方法としてお尻ペンペンが最善で、それとそれを求めてりうキーさんとマッチングしたというだけのことです。

だいたいのキーさんもお尻を叩かれたいだけでお仕置き欲があるわけではなく、悪い事があって、お説教され、お仕置きされ、その後に許しがあって甘えられるという一連の流れの中でのお尻叩きであって、根本は愛情を求めているわけです。
そういう意味では私もキーさんも、お尻を叩く、叩かれるだけという単体の欲求ではないということですね。
もちろんキーさんの中には単にお尻を叩かれることだけを求めている人はいますから全てのキーさんとはいえませんけど^^;

まぁ簡単に書きましたが、私は相手の全てを把握して、その上で人生を応援したい、という関係性でありたいと思って接しています。
そのために親身になって心情を理解し、個性に応じてアドバイスをし、成長につなげたいと思っています。
どんなに悪い事でも、どんなにだらしないことでも、どんなに恥ずかしいことでも、世の中に一人でも把握している人がいれば、それが自分の人生を生きているということにつながります。

本当の自分、ありのままの自分、そういった姿を誰にも知られずに一生を終えたら、それは虚偽の自分であって、本当の自分を知っている人は誰もいないということになりますよね。
でも全てを把握する人が一人でもいたとしたら、自分の人生を実感できることにつながります。

私は相手のありのままを知った上で、良いことも悪いこともすべて把握し、直すべきは直し、反省すべき点は反省させ、その上でお仕置きすべきことはお仕置きをする、それが支配することでもあり管理することでもあるので、キーさんとはそういう関係でありたいなと思っています。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

台風19号

関東直撃の猛烈な台風でしたね。

今は明け方で台風は去っていきましたが、私のところは運よく何も被害はありませんでした。
まだ台風は東北地方を通過中なので大事に至らないことを願っています。
これから夜が明けたらいろいろな被害状況が明らかになるでしょう。

被災された方々、その関係者の方々には心からお見舞い申しあげます。

叩きたい欲求?

スパの世界では、カーさんはお尻を叩きたい人、キーさんはお尻を叩かれたい人と解釈されていますよね。
その解釈はそのまま当てはまる人もいれば、条件付きでなら当てはまるという人もいます。
条件付きというのは反省理由があればという条件です。

たまにキーさんが「お仕置き無しでも行っていいですか?」とか聞かれるのですが、その時には「お仕置き無しでも全然構わないよ」と返答するのですが、そうすると「叩けなくても大丈夫なんですか?」
と聞かれることがたまにあります。

おそらく私のしていることはカーさんそのものだから、”叩きたい欲求が満たされないけどそれでもいいんですか?”という意味で聞いてくるんでしょうね。
ただ、私は罰する理由があるからこそ、その罰としてお尻を叩きたくなるわけで、理由が無いのであれば叩きたい欲求は無くなります。
叩かなくても何も問題がないタイプだし、お尻にこだわっているわけでもないので、そういう意味ではカーではないんでしょう。

私は理由なく叩くことには興味はなく、叩く叩かない以前に相手の心の中身を知ることに興味があります。
心の中身を知ることが一番の欲求であり、その中で罰が必要だと判断した時に、お仕置きしたい衝動が発動するんです。
だから真剣に話をしてくれる人には全力で親身になれますし、お仕置きが無くてもそれはそれでよしとできるんです。
もちろん理由が無いけどお尻を叩いてくださいという人はいますから、そういう人にはその人のために叩いてあげますけどね^^;

人は誰しも他人に言えないような悩みであったり、反省内容であったり、自制できないことであったりっていうのはあるものです。
それは人の心の中には必ず存在していて、そういった話を聞くと、それについてアドバイスをしたくなったり、一緒に最善策を考えたりしたくなるんですね。

これは私の性格なので、私の生き方がちょうどカーさんという型にしっくりとはまっているんだと思います。
そして仮にこのような心の交流がないのであればこの活動に魅力を感じませんから、やはりこの活動をしているのは叩きたい欲求ではないんですね。

そして、悪い事が発覚した場合でも”叩きたい欲求”とは微妙に違って、悪い事の代償として”懲らしめなければならない””罰さなければならない””償わさなければならない”というお仕置き欲求が出てきて、それがお尻ペンペンのお仕置きという形になります。
まぁ欲望的に表現すると悪いことをした子を懲らしめたくなるんですけどね^^;
もちろん虐待的とか、強制的にとか、無理やり押さえつけてではなく、反省して二度としないようにという意味で冷静に諭すようにお説教をし、キーさんの需要に合わせたお尻叩きのお仕置きをしているんです。

悪い事に対してはしっかりとお尻ペンペンで反省してもらって悪い事を清算させたい、その子の成長のためだと思ってお仕置きをしています。
その気持ちが愛情表現であり、そういう気持ちがあるからこそキーさんは、自分のためだけに真剣に向き合ってくれてると感じるんだと思います。
そう心で通じるようにお仕置きをしていますけど、全ての人に届いていればいいですけどね^^;

ある意味その人自身が間違った方向に行かないように私自身の中で管理や支配をしている部分があるので、お仕置き欲求というよりも、支配欲、管理欲という表現が正しいのかもしれません。
管理、支配についてはまた次回でも記事にしたいと思います。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

平手のお尻ペンペンの魅力

スパのお仕置きでは平手でのお尻ペンペンが王道ですよね^^
殆どのキーさんは平手を欲していますし、逆に道具のみでお仕置きをされたいというキーさんには私は出会ったことはありません。

道具好きなキーさんはもちろん多いのですが、それでも最初と最後は平手でっていう感じです。
当然ながら平手のみしか嫌だというキーさんもいらっしゃいますしね。
まぁそこがスパの家庭的なお仕置きであってSMとは違うところかもしれません。

どうしてこんなに平手に魅力を感じるんでしょうか。
それは幼少期に目にしたアニメや絵本などのお仕置きシーンが平手でのお尻ペンペンあることが理由の一つでしょう。
それと平手というのは体の一部なので当然体温を感じるし、痛いながらも温もりも感じるものです。

道具はというとこれは単なる無機質な物体であり、いくらでも強く叩けるし叩いている方になんのダメージもありません。
でも平手は強く叩けば叩くほど叩いている方も痛くなります。
痛み分けというわけではないですが、叩いている方にもかなりのダメージがあり、そうだからこそ相手のために真剣に向き合ってるというメッセージにつながっているのかもしれません。

私も力を入れて叩く場合はさすがに手が痛いです^^;
もちろん日々叩いているので、手の皮は厚くなり、痛みはかなり軽減されていますが、強く叩けば手は腫れます。
その証拠に強く叩いた後は外した指輪が入らなくなりますからね^^;

私は痛いのは嫌いですが、悪い子を懲らしめるために、悪い事の清算のために、罰を受けて良い子になるために、このような想い(愛情)を持っているからこそ痛いのを我慢して平手で叩けるんだと思います。
言い過ぎですかね(笑)

まぁ私に限らず、一般的に平手のお尻ペンペンにはそういう思いが自然とあふれ出ているからこそ無意識に魅力を感じるのではないでしょうか。
平手でもあまりにも強く叩きすぎたり、無理矢理押さえつけたりすると、虐待っぽいお仕置きになります。
なのでそこは注意して、ほどほどの力で叩くことが家庭的なお仕置きには大切なことだと私は思っています^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

SM的なお仕置き 続き

前記事の続きです。
性的な事がない精神的なSMのお仕置きの雰囲気は簡単に作れるというところまでお話ししました。

前記事と重複しますが、家庭的なお仕置きだとしても、人によってはケインを使うとSM的な感じがする、ケインは平気でも鞭を使うとSM的な感じがする、ベルトは家庭にあるものだから家庭的なお仕置きとして平気な人もいれば、ベルトを使うとSM的に感じる人はいます。

つまり、それだけでもSMの雰囲気を作れるわけですから、SM的なお仕置きの雰囲気へ持っていくのはまぁ簡単なことですね。
ケインや鞭やベルトといった道具に関しては人によって感じ方は違いますが、もう少し踏み込んだ雰囲気づくりをすれば、虐待的、屈辱的な雰囲気は演出できます。
例えば頭や体を軽く踏みつけながら叩くだけでも家庭的なお仕置きからSM的なお仕置きになります。
髪の毛を軽くつかんで叩くのも家庭的ではないですよね、SM的なお仕置きです。

体を縛って叩くのもそうですし、手を上に吊るしてみたり、大の字にはりつけのようにしてみたりしてもSM的な雰囲気になります。
また、タオルで口を封じたりしながら叩いたりもSM的だし、背中を鞭で叩いたりしても虐待的で屈辱的な雰囲気は味わえるでしょう。
全身拘束して身動きが取れないようにしていたぶるような感じでもいいでしょうね。
その付属品として、結束バンドや手錠、麻縄などで拘束したり、鉄の鎖を巻き付けたりでも演出できます。
更には恐怖心をあおるような道具をちらつかせるというのも視覚的に効果的です。

ちょっと怖い感じになってしまっていますが、これはただの雰囲気づくりなので叩くのも軽めで十分ですし、踏みつけたり髪の毛を引っ張ったりするのも軽めで十分です。
プレイ的にはなりますが、雰囲気を味わうという趣旨でのものなので、ハードである必要はありません。

叩くのはお尻を出すだけでも十分ですし、このような感じで演出すれば、性的な事が介在しないSM的なお仕置きになります。
拷問的でも折檻的でもあり、恐怖、屈辱、被虐感を感じることができるでしょう。
道具に関しては私の場合、過去の経験から安全性は熟知しているのでそこに配慮しながらできますが、あまり知識のない人が縛りをしたりすると、指先にしびれが残ったりという事故もあるので要注意です、安全性の確保が一番の大切なポイントですからね。

このようなことにちょっと興味のある人や一度経験してみたいという人は、雰囲気だけでも演出することはできますからその場合は自分の口から言ってください^^
あくまで何も言わなければ私は家庭的なお仕置きしかしませんからね、要望がない限りSM的なお仕置きはしませんのでそこは誤解のないようにお願いします^^;




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

SM的なお仕置き

キーさんは家庭的なお仕置きを好む人が多いですが、中にはSM的なお仕置きを好む人もいます。
また、家庭的なお仕置きを求めている人の中でも、その時の心境や欲求によってはSM的なお仕置きを体験してみたいと思う人もいます。

SM的なお仕置きといってもどういうことを指すかとなるとなかなか難しいところですが、私の中で区分けしているのは、家庭的なお仕置きはスタンダードな親から子へという感じのお尻ペンペンのお仕置きで、SM的なお仕置きは虐待的であり、それは精神的に虐待や屈辱に感じるようなお仕置きということです。
もちろん人によってはケインを使用しただけでSM的(虐待的)と感じる人もいますし、特に鞭やベルトはSM的に感じるからNGというキーさんは多いので、人によってはそういった道具を使用しただけでSM的なお仕置きとなるんですね。

一般的にSM的な事は性的な事と解釈されるようですが、性的な事を目的としないSMは存在していて、過去に私がSMの世界にいたころは、最終的に性的ではない精神的なSMを好みました。
SMだからといって裸にする必要性もなく、服を着たままでも虐待的や屈辱的に責められれば満足なわけです。

今のSMの殆どは、裸にしての快楽責めとか羞恥責めがメインになっているので、SMはそういうものだと誤認識してしまう人は多いと思いますが、そうではない精神的な部分だけのSMもあるんですね。
性的なことを望まない精神的なSMに興味のある人にこういった話をすると、願望はあっても言い出しづらかったとか、そういうSMもあることにびっくりする人は多いです。

ただ、性的でないSMをしてくれる相手を探すことがかなり難しいことでもあります、それは男性は性的な事を目的としている人が多いからです。
性的な事を完全に抜きにして、神妙な雰囲気で罰されたい、ボロボロにされてみたい、苦しい思いをしてみたい、精神的に追い詰められたいという願望を持っていてもSMとなると性的な事がセットなので踏み込めないでいる人は多いようです。

私の場合のお仕置きはブログやサイトで書いてある通り、スタンダードで親から子への家庭的なお仕置きがコンセプトですが、要望があればSM的な雰囲気は経験上簡単に作れます。
なので、そういう願望がある人にはSM的な雰囲気を作ってお仕置きをしたりしますが、どのように作るかというお話しは長くなりそうなのでまた次回に持ち越します^^;

ま、あくまで私のお仕置きは家庭的なお仕置きで、要望がないのに虐待的なお仕置きはしていませんから誤解のないようにしてくださいね^^;
要望があったら雰囲気は簡単に作れるっていう事なので。
といっても本格的なSMからしたらお遊び程度の雰囲気でしょうけどね^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

好きなクラシック

コメント欄から好きなクラシックは何かという質問があったのでどうでもいいことですが、返答させていただきます。

私の好きなクラシックはピアノ系で、まぁ定番中の定番曲ですね、特に下記の曲がお気に入りで、とても癒されます。
好きな作曲家がいるわけではないですが、傾向でみると偏りはあるようですね^^;

革命のエチュード ショパン
幻想即興曲 ショパン
別れの曲 ショパン
ゴルトベルク変奏曲 アリア バッハ
G線上のアリア(ピアノ) バッハ
小フーガ ト短調(ピアノ) バッハ
ワルツ15番 ブラームス
ラ・カンパネラ リスト
熱情 ベートーベン


他にはジャズピアノのような、クラシックや定番の曲をアレンジしてノリよく作り上げたのも今のブームです。
代表的なものでいえば下記の「ルパン三世」なんかいいですね^^





当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

理不尽な交通事故

先日車を運転していたら車一台半くらいの道幅の交差点で自転車が突っ込んできて男子高校生と衝突してしまいました・・・。
私は急ブレーキをかけて交差点の手前で止まったんですけど、相手はブレーキかけても止まりきれず、私の車のフロントに衝突。

交差点の手前で止まったにもかかわらずフロント部分に衝突っておかしいですよね、高校生が交差点を真っすぐに進んでいればぶつからなかったわけですから。
なんでフロント部分に衝突したかというと、私は交差点の手前で止まったのですが、私が止まった位置に学校の裏口があったんですね。
相手は交差点からその入り口に向かって斜め左方向に突進し、ブレーキをかけながら私のフロント部分に衝突。
車は止まっていたのでそのまま突き刺さるように一瞬止まり、そのまま向こう側に自転車は倒れました。

相手は軽い下りの坂道を全力で下っていて、ちょうど近所の人がごみ捨てに出ていて、自転車に気づいた近所の人が大声でその高校生に「車!危ない!」と声をかけてくれ、そのおかげで自転車はブレーキをかけられ、それが無かったらと思うとぞっとします^^;

高校生は倒れて動けなくなり、とりあえず道の端っこまで移動し、消防と警察に通報し、学校にも連絡。
目撃者はしっかり一部始終を見ていてくれたのと、明らかに私の落ち度はないので安心はしていたのですが、時間はとられるし車は傷つくし、踏んだり蹴ったりでした。

それで終わればよかったのですが、警察の見解はこういうケースでも車の過失が高いという事でした。
納得がいかなかったので目撃者の方も含めて説明をしましたが、車を運転しているのであればしょうがないとの一点張りでした。
それでも相手が警察に診断書を持ってこない限りは人身事故にはならず、人身事故にならなければ行政処分はないので、不服ながらもその場はそれで納得をしました。
相手が明らかに悪いので診断書を持ってくるなんてありえませんからね。

しかしその高校生の父親がクセモノで、なんとその日のうちに診断書を警察に提出。
一応子供にけがをさせてしまったので、私も警察署に行き、父親に会って謝るとすごい剣幕で怒ってきて、私も一瞬イラっとはしましたがその場は謝って済ませました。
なにやらその父親はヤバい系の方で、それからは私に直接電話してきていちゃもんはつけるは金は要求するはで、たかりやのプロって感じでした^^;
保険会社を通しているのにそんなのお構いなしです・・・。

私も最初は下手に出ていましたが、そこまで被害者面してタカリのような真似をするなら開き直りです。
最初は私の車の修理費は請求はしないということを伝えたのですが、それは請求することにし、相手の自転車も保険で出ない分を私が負担すると約束したのですがそれも撤回。

怪我させちゃっているし、自転車は修理が必要だし、お金で済むことならと、いくら相手に非があっても善意でそこまで考えていました。
一方相手の父親は自分の休業補償は保険では出ないから個人的に出すのは当然だとか、自転車の金額も吹っ掛けてきて、怒鳴って威圧してもうタカリまくりなので私もそういう気持ちは一切なくなりました。
直で電話をかけられるのは面倒でしたけど、そんな脅しには屈しませんし、逆に請求する方向に転換です。
でもまぁそういう方なので、私の車の修理費を請求したところで支払うことはあり得ないんですけどね^^;

理不尽なことはこれだけで終わりません。
保険会社が出した過失割合は70対30で私の過失が高く、これは判例が出ているものだからと納得せざるを得ませんでした。
しかも診断書の提出により人身事故扱いになったため違反で6点、今度1日間の講習を受けることとなってしまいました。
その講習を受けないと免許停止らしいので行くしかありません^^;

と、散々な事故にあってしまいました。
今回のことで車を運転するからにはそういう事故も想定して避けなくてはならないこと、事故に合ったらそれは車を運転している責任としてある程度の過失が発生すること、そういったことを再認識して運転するようになりました。
それと大事なのはドライブレコーダーということでした、その映像があれば完全に証明はできたらしいです。

この事故からは更に慎重に運転をするように心がけることができたので、踏んだり蹴ったりでしたがまぁ前向きに考えることとします^^
1日講習に修理費などの出費、次回保険更新時には保険料の値上げと、ここまでいくと何かの罰ですかね(笑)

相手は大した怪我でもないのに慰謝料目的でずっと通院している(父親にさせられている)ようです。
保険会社はその父親からの威圧と恫喝がものすごすぎて窓口対応しきれずに弁護士を雇ってやり取りをすることになったそうです、いやいや保険に入っていてよかったです^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

キーさんの不安

キーさんが悪いことを白状するときにどうしても気にしてしまうのは「嫌われるんじゃないか」「呆れらるかもしれない」という不安要素です。
それは反省内容が深刻であればあるほど、また同じことを繰り返せば繰り返すほど、自分のことを嫌になって見放されてしまうかもしれないと考えてしまいがちです。

これはキーさんに限らず一般的にもそうであって、むしろスパの世界だからこそ白状できるのであって、一般社会ではなかなか自分の悪い所を白状することはできませんよね^^;
そういう意味ではキーさんは自分に正直で、いくらお仕置きに憧れているとはいえ、しっかりと自分を見つめて反省し、成長につなげようという気持ちがあるので、とてもいいことだと思います。

ただ、そうはいっても本当に悪い事だと相手に嫌われるんじゃないか、お仕置きで反省しても何度も同じことを繰り返すと呆れられるんじゃないか、こんな私なんか見放されちゃうかもしれないと思って正直に言いづらいというのは当然のことだと思います。
それはこれまでの人間関係で何か悪いことがあったら親や先生に見捨てるような発言をされたり、嫌うような態度を取られたり、友達と喧嘩になったり、またはいじめられたり、その場の空気が悪くなったりと、そういう経験で段々とそういったことが言えなくなっていくこともありますね。

そしてお仕置き相手に実際に白状したら引かれてしまったり、怒ってしまったり、呆れられたりした経験を持つキーさんもいます。
本当にガチの悪い事を白状したら離れていってしまったというケースもありました。
まぁ私はそれを聞いてかなりびっくりしましたけどね^^;
それならそもそもキーとカーのお仕置き関係なんて成立しないと思いますし、本当に悪い事こそしっかりと叱ってお仕置きが必要なんですからね^^;

私の場合はどんな事案でも引くことはありませんし、嫌いになったり、呆れたりということはしません。
悪い事なら悪いことほど私は”よくぞ言ってくれた”とその勇気に感心するくらいですし、こういう表現はふさわしくありませんが、そういうことほど言ってくれたことに対してはとても嬉しく感じるんですね(だからといってお仕置きの免除はしませんが)

2回、3回と会う回数が増えることによって親近感も増して、これまでは正直に自分のことを話せたのに、だんだんと自分をよく見せようとしたり、悪い部分を見られたくないという思いが強くなっていくのはしょうがないことですが、それでもここの空間は自分のすべてをさらけ出して反省するところであって、そのためには何を聞いても引かない、見放さないという空気を作ることは重要だと私は思っています。
だからどんなに悪いことでも、どんなに繰り返しても、それでもしっかりと言うようにということは相手に伝えるようにしています。

もちろん何度も繰り返して自分で直そうという気持ちがない人や、聞く耳を持てない人、前を向こうとしない人には、それはその人の生き方の自由ですからそういう人には私は何も言いません。
それを見放すことと言われればそうかもしれませんが、私は人それぞれの生き方がある中で、その生き方までは強要することはしません。
だからいくら説明してもそれがその人の信念であれば私が忠告することでもなく、それはそれでその人の生き方として尊重します。

それでも、その場だけでもしっかりと自分を律したいと思う気持ちがあって、直したいという前向きな気持ちがある限り私が見放すことはありません。
たとえ次の日に同じことを繰り返しても、お説教して納得したのに何十回も同じことを繰り返しても、同じようにお説教をして同じようにお仕置きを繰り返すだけです。

なので、私のところに関しては成長したいという気持ちがある限りは絶対に見放すことはありません。
私もよく言われるのが「嫌いになった?」「呆れちゃった?」という言葉ですが、この言葉は非常に嫌いです。
悪いことをしてしまったり、それを繰り返しただけで嫌いになったり呆れてしまうような相手だと思われている事が嫌なんですね^^;

自分自身の意思で直そうと思う気持ち、自分律する気持ち、成長する気持ち、前を向く姿勢があればどんなことをしても、どんなことを繰り返しても私はその気持ちを評価しているので嫌ったり呆れたり、ましてや見捨てることなんてないです。

私のところに来るキーさんにはそういうことを理解したうえで、全てをさらけ出して打ち明けてほしいと思います。
自分のパートナーさんに嫌われるかもしれないから言えなくて私のところにお仕置きを受けに来る子もいます。
私のところは最終的に全てを言える場所であって、ここで言えないことができてしまったらまた他の最終居場所を探さなくてはなりません。

自分の居場所を汚すことのないように、そして悪いことを告白することへの不安感はここでは無用です。
そういうものを吐き出してこそのお仕置き関係ですからね^^
不安はなくしてくださいね。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

極細ケイン

代表的なお仕置き道具である”ラタンケイン”の材料は「ラタン」です、日本語でいうと「籐(とう)」ですね。
ラタン家具、籐家具で知られているように、ラタンは籠や椅子など様々な家具を作るために使用されるとても丈夫な材料です。

Wikipediaによると
トウ(籐)は、ヤシ科トウ連に分類される約600種の植物の総称である。
トウ属など17属が含まれ、多くはつる植物である。英名のラタンはマレー語に由来する。家具や籠などの材料にされる。
とのことです。

ラタンケインはお仕置きにはとても適した道具ですね、しなりもあるので強く叩かなくても鞭のように痛みは鋭いし、強弱をつければ他の道具は必要ないくらいです。
軽く叩いても痛いし、強く叩けばまた違った痛みなので重宝しています^^

そんなラタンケインですが、私の場合はラタン専門店に直径や長さなどを指定して直接注文しているんですね。
直径12mm、9mm、7mmとこれまで3種類の太さのケインを持っていましたが、今回更に細い4㎜の極細ケインを注文し最近手元に届きました。
早速キーさんに使用してみると「ビシッ!」という威力や重みはないようのですが、チクチクとしてこれはこれで結構痛いようです。
ケインも含めていろいろな道具があるので、いずれ撮影でもして道具をサイトにアップしようかと模索中です^^

人によってはケインはSMみたいだからNGとか、虐待に感じるからNGの人はいますが、逆にお仕置きはケイン!という人もいます。
また、家庭にあるような物差しや定規、布団叩き等じゃないと家庭的なお仕置きに感じない人もいれば、痛みを追及して痛ければなんでもいいという人もいます。
更には鞭やベルト、様々な道具を使用してSM的にボロボロにされてみたいとか、滅多打ちにされたいとか、人形のように無で叩かれたいという人もいますね。

そこは人それぞれのお仕置きへの想いがあるので、道具に関して、お仕置きの仕方に関しては個々の要望の上で私はお仕置きをしています。
平手のみが希望の人には道具は使いませんし、道具でもこの道具はNGということであれば使用することはありません。
ケインは定番ですが、ケインNGという人も普通にいますからね。

まぁでもケインNGでなければ、この4mmの極細ケインと7㎜の細いケインは定番として使用することになるでしょうね^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スマホ依存のお仕置き

最近スマホがやめられないという理由でのお仕置きが増えています。

スマホで何をしているかというと、ゲーム、YouTube、お仕置き関連、小説、動画、ツイッターやライン、インスタなどが主ですが、どうしてもだらだらとみてしまって自制できないようです。
YouTubeでは動画が終わってもそれに関連する動画が出てきてしまってついつい見てしまいますよね。
それがYouTube側の戦略なのでしょうが、やっぱり気になって見てしまうものです。

ツイッターやラインも今やらなくてもいいはずなのに、普段から使用していると癖になってしまい、何かやらなければならないことがあってもそこから逃げたい時などについ見てしまうようですね。

ゲームに至ってはテレビを見ながら、誰かと話をしながら、というひどい依存体質の人もいて、そこまでじゃなくても暇さえあればゲームをしている人もいます。
これもゲーム会社特有のゲームをやめさせないようにクリアしたら報酬があるというような、ある意味罠にはまっているわけですね^^;

あとはキーさんならではですが、お仕置き小説や動画などをつい見てしまい、落ち着くまで気に入ったシチュエーションのものを探して時間を費やしてしまうこともありますね。

まぁとにかく勉強や課題、片付けや面倒な事などがある時にはついスマホに逃げてしまって、結局やらなければならないことがおろそかになってしまいます。
特にお仕置き欲がピークの時はやらなければならないことが手につかず、お仕置きの事ばかり考えてスマホをいじってしまうこともあるでしょう。

結局は自制の問題ですから、私の場合はそういう子にはお説教の際にどのように対策をしていくかを具体的に取り決めをし、その人に合った方法を探る作業をしています。
高い目標ではなく、これくらいならできるというようなものをしっかりと決めて、その後にお尻ペンペンのお仕置きをしています。

今までの自分のやり方ではちゃんと自制できないので、これからは取り決めをしてやり方を変える。
その上で罰としてのお仕置きですから、その場ではしっかりと反省し、気持ちが切り替わるものです。
殆どの人はお仕置きによって自制できるようになるのでお仕置きはとても効果があると感じます。
といっても1日だけしかできなかったという人もいますし、3日坊主や1週間しかできなかったなど、持続する人は少ないですけどね^^;

それでもお仕置きによって数日でも改善できたのならそれは効果ありということになります。
もちろん自分で決めたことが実行できなかったことに対しては再度お仕置きです。
繰り返したとしても、私の場合はケースバイケースですが、更に厳しくといったお仕置きは極力しないようにしています。

自制の問題でのお仕置きは、あくまで自制ですから、自分の為であってそれは結局自分の力で何とかしないとどうにもなりません。
お仕置きをしても、そしてかなり厳しくお仕置きをしたとしてもしっかりとした気持ちが無ければ続きません。
なので、人によっては厳しくはしますが、基本的にはお説教で本人のやる気を出して毎回同じ程度のお仕置きを繰り返しています。

何度も繰り返す人は普通にいますが、私はその都度別の対策を決めていき、その上で同じことをお説教し、同じようにお仕置きをします。
何度繰り返したとしても私が呆れてしまったり、見放したり、嫌いになったりということはありません、そういうことを心配して嘘をついた子は中にはいますが、そんな心配は無用です、自分を変えたいという気持ちがあれば私はそれでよしとしているわけですからね。
なので私は何度繰り返しても素直にいえるような雰囲気づくりもするようにしています。

とにかく、スマホ依存及び予備軍の人は一時的でもしっかりと自制できるようにお仕置きは必要でしょう。
将来のことを考えたり、少し先のことを考えたら本当にやらなければならないことは今やらなくてはならないんです。
今を逃してしまったら夢や希望、志望や目標など、達成できなくなってしまうという危機感を持たなくてはなりません。
そういった意味でもしっかりとお説教とお仕置きを受けて気持ちを切り替える事は大切です。

1人ではなかなか自制できない人、おそらく一人ではもう無理だと思います。
第三者と約束をしたり対策を練った上で、しっかりとお仕置きを受けて反省し、未来の為にスマホ依存を改善していきましょう。




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

軽めのお仕置き

最近の私のお仕置きは、例えどんな悪い事であったとしても”軽めのお尻ペンペン”も有りだなぁと思うようになりました。
それは厳しくすると逆に反省できなくなるタイプもいることを今更ながら知ったからです^^;

通常は厳しくしないとしっかりと反省できないというタイプが多いのですが、それはその人の理想とするお仕置きということもあるんですね。
怖いし痛いから嫌だけど、そうしなければ反省できない、罪悪感を払しょくできない、お仕置きを受けた感じがしない、耐えるからこそお仕置きが終わった時に満たされ感につながるという感じで、ある意味その人が求めているものでもあるわけです。

逆に、自分の理想のお仕置きが優しく軽いお尻ペンペンという人もいます。
そういう人は、実際の子供のお尻を叩くのに厳しいお仕置きはあり得ないからという理由があるようです。
例えば家庭的なお仕置きのイメージは、軽めに平手で10回とか、極端にいえば軽くお尻を一回ぺチンとか、そういう感じで捉えている人もいます。
私としてはせっかくお仕置きを求めて会っているのにそんなんでお仕置き終わりにしてもいいの?って感じで未だに理解できていない部分はあるんですけど、実際にそういう人がいるのでそうなんでしょう^^;

もちろん実際の子供であればかなり手加減はするでしょうが、実際は子供じゃなくて大人ですからね。
お仕置きを求めているのもあって、私はそれなりの厳しさでお仕置きをするのですが、その子にとっては実際大人であったとしても子供にする家庭的なお仕置きをしてほしいということなんですね。

だからこそ痛すぎると、そこまで厳しくする必要があるのかと心の中で逆切れしてしまったり、虐待的に感じたり、拗ねたり、反抗的になってしまったりして、結局反省どころじゃなく、感情的に叩かれたとモヤモヤが残ってしまうことがあるようです。
そうであるならお仕置きが逆効果となってしまうので、どんな悪いことでも軽めのお尻ペンペンも有りだなって思うようになったんです。
これは革新的なお仕置き観の変貌です(笑)

以前の私は、何を言ってもお仕置き逃れの言い訳と捉えて、とても悪い事と判断したことに対しては躊躇なく厳しくしていましたが、いろいろなキーさんと話していくうちに、本当に子どもにするような軽めのお仕置きが自分にとっての理想で、自分にとっての家庭的なお仕置きだという感覚の人もいるということが分かり、それからは厳しくお仕置きをすることが全員に通用するわけではないと認識して厳しさにこだわらなくなりました。
その方がより反省できるという条件付きですけどね。

お仕置きの目的はお仕置き欲求を満たすと同等に、反省して罪悪を清算したり自分を成長させるためであるわけなので、それが厳しいお仕置きによって壊されてしまうなら、優しく軽めのお仕置きの方がいいに決まっています。
なので私は依頼を受ける時には必ず理想のお仕置き像を聞き、軽めのペンでしか反省できないようであれば本当に子どもにするような軽めのペンも有りだなと思うようになりました。

ただし、痛いのが嫌だからとお仕置き逃れの為に”軽めが理想!”なんて言うずるい子には逆に厳しくしちゃうでしょう(笑)
でもその前に、軽めが理想でもない子に軽めのお仕置きをしていたらその方が満たされなくなって撤回するかもしれませんし、実際してみたら軽めの方が反省できるとなったらそれはそれでいいかもしれませんね^^;

まぁ実際はお仕置きを受けてみないと分かりません。
経験してみて軽めが物足りなかったら次はもう少し厳しめにするでもよし、厳しすぎるのはやっぱりちょっと違うなと思ったら次回は軽めの要望を出したりと、自分の理想のお仕置きをそうやって追求していき、しっかりと自分のお仕置き欲を満たしていいくことはとても重要な作業です。

まずは自分の理想のお仕置きを受けることが大切です。
反省するにはどのような厳しさが妥当なのか、それは悪さの度合いによって変えていく私目線でいいのか、それともそれは関係なく軽めでないと反省でできないのか、そういったことを考えてみるのもいいでしょう。

そのためには回数をかけてもいいので少しずつ微調整していき、物足りないものを補充したり、やっぱりそこは排除したりと、理想のお仕置きを追求していくことでも満たされることにつながるでしょう。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

Q&A 「お尻に反応する人と反応しない人の違い」

コメントから来た質問です。
質問があると記事も書きやすいのでスパ関係でも日常のことでもなんなりと質問してきてください^^
なお、質問はコメント欄からお願いします。


Q.
いつもブログを楽しく読んでます。質問です。
「お尻」が介入するお仕置きだからこそ反応してしまうとのことですが、反応してしまう人と反応を示さない人との違いは、いつどこでどんな影響があると変わるのでしょうか?
幼少期、思春期の親の教育?
お尻=恥ずかしいもの 「お尻見えてるよ、恥ずかしい」など言われて育つとそうなるとかでしょうか?
京介さんのご意見を聞いてみたいです^ ^


A.
この質問は先日書いた「お仕置きで興奮すること2」の記事についてですね。
まだ読まれてない方はそれに関連する「お仕置きで興奮すること1」 「お仕置きで興奮すること3」 もご参照ください

反応してしまう人と反応を示さない人は、いつどこでどんな影響があると変わるのでしょうかということですが、これについては同じお仕置きシーンを見ても、その人の性格や感受性、養育環境やその時に欲しているもの、そして体の反応や体調等、様々なものが絡み合っていることなので、どうしたら反応するのか、またはどうしたら反応しないのかという未来のことはわかりません。

いつどこでどんな影響があるとお仕置きに興味を持つようになるかということですが、年齢的には幼少期から10代の間に殆どの人が脳にプログラムされてしまうものです。
その要因は上記で説明したように複雑で、単純にお尻が見えていて恥ずかしいというだけではなく、人の温もりやスキンシップ、愛情深いお説教やお尻叩き、不安やタブーなど、様々な要素や背徳感で心を惹きつけ、ドキドキとしてしまう事で頭から離れなくなっていくものです。

これらはみんな同じように反応するのではなく、その人の欲していた部分であったりとか、なにか全体的に魅力を感じてしまったりとか、体が反応した時に偶然目にしてしまったりとかで違うでしょうし、それでも反応する人もいれば反応しない人もいます。
それが感受性でもあるだろうし、どれだけ衝撃に感じたのかも関係してくるだろうし、そもそもその人の資質の問題かもしれませんしね。

もう少し分かりやすく説明すると、目にしたもので体が反応してドキドキとしてしまった時にその目にしたもの(お仕置きシーン)に対して惹かれていくことが人間でも動物でもあるんです。
逆に体が反応してドキドキとしている時にたまたま目にしたもの(お仕置きシーン)も同じように惹かれていくことがあるんです。

もちろんそれで何も反応しない人はいますが、反応してしまう人は目にしたもの(お仕置きシーン)でドキドキとして興奮してしまうというプログラムが脳内で作られ、その後は考えるだけでも興奮するという脳の回路が出来上がりそれは永久的に残ってしまいます。
なので、欲を無くすよりも、欲を薄めていく方が理にかなっているんですね。

また、「お尻見えてるよ、恥ずかしい」と言われて育てられたからといって丸出しのお尻に興味を持つということは殆どありません。
お尻を見られたら恥ずかしい、だから洋服を着る。そう学ぶんです、それは裸でも同じですよね。
その時に何かの要因もプラスされたのならお尻フェチとかお尻好きになることもありますが、単体ではあまり考えられないでしょう。

結論から言うと、幼少期からお仕置きに興味を持たせるように仕向けて接しても、逆にお仕置きに興味を持たせないように仕向けて接しても、人間の感覚を操作することはかなり難しいことです。
ただ、未来の操作はできなくても過去の話を聞いてそれをヒントにきっかけを推測したりと、後になってからなら分析ができたりします。

過去子供のころにお仕置きを受けた人でも、お仕置きに興味を持つ人と興味が全くない人といます。
叱られたことがない人でも、叱られたい願望でお仕置きに興味を持つ人と興味が全くない人といます。
感情的に怒られた人でも、冷静に叱られたい願望でお仕置きに興味を持つ人と、興味が全くない人といます。
どんな環境下においてもお仕置きに興味を持ってしまう人はいるということです。
甘やかされて愛情いっぱいに育ったこでもお仕置きに興味を持ちますしね。
その理由は人それぞれです。

大事なことはそうなってしまったとしても、それは自分の一部であって、それを受け入れることだと思います。
苦しいこともあるかもしれませんが、それも本当の自分であって、それを認めることで気持ちが楽になることにもつながります。
そういう意味で思い切ってお仕置きを体験するのも有りだと思います。

リスクがあるので前に進めない人はたくさんいるようですが、私のお仕置きはブログやサイトに書いてある通りですし、欲求を薄めたい人にはそうなるようにカウンセリングをして、欲を薄めるようなお仕置きをしていきます。
欲求を薄めたい人にはその手助けをしたいですし、欲求を満たしたい人には満たすようなお仕置きで手助けをしたいと思って真面目に活動していますので、安心して依頼してくれたらと思います。

不安な点は明確に回答はしますし、会ってみれば大したことないものです^^
とにかく一度体験することは自分のためにもするべきだと思います。
我慢しても年齢を重ねればいずれ爆発しまうことが多いですし、我慢していてはもっとつらくなりますから、この機会に思い切って決断してみましょう。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

Q&A 「お仕置き欲求について」

コメントから来た質問です。
質問があると記事も書きやすいのでスパ関係でも日常のことでもなんなりと質問してください^^
なお、質問はコメント欄からお願いします。


Q.
お仕置きを体験することで、逆にどうにもならなかった欲求が薄まらず、欲求が高まってしまうこともありますか?
人それぞれなので、きっとあると思います。
中には依存してしまう人もいませんか?
だからパートナーを作ったりしますよね、、、
それかパートナーまでとはいかなくても頻繁にスパンカーに会ってしまうとか、、、
高まっていく欲求をどうにか抑えたい、薄めたいと思っている人はどうしたらいいのでしょうか、、、?
京介さんなら具体的にどんな対応をされますか?
過去にあった例でもいいので教えてください


A.
お仕置きを体験することによって逆に欲求が高まってしまうということはよくありますが、それは一時的なもので、回数を重ねることによってお仕置きを受ける前よりも欲は薄まっていくものです。
ただカーさん側のお仕置きの仕方次第では自分の理想が満たされないという意味でどんどんと欲求が高まっていくことがあります。
例えば、お仕置きで初めて会った人が自分の理想のお仕置きとはかけ離れていたりすると、次の人を探すのは当然のことです。
初めはネットで会うということに抵抗があっても、一度経験してしまうとネットの人に合うこと自体麻痺してしまうことがあります。
なかなか理想のお仕置きをしてくれる人がいなければどんどんと理想を満たそうと欲求が膨らみ、結果たくさんのカーさんと会うようになり、それが欲求を高めていく要素にもなり得ます。

また、せっかくパートナーになっても連絡が少なくなってきたり、お仕置きがなくなってきたりすると、お仕置き欲求を満たしたくても満たせない、そうなっても我慢しなくてはならず、その我慢が欲求を高まらせる要素にもなります。
更にはパートナー関係を解消されてしまったら、お仕置き欲も薄まらず、次のカーさんを探し始め、結果お仕置き欲求が高くなることにもなります。

もう一つ、お仕置き欲求を上げてしまうのは遊び感覚のお仕置きやイチャイチャの感じのお仕置きで、”楽しむお仕置き”としてしまうと、そういう楽しい感覚を求めて別の感覚のお仕置き欲求ができあがってくることがあります。
本来のスタンダードなお仕置きとは別のお仕置きであり、そっちのお仕置き欲にシフトして欲求が高まる感じです。
もちろん遊び感覚で楽しいお仕置きの欲求がある人であればそれを体験する必要はありますが、そうでない、そもそもはスタンダードなお仕置きを求めている人はその要素は必要のないことです。

依存に関しては、お尻叩きに依存するというよりも相手に依存してしまうという表現の方が正しいでしょう。
そもそもお仕置き欲というのはお仕置きに憧れがあったり、お仕置きを求めてしまったり、実際に体験したいという欲のはずです。
しかしそれがいつの間にか疑似恋愛になったりして、お仕置き欲と同時にそれとは少しずれた欲求となってしまいがちです。

お仕置きという肌と肌を合わせる性質上よくあることですが、そこを楽しみたいカーさんは多いようなので難しい問題です。
実際そうされたらキーさんも信頼のおける相手であれば心地よくなってしまうものですからね。
心地よさは一連のお仕置きの流れで必須なのですが、その比率が心地よさの方がメインになってしまうと心の依存につながるのではないでしょうか。

また、パートナーを作ることも依存につながりやすい面があると思います。
カーさん側がしっかりと線引きしないで接すると、気持ちはどんどんと依存していくものです。
そういう相手への甘えが心地よくなってくると、お仕置き欲求にプラスして異性との心地よさの欲求も増え、それが依存につながります。
そういう関係になってからパートナー関係が解消されたら当然失恋のように寂しくて次のカーさんを探すことになります。
そうしなければ寂しくて辛くてどうしようもないので、これもお仕置きに依存ではなく、異性への依存に近いものがあります。


で、高まっていく欲求をどうにか薄めたいと思っている人はどうしたらいいか、ということですが、私がしていることは上記に書いてあることを踏まえての対応です。

私の対応としてはその人が望む形のお仕置きをして、欲求を満たしてあげることをしています。
人によって理想のお仕置き像は微妙に違います、コーナータイムは憧れという人もいればNGの人もいます。
それは道具に関してもお仕置きの体勢にしても、スタンダードなお仕置きの中でも人それぞれ違うものです。
なので、メールやカウンセリングでそのあたりの分析をしてどのようなお仕置きにしていくかを個々に考えています。

その上で、一度お仕置きを受けたらまた新たな要望を聞いたり、やっぱりNGだということを考慮し、次にいかしてしっかりと欲求を満たしていくという感じです。
スタンダードな家庭的なお仕置きが基本姿勢になっているので、おそらくそれに合った子たちが依頼をしてきているでしょう。

パートナー関係の問題ですが、私のところはパートナー関係ではないので、パートナーの解消というのはあり得ません。
こちらから呼び出すということもなく、キーさんがお仕置きを受けたかったり話をしたいという時に依頼するわけなので自分の選択で来たいときに来れるわけです。
みなさんが気にしている、見捨てるとか見放すということもありませんので、キーさんが来たいと思ったらいつでもこれます。
その分いつでも来れるという安心感と、お仕置き欲求がどうにもならなかったら行ける場所があるので、そういう意味で欲も安定していくと思います。

私としては依存にならないように接していますが、万が一依存的になったり、こちらのルールを何度忠告しても直らないという人にはきてもらうのはお断りします。
でもそれは私なりの依存関係にさせないという線引きなのでしょうがないところでもあります。
こういうことからも、もしお仕置き欲求を薄めたいと思うなら、パートナー関係より、依頼してくるという形の方がいいと思います。
一対一じゃないと嫌だとか、彼氏のような存在を求めたいとか、いつでも連絡とりあえる間柄じゃないと嫌だとか、そういう形にこだわるのならパートナーを探すしかありません。
ただ、理想のお仕置き関係を築いてくれる相手を探すのは困難です、いることはいますが、なかなかいないようです。

それと、キーさんとカーさんは肌をさらしてスキンシップをする関係なので、その間で信頼関係が出来上がったらカーさん側はどうにでも持っていくことが可能になります。
だからといって自分の快楽に走ったり、本気で付き合う気もないのに言葉巧みに依存させようとしたり、それが楽しいからキーとカーの関係性を超えるような行為をしてしまうのは私的にはしてはいけないことだと思っています。

まぁ結局、スタンダードなお仕置きだとしてもそれを体験することで、一時的に欲求が高まってしまう事はあります。
でもそれは回数を重ねるごとに徐々に薄まっていくものです。
欲求が高まるのはお仕置きを受けたことで気持ちが舞い上がってしまう事によるものですから、それは何度か体験すれば薄まってきます。

これまでブログにも書いたように、欲求を薄めるにはお仕置きを体験すること。
でもその中にはカーさん側がしっかりと線引きをして、相手の心をもてあそばないことが前提です。
また、性的なお仕置きやお仕置き観の違うお仕置きでは意味がなく、自分の理想に近いお仕置きを受けることが前提です。
これはキーさん側がどうこうできる問題でもなく、そういったカーさんを掲示板やツイッター等で探すには何人にもの人と会わなければなかなか難しいようです。

なので無難に欲求を薄めるなら、私のところに依頼をしてみてください。
心理的なカウンセリングも込みのスタンダードなお仕置きで、ブログにもサイトにも詳しく方向性が書いてあるので、そこらの知らない人とは違うと思います。

ちなみに私のお仕置きはみなさん厳しくて痛そうと思っているようですが、それも個々の要望に合わせてやっていますからね。
文字で書くとかなり痛そうですが、そこはお仕置きレベルの選択の問題でもあります。
通常なら”かなり痛い”ではなく”痛い”程度で終わってるはずですよ^^;
ま、要望のお約束は守っているのでそこは心配しないでください、初めは軽めでもいいですし気軽に依頼してみてください。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置きで興奮すること 3 終わり

前記事の続きです。

「お仕置き」や「お尻ペンペン」という言葉にドキドキと反応してしまう子、お仕置きが頭から離れなくて時によっては日常生活に支障が出る子、つまりそういう子達をキーさんともいうのですが、そういう子たちは家庭的な愛情のあるお説教やお仕置きに惹かれて興奮してしまう、そういう事について書いてきました。

”お説教””愛情””叩く(ビンタ、ゲンコツ)”、それ自体でもその一連の行為でも興奮まではしないものですが、ドキドキとして体の反応が出てしまうほど強烈に興奮してしまう要因というのは、叩く場所が”お尻”だからです。
叩く部分がお尻だからこそ、子供ながらもそこに”性”を感じ、そこが恥ずかしいとか、見てはいけないとか、いけないもの、という認識をしてしまい、スリルや羞恥などでドキドキとし、ドキドキとするから余計意識して頭から離れなくなっていくというお話をしました。
お仕置きで興奮すること1  お仕置きで興奮すること2

そういう厄介なお仕置き欲求をどう抑えるかについてですが、みなさん欲求が上がっていくにはそれなりの原因があるわけです。
最初は子供ですからお仕置きシーンといっても子供が見るようなアニメや本、もしくは実際に友達がされているのを見てというだけです。
それだけでドキドキしているのであればそこで維持できるわけです。

しかしそこからいろんなことを妄想したり、もっと成長すると、お仕置き関連のワードを検索してお仕置き小説を読んだり、実際にお仕置きの世界があることを知ってしまい、それでどんどんと欲求が強くなっていくんですね。

そこで新たな情報を得ることでいろいろな妄想をしたりしてドキドキして、小説でいろいろなシチュエーションを読んではドキドキし、お仕置きをリアルに体験できる場所があるんだと認識することでドキドキし、そうやってどんどんと自分の知らないお仕置きの世界やを知り、自分の理想やシチュエーションもできあがり、そういうものを探すようになり、それに比例してお仕置き欲求が強くなります。

結局欲求が爆発してしまうくらいまで膨らみそれを抱えてモヤモヤとしてしまうんです。
そういうものを見て自分を満たしているつもりが、実はどんどんと欲求を強めて自分を苦しめている要因にもなっているという皮肉な状況になっていくわけです。

そうなってくると、これはあるあるですが、やらなければならないことがある時に限って欲求が高まり、お仕置きの事ばかり考えて何も手がつかない状態になり、苦しくなることにつながります。
やらなければならないことでも忙しくて休む時間もない時や、自分の好きなことに集中している時などは欲は低下するのですが、面倒だけどやらなきゃいけないこと、例えば課題やテスト勉強や試験勉強、期限がある提出物など、そういう時には特に欲求が上がりお仕置きの事ばかり考えてしまって、やらなければならないことを後回しにしてしまいがちです。

また生理前などが絡むと欲が上がりすぎてどうにもならなくなり、そこで勢いでお仕置き体験するという人もたくさんいます。
まぁそういう勢いを借りてでしか勇気が出ないというのが正解なのかもしれませんが、やはり抑えられない欲求で翻弄されるのはとてもつらいことですよね。

だからお仕置き欲をこれ以上膨らませたくないならこれ以上新たなお仕置き関連の小説や動画は見ず、見るのであれば今まで見たことのあるものだけにしておくと新たな世界は広がりません。
ま、これは難しい話ですけどね、でも真剣に考えている方はそうやって実行して新たなものは見ないようにしてみてください。
一切合切禁止にすると余計に爆発しますからね、禁止はせず、お気に入りの小説を何度も見るなど、今まで見た範囲で処理するようにしましょう^^


前記事でお仕置きに惹かれている人は「お仕置きを考えると性中枢が刺激される」と書きましたが、ディシプリンの躾としてのお仕置きや家庭的なお仕置きは、俗にいうエッチな事とは違い、性的な事はご法度だし、性的要素もないものです。
それでもこれまで話してきた背景から、お仕置きを考えることで性中枢が刺激され、体が反応してしまうんですね。
そういう脳の回路になってしまっているということで、だからこそ興奮したりドキドキしたりするんです。

しかしそれはもう変えようがありませんし、そういう自分も本当の自分であって、表の自分も裏の自分も全て認めて受け入れることは、お仕置き欲を薄めたり卒業をする第一歩だと私は思っています。
そして卒業したい人は、何度かお仕置き体験をして欲を薄めていく作業が必要で、それを後手後手に回してしまうと更に気持ちが膨らみ年齢を重ねるごとに欲の薄め方が難しくなっていくんです。
なので若いうちに体験をして未知の世界をみて、欲を薄めていくことがお仕置き欲求を無くしたい人や卒業したい人の近道だと思います。

実際に何度もお仕置きを受けて、どうにもならないまでの欲求が薄まったという人は何人もいます。
何度もお仕置きを受けて自分の欲に決着をつけられたという人もいます。
これまで一人で抱えてきたお仕置きの想いをすべて吐き出したことによって自分を冷静に分析できて落ち着いた人もいます。
私の活動がカウンセリング主体だからこそ、お仕置きを卒業したい人には欲を薄めるカウンセリングとお仕置きを、そうでない人には満たすようなお仕置きということができるです。

お仕置きで興奮してしまう要因というのは人それぞれ違うこともあります、幼少期の衝撃的な出来事、幼少期からの家庭環境、学校での教師や同級生との関係など、それぞれ分析してみることで、自分では気づけなかった部分が見えてきて、要因のヒントが見つかることが多いんです。
それで欲求がなくなるかと言ったらそれはまた別問題ですが、自分を知ることで興奮の正体を知り、その上で体験することで幼少期に欲していた何かが満たされるということがおこり、そうやって欲が薄まるということもあるんですね。

単なるお仕置き、ではなく、心理の面でお仕置きと向き合い、自分のお仕置きのルーツを探り、その上でお仕置き欲を満たすというのは私もそれがしたいことですし、お仕置きを受ける側もそういうことを経験しておいた方が自分と向き合う為にもいいと思います。
ま、それには自分のお仕置きの想いを正直に吐き出していかないといけません。

ということで、長々とお仕置きで興奮することについて書きましたが、どうして体が反応するかなんて普通はわからないことですし、これまで誰しも謎と思っていたことです。
だからこそ性的っぽく興奮している自分に違和感を持ち、自分はMかもしれない、純粋なキーではない、自分だけ変なんじゃないかと考えてしまします。
更には他のキーさんからそういう話も聞かないから自分だけ特別なんじゃないのか、と悩んでしまうんですね。
しかしそれは多かれ少なかれみなさん同じような感覚のはずです、だからそれはそれで認めてあげましょう。

自分は変だ、こんな自分は嫌だ、こんなこと考えないようにしたい、と思う人はお仕置き依頼で欲を薄めてみましょう。
卒業ということではなく、そういう自分を受け入れてお仕置きで満たされたいと思う人はお仕置き依頼で欲を満たしてみましょう。

ここでのお仕置きは基本的には反省することがあって、それに対する罰です。
ビンタやゲンコツで痛い目を見るのと同じで、その類似行為としてお尻を叩くわけですから、後ろめたさなど感じず、むしろ健全だと思ってお仕置きを考えてみてください。

その方が精神的にも健全ははずです^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置きで興奮すること 2

前記事の続きです。

前回はお仕置きで興奮することについて書きましたが、今回は性的な事がない家庭的なお仕置きなのにどうして興奮してしまうのか、どうして頭から離れなくなってしまうのか、ということについて書いていきたいと思います。

前記事にも書いたとおり、躾としての家庭的なお仕置きに惹きつけられる一番重要な要素は「愛情」です。
叱られる愛情、厳しくされる愛情、見放されない愛情、自分だけを見てくれる愛情、自分のために考えてくれる愛情、自分を認めてくれる愛情、スキンシップの愛情など、愛情といっても様々ですが、単純に甘やかす愛情でも恋愛の愛情でもなく、その子の成長のためにその子に真剣に向き合う愛情です。

しかしこの愛情だけではドキドキと興奮はしません、人間に一番大切といってもいい愛情は誰しも絶えず欲するものですが、恋愛感情とは違う愛情の場合、それでドキドキと興奮することはありませんよね。

もう一つの要素である叩くことですが、お仕置きとして叩く行為であっても、何発も頭をげんこつで叩いたり、何発も往復ビンタをするようなものであれば、虐待的に感じて、それでドキドキと興奮することはないものです。
お仕置き願望を持ってしまった後にはそういう行為も類似行為として反応する人もいますが、お仕置きに惹かれてもいない時点では、そういう行為に嫌悪を感じる人がほとんどでしょう。

ではこのドキドキの要因は何かというと、それは”親から子への愛情”でもなく”叩く”でもなく、実はそこに”お尻”が介在するからです。
いくら子供といっても”お尻”というのは”性”を感じさせるものですし、女性というのはそういう部位には特に敏感です。
服の上からお尻という部分を叩くだけでもドキッとするのに、それがお尻を丸出しにされた状態でペンペンされたらどう感じるでしょうか。

もしお尻を丸出しにされてお仕置きをされているのを見てしまっては、それはとっても衝撃的だし、見てはいけないもの、考えちゃいけないもの、恥ずかしいものを見てしまったと思ってドキドキとして赤面してしまうのは当然のことです。
そういう恥ずかしくて赤面してしまうような事は後になって思い出してしまうものですが、そんなこと考えちゃいけない、忘れなきゃいけないと思えば思うほど意識してしまうものです。

お仕置きシーンを見るたびにお尻が目に入って羞恥心で顔を赤らめたり、丸出しのお尻を見ている事が、いけないこと、悪い事、あるいはエッチなことのように思ってしまいます。
そういうことを過剰に意識してしまうのは真面目で純粋なんでしょう、感受性が豊かということもあるでしょうね。
そういう子だからこそ、こんなことを考えてはいけないと自分に禁止の指令をかけてしまうんです。

しかしその禁止をかけるということが逆効果になることがあります。
人間の性中枢は禁止やタブーを犯すことによって刺激されるという報告もあり、刺激されることによって体が反応してしまうんです。
禁止やタブーとは、見てはいけないもの、隠されているもの、してはいけないこと、恥ずかしいこと、人が嫌がることなど、それを犯すときに不安やスリルという感覚が後押しし、それでゾクゾクして興奮してしまうことにつながります。

お仕置きシーンを見ても何も反応しない人は、それが変な事とか恥ずかしいこととかエッチな事とか、そういうことをさほど考えないから「あ、お仕置きされてる」くらいにしか感じないんです。
一方過剰に意識をしてしまう人は、それは恥ずかしい事だとか見ちゃいけないことだと考えるから余計にお仕置きが頭から離れなくなるんですね。
しかもそれを禁止しようとすると、逆効果で更に意識をしてしまい、そうやってお仕置きに惹かれていき、性的な事をしているわけではないのにお仕置きシーンで性中枢を刺激する回路が出来上がってしまうんです。

つまり無意識的に性中枢を刺激してしまっているので、自分ではコントロールできずに勝手に体が反応するし、そのうち「お仕置き」とか「お尻ペンペン」という言葉だけでも反応するようになっていくんです。
これは脳が「お仕置き=性中枢で反応」と組みこんでしまっているからで、だからこそ興奮もするし頭から離れないものとなってしまうんですね。
しかも一度そうやって脳で出来上がってしまった回路を遮断したり変更することは脳科学的に無理なようです。

無理だからこそ、お仕置き欲求を無くすことが難しく、だからこそ薄めていくことの方が理にかなっているんです。
欲求を薄めるには欲求を満たすことが必須となるので、それにはお仕置き体験をしなければ難しいということになります。
お仕置き欲求を薄めたい人にとっては深刻な事ですから、これは単なる欲求の解消ではなく、カウンセリングと体験による”治療”と考えれば、お仕置きを受けることに対してある意味割り切って考えられるかもしれませんね。

楽しみたい人はそのままでいいですが、卒業したい人は”治療”という名目でお仕置き体験すれば後ろめたさもかなり軽減できるのではないでしょうか。
私のお仕置き活動は欲求を薄めたい人にはそういう方向でカウンセリングとお仕置きをしていますし、そのままの自分を受け入れて欲求を満たしたいという人にはそのように接しているので、要望を言ってくれれば対応しています。
ま、実際にどちらのタイプにしても、スタンダードなお仕置きよってお仕置き欲求は薄まっていくものですけどね^^


ちょっとまた長くなりそうなので、ここらへんで切ります。
もう少し書いてみたいこともあるので、続きはまた^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置きで興奮すること 1

キーさんというのはお仕置きに惹かれているので、お尻ペンペンのお仕置きシーンを見たり聞いたりすると、いくら動じないようにしようと思っても、胸がドキドキとして反応してしまいますよね。
幼少期に見たアニメのお仕置きシーンや絵本でのワンシーン、もしくは実際にお仕置きを目撃したことがお仕置きに惹かれる主なきっかけとなり、それが頭から離れなくなってしまうというケースがほとんどです。

何も反応しないという人は平然とお仕置きシーンを見ることができるし、「お仕置き」や「お尻ペンペン」という言葉も恥ずかしげもなくすんなりと発言することができます。
しかしお仕置きでドキドキしてしまう人は「お仕置き」や「お尻ペンペン」という言葉さえも恥ずかしくて発言できないのですからそれは明らかな違いです^^;
更に言うと、そのワードを書くことさえ恥ずかしくてできない人もいるので、もうこれは相当意識しちゃっているということですよね。

しかしその”ドキドキ”というのは何者なんでしょうか。
小さい頃になんでかわからないけどお仕置きというワードやお仕置きシーンにドキドキしてしまうと、キーさんは口を揃えていいますけど、それは何なんでしょう。

そのドキドキの正体は何かというと、それは「興奮」なわけです。
家庭的なお仕置きをされていて、性的な事をされているわけじゃないのに興奮してしまう、そこに戸惑いや”なぜ?”という疑問が生まれますが、性的じゃないことでも性的興奮に似た現象が起こることはあるんです、特に女性脳はそういう部分の感受性が豊かなんですね。

例えば好きな人のスポーツしている姿や働いている姿、スーツ姿やカッコいいと感じるしぐさなど、性的な事でなくてもそういうところで気持ちが舞い上がったり、それがただの興奮だけではなく性的に興奮するというのも女性にとっては正常な事でもあります。
しかし男はというと、そういうことでの性的興奮はほぼありません。
一般的には女性の裸や性的なことなど、直接的な要素で性的興奮をするのが男性脳ですから、女性のこういった感覚が理解できないのはしょうがないでしょう。

こういうことからも、性的な事では無くても人によってはお仕置きにドキドキする、興奮するという現象が起こります。
で、お尻を出したり、お尻を丸出しにして叩かれたりというのは、見てはいけないものであったり、特に女性にとっては恥ずかしいと感じることでもあります。
そこがキーポイントとなりますが、お尻を出したり、お尻を出して叩かれるというのは、一番のドキドキの要因ではありますが、キーさんが求めているものという意味ではこれは副産物的なもので、単純にお尻叩きそのものだけであればお仕置きに惹きつけられることはなかったでしょう。

それでは何が一番の要素かというと、それが「愛情」なんですね。
叱られる愛情、厳しくされる愛情、見放されない愛情、自分だけを見てくれる愛情、自分のために考えてくれる愛情、自分を認めてくれる愛情、頭を撫でられたり良い子良い子したりするスキンシップの愛情、、、、など
こうした感覚的な愛情が土台で、これが無ければ幼少期にお仕置きにドキドキすることはないでしょう。

いくら幼い子供でも、無条件で愛されている行為だと無意識に感じるからこそ惹きつけられるんですね。
脳裏に焼き付いてしまった今ではお尻を叩かれることでドキドキと反応してしまいますが、その根底には必ず”愛情で満たされる”というものが隠れているはずです。

その上でのお尻ペンペンです。
無償の愛情だけでは興奮はしませんが、そこでお尻を丸出しにしてペンペンするからこそドキドキして興奮してしまうんです。
逆に、愛情がないお仕置きだとしたら全く興奮はしないでしょうし、そうであるならお仕置きに興味を持つこともなかったでしょう。

このように考えると、愛情で満たされることとお尻を叩く行為は、別々で考えたら興奮するものではありませんが、それが合わさることによって相乗効果でドキドキとしてしまい興奮してしまうんでしょうね。

こういうことからもお尻ペンペンでドキドキとして興奮してしまう事は愛情を求めているということにすり替えもできるので、それは正常な想いであり、それを気にする必要は全くありません。
特にお仕置き未経験者はそれが膨れ上がりすぎてどうにもならなくて苦しいくらいになっている人は多いようです。

実際のお仕置きでは痛が伴うので、お尻ペンペンされている時に興奮することはほとんどないことです。
そして痛いからお仕置きは嫌だというのも本音です。
小説の世界ではなくて現実のお尻ペンペンではそうなるものです。

ただそれでも一連のお仕置き行為に惹かれているわけなのでどうしてもお仕置きを求めてしまうんですね。
お尻を叩かれて痛いし、気持ちよくないし、嫌だけど、それを乗り越えないと最後の許しとスキンシップまでいけない、そこにたどり着けば理想の満たしがある、そこまでがセットだからこそ痛くても乗り越えなくてはいけないんですね。

しかし実際のお仕置きは痛くて嫌で興奮はしなくても、妄想のお仕置きは興奮するものです。
痛くてその時は二度とお仕置きは嫌だと思っても、家に帰ってからその時のことを思い出して興奮したり、動画や小説を見て興奮してしまうのもキーさんでしょう。
そういう自分は変だ、自分だけかもと悩む人はいますが、お仕置きに憧れを持っている人にとってはそっちの方が普通です。
お仕置き中は痛くていやだけど、お仕置きが終わった直後にはもう少し叩かれたいと思ったり、キーさん心理は複雑です^^;

男性はその興奮をすぐにセックスに結び付けますが、これはセックスとは違う興奮、もっというと、お仕置きの流れで性的な事やセックスがあるとお仕置きが台無しになって、逆に嫌悪してしまうんですね。
だから性的な事と家庭的なお仕置きを別物としてとらえないと価値観の違いが生まれてしまう事になるんです。


少し長くなりましたのでこの続きは次回に^^;
次回は性的な事がない家庭的なお仕置きで興奮してしまう事、なぜ頭から離れなくなってしまうのか
以前も似たようなことを記事にしたと思いますが、そこら辺についてもう少し書いてみたいと思います^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置きは秘め事

お尻ペンペンのお仕置きにドキドキしてしまっている自分がいる事、そのことは自分だけの秘め事として長い間心にしまっているという人がほとんどですよね。
秘め事とは秘密なわけですから、自分以外の人の前では偽りの自分を演じていなければならない、偽りというのは大げさですが、変に思われるのが嫌だから黙っていなければならないと自分自身に言い聞かせているわけですよね。

それでもどうしてもお仕置き体験したくて、掲示板のカーさんや私のようなサイトの管理者にお仕置きをしてもらったとしたら、その人の前では偽りの自分じゃなくて本当の自分でいられるんです。
世の中、世間体を気にして、本当の自分を出せないということは多々ありますよね。
親や先生のいうことを聞かなければ悪い子と思われてしまう、世間的な常識から外れてしまうと悪い子のレッテルを張られてしまう。
セクシャルなことにおいては特に自分を偽って、本当の自分を出せないで苦しんでいる人はたくさんいるものです。

でも自分は自分です、自分の人生は自分で決める、自分の好きなこと、自分がやりたいこと、自分が表現したいことは実行する。
これが本当の自分です。
周りから何か言われそうだからといって偽りの自分を演じていては、それは自分の人生を生きたことにはなりませんよね。
といっても現実は何かしらは我慢して自分を偽らないと不安で、必死に偽りの自分を演じているという人は多いでしょう。

しかし、それでも自分の欲求くらいは吐き出し、本当の自分でいられる居場所という空間は必要じゃないかと私は思います。
仮に「お仕置き」「お尻ペンペン」という一連の行為に惹きつけられるのであれば、それも本当の自分であって、そいういったことをある一定の人だけの前でさらけ出して心を解放できたら、それは二人の秘め事でも、本当の自分を出せたことになります。

学歴主義、良い大学を経ていい企業に就職する、こういう人になってほしい、こういう職についてほしい、、、
そういうしがらみで他人の人生の代理みたいな生き方をしてきたとしても、唯一自分の欲求だけは解放してみる
モヤモヤとしてるのにいつまでも欲求を封印して心を乱し、余計に自己嫌悪に陥るくらいだったら、ぱっぱと欲求を解消した方が賢明です。

自分だけの秘め事にしないで、誰かと共有の秘め事にするだけで自分でいられる、自分を出せる、そういうことだけで心が楽になることもあります。
恥ずかしいことなんてありません、分かり合える人通しで分かり合えばいいだけなんですからね。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

嫌だけど好きなお仕置き

お仕置きというのは嫌なものです。
しかしその嫌なものを求めてしまうのがディシプリン派のキーさんですよね。

ほとんどのキーさんはお尻ペンペンのお仕置きが好きですが、それはお仕置きは嫌なものという前提だからこそのお仕置き好きなんですね。
なんか矛盾していますが、キーさんにとってのお仕置きは、嫌だ嫌だしているシチュエーションであったり心理面で嫌なものというもので、その”嫌”があるからお仕置きに惹かれてしまうんです。
それが嫌だけど好きということなんですね。

キーさんと言えど、自分のミスやダメなところを叱られるのは誰しも嫌ですよね
お尻を叩かれるのだって痛くて嫌なはずです
更にはお尻を丸出しにされるのはとってもとっても恥ずかしくて嫌ですよね
しかしそれでも、自分のために、自分と向き合ってくれ、自分だけを見てくれている、というシチュエーション下でのお仕置きであればゾクゾクとしてくるものです。

まぁ実際はそんな単純なものではなく、子供のように叱られることや、お尻ペンの痛みを我慢して耐えきって許してくれた時の安堵感、体が触れ合うことで感じる温もり、お仕置きが終わった後に見捨てられてない、愛されているんだという安心感、更にはスキンシップや抱っこなど個々に求めているシチュエーションもありますが、結局は最初から最後まで、一連のお仕置きの流れが好きなのであって、叱られるだけ、叩かれるだけ、スキンシップや抱っこだけというのではなかなか満たされないのが家庭的なお仕置きを求めるキーさんでしょう。

こんなこと考えている自分は変だと思って悩んでいても、ネットで調べていくうちに同じような人がいることが分かり嬉しくもあり、それで安心するものです。
小さい頃から自分だけおかしいんじゃないかと悩んできた子にはこれはとても嬉しい知らせみたいですね。

それでもリアル経験のないキーさんはネットで知らない人と会ってお仕置きを受けるのは怖いので、自分にブレーキをかけてしまい、それで前に進めない子が多いようです。
しかしそれによって更に自分が苦しくなり、日に日にやらなければならないことに集中できなくなり、余計に辛くなることになっていくものです。
お仕置きを経験できたら楽になると思っていても勇気が出ない、そんな風に思っている人はたくさんいるようです。

初めてのお仕置きを受けるキーさんのほとんどがそんな感じで、気持ちが爆発してどうにもならなくて勢いで連絡をしてしまったと、お会いした時によく聞きます。
ブログやサイトがあるから安心できるというわけではなく、それでも不安でしょうがないみたいですね^^;

実際はやはり思い切って一度お仕置きを受けると、これまで溜めてきたものが吐き出せ、心がリフレッシュするものです。
スタンダードなお仕置きを1回経験してみて欲がおさまる人もいますし、そうでなくてもそれなりに欲は薄まります。
一時的に欲が上がることはありますが、これも何度か経験するとお仕置き欲求は薄まっていくものです。

お仕置きは罰ですからね、いけないことなんて思わずに、どうしようもなく欲求が膨らんでしまっている人は是非勇気を出して連絡してみてください。
痛そうなのが恐怖ということであれば軽めのお仕置きでとりあえず経験するというのできますからね^^

キーさんであればお仕置きを受けたい、お仕置きを求めている、お仕置きが好きだ、ゾクゾクする、という気持ちがあるのは当然ですが、心の中では「お仕置きは嫌だ」と思っていてくださいね。
そう思い込んでおけばいいだけのお話しです^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

言葉遣い

つい最近、弁護士とやりとりすることがあったのですが、その時のお話しです。
その案件が特殊な事例だったため、懇意にしている弁護士さんから紹介してもらって、その弁護士さんとは初めてお会いしました。

打ち合わせ後、私が聞き忘れた事があったので電話をし、話を終えて電話を切る時に私は「失礼します」といったのですが、相手の弁護士は「失礼いたします」といって電話を切ったんですね。
私→「失礼します」 
弁護士→「失礼いたします」

そのたわいもない「失礼いたします」という言葉に衝撃を受けたんです。
それはその弁護士は貫禄のある60代前後の方で、私の方が一回り以上も下にも関わらず、丁寧に「失礼いたします」という言葉を使ったことが理由ですが、それ以外にも私の主観ですが、弁護士の方は結構横柄な方が多いと認識していてその部分でもそのギャップにびっくりしたのもあるんですね^^:

私はこれまでお客さんの対応では「失礼いたします」という言葉を使ってもプライベートでは必ずと言っていいほど「失礼します」で済ませていました。
それは目上であってもですが、なにか「失礼いたします」という言葉はへりくだりすぎて使いたくないというのが無意識にあったんだと思います。

でもその弁護士さんは、私が「失礼します」という言葉の後に、ブレずに「失礼いたします」と返した言葉が頭に残り、その言葉はとても素敵だなぁと、私も今後はその言葉を使ってきたいなぁと思ったんです。
若い頃は人にへりくだるのがとても嫌だったのですが、歳を取った今言われてみると、そうやって他人に対してへりくだれるのは、とても素敵だなぁと感じ、なんか若い頃とは変わっていくもんなんだなぁと実感しました^^;

まぁ日常生活のたわいもないやり取りでしたが、今後は丁寧に挨拶をするときは「失礼いたします」という言葉を使いたいなって思いました。
これも一つの成長ですかね(笑)



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパの出会いは難しい

前記事にて「遊びのスパ」反省のスパ」について書きましたが、それについてのコメントが多数だったので、みなさんやはり何かしら気になっている部分はあるようですね。

コメントの中身は似たり寄ったりですが、一番核心をついているなぁ、なるほどなぁと思ったコメントがあったので一つ紹介したいと思います。

↓コメント↓
「私は、お仕置きとしてのお尻ペンペンを求めるタイプなので、ラブスパや遊びのスパは、多分ダメな方だと思います。
でも、掲示板で「カー」と言っている方のだいたいはラブスパを望んでいるか……エッチ目的が多いような気がします(^_^;)
実際、そんな方もいらっしゃいましたし、遊びのスパ?でシナリオを用意してくる方もいらっしゃいました。
スパの掲示板で「カー」と表記すれば、出会い系のサイトより女性と会える確率が高いと聞いたことがあります。
なかなか、反省のお仕置きをしてくれるカーさんに出会えるのは難しいです。」


やはり私のブログを読んでる方のほとんどはお仕置きとしてのお尻ペンペンを求める方が多いようですね。
それはそうでしょう、このブログは躾としてのお仕置きをメインに書いているんですからね(笑)

私の中でのスタンダードなお仕置きは、親から子への家庭的なお仕置きであり、悪い事に対して叱り、罰としてお尻ペンペンをします。
もちろん性的快楽を助長するような性的なことはご法度です。

まぁその中でもキーさんによって、より家庭的なお仕置きを求める子、厳しさを求める子、更には滅多打ちを求める子といて、そこは当人との確認の上で調整しています。
また、お仕置きにファンタジーで求める人、ガチに反省したくて真剣に求める人もいて、組み合わせると本当に様々なキーさんが私のところには来ていますが、それはスタンダードなお仕置きで罪悪感を払しょくして反省したり、精神的な満足感を得たいからなんですよね。

キーさんによっては性的な事がないスタンダードなお仕置きでも性的快楽を得ている子はいますが、それは精神的に自分の中だけで感じていて、それが相手側に伝わらなければそれはそれでお仕置きは成立しています。
それはファンタジー系のお仕置きになりますが、こちら側は一貫してスタンダードなお仕置きをしているだけなので、何も問題はありません^^

また、このようなお仕置きをラブスパだと勘違いしているカーさんやキーさんもいるので、こういうことで「自分はラブスパ好きなのかも」と悩んでいる人はそれは違うと認識したほうがいいと思います。
ラブスパ自体に何か違和感を感じている人はディシプリン派でしょう。

しかし一方、上記のコメントでは
「掲示板でカーと言っている方のだいたいはラブスパを望んでいるか、エッチ目的が多いような気がします」
とありますよね。
私にはこうやって聞くことでしか知りえない事ですが、これもよく聞く話です。
本人の実体験なので、これが現状なんでしょうね。

遊びのスパでシナリオを用意してくるというのはごっこ遊びのスパをしたいカーさんということでまだ理解できますが、スパの掲示板で「カー」と表記すれば、出会い系のサイトより女性と会える確率が高いから利用しているという情報は初耳です^^;
確かにキーさんから聞いた話では掲示板で出会ったのにお仕置きがなかったとか聞くこともあり、私の中では「???」だったんですが、そういうことだったのかもしれません。
また、初めはお仕置きがあっても次からは会ってデートのみというのも聞きますけど、出会い系と考えれば納得できますね^^;

とにかくお仕置きをする側とされる側の求めるものは様々で、その価値観を合わせるのは難しいと思います。
男性側は性的な行為で満足する人が多く、女性側はお仕置きの一連のプロセスなどで体感する温もりや愛情で満足する人が多く、その比率が違いすぎるので、なかなか出会いは難しいのでしょうね。
これが男性脳と女性脳の違いであり、そもそもお仕置きを通じて性的な事をしたいのであれば、もはやスパではなくSMになっちゃってますよね。

もちろんキーでMという人もいるので、スパはスパで性的な事のないお仕置きをし、SMはSMで性的快楽を得るためにしているという子はいますけど、お尻叩きという面では共通していても、実際にはエッチなことをするか、エッチなことが一切ないのかという面では全くの別物です。
そういう子は本人の中でしっかりと分けているので、そういうところをカーさんが理解できるといいんですけどね^^

こんなこと書いていても掲示板でもちゃんとしたカーさんは存在します、それはキーさんの話からも聞いています。
ただ、なかなか出会えなかったり、出会っても相性の問題や生理的に受け付けなかったりとなかなか難しいようです。
ま、安全にスタンダードなお仕置きを経験してみたい子は勇気を出して私の方まで連絡してみてください。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

反省のスパ

前記事では「遊びのスパ」について書きましたが、その対照として今回は「反省のスパ」ということで書いてみたいと思います。

反省のスパとは、悪い事に対してのお尻叩きでのお仕置きです。
遊びのスパは単なる「スパンキング」でありますが、反省のスパは「お尻叩きでのお仕置き」です。
そもそもお仕置きとは悪い事に対しての罰ですから、単なるスパンキングはお仕置きというべきではありません。

どうしてこういう記事を書こうと思ったかは前記事の「遊びのスパ」に対して、数名からコメントがあったからです。
一例をあげると、遊びのスパに対しては、理解しにくい感覚と思いつつも、やはりお尻叩きに惹かれているという部分で求めてしまったり妄想してしまったりするので気持ちはわかるようですが、それでもごっちゃなってしまいそうとか、なんか違うような気がするとかそんな感じです。

いい子になったから「お尻を叩いて!」ということになると、本当に悪い事をした時のお仕置きとの区別がつきにくくなる恐れがあることや、軽めに叩かれると気持ちがいいという感覚は確かにあるので、それが本格的に感じるようになってしまうと、自分が求めているお仕置きが成立しないのではないかという不安など様々でした。

それはそうですよね、遊びのスパが好きになったりすると、逆にお仕置きで精神的なぬくもりを感じにくくなったり、心が満たされたりというのが難しくなり、そもそもお仕置きは嫌なものだという感覚をもっていないとお仕置きが成立しませんよね。

確かにお尻叩きで気持ちよくなってしまう人や嬉しくなってしまう人もいて、そういう人がガチで罪悪感のある重い反省内容がある場合に、反省しなきゃいけないのに自分が嬉しく感じるお仕置きをされるのはなんか違う、と悩んでしまっているキーさんも実際に存在しています。

そういう人にガチのお仕置きだからと厳しくしたとしても、その厳しくをも興奮してしまうということになると、本当に深刻な問題となってしまうんです。
そうなると本気で悪いことがある場合は、お仕置きではなく、それを放置することが一番の罰と自身で考えてしまいがちです。

だからこそお仕置きとしてのお尻叩きを求めているキーさんは、お仕置きは嫌なものという前提が無ければ成立しませんよね。
よって、変に遊びのスパを取り入れてノリノリな気分で盛り上がったり喜んだりしてしまっては本来のお仕置きとしてのお尻ペンペンが成立せず、そうであるならばそのことで本来心に抱いている神聖なお仕置きという儀式を自身で汚してしまっているといっても過言ではないかもしれません。

やはり遊びのお尻ペンペンは別ジャンルとして捉えて、そういう行為はそれが好きな人がする趣味的なものと考えた方がよさそうですね^^;
だからお仕置きとしてのお尻ペンペンを好む人は避けたほうがいいかもしれません。

もしそれに手を出したら自分の求めているお尻叩きのお仕置きが違う感覚になり、満たされなくなってしまう危険性もありますからね^^;
するとしても本当に軽めでペンペンするような痛くなく、心地いいペンなら大丈夫かもしれません。
ただ実際にしてみるとそれもそれでかなり恥ずかしいようですけどね(笑)

最後に、実際には遊びのスパ好きさんへのお仕置きは成立します。
遊びのペンペンが好きな人に対するお仕置きはかなり厳しくする、それが対策です。
痛みで喜べないくらいの痛み、痛くて嫌だと思えるくらいの痛みを与える、それが遊びのスパ好きさんへのお仕置きとなるでしょう。
それさえも楽しく感じたら私はお手上げですが(笑)


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示