体調管理

最近体調管理ができていないキーさんがチラホラいますね^^;
まぁ季節の変わり目でもあり、なにより寒いので風邪ひきは多いのですけど、だからといって、風邪をひくのは周りに迷惑をかけてしまいます。

仕事を休めば仕事への影響もあります、友達との約束を破ることにもつながります。
無理して仕事や約束を遂行すれば、風邪をうつしてしまったり、余計気を使わせてしまったりでやはり良いとは言えませんよね。
私のところへお仕置きをくる子も、前もって日にちと時間を決めてあり、風邪ひきとなるとそれはドタキャンになってしまいます。

私もお仕置きの予定に合わせて仕事やプライベートの都合をつけているので、段取りが狂うと他で断った人に対して申し訳なく、できればそのようなことは避けてもらいたいのですが、風邪であればしょうがないですよね^^;

しょうがないことなんですが、その前に”体調管理”ということは大切なことです。
社会人なのですから、寒い時期や季節の変わり目に風邪をひくというのは経験値としてわかっているはずなのに、安易に薄着のままでいたり、疲れているのに飲みに行ったり、寒いのにいつまでも外をブラブラしていたりと何かしら原因はある者です。
とくに疲れやストレスが溜まっているときは免疫力も下がっておりその時こそ体調に気を使わなければならないもので、そこの意識は社会人である以上、しっかりと意識していなければなりません。

最近そんなキーさんたちが何人かいて、ドタキャンの子、ドタキャン寸前で何とか回復した子などいて、そんな中でつい数日前に私のところにきたキーさんがいました。

来てからというもの咳をし、鼻をかみ、明らかに体調が変だったため、私が「風邪?」と聞くと、本人は「花粉症」といってきます。
花粉症で咳をするのは私は見たことも聞いたこともなかったのですが、まぁそのままスルーして話をはじめたのですが、その症状は改善せず、私は何度も「それ花粉症じゃないんじゃないの?」と聞くも、本人は花粉症と言い切ります。

おでこに触れようとすると避けるし、まぁ私は風邪だなとは思ったのですが、ちょっとした拍子に体の一部に触れることがあって、そしたら結構熱を持っていたので、強制的に熱を計りました。
すると「38度」
今回はお仕置きは持ち越しということにして、布団に寝かして話をしていたのですが、帰る間際にもう一度計ってみると今度は39,2度^^;

時間まで寝かせてあげてから帰ってもらったのですが、その後のメールで「夜に計ったら40度超えてましたと」^^;
それはインフルエンザかもしれないから明日病院に行くようにメールをし、その後の連絡をするようにも言っておきました。

次の日の昼頃、その子からメールが来て、「インフルエンザでした」とのこと・・・。
去年に引き続きインフルエンザの子が私のところにきたことになるのですが、私は大丈夫だったようです。
近距離で話をしていたのですが、すでに5日経過したのでもう大丈夫でしょう^^不死身伝説継続中です(笑)

しかしこの子は次回来たらお仕置きですね^^;
今回見送ったお仕置きと合わせて厳しめにしようと考えています。
インフルエンザはある程度仕方ないとしても、花粉症と噓をついたことは悪いことですからね。
みなさんも体調管理には気を付けてくださいね^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

今日は何の日?

今日は2月11日で祝日です。

で、今日は何の祝日なのか会話の途中にキーさんに聞いてみました。
そのキーさんは即答で「健康の日」だっけ?
と回答(笑)

「け、けんこうのひ?」と私は戸惑い、、、「なにそれそんな祝日あったっけ?」
と聞くと「んーー、なかったっけ?」と軽い返事(汗)
私が「それって憲法記念日のこと?」と聞くと「ああ、それだそれそれ!」とあくまで勘違いという感じで取り繕ってました^^;
でも、今日は憲法記念日ではないんですけどね(笑)

このままではしょうがないので、その子に今日は”建国記念の日”ということを教えてあげました。
確かに”けんこうのひ”と”けんこくのひ”では一文字違いですけどね、でもその子はれっきとした”大学生”。

おまけのお話しですが、その子とインド料理のお話をしていた時、「タンドリーチキンって何の肉?」と真剣な顔つきで聞いてきたんですね。
私が「たんどりー”チキン”」とチキンを強調して言ってみると、「あ、鶏肉か」と顔を赤らめて納得していました^^;

日本の大学もこれでは危機かもしれませんね^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

痛みの追求

お仕置きにつきものなのは痛みですよね^^;
もちろん罰であるお尻叩きのお仕置きは痛くなければなりません。
でもそれはお仕置きをする側の視点であるはずなんですよね。

何が言いたいかというと、お仕置きを受ける側のキーさんが、度を超えた痛みを追求してしまうということに違和感があるということなんです。
私がコンセプトとしている親から子供に対してのお仕置きを想定すると、子供は痛みを求めてはいませんよね、痛くない方がいい、早く終わってほしいと思います。
でもスパの世界のお仕置きでは、もっと痛いお仕置きをしてほしい、軽めのお仕置きでは反省できない、満たされないと思う人もいるんです。

でもそう仕向けてしまうのは、お仕置きをする側に問題があるんじゃないかって最近すごく思うんですね。
お仕置きをするたびに厳しくなる、必要以上の痛みを与え続け堪えさせる。
お仕置きを受ける側はどんなに痛くても限界というものが許されないわけで、お仕置きが終わったら安堵を感じ、どんなに痛くても終わってしまえば満たされることになります。
それは痛みと安堵のギャップがあればあるほどです。

そしてお仕置きがどんどん痛くなると、今度は軽めの痛みだと満たされないということにつながります。
痛みを堪えぬく、我慢することで達成感を得て、それが癖になってしまうのでしょう。
痛み=愛情と錯覚をし、軽めになると物足りなくなることにつながるんです。
本来は単なる罰であるのにそこに達成感が混じっては、お仕置きに痛みを追求しているのであって、これではキーの卒業はなかなかできないでしょう。

もちろん罪悪感がメチャクチャあることや、これは悪すぎだという事例に関してはかなり厳しくしなければいけませんが、そうではなく、単にそこまでではない悪さを繰り返したとか、痛みに耐えられるようになったからという理由でどんどんと厳しい痛みを与え続けていては、お仕置きを受ける側は痛みを堪えることで満たされる方にシフトチェンジしていってしまい、方向性が違ってくるのではないかなといろいろなキーさんを見ていて感じます。

そういうケースを見て私が最近お仕置きの取り組み方が少し変わったのは、いかに厳しくなく痛みを与えるかということです。
道具を使って強く叩き、痛みを与えるのは簡単です、しかし強く叩けばどんどんと皮膚が麻痺してしまうため、痛みに慣れ、堪えてしまうんですね。
なので力加減はもちろんのこと、メリハリをつけたり、強弱をつけたり、時間を長めにとったりして、叩かれる側が痛みだけを追求しないように持ってっています。

その結果感じることは、痛みを追求してしまう人はスパの世界から抜け出せない傾向の人が多く、更なる痛み、痛い道具などを追求し続けてしまいます。
逆にお仕置きは罰だという認識で、痛みを追求させないようにお仕置きをした人は比較的お仕置き欲求は下がり、日常生活に支障が出るようなお仕置き欲求(お仕置きのことを考えて、試験勉強、課題等、早急にやらなければならないことが手につかない状態のこと)は減り、キー卒業に自然に向かっているような気がします。

キーさんは基本痛みを求めているのではなく、愛情や承認欲求を満たすためにお仕置きを求めているので、その根本を満たしてあげればお仕置き願望は多少冷めていくようです。
しかしいろいろな話を聞くと、お仕置きをする側がお仕置きをどんどんと厳しくしていき、痛みを堪えさせたり、SM的なお仕置きをしたりしているので、痛みを耐え抜くことが反省であり、満たされるものだと”調教”しているようなものなんです。
これではキーの卒業ではなく、もっとはまってしまうようなお仕置き、またはSMに誘導してしまうようなお仕置きになってしまうのです。

私はこれとは違い、痛みを与えても、キーさんには痛みを追及させないような、それでも痛いお仕置きをしていき、本来の罰であるお尻ペンをしていきたいと思っています^^
お仕置きが調教にならないように配慮する、最初の新鮮なお仕置きの感覚を持続させる、極力エスカレートさせていかないようなお仕置きをしていきたいと考えています。
ま、これは肉体的な部分に係る精神的なものですからね、そのようにお話しして、キーさん自身にスパのお仕置きの範囲を超えないように心掛けさせていきたいと思います。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き欲求を無くすには

お仕置きのことなんてできたら考えたくない、またキーから卒業したいと思っている子って多いのではないでしょうか。
もちろんキーであることを受け入れて自分を理解しているキーさんもいますし、お仕置きを楽しんでいるキーさんもいます。

でも一番深刻なのはお仕置きのことなんて考えたくないけど頭から離れない、お仕置き願望がどうしても消えないで悩んでいる子達だと思います。
お仕置き経験のある子でもきついのに、お仕置き経験がない子だと余計辛さは増します。
リアルにお仕置きを受ける勇気がないけど気持ちだけはお仕置きを考えてドキドキしてしまい、心が盛り上がってしまうからです。

試験勉強や課題、仕事など、集中してやらなければならない時でもお仕置きがチラついて集中できない。
またそういうストレスがかかる時に限ってお仕置き欲が高まってしまう。
更に生理前ともなるとホルモンバランスが崩れることから余計にお仕置き欲が高まってしまう傾向にあります。
お仕置き未経験の子達はそれらが重なり、勢いで私のところにお仕置き依頼をしてくる子が多いようです。

そういう子たちは普段の自分はネットで見知らぬ人に連絡するなんてありえないし、ましてや直接会うなんて考えたこともない。
しかもお仕置きを受けるなんてこと自体ありえないことなので、自分で自分が信じられないという言葉をよく聞きます。
それでも連絡を取ってしまうほど、このお仕置き欲求というものには勝てないものみたいです^^;

でもこのお仕置き欲求、男性ならまだしも女性ならこんな欲求なければいいのにって思ってしまいますよね。
苦しいし、悩むし、誰にも相談できないし、だからといって他人にお仕置きを頼むこともできない苦悩…。
そんな妄想でやるべきことに集中できずに焦燥感でモヤモヤして、そんな自分に嫌気がさしているのではないでしょうか。
そう考えると、このお仕置き欲求というのは邪魔なだけで、無いに越したことがありませんよね^^;

それではどうやったら極度に高くなってしまっているお仕置き欲を無くせるのか。
無くすことは難しいかもしれませんが、その高い欲求をかなり抑えることは十分可能です。
それはお仕置きを受けて欲求を満たしてあげることしかないんです。

お仕置きを受ける勇気がないから悩んでいるんです!って聞こえてきそうですが、それでもお仕置きを受けない限りその心の地獄からは這い上がれないものです。
そうはいってもお仕置きの相手を探してお仕置きを受けるのはかなりリスクがあるので気持ちは分かりますがそれでもお仕置きを受けない限りその欲求は消えません。
ちなみに私のサイトにはパートナー探しの注意事項というものを乗せているので、掲示板等で探そうと思っている人はそちらを参照してください。

で、実際にお仕置きを経験してみると、欲求自体が収まり、お仕置き欲が少なくなる人はいます。
大体の人はお仕置きを受けたら更に気持ちが盛り上がりますが、何度かお仕置きを受けているうちに欲求自体がある程度収まってきます。
それはいつでもお仕置きを受けようと思えば受けられるということがあるのですがそれは肉体的な部分です。
でも一番は精神的な部分が満たされることであり、それは自分を認めてもらい話を聞いてもらえることだったり、愛情を与えられているという実感だったり、真剣に向き合ってくれているという安心感が大きく関係しているものです。
なのでこれまでのように心に負担が来るくらいのお仕置き欲は無くなる傾向にあるんです。

物事何でもそうですけど、欲求があったらまずはそれを満たして上げること、そうしなければ欲求は膨らむばかりです。
仮にその欲求が満たされてお腹いっぱいになったなら、他の欲求にシフトしていくことは普通にあることですから、お仕置き欲求も何度も経験していけば、求める欲求が他に変わる可能性は大いにあります。
特に未経験のキーさんで、お仕置きを考えて心がモヤモヤしてどうしようもないという子は、お仕置きを受けることについて真剣に考えてみてはどうでしょうか。

お仕置き欲求がなくなり、この世からキーさんがいなくなってしまっては私が困ってしまうのですが^^;
それでもキーを卒業したいと思う人には卒業させてあげたいし、お仕置き欲求を消したいと思っている人には消してあげたいと思います。
それで救われるならそうしてあげたいと思います。
またキーであることを受け入れて、それが自分だと、それがあるから幸せなんだとして過ごしているキーさんもいます。
いろいろな捉え方、いろいろな生き方がありますが、そういうことを私がサポートしていけたらなと思っています^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

知識不足・・・・

お仕置きする側としては道徳的な事やマナー的な事を認識していることはもちろんですが、やはりそれ以上に法律的な知識も必要だと私は思っているんです。

何が良くて、何がダメで、何がグレーか、
刑法、民法、道路交通法のレベルであればある程度把握しているしかなり自信もあったんですけどね。

つい先日、あるキーさんが、運転中にスマホを見ていただけで警察に捕まって切符を切られたという話になったんです。
私も、運転中に通話をしていたら違反ということは知っていたのですが、スマホを見るだけでも違反だとはしらなくて・・・。
で、それはおかしいな、なにそれ?みたいな話になったんです。

ところが調べてみると、新しい法律で、携帯電話を手に持って見ているだけで違反となることが判明(汗)
それだけにとどまらず、携帯電話ではなく、画像や映像が表示されるような端末、例えばパソコン、デジカメ、DS等を手に持ってみているだけで違反だそうです…。
それは「画像表示装置」と分類され、手に持って見ていたら交通違反で、車に備え付けのものを見ているのは違反ではありません。

補足ですが、手に持っているだけなら法律違反ではありません、それを注視した場合が法律違反です。
また、画像表示装置ではない、本や新聞、チラシなどであれば注視していても違反ではありません、これは倫理的にはダメですけどね、ここまで法律違反にしてしまうと収拾がつかなくなるから載せていないだけでしょう。
良い子の皆さんはセーフだからといって注視しないようにしてください^^、

新しい法律が出てくるのはいいのですが、本気で知らないと怖いものですね^^;
もし私が携帯やデジカメ等を見ていて違反切符を切られたら確実に文句を言っていたでしょう、、、、それを想像すると、とても恥ずかしい^^:
寝耳に水だったので勉強になりました、みなさんも運転中は気をつけましょうね^^

ちなみに赤信号で止まっているときは見ていてもオーケーだそうです^^
とにかく、危険な行為で事故が多発しているからこそ法律ができるんですからね、自分を守るためでもありますが、他人を守るためでもあるこの法律、しっかりと守っていきましょうね^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示