「お仕置き」と「スパ」と「スパンキング」

「お仕置き」と「スパ」と「スパンキング」って同じに思っている人は多いと思いますが、どうなんでしょうね。
これらの言葉に”これだ”という言葉の決まりはないのも困ったことでもあります^^;

キーさんと一言でいってもいろいろなタイプのキーさんがいて、ただ共通することは、それぞれの理由により、お尻を叩かれることに何かしらの魅力を抱いているということなんですね。
ただ、みなさん叩かれるのは同じでも、お仕置き観が違うとこれは全く違うものになってしまいます。

人それぞれ持っているお仕置き観はありますが、自分のお仕置き観が当たり前と思っているとパートナーと巡り合ったとしてもなかなかうまくいかないものです。

まず、「お仕置き」ですが、お仕置きには必ず理由が無ければいけませんよね、なんでかというと”お仕置き”だからです(笑)
辞書を引いてみたらわかるように、お仕置きには理由が無ければお仕置きにならないんですね。
当たり前の話ですがこの世界にいると、お仕置きというのが=お尻叩きという錯覚に陥りがちなんです^^;

次に「スパンキング」ですが、これは言葉の通り、「お尻叩き」です。
キーさんの中には、お尻を叩かれることが好きで、お説教とかスキンシップとかを求めるのではなく、お尻を叩かれれば楽しいという感覚の人もいるわけです。
言葉からすると、お仕置きは理由があってのお尻叩きで、スパンキングは理由がないお尻叩きとなりますね。
スパンキングにプラスお説教がつけばそれがお仕置きですけどね。

それでは「スパ」とはどういう意味でしょうか。
私のブログでは当たり前のように書いていますが、親から子への家庭的なお仕置きであって、お説教から始まり、お尻を叩いてのお仕置きをして、その後反省できていい子になれたなら許して迎え入れ、頭をなでたりしてのスキンシップをすると私は解釈しています。
もっと言えば普通(性的要素の無い)のお仕置きなので、これはディシプリンスパのお仕置きです。
ただ、これが当たり前と思っていたらパートナー探しの時にうまくいかない場合がありますから要注意です。

”スパ”という言葉がクセモノなんですが、まぁおそらく”スパ”という言葉はSMの対義語のようなものなんでしょうね、対義語というと変ですが、区分けする言葉とでもいいましょうか。
”SMのお仕置き”に対して、”スパのお仕置き”みたいな。

それと、キーさんの”お尻叩かれ観”も様々で、そこにМ要素が混在したりして複雑になっているので、少しわかりやすくまとめましょう。
ま、言葉が曖昧なので、これは勝手な解釈なのかもしれませんが、ここで言葉決めをして世の中に広めてもいいかもしれませんね(笑)

〇性的要素が一切無いもの
スパのお仕置き→ スタンダードなお仕置き→ 生粋のキーさん
SMのお仕置き→ 虐待的なお仕置き、精神的に追い込むお仕置き→ キーさん&Mさん
スパンキング→ お説教なしで叩かれるのを楽しむ→ キーさん

〇性的要素が有るもの
スパのお仕置き→ エッチなお仕置き→ キーさん&Mさん
SMのお仕置き→ Мさん
ラブスパ→ エッチな行為を含むお尻叩き→ キーさん&Mさん
スパンキング→ エッチなお尻叩き→ キーさん&Mさん

ちなみにお仕置きの時は生粋のキーさん、エッチの時はMさんという人も普通にたくさんいるので、どちらかということではなく、お仕置きをどう捉えるかの問題なだけです。

私のブログではスパのお仕置きは性的要素の無いスタンダードなお仕置きとしていますが、もしパートナーを探すのであればそうでないお仕置きも実際にあることも認識していた方がいいと思います。
性的なお尻叩きを好むキーさんやカーさんがいるのは確かですし、それぞれの価値観でしている事なのでそれは別に構わないのですが、そういうこともあり得るということは知っておきましょう。
全く別物のお尻叩きの世界があるっていう事は理解できたでしょうか^^;

私の場合は性的要素が含むお仕置きは興味ありませんので、例え依頼があったとしてもお断りします^^;
そのような考えのキーさんやMさんも私のところに来たりしますが、それはそれで全然構いません、私がそれをしないだけですからね^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

敗北感

いつの日か、「痛い痛い、もう無理!」って何度も言い続けてきたキーさんを許してあげたら、帰り際に「今日は前に比べてあんま痛くなかった」みたいな捨て台詞を吐いて帰っていった子の記事を書いたのですが、その子のお話しです。

あれからはメチャクチャ厳しくお仕置きをして、「痛い、痛い、限界、無理」といってきても「どうせあとでケロッとするんだから」といって聞く耳を持たずビシバシと叩き、しかもお尻の皮膚が強すぎていくら叩いても血が出るまでにはならないという強者です^^;

あれからは容赦なく叩いているのですが、私の人生でこれだけ本気で叩いたことは無いくらいの滅多打ちです。
なかなかごめんなさいを言わず、仕上げは布団叩きでフルスイングで連打をしているとようやく「ごめんなさい」という言葉が出てお仕置き終了というような感じなのですが…。

今回は会社をサボってしまったことについてお仕置きをしました。
同僚にムカついてて、当てつけで仮病を使って休んだとのことだったのですが、そこは一人いなくなるだけで大変になる職場です。
本人いわく「でも1年半で1回だけだよ」といい、私は「一回でもサボりはダメ!しかもその理由が子供じみている」と叱り、お尻叩きを始めました。

いつもの要領でいろんな道具で叩き、いつものように「痛い、もう無理、限界、ほんと無理」と言ってくるのですが、私はそのまま叩き続けました。
ケインやしゃもじ、小型の警策を使用し、本人はかなりの痛がりようです。

そして布団叩き、ベルトと使い、もう限界のようにのたうち回っています。
しかし、私は「ごめんなさいがない」ということで容赦なく叩くのですが、本人は一回のサボりで謝りたくないようで、頑なにごめんなさいを言いません^^;

私も意地でもごめんなさいを言わそうとして、布団叩きやベルトをフルスイングでお尻を叩くのですが、「痛い!無理!」の言葉だけで、一向にごめんなさいを言いません・・・。

これ以上ないくらいのお仕置きをしていてもごめんなさいだけは言わず、私も意地になってお尻を叩き続けます、鞭に布団叩きにフルスイングで息が上がってきて・・・・、そのうち私も疲れてきてしまい、根負け・・・。
結局謝らせることができずにお仕置きを終了としました(汗)

ごめんなさいは本来心から言わなければ意味が無いのですが、言葉だけでも私は本人の口から言う事を大切にしています。
でも今回はお手上げ。
お仕置き人生で初黒星的な敗北感に苛まれました^^;

流血もないし、こんな超人的な人間っているんだなって驚きもあって、お仕置きの後は私の方が放心状態でした(笑)
でも本気で叩いてもこれじゃ、この子の右に出るものはいないでしょうね…。
帰る時はケロッとして帰っていきました^^;

ちなみにいっておきますが、こんなレベルのお仕置きはこの子だけです、特別なことなので普通の子には絶対にしません(笑)
ご安心を^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

「嫌だ嫌だ」の心理 続き

前記事の続きです。

「嫌だ嫌だ」という言葉でより満たされたり、その言葉があるからスパが成立するというのは、心理的なもので、極力子供がお仕置きをされるという形にもっていくにはどうしても必要なことでもあるんです。

キーさんの多くは子供に返って、その子どもがお仕置きをされるということを心の奥底では想定しているのですが、そこにはどうしても飛び越えられない壁があるのです。
それは小さい子供はお仕置きを求めていないというところなんですね、そこを埋めるためには「嫌だ嫌だ」という呪文は必要なことでもあるのです。

はたからみると、なにやらプレイみたいな感じになってしまいますが、少なからず大人のお仕置きには心理的に「嫌だ!」と思い込まなければスパのお仕置きは成立しません。
それはお仕置き願望がある大人と、お仕置き願望の無い子供の差なのでそこは目をつむるしかないんですね。
そしてそこをどうするかということを考えているわけではないのですが、そこで無意識に「嫌だ嫌だ」発言なんでしょうね。

親から子へのような雰囲気、そして家庭的なお仕置きを理想としていても、そこの部分は決して埋めることのできない、そして多少の違和感も感じてしまうところでもあります。
悪いことをして反省をしたいのに、欲求でもあるお仕置きを求めているのは違うのではないかと考えてしまう要因です。

しかし実際は痛いお尻叩きをされている時に快楽を感じてしまう人は極稀で、通常はお仕置きに憧れていても本気で痛みで苦しみ、そこで悪いことの罰は成立するのです。
しっかりと罰を受けたという感覚があれば、それが償いとなり、なんら問題はありません。

そうした子が満たされたり快楽を感じるのは、その苦痛を耐え抜いた達成感や、怖い雰囲気から許されたという解放感とのギャップ、そしてその一連に”あなたのためを思ってという愛情”があるからであり、痛みが快楽という事ではないのです。

厄介なのは痛みを快楽に感じてしまう子達でしょう。
本気で反省をしたいのに痛みを快楽に感じてしまう、そこまでになってしまった時には自分の心の中でスパのお仕置きが成立しなくなってきます。

極度に痛みを追求してしまったり、恐怖を感じるほどの痛みに耐えなければならない状況とかを体験した場合、防衛本能として痛みの感覚が鎮静化し、逆に快楽に変わることが稀に起きるのです。
過度な痛みを与えると脳内ホルモンの分泌によって、精神を守ろうとするのですが、脳がそのように反応してしまうのです。

なので強く叩かれて快感を感じる人たちはそのような体験を少なからずしているはずです。
私の場合はそうならないように気を付けて、いつまでも痛みの感覚を感じられるようにお仕置きをしています。
もちろん軽めに叩いて感じる多少の快楽は、体をなでるのと同じで誰でも起こる反応なのでそこは気にしなくて大丈夫です。


かなり脱線しましたが、また話を戻します^^;
お仕置きを求める人の「嫌だ嫌だ」という言葉が、全て無意識下に求めているのかというとそれは違います。
下着を下ろしたり、道具をつかったり、体勢を変えたりするときでも、中には本気の本気で嫌だということもあります。

しかしお仕置きをする側は、それを含めて”嫌なことも罰だ”という認識なので、強引にお仕置きをしがちですが、やはりお仕置きを受ける側が、その行為に虐待的と感じてしまったり、精神的な苦痛になってしまったり、卑猥に感じてしまったり、恥ずかしすぎて本気で無理だったりするならば、それは罰という範疇を超えてしまっていて、本来の趣旨のスパのお仕置きではなくなってしまいます。

その範囲はお仕置きをする側が決めるのではなく、お仕置きを受ける側の心の中身で決めなくてはならないのですが、そこはかなり高度な心の中身を読み解く洞察力がないとできないことなんですね。
ま、普通の人間には無理な領域かもしれませんが、やはりこういう本気に無理な次元に関しては事前に打ち合わせは必要なんだと思います。

スパのお仕置きというのは相手のために悪いところを叱り、しっかりと反省させるため、償わせるため、全てを清算させるためにするものであって、それが精神的に虐待に感じてしまっては逆効果になり、相手のためにもならないし成長にもつながりません。

しかしそこに「嫌だ嫌だの心理」が入り込んでしまうと複雑すぎるんですね。
キーさん側も本当に嫌なのかどうかはしてみないとわからなかったり、しなかったら逆に寂しかったりと、自分で自分が分からない迷路に陥り、カー側がその心をわかり得るというのは非常に困難なんですね。

そうはいってもそこは正当性があるお仕置きであって、信頼があれば溝は埋まるんじゃないかと私は思います。
正当性があるお仕置きとは相手のために愛情をもって、相手の成長のためにする。
それさえあれば最終的には相手に通じるのではないかと感じます。
いつも思うのですが、そこら辺の心理は本当に難解です^^;

もちろん虐待的なお仕置きとか、性的なお仕置き、それを感じさせるようなお仕置きは論外ですけどね^^;
ちなみにここで話している「スパ」とはディシプリンスパ、すなわち、性的ではなく、躾のために行われる、その人の成長のための体罰、懲罰という意味です。


しかし、嫌だ嫌だもほどほどに^^;
子どもに返りすぎてイヤイヤ期に突入しないように要注意です

イヤイヤ期とは魔の二歳児とも言われていますが、何かにつけて「あれもイヤ、これもイヤ」と泣きわめいたり暴れたりする第一次反抗期です。
確かに2歳児くらいまで退行しているような聞き分けの無い子も稀に私のところに来ますが、そんな子はどうあがいても許しません!

しかも体の不調に講じて、私が手を出せない前提で調子に乗る核心的な悪い子もいますからね、そういう子は回復したらつけを清算してもらいます!

2,3回警告しても直らないようであれば、、、
そうならないように素直に話は聞きましょう^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

「嫌だ嫌だ」の心理

お仕置きをするときには、多くの子は「嫌だ!」という言葉をつかいます。

お仕置きしようとするとき
膝の上に乗せようとするとき
下着を下ろそうとするとき
道具を遣おうとするとき
お仕置きの体勢を変えるとき
なかなかお仕置きが終わらないとき
追加のお仕置きを宣告するとき
立たせて反省させようとするとき
スキンシップしようとするとき

ほとんどの場合は「嫌」と言ったからといって、お仕置きする側がそのままやめてしまったり許してしまったら、お仕置きされる側にしたら必ず不満が残りますよね^^;

いろいろなタイプがありますが、
本当は嫌だけどそれで許されるのも不満だから、強引にでもお仕置きしてほしいと心の中で思うタイプ
本当は叩いてほしいけど、口や態度では「嫌だ嫌だ」と抵抗した上でお仕置きをしてほしいタイプ
反抗をして相手との駆け引きをしながら、それでも強引にお仕置きをしてほしいタイプ
子供のようにわがままをいってお仕置きをしてほしいタイプ

と、「お仕置きは嫌!」といってもキーさんという性質上、お仕置きをしてほしいというのがキーさん心理です。
しかも自分から「お仕置きしてほしい」なんて言えない子が多いというか、それを言ってしまってはスパのお仕置きは成立しません^^;

なのでこれは心の中で思っているだけで、もしお仕置きを中断したり優しく接してしまうと、”察してほしい”というジレンマが無意識下に発生するのです。
かといって相手の反応もしっかりとみずになんでもかんでも話を聞かずに、お仕置きをする側がやりたい放題するというのは間違ったお仕置きです。

そして厄介なタイプが、本当に嫌で、嫌がな行為をしてほしくないタイプです。
「明らかに嫌がっているな」とお仕置きする側が判断して、本人が嫌がる行為をしなかったとしても、結局帰る時や、その日の夜に後悔したりして「やっぱり嫌と言わずにやっておけばよかった」となることも普通にあるのです。

また、厳しくお仕置きしていて、本気の本気で「もう無理!」といったとしても、帰るころには「あんまり痛くなかった」とか「まだまだ耐えられたかも」とか「もうちょっとしてほしかった」などとケロッと軽口をたたく強者もいます^^;

しかしそういう子たちはその時は本気で嫌で、なんとか逃げたいと思っても、いざ終わってみると物足りなくなるのです、それは恐怖から逃れられた後の安心感から起こる心理でもあります。
ま、それでもこういうことを言う子は次回からマークはしますけどね(笑)

しかし、それくらいの「嫌」であれば、強引にでもそういった行為はした方がいいのですが、本気の本気の「嫌!!」であれば、その行為はしないほうがいいでしょう。
しかしそこまで察したり、無意識下の心を読むことは非常に非常に困難極まりありません。
キーさんが発する「嫌」という言葉は、場合によっては究極のカー泣かせなんですよね^^;

スキンシップに関してはもっとデリケートな問題ですよね。
拗ねてしまって嫌なのか
恥ずかしいから嫌なのか
甘え方が分からなくて嫌なのか
遠慮して嫌なのか
そしてそうではなく、本気の本気でスキンシップが苦手な人も嫌な人もいるので、初対面での見極めというのは大変です^^;

「嫌だ嫌だ」という言葉は、半分本気、半分期待ということもあり、そうでないキーさんもいるのですが、その言葉で気分を盛り上げているキーさんは普通にいるのです。
それはその言葉が無ければ気持ちが高揚せず、その言葉を発言することで、より満たされることにつながるからです。

これには心理的なからくりがあって、お仕置きの一連の行為は基本的に「嫌!」というのが絶対前提となっているので、お仕置きを望んでいるからこそ、無意識下にも「嫌!」という心理となってしまうんです。
もちろんそれを悟っていて意識的に「嫌!」という子もいますけどね、それはそれで健全だと思いますし、私は良いと思いますが、過度な「嫌!」はもっと痛い目に遭うことになるのでほどほどに(笑)

ちょっとダラダラと長くなってしまうので、続きはまた後日掲載しますね^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

想定外な要望!

何度か会っているキーさんのお話しです。

そのキーさんはとっても恥ずかしがり屋さんなのですが、お仕置き未経験者であり、そもそもそのお仕置き欲を何とかしたいという気持ちが強くてサイトを通じて依頼があったんですね。
何でこんなことに自分の人生が振り回されているんだろうと悩んでいて、どうしてもお仕置き欲を無くしたかったようです。

初めて会った時には「やっぱりお仕置き無しで」といってお仕置きを受けないで帰っちゃったんです。
でもそれではお仕置き欲が落ち着くことはありませんよね。

次に会った時には、服の上からという事だったので、多少強引にお尻ペンをしようとして膝に乗せたのですが、2,3回叩いただけで「もういい、やっぱりいい」と暴れだしてしまいました・・・^^;
結局その日もそれで終了。

2か月くらいしてまた依頼があるのですが、メールの時点ではお仕置き欲がかなりあるのに、実際に会うと緊張もあってか、お仕置きされたいという気持ちがなくなってしまうようで、結局お仕置きをしないで帰ってしまう。
そんなことが3回くらい続きました^^;

そしてある日、会ってお話をしていると「お願いがあるんだけど」といったっきり、私が何を聞こうとも恥ずかしがってなかなか声に出そうとしません…。
「そんなに恥ずかしいことなの?」ときくと「うん」と頷き、その繰り返しで5分くらい過ぎてしまいました^^;

私も恥ずかしいことって何だろうと、お仕置きに関連した恥ずかしいことを言ってみるのですが、何を言っても否定します・・・。
しばらくすると鞄をガサゴソしだし、何かを取り出しました。

「これしてほしい」
というので、それを見てみるとそれはなんと「アイマスク」(汗)
「え?これをしてお仕置きしてほしいの?」と聞くと
「違う、京介さんにしてもらいたいの」と・・・^^;

何やらお尻を見られるのが恥ずかしくて、私にアイマスクをさせてお仕置きをしてもらいたいらしいのです(汗)
ま、それはちょっとできないと拒否をしてその日もお仕置き無しで終わってしまいました。

するとその日のメールで
「アイマスクしてくれないのは分かったけど、その代わり京介さんのを見せてほしい」と・・・。
え?見せてほしいって何を?もしかしてアソコ?まさかな、、と思いつつ本人にメールしてみると、

「お尻を見せるのが恥ずかしいから、まずは京介さんのお尻を見せてください」と・・・・。
なんだその理屈は・・・、とびっくり仰天してしまいました^^;

もちろんそんな要望には応えられませんし、しっかりと拒否しましたけどね。
結局諦めて、後日会った時には部屋を暗くするという条件でやっとのことでお仕置きを実行することができました。

恥ずかしがり屋すぎるのも度を越えると厄介ですね^^;
私の場合はもうたくさんのお尻をみていますから、お尻を見て欲情することはありません(笑)
ま、そこはお医者さんと一緒だと思いますよ^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示