勝手にスパ講座 第一回 「スパとSMのお仕置きの違い」

「スパとSMのややこしい関係 勝手にスパ&SM的講座」と題して二つの関係性の違いを考えてみたいと思います。
キーとかカーとか、スパ用語等が分からない方はこちらを参照ください。

スパとSMは違いますが、捉え方は人それぞれなので曖昧になっていますよね。
そしてごっちゃになっているからこそに弊害があり誤解も生じてきます。
まず、ここでいう”スパ”は性的要素が一切ないものをいいます、つまり親が子供にするお仕置きって性的なものは一切ありませんよね、それがここでいう”スパ”です。
ラブスパなど、性的要素が少しでも含まれるものはSMと定義づけていますのでご了承ください。

講座内容ですが、

1、スパのお仕置きとSMのお仕置きの違い
2、スパのお尻叩きとSMのお尻叩き(スパンキング)の違い
3、カーとキーの関係性とサドとマゾの関係性
4、カーとS(サド)の違い
5、キーとМ(マゾ)の違い

この5点について精神的な違いを分析してみたいと思います。


第一回目は「スパとSMのお仕置きの違い」です。

これらはですね、全てごっちゃになってしまっているからややこしくなってくるんですよね。
ごちゃごちゃしているのは区分け自体の捉え方や感じ方が違うため、結局はその人がどう感じるかになってしまっています。
しかし、それによってパートナーとの違和感が生じて望んでいないことをされてしまうこともあります。
そういうこともあり、ちょっと考えてみようと思いました、そして自分の立ち居地をよく把握できていない方々のアドバイスにでもなればと思います。

純粋なスパのお仕置きは簡単にいうと親や先生的な人が子供を躾けるために行う体罰のことを指し、そこには性的なことは一切ありません。
間違っていることを直し、正しい道へと導く、それは道徳的に間違っていることであって親や先生の価値観を押し付けることとは違います。
虐待ではなく、愛情を持って叱り付けて反省させ、直させる行為なんですね。
これは俗にいうディシプリンですが、このディシプリンという言葉もややこしくてSMもある意味ディシプリンであり、そこでも同じ言葉なためごっちゃになってしまうんです。

ディシプリンとは躾け、教育、体罰というような意味で過去ヨーロッパの方では躾として日常のことでした。
親や家庭教師、先生等が行うわけですから性的な意味は全くないんですよね。
普通に考えてみても、お仕置きのときに子供のお尻を丸出しにして興奮していたずらしてしまう父親、母親なんていないでしょう。
そういう考え方をしてくれると分かりやすいと思います。
それが一般的で正当なディシプリンで正当なスパのお仕置きだと私は思っています。

キーさんは基本的に何か悪さをしてしまったことに罪悪感を覚え、それを吐き出したくてお仕置きを望みます。
または自信のない事、駄目な自分を叱って欲しい、構って欲しい、ずっとそばで見ていて欲しいとも願っているものです。
だからキーさんは痛い行為を望んでいるわけではなく、その痛みがあるから自分のいけないことに向き合い、そして二度と過ちを犯さないと約束でき、精神的な心の安定のためにお仕置きを求めているんです。
例え同じことを繰り返してしまっても本質的な部分は痛みを求めているのではないのです。

スパのお仕置きとは人としていけないことに対してお説教を通じてそのいけない理由を理解させ、罰としてお尻を叩き、反省できたら全てを許し、全てを受け入れ甘えさせることです。
そこには前向きに生きることへ活力を与えたり心の癒し、心の安定があるのです。
スパのお仕置きは人間としての成長の為の躾なんです。
自分を追い詰めてマイナスにしたり、いじめるような言動や、被虐や自虐というものはなく、それがあると精神的にはSM行為ということになってしまうでしょう。


対してSMのお仕置きは支配者対服従者の躾なんです。
まず最初に意識の違いというものがあります。
SMのお仕置きはいじめる事でもあって、Mは被虐感や自虐感をもっているので、言葉や道具でいじめられる事に酔ってしまうんです。
また、Mへのお仕置きはスパと同じように道徳的に間違っていることもお仕置き対象ですが、一番の違うところはSの言う事が聞けない場合、それが全てお仕置き理由になってしまうんですよね。
Sが理不尽なことをいっても受け入れなければならない、用はMは奴隷的な立場なんですよね。
性的奴隷というのが一番の屈辱であるからSは性的要素を含むお仕置きをしたがるんです。
人間として最悪の性的奴隷に落としめ、自分の価値観を押し付けることによって支配関係を維持しようとし、Mも支配者に服従することによって支配関係を維持し満たされるんです。
SMのお仕置きはお尻叩きに限定されず、さまざまな箇所を叩くのはもちろん、叩く以外にも拷問のように責める場合もあります。
そして叩く以外にも恥ずかしい行為もお仕置きとなります。
要は性的なお仕置きです。
性器をあからさまに露出させたり性器や乳房に触れたりすることも私は性的なお仕置きでありそれはSM的だと思っています。
だからラブスパのような前戯的なものは私はスパではなくSMだと感じます。
スパの中にラブスパというものが存在しているから根っからのキーさんは迷惑していることもあるでしょう。

そしてSMのお仕置きは支配者と服従者であるがために支配者の満足がお仕置きのメインです。
だからお仕置きは叩くだけで終わったり、性的要素だけで終わる場合もあります。
お説教やアフターフォローはどうでもよく、要は性欲や支配欲が満たされればよく、またM側の服従欲や性欲が満たされればそれでいいのです。

だからスパとSMのお仕置きは全く違うんです。
そこまで自分勝手なお仕置きではなく、スパのように愛情のあるお仕置きをしていたとしても
道具、言葉遣い、服装、によってSM的雰囲気である虐待や拷問っぽくになってしまうものなんです。
お仕置きのとき縄で縛られたらどうですか?服を着ていたとしてもSMっぽいですよね。
言葉遣いが命令口調で荒かったらどうですか?
服を着ていなかったりバスローブや下着姿だったらどうですか?
そういう雰囲気一つでSM的となってしまうので、本当に意識の差というのは大きいところでもあるんです。


スパの場合、これも例えの話ですが、子供を例にとります。
子供って、叱られてお仕置きを受けるときに泣きながら駄々をこねて素直に謝りませんよね、お仕置きだからこそいやだいやだして逆切れして。
結局自分がした悪いことがどれだけ悪かったのかを体で覚えるしかなく、痛みによってようやく受け入れて反省し、ごめんなさいをする感じですよね。
お仕置きが終わったらケロッとしてまた親や先生に生意気な口を聞いたりふざけたりしちゃいますよね(笑)

だからこれも実は支配関係なのですが、支配というよりも管理という言葉の方が近いかもしれません。
自由があるので完全なる支配ではないからです。(虐待の場合は完全支配ですがここは省きます)
親や先生は子供を管理して、悪いことは愛情を持ってきっちりと叱る、良かったことは褒めてあげる、頭を撫でてあげる、それが躾けであり正当なお仕置きだと私は思っています。

それに対してSMのお仕置きはSが絶対的な支配者であるから駄々をこねたらさらに酷い責めにあうことになります。
お仕置きが終わった後に解放させる一つの手段として抱きしめて頭を撫でたりする行為もありますが支配関係がある限りMはSを小馬鹿にしたり生意気なことをいったりはしません。
それはSの前では絶対服従だからです。

お仕置きという共通の言葉で表現されていても、このように明らかな違いがあるわけだから違和感も生じてくるわけなんですよね。

ということでいきなり結論ですが、
性的なことを含まないお仕置きがスパ(お尻を出すのは性的なことではありません)
性的なことが含まれるものはSM
こう結論付けようと思います。

俺達が違う!と怒りをあらわにされる人もいるかもしれませんが、勝手に線を引かせてもらいました。
実際スパのようにSMのお仕置きをされている方もいます、それは精神的なものを求めてのお仕置きであって、決して性的ではないんです。
でも線引きは必要なことだと私は思います。
みなさん”お仕置き”ときいたらどんな想像をしますか?
ほとんどがSMとか性的なことを想像するでしょう。

でも小さい子供に”お仕置きするよ”っていうのを聞いたらどうですか?
性的要素なんて想像だにしないと思うんです。

私はいくら大人相手でも人間にとっての心の維持に必要な、このお仕置きという言葉を浸透させていきたいんですよね。
どうしても大人になってお仕置きというと後ろめたい感じになってそれがアブノーマルになり性癖と考えてしまう。
そうではなくて純粋にお仕置きとは人間を成長させる手段であって自分のためにお説教や罰を受けて甘える行為なんです。
そこをよく理解して受け入れてほしいと思います。

スパ用語、SM用語の説明

簡単なスパ用語、SM用語の説明です。
ブログの内容により必要であれば追加していきます。


[キー]
スパンキー=お尻を叩かれる側


[カー]
スパンカー=お尻を叩く側


[スイッチ]
キーとカー両方できる人


[お仕置き]
躾けの為にするお説教及び体罰


[スパ]
スパンキングの略=お尻叩き
※しかし本来”スパ”はスパンキングの略ではなくディシプリンスパの意味であって欲しいと願いたいのでこのブログでは”スパ”をディシプリンスパと解釈しています


[ディシプリンスパ]
躾けのためのお仕置き(性的要素を含まない)


[ラブスパ]
ラブスパンキングの略=前戯的なスパ、性行為の一部として行うスパ、性的要素を含むスパ


[オーバーザニー]
ひざの上でのお仕置き(Over tha knee=OTK)


[ベントオーバー]
机や椅子、ソファーやベッドに手を付いたり寄りかかってお尻を突き出す姿勢をとること
本来は腰を曲げたり屈んだりしてお尻を出す姿勢全てを指すことなので様々な体勢や姿勢が存在し、それを様々な呼び名で表現することもありますがここでは省きます


[コーナータイム]
お仕置きの後の更なる戒めのために、真っ赤になったお尻をさらけ出したまま立たせ反省を促す行為


[ハンドスパ]
素手によるお尻叩き


[セルフスパ]
自分自身で尻を叩く行為


[パドル]
ヨットのパドルから考案された正式なお仕置き道具で主にアメリカで使用されている


[ラタンケイン]
ラタン=籐(とう)は椰子科の植物でジャングル等に自生している
その素材で作られた正式なお仕置き道具で主に欧州などで使用されている
籠や家具にも使用されている


[バンブーケイン]
バンブー=竹の一種
竹の素材で作られた正式なお仕置き道具で主に欧州などで使用されている
とても硬く、ラタンと比べしなりがない為、お仕置きのダメージはかなり強い


[鞭]
イギリスのパブリックスクール等で実際に躾の為に使用していたお仕置き道具


[その他のお仕置き道具]
トゥーズ、クロップ、フロガー、スラッパー、ウィップ等


[身近なお仕置き道具]
定規、布団叩き、ハエ叩き、靴べら、ブラシ、ベルト、しゃもじ、スリッパ等


[M/m/F/fについて]
M=Male=大人の男性 (m=少年)
F=Female=大人の女性 (f=少女)

M/F=カーが男性、キーが女性のスパンキング
F/M=カーが女性、キーが男性のスパンキング
M/M=男性同士のスパンキング
F/F=女性同士のスパンキング
M/f=カーが大人の男性、キーが少女のスパンキング
F/m=カーが大人の女性、キーが少年のスパンキング

その他組み合わせは様々です






SM用語

[S]
サド=サディスト=加虐嗜好=支配したい人


[M]
マゾ=マゾヒスト=被虐嗜好=支配されたい人


[SM系ディシプリン]
BDSM(ボンテージ、ディシプリン、サディスト、マゾヒストの略)=主従、躾け、拘束、束縛等々


[主従]
主と家来、主人と従者、ご主人様と奴隷


[調教]
パートナーや奴隷を自分好みに躾たり育てること、快楽を教えこみ開発すること


[緊縛]
縄で体を縛り拘束すること、手足を使えないようにしたり吊るすこともある
後で痺れが残ったりして危険性があるため最低限の知識は必ず必要


[低温蝋燭]
SMプレイの場合低温蝋燭を使用する
普通の蝋燭よりも低い温度で蝋が溶けるため火傷する危険性が低くなる
使用方法を誤ればあまり意味がないこともある

※SMプレイには様々な用語やプレイがあるため細かいことはここでは省略します

スパ的、SM的な世界に何を求めているのか

「スパやSMに求めているものは何か?」
実はパートナー選びや悩んでいるときにはこれが一番重要なんですね。

ある程度経験のある人であればだいたい何を求めているかは自分で把握できていますが、さほど経験のない女性は心の深層の部分で本当に求めているものが何かということは自分でも分からないということが多く見受けられます。
どういうことかというと、自分の求めているものがただの妄想や憧れだけの世界であったということもあり、実際体験してみたら何か違うと感じることが多々あるからです。
経験のあるなしに関わらず、求めるものの定義づけが自分自身できちんと把握出来ていない女性は多く見られ、最終的に傷つく結果になるのです。
興味深いのは何年もその世界の道を歩んできていて、今になって初めて自分の求めるものが分かったという実例も珍しくないということです。
心の深層世界では自分でも理解できない複雑さが存在しているってことなんですね。

スパに求めるものは大きく分けて
1、恋愛
2、家族愛
3、友情
4、それ以外からの愛情

という形になるでしょう。
もちろんこれ以外にもあると思いますが、だいたいはこの範囲に収まるのではないかと思います。


SMに求めるものは大きく分けて
1、恋愛
2、恋愛兼主従
3、主従
4、性欲

という形になるでしょう、この中には普段からそのような関係性を維持する者と、プレイの時のみその関係を構築する者がいます。
主従とは「主と家来」「主人と従者」「主となるものと従となるもの」と辞書では出てきますが要は、主(ご主人様)と奴隷の関係をさします。

一番難しいことは、自分自身の求めることは分かったとしてもパートナーが同じ嗜好を持った人なのかどうかが分からないことです。
分からないというのは、パートナーとなるときは男性は嘘をつくことが多く、女性に合わせながら口説くので本当の心が分からないという意味です。
更に興味本位だけでスパやSMという行為をしてみたいだけの人も多いんですね。
風俗遊びと同じ感覚でスパやSMに関心を持っている男が多いということです。

こんなことだから真面目に取り組んでいる人の品位!?が落ちちゃうんですね(笑)
女性より男性の方が圧倒的に人数が多いと思われていますが、実際はきちんとした嗜好や知識のある男性は女性よりもかなり少ない気がします。
知識というのは道具の使い方という事だけではなく、パートナーに対しての躾け方や接し方、愛情のかけ方等も含めてです。
男の中には「風俗の金を浮かしたい」「セックスフレンドが欲しい」「面白そうだから変態と出会いたい」という考えの人が悲しいことにとても多く存在するのです。
そういう男に捕まってしまうと、結果的に関係は破綻し、のめりこんだ女性は深く傷ついてしまうのです。

スパの世界は特にですが、性的要素が一切ない関係を求めているディシプリン派の女性が多いのでもっとパートナー探しが大変で求めているものが違うという例が多くなります。
実際問題本物のディシプリン派のカーが非常に少ないということです。
興味本位だけのカー(実際はカーではなかった)が多すぎることが原因で長続きしないことが多いんです。
そりゃ、性欲のある男ですから、女性の生尻を叩くだけでも興味は湧くでしょう、くだらない風俗にはまっている男は大勢いるのですから。
例え、本物のカーと名乗る者がいたとしても、その人が偏見なく幅広い視野を持っていなければ自分の価値観を押し付けるだけの心の小さい人なだけです。
また、自分が気に食わないことを説教し、それを相手に強要する人はただの我侭な精神年齢の低い大人です。
これらはキーさんからしてみたら本物のカーではないですよね。
そして恋愛や性的要素を全く求めていないキーさんもいることを理解していないカーさんがいますね。
エッチ目的の。
擬似恋愛的で精神的なつながりの部分があるのも確かですが、そこでパートナー同士の違和感が生まれてきてしまうんですね。
まあ、特にスパに関しては非常に難しい関係性だと思います。

二つに共通している恋愛に関してはいつかは破綻をします、パートナー的な関係で結婚をして生涯離婚をせず幸せに暮らした例はほんの一握りです。
恋愛経験は皆さんあると思うのでいつか破綻するという意味は理解できるでしょう、これも寂しいですね、こんなの前提では付き合うことはないのですけどね。

なぜ破綻しやすいかというと、恋愛というものは見返りをどうしても求めてしまいがちで、気持ちが相手に通じなかったということが続けば自然と不平不満が出てしまいます。
また、駆け引きという裏の部分を出してしまうことで相手を試し、その反応で勝手な判断をしてしまいがちです。
そしてパートナーに対して、不平不満が出たり、疑心暗鬼になってしまった場合、別れるかどうか必死に考え、誰しも悩みます。
別れたいのに相手が好きだから別れられないという心の葛藤はよくありますね。

スパやSMの関係性の場合、相手に精神的に依存してしまっているのでより離れられないのです。
こういう世界の特殊な関係上、
「パートナーとしてワザとやっているのか?」「他と比べて私が甘いだけではないか」「他の人はどうなのか」
等、いろいろと悩みます。
そこで貴女が考えなくてはならないことは貴女はこの世界に”何を求めていたのか”ということなのです。
そこで初めて本来の求めているものを見つけることが出来るかもしれません。
「キーとして」「Mとして」ではなく貴女の求めていることを追求すればいいだけなのですから。

苦しいのだったら別れればいいのです。
その基本的なことに支障をきたしているのであればその先は全く意味がないのです。
別れられないのをこの特殊な世界のせいにして、自分の辛さから逃れようとしているのかもしれません。
愛していれば別れはとても辛いもの、いくら愛想を尽かしても別れのときはとても辛い。
しかし、何を求めてこの世界にいるのかをまず思い出してください。
それでも結論が出ないのが恋愛であり、世の中で一番厄介な代物なんですけどね。

「求めているものは何か」
これは自分自身が行き詰まった時に一番大切な要素です。
いつか訪れるはずの最大の難関のときに必要なんです。
その時に冷静に対処できるように今からでも心の整理をしてください。
こういった世界に足を踏み入れる女性は不器用な人が多く、深く依存しやすく、そして深く傷つく女性がとても多いんですね。
それを防ぐためにも、和らげるためにも自分自身をしっかり見つめて何のためにこのようなことを望んでいるのかを絶えず考えるようにしていないと、いつか自分を見失ってしまうのです。

少し極端すぎるお話ですが、こうやって頭を切り替えて考えないといつまでも答えは出ないんです。
やはり人間ですから求めていることなんて曖昧でよく分からないという事が多いと思いますが、
ただ根底にある”愛情”がほしいということだけは共通していますよね。
みんな愛情に飢えているんです。
私が今まで言ってきたことは極論かもしれません、しかし、極論で考えなければ答えなどいつまでたっても見つかりません。
何を求めているか曖昧でも、何をより多く求めているかは分かると思います。

別れの時は深く傷つき、人間不信に陥り、悩み、とてつもない辛さが生じます、そして答えを見出すことが出来ず、長い期間、喘ぎ、苦しむことになるのです。
その時に極論で物事を考えれば判断材料になると思うんです。
初めと今とで求めていることが違うということはよくあります、でもそれを認識し受け入れることが大切です。
自分の変化を受け入れた時、ふと気がつく人生の折り返し地点に成りうることもあるんです。

人は長い人生の中で価値観は絶えず変動しています。
そして、だからこそ絶えず今の自分を見つめることが大事です。

自分が出来上がった人間などと決して思っていはいけません。
絶えず新しい自分を見出すことが、更なる新しいものを生み出すからです。

悩んだときは原点を見つめなおし、そして今の自分を見つめてください。

A子の友達の友達のお話

前記事の続きです。

一番最初にA子に友達を紹介されたまでは「こんなこともあるんだなぁ」と多少の驚きでしたが、更にですね、その友達が更に友達を紹介してきたんです(驚)

今回はその友達のさらに友達のお話をしたいと思います。
2ヶ月もたたないくらいでこれだけ立て続けにネット経由以外で4人の若い女性をお仕置きするとは思いもしませんでした。
そして、人は誰でも心に何かを抱えているんだな、それを誰かに知ってほしいと感じているんだなと思いました。
でも今回は友達同士の会話でのノリという部分と自分もされてみたいという部分の相乗効果があったのでしょうね。

A子の友達(A子の友達一人目)からメールが来たのは、お仕置きをしてから2週間くらいたった頃でした。
「またしてほしいのかな?」と思いメールを読んでみると、友達がお仕置きしてほしいとの事でした。
電話をして聞いてみると、やはりこれも飲んでいるときにお仕置きの話をして盛り上がり、されてみたいとなったとのこと。
「んー、最近の女性はこういうことはもうアブノーマルと呼ばないのだろうか、ま、それも嬉しいけど・・・。」
と思いつつメールアドレスを聞いて連絡してみました。
連絡をするとその女性のメールの返信はかなり軽いのりだったんです(汗)
仕事前に会いたいとの事だったので7月初旬、13時に渋谷で待ち合わせをしました。

109入り口にいき、メールをしてみたら携帯を確認している娘がいたので声をかけました。
すると「どうもー」と軽いノリで挨拶してきました。
茶髪、ミニスカ、露出系、化粧も濃く、とにかく派手な娘でした、そしてかなりなれなれしい・・・。
ま、いろいろ考えてもしょうがないのでホテルに入って話を聞くことにしました。

ホテルへ行き、仕事は何をしているのか聞いたところ”風俗嬢”とのこと。
風俗といってもいろいろありますがこの子は「イメージクラブ」俗にいう「イメクラ」というところとのこと。
簡単に説明すると「ごっこ」的なことを楽しむ場所で、設定は様々、先生と生徒とか電車で痴漢とか夜這いとか、逆セクハラとか、客の妄想している設定をお互いに演じて男の性処理をする場所です。
「んー、やっぱり風俗嬢の雰囲気十分出てるや」と言葉には出しませんでしたが内心思いつつお話していました(汗)

風俗嬢って心に闇を抱えている人が本当に多くて、借金を抱えててみたいなことが多いんですよね、でも最初は借金返済までの我慢とやっていたことが大金を得ることで生活感が変わってしまい、派手な生活になり質素な生活に戻れなくなる、そしてもっと金がほしいと風俗のレベルを上げていき最終的にソープ嬢になる子も少なくないんです。
この子はお仕置きされたいという願望と、風俗という特殊な職業からかなり精神的に重いものを持っているのだろうと思い、そこらへんを聞いてみました。

すると・・・。
「えっ、お金のためだよ、遊ぶ金ほしいし」
「最初抵抗なかったの?」
と聞くと
「別に。高校の時から援助系してたし」
「両親いるの?、この仕事知っているの?」
と聞くと
「両親いるよ、可愛がられてる、私も好きだし。仕事はOLってことにしている。今はアリバイ会社というのがあって親が電話しても大丈夫なようになっているんだよ、だから親にはOLってことになっているんだ」

他にも闇を探るようにいろんなことを聞きましたが本当に金目的だけで罪悪感もない感じでかなり拍子抜けをしてしまいました。
そういう考え方にお仕置きをしたかったのですが、そこは人それぞれの価値観がありますから相手がその部分を叱ってほしいと言ってこない限りお仕置きをするわけにもいきません。
だからお仕置きをするにあたっての理由もないんですね・・・。

しかし本人的にはこれまでの人生を送ってきてつらい面もあったわけで逆に見せかけの自分を出し、明るく幸せな自分を演じているだけなんだと私は感じていました。
実際トラウマを隠して空元気な子っていますからね、そんな子は痛々しいです。
でもせめてこういう場なんだからそういうことも含めて心を出してくれないと私もやっている意味がないし虚しくなってくる部分もあります。
まぁ友達の紹介だから隠したい部分は隠してしまうんでしょうけどね。

で、どういう感じでお仕置きをされたいのか聞いてみると
「いたずらしているところをお父さんに見つかってお尻を叩かれるんだけど、その時に逃げ回って、捕まえられて、それでもバタバタしてそれを押さえつけられて叩かれたい」
みたいな感じのことをいっていました・・・。

こっちはちょっとテンションが下がっているのにこの内容はかなりきつい、そしてモチベーションもそのときなかったんです(汗)
「せめて追いかけっこはやめて、抵抗する感じにしてくれない?」
といい、了解を得ました。

じゃぁ始めようかといってお仕置きごっこ(笑)をすることになりました・・・。

「〇〇、部屋の壁に落書きしちゃ駄目だろ」
「あ、パパ」

という展開から始まり、茶番劇が始まりました^^:
かなり茶番なのでその後の展開、結末は想像にお任せします(汗)
ここでは省略させてください。

まあ、子供が悪いことしてお尻丸出しにされてペンペンされるのですが、その時子供は嫌がってバタバタしますよね、そんな感じです。違う感情もあったので100回ほど叩きましたけど、しかも最後はかなりの力をこめて(汗)
終わってみてお尻を見るともうまっかっかでした。
お仕置きを終えた後、いろいろなお話をしました、お仕置き後は今までの軽いノリがなくなり、真面目に落ち着いた感じで話をし、先ほどの軽いノリは封印していました。
こういう演技付きのお仕置きは今後はちょっとできませんが、こうやって最後でも自分の本音を語ってくれることは私はとても嬉しく感じます。

会話の中で
「えー、お尻の痕消えるかなー、仕事やばいかも、しかも座れないし」
といっている横で私は嘲笑っていました。
「こんなのお客に頼めばいくらでもしてくれんじゃないの?」
と聞くと
「一応女の子の希望は言っちゃいけないことになっているし、M男君とか優しい人(恋人気分)が殆どだから、Sの人もいるけど見ず知らずの人に頼むのはちょっと抵抗あるかな」
と、仕事は仕事としてきちんと頑張っているんだなって感じました。

しかし、この2ヶ月もたたないうちにネットを介さないで計4人をお仕置きしたわけですが、
きっかけであるA子も想定外の展開だったのに、更にA子から3人の女性が食いついてくるとは思ってもみませんでした。
私もそうなんですが、おそらく相手もA子の存在があるから本性を出せない部分はあったはず。
それがこの間感じていた違和感じゃないかと・・・。
そして私が求めていることとは違うものだと感じました。

後日、A子を含めNの友達3人に連絡を取って、今後は興味を持った友達がいたとしても紹介はしないでくれとメールをしました。
なんでかというと、こうやってブログを通じて私の方向性や考え方を理解してほしかったからなんです。
それは同じような価値観の人をお仕置きを通じて見ていきたいなという思いからです。
こんな思いからブログを書いてみようと思ったんですね。
そして自分はおかしいのではないかと悩んでいる人に、それは人間の本来の姿なんだよと教え、心を癒せればと思っています。

まぁ私はお仕置き云々よりも精神的な部分を大事にしていきたい、そういうところではつながっていたいという気持ちがあります。
非日常という居場所はストレスの処理の場所であってほしい、心の闇を癒す場所であってほしい。
そして自分の精神をコントロールするヒントを見つける場所であってほしい。
恐怖や絶望で闇を抱えてしまい思い悩んでいる人、自分の性癖に対して隠し続け葛藤している人、様々な人がいると思います。
そんな人たちにこういう生き方、感じ方、考え方もあるんだということを客観的な広い視野で情報を与え考えてほしいんですね。

人それぞれの抱えている問題、悩み、ストレスは違うもので、同じストレスという言葉でも考え方が180度違うこともあるでしょう。
ただ、いろいろな文章を頭を使って理解して、自分の生きる何かをつかんでほしいと思います。
精神的なことなので表現の仕方で反感を買うところは多々あると思いますが、それも含め理解していただきたいと思います。

自分で何かを見つけなければそこからは何も生まれません、もがき苦しんでいる人には酷な言い方ですが、生きていくには前向きにならないとつらいだけです。
前向きになれない人、何も見つけられない人、それで十数年も苦しみ続けている人も実際にはいます。
だからこんなことは綺麗事でしかないのでしょう。
それは、その苦しみを味わった人でないと分かりえないことだからです。
ただ私はこのブログを通して一人でも救われる人が出ればそれだけで書いていてよかったと思えます。

所詮自己満足だろ、と突っ込まれそうですが・・・。
でもそれで私の心が満たされるから自己満足なんでしょうかね。

A子の友達 二人目

ブログの書き始めにお話した”A子”が紹介してきた二人目のお話です。

やっぱりこの子もA子と飲んでいたときにお仕置きの話になり興味を持ったそうです。
会ってみたらなんか暗い感じの子で人見知りというか後悔しているのかという感じでした。
雑談するよりもストレートにカウンセリングしたほうがいいと思いいろいろお話をしてみました。

実は酔った勢いでお仕置きされてみたいとは言ったものの実際連絡されるとは思わなかったと・・・。
いきなりメール来てびっくりして今さら断れないと思って・・・。みたいな感じでした。
でも本当に興味がなかったら来ませんよね。
その子は人見知りもあるのだろうが暗い、そして顔を見て話をしないんです。

しかし話をしているうちにだんだんと心を開いてきました。
仕事と家の往復で何のために生きているんだが分からない、部下も数人おり、責任のある仕事をしていてそれを全てこなさなければならず、それが自分の限界を超えていて、それでも上司の期待を裏切れず無理をしている毎日。
親からも自慢の娘として今の仕事のことを親戚中に言いふらされ、そこから逃げられない状況になっているようです。
失踪したい、死にたいと思ったことが何度あるか、でもできない。
どうせなら責任なんて与えないで私の全てを支配して私は人形のようになりたい。
こんな感じのことを訴えていたのでかなり追い詰められていたようです、もう精神が疲れきっていたようなんですね。

とにかく心が病んでいるのは明白でした、非日常を経験して現実逃避したい。
素の自分をさらけ出して楽になりたい。
毎日抱えているこの心のモヤモヤ感を静めたい。
そんな感じが出ていました。

心をどうコントロールすればいいかわからない人、ストレスを解消する術が分からない人、不安な気持ちを解消できない人、そういう切り替えがうまく出来ない、そしてそのことを誰にも打ち明けられないような人は何かに依存してしまいがちです。
非日常を体験して気持ちの切り替え方、自分の居場所の探し方のヒントでも得てくれればと思いました。

でも今回はただ単に叩かれてみたいということで、彼女の悪いことも見当たらなかったので、今回はお説教もなくお尻叩きだけで痛みのみを感じてもらいました。
厳密に言うとこれはSM行為の部類になってしまうんだと思います。
途中涙を出したりしていましたがその理由は明かさず我慢をしていました。
私がいろいろな問いかけをして話をしながらお尻叩きをしていたのですが、その言葉に反応したように泣いていたような気もします。
まぁ最後に「また気持ち新たに頑張ります!」という言葉を引き出せたのでそれで終わりにしました。

結局口数が少なくあまり自分を表現したがらない性格みたいで本心を聞き出すことはその日1日では無理でした。
でもお互いになにか共感し、同じ空間で共有したものを何も話さずとも感じることができたような気がします。

帰り際、「なんか気持ちの切り替えができて、明日から違う気持ちで頑張れそうです」
と自分の気持ちを伝えてくれ、去っていきました。

言葉って人間にとって重要で魔法のようなものだと感じました。
気持ちで分かり合えていてもその言葉一つでその気持ちが何倍にもなる。
そしてそれが私の中の何かが満たされる元なのかもしれないと感じざるを得ませんでした。

でもやはりお説教とお仕置き後のフォローがないとしっくりきません、私自身が周りに流されずに、私の方向性を示していかなければなぁと真剣に思うきっかけの一つだったかもしれません。

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示