好みのお仕置き

お仕置きをしているものであればそれぞれ好みのお仕置きというものがあるものです。
しかし前記事でお話したとおり、お仕置きされる側にも好みのお仕置きがあり、それが理想でもあるんですよね。
また、好みではないお仕置きならともかくNGなお仕置きもあるわけで、そこがお互いに違和感を生じさせ、後々問題が起きる部分でもあると思います。
最初はお互い気を使ってオブラートに包んでいてもやはり自分の嗜好はいつまでも隠して付き合えるようなものではありませんからね。

私の好みのお仕置きとはそれはお仕置きの体勢でも叩き方でもないんですね。
お仕置きをされる側はよく膝の上での平手でのお尻ペンが理想なことが多いのですが、私の場合は形ではなく精神なんです。
どれだけ精神にダメージを与えられるか、そしてどれだけ心を安定させてあげることが出来るかなんです。
そもそもお仕置きはいけないことを叱りつける事で二度としないように痛みを持って戒める行為です。
だから相手が望む理想のお仕置きは一番初めのお試し期間でない限りしたくはありません。

パートナー的ではなく、その場限りのお仕置きや体験を希望する人には理想のお仕置きをしてあげますが、パートナー的になった人には徐々に厳しいお仕置きへと変貌していきます。

悪さをしても1回目ならば軽いお仕置きで済みますが、同じことを繰り返してしまったらお尻叩きの痛さは増していきます。
そのうち「次同じことをしたら道具でお仕置きだよ」と伝えておくんですね。
こうすることによって、道具が嫌いな人は受け入れざるを得なくなってきます。
そこから逃げるには同じことを繰り返さなければいいのですから。

でも、そういう子はドジなのか天然なのか、同じことを繰り返してしまうんですよね(笑)
しかも律儀に報告をしたりそれを分かるように伝えたり矛盾点のある嘘をついたりと、結局は嘘をつけないんです。

同じことを繰り返すほかに厳しいお仕置きとなってしまうのはお仕置きを受けようとしない、ごめんなさいをなかなかいえない場合ですね。
イヤイヤばかりしている人がいる場合、私はその人のNGなことをすることを宣言するんですよね。
そうすることによってNGなことは嫌だから素直に従うしかない、イヤイヤながらお仕置きを受けるようになります。
結局は選択肢を与えているのですが、その選択というのはもはや言葉のトリックでしかありません(汗)
でもそのようなことを続けていると単なる脅しと甘く見てしまうんですね。
そしていつまでたってもお仕置きを受けようとしない、脅しにも耳を傾けなくなる。

そう私はそんな甘い人間ではありません。
というよりもそれを待っていたのかもしれません、ひっそりと獲物を待つ獣のように(笑)
行動に移してしまえばもう止められません、本人のNGの世界へと入り込んでしまいます。
でもこれも本人が選択してしまったことなので自身で受け入れざるを得なくなってしまっているんですね。
でもこれは本当に二度としてほしくないことだからするんです。
ここまで来るまでに私との間にある程度の信頼関係は出来ています、だからそれが出来るのでしょう。
いくら悪い事をしたからといって信頼関係も出来ていない相手にNGなお仕置きは出来ませんから。

あ、NGといってもスパですから性的な行為という意味のNGではないですからね、道具だったり鞭だったり姿勢だったり叩き具合だったり、という意味合いでのNGです。

ただそういう行動に移る前にしっかりとしておかなければならないことがあります。
信頼関係をしっかりと築くまでの間にそのNGなお仕置きはどうして駄目なのかということをしっかりと確認をしてお話をするんです。
だいたいは精神的な部分での違和感や虐待や性的に感じてしまうという部分でNGにつながることが多いのですが、
その意識が単に怖いからとか痛そうだからという理由であれば却下の対象なんですね。

お仕置きの姿勢や考え方を伝えて信頼関係が芽生えてくれば、相手も戸惑っていたお仕置きを受け入れてくれるかもしれません。
そしてお互いの嗜好にうまく折り合いをつけていくことが一番大事なことのように思えます。
全ての嗜好がぴったりと合ったパートナーなんてまず出会えませんよね、特に特殊なお仕置きの世界ですから。
嫌なこと、NGなことは特に相手ととことん話し合って解決していかないと決して長続きはしません。

私の好みのお仕置きとはNGなお仕置きをすることではないのですが、より効果的に精神にサプライズを与えるようなお仕置きなんですね、だからそれを日々考えています。
お仕置きによって相手の心が動揺したりびっくりしたり、危機感や戸惑いを感じている姿を見るのも可愛さやひたむきさを感じて悪い気はしないので、それが好みのお仕置きなんでしょうね。
何度もいっているように私はこのお仕置き行為に精神的なやり取りや心の安定を求めているんです。
だから叩くという行為よりもお説教やそのプロセス、精神的な葛藤が一番重要なんですね。

その上で相手がしっかりと反省して最後に心からごめんなさいを言い、お仕置きを終えた後のやりとりで私は強い満足感を得ます。

その最後のお話しがお互いにとっての一番の幸せな時間かもしれませんね。
関連記事

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示