人のせいにしてしまう心理

すぐに人のせいにしてしまう人っていますよね。
私はまず人のせいにはしないタイプなので、その違いってどういうところからくるのかなって少し考えてみました。
性格が悪いと一概にはいえないですし、病んでいる人や鬱っぽい人がそうなる傾向があることもあるしで前から気になってはいました。

私の場合ですが、どんな失敗であってもどんな黒歴史だろうと、どんなにネガティブな事でも、それは他者が介入していても自分の責任において起きたことだし、それによって必ずプラスの材料を拾う癖があるので、人のせいにするどころか、”あいつのおかげ”と思うことが殆どです。
もちろん感謝の意味での”あいつのおかげ”ではなく、いい教訓になって経験値があがったという皮肉の意味ですが^^;

私はこんな感じですが、いろいろな人の話を聞いていると単純に物事の捉え方や考え方の違いとは違うように思うことがしばしばあったんですね。
人のせいにしてしまう”癖”はあったとしても、それが性格というのも少し違うようにも感じます。
ちなみ冗談で”人のせいにするのはコミュニケーションの一つでもありますからそれは除外して、そうではなく半分でも本気で”人のせい”にしていることを議題としています。

子供のころを思い出してみると”人のせい”にして叱られるようなことを回避するということは普通にありましたよね。
自分では背負いきれないからこそ他の人に責任をかぶせてしまう。
大人から見るとバレバレな嘘も多いですけどね(笑)
それがうまくいくと、誰かのせいにすれば助かるというようなことを無意識に覚えてしまい、自分で抱えきれないような時にその事実をすり替えることをしたりして、それが癖となってしまうことも有りうるでしょう。

ちょっと分かりやすい例を挙げると、子供が前日に「朝6時に起こして」と親に頼んだとします。
翌日親は6時に起こしたのですが、子供は二度寝してしまい大事な用事に遅刻してしまいます。
このうような場合、どういうことになるでしょう。

おそらくだいたいの子供は、遅刻したのを親のせいにして親に八つ当たりをして怒りをぶつけるでしょう。
「なんでちゃんと起こしてくれないんだ!」って。
まぁ家庭によっては親に反抗なんて許されないという家庭もあるので全ての家庭に起こりうるわけではなく、子供が親に甘えられるような一般的な家庭の例として捉えてください^^;

でもまぁこんなことはよくある話ですよね。
朝に約束通り起こしてもらったのですからあとは自分の責任ですし、それもわかっているはずです。
そもそも起こしてもらうこと自体ありがたいことなんですからね。

100%自分が悪いとわかっていながらも大事な用事に遅刻してしまう事実を受け入れられない。
自分を責めてみても苦しくなるだけなので、親のせいにして自分の辛さから逃れようとする心理なんですよね。
仮に自分の心が強ければ自分の責任だと思えるはずですが、追い詰められて余裕がないような場合は自分への怒りを他者に向けるしかなくなります。

これは辛さを解消しようとする心の動きといえます。
そういう癖がついたまま大人になると、それを親友や彼氏、旦那さんや自分の子供など、自分の甘えを出せる親しい人を対象として相手のせいにしてしまうことになりうりますが、これは単なる八つ当たりでしかありませんし、大人になったら通用しないことです。

そうはいっても普段人のせいにしない人でも自分一人で抱えきれなくなった時には人のせいにしてしまいがちですし、相手にそれを伝えなくても心の中でそう思うことは誰でもありますよね。
そうやって人のせいにしてしまうのは、負の感情を受け入れるだけの強さがない時で、つまり心が弱い時なんでしょう。

更にはどんな些細なことでも人のせいにしてしまう人っていますよね。
それが癖になっている人っていますが、普通なら受け入れられるような失敗や嫌な事にすら耐えられない、それはとても精神的に弱い人だといえると思います。

つまり心の弱さというのが”人のせい”にする大きな原因であるということだと思います。
だからこそ余裕のある時には人のせいにはせず、嫌な事を自分で消化できるんですよね。
本当に些細で自分で消化できるような失敗なら、人のせいにしないで自分の責任とするはずですからね。

ただ厄介なことは、人のせいにしてしまうのは意識的ではなく、無意識にそうしていて、それが自己欺瞞に陥りやすいので怖いんですね。
(※自己欺瞞とは間違っていると知りながら、正当化していくうちにそれが本当のように思い込むこと。自分の心をあざむいてくこと)
そして心を病んでいる人や精神的に弱い人に”強くなれ”といっても無理なので、そこは難しいですが、このような意識を持っているだけでも随分と変わるのではないかと感じます。

自分のマイナス部分を受け入れられない人は、人のせいにして回避しようとするので、そうであるなら依存型ともいえます
自分のマイナス部分を受け入れられる人は、人のせいにはしないので自己解決型といえると思います。
人のせいにした時点で成長は止まりますが、心が弱くなっている時は人のせいにすることで心を軽くして自己防衛しているので、それは自分を守るための手段としてしょうがないことだと私は思っています。
それが病気ということもあるでしょうし、病気じゃなくてもそれに相当するほどショックが強ければ一時的に心が弱くなってしまい、それはどうしようもないからです。

人は失敗を繰り返し、後悔したり、教訓にしたりして成長していくもので、私のお説教の根本はそこにあります。
精神的なダメージや金銭的損害、裏切りや失敗など、そこからは必ず人生においてプラスの部分があるはずなので、本来はそこを教訓とすれば心の成長につながるんです。

何でも人のせいにして失敗したという負の感情のままでいると、自身が成長するチャンスを逃している事になります。
また、人のせいにする人と一緒にいると、負の感情が移ってきますし、ましてや自分のせいにされるのなら、できるだけ一緒にいたくないと思いますよね。

それにマイナスなことを人にアピールし続けていると、どんどん人が離れていってしまいます。
最終的には友達も恋人もできず、孤立して生きていくことにもなりかねません。
私の場合はこの活動を通してそういった話は聞き入れますから私に対してはそのような事を言っても構いませんし、むしろそういった場所でもありますからね。

といってもマイナスな感情の捉え方や今後の考え方はアドバイスし、今は心が弱っていて無理でも、力がついてきた時には克服できるようにサポートするという気持ちで接しています。
人によっては心が弱り切っていて、アドバイスをも辛く感じてしまうかもしれませんが、私の活動はお説教してお仕置きをするということなので、そこは蓋をしておきたいところにも焦点を当ててアドバイスはしています。
その話は無理ということであれば触れませんけどね、そういうことでなければ成長に向けて話をしていきます。
それは、それがカウンセリングであり、お仕置きに通じた私のしたいことでもあるからです。

また、人のせいにしてしまう人は感情的になると攻撃的に相手を責めるようにもなります。
誰でもそんな人は相手にしたくないでしょうが、相手の立場になり、そこまでなるのには相当辛く、自分で抱えきれなく、心がとても弱くなっているということを理解してあげることをしてみると相手への見方が変わります。

その上で冷静に諭していくことが必要じゃないかと思います。
心が弱っている時には聞く耳も持てない、そういうことを知っていればいくら人のせいにしたり攻撃してきたりしても、とてつもなく心が辛いからそう解釈してしまうんだと思えます。

こういったことを考えていく中で、私も捉え方を変えて、相手の辛さをまず理解していこうと思うようになりました。
相手は喧嘩を売るというのとは違います、辛いから楽になりたい、辛さから逃れたい、そういう気持ちから無意識に出る行動です。
そういう人の思考回路を改善するためには自分を振り返ることができる心のゆとりが出来た上で、客観的に思考の歪みを訂正させて、自分の意識を変えていく作業が必要となります。

だいぶ長くなって少し小難しくなりましたが、結論は人のせいにする人は精神的に辛く、生き辛いんだということです。
私の活動はただ単にお尻を叩くだけではありません、それを目的に楽しむという趣旨でもありません。
悪い事の罰としてのお仕置きは成長のためのお仕置きです。
だからこそカウンセリングを重視にして、本当に直さなければならないことをメインにして、その為の罰がお尻ペンペンなんですね。

要望によってお仕置きをしていますから、その動機やスパに対する捉え方は気にしませんが、一応私がしたいことはリアルで悪い事、直さなければならない事、律したいことに対して真剣に向き合い、成長につながる、その為のお仕置きです。
人によっては遊びの延長線上でお仕置きを依頼する人もいますが、それはそれで要望なので構いません。
そうじゃなくて真剣に相談したい人や直したい人、そのことでお仕置きを受けたい人にはいいのではないでしょうか。

まぁ私もいろいろなことを考えて真剣に、親身にお仕置きを捉えているということです^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示