お仕置き!お尻ペンペン!

お仕置き
お尻ペンペン

こうやって文字に起こすだけでもドキッとしてしまう人はいますが、これが言葉として口から出るとなると更にキュンとしてしまうキーさんはかなり多いのではないでしょうか。

お仕置き前提でのパートナーさんや、私のように依頼を受けてお仕置きをするような人が口にしてもある程度ドキッとするでしょうが、そうではなく、普段の生活で誰ともなくその言葉が出てくるとなると、平静を装っていても頭がパニックになるくらいドキッとしてしまう子はいるでしょうね。
それはテレビをみていてもそうだし、知り合いやそこらの他人から何気なく言葉に出てくる場合もありますよね^^;

おそらく「お仕置き」や「お尻ペン」という言葉を平気で口にする女性というのは、スパというお仕置きの世界を知らない人で、逆に自覚をしている女性のキーさんであれば、お仕置きとかお尻ペンという言葉はなかなか口にできないものです。
私はたまにキーさんに「お仕置き」という言葉を言わそうとすることがあるのですが、恥ずかしがって頑なに言わない子が多いんですね^^;
そんなことをしていると、なにやら私が女性に向かって卑猥な言葉を強制的に言わそうとしているような錯覚に陥るほどです(笑)
ま、そんな恥ずかしがる顔を見るのもかわいくていいんですけどね^^

話を戻しますが、普段生活していて、いきなりお仕置きワードが飛び込んでくることってたま~にありますよね。
そっちのほうがキーさん的にはドキッとするしなにやらソワソワとしてしまうようです。

「あとでお仕置きだよ」
「お尻ペンするよ」

ただの文字としてではなく、これが日常の世界で他人の口から出た言葉だと、意表を突かれたようにドキッとしたり、キュンとしてしまうようです^^;
これってまるで魔法の言葉ですよね。
魔法というと聞こえが良すぎるような気もします・・・。
しいていえば、まさしくこの言葉は”呪文”の一文であり、確実に魔力が潜んでいますよね^^;
妖術をかけられたように、自分の意思とは関係なく心が乱れ、自分をコントロールできなくなってしまうのです・・・。

お仕置き欲にも波があり、特に勉強や課題などで追い詰められたようなストレス状態の時や、生理前などのホルモンバランスが崩れている時など、考えたくもないのにお尻ペンのお仕置きの呪縛に囚われ、やらなければならないことも手につかない。
お仕置きのことなんて今は考えたくないのにそればかり考えてしまう。
まさしく妖術にかかってしまって、その呪縛に囚われてしまっている状態ではないでしょうか…。

これは時と場合によってはメチャクチャ厄介なことであり、キーさんであればその魔力の呪縛から逃れたいと悩んだ経験がある人殆どではないかと思います、それだけお仕置きの魔力は自分をコントロールできないほどなんですね^^;
キーさんって、キーさん友達がいない人の割合が多いので、それこそ悩みは尽きないのですが、こういう悩みはみんな同じように抱えている事なので自分だけ変なんだと悩みすぎる必要はありませんからね^^

この呪縛を解いて自分をコントロールできるようになるにはどうしたらいいか。
結局は「お仕置きを受けなさい」ということになるのですが、次回はそのヒントを書いていきたいと思います。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/
関連記事

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示