勝手にスパ講座 第三回 「カーとキー、サドとマゾの関係性」

スパとSMのややこしい関係 勝手にスパ&SM的講座、三回目は「カーとキーの関係性とサドとマゾの関係性」です。

キーやカー、スパ、SMについてが分からない人は用語説明をご覧ください。

まずはスパのキーとカーについてです。
補足ですが、性的要素の一切ない、純粋な根っからのキーとカーについてですからね。

何回かお話していますが、純粋なキーはたくさんいるのですが、純粋なカーは殆どいないのではないかというのが私がいつも感じている事です。

SとMは支配関係で成立しますが、キーとカーはかなり複雑です。
たしかにお仕置きのときはカーが支配をしているのですけどね。

まずスパというものの根本はディシプリンであり、簡単にいうと子供に対しての教育的な体罰、いわゆるお尻叩きをすることを指すんですね、悪いことをしたら罰を与える。
これは相手の価値観ではなく一般的の道徳的な価値観での教育です。

そしてここで違和感が出るのは子供はお仕置きを望んでいないということです。
しかし大人になってからは違いますよね、初回だけでも自分から望んでお仕置きを受けに来るわけです。
でもこれは子供ではなく大人だからと私は解釈しています、自分の悪いところを指摘され、それを直したい。
悪いことをした罪悪感を取り除く為に叱られたい、そしてそれらを繰り返さない為に自らの意思でお尻叩きを望むという真面目な大人の考えがあるからだと感じます。
更に突き詰めると、親や先生がする躾という概念から考えるとカーは本当はお尻を叩きたくないはずなんですね、その子に良くなってほしくて、それで仕方なく教育としてお尻叩きをするのが根本だからです。
でもスパの世界のカーというのは一般的にお尻を叩くことが好きな人なのでこの時点でまた違和感が生まれてきます。
まぁ私の場合はお尻叩きが好きだからカーさん的なことをしているわけではなくて、精神的な部分を感じたいから、そして本当に悪いことに対して痛い思いをしてほしいからという理由からなんですけどね。
お説教やアフターフォローができない状況であればお尻叩きはしませんし、したくないんです。

それと実はスパの世界は、キーが全て支配をしているということなんですね。
あくまで私の考えですよ。
カーは奉仕者でしかありません、キーの要望に応えて叱ってあげ、方向性を見出してあげて、戒めの体罰を科すわけですから、お尻叩きのときだけは支配関係があっても実際は違うんですね。
その奉仕者という一面が私は過去に違和感があり、嫌であった部分でもあるんですけどね。

こう考えると叩くのが好きなのがカーではなくて人を躾けるのが好きなのが本物のカーなんだと思います。
躾けの一環として体罰であるお尻叩きをするということです。
そう考えていかないとスパのキーとカーが成立しません。
本当の意味で親と子のお仕置きを表現するとこのような解釈になり、私もそこをしっかりと形を作り説明したい部分でもあるんです。
しかし実際はお尻を叩くことによって性欲を満たしたいと思う人がカーということが多いので、キーとカーの関係性は難しいんですよね。

またカーによっては性的なことをしたくてスパの世界に入ってくる人がいます。
性的なことをしてくるカーが多いとキーさんからよく聞きますが、それは目的が違うからなんですよね。
カーが性欲を抑え続けられず性的悪戯のような行動をしてしまったり、カーが性欲を解消できなくて辛くなって自ら離れてしまったりするのだと思います。
結局女性が傷つく結果になり誰も信用できなくなり、救いを求めていたはずなのにどんどん悪い方向に落ちていってしまうんですね。

だからキーとカーがパートナーとなることが違和感でありうまくいかないことが多いんだと思います。
それだけ複雑な関係性なんですね。
お仕置きを求める事って子供心には殆どない事だしお尻を叩きたいと思うことも本来のお仕置きとは違ってきますよね、結局はその矛盾点を修復して違和感が出ないように意識を切り替える事が必要になってきます。
キーの心理、カーの心理を読み解くと親子間のお仕置きが無理があると思いがちですが、ただ、カー側の意識の持って行き方次第ではそれは成立します。

それは私が性的欲求がなくお仕置きに取り組んでいるのでよくわかります。
私が求めているものは精神的な部分であり、相手の心を知りたい、そして安定させてあげたいという思いからです。
だから私を必要としてくれる人には魅力や愛着が湧き、なんとか助けてあげたいと親身になってしまうんです。


続いてSとMの関係性についてです。
S=加虐嗜好、支配欲 M=被虐嗜好、服従欲という意味です。
性的嗜好を持たない精神的な部分でのSとMも存在しますが、今回は性的なSとM、俗にいうSMについてお話します。

SとMの性癖は上記のとおりですが、この二人がパートナーとなることにより必然的に支配関係が成立します。
なのでS=支配するもの、M=支配されるものとなります。
支配したい人と支配されたい人というのが正しいでしょうか。

サドは加虐したいわけですからそれをどう表現するかなんですね、私の考えですが、人間として一番屈辱的なことをすることが最大の加虐となるわけですからそう考えるとやはり性的虐待となるのではないかと思います。
精神的に最も嫌なことを相手に強要し、受け入れさせる。
どんな理不尽な命令でも受け入れさせ、行動させ、それによって支配感を味わう、その一つが躾であり、落ち度があればお仕置きという形になるんです。
この逆がマゾであって支配されて追い詰められたいので恥ずかしくて嫌なことでも感じてしまうんですね。
痛みで感じてしまうのはこのようなことを無意識に脳で反応してしまう部分が少なからずあるからともいえると思います。

しかし加虐だからといって暴力というわけではなく、怪我のないように手加減をし、その代わり精神的な部分で更に加虐感を煽っているんですね。
怪我をするようなことを望んでいる人いません、鞭や緊縛等は精神的に加虐し追い込むための一つの道具でしかないんです。
俗に言うハードなSMというのはそういうことを繰り返しやってきた人たちだけのものなんです。
何でハードになるかというと人の欲求には限りがないからなんですね。
欲求が達成できても次にそれと同じレベルでは満足できない、だからもう少し踏み込むみたいな事は日常でもありますよね、それと同じことなんですね。
だからパートナーになったばかりでいきなりハードということは、相手がそれを望まない限りしないのが普通です。
徐々に痛み具合を大きくしていく、自分好みのMにしていくことが調教と呼ばれている行為です。

よくSMは痛いから嫌だという人がいますが、痛みがなくても加虐、被虐は出来ます。
そういう人にはお尻ペンだけでもいいんですね、そのお尻叩きによって、肉体的に反応し、それによって更に精神的に感じることができるんです、だから痛くないSMもあり、叩く行為は精神的高揚を煽る一つの方法として認識されるとSMの理解も少しはできるのはないかと感じます。
そしてそのサジ加減を見れるのがSなんです、きちんとした知識を持ったSならば加減が分かるんですね。
サドとマゾの関係性はお互いの求めている根本が合致してるのでパートナーとして成立しやすいと思います。

ちなみに、ソフトSМと呼ばれているのはより軽い加虐と被虐です、それが羞恥責めであったりラブスパであったりで、無意識ですが、厳密には加虐と被虐の関係として知らないうちに成り立っているものなんです。
だから私から見ればハードもソフトも根本は一緒なんです。

ブログを書いてみて最近思うことは、自分を見つめることが出来るってことです。
こういうことを分析していくと自分のことも気が付くんですね。

どういうことかというと、私は日常では奉仕者なんだと、そしてそれを喜びとしているところ。
精神的に悩んでいたり、落ち込んでいたり、様子がおかしかった知り合いがいると必ず声をかけ話をしています、
そこで相手の気持ちを理解し、客観的に話をし、アドバイス的な物の考え方、いろいろな方向性を話してヒントを与えたりしています。
決して偽善なんかではなく、本心からです。
まあ、その本心が問題なのですが、何度も書いていますが、私は人の心の闇にとても魅力を感じてしまうのです。
不謹慎ですね。
そしてその闇って信用した人にしかカミングアウトしないわけでそれを告白してくれた嬉しさもあります。
何事もなく生活していて数ヶ月してから「あの時はありがとう」といわれた時には私の言動により救われたのかという満足感があり、自分を必要としてくれたことにより私の心の中の隙間に物足りない何かが埋まったような気がします。

だから悩み的なことや間違ったことを正すようなものであれば性欲無しに出来るし、奉仕もしたいと思うようになりました。
実際は奉仕は嫌なのですが、深く考えてみると奉仕そのものだったんです(汗)
奉仕の見返りはやはりその人それぞれの心の闇を覗くことや、信頼してくれることです。
悩みも心の闇ですからね。

過去はSという自意識が強く、奉仕なんてプライドが許さず毛嫌いしていたのですが、それは非日常の自分であって奉仕的な自分を否定したかったんでしょう。
こう考えるとなにか新しい道が切り開かれたみたいな感覚になってしまいます。

また話が脱線してしまいましたが、こんな感じでカーとキーの本来の関係性とSとMの関係性とは全く違います。
難しいのですがこう考えたらどうでしょうか、
普段の日常では親として子供にお仕置きしていますが、それがスパです。
しかしその両親は子供が寝ると性欲を満たすため、セックスに励み快楽を求め合います。
しかしそこの部分は子供には見せない部分で、子供なら親のそういう絡みは想像したくありません。
だからそういう意味でもカーとキーは日常(躾)、SとMは非日常的(性欲)なことでもあると。

前記事と同じような事を書いてしまっていますが、結局はお互いの関係性は意識の持って行き方なんです。
それを双方確認し合っていれば問題のないことです。
ただその意識のもって行き方によってスパ的関係にもなりSM的関係性にもなるってことです。
この根本を理解したうえで自分のこと、自分の求めているものを探す判断基準にしてみてください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示