体調管理

最近体調管理ができていないキーさんがチラホラいますね^^;
まぁ季節の変わり目でもあり、なにより寒いので風邪ひきは多いのですけど、だからといって、風邪をひくのは周りに迷惑をかけてしまいます。

仕事を休めば仕事への影響もあります、友達との約束を破ることにもつながります。
無理して仕事や約束を遂行すれば、風邪をうつしてしまったり、余計気を使わせてしまったりでやはり良いとは言えませんよね。
私のところへお仕置きをくる子も、前もって日にちと時間を決めてあり、風邪ひきとなるとそれはドタキャンになってしまいます。

私もお仕置きの予定に合わせて仕事やプライベートの都合をつけているので、段取りが狂うと他で断った人に対して申し訳なく、できればそのようなことは避けてもらいたいのですが、風邪であればしょうがないですよね^^;

しょうがないことなんですが、その前に”体調管理”ということは大切なことです。
社会人なのですから、寒い時期や季節の変わり目に風邪をひくというのは経験値としてわかっているはずなのに、安易に薄着のままでいたり、疲れているのに飲みに行ったり、寒いのにいつまでも外をブラブラしていたりと何かしら原因はある者です。
とくに疲れやストレスが溜まっているときは免疫力も下がっておりその時こそ体調に気を使わなければならないもので、そこの意識は社会人である以上、しっかりと意識していなければなりません。

最近そんなキーさんたちが何人かいて、ドタキャンの子、ドタキャン寸前で何とか回復した子などいて、そんな中でつい数日前に私のところにきたキーさんがいました。

来てからというもの咳をし、鼻をかみ、明らかに体調が変だったため、私が「風邪?」と聞くと、本人は「花粉症」といってきます。
花粉症で咳をするのは私は見たことも聞いたこともなかったのですが、まぁそのままスルーして話をはじめたのですが、その症状は改善せず、私は何度も「それ花粉症じゃないんじゃないの?」と聞くも、本人は花粉症と言い切ります。

おでこに触れようとすると避けるし、まぁ私は風邪だなとは思ったのですが、ちょっとした拍子に体の一部に触れることがあって、そしたら結構熱を持っていたので、強制的に熱を計りました。
すると「38度」
今回はお仕置きは持ち越しということにして、布団に寝かして話をしていたのですが、帰る間際にもう一度計ってみると今度は39,2度^^;

時間まで寝かせてあげてから帰ってもらったのですが、その後のメールで「夜に計ったら40度超えてましたと」^^;
それはインフルエンザかもしれないから明日病院に行くようにメールをし、その後の連絡をするようにも言っておきました。

次の日の昼頃、その子からメールが来て、「インフルエンザでした」とのこと・・・。
去年に引き続きインフルエンザの子が私のところにきたことになるのですが、私は大丈夫だったようです。
近距離で話をしていたのですが、すでに5日経過したのでもう大丈夫でしょう^^不死身伝説継続中です(笑)

しかしこの子は次回来たらお仕置きですね^^;
今回見送ったお仕置きと合わせて厳しめにしようと考えています。
インフルエンザはある程度仕方ないとしても、花粉症と噓をついたことは悪いことですからね。
みなさんも体調管理には気を付けてくださいね^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/
関連記事

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示