勝手にスパ講座 第一回 「スパとSMのお仕置きの違い」

「スパとSMのややこしい関係 勝手にスパ&SM的講座」と題して二つの関係性の違いを考えてみたいと思います。
キーとかカーとか、スパ用語等が分からない方はこちらを参照ください。

スパとSMは違いますが、捉え方は人それぞれなので曖昧になっていますよね。
そしてごっちゃになっているからこそに弊害があり誤解も生じてきます。
まず、ここでいう”スパ”は性的要素が一切ないものをいいます、つまり親が子供にするお仕置きって性的なものは一切ありませんよね、それがここでいう”スパ”です。
ラブスパなど、性的要素が少しでも含まれるものはSMと定義づけていますのでご了承ください。

講座内容ですが、

1、スパのお仕置きとSMのお仕置きの違い
2、スパのお尻叩きとSMのお尻叩き(スパンキング)の違い
3、カーとキーの関係性とサドとマゾの関係性
4、カーとS(サド)の違い
5、キーとМ(マゾ)の違い

この5点について精神的な違いを分析してみたいと思います。


第一回目は「スパとSMのお仕置きの違い」です。

これらはですね、全てごっちゃになってしまっているからややこしくなってくるんですよね。
ごちゃごちゃしているのは区分け自体の捉え方や感じ方が違うため、結局はその人がどう感じるかになってしまっています。
しかし、それによってパートナーとの違和感が生じて望んでいないことをされてしまうこともあります。
そういうこともあり、ちょっと考えてみようと思いました、そして自分の立ち居地をよく把握できていない方々のアドバイスにでもなればと思います。

純粋なスパのお仕置きは簡単にいうと親や先生的な人が子供を躾けるために行う体罰のようなもので、そこには性的なことは一切ありません。
間違っていることを直し、正しい道へと導くのですが、それは道徳的に間違っていることであって親や先生の価値観を押し付けることとは違います。
虐待ではなく、愛情を持って叱り付けて反省させ、直させる行為なんですね。
まぁ反省したかしないか、直るか直らないはまた別として、悪い事をしたらその罰としてお仕置きがあり、スパのお仕置きはお尻叩きということになります。

この行為を俗にいうディシプリンといいますが、このディシプリンという言葉もややこしくて、SMもある意味ディシプリンと表現することもあり、同じ言葉なためごっちゃになってしまうんです。
ディシプリンとは躾け、教育、体罰というような意味でヨーロッパの方では最近まで躾としてのお仕置きは日常のことでした。
親や家庭教師、先生等が行うわけですから当然のことに性的な意味は全くないんですよね。

普通に考えてみても、お仕置きのときに子供のお尻を丸出しにして興奮していたずらしてしまう父親、母親なんていないでしょう。
そういう考え方をしてくれると分かりやすいと思います。
それが一般的で正当なディシプリンで正当なスパのお仕置きだと私は思っています。

キーさんは基本的に何か悪さをしてしまったことに罪悪感を覚え、それを吐き出したくてお仕置きを望みます、お仕置きを望んでいるから吐き出したいということもありますが^^;
または自信のない事、駄目な自分を叱って欲しい、構って欲しい、ずっとそばで見ていて欲しいとも願っている人もいます。

だからキーさんは必ずしも痛い行為を望んでいるわけではなく、その痛みがあるから自分のいけないことに向き合い、そして二度と過ちを犯さないと約束でき、精神的な心の安定のためにお仕置きを求めているんです。
例え同じことを繰り返してしまっても本質的な部分は痛みを求めているのではない人は多いです。

私の実践しているスパのお仕置きとは、悪いことに対してお説教を通じて、それはいけない事だという理由を理解させ、罰としてお尻を叩き、反省できたら許し、全てを受け入れ甘えさせることです。
そこには前向きに生きることへ活力を与えたり心の癒し、心の安定などがあるものです。

スパのお仕置きは人間としての成長の為の躾でありたいと私は思っています。
マイナス要素で追い詰めたり、被虐や自虐を求めるようであれば、それは精神的にはSM行為ということになってしまうでしょう。
それはそれで全然いいんですけど、一応区分けをするならのお話しです。


対してSMのお仕置きは支配者対服従者の関係で、躾としてのお仕置きもあれば理由のない体罰もありです。
痛みや被虐感を求めているので家庭的なお仕置きとは雰囲気が違ってきますし、性的な事を含むケースがほとんどです。

まず最初に意識の違いというものがあります。
SMのお仕置きはいじめる事でもあって、Mは被虐願望や自虐感をもっているのでそれを求めます。
また、SMののお仕置きはスパと同じように道徳的に間違っていることもお仕置き対象ですが、一番の違うところはSの言う事が聞けない場合、それが全てお仕置き理由になってしまうこともあります。
そういうケースはSが理不尽なことをいっても受け入れなければならないので、Mは奴隷的な立場という関係性になります。

性的奴隷というのが人間として一番の屈辱でもあるので、Sは性的要素を含むお仕置きを中心に考えます。
人として最悪の性的奴隷に落としめ、自分の価値観を押し付けることによって支配関係を維持することに満足感を得て、M側も支配者に服従し、性的奴隷というみじめなことをされることで被虐感が満たされるという人もいます。
Mだからみんながこういうことを望んでいるわけではないのですが、SMのお仕置きとしてはこのような感じになっていくでしょう。

それとSMのお仕置きはお尻叩きに限定されず、さまざまな箇所を叩くのはもちろん、叩く以外にも拷問のように責める場合もあります。
そして叩く以外に恥ずかしめたり、性的なこともお仕置きとなります。
性器をあからさまに露出させたり性器や乳房に触れたりすることは性的なお仕置きでSMだと思っているので、ラブスパのような前戯的なものは私はスパではなくSM行為の部類だと思っています。
スパの中にディシプリンスパとラブスパという相反するものが混在しているから根っからのキーさんは迷惑していることもあるでしょう。

こういうことからスパとSMのお仕置きは全く違うんです。
仮にスパのように愛情のあるお仕置きをしていたとしても、道具の種類、言葉遣い、叩き方、叩く箇所、雰囲気などによっては性的な事がなくてもSM的な雰囲気になってしまいます。

お仕置きのとき縄で縛られたらどうですか?服を着ていたとしてもSMっぽいですよね。
言葉遣いが命令口調で乱暴だったらどうですか?
服を着ていなかったりバスローブや下着姿だったらどうですか?
そういう雰囲気一つでSM的となってしまうので、本当に意識の差というのは大きいところでもあるんです。


スパの場合、これも例えの話ですが、子供を例にとります。
子供によってですが、叱られてお仕置きを受けるときに泣きながら駄々をこねて素直に謝らないことがありますよね、お仕置きだからこそいやだいやだして逆切れして。
結局自分がした悪いことの代償を払わなければならず、痛みという罰がくだされます。
反省したかしないかは人によりますし、心では反抗しているけど反省した振りをしているなんてことも普通にあるでしょうけどね^^;
お仕置きが終わったらケロッとしてまた親や先生に生意気な口を聞いたりふざけたりしちゃいますよね(笑)

だからこれも実は支配関係なのですが、支配というよりも管理という言葉の方が近いかもしれません。
自由があるので完全なる支配ではないからです。(虐待の場合は完全支配ですがここは省きます)
親や先生は子供を管理して、悪いことは愛情を持ってきっちりと叱る、良かったことは褒めてあげる、頭を撫でてあげる、それが躾けであり正当なお仕置きだと私は思っています。

それに対してSMのお仕置きはSが絶対的な支配者であるから駄々をこねたら更に酷い責めにあうことになります。
お仕置きが終わった後に解放させる一つの手段として抱きしめて頭を撫でたりする行為もありますが支配関係がある限りMはSを小馬鹿にしたり生意気なことをいったりはしません。
それはSの前では絶対服従だからです。
お仕置きという共通の言葉で表現されていても、このように明らかな違いがあるわけだから違和感も生じてくるんですよね。

ということでいきなり結論ですが、
性的なことを含まないお仕置きがスパ(お尻を出すのは性的なことではありません)
性的なことに加えて、暴力的、拷問的、虐待的なものが含まれるのがはSM
こう結論付けようと思います。

俺達が違う!という人もいるかもしれませんが、勝手に線を引かせてもらいました^^;
実際性的要素のないスパのお仕置きとしてSM的なお仕置きをされている方もいます、それは精神的なものを求めてのお仕置きであって、そこには性的要素は一切ないんです。

このような線引きは必要なことだと私は思います。
みなさん”お仕置き”ときいたらどんな想像をしますか?
なぜだかほとんどがSMとか性的なことを想像するでしょう。
でも小さい子供に”お仕置きするよ”っていうのを聞いたらどうですか?
性的要素なんて想像だにしないと思うんです。

私はいくら大人相手でも人間にとっての心の維持に必要な、このお仕置きという言葉を浸透させていきたいんですよね。
どうしても大人になってお仕置きというと後ろめたい感じになってそれがアブノーマルになり性癖と考えてしまう。
そうではなくて純粋にお仕置きとは人間を成長させる手段であって自分のためにお説教や罰を受けて甘える行為なんです。

コミュニケーションツールとしてもいいでしょうし、一般的なカウンセリングと同じような意味合いでもいいでしょう。
痛みを求めていたり、お仕置きを求めていても、そこには必ず心を埋める何かを求めているはずです。
何かわからなくてもお仕置きによってそれが埋まり満たされればそれでもいいと思っています。
そこをよく理解して自分自身を受け入れてほしいと思います^^
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示