掲示板の危険性3(実体験と対策)

掲示板の危険性を3回に分けて書いていますが、今回は実際の被害内容と対策についてお話ししたいと思います。

これまでのブログでは、「掲示板でのお仕置きの出会いでは、9割が性的なことをしてくるという統計がある」とお話してきました。
掲示板では性的なことをしないと約束をして会うのですが、実際には性的なことをしてきます、それが9割です。
それではどのような被害があるのでしょうか、キーさん達のガチなお話です。


○被害者が処女のケース(複数人回答)

キスをしてこようとするので必死に避けた(キス未経験の子)
口にキスされた
胸をもまれた
お尻をいやらしく触られた
お尻を舐められた
あそこを触られた
あそこをなめられた
あそこを毎回つねられる
セ○クスされそうになったけど拒んでそれだけはやめてもらったけど裸にされて全身触られた
あそこに指を入れられた(処女だけど処女と言えなかった)
四つん這いにさせられてお尻をあげるように猫のような恰好を強要されてあそこを見られ触られた
セックスを拒むと「太ももだけ貸して」といわれ自分の性器を太ももで挟みこすって射精された
四つん這いにさせられて後ろに回って自分でしごいて射精し体に精子をかけられた
お触りを拒否すると目の前で自分の性器をしごき、見るように強要されて射精まで見せられた
お尻に性器をこすりつけられて射精された
挿入しないからとあそこに男の人の性器をこすりつけられて射精された

これらの被害者たちは、性的なことをされた場合、怖くて嫌と言えないケースが多いです。
そりゃそうですよね、男性経験もない子なんですから。
嫌と言ったらハードルの低い性的なことを要求されて従ってしまうケース、この場だけしのごうと最低限の性的なことに従うケース、自分が我慢すればいいやというケース、お仕置きを受けるためにはリスクも仕方ないと考えるケースと様々ありますが、実際は嫌と言えばやめてくることが殆どなので、言える勇気を持つことが大切です。
それができない性格であれば会うべきではありません。
処女のケースは自分が処女だということはみなさん相手に言えないようです。


○男性経験がある人のケース(上記と同じような被害は省きます)

おむつを着用させられておしっこすることを強要された
浣腸されて目の前で(トイレ)排出させられた
あそこや裸の写真を撮られた(後日脅された例も)
SM行為をされた
セ○クスをしないかわりにてフェラを強要された
セ○クスされた(断ると怖いから断れなかった)
強姦された(抵抗して暴れたけど最後までされた)

一番多いのはセ○クスまでされてしまうケースですが、はっきりと断れないというのが原因です。
断ればやめてくるというデータもあるのでしっかりと断らなければなりません。

断れない理由としては、
○自分もラブホに入っているから後ろめたい
○情があって断りずらい
○怖くて断れない
○何をされるかわからないから我慢してもう会わなきゃいいと思ってしまう
○掲示板でのやり取りの際、「性的なことしないですよね?」と確認すること自体が失礼じゃないかと思ってしまう。「当たり前でしょ、なんでそんなこと言うの?」的な答えが返ってくるような気がして言えない。
という感じです。
ただ、「性的なことがあるのかないのか」という基本的なことさえも濁してしまえば相手は「性的なことをしないとは言っていない、話が違う」と逆切れし、性行為を強要するネタになるのは明白ですよね。

これだけは言えます。
基本的にしっかりと断ればやめてもらえるので言える勇気は持っていなければなりません。
断れない性格の人は会うべきではありません。

また、レアケースとしては強姦です。
強姦というのは私はまだこの1例しか聞いていないのですが、現在本人と話し、被害届を出すかどうか検討中です。
ただ、この場合は数回会っており、その間に軽いお触りは許してしまっており、それが引き金となった感は否めません。

その他に過去にパートナーになった人にお金を貸して返ってこなかったり、写真を撮られて脅されたりということが何例もあります。
仲良くなっても絶対にお金を貸さないこと、写真は絶対に取らせないこと、これらは徹底してください。

カー側がキーさんを好きになってしまうと「別れたくない」という気持ちになって「写真をネットにばらまく」と脅すケースが多いです。
どんなにいい人だと思っても人を好きになった思いや嫉妬心は探ることはできません、ストーカーも存在しますからね。
これまで、過去に1人ですが、私が脅している本人と話をして、警察に連れて行き、逮捕に至っています。

現在はリベンジポルノに対してはとても厳しくなっているので、それをにおわせればもっとすんなりと解決するでしょう。
相手もそんなことで一生を棒に振るようなことはしないでしょうから、まずは脅しに乗ることはやめましょう。
脅しに一回でも乗ってしまうと本当に抜け出せなくなりますからね。
そしてそれでも脅してくるような人にはきっちりと対処しましょう、戦う気があるのならそのお手伝いはさせてもらいますから^^

これら全てにおいてキーさんの決断です、決断とは警察に訴えるという事です。
そこまでの覚悟があるのなら何も怖がることはありません、自分の画像がネットにあるかもしれないという恐怖感を抱き続けるよりしっかりと消去した方がいいですからね。
決断さえあれば簡単に解決しますから、そういう卑劣な男を野放しにしてはいけません。

と、ここまでは実体験のお話でした。
掲示板では9割が性的なことをしてくるとこれまで書いてきました。
しかしその9割を0割にしているキーさんが存在しています、私も初めてのレアケースです。
そのキーさんの話を聞いてなるほど納得でした。

その対策とは、私のサイトにも書いてあることなのですが、このキーさんはそれを見ずに自然と実践していました。
しかも私が書いていたアドバイスよりもさらに踏み込んでいました。
でも相手の心理を読みしっかりと考えることができれば当たり前のことなんですけど、お仕置きの欲望が放出していては冷静な判断ができなくなっているのかもしれません^^;

掲示板でのパートナー選びで性的な被害に会わない確率を上げるためには下記の方法を実践してください。
○自分から書き込むのはやめて相手の書き込みに対してのみしか反応しない
これは自分から書き込んだときの手ごたえから、真摯に自己紹介をしている人とやり取りを開始した方が最善と感じたためだそうです。

○会うまでの実際のメールのやり取りは最低40通以上(往復80通)
100通前後やりとりをしないと相手のことはわからないので、本当に大丈夫かどうか確かめるためには最低必要とのことです。
短文な人、文章に違和感のある人、やりとりが一方通行だったり、コミュニケーション能力に欠けているかなと感じた場合はどんどん省いていって絞り込んでいきます。

○スパに対する方向性や思いを先に聞いておく。
キー側から方向性やしてほしいことを伝えると、性的なことをしてくる人は必ずキーさんの意向に合わせて返事をしてくるので「どのようなお仕置きが好きですか?」と探りを入れておくことが大切です。
性的なことをする人はあえて性的なことについては触れてこなかったりするので、そういうサインを見逃さない。(それを言わないことでキーさんを探り、しないとは言っていないと逃げ道を用意しておく。自分からは言わないで済むならという心理)

○メールアドレスは必ずフリーのメールアドレスを作成してそれで連絡を取る。
メールアドレスさえあれば会うのには支障ないので、電話番号等の情報を聞かれても教えない、しつこく聞く人ほど怪しい。

これらのことを実践してしっかりと相手に疑いを持って接していればどんどん絞られていきます。
年齢の関係もあるので(若い子ほど被害に会いやすい)それで0パーセントに防げるわけではありません。
しかしこのようなことを実践すれば実際会った時にはリスクは大幅に減っています、それに加えてそのような行為をされそうになった時、された時にしっかりと拒否することがポイントです。

流されないようにその行為の瞬間に勇気をもって言えば性的なことはかなり防げるはずです。
怖いとか気まずいとかは考える必要はありません、そこまでの悪意を持った人はわざわざスパのパートナー募集掲示板にはきませんから、安心して自分の意思を伝えることをしてください。
ここまでできない、断る自信がない人は掲示板を利用する資格はありませんよ。

これはあくまで対策です、性格によってははっきりと断れない人もいます、断れなければ話になりません。
自分の性格を考えてこのような掲示板を利用してください。
また、自分だけを見つめてくれるパートナーといっても長く付き合えば関係性を維持することは難しいものです。
それはカー側の問題で、カー側の信念がしっかりしていない限りいつかはブレてしまいます。
会えば必ずお仕置きという形であれば違和感はいずれ出ますし、慣れてくるとお仕置きが面倒になったり、可愛そうで叩けなくなったり、やっていることが子供過ぎてお仕置きを受ける気持ちにならなかったり、仲良くなりすぎて反省すべきことを言えなくなってしまったりと、結構パートナーとして長くつき合うのは難易度が高いものです。

それならば割り切って私のようなサイトを利用するなどすれば危険な目にあう事だけは避けられます。
どうしても罪悪感が消えない、どうしてもお仕置きされたいと思った時だけに利用するという形でもいいんです。
お仕置きしてほしい時にお仕置きをしてもらえるという利点があるので考え方を少し変えれば受け入れられると思います。
掲示板でのリスクは絶対に追いたくないという人は掲示板は利用せず、サイトのような場所を利用するのが無難だと思います。

しかしどうしてもパートナーさんがほしい人は探すしかありませんよね。
パートナー探しですが、どうせするならいいパートナーさんを見つけましょう、コツは焦らずじっくりです。
たくさんの人とやり取りをして半年以上かけて見つける覚悟で取り組むといいでしょう。
自分を守るために、傷つかないためにこれらのことを参照してみてください、一度こういうのに慣れてしまってはよくありませんからね^^
何かありましたら相談にも乗りますからその時は連絡してみてください^^

どうかこのようなことを参考にして被害に会わないようにしていってください。
一人が曖昧に性的なことを受け入れてしまってはどんどん被害は広まるだけです。
一人一人がみんなのために勇気を振り絞って「やめてください」といえれば結果自分も周りも守ることなるんです。
そういうつもりで、今後、同じ思いをするキーさんを増やさないように、自分だけではなく、キーさん全体を守っていくことにつながります。
この諸注意で少しでも助けになれたらと強く思います^^


当サイトへは下記よりお入りください。

PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋



関連記事

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示