お仕置き観 1

先日2年半ぶりにお仕置きをしたのですが、実際問題、これだけ長いブランクを埋められるかという思いはありました。
しかしやってみると以前と何も変わらずに話ができたので少し意外でした。

この2年半の間、私もいろいろな経験をしたこともあり、焦燥に駆られている人たちの気持ちが少しわかった気がしました。
なので今までの私と比べ、より深い心の部分で相手と通じ合えているような気もします。
2年半のブランクでお仕置き観が鈍ったということはなく、むしろ細かいところの感覚が研ぎ澄まされたような気がします。

当初私はお仕置きをしたいからお説教をするという逆転的な発想でお仕置きをしていました。
それはどんどん薄れつつもずっと心に秘めていたのだと感じます。
しかし、今回のお仕置き、そして活動再開してからの様々な方とのメールのやり取りを通じてそれが変化していることに気が付きました。

それはお尻叩きという行為は私にとって、あってもなくてもどちらでもよくなっているということなんです。
あってもなくてもどちらでもいいというのは言い過ぎですけどね、それは私ではなく相手側が求めていないのならそれでも構わない、間口を広げるという意味合いです。
それではお仕置きがなくて何をしたいのかというと、それは”罪悪感に苛まれている人や悩み苦しんでいる人、を前向きにさせたい”ということです。

まずは対話です、対話によりある程度相手を把握出来たら次にお説教で、なんで悪いことなのか、どうしてやめなければならないのかということを心に語り掛け、意識を変えてもらうことをしなければなりません。
私の場合は、一方的に理由を述べて禁止するのではなく、根本から直すために相手を説得するようにお説教をします。
私の考えを聞かせ、それに対して相手の想いを聞き、根本の考え方を正していくという感じです。

対話とお説教があればそれだけで前向きな考えになり、”明日からちょっと頑張ってみようかな”という気持ちになります。
それが続くかどうかは別にして、大事なことはそういう意識になれたかどうかということなんです。
人によっては溜まった思いを一方的に話し、いろいろなことを吐き出して、それで自分自身の根本に気づき、私の言葉などなく前向きになる子もいます。

どんなタイプでも、私がうれしいのは最初に会った時の顔と別れるときの顔が全然違うことなんです。
緊張しているとかそういう問題ではなく、体から出るオーラのようなものが顔から出てくるんですね。
そういう子を見ると私もエネルギーをもらえるんです。

そして最後にお尻叩きです。
このお尻叩きは相手の希望によってはなくてもいいのですが、やっぱり仕上げとしてやった方がいいので罪悪をしっかりと償うためにはということで説得はしてみます。
感覚的に言えば”げんこつ” ”ビンタ” ”一喝” というような類と同じなのでお尻叩きに対しての抵抗を解いていきます。

中には「話をして根本を直したからそれでいいんだ」という人もいるかもしれません。
しかしほとんどの人が心の中では「何も罰はなくて許されていいのだろうか」と考えるようです。

悪さや罪悪感というものは反省したからなくなるというものでもありません、それは真面目で不器用な人ほど強く思うものです。
さて、それでは何をもって清算をするか。

自分では裁きはできませんよね、だからといって他人から何かしてもらうにもそんな施設はありません。
だからこそ、その場でお尻叩きをして心に残った罪悪感や罪を清算してあげるんです。
それが最後の仕上げで完結するのではないかと感じます。

しかし、本心で、お尻叩きが必要ないという人であればお仕置きの必要はありません。
そういうこともあって、私のサイトではお尻叩きのお仕置きのないカウンセリング部屋という項目を新設したんです。
この開設にあたっては、お尻叩きのお仕置きはあってもなくてもいいという、私の気持ちの表れでもあります。

実際はそのような人にも間口を広げただけで、お仕置きに依存している人やお仕置き欲の強い人でも、キーさんでも、Mさんでも、心の闇をどうにかしたい、ぶつけたいという気持ちがあれば私は嬉しいんです。

また、私の接し方のコンセプトは”家族”です。
そこらにあるカウンセリングルームやクリニックのようなドライな雰囲気ではなく、言いたいことやわがままを自由に言えるような雰囲気を作るように心がけています。
だから私は相手の名前を呼び捨てにし、相手には敬語は極力使わないようにとあらかじめ伝えておきます。
余計ギクシャクすることもあるので強制ではありませんが、少しずつでも家族とか友達感覚で話ができたらと思っています。
そして家族や友達とは唯一違うところが一つだけあります、それは”全て包み隠さず話ができる事”です。
もちろんそれには信頼関係が必要なのですが、嘘を前提にここにきても心からすっきりすることはないでしょう。

それを踏まえて私は相手に必ず言うようにしていることがあります。
それは言いたくないことがあれば、「言いたくない」「今は言えない」「後で言うから」と必ず言ってくださいということです。
なんだったら「別に」でも「忘れた」でも構わないんです。

人は一つの嘘をつくとそれに付随して7つの嘘をつかなければならないといわれています。
その7つの嘘に更に嘘は重なり、そうなってくると何のために私のところに来ているのかがわからなくなってしまいます。
最初についた嘘は、例え些細な嘘でも、くだらない嘘でも後で撤回しづらいものです。
だからこそ、”ちょっと言いたくないから嘘ついちゃおう”と思ったときは必ず逃げ道を作っておいてほしいんです。
そうしておくことで後になって言いたいときに言うことができるんです。
後になればなるほど嘘を告白できない辛さは強くなりますからね。

もし頑なに話すことを拒否するならば、私はそこを強く追及したりしません、そのことを今後一生私に言わなくてもそれはそれでいいんです。
なんでかというとそこに嘘は存在していないからです。
私が恐れていることは、私との間に嘘が混在し、それによってその人にとっての唯一の居場所をその人自身で汚してしまうことなんですね。
汚すというと大げさかもしれませんが、やはり私との間に嘘があると罪悪感が付いて回ったり、心の真実を告げることができず、せっかくの居場所なのに心が晴れなくなってしまうことにつながるんです。

だから嘘をつくんではなく言わなきゃいいだけなんですね。
もし今後私のところに来ようと思っている人がいるのならば、このことだけは頭に置いといてくださいね。
関連記事

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示