パートナー的なキーさん

私はお仕置き依頼があれば条件を満たす範囲でお仕置きをしているのですが、依頼だとお仕置き理由にそってお説教をして相手の要望を聞いてお仕置きの厳しさを決めていくんです。
メールのやり取りで相手をある程度分かってはいるのですが初対面となるので相手の様子を見ながら手探りでのお仕置きとなるのです。

私のところに来る子たちはパートナー的な人とそうでない人がいます。
で、パートナー的にお付き合いのある子とそうでない子とは必然的にお仕置きの厳しさが違うんですね^^;
厳しさというのはお尻叩き自体の厳しさやお説教の厳しさというのとはちょっと違います。
簡単に言うと親が子供にするようなことで、パートナー的な人には教育としてちょっと突き放すようなこともします。
また仕事のような厳しさというか社会人としての心構え的なことも細かくお話をするのでしてはいけないことの範囲が広がってくるんです。
そしてお仕置きの厳しさが違うというのはお説教やお尻叩きという直接的な部分ではなく、精神的な部分へのお仕置きもしていきます。
先ほど説明したとおりちょっと突き放してみるとかして自分のした行動がどれほどのことか心から理解して直して欲しいからなんですね。

お仕置きの関係なのだからお尻叩き以外で罰を与えるのは…。と考える人もいると思いますが、そもそも私はパートナー的な人をoお仕置きの関係として扱っていません。
一人の人間として見ていますので、悪いことや失敗をを繰り返さないようにするにはどうしたらいいかということをまず考えて精神的にも罰を与えたりもするんです。

例えば悪い子の状態では頭を撫でてあげたり抱っこしたりはしません、お仕置きから逃げる限りそれは続きます。
また、遊びに行く約束をしていても、もし当日までに何か悪いことがあればキャンセルもします。
もちろんご飯も食べに連れて行かなかったりもします。
自分の都合で駄々をこねても、私が機嫌を取ることはせずそういう時は放置もします。
これはまだまだ緩いのですが、精神的に強いダメージを受けすぎないように調整はしているつもりですがそこもなかなか難しいところでもあるんですよね。
だから相手をしっかり分かり合えているパートナー的な人しかできないんです。

まぁご褒美的なことは反省し、しっかりとお仕置きが終わらないとしないってことなんですね。
悪い子のままでは普段通り接しない、そこが精神的に罰を与えるということなんです。
結局は反省できて罰であるお仕置きを受けたら普段通り接するので、そこから遊びに行ったりご飯を食べたりするんですけどね。

またそれに関連して、遅刻を繰り返したりしたときには待っていることをせずに先に行ってしまったりもします。
あえてそういうことをすることによって自覚が芽生え、しっかりと電車の時刻を調べたり乗り換えを調べたり地図を調べたりもするようになると思うからです。

そういうことを繰り返す子は絶えず人任せで危機感がないからしっかりと調べようとしないんですね、
必ず助けてくれる誰かがいたり、優しく許してくれたり、いつまでも待っていてくれたりと、そういう環境の人はずっとそういう誰かが必ずいて、同じことを繰り返しちゃうんです。
相手に対する迷惑も”さほど”考えずにいるからこそ「多分大丈夫だろう」って頭になってしまうんですね。
それは性格的という面もありますが、第三者から見て助けてあげたくなるという雰囲気を醸し出している人が多いのかもしれません。

それを直すためにはお仕置きはしますが、それでも繰り返してしまう時はそれこそ突き放すようにしたほうが、精神的にきつく、心に響くと私は思います。
私といることによってそのことに対しての危機感を覚え、それで他の人に対しても普通にできるようになって欲しいんですよね。

友達とか恋人ならそんなことしないと思いますが、私の場合はそういうところを直してもらいたいからあえてしています。
これには信頼関係がないと成立しないことですし、もしかしたら相手が嫌になって去っていくかもしれません。
そういう可能性があったとしても私は相手に不快な思いをさせないような女性にさせたいのでそういう考えを曲げることはしません。
そしていつか私がした意味を少しでもわかってくれたらそれで十分なんです。

私が相手を成長させたいと思い接しており、相手も成長したいから私の元にいるわけです。
だから自分が周りに迷惑をかけていることを心から認識させ、それをしないようにさせたいんです。
ま、傍から見たらただの酷い男に見えるかもしれませんが、それは二人だけの信頼感で分かっていればいいことであって理解してもらおうとは思いません。
第三者にそこまで説明することもしないので理解はできない人もいるでしょうね。

そもそも私の場合、相手に対しての目標はキーであることから卒業してもらうことなんですね。
私が思うキーとは、お尻を叩かれないと愛情を感じられなかったり満たされない気持ちになったりする人です。
お尻を叩かれたいと思い続ける人は一生お仕置き相手を探し続けなければなりませんし、そういう思いは確実に歪んでいます。
年齢を重ねれば重ねるほどお仕置きには違和感が出るでしょうし、またパートナー自体に巡り合う可能性もかなり低くなります。
そうなったときに一生苦しい思いをして生活していかなければならないんです。
苦しい思いをさせないためには、早く卒業してお尻叩き以外で愛情を感じられたり満たされるようになって欲しいんですね。

結婚相手がお仕置きをしてくれる人で、その人が一生お仕置きをしてくれるのならばそれでいいのかもしれませんが、それでも事故で亡くなったりしたときはそこからまた他の人を探すことになります。
しかも一生お仕置きをしてくれる人なんてそう滅多にいませんから、そんなことを求め続けていたら一生満たされないで終わることになります。

だから私はキーを卒業させるためにも、悪い子のままだったら構ってあげないし、必要以上に過保護にしないし、必要異常な心地よさという面は極力与えないようにしています。
そしてその上で、”相手を不快にさせる要素のある行為”に関しては厳しくしているんです。
お仕置きの関係として私はプレイ的でもないし遊びでもないし、甘やかすためにしているわけではないんです。
ただただシンプルです。
悪いことをしたらお仕置きをするってことだけで、その相手がお仕置きに憧れている人でもそうでなくても、私と親密なお付き合いをしているのならば私は悪いことをした相手に対してはお説教をしてお仕置きをするだけなんです。
実際に私の知り合いの女性の何人かは私がお仕置き活動をしていることを知っています。
その人たちはお仕置きに興味がないのですが、私はその子たちが悪い子であった時はお仕置きをしてしまいます。
お仕置きとは無関係の子でも私の活動を知っているからこそお仕置きをしやすいという面があり、そこを利用させてもらっています^^;

話を戻しますが、これがパートナー的にお付き合いをしている相手への厳しさなんですね。
パートナーでなければ精神的な罰を与えたりしません、それは信頼関係ができていないのでそれができないのもありますが、まずは悪い事、できないことへのお説教やお仕置きが必要ですからその先の部分は気にしません。
その根本の部分に関してはパートナー的でもそうでなくても全く変わらず全力でぶつかっています。
相手は抱えているものを吐き出すのですからそれを受けるためにはこちらも本気で真剣に全力でぶつからなければならないからです。
相手も必死なら私も必死です、いつもそういう気持ちでいるんです^^
少しでも気が緩むと相手を傷つけたりしまう結果となってしまうので最新の注意を払っているつもりです。
でもまぁ私も人間ですから完璧とはいかずたまに失敗することもありますけどね^^;

キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示