友達同士のキーさんのお話 「お仕置き編のおまけ」  完

「お仕置きのおまけ編1」の続きです。


昼食後、しばらくして真面目なキーさんに「こっちにきなさい」と言ったのですが、彼女はそこでお仕置きを察知しイヤイヤと首を振るだけでした。
何回も呼ぶのですが、真面目なキーさんは嫌がるだけでこようとしません、またいたずらっ子キーさんも止めに入り、なかなか言うことを聞かなかったので強制的に腕をつかみ正座させてお説教をしました。

お説教内容は前記事で説明したのと同じですがお説教後に、
「お仕置きを逃れようと友達をも裏切ってしまう子には友達の前でのお仕置きだよ、最も嫌なことだろ、それを受けてもらうからな」
と宣言をし、嫌がる真面目っ子キーさんを膝の上にのせお尻を叩き始めました。

まずは平手でお尻ペンをするのですが、徐々に力をいれていき、最後にはかなり厳しく叩きました。
それで終わるはずはなく、その後立たせて低いテーブルの上に手をつかせました。
前かがみになっている姿勢ではケインを取り出しお尻叩きをしました。
そのケインは”ラタンケイン”といってしなりのあるケインなんですね、まぁ王道の普通のケインです。
叩きながらいたずらっ子キーさんを見てみると部屋の隅っこでかたまり小さくなって泣きそうな顔をしています。

で、今回は厳しいお仕置きなので道具のオンパレードです、ケインでしばらく叩いたあと、道具を変えようとほかの道具を取ろうとし手にかけたところ、いたずらっ子キーさんがその道具を握り返し私に渡そうとしないんですね。

その道具とは”ラタンケイン”よりも痛みが強い”バンブーケイン”というものなんです。
バンブーとは竹という意味で、竹の一種で作られたケインなんです。
これは竹の素材でシナリがなく硬いのでとても痛いんです、痕も残りやすいので邪道的なケインともいえるでしょう。

ところがいたずらっ子キーさんがバンブーケインを抱え込んで離そうとしないものだからとても困りました。
本人は正義感で痛いお仕置きを止めようとしているわけだし悪いこともしていないし怒るわけにもいかない。
力ずくでとったらケインが折れてしまう。
必死に「これは真面目なキーさんのためだから」とか「きちんと反省してもらわないと」とか言うのですが首を振るだけで離そうとしません。
結局押し問答の末、ようやく力ずくで取り返したんですね、そして更にお尻を叩きました。

真面目っ子キーさんはというと今回は友達の前だからなのかすぐに立ち上がり「ごめんなさい、反省できたから」と繰り返します、でもまだ許すわけにはいきません。
真面目っ子キーさんは泣いているしいたずらっ子キーさんもそれを見て泣いているし異様な雰囲気でした。
まるで私が弱いものいじめでもしているかのように錯覚してしまいそうな(汗)
しかし私のお仕置きには正当性があり、躾のために、相手の成長のためにしているのであって何ら問題はないんですよね、だから泣いたとしてもやめることをしないのが私でもあるんです(鬼)

で、バンブーケインでしばらく叩いたあと、最後に登場するのが鞭なんですね。
この鞭は普段は登場しないのですが、とてもとても悪い子だったときにだけ出てくる道具なんです。
いくらとても悪い子といっても初めて会ってすぐに出すようなものではなくしかっりと信頼関係が築けている人だけに使用する道具なんですね。
キーさん達によるとこの鞭が道具の中で一番痛くて嫌な物らしいです、鞭といってもちょっと特殊な鞭なので。

それで鞭をとろうとして探すのですがないんですね。
よく見るといたずらっ子キーさんが私の行動を事前に察知し鞭を抱え込んでいるんです。
いたずらっ子キーさんを怒るわけにもいかないので今回も必死に説得をするのですが、絶対に離そうとしません。
「もう終わりにしてあげて!」と怒った感じで私に訴えてきます。
今までもずっとそのように言ってきたのですが、今回は迫力も違って道具も離そうとしないんですよね。
本気でお仕置きを阻止しようと思っているんです、しかも泣きながら。
困りました。

悪い子が泣くのは全く動じないし泣かせたいくらいなのですが、いい子が私の行動で泣いて訴えてくると動揺してしまう私もいたんですね。
いたずらっ子キーさんにとっては厳しいお仕置きの目撃はとてもショッキングなことでこれは絶対に止めないといけないというような正義感が出てしまったのでしょうか。
とてもとても真剣に訴えていたのでそれが伝わってくるんですね。

私は埒があかないので
「このケインではフルで叩いていないんだよ、その鞭を渡さないのであればこのケインで思いっきり真面目っ子キーさんを叩こうか?そしたら怪我するんだよ、いいんだね?」
と脅しをかけることにしました。
結果は何も返答できずにあっさりと渡してくれました。

鞭で叩き始めるとしばらくは抵抗していた真面目っ子キーさんも最後の方になると無言になり私も普段より力をいれて鞭を入れました、いたずらっ子キーさんはもうこっちを見ていませんでした。
部屋の中が静まり返っている中、鞭の空気を切る音やお尻にあたった時の音だけが流れとてもとても異空間な状態でした。
そして最後何発かを宣言してお仕置きを終えました。

終わると真面目っ子キーさんは泣き崩れて号泣していました、今までここまでのことはありませんでした。
友達の前ということもありましたが、自分がしてしまったことへの反省がとても強かったんだなと私は感じ取りました。
裏切ってしまった友達の目の前でのお仕置きはとてもとても辛かったんでしょうね。
真面目っ子キーさんを落ち着かせるのにはかなりの時間が必要でした、話もできないくらいでしばらくの間、頭を撫でながら無言状態が続きました。
その間いたずらっ子キーさんも借りてきた猫のように微動だにしていませんでした。
しばらくしてやっと落ち着き、キーさん同士がお互いに謝りました。
まだまだ重い雰囲気で表情も暗いので私が冗談を言ったりして場を和ませ、ようやく笑顔が戻り、そして夜は飲みにいきました。
そしていつの間にか普段のうるさい二人に戻っており
「こんなんだったらおとなしいままでよかったのに」
と少しの後悔を感じていました(苦笑)


今回のことを通じて感じたことはやっぱりお仕置きは1対1が望ましいということです。
二人で同じ悪いことをしたのであれば同じ厳しさでのお仕置きで二人同時はあるのかもしれませんが、そうではない場合、人前でお仕置きはするものではないなって。
自分が普通にお仕置きを受けていて「今日は軽目かな」と思っていることでも誰かが同じことをされているのを見るととても怖い行為にうつってしまうんですね。
そう思ってしまうのは当たり前のことなのかもしれません。

おふざけや構ってあげている系のお尻ペンなら一方だけしているともう一方は焼餅を焼くでしょうが、本気のお説教付きのお仕置きはダメなんですよね。
特に今回のお仕置きはとっても真剣なお仕置きだったので余計他の人と一緒というのがまずかったと勉強になりました。

二人を見ていて意外だったのは、心の底ではお仕置きを望んでいるキーさんが二人一緒になると止めに入るという不思議な現象が起きるということでした。
こんなことを二人が続けていたらお仕置きがなくなってしまうのですからね。
そんなことが続いたらお仕置きされるはずのキーさんがお仕置きを止めに入ったキーさんを「余計なことしないでよ!」と思ってしまうでしょう(笑)

キーさんの多くはお仕置きが頻繁にあるととても嫌がるのですが、お仕置きがしばらくないと求めてしまうんですよね、やっぱり愛情表現の一つで甘える手段なんでしょう。
叱ることがないと見放されたのかもしれない、呆れられたのかもしれないと不安になるようです。
キーさんの叱られたいと思う気持ちは甘えたいという気持ちから来ているものなんでしょう。
でもいつかはこういう歪んだ愛情を求めることは卒業してほしいんですね。
少しずつでいいので将来普通の愛情で満たされるように成長してほしいんです。
関連記事

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示