Q&A いろいろな質問 part4

これまでいろいろと質問がありましたが、少しまとめて返答します編part4です^^
もし質問等がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
コメントに関しては一切承認しませんので公開されることはありません、ご安心を。

Q.
お説教の最中やお仕置きが始まってからすぐに恐怖感からとかで、「ごめんなさい」とか「すいません」とか言ってしまうと京介さんは呆れたり、おこったり等しますか?
A.
そういう意識を持っている方もいらっしゃるんですね^^;
私の場合は一切怒りませんし、呆れることもありません、むしろその言葉を言った方がお仕置きの軽減があるかもしれません。
お仕置きは嫌なものですから恐怖感や早く終わらせたい一心でひたすら謝ってその場から逃れたいという気持ちはあって当然です。
ただ、必死に何度も謝ったからといってお仕置きがなくなることはありません。
仮に反省してない上でのごめんなさいであれば反省できるまでお仕置きし、反省できたらその後に悪い事の罰としてのお仕置きが待ってますから、必死に謝ったからといってお仕置きの軽減はあっても免除はありません^^;


Q.
私の知ってるカーさんの中でもずば抜けてキーさんやキーさんではないけど京介さんの所に訪問した事がある方が多いですが、正直全員の事を覚えているのか不思議です。実際忘れている事もありますか?
A.
確かに久々に来られる人に対してうろ覚えの時はありますが、その時は過去のメールを見返して記憶をよみがえらせています^^;
正直いうと過去に他のケースと間違って話をしてしまった事が何度かあって、それによって相手を傷つけてしまったこともありました。
私は複数の人と接していますが、キーさんは私一人ですから、忘れられるということはとてもショックな事だと思います。
そういうことがあってからは特に注意をして1人の1人をしっかりと見て記憶するように努力しています^^;


Q.
一度お仕置きを経験してから、お仕置き小説や他のキーさんの実体験の感想等には興味がありますが、自分が実際にもう一度受けたいという気持ちがなくなったのは、お仕置き欲求がなくなったという事なんでしょうか?
A.
なくなったのではなくて恐らくお仕置き欲求が薄まったんだと思います。
お仕置き欲求というのは叩かれる以外にもそういった小説を好む事も含まれますが、幼少期から脳裏に記憶された欲求を消すことは難しいものです。
ただ、初めてのお仕置きで妄想と現実の違いを目の当たりにしたり、思った以上の痛みを感じたりしてお仕置き体験はこれでいいやと思う人もいますし、通常はお仕置きを受けるごとに欲求が薄まっていき、誰かに会ってお仕置きをしてもらうという労力をお仕置き欲求が下回れば、リアルなお仕置きは必要なくなります。
さまざまなケースはありますが、いつ再燃するかも分かりませんし、いまのところは欲求が薄まっているという感覚でいいのではないでしょうか。


Q.
性的要素があるお仕置きは嫌なのに自分で妄想する時とか、好みの小説を見たりした時はゾクゾクしたりドキドキしたりして明らかに性欲とわかるのですが、これってMだからなのでしょうか。
A.
自分の理想のお仕置きを妄想したり、好み小説や動画などを見て性的に興奮するキーさんは普通にいますし、こっぴどく叱られてお仕置きされたにもかかわらず、後日それを思い返して自慰行為で満たすキーさんもいます。
お仕置き中は痛みが伴ったりガチで叱られるので、そこで性的な興奮をするキーさんは稀だと思いますが、妄想や小説など痛みが伴わない環境だとそれが興奮につながるものです。

興奮といってもディシプリンスパを好むキーさんであればそのお仕置きに性的要素があると一気に冷めてしまうので、エッチな事だから興奮するのでは無くて、性的ではないお仕置きの構図で満たされるからこそ興奮の対象になるんです。
だからこれはMだからではなく、キーであるからこその感覚だと私は思います。
これが妄想ではなく、厳しくて痛いお仕置きで興奮してしまうような場合はMさんといえるかもしれませんね。


Q.
遠方から来た人は、その時一回限りという事が多いですか?
A.
私も気になったので、データを調べてみました^^;
東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城に関しては近場
それ以外を遠方としてみた結果

近場の人で2回以上来ているのは、127名中81名で63.7%
遠方の人で2回以上来ているのは、 84名中68名で80.9%
と、意外にも遠方組の方が複数回来ていることが判明しました^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

キーさんにメンヘラが多いのか

こういう問題についてちょくちょく聞かれることがあったので、今回はメンヘラについて書いてみようかと思います^^;

そもそもメンヘラという言葉はネット上の造語として作られたもので、意味的にも曖昧なのですが、私が捉えているメンヘラは、自己中心的で自分の思い通りにならないと自虐的な言動をする、自分が酷く病んでいることを相手にアピールする、構ってほしくて相手を巻き込む、相手に執着しすぎて迷惑をかける、依存体質、マイナス思考、みたいな感じでしょうか。

例えば、ラインで相手からの返事がないのに山のように送信し続けたり、勝手な被害妄想でヒステリックに相手を攻撃したり、過去のことをほじくり返してあなたのせいだと責任を取らせようとしたり、心身ともに束縛したりとかですかね。
それに対して納得のいく対応をしなければ激しくヒステリーを起こして泣いたり怒ったり嫉妬したりし、時には自殺をほのめかしたり自傷など自虐的な行動をして相手を困らせる、そういう表現方法で自分の辛さをアピールするような過度な構ってちゃんという印象です。

その相手方は心身ともに近い人が対象で、気を許した相手に依存しやすくなりこのような行動をとりますが、その他の他人に対してはそこまでの態度を取らず普通なことが多いようです、まぁ説明は難しいですが^^;
なので精神疾患を患っているからといってそれはメンヘラとは言わず、精神疾患でなくても上記のような病み体質だとメンヘラとよ呼ばれます。

ただ、人は強い悩みや酷い落ち込みがあれば、親しい人に依存しやすく、そういう行動をつい起こしがちですから、多少当てはまったからといってもメンヘラとはならないと思います。
一時的な事ではなく、依存してしまうような相手にはそういう自己表現しかできなかったり、相手の愛情をはかる手段として相手を攻撃したり自虐的な言動をするような表現しかできない人はメンヘラといえるのではないでしょうか。

まぁ本人たちにとってはそういう方法でしか自分を表現できないからしているんです。
一筋縄ではいきませんが、愛情を持って接してそういう歪んだ表現方法を正していくのは依存相手が一番適しているのではないかと私は思います。

で、本題に入ります
「キーさんにメンヘラが多い」
という都市伝説的なことは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、はたしてどうなのでしょうか。

メンヘラさんは承認欲求が強く、自分だけを見ていてほしい、愛してほしい、全てを受け入れてほしいと思ったり、見放され不安が強いために、相手を試すために構ってちゃん的な行動に出てしまったりするのが特徴だと思います。
これだけを見ると一部のキーさんの特徴と一致してしまいますね^^;

でも例え特徴が全く同じでも、相手に対する表現方法が違えばメンヘラのメの字もないんですね。
メンヘラはその人の欲するものそのものではなく表現方法ですから。
それにキーさんといっても全員が同じ特徴ではありません、愛情たっぷりに育った子もいます、叱られたことがある人もいればない人もいます、幸せな家庭で育って愛情は十分に受け取っている人もいますし、依存体質ではない人も普通にいます。

メンヘラさんの特徴とは実は人間であれば誰しも持っている普通の思いで、メンヘラさんはそれが過度に強いということまでは普通の範囲内だと思うのですが、それに加えて相手に対する表現方法が自己中心的過ぎて異常な状態になってしまっているから問題なんだと思います。
なので欲求が同じでもその表現方法が自己中心的であったり相手を巻き込んで困らせるということでなければ、それは普通の人ということです。

ここまで長々と説明をしてしまいましたが、キーさんにメンヘラが多いのかという題目についてそろそろ回答しますね^^;


ずばり、私がこれまでおおよそ230人程のキーさんと会ってメンヘラと感じる人は1人もいませんでした。
結構衝撃的な答えだったのではないでしょうか。
まぁ正確にいうと”私に対して”メンヘラ的な言動をした子は1人もいませんでしたということです。

もっと正確にいうと、何人かは私に対してメンヘラ的な言動があったことはありましたが、それに対して注意をしたことで、私に対してはそういう言動をしなくなったという意味で、私に対して現在は一人もいないということです。
まぁそういうメンヘラ的な言動をした人が過去にいてもそれは数人なので限りなく少数です。
もしまた再燃してもそこを注意していくので私に対してメンヘラを出すという人はでてきても稀なんだと思います。

ただし、私に対してはメンヘラではなくても他の人にメンヘラ的な自己表現をしてしまうという子はいます、いわゆる私以外の人に対するメンヘラさんです。
私はそういう子には自己表現のしかたを叱り、違う表現方法をするようにとお説教をします。
それで直るのかというとそうはいい切れませんが、やはりそういうダメな表現方法を繰り返すたびにお説教をしてお仕置きを繰り返しています。

メンヘラな性質のキーさんは自分の行動はよくないと思って私の所に反省しにくるので、おそらくキーさんに限らずほとんどのメンヘラの子たちは自分の自己表現に対してこのままじゃまずいと悩んでいるんだと思います。
だからたまたまメンヘラの子がキーさんであればそことお仕置きがつながるのでしょう^^;
でもメンヘラなキーさんも私のお会いした中では稀なので、キーさんにメンヘラが多いのかというと、限りなく少ないといってもいいと思います。

ただここで私が思ったのは、キーさんにメンヘラが多いというのはもしかしたら相手側がメンヘラに導いているのかもしれないということです。
スパやSMのパートナー関係は依存的になりがちですし、依存させてからいきなり捨てたりとか音信不通とか騙していたとか、そういうことは頻繁にあって、依存しきってからそうなると気がおかしくなって当然で、それで抑うつ状態になる人もたくさんいます。
そうなる前でも何かそういう匂いを感じたら不安や不信感がどんどんと強くなって、それが続けば自然と抑うつ状態になることもあるでしょう。

もし抑うつ状態になったら正常な判断ができないので一時的にメンヘラ的な言動になってしまう事もあります。
鬱とはそういう病気でもあるので一時的なことであればそれは一時的なメンヘラであって、その一時的なメンヘラは相手側が導き出したメンヘラです。

と考えるなら、キーさんにメンヘラが多いのではなく、カーさんやSさんがメンヘラを増やしてしまっているのかもしれません^^;
仮にですが、キーさんにメンヘラが多いということが本当であると仮定すると、私の関わったキーさんにはメンヘラさんはほぼいないので、そう考えるとカーさんやSさん側がメンヘラになるきっかけを作っているとも考えられます。

まぁ私の場合はキーさんとはパートナー関係ではないのでお互いに一線を引いてできますが、パートナー関係となると一線を引くのが難しく、お互いに深くかかわりあっていくことでお互いを満たすみたいな部分があり、そこがいいところでもあるんでしょう。

なので、そういう関係性の問題もあるのかもしれませんが、やはりどこかで一線を引いて冷静に相手を見てあげて、相手が間違った自己表現をした時にはしっかりと指摘して正しい表現方法を教えていき、歪んだ部分を直し成長させていく関係が望ましいと思います。
とても難しいことですが、パートナーになったのなら責任をもって相手と関わる、それがパートナーとしての理想の関係でしょう^^

こういう関係で傷ついた経験のあるキーさんやMさんはたくさんたくさんいますから、そういったことも理解したうえでパートナー探しをして、パートナーと関わる心構えを持つ、それがいずれ自分を守ることにもつながるはずです。
メンヘラ的な要素を持っている方は特に注意してみましょう^^

とにかく私の所にはメンヘラさんはほとんどみかけないので、キーさんにメンヘラが多いというのは間違いだと断言します。
もしかしたらメンヘラな子はそういう性格なゆえにパートナーがなかなか出来ずにたくさんの人と会うことになり、それもメンヘラが多いという印象を持たれる一つの理由ということもあるかもしれませんね^^;



余談です。
メンヘラとはもともとは「メンタルヘルスに問題がある人」のことを指していたそうで、そこから「メンヘル」→「メンヘラー」→「メンヘラ」と形を変えていったそうです。
これはネット用語でネット上の隠語 、 略語 、 造語であり、こういう言葉をインターネットスラング(ネットスラング)というようです。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

お仕置きの願望と現実

キーさんは理想のお仕置きというものをそれぞれ持っていますよね。
理想というのは基本なお仕置きで大雑把なものですが、それとは別に願望というものを持っている人は多いと思います。
もちろん最初はお仕置きをしてもらうことが願望であっても、一度お仕置きを受けてしまったら、こういう体勢でしてもらいたいとか、こういう行為をしてもらいたいとか、めちゃくちゃ厳しくしてほしいとか、そういう願望がでてくるものです。

その願望はまだ経験してないことが主ですが、気持ちが沈んでいる時に厳しくしてほしいとか、ボロボロにしてほしいという心境になる子もいます。
私はそういう願望を言いやすい環境にして私から聞くようにしていますが、実際にそういうお仕置きをしてみると、恥ずかしいからといって拒否したり、痛すぎるから無理ってなったりすることが多いように感じます^^;

恥ずかしいということに関してはその願望は消えるものではなく、何度かチャレンジしていくうちに結局経験することになるのですが、妄想の中での願望と現実に生身の男性にされるものとは違うのでそこでストップがかかってしまうのでしょうね^^;
厳しいお仕置きに関しては、小説の世界もそうですが、自分の妄想の中の願望では丸出しにしたお尻が真っ赤っかになっても更に叩かれて、泣きながらごめんなさいをいっても悪い事の罰だからといって厳しくお尻ペンペンのお仕置きをされる光景にキュンキュンしてしまうのでしょうが、現実はどうでしょうか。

小説を読んでその世界に入り込んだり、それをヒントに妄想をしてキュンキュンしたり、そしてそういう願望を持ってドキドキしたりしても実際に痛みを感じることはなく、痛みを想像するにとどまるから強い好奇心となるわけです。
でも実際に厳しく叩かれてみるとメチャ痛い(笑)
もちろんそれが現実であって、厳しくされたら痛すぎて我慢できるわけはなく、小説の中のように耐えることも無理でしょうし、お仕置きされてキュンキュンする余裕もなんてあるわけありませんよね^^;

滅多打ちにされたい、ボロボロになるまで叩かれたい、自分を壊してほしい、とまでの願望を持つM性のあるキーさんもいますが、そういう人たちも実際やってみると「無理!」ってなって、結局かなり手加減して叩くというケースがほとんどです^^;
ま、それが願望と現実の差であって、それは当然のことなので私の場合はそういう雰囲気づくりを重視しています。
雰囲気ならいくらでも演出できますし、そういう気持ちになれるでしょう。
厳しい痛みが無理なら滅多打ちにしている雰囲気で手加減をしてあげれば、相手にとったら滅多打ちに感じるわけですからね。

これは普通のお仕置きでも同じことですが、相手が痛みをどの程度感じるかは人それぞれなので、雰囲気は崩さず、相手に合わせた強弱でお仕置きをしています。
なので人によっては超軽めでペンペンしているだけなのに厳しいお仕置きと感じているというケースもでてくるんです。

まぁでも、キーさんは口では「厳しく!」なんてかっこよく言っても実際はへなちょこ・・・。
というのはすごく可愛いものですけどね^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

罪の重さとお仕置きの種類

キーさんは家庭的なお仕置きが基本なのですが、人によってはその時の気分によってはSM的なお仕置きを求めてしまう人もいます。
どちらも反省のお仕置き前提の話なのですが、軽めの反省内容の時は家庭的なお仕置きで、落ち込んでいる時やすごく重めの反省内容の時はSM的な感じでボロボロにされたいと望んでしまう人もいます。
まぁそれとは別に普通にM欲求がある人はそういったことはあまり関係なく求めてしまうんですけどね^^;

普通に考えてみてもちょっとした悪い事は軽めのお仕置き、かなり悪い事であったら厳しいお仕置きとなるのは必然ですよね。
ちょっとしたうっかりミスなのにケインでお尻を滅多打ちにして限界まで叩かれたらそれこそ反省なんてできないと思います。
逆にメチャクチャ悪い事をして他人の心を踏みにじるようなことをしたにもかかわらず、平手で軽めにペンペンなんて反省なんてできないしスッキリとはしないでしょう。

やはりお仕置きの厳しさは基本的には悪い事の質や罪悪感の程度によって変えていくべきものでしょう。
その厳しさはキーさんによって違います、痛みを敏感に感じる人とかなり我慢できる人とは違いますから、私の厳しさとはキーさん側の立場での厳しさのことです。

キーさんはそこまで重くない反省材料のときは家庭的なお仕置きで罰を受けて愛情で満たされたいと思う人が多いでしょう。
でも重めの反省材料だと家庭的お仕置きで簡単に愛情を感じるのはどうなのかなと感じて虐待的なお仕置きを求めてしまったり、もっと酷くなると悪い事なのにお仕置きされて満たされるなんていけないんじゃないかと感じてしまう人も中にはいるんですね。

メチャクチャ悪い事をしたのに、結局は自分のお仕置き欲求を満たしに行くというのに矛盾を感じ、それなら罰を受けないで辛い思いを抱えて生きていく方が本当の罰なんじゃないかと考えてしまうんです。
まぁ私はそれは一番よくない考え方だと思いますけどね。

罪は清算しなければなりません、痛みを感じてその場だけでも痛みで嫌な思いをして、清算出来たら償ったと同等でなければなりません。
もちろんしてしまった事を忘れていいという事ではなくて、その事は忘れずに心に留めておき、その教訓を生かし、前を向いて生きていくこと、それが成長でもあります。

法律違反をしたら罰を受けますね、それが罪の償いであり清算で、それが終わったら社会復帰ができます。
これは人間が作り出した便利な方法で、とても理にかなったものだと思います。
それはしっかりと反省して二度と同じ過ちを繰り返さないと心に誓えばやり直しができるからです。

だからキーさんの場合は嫌ってほど痛みを感じ、その痛みを感じている時に苦しみを感じれば十分に罰になりますし、その後に来る満たされ感は清算後のことなので考えなくていいんです。
自分を追い詰めるためにお仕置きを受けないでずっと心の中にしまっておくという考えはよくありません。

もし友達がそのように悩み苦しんでいたら自分はどのようにアドバイスするか、そう考えたら応えは一つでしょう。
自分にだけそう仕向けるのは自傷行為と同じだと思いますし、そうやって視野を広げて考えてみたら、それが歪んだ考え方だということに気づくでしょう。
罪悪感が強すぎると自分を責めたくなる気持ちは分かりますが、そういう時でもしっかりと誰かに罪を打ち明けて、話し合いをして罰を受けることは大切だと私は思います。

まぁそこまで自分を追い詰めてしまうのであればとても重い反省内容の時にSM的(虐待的)なお仕置きを望む気持ちはわかりますよね。
結果SM的(虐待的)なお仕置きでも満たされてしまうので、そこに戸惑いが生じてしまう人もいるのでしょうが、それは罪の清算後のことなので気にしなくていいんです。
法律違反をして、しっかりと罪の清算ができた時にはすでに前を向いていなければならず、人によっては罪の清算ができたら罪悪感も薄れ、結果満たされた気持ちになる人もいるはずです。
そういう感覚と同じようなもの、という考え方をすればいいんです。

ちなみにこれは痛みを「痛い!」と感じる人であれば罰を受けたことになりますし、ほとんどのキーさんやMさんは強く叩かれたら痛いと感じるので、罰としてお仕置きを受けているという意識を持っていればいいです。

一番厄介なのは痛みを快楽に感じてしまうタイプのドMさんですよね、、
その場合は罰にはならないので、他の方法で痛みを感じさせるか、他のお仕置きを考えるかしなければなりません^^;
だから叩かれて痛いと感じる人はずっと幸せだということでもあるんですよ^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

Q&A いろいろな質問番外編 ブラックな質問^^;

今回はちょっとブラックな質問達です^^;
推測とか誇張された解釈とか一部の言葉尻を捉えての認識とかいろいろだと思いますが、少し批判的だったり疑惑的な質問を集めてみました(汗)
まぁ私自身個人情報を守るために多少事実と異なる表現をしてみたり、冗談や驚かすために事実と少し異なる返答をすることもあるので誤解はしょうがないですが、それが独り歩きしてしまうとちょっと怖いなぁと感じました、言動には気をつけます^^;


Q.
抗うつ剤とか睡眠薬とかがあるそうですが、他のキーさんに貰ったり飲み物に混ぜたりしたことはあるんですか?
A.
いやいや、、確かにそういった薬はありますが、それは大量服用してしまったり薬を断ちたいという人から没収したものです^^;
ちなみに私が没収して保管する行為については薬機法を順守した上なので違法行為ではありません。
それ以外にもハイな気分になる市販薬を没収していたり、禁煙できない人はタバコやライター、自傷してしまう人からはカミソリ等を没収したことがあり、それも保管しています。
それはどうしても自制ができないような時に話し合いをして没収し、私が預かっているものです。
また飲み物に薬を混ぜるなんてあり得ません^^;
それは悪質な犯罪行為ですし、飲ませて何かをするなんて馬鹿な真似はしませんし、したくもありません^^;


Q.
看護師や医師のキーに薬をもってこさせて他のキーに勝手に処方してるってまじですか?
A.
医療関係者に薬を持ってこさせたことはありません^^;
処方薬を処方箋なく持ってこさせるのは違法行為となるで、そのような指示をキーさんにすることなど絶対にありませんし、私が行う行為については法的にしっかりと調べているので私自身が違法行為をすることもありません。
未成年者がお酒を飲むのも例外なく禁止しているのでそんな私がキーさんに悪い事をそそのかすなんて論外です^^;
また、最初の質問の答えに書いたように、没収した薬はありますがそれを勝手に処方したことなどありませんし、薬には必ず副作用があるものなのでそういう意味でも差し上げるなんてこともしません。


Q.
エッチしたくなるような媚薬を飲ませてるんですか?
A.
そんな媚薬があるのなら欲しいですが(笑)
まぁそれは冗談ですが、そもそも活動でお会いする人に怪しい薬なんて飲ませた事はありませんし、仮に媚薬が手に入ったとしてもキーさんに飲ますことはあり得ません。
そもそも性的な事を目的としての活動ではありませんし、私はこの活動で出会う人とセックスをしたいとは思いません。
なのでそういう薬が存在したとしても、それを飲ますなんてことは考えられません^^;
ちなみに発情する薬なんて聞いたことありませんから、そもそもそんな薬はないと思いますけどね。


Q.
女性のお尻や局部を見てエッチな気分になったりしないんですか?本当は触っちゃったことってあるんじゃないですか?
A.
お仕置き活動でエッチな気分になることはありませんし、相手の性感帯を触ったこともありません。
キーさんは”スパと性的なものは別物”とよくいいますが、私もそれと同じです、男性でもそういう目線でお仕置きをしている人はいるんです^^;
”スパはエッチな事”と捉えている人もいるでしょうからそういう人の目線から見たら理解できないかもしれませんが、私の場合はスパはエッチな事ではありません。

親が子供にお仕置きしたり、先生が生徒にお仕置きをすることは性的な事ではありませんし、性的な事を意図してお仕置きをすることはありませんよね、私もそういう認識でお仕置きを捉えています。
私は普通の男性とは感覚が違っていると思うのですが、女性のお尻を見たり、局部が目に入ったからといって興奮しませんし、単に誰でもついているものという認識なのでそういう意味では医者目線なんだと思います。
勝手なイメージで私が性に関心のない聖職者のように思われている方はいないと思いますが、いっておきますが性癖はSですし、性欲も普通にあります^^;

エロの分野ではもちろん変態の部類に入りますが、それでもお仕置きで発情したり興奮したりしませんし、女性の局部などのパーツも興奮する対象ではありません。
私が興奮する要素を持っている人は限られていますし、それは極一部の人にしか埋められません^^;
どういうものに興奮するか、ということはブログで書くことではないのでここでは伏せますが、こんな話はキーさんに聞かれたら普通にお話ししていることですから隠すことでもないんですけど、ブログではふさわしくないので^^;


Q.
サイトで出会うキーさんとセックスすることが絶対ないと言い切れるんですか?
気になったキーさんや好きになっちゃったキーさんがいたらしたくなるのが男性だと思うのですが。
A.
セックスすることはありません。といいたいところですが、念のため99%ありませんといっておきます(汗)
ですが1%あったとしても私から誘うことや口説くことはありませんね、それは私がそういう人間なのでないといい切れます。
1%というのは、私も人間ですから気になった子が私にその気を持っていたら可能性的が0とはいいきれないことが起きるかもしれ無いという意味です^^;

過去にSMをしていた時とかには処女を捨てたいという人にセックスしてあげたこともありますが、私はセックスに対しては極端にいうと握手やキスくらいにしか思っていないという、良い子には絶対に真似してほしくない感覚を持っています^^;
まぁそこは自分自身問題ありな人間と思っていますけどね、、、。
こういうことも話の流れでキーさんと話すことは普通にあるのですが、ブログでは生々しいですよね、すいません(汗)
話を戻しますが、大人の男女が納得の上でそういう行為をするのですから、そこは二人の秘密ということでいいのではないでしょうか。
とにかくこの活動で会う人がその気がないのに性的な関係を持つというようなことに関しては100%ありません!といい切れます。
相手にその気があって、その上で私もその気があり、どうしてもとお願いされたら、という前提で1%はあるかもしれません(笑)


Q.
キーさんとSMしたりすることもあるんでしょうか。
A.
キーさんからSM的な要望があった場合にはその要望に沿ってSMの雰囲気を体験させることもしています。
ただし相手の性感帯をいじるなどの性的行為やセックス、そして私が上半身でも裸になることは一切しません。
まぁ一般的なSMというのではなく、SM的な雰囲気でお仕置きをするということですね。
それは虐待的であったり、拷問的であったり、理不尽的であったり、人格否定的であったりと、その人それぞれの要望を聞いてイメージ的に体験をさせるものです。
はりつけにされて、踏みつけられて、髪をつかまれてとか、首を絞める、拘束する、手錠をするなど、それぞれ興味があることには個人差がありますが、私ができる範囲で体験させています。


Q.
お気に入りのキーさんは時間を長くするとか、施設使用料を貰わないとか、そういうこともしているんですか?
A
そもそもサイトを再開した2016年初めは時間制限がなかったというか、私の時間が空いていれば時間を長くとったりしていました。
その後依頼する方が増えてきて、人によって時間の多い少ないがあるといけないので、3時間という縛りを設けました。
またその頃はお仕置きは3時間、カウンセリングは2時間としていましたが、2回目以降の場合、お仕置きをするかどうかは会っている時に決まることが多く、そうなるとカウンセリングなのに3時間ということが起きるようになりました。
カウンセリングの人と時間の差があるのもよろしくないので結構たってから2回目からお仕置きでも2時間という設定にしました。

その関係で2回目から2時間の人もいれば、何度か通っていて10回目くらいから2時間になった人もいますし、久々に来る子だと、2時間になるといい忘れていたなんてこともあったりと、人によっては未だに3時間と認識している人はいらっしゃると思います。
初めて来た人には次来るかもわからないのでわざわざ2時間の告知はしていなかったこともあるのですが、現在はサイトに2回目から2時間になると記載しています。

また、.現在は予約以外の時間は私の予定を入れてそれ以上長くならないようにしていますので一部のキーさんだけ時間を長くするなんてことはありませんし、施設使用料を貰わないなんてことも一切ありません。
使用料はサイト維持のために必要不可欠なものなので、私の時間を活動の一環としてとか使うのであれば全ての人に使用料を貰っていますし、時間は2回目以降は例外なく2時間としております。


Q.
お話しした内容を他の人に話したり、そのことを笑ってバカにしたり、悪口を言ったりとそういう情報漏洩みたいなことをしていますか?
A.
個人的な話を他の人に話したり、バカにするようなことをいったり、悪口をいったり、個人情報を漏らすなどの行為はしていません。
ただ、こういうケースがあったとか、こういうキーさんもいるとか、こういう職業の人もいる、こんなに大変な人や、こんな努力をする人もいるなども含めて、良くも悪くも様々な事例を例にとってお話しすることは日常的にあります。

それは馬鹿にしたりとか悪口ではなく、私の経験値としていろいろなケースがあるよ、というアドバイスや一つの話題なので、もしそれで悪く受け取らせてしまったのなら、そこは私の不徳の致すところなので、より配慮していかなければなりません。
個人情報に関しては漏洩しないように気をつけていますが、いろいろなケースを話している時に、私の方は特定されないようにどうでもいい部分は違う情報に変換したりしていますが、聞いている方は話しすぎじゃないかと感じる人もいると思います。
そのように思わせてしまうのは不安にさせてしまうのと同じことなので、そういう話題に関しては更に注意していかなければと感じているところでもあります。
ちなみに、いくらしつこく質問されても個人情報の観点から答えられないと思うようなことには一切答えていませんし、それが基本姿勢です。


Q.
盗撮したりとか隙あらばエッチなことをするとか、何か他の目的があるんじゃないですか?男が興奮しないでお仕置きだけするなんて信じられません。盗撮疑惑もあるようですが?
A.
盗撮なんてしたことありませんし、そういうものを撮影して後で観賞するという趣味もありません。
しかしスマホに関しては置いた向きによっては誤解される恐れもあって、過去にそれを指摘されたこともあるので、現在はカメラ部分を下に向けて伏せたりスマホ自体極力触れないようにするなど、相手に誤解されないような配慮はしています。

そもそもお仕置きで欲情しているわけではありませんからね、バレてしまう恐れがあるのにわざわざ盗撮する意味なんてないですし、そもそもこの活動はエッチなことを目的とはしていませんから、過去も今後も撮影をすることはありません。
それと私はお仕置きに性欲を重ね合わせることはしていません、そういう欲求は別で満たしています。
そもそも私が性的に興奮するツボはお仕置きとは別にあるからこそ性的なことを持ち込まないでお仕置きがきるわけで、もっというと、そういうツボを持ち合わせている女性でないと私の性処理はできません^^;


Q.
使用料はなんで徴収するんですか?カー側がすべて負担すべきじゃないんですか?なんでキーからお金をもらうんですか?男なのに情けないと思いませんか?
A.
使用料は施設の維持費の為です。
一般的な出会いでは施設代はカーさんが負担することが普通なのかもしれませんし、少なくとも折半のようですが、それは二人の話し合いで決めたことで、それで会ってみたいと思うのでしたらそれが良いんだと思います。
使用料を払ってまでお仕置きを受けたくないという人はいるでしょうし、自分が負担して会うのはあり得ないとか、お金が発生してお仕置きを受けるのはなんか違うとか、そういう考えの人もいるでしょう。

私の場合は私の負担を減らすことによって活動を維持できるので、そこから金額を決めており、3,000円では少し少ないのですが、4,000円では利益が出てしまい、かといって100円刻みにするのもナンセンスだし、依頼の人数も月によって不安定で私の負担がかなり大きくなる月も当然ありますが、そういうことを考慮して3,000円と金額を決めました。
維持費についてはドメイン取得や広告を消す料金以外にもお金はかかっていて、詳細はここでは伏せますがお会いして聞かれた場合は細かく説明はしています。
ちなみに、お仕置き活動を長く続けていく手段として使用料をいただく形をとるようにしたのですが、これに関しては利益が出ていないので雑所得には当たらず、事業にも当たらないので法律的にはなんの問題もありません。

それともう一つ、理由としては後付けとなりますが、私の所に交通費や施設使用料などの料金が発生しても依頼をするという部分に私はとても嬉しさを感じています。
もちろんお金を取るなら行きたくない!という人がいて当然ですが、そういうものを払っても依頼したいと思ってくれることがこの活動を続けていることのモチベーションの維持でもあります。
なので仮に私が大金持ちでお金に全く困っていなくても、それなりの労力を払ってでも行きたい、という人の気持ちを受け取るためにも使用料というものはいただくと思います。
それだけ深刻に悩んでいたり、話をしたかったり、関わってみたいと強く思っている部分ですからね、そうでなければ依頼なんてしないと思います、安全性を考えてという方もいらっしゃると思いますが、それも信頼ですからね^^
まぁ施設使用料をいただくことはサイトに書いてあることですし、それに納得をした人が依頼をするわけですから、それは私と相手側の問題であり、そこに情けなさは感じません、私はこのようなスタンスでお仕置き活動をしています^^;


Q.
お仕置き活動の他に資格もないのに一般カウンセリングをしているようですが、それでも稼いでいるんですか?
やばくないですか?
A.
一般向けのカウンセリングのサイトは作成して実際にありますが、そのサイトに関しては全くのダミーサイトです。
お仕置き依頼をして私の所に来ていることを秘密にしている人はほとんどだと思いますが、その中でも彼氏がいたりとかどうしてもバレてはいけない人もいるわけで、そういう人の逃げ道として作成したのが一般向けのカウンセリングサイトです。
もし怪しまれた時に、「ここのカウンセリングに行った」といえばトラブル回避できる可能性が高くなるので、それだけの目的で作成したサイトです。

なので宣伝をしたり広告を出したりなどは一切していませんし、そこでお客さんを受け入れたりということもありません、そもそも普通のカウンセリングはお互いに壁がありすぎるので私の性に合いません^^;
一方お仕置き活動でのカウンセリングはお説教ありきで、しかも心を曝け出せる場なので壁をほとんど感じません。
なのでお仕置き活動でのカウンセリングであればずっと続けていきたいという思いはあります。

で、表向きのカウンセリングサイトに関しては一部のバレたら困りそうな人にしか案内していないはずなのですが、いつの間にか広まっていたのには戸惑いました^^;
キーさんを安心させるために「一般の人も来てるよー」なんていったこともありますが、実際にカウンセリングをしたことはありません^^;
ちなみに法的には資格がなくてもカウンセラーとして営業活動はできますので仮に資格がない状態でカウンセラーをしていてもヤバい事では無いですし、私の場合は民間資格ですが資格は持っています。
でも普通のカウンセリングはお仕置き活動よりもかなりの労力がいるのでするつもりはありませんし、そもそもお仕置き活動でいっぱいいっぱいでそんな時間はとれません^^;


Q.
施設の中は掃除しているんですか?汚くないですか?
A.
掃除はしていて清潔に保っているつもりですが、小姑のようにじっくりみれば埃が溜まっていたりもあるでしょうね^^;
一応不潔感がないように気を使ってはいるので、パッと見の清潔感はあると思います・・・。




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示