活動再開します

やっと緊急事態宣言が解除されましたね、自粛疲れでストレスが溜まっている人は多いでしょう。
ただ油断は禁物です、終息したわけではないですからね^^;

で、お知らせです。
緊急事態宣言解除に伴い、お仕置き活動を再開します。
消毒や換気、ペーパータオルの使用など、出来る限り予防に配慮をしていきます。

人によってはたかがお仕置きですが、人によってはされどお仕置きです。
不要不急と思う人はいるでしょうが、人によっては必要不可欠なことでもあります。
そのことは当人しかわからないことですから他人がとやかくいうことではないかと思います。

メンタル向上、メンタル維持、メンタル修復の為に、そして自制や罪悪感排除のために。
辛かったり、悩んでいたり、鬱になりそうなくらい落ち込んでいたり、話を聞いてほしかったり、お仕置きでスッキリしたかったり、ストレスを吐き出したかったりと、大げさではなく人によってお仕置きは免疫力の維持や健康維持に必要不可欠な事でもあります。

お仕置きといってもしっかりと日常の話を聞くカウンセリング付きのお仕置きは、お尻を叩かれる以外の効果もあります。
人によってですが、生理周期が生まれて初めて整ったという人もいますし、不順だったのが正常になったという話もよく聞きます。
カウンセリングによって自分の生き方が変わったという人もいますし、日常生活が回るようになったという人もいます。
それくらい”カウンセリング+お仕置き”のセットは、人によってメンタルに良い影響を与えているのは間違いないことです。

本当に”されどお仕置き”ですよね。
ちまたにあるカウンセリングルームよりも効果があることもあります。
普通のカウンセラーには話せないお仕置きのことや自分の性癖や本当の姿、そういったことを曝け出せて本当の自分を解放できます。
だからこそメンタルが安定しやすいんだと思います。

恋愛関係でも利害関係でもない、依存しないように線引きをしている関係だからこそ全てを晒せることにつながるので、パートナー関係よりもそういう意味ではいい影響を引き出しやすいのかもしれません。
ここでのお仕置きは一種の啓発、一種の治療、そういう意味合いでお仕置きを捉えることができたら心も楽になって、お仕置きに対してもしっかりと自分と向き合えるのではないでしょうか^^

単純にお尻を叩かれることを好んでいるんじゃない、愛情を感じること、自分を曝け出すこと、自分の存在を認めてもらうこと、見放されない安心感を得ることなど、無意識で求めているものがあるはずです。
日常生活で欠如している(していた)ことだからこそ、非日常でそこを埋めて自分を満たしていきたいと欲求が膨らんでしまうんだと思います。

だからこそそれをお仕置きに求めてしまう、そういう思考回路になってしまっているんでしょう。
それでいいと思います、それが本当の自分で、日常では理解されないことが多いので隠すことは必要かもしれませんが、それを理解する人はいますし、それをそういう相手に吐き出すことは必要だと私は思います。

遊びでも娯楽でもない、自分の為のカウンセリングと思ってお仕置きを捉えるということは自分を納得させるためにも必要ではないでしょうか。
お仕置きに対しては恋愛でも依存でもなく、自己を見つめだして解放する場、そういう捉え方をしている人は私のお仕置きと合ってていると思います。
興味ある方はアクセスしてみてください。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

活動再開に向けて

ゴールデンウイークが明けてからやっと終息ムードになってきましたね^^
ただ、ゴールデンウイークが明けた7日にはしびれを切らしたのか外に出る人が多くなっていて、更に週明けの11日からはもっと人出が多くなっていましたね。

そして14日に39県の緊急事態宣言が解除になってからは一気に外出する人が増えたので、第2波が心配です。
感染者は2週間後に出てくるということを考えると21日から今月末までに感染拡大するかもしれません。

まぁそうはいっても以前よりも咳エチケットやソーシャルディスタンスに気を使い、予防にも気を付けているのでなんとか今の状態で推移し、全都道府県の緊急事態宣言の解除を祈りたいものです。

活動の方は千葉県の緊急事態宣言が解除になったら再開しようと思っています。
消毒液やペーパータオルを使用するなど、出来る限りの予防はしていきます。

だらけたりサボったりしてしまった悪い子はお仕置きが必要ですよ^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

アメブロやめました

これまではこのFC2ブログとアメブロの両方に同じ内容のブログを掲載していましたが、今回アメブロの方を辞め、今後はこのFC2ブログ一本にしていきます。
興味ある方は引き続きよろしくご覧ください^^

また、こちらのFC2ブログでもコメントできるように設定し直しましたので、ブログの記事に関しての感想や、ブログに掲載してほしいネタや質問はコメント欄からお気軽にどうぞ^^
コメントは表示されないように設定していますし、承認はしないので公開されることはありませんのでご安心を。

なお、コメントの返事はしませんので、そこはご了承ください^^;
返事は無くてもコメントいただけると活力になりますのでよろしくです^^

コメント以外での問い合わせはサイト「お仕置きの部屋」のHPからか、こちらのメールフォームからお願いします。
スマホ版からはメールフォームが表示されないので、一度スマホ版のメニューから「PCビュー」をクリックすると、PC表示になるので、そちらからお願いします、そこにはプロフィールも掲載されています^^
以上よろしくお願いします。



新型コロナウイルスもがおさまりつつありますね、今日は月曜日なのでそこまで数値は参考にできないようですが、東京を基準に今週この状態が続けば緊急事態宣言も5月末を待たずとも解除されるかもしれません。

その時はお仕置き活動を再開しますので、悪いことが溜まってしまった子、だらけて自制ができなくなってしまっている子、テレワークでサボってしまった子はお尻ペンペンのお仕置きを受けましょうね。
バレなきゃいいなんてもっと悪い子になってはダメですよ、自分から行動を起こさないといけません。

この長い自粛でストレスはたまるし、余計に欲求が強まってしまっているでしょうから早く緊急事態宣言が解除されるといいですね。
自分自身を出せる場所で心を解放して気持ちを切り替えましょう!
ま、解除されても油断は禁物ですけどね^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

愛情あるお仕置きの愛情とは

家庭的なお仕置きでは、親から子への愛情のあるお仕置きという表現をよくしますが、その愛情とはどのようなものでしょうか。
愛情というのは相手を想う気持ちですが、それが一方的では成立しません。
愛情とは相手に伝わって初めて本当の愛情となるので、いくら相手に愛情があっても伝わらなければ逆効果です。
その場で伝わらなくても後で伝わればそれでもいいと思います。

愛情を伝えるにはまず相手の話をよく聞くこと、相手の言い分もよく理解すること、相手をすべて受け入れてすべて認めてあげることです。
その気持ちを理解した上でダメなものはダメと、相手が理解するように理由を説明して納得させることが大切です。
またその場の威圧的な雰囲気で、理解していないのに理解した振りをしてしまう場合があるのでそうならないように優しく確認も必要です。

あとは口調や言葉遣いも関係してきますが、このように接していれば相手のために親身になっているということが伝わり、愛情を感じられるはずです。
愛情のある家庭的なお仕置きでは、この要素は確実に必要で、これが不足するといくらお尻を叩かれてお仕置きされてもいまいち満たされないという結果になるでしょう。

これは一般的な子供の躾でも同じことです。
感情的に叱られてきた子は親との確執を未だに抱えているケースが多くあります。
話を聞いてみると親なりに愛情は持ってはいるようなのですが、それが本人に伝わってなく、自分は愛されていないと心に傷を持ってしまいます。

親としては愛情を持ってはいるようですが、愛情があるからそれでいいわけではありません、その愛情表現の仕方が間違っている、つまり愛情が本人に伝わっていないと子供は愛されているとは思わないわけです。
そういうケースの場合、本人に「親は間違いなく愛情は持っていたけど、その方法が間違っていた」とお話をします。
スパルタでも愛情がある場合が多く、愛情があるから厳しくしたり、突き放してみたり、他の子や兄弟と比較したりします。

「家を追い出すよ、どこかで拾ってきた子だ、何をやってもダメだな」などとあえて頑張って欲しいと願って言う親もいます。
優秀な成績をとっても褒めない親もいます、それはそこで満足してほしくないから、もっと上を目指してほしいという思いからですが、それも親にとっての愛情です。

私はそれを歪んだ愛情と表現していますが、相手を否定したり突き放すような言葉は人によっては愛情に感じる人もいますが、半面愛されていないと思う子もいるんですね。
同じ兄弟でも感じ方は違いますから一方が愛を感じて、一方は愛を感じないということもある話で、だからこそ躾というのは愛情を相手に伝えることをしなければ逆効果になってしまう事があるんですね。

もしその状況で体罰であるお仕置きをしたとしたら本人は虐待としか思わないでしょう。
だからこそそういう子は愛情のあるお仕置きを求めてしまうんだと思います、愛情や温もりを求めてなので必然なんでしょう。
そしてスパの家庭的なお仕置きも同じように、キーさんが愛情を受け取らないといまいち満たされないものです。

だからこそしっかりと相手の話を親身にしっかり聞くことや、お説教では悪い事の理由を説明して納得させることが大切で、それからお仕置きです。
そしてお仕置きの後のアフターフォローが仕上げで、愛情があって叱ったことを示して不安を取り除かないといけません。
叱られる行為というのは”もしかしたら見放されたのかもしれない”という不安がつきものですからね^^

自分の子供を叱る時は感情的になりがちです、冷静に躾として叱らないと子供は愛情を感じないで確執を生むことにつながるので、子育て中のママは要注意です。
特に教育に力を入れすぎているママはヒステリックになりがちなので気をつけないといけません。
万が一自分がコントロールできなくて暴走してしまった時は、後で抱きしめてあげることは効果的です^^

私はこういった視点でキーさんを見ているので、全てがうまくいっているとは思いませんが、相手を想う心を相手に伝わるようにお話をしています。
いろんな意味を含めて話をするので誤解が生じることはありますが、その場で伝わらなくても後で伝わる子もいます。
このような姿勢は今後も大切にしていきたいと思っています。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示