新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスがCOVID-19(コビッドナインティーン)と名付けられましたが、まだまだ猛威を振るっていますね。
現在は感染者約78000人、死者は約2600人という事態になって、隔離ではもうどうにもならない、日本各地で感染源のわからない感染者が広まりつつあります。。

何が怖いかというとこのウイルスはまだどのようなものかがはっきりとわかっていないということでしょう。
おそらく今から日本でも爆発的に感染が広がって蔓延するでしょうが、それでもウイルスについてよくわからない状態であればかなりの恐怖でパニックになるでしょう。

ただ、ある程度解明され、治療薬も現在の何かしらの薬で代用できることが分かれば、インフルエンザと同じような扱いになり、これまでの恐怖とは少し違う感覚になるでしょう。
とにかく怖いのは肺炎であって、軽症者は風邪の症状でおさまりますが、悪化すると肺にまでウイルスが行き、肺炎になってしまうので、特に高齢者は要注意となります。
普通の風邪でも悪化したら肺炎になりますけど、このウイルスは特に肺炎になりやすいタイプのウイルスなんだと思います。

私の予測ではピークは3月いっぱいで、ゴールデンウィークの頃にはおさまってくるのではないかと思います。
それは単純に風邪ウイルスは気温や湿度の上昇に弱いからです。
それでも夏でもコロナウイルスによる風邪はあるわけで、これは終息はなく感染者がいなくなるということはないと思います。
すなわちこのまま一般的な風邪として蔓延する可能性が高いのではないでしょうか。

ウイルスはその個体では生命を維持できないので、人間のような生命体の宿主が必要で、その宿主の細胞の中で増殖をしていく生き物です。
なので宿主がなければ生きていけないのでドアノブやつり革等についたウイルスは2~8時間ほどで死滅するとされていますし、環境によっては24時間~48時間という場合もあるそうです。

しかし新型コロナウイルスはドイツの研究チームによると、平均4,5日、最長9日間生きられる可能性を示唆したと発表しており、それがその通りなら、それはそれは驚異のウイルスということになってしまいます。
これはいってみれば人間とウイルスの戦いですね。
人間は自分たちが住みやすいように地球を支配して人間本位に地球を操っていましたが、地球の生命体は人間だけではないので生物の本能としても反逆するのは自然の摂理です。

ウイルスに攻撃されない対策として、私たちが個人でできるのは予防しかありません、予防というと、うがい、手洗い、マスクが基本となっていますよね。
ウイルスを付着させないというのは物理的に不可能なので、ウイルスが付着したり体内に侵入してしまうのは避けようがありません。
しかしその付着した個数は減らすことができます。

仮にの話ですが、1000個ついたウイルスを100個くらいに減らすことは可能ですし、減らしたウイルスが体内に入っても今度は人間の持っている免疫力でやっつければ全て死滅させることができます。
いかにして体内に入るウイルスを少なくし、いかにして大量のウイルスを死滅させる免疫力があるかがポイントになると思います。
また普段はある程度の個数のウイルスを死滅させていても、寝不足やストレス、疲れや体を冷やすことで、普段持っている免疫力を落としてしまうと、ウイルスの増殖を許し、風邪やインフルエンザにかかってしまい、そういうケースで体調を崩す人は多いです。

つまり対策にはうがい手洗いマスクに加えて、免疫力の維持やアップも必要なことです。
あまり除菌除菌と気にしていても菌やウイルスに弱い身体となってしまうこともあるのでやりすぎはよくないこともあります。
私も独自の免疫力の維持やアップをしていますが、独自なものなので、真似して体調不良になられても困るのでここでは伏せておきましょう^^;
まぁ筋トレとは違いますが、いろいろな方法で人間の体の機能を向上させるみたいな感じです^^;

それと予防の一つにマスクというのが常識となっていますが、実はマスクについては予防としてのエビデンス(科学的根拠)がありません。
インフルエンザの予防を検証する研究がいくつかされており、ランダム化比較試験の結果で、いずれもマスク着用と非着用のインフルエンザ感染発症率に統計的有意差はなかったと出ているので、専門家の間ではマスクの効果は無しとされています。

逆にマスクを一旦外してポケットの中やカバンの中に入れたりしていると、そこからマスクにウイルスが付着したり、取り外した手からマスクにウイルスが付着し、それをまた使用するとウイルスが直接口についた状態で呼吸することにもなりかねません。
ウイルスはマスクの細かい網目も通り抜けるので、使い方によっては逆効果になりますので過信注意です。

ただ、マスクは感染者が飛沫を飛ばさないようにするためには大きな効果はありますし、保湿効果もあり、正しく使えばデメリットはないみたいですから、あったほうがいいかなとは思います。

ま、ウイルスに対抗するには予防しかありませんからしっかりと体調管理をして予防は徹底しましょう。
とにかく3月いっぱいは気を引き締める必要があります。
これからの情報次第でいろいろと状況は変わってきますが、重症者も確かにいますが、軽症者も多いことからもあまり恐怖に感じないように、感染した人を差別的に扱わないようにすることは大切だと思います。
いち早く感染して、新型コロナウイルスの抗体を手に入れる!という考え方もありますしね(命がけですが・・・)

あのダイヤモンドプリンセス号の中でも700人弱の感染者が出ましたが、あんなに閉塞された空間、しかもほとんどが高齢者にもかかわらず3000人以上は感染しなかったわけですから、感染しない人にはしない、軽症者も多いし、肺炎になりやすい風邪ウイルスというちょっと軽い感じで受け止めた方がいいのではないかと感じます。

このままの状態で外出も避け、イベントの中止が続いたら、当然経済は落ち込み、それこそ大変なことになってしまいます。
インフルエンザで経済閉鎖なんてことは考えられないことですからね。
でも政府的には自粛を示唆せざるを得ないでしょうから苦しいところだと思います。

未だに新型コロナウイルスの正体が解明されていないのでこのような対応になっているので仕方ないですが、空気感染の疑いや、若い人の重症化、感染力の強さや発症前の人からの感染、などなどはインフルエンザでも起こっていることですし、空気感染についてはインフルエンザもそういう疑いをもたれて研究されている事でもあります。

なのでパニックにならないように、致死率も重症率もインフルエンザに毛が生えたくらいに思っていたほうがいいでしょう。
あくまで私の見解であり推測であるということは最後にいっておきます。
なので軽く考えないように、十分警戒をした上でパニックにならないようにという趣旨でのことですからね。
まぁこの経験則での推測は2,3か月後に明らかになるでしょうけど^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

ドミナントとサブミッシブ

ドミナントとサブミッシブという言葉が最近になってかなり広まるようになりましたね。
とはいってもこれは英語の言い方であって、日本語でいえば単なる主従関係(支配者と隷属者)です。
まぁ支配と服従の関係ということです。

そういう関係はこれまでは”SM”の主従関係という見方をされていて、支配欲のある人はS、支配される側はMと決めつけられていたんですね。
ですが実際はS(加虐嗜好)じゃなくても支配欲があったり、M(被虐嗜好)じゃなくても被支配欲(従属欲)がある人もいて、そういう人たちにとっては違和感でしかなかったんですよね。

まぁ昔のことはわかりませんが、もしかしたらキーとカーも昔はMとSと言われていたかもしれませんしね、そういう違和感です。
日本語で表現したら「俺は支配者嗜好だ」「私は隷属者嗜好だ」となり、そうなると少し滑稽というか、威張っているお山の大将的に見られそうですしね、そういうこともあってそんな表現はしなかったのかもしれません^^;

そんな中、ドミナントとサブミッシブという言い回しが出てきたことで、自分を表現する言葉として違和感なく受け入れられ徐々に広まっていった感じでしょうか。
「私はMではなくサブミッシブだ」と公言する人も多いようですが、もちろんその通りでMは被虐を好む性癖であるために、被虐を好まないサブミッシブ(服従欲)も当然います。

まぁ「私は服従したいタイプ」「私は隷属者(従属者)嗜好」と表現するよりも「私はサブミッシブ」と言ったほうがおしゃれでスッと心になじむ感じに聞こえますよね。
同じく「俺は支配者嗜好」というよりも「俺はドミナント」という方が全然センスいいですよね。

そもそもドミナントとサブミッシブという言葉が日本で頻繁に使われるようになったのは、2015年に公開された「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」という映画からだと認識しています。
この映画は私の知人からの勧めで観たことがあるのですが、簡単にいうと支配欲でしか性欲を満たせない男性がノーマルの女性に惹かれ、その女性と主従契約を結んだのですが、性癖の違いでうまくいかずすったもんだがあるという感じの映画です(笑)

ドミナントというのは支配者嗜好
サブミッシブは被支配者嗜好=服従嗜好=隷属嗜好=従属嗜好です。(どれも同じ意味です)
SMの関係であれば当然Sは加虐欲があり、Mは被虐欲があり、Sが罰を与えている時はM側は支配されてるという事になります。
つまりSがMを責めている時はドミナントとサブミッシブの関係といってもいいと思います(主従関係)

ただ加虐欲が無かったり、被虐欲がない場合はSでもMでもないので単なるドミナントとサブミッシブの関係になります。
SとMはもちろんですが、これがキーとカーであったりしても、管理監督という面から考えると場合によってはカーでありドミナント、キーでありサブミッシブというような関係もありえます。

これらは支配欲と被支配欲を持っている者同士の関係ですが、日常にもあることです。
それは会社の上司と部下であったり、師弟関係、親子関係、恋人関係等で、そうした関係を構築せざるを得ない環境下で起こり得ます。
従わざるを得ないという意味ではまったく別ものではありますが、契約や約束事をして本人の意思とは関係なく縛り付け、約束事を破ったら何かしらの罰があるわけですから、これも主従的な関係でドミナントとサブミッシブの関係といえます。

勘違いしやすいのはドミナントとサブミッシブというのは支配したい人と支配されたい人という意味合いであり、本来そこにSMは関係ありません。
しかしそういう関係の代表にSMがあり、SM的なお仕置きをするのでそう認識されるだけで、それがゲンコツでもビンタでも叱るだけでも、干されることでも、それは罰であり、性的な罰ではなく、そういう罰をくだす関係も当然ドミナントとサブミッシブです。

SとMの意味は加虐したい人と加虐されたい人
カーとキーの意味はお尻を叩きたい人と、お尻を叩かれたい人(叩く事が悪い事の罰かどうか人それぞれ)
ドミナントとサブミッシブの意味は支配したい人と支配されたい人

Mであり、サブミッシブの人もいます。
キーであり、サブミッシブの人もいます。
そしてMでもキーでもなく、サブミッシブだけの人もいます。

長々と書きましたが、ドミナントとサブミッシブという関係にSMや性的な事をこじつけないで単なる支配と従属と考えるとわかりやすいかと思います。
その中で自分がどういう嗜好を持っているか、それが一つなのか、複数持っているのかを見極めて、自分の嗜好を探っていけばいいと思います^^

ちなみに私の性癖はドミナントでS、私のプライベートの深い仲の人たちは全てサブミッシブということになるでしょう・・・。
それはこれまでお付き合いした人全員に対してそうだったような気がします^^;
こういう性格だからこそキーさんと相性がいいんだと思いますよ^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

支配と管理

前記事の管理されること という記事の中で支配と管理は似ているようで違いますと書きましたが、今回はそういったお話をしたいと思います。

人間に対する支配と管理という意味は同じ部分もありますが、まったく異なる部分もあります。
それは親と子供を例に挙げてみると分かりやすいかもしれません。

親は子供を管理するものです。
健康や食事、生活習慣はもちろんのこと、社会性を身につけさえるために教育や躾をします。
それは将来しっかりと自立し、社会に通用する人間に育てるために必要なことで、そういったことも含めて管理監督をするわけです。

しかしそれが支配だとしたら話が違ってきます。
支配とは自分の思うとおりに相手を束縛することで、それは自分の理想を押し付けるような躾となります。
もちろん生まれたばかりや自我が芽生えるくらいまでは完全な支配が必要ですが、自我が芽生えてからの支配は単なる押し付けや強要になってしまう場合があります。

学歴や職業にこだわり、自分が成しえなかった夢や自分が経験して後悔したことを子供にさせないようにするために支配しがちなんでしょう。
それが子供の意思であれば何も問題ありませんが、無理矢理子供に強要するということが問題なわけです。

そういう親は子供のことを思うからこそ強要する場合もあれば、単に世間体だけを気にして子供に強要する人もいます。
しかし子供にとってはそれは自分の人生とはいえません。
親に怒られたくない、叩かれたくない、機嫌を損ねたくない、見捨てられたくない、嫌われたくない、、、
そういう恐怖心があると親のいうことを聞かざるを得なくなってしまう心理状態になってしまいがちです。
しかしそういった人生を振り返ってみると自分のしたいことができてなかった人生に無性に虚しさを感じるものです。

管理というのは子供が一般社会で通用するような社会性を身につけさせるために管理監督すること。
支配というのは親のエゴで子供が納得していないことまで強要してしまうこと。
納得してなくても社会性を身につけさせるためには支配も必要なので、支配と管理は同じ意味合いな部分もありますが、やはり明らかな違いはあるんですね。

親子関係を例にとりましたが、人間を支配する、管理するというのは似ているようで違うものです。
キーやカーの関係性でも管理したり、支配したりということがあります。
管理というと生活の管理となりそれは親と子供の例と同じですが、大人が大人を支配するとなると相手が従属するわけで、従属するのは本人の意思でもあるのでそこは親と子供の例とは違ってきます。

大人になっての支配関係というのはSMの主従関係というのがあげられるでしょう。
支配というのはその中に管理も含まっていますし、絶対服従的な意味合いもありますしね。
そのような支配関係のキーさんとカーさんもありえますよね、それは家庭的な関係ではないキーさんとカーさんですけど、主従だからといってSMだ!というわけではないですからそれもありうる関係です。

その関係に関してはここ数年前からは映画の影響もあり、支配と従属の関係を「ドミナント」と「サブミッシブ」と英語での言い回しが一般的になりつつあるようですね。
「私はMではなくサブミッシブ」と訴える人が増えた気がします。

とうことで次回は支配者(ドミナント)と従属者(サブミッシブ)について分かりやすく書いてみようかと思います。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

管理されること

お仕置きを好むキーさんは基本的に管理されることを望んでいるものです。
それは悪いことに対してお説教をし、二度としないようにという意味も含めてお尻ペンペンのお仕置きをするわけですから、そこでカーさんとキーさんはこの悪いことに関しては管理する側とされる側になるからです。

管理しているからこそ今までの悪いことを把握しているわけで、また繰り返したらもう少し厳しくお仕置きをすることになります。
更に同じ悪いことを繰り返すようなら目を光らせてその都度確認したりしますから、それは結果管理なわけです。
管理という言葉が生々しいので、思わずそれは違うと感じたとしても、放任ではお仕置き関係は成立しないわけですし、一度お仕置きされたこととか約束したことをカーさんが忘れていたとしたら嫌な思いをするでしょうから、お仕置きを好むキーさんはある程度の管理を望んでいるということになります。

管理とは聞こえが悪いですが、子供は親の管理下にありますよね、そういう意味でも管理はお仕置きのセットのようなものです。
躾をするということは相手をしっかり見ているということであり、そういうことで愛情を感じて満たされるのが家庭的なお仕置きを好むキーさんでもあります。
お仕置きはされたいけど、その土台にはこういった管理されているという愛情が無ければ満たされないのがお仕置きを好むキーさんでしょう。

ただその中にも非常に強く管理されたいと思うキーさんもいます。
管理されていたり監視されていると思ったら約束をしっかりと守れる力が芽生えてきたりします。
自分の今日の目標を決めて報告することで、その目標を達成できる原動力になったりするようです。

また、約束をしたことが毎日できているかどうかの報告をすることで、自分の力だけでは怠けてしまうところにプラスαの力が働いてできるようになったり、出来ない日があったらそれについてはお説教されて後日お仕置きとなるので、改めて気持ちを引き締めたりもできるようです。

もっと管理されたい人は起床の挨拶から就寝の挨拶まで、すべての行動を報告してそれが自分の活力になったりするようで、こういう人は”管理下欲”がかなり強いんでしょうね。
ここまで行くと支配関係みたいな感じですが、支配と管理は似ているようで違うところがあります(そこら辺の話は後日記事に書きたいと思います)

私の活動でもそういう意味ではキーさんを管理しています。
もちろん日常的な管理ではなくお会いした時に、約束したことを持続できているか、悪いことを繰り返してないか、新たな悪いことは無かったか、ということを確認しているのでこれも管理です。

私の場合キーさんとはパートナー関係ではないので、日常的な報告などのやり取りは対応できませんが、お会いした時にしっかりと対応するようにしています。
一度した約束や反省内容、そして大まかな話は基本覚えていますし、そうであるからこそパートナーっぽくやり取りができているんだと思います。
まぁたまに忘れることがありますけど、そこは人間ですから大目に見てください^^;

それでも私は何人ものキーさんと接していますが、キーさんからしたら私だけという人も多いので、それなのに話したことを忘れていたり、違う人と間違えて話をしてまったらやはりショックですよね、そういうことがあったときは深く深く反省しますし、もしそういう事があったら遠慮せず怒ってくださいね^^;

で、管理されることに強い喜びを感じる人は稀にいますが、そこまでではなくてもキーさんは相応の管理を望んでいると私は思っています。
お尻を叩かれるというよりも自分のこれまでのいきさつをしっかりと知っていてくれなければその場限りのお仕置きとなってしまします。
こちらが相手のすべてを把握して、いい子とも悪いことも日常生活も把握しているからこそいい関係性が築けるのではないでしょうか。




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示