Q&A 「お仕置き欲求について」

コメントから来た質問です。
質問があると記事も書きやすいのでスパ関係でも日常のことでもなんなりと質問してください^^
なお、質問はコメント欄からお願いします。


Q.
お仕置きを体験することで、逆にどうにもならなかった欲求が薄まらず、欲求が高まってしまうこともありますか?
人それぞれなので、きっとあると思います。
中には依存してしまう人もいませんか?
だからパートナーを作ったりしますよね、、、
それかパートナーまでとはいかなくても頻繁にスパンカーに会ってしまうとか、、、
高まっていく欲求をどうにか抑えたい、薄めたいと思っている人はどうしたらいいのでしょうか、、、?
京介さんなら具体的にどんな対応をされますか?
過去にあった例でもいいので教えてください


A.
お仕置きを体験することによって逆に欲求が高まってしまうということはよくありますが、それは一時的なもので、回数を重ねることによってお仕置きを受ける前よりも欲は薄まっていくものです。
ただカーさん側のお仕置きの仕方次第では自分の理想が満たされないという意味でどんどんと欲求が高まっていくことがあります。
例えば、お仕置きで初めて会った人が自分の理想のお仕置きとはかけ離れていたりすると、次の人を探すのは当然のことです。
初めはネットで会うということに抵抗があっても、一度経験してしまうとネットの人に合うこと自体麻痺してしまうことがあります。
なかなか理想のお仕置きをしてくれる人がいなければどんどんと理想を満たそうと欲求が膨らみ、結果たくさんのカーさんと会うようになり、それが欲求を高めていく要素にもなり得ます。

また、せっかくパートナーになっても連絡が少なくなってきたり、お仕置きがなくなってきたりすると、お仕置き欲求を満たしたくても満たせない、そうなっても我慢しなくてはならず、その我慢が欲求を高まらせる要素にもなります。
更にはパートナー関係を解消されてしまったら、お仕置き欲も薄まらず、次のカーさんを探し始め、結果お仕置き欲求が高くなることにもなります。

もう一つ、お仕置き欲求を上げてしまうのは遊び感覚のお仕置きやイチャイチャの感じのお仕置きで、”楽しむお仕置き”としてしまうと、そういう楽しい感覚を求めて別の感覚のお仕置き欲求ができあがってくることがあります。
本来のスタンダードなお仕置きとは別のお仕置きであり、そっちのお仕置き欲にシフトして欲求が高まる感じです。
もちろん遊び感覚で楽しいお仕置きの欲求がある人であればそれを体験する必要はありますが、そうでない、そもそもはスタンダードなお仕置きを求めている人はその要素は必要のないことです。

依存に関しては、お尻叩きに依存するというよりも相手に依存してしまうという表現の方が正しいでしょう。
そもそもお仕置き欲というのはお仕置きに憧れがあったり、お仕置きを求めてしまったり、実際に体験したいという欲のはずです。
しかしそれがいつの間にか疑似恋愛になったりして、お仕置き欲と同時にそれとは少しずれた欲求となってしまいがちです。

お仕置きという肌と肌を合わせる性質上よくあることですが、そこを楽しみたいカーさんは多いようなので難しい問題です。
実際そうされたらキーさんも信頼のおける相手であれば心地よくなってしまうものですからね。
心地よさは一連のお仕置きの流れで必須なのですが、その比率が心地よさの方がメインになってしまうと心の依存につながるのではないでしょうか。

また、パートナーを作ることも依存につながりやすい面があると思います。
カーさん側がしっかりと線引きしないで接すると、気持ちはどんどんと依存していくものです。
そういう相手への甘えが心地よくなってくると、お仕置き欲求にプラスして異性との心地よさの欲求も増え、それが依存につながります。
そういう関係になってからパートナー関係が解消されたら当然失恋のように寂しくて次のカーさんを探すことになります。
そうしなければ寂しくて辛くてどうしようもないので、これもお仕置きに依存ではなく、異性への依存に近いものがあります。


で、高まっていく欲求をどうにか薄めたいと思っている人はどうしたらいいか、ということですが、私がしていることは上記に書いてあることを踏まえての対応です。

私の対応としてはその人が望む形のお仕置きをして、欲求を満たしてあげることをしています。
人によって理想のお仕置き像は微妙に違います、コーナータイムは憧れという人もいればNGの人もいます。
それは道具に関してもお仕置きの体勢にしても、スタンダードなお仕置きの中でも人それぞれ違うものです。
なので、メールやカウンセリングでそのあたりの分析をしてどのようなお仕置きにしていくかを個々に考えています。

その上で、一度お仕置きを受けたらまた新たな要望を聞いたり、やっぱりNGだということを考慮し、次にいかしてしっかりと欲求を満たしていくという感じです。
スタンダードな家庭的なお仕置きが基本姿勢になっているので、おそらくそれに合った子たちが依頼をしてきているでしょう。

パートナー関係の問題ですが、私のところはパートナー関係ではないので、パートナーの解消というのはあり得ません。
こちらから呼び出すということもなく、キーさんがお仕置きを受けたかったり話をしたいという時に依頼するわけなので自分の選択で来たいときに来れるわけです。
みなさんが気にしている、見捨てるとか見放すということもありませんので、キーさんが来たいと思ったらいつでもこれます。
その分いつでも来れるという安心感と、お仕置き欲求がどうにもならなかったら行ける場所があるので、そういう意味で欲も安定していくと思います。

私としては依存にならないように接していますが、万が一依存的になったり、こちらのルールを何度忠告しても直らないという人にはきてもらうのはお断りします。
でもそれは私なりの依存関係にさせないという線引きなのでしょうがないところでもあります。
こういうことからも、もしお仕置き欲求を薄めたいと思うなら、パートナー関係より、依頼してくるという形の方がいいと思います。
一対一じゃないと嫌だとか、彼氏のような存在を求めたいとか、いつでも連絡とりあえる間柄じゃないと嫌だとか、そういう形にこだわるのならパートナーを探すしかありません。
ただ、理想のお仕置き関係を築いてくれる相手を探すのは困難です、いることはいますが、なかなかいないようです。

それと、キーさんとカーさんは肌をさらしてスキンシップをする関係なので、その間で信頼関係が出来上がったらカーさん側はどうにでも持っていくことが可能になります。
だからといって自分の快楽に走ったり、本気で付き合う気もないのに言葉巧みに依存させようとしたり、それが楽しいからキーとカーの関係性を超えるような行為をしてしまうのは私的にはしてはいけないことだと思っています。

まぁ結局、スタンダードなお仕置きだとしてもそれを体験することで、一時的に欲求が高まってしまう事はあります。
でもそれは回数を重ねるごとに徐々に薄まっていくものです。
欲求が高まるのはお仕置きを受けたことで気持ちが舞い上がってしまう事によるものですから、それは何度か体験すれば薄まってきます。

これまでブログにも書いたように、欲求を薄めるにはお仕置きを体験すること。
でもその中にはカーさん側がしっかりと線引きをして、相手の心をもてあそばないことが前提です。
また、性的なお仕置きやお仕置き観の違うお仕置きでは意味がなく、自分の理想に近いお仕置きを受けることが前提です。
これはキーさん側がどうこうできる問題でもなく、そういったカーさんを掲示板やツイッター等で探すには何人にもの人と会わなければなかなか難しいようです。

なので無難に欲求を薄めるなら、私のところに依頼をしてみてください。
心理的なカウンセリングも込みのスタンダードなお仕置きで、ブログにもサイトにも詳しく方向性が書いてあるので、そこらの知らない人とは違うと思います。

ちなみに私のお仕置きはみなさん厳しくて痛そうと思っているようですが、それも個々の要望に合わせてやっていますからね。
文字で書くとかなり痛そうですが、そこはお仕置きレベルの選択の問題でもあります。
通常なら”かなり痛い”ではなく”痛い”程度で終わってるはずですよ^^;
ま、要望のお約束は守っているのでそこは心配しないでください、初めは軽めでもいいですし気軽に依頼してみてください。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置きで興奮すること 3 終わり

前記事の続きです。

「お仕置き」や「お尻ペンペン」という言葉にドキドキと反応してしまう子、お仕置きが頭から離れなくて時によっては日常生活に支障が出る子、つまりそういう子達をキーさんともいうのですが、そういう子たちは家庭的な愛情のあるお説教やお仕置きに惹かれて興奮してしまう、そういう事について書いてきました。

”お説教””愛情””叩く(ビンタ、ゲンコツ)”、それ自体でもその一連の行為でも興奮まではしないものですが、ドキドキとして体の反応が出てしまうほど強烈に興奮してしまう要因というのは、叩く場所が”お尻”だからです。
叩く部分がお尻だからこそ、子供ながらもそこに”性”を感じ、そこが恥ずかしいとか、見てはいけないとか、いけないもの、という認識をしてしまい、スリルや羞恥などでドキドキとし、ドキドキとするから余計意識して頭から離れなくなっていくというお話をしました。
お仕置きで興奮すること1  お仕置きで興奮すること2

そういう厄介なお仕置き欲求をどう抑えるかについてですが、みなさん欲求が上がっていくにはそれなりの原因があるわけです。
最初は子供ですからお仕置きシーンといっても子供が見るようなアニメや本、もしくは実際に友達がされているのを見てというだけです。
それだけでドキドキしているのであればそこで維持できるわけです。

しかしそこからいろんなことを妄想したり、もっと成長すると、お仕置き関連のワードを検索してお仕置き小説を読んだり、実際にお仕置きの世界があることを知ってしまい、それでどんどんと欲求が強くなっていくんですね。

そこで新たな情報を得ることでいろいろな妄想をしたりしてドキドキして、小説でいろいろなシチュエーションを読んではドキドキし、お仕置きをリアルに体験できる場所があるんだと認識することでドキドキし、そうやってどんどんと自分の知らないお仕置きの世界やを知り、自分の理想やシチュエーションもできあがり、そういうものを探すようになり、それに比例してお仕置き欲求が強くなります。

結局欲求が爆発してしまうくらいまで膨らみそれを抱えてモヤモヤとしてしまうんです。
そういうものを見て自分を満たしているつもりが、実はどんどんと欲求を強めて自分を苦しめている要因にもなっているという皮肉な状況になっていくわけです。

そうなってくると、これはあるあるですが、やらなければならないことがある時に限って欲求が高まり、お仕置きの事ばかり考えて何も手がつかない状態になり、苦しくなることにつながります。
やらなければならないことでも忙しくて休む時間もない時や、自分の好きなことに集中している時などは欲は低下するのですが、面倒だけどやらなきゃいけないこと、例えば課題やテスト勉強や試験勉強、期限がある提出物など、そういう時には特に欲求が上がりお仕置きの事ばかり考えてしまって、やらなければならないことを後回しにしてしまいがちです。

また生理前などが絡むと欲が上がりすぎてどうにもならなくなり、そこで勢いでお仕置き体験するという人もたくさんいます。
まぁそういう勢いを借りてでしか勇気が出ないというのが正解なのかもしれませんが、やはり抑えられない欲求で翻弄されるのはとてもつらいことですよね。

だからお仕置き欲をこれ以上膨らませたくないならこれ以上新たなお仕置き関連の小説や動画は見ず、見るのであれば今まで見たことのあるものだけにしておくと新たな世界は広がりません。
ま、これは難しい話ですけどね、でも真剣に考えている方はそうやって実行して新たなものは見ないようにしてみてください。
一切合切禁止にすると余計に爆発しますからね、禁止はせず、お気に入りの小説を何度も見るなど、今まで見た範囲で処理するようにしましょう^^


前記事でお仕置きに惹かれている人は「お仕置きを考えると性中枢が刺激される」と書きましたが、ディシプリンの躾としてのお仕置きや家庭的なお仕置きは、俗にいうエッチな事とは違い、性的な事はご法度だし、性的要素もないものです。
それでもこれまで話してきた背景から、お仕置きを考えることで性中枢が刺激され、体が反応してしまうんですね。
そういう脳の回路になってしまっているということで、だからこそ興奮したりドキドキしたりするんです。

しかしそれはもう変えようがありませんし、そういう自分も本当の自分であって、表の自分も裏の自分も全て認めて受け入れることは、お仕置き欲を薄めたり卒業をする第一歩だと私は思っています。
そして卒業したい人は、何度かお仕置き体験をして欲を薄めていく作業が必要で、それを後手後手に回してしまうと更に気持ちが膨らみ年齢を重ねるごとに欲の薄め方が難しくなっていくんです。
なので若いうちに体験をして未知の世界をみて、欲を薄めていくことがお仕置き欲求を無くしたい人や卒業したい人の近道だと思います。

実際に何度もお仕置きを受けて、どうにもならないまでの欲求が薄まったという人は何人もいます。
何度もお仕置きを受けて自分の欲に決着をつけられたという人もいます。
これまで一人で抱えてきたお仕置きの想いをすべて吐き出したことによって自分を冷静に分析できて落ち着いた人もいます。
私の活動がカウンセリング主体だからこそ、お仕置きを卒業したい人には欲を薄めるカウンセリングとお仕置きを、そうでない人には満たすようなお仕置きということができるです。

お仕置きで興奮してしまう要因というのは人それぞれ違うこともあります、幼少期の衝撃的な出来事、幼少期からの家庭環境、学校での教師や同級生との関係など、それぞれ分析してみることで、自分では気づけなかった部分が見えてきて、要因のヒントが見つかることが多いんです。
それで欲求がなくなるかと言ったらそれはまた別問題ですが、自分を知ることで興奮の正体を知り、その上で体験することで幼少期に欲していた何かが満たされるということがおこり、そうやって欲が薄まるということもあるんですね。

単なるお仕置き、ではなく、心理の面でお仕置きと向き合い、自分のお仕置きのルーツを探り、その上でお仕置き欲を満たすというのは私もそれがしたいことですし、お仕置きを受ける側もそういうことを経験しておいた方が自分と向き合う為にもいいと思います。
ま、それには自分のお仕置きの想いを正直に吐き出していかないといけません。

ということで、長々とお仕置きで興奮することについて書きましたが、どうして体が反応するかなんて普通はわからないことですし、これまで誰しも謎と思っていたことです。
だからこそ性的っぽく興奮している自分に違和感を持ち、自分はMかもしれない、純粋なキーではない、自分だけ変なんじゃないかと考えてしまします。
更には他のキーさんからそういう話も聞かないから自分だけ特別なんじゃないのか、と悩んでしまうんですね。
しかしそれは多かれ少なかれみなさん同じような感覚のはずです、だからそれはそれで認めてあげましょう。

自分は変だ、こんな自分は嫌だ、こんなこと考えないようにしたい、と思う人はお仕置き依頼で欲を薄めてみましょう。
卒業ということではなく、そういう自分を受け入れてお仕置きで満たされたいと思う人はお仕置き依頼で欲を満たしてみましょう。

ここでのお仕置きは基本的には反省することがあって、それに対する罰です。
ビンタやゲンコツで痛い目を見るのと同じで、その類似行為としてお尻を叩くわけですから、後ろめたさなど感じず、むしろ健全だと思ってお仕置きを考えてみてください。

その方が精神的にも健全ははずです^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置きで興奮すること 2

前記事の続きです。

前回はお仕置きで興奮することについて書きましたが、今回は性的な事がない家庭的なお仕置きなのにどうして興奮してしまうのか、どうして頭から離れなくなってしまうのか、ということについて書いていきたいと思います。

前記事にも書いたとおり、躾としての家庭的なお仕置きに惹きつけられる一番重要な要素は「愛情」です。
叱られる愛情、厳しくされる愛情、見放されない愛情、自分だけを見てくれる愛情、自分のために考えてくれる愛情、自分を認めてくれる愛情、スキンシップの愛情など、愛情といっても様々ですが、単純に甘やかす愛情でも恋愛の愛情でもなく、その子の成長のためにその子に真剣に向き合う愛情です。

しかしこの愛情だけではドキドキと興奮はしません、人間に一番大切といってもいい愛情は誰しも絶えず欲するものですが、恋愛感情とは違う愛情の場合、それでドキドキと興奮することはありませんよね。

もう一つの要素である叩くことですが、お仕置きとして叩く行為であっても、何発も頭をげんこつで叩いたり、何発も往復ビンタをするようなものであれば、虐待的に感じて、それでドキドキと興奮することはないものです。
お仕置き願望を持ってしまった後にはそういう行為も類似行為として反応する人もいますが、お仕置きに惹かれてもいない時点では、そういう行為に嫌悪を感じる人がほとんどでしょう。

ではこのドキドキの要因は何かというと、それは”親から子への愛情”でもなく”叩く”でもなく、実はそこに”お尻”が介在するからです。
いくら子供といっても”お尻”というのは”性”を感じさせるものですし、女性というのはそういう部位には特に敏感です。
服の上からお尻という部分を叩くだけでもドキッとするのに、それがお尻を丸出しにされた状態でペンペンされたらどう感じるでしょうか。

もしお尻を丸出しにされてお仕置きをされているのを見てしまっては、それはとっても衝撃的だし、見てはいけないもの、考えちゃいけないもの、恥ずかしいものを見てしまったと思ってドキドキとして赤面してしまうのは当然のことです。
そういう恥ずかしくて赤面してしまうような事は後になって思い出してしまうものですが、そんなこと考えちゃいけない、忘れなきゃいけないと思えば思うほど意識してしまうものです。

お仕置きシーンを見るたびにお尻が目に入って羞恥心で顔を赤らめたり、丸出しのお尻を見ている事が、いけないこと、悪い事、あるいはエッチなことのように思ってしまいます。
そういうことを過剰に意識してしまうのは真面目で純粋なんでしょう、感受性が豊かということもあるでしょうね。
そういう子だからこそ、こんなことを考えてはいけないと自分に禁止の指令をかけてしまうんです。

しかしその禁止をかけるということが逆効果になることがあります。
人間の性中枢は禁止やタブーを犯すことによって刺激されるという報告もあり、刺激されることによって体が反応してしまうんです。
禁止やタブーとは、見てはいけないもの、隠されているもの、してはいけないこと、恥ずかしいこと、人が嫌がることなど、それを犯すときに不安やスリルという感覚が後押しし、それでゾクゾクして興奮してしまうことにつながります。

お仕置きシーンを見ても何も反応しない人は、それが変な事とか恥ずかしいこととかエッチな事とか、そういうことをさほど考えないから「あ、お仕置きされてる」くらいにしか感じないんです。
一方過剰に意識をしてしまう人は、それは恥ずかしい事だとか見ちゃいけないことだと考えるから余計にお仕置きが頭から離れなくなるんですね。
しかもそれを禁止しようとすると、逆効果で更に意識をしてしまい、そうやってお仕置きに惹かれていき、性的な事をしているわけではないのにお仕置きシーンで性中枢を刺激する回路が出来上がってしまうんです。

つまり無意識的に性中枢を刺激してしまっているので、自分ではコントロールできずに勝手に体が反応するし、そのうち「お仕置き」とか「お尻ペンペン」という言葉だけでも反応するようになっていくんです。
これは脳が「お仕置き=性中枢で反応」と組みこんでしまっているからで、だからこそ興奮もするし頭から離れないものとなってしまうんですね。
しかも一度そうやって脳で出来上がってしまった回路を遮断したり変更することは脳科学的に無理なようです。

無理だからこそ、お仕置き欲求を無くすことが難しく、だからこそ薄めていくことの方が理にかなっているんです。
欲求を薄めるには欲求を満たすことが必須となるので、それにはお仕置き体験をしなければ難しいということになります。
お仕置き欲求を薄めたい人にとっては深刻な事ですから、これは単なる欲求の解消ではなく、カウンセリングと体験による”治療”と考えれば、お仕置きを受けることに対してある意味割り切って考えられるかもしれませんね。

楽しみたい人はそのままでいいですが、卒業したい人は”治療”という名目でお仕置き体験すれば後ろめたさもかなり軽減できるのではないでしょうか。
私のお仕置き活動は欲求を薄めたい人にはそういう方向でカウンセリングとお仕置きをしていますし、そのままの自分を受け入れて欲求を満たしたいという人にはそのように接しているので、要望を言ってくれれば対応しています。
ま、実際にどちらのタイプにしても、スタンダードなお仕置きよってお仕置き欲求は薄まっていくものですけどね^^


ちょっとまた長くなりそうなので、ここらへんで切ります。
もう少し書いてみたいこともあるので、続きはまた^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置きで興奮すること 1

キーさんというのはお仕置きに惹かれているので、お尻ペンペンのお仕置きシーンを見たり聞いたりすると、いくら動じないようにしようと思っても、胸がドキドキとして反応してしまいますよね。
幼少期に見たアニメのお仕置きシーンや絵本でのワンシーン、もしくは実際にお仕置きを目撃したことがお仕置きに惹かれる主なきっかけとなり、それが頭から離れなくなってしまうというケースがほとんどです。

何も反応しないという人は平然とお仕置きシーンを見ることができるし、「お仕置き」や「お尻ペンペン」という言葉も恥ずかしげもなくすんなりと発言することができます。
しかしお仕置きでドキドキしてしまう人は「お仕置き」や「お尻ペンペン」という言葉さえも恥ずかしくて発言できないのですからそれは明らかな違いです^^;
更に言うと、そのワードを書くことさえ恥ずかしくてできない人もいるので、もうこれは相当意識しちゃっているということですよね。

しかしその”ドキドキ”というのは何者なんでしょうか。
小さい頃になんでかわからないけどお仕置きというワードやお仕置きシーンにドキドキしてしまうと、キーさんは口を揃えていいますけど、それは何なんでしょう。

そのドキドキの正体は何かというと、それは「興奮」なわけです。
家庭的なお仕置きをされていて、性的な事をされているわけじゃないのに興奮してしまう、そこに戸惑いや”なぜ?”という疑問が生まれますが、性的じゃないことでも性的興奮に似た現象が起こることはあるんです、特に女性脳はそういう部分の感受性が豊かなんですね。

例えば好きな人のスポーツしている姿や働いている姿、スーツ姿やカッコいいと感じるしぐさなど、性的な事でなくてもそういうところで気持ちが舞い上がったり、それがただの興奮だけではなく性的に興奮するというのも女性にとっては正常な事でもあります。
しかし男はというと、そういうことでの性的興奮はほぼありません。
一般的には女性の裸や性的なことなど、直接的な要素で性的興奮をするのが男性脳ですから、女性のこういった感覚が理解できないのはしょうがないでしょう。

こういうことからも、性的な事では無くても人によってはお仕置きにドキドキする、興奮するという現象が起こります。
で、お尻を出したり、お尻を丸出しにして叩かれたりというのは、見てはいけないものであったり、特に女性にとっては恥ずかしいと感じることでもあります。
そこがキーポイントとなりますが、お尻を出したり、お尻を出して叩かれるというのは、一番のドキドキの要因ではありますが、キーさんが求めているものという意味ではこれは副産物的なもので、単純にお尻叩きそのものだけであればお仕置きに惹きつけられることはなかったでしょう。

それでは何が一番の要素かというと、それが「愛情」なんですね。
叱られる愛情、厳しくされる愛情、見放されない愛情、自分だけを見てくれる愛情、自分のために考えてくれる愛情、自分を認めてくれる愛情、頭を撫でられたり良い子良い子したりするスキンシップの愛情、、、、など
こうした感覚的な愛情が土台で、これが無ければ幼少期にお仕置きにドキドキすることはないでしょう。

いくら幼い子供でも、無条件で愛されている行為だと無意識に感じるからこそ惹きつけられるんですね。
脳裏に焼き付いてしまった今ではお尻を叩かれることでドキドキと反応してしまいますが、その根底には必ず”愛情で満たされる”というものが隠れているはずです。

その上でのお尻ペンペンです。
無償の愛情だけでは興奮はしませんが、そこでお尻を丸出しにしてペンペンするからこそドキドキして興奮してしまうんです。
逆に、愛情がないお仕置きだとしたら全く興奮はしないでしょうし、そうであるならお仕置きに興味を持つこともなかったでしょう。

このように考えると、愛情で満たされることとお尻を叩く行為は、別々で考えたら興奮するものではありませんが、それが合わさることによって相乗効果でドキドキとしてしまい興奮してしまうんでしょうね。

こういうことからもお尻ペンペンでドキドキとして興奮してしまう事は愛情を求めているということにすり替えもできるので、それは正常な想いであり、それを気にする必要は全くありません。
特にお仕置き未経験者はそれが膨れ上がりすぎてどうにもならなくて苦しいくらいになっている人は多いようです。

実際のお仕置きでは痛が伴うので、お尻ペンペンされている時に興奮することはほとんどないことです。
そして痛いからお仕置きは嫌だというのも本音です。
小説の世界ではなくて現実のお尻ペンペンではそうなるものです。

ただそれでも一連のお仕置き行為に惹かれているわけなのでどうしてもお仕置きを求めてしまうんですね。
お尻を叩かれて痛いし、気持ちよくないし、嫌だけど、それを乗り越えないと最後の許しとスキンシップまでいけない、そこにたどり着けば理想の満たしがある、そこまでがセットだからこそ痛くても乗り越えなくてはいけないんですね。

しかし実際のお仕置きは痛くて嫌で興奮はしなくても、妄想のお仕置きは興奮するものです。
痛くてその時は二度とお仕置きは嫌だと思っても、家に帰ってからその時のことを思い出して興奮したり、動画や小説を見て興奮してしまうのもキーさんでしょう。
そういう自分は変だ、自分だけかもと悩む人はいますが、お仕置きに憧れを持っている人にとってはそっちの方が普通です。
お仕置き中は痛くていやだけど、お仕置きが終わった直後にはもう少し叩かれたいと思ったり、キーさん心理は複雑です^^;

男性はその興奮をすぐにセックスに結び付けますが、これはセックスとは違う興奮、もっというと、お仕置きの流れで性的な事やセックスがあるとお仕置きが台無しになって、逆に嫌悪してしまうんですね。
だから性的な事と家庭的なお仕置きを別物としてとらえないと価値観の違いが生まれてしまう事になるんです。


少し長くなりましたのでこの続きは次回に^^;
次回は性的な事がない家庭的なお仕置きで興奮してしまう事、なぜ頭から離れなくなってしまうのか
以前も似たようなことを記事にしたと思いますが、そこら辺についてもう少し書いてみたいと思います^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置きは秘め事

お尻ペンペンのお仕置きにドキドキしてしまっている自分がいる事、そのことは自分だけの秘め事として長い間心にしまっているという人がほとんどですよね。
秘め事とは秘密なわけですから、自分以外の人の前では偽りの自分を演じていなければならない、偽りというのは大げさですが、変に思われるのが嫌だから黙っていなければならないと自分自身に言い聞かせているわけですよね。

それでもどうしてもお仕置き体験したくて、掲示板のカーさんや私のようなサイトの管理者にお仕置きをしてもらったとしたら、その人の前では偽りの自分じゃなくて本当の自分でいられるんです。
世の中、世間体を気にして、本当の自分を出せないということは多々ありますよね。
親や先生のいうことを聞かなければ悪い子と思われてしまう、世間的な常識から外れてしまうと悪い子のレッテルを張られてしまう。
セクシャルなことにおいては特に自分を偽って、本当の自分を出せないで苦しんでいる人はたくさんいるものです。

でも自分は自分です、自分の人生は自分で決める、自分の好きなこと、自分がやりたいこと、自分が表現したいことは実行する。
これが本当の自分です。
周りから何か言われそうだからといって偽りの自分を演じていては、それは自分の人生を生きたことにはなりませんよね。
といっても現実は何かしらは我慢して自分を偽らないと不安で、必死に偽りの自分を演じているという人は多いでしょう。

しかし、それでも自分の欲求くらいは吐き出し、本当の自分でいられる居場所という空間は必要じゃないかと私は思います。
仮に「お仕置き」「お尻ペンペン」という一連の行為に惹きつけられるのであれば、それも本当の自分であって、そいういったことをある一定の人だけの前でさらけ出して心を解放できたら、それは二人の秘め事でも、本当の自分を出せたことになります。

学歴主義、良い大学を経ていい企業に就職する、こういう人になってほしい、こういう職についてほしい、、、
そういうしがらみで他人の人生の代理みたいな生き方をしてきたとしても、唯一自分の欲求だけは解放してみる
モヤモヤとしてるのにいつまでも欲求を封印して心を乱し、余計に自己嫌悪に陥るくらいだったら、ぱっぱと欲求を解消した方が賢明です。

自分だけの秘め事にしないで、誰かと共有の秘め事にするだけで自分でいられる、自分を出せる、そういうことだけで心が楽になることもあります。
恥ずかしいことなんてありません、分かり合える人通しで分かり合えばいいだけなんですからね。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示