嫌だけど好きなお仕置き

お仕置きというのは嫌なものです。
しかしその嫌なものを求めてしまうのがディシプリン派のキーさんですよね。

ほとんどのキーさんはお尻ペンペンのお仕置きが好きですが、それはお仕置きは嫌なものという前提だからこそのお仕置き好きなんですね。
なんか矛盾していますが、キーさんにとってのお仕置きは、嫌だ嫌だしているシチュエーションであったり心理面で嫌なものというもので、その”嫌”があるからお仕置きに惹かれてしまうんです。
それが嫌だけど好きということなんですね。

キーさんと言えど、自分のミスやダメなところを叱られるのは誰しも嫌ですよね
お尻を叩かれるのだって痛くて嫌なはずです
更にはお尻を丸出しにされるのはとってもとっても恥ずかしくて嫌ですよね
しかしそれでも、自分のために、自分と向き合ってくれ、自分だけを見てくれている、というシチュエーション下でのお仕置きであればゾクゾクとしてくるものです。

まぁ実際はそんな単純なものではなく、子供のように叱られることや、お尻ペンの痛みを我慢して耐えきって許してくれた時の安堵感、体が触れ合うことで感じる温もり、お仕置きが終わった後に見捨てられてない、愛されているんだという安心感、更にはスキンシップや抱っこなど個々に求めているシチュエーションもありますが、結局は最初から最後まで、一連のお仕置きの流れが好きなのであって、叱られるだけ、叩かれるだけ、スキンシップや抱っこだけというのではなかなか満たされないのが家庭的なお仕置きを求めるキーさんでしょう。

こんなこと考えている自分は変だと思って悩んでいても、ネットで調べていくうちに同じような人がいることが分かり嬉しくもあり、それで安心するものです。
小さい頃から自分だけおかしいんじゃないかと悩んできた子にはこれはとても嬉しい知らせみたいですね。

それでもリアル経験のないキーさんはネットで知らない人と会ってお仕置きを受けるのは怖いので、自分にブレーキをかけてしまい、それで前に進めない子が多いようです。
しかしそれによって更に自分が苦しくなり、日に日にやらなければならないことに集中できなくなり、余計に辛くなることになっていくものです。
お仕置きを経験できたら楽になると思っていても勇気が出ない、そんな風に思っている人はたくさんいるようです。

初めてのお仕置きを受けるキーさんのほとんどがそんな感じで、気持ちが爆発してどうにもならなくて勢いで連絡をしてしまったと、お会いした時によく聞きます。
ブログやサイトがあるから安心できるというわけではなく、それでも不安でしょうがないみたいですね^^;

実際はやはり思い切って一度お仕置きを受けると、これまで溜めてきたものが吐き出せ、心がリフレッシュするものです。
スタンダードなお仕置きを1回経験してみて欲がおさまる人もいますし、そうでなくてもそれなりに欲は薄まります。
一時的に欲が上がることはありますが、これも何度か経験するとお仕置き欲求は薄まっていくものです。

お仕置きは罰ですからね、いけないことなんて思わずに、どうしようもなく欲求が膨らんでしまっている人は是非勇気を出して連絡してみてください。
痛そうなのが恐怖ということであれば軽めのお仕置きでとりあえず経験するというのできますからね^^

キーさんであればお仕置きを受けたい、お仕置きを求めている、お仕置きが好きだ、ゾクゾクする、という気持ちがあるのは当然ですが、心の中では「お仕置きは嫌だ」と思っていてくださいね。
そう思い込んでおけばいいだけのお話しです^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

言葉遣い

つい最近、弁護士とやりとりすることがあったのですが、その時のお話しです。
その案件が特殊な事例だったため、懇意にしている弁護士さんから紹介してもらって、その弁護士さんとは初めてお会いしました。

打ち合わせ後、私が聞き忘れた事があったので電話をし、話を終えて電話を切る時に私は「失礼します」といったのですが、相手の弁護士は「失礼いたします」といって電話を切ったんですね。
私→「失礼します」 
弁護士→「失礼いたします」

そのたわいもない「失礼いたします」という言葉に衝撃を受けたんです。
それはその弁護士は貫禄のある60代前後の方で、私の方が一回り以上も下にも関わらず、丁寧に「失礼いたします」という言葉を使ったことが理由ですが、それ以外にも私の主観ですが、弁護士の方は結構横柄な方が多いと認識していてその部分でもそのギャップにびっくりしたのもあるんですね^^:

私はこれまでお客さんの対応では「失礼いたします」という言葉を使ってもプライベートでは必ずと言っていいほど「失礼します」で済ませていました。
それは目上であってもですが、なにか「失礼いたします」という言葉はへりくだりすぎて使いたくないというのが無意識にあったんだと思います。

でもその弁護士さんは、私が「失礼します」という言葉の後に、ブレずに「失礼いたします」と返した言葉が頭に残り、その言葉はとても素敵だなぁと、私も今後はその言葉を使ってきたいなぁと思ったんです。
若い頃は人にへりくだるのがとても嫌だったのですが、歳を取った今言われてみると、そうやって他人に対してへりくだれるのは、とても素敵だなぁと感じ、なんか若い頃とは変わっていくもんなんだなぁと実感しました^^;

まぁ日常生活のたわいもないやり取りでしたが、今後は丁寧に挨拶をするときは「失礼いたします」という言葉を使いたいなって思いました。
これも一つの成長ですかね(笑)



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパの出会いは難しい

前記事にて「遊びのスパ」反省のスパ」について書きましたが、それについてのコメントが多数だったので、みなさんやはり何かしら気になっている部分はあるようですね。

コメントの中身は似たり寄ったりですが、一番核心をついているなぁ、なるほどなぁと思ったコメントがあったので一つ紹介したいと思います。

↓コメント↓
「私は、お仕置きとしてのお尻ペンペンを求めるタイプなので、ラブスパや遊びのスパは、多分ダメな方だと思います。
でも、掲示板で「カー」と言っている方のだいたいはラブスパを望んでいるか……エッチ目的が多いような気がします(^_^;)
実際、そんな方もいらっしゃいましたし、遊びのスパ?でシナリオを用意してくる方もいらっしゃいました。
スパの掲示板で「カー」と表記すれば、出会い系のサイトより女性と会える確率が高いと聞いたことがあります。
なかなか、反省のお仕置きをしてくれるカーさんに出会えるのは難しいです。」


やはり私のブログを読んでる方のほとんどはお仕置きとしてのお尻ペンペンを求める方が多いようですね。
それはそうでしょう、このブログは躾としてのお仕置きをメインに書いているんですからね(笑)

私の中でのスタンダードなお仕置きは、親から子への家庭的なお仕置きであり、悪い事に対して叱り、罰としてお尻ペンペンをします。
もちろん性的快楽を助長するような性的なことはご法度です。

まぁその中でもキーさんによって、より家庭的なお仕置きを求める子、厳しさを求める子、更には滅多打ちを求める子といて、そこは当人との確認の上で調整しています。
また、お仕置きにファンタジーで求める人、ガチに反省したくて真剣に求める人もいて、組み合わせると本当に様々なキーさんが私のところには来ていますが、それはスタンダードなお仕置きで罪悪感を払しょくして反省したり、精神的な満足感を得たいからなんですよね。

キーさんによっては性的な事がないスタンダードなお仕置きでも性的快楽を得ている子はいますが、それは精神的に自分の中だけで感じていて、それが相手側に伝わらなければそれはそれでお仕置きは成立しています。
それはファンタジー系のお仕置きになりますが、こちら側は一貫してスタンダードなお仕置きをしているだけなので、何も問題はありません^^

また、このようなお仕置きをラブスパだと勘違いしているカーさんやキーさんもいるので、こういうことで「自分はラブスパ好きなのかも」と悩んでいる人はそれは違うと認識したほうがいいと思います。
ラブスパ自体に何か違和感を感じている人はディシプリン派でしょう。

しかし一方、上記のコメントでは
「掲示板でカーと言っている方のだいたいはラブスパを望んでいるか、エッチ目的が多いような気がします」
とありますよね。
私にはこうやって聞くことでしか知りえない事ですが、これもよく聞く話です。
本人の実体験なので、これが現状なんでしょうね。

遊びのスパでシナリオを用意してくるというのはごっこ遊びのスパをしたいカーさんということでまだ理解できますが、スパの掲示板で「カー」と表記すれば、出会い系のサイトより女性と会える確率が高いから利用しているという情報は初耳です^^;
確かにキーさんから聞いた話では掲示板で出会ったのにお仕置きがなかったとか聞くこともあり、私の中では「???」だったんですが、そういうことだったのかもしれません。
また、初めはお仕置きがあっても次からは会ってデートのみというのも聞きますけど、出会い系と考えれば納得できますね^^;

とにかくお仕置きをする側とされる側の求めるものは様々で、その価値観を合わせるのは難しいと思います。
男性側は性的な行為で満足する人が多く、女性側はお仕置きの一連のプロセスなどで体感する温もりや愛情で満足する人が多く、その比率が違いすぎるので、なかなか出会いは難しいのでしょうね。
これが男性脳と女性脳の違いであり、そもそもお仕置きを通じて性的な事をしたいのであれば、もはやスパではなくSMになっちゃってますよね。

もちろんキーでMという人もいるので、スパはスパで性的な事のないお仕置きをし、SMはSMで性的快楽を得るためにしているという子はいますけど、お尻叩きという面では共通していても、実際にはエッチなことをするか、エッチなことが一切ないのかという面では全くの別物です。
そういう子は本人の中でしっかりと分けているので、そういうところをカーさんが理解できるといいんですけどね^^

こんなこと書いていても掲示板でもちゃんとしたカーさんは存在します、それはキーさんの話からも聞いています。
ただ、なかなか出会えなかったり、出会っても相性の問題や生理的に受け付けなかったりとなかなか難しいようです。
ま、安全にスタンダードなお仕置きを経験してみたい子は勇気を出して私の方まで連絡してみてください。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

反省のスパ

前記事では「遊びのスパ」について書きましたが、その対照として今回は「反省のスパ」ということで書いてみたいと思います。

反省のスパとは、悪い事に対してのお尻叩きでのお仕置きです。
遊びのスパは単なる「スパンキング」でありますが、反省のスパは「お尻叩きでのお仕置き」です。
そもそもお仕置きとは悪い事に対しての罰ですから、単なるスパンキングはお仕置きというべきではありません。

どうしてこういう記事を書こうと思ったかは前記事の「遊びのスパ」に対して、数名からコメントがあったからです。
一例をあげると、遊びのスパに対しては、理解しにくい感覚と思いつつも、やはりお尻叩きに惹かれているという部分で求めてしまったり妄想してしまったりするので気持ちはわかるようですが、それでもごっちゃなってしまいそうとか、なんか違うような気がするとかそんな感じです。

いい子になったから「お尻を叩いて!」ということになると、本当に悪い事をした時のお仕置きとの区別がつきにくくなる恐れがあることや、軽めに叩かれると気持ちがいいという感覚は確かにあるので、それが本格的に感じるようになってしまうと、自分が求めているお仕置きが成立しないのではないかという不安など様々でした。

それはそうですよね、遊びのスパが好きになったりすると、逆にお仕置きで精神的なぬくもりを感じにくくなったり、心が満たされたりというのが難しくなり、そもそもお仕置きは嫌なものだという感覚をもっていないとお仕置きが成立しませんよね。

確かにお尻叩きで気持ちよくなってしまう人や嬉しくなってしまう人もいて、そういう人がガチで罪悪感のある重い反省内容がある場合に、反省しなきゃいけないのに自分が嬉しく感じるお仕置きをされるのはなんか違う、と悩んでしまっているキーさんも実際に存在しています。

そういう人にガチのお仕置きだからと厳しくしたとしても、その厳しくをも興奮してしまうということになると、本当に深刻な問題となってしまうんです。
そうなると本気で悪いことがある場合は、お仕置きではなく、それを放置することが一番の罰と自身で考えてしまいがちです。

だからこそお仕置きとしてのお尻叩きを求めているキーさんは、お仕置きは嫌なものという前提が無ければ成立しませんよね。
よって、変に遊びのスパを取り入れてノリノリな気分で盛り上がったり喜んだりしてしまっては本来のお仕置きとしてのお尻ペンペンが成立せず、そうであるならばそのことで本来心に抱いている神聖なお仕置きという儀式を自身で汚してしまっているといっても過言ではないかもしれません。

やはり遊びのお尻ペンペンは別ジャンルとして捉えて、そういう行為はそれが好きな人がする趣味的なものと考えた方がよさそうですね^^;
だからお仕置きとしてのお尻ペンペンを好む人は避けたほうがいいかもしれません。

もしそれに手を出したら自分の求めているお尻叩きのお仕置きが違う感覚になり、満たされなくなってしまう危険性もありますからね^^;
するとしても本当に軽めでペンペンするような痛くなく、心地いいペンなら大丈夫かもしれません。
ただ実際にしてみるとそれもそれでかなり恥ずかしいようですけどね(笑)

最後に、実際には遊びのスパ好きさんへのお仕置きは成立します。
遊びのペンペンが好きな人に対するお仕置きはかなり厳しくする、それが対策です。
痛みで喜べないくらいの痛み、痛くて嫌だと思えるくらいの痛みを与える、それが遊びのスパ好きさんへのお仕置きとなるでしょう。
それさえも楽しく感じたら私はお手上げですが(笑)


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

遊びのスパ

私の活動でのスパというのはお仕置きであり、お仕置きというのは悪い事に対する罰です。
そしてその罰というのがお尻ペンペンということなんですね。
まぁこれまでのブログでもこういったことは書いてありますし、改めて言うのもおかしな話ですが、躾としてのお仕置き、つまりディシプリンスパが当たり前という考えの人は多くいますが、それとは違うジャンルで遊びのスパも存在するんですね。

それはこれまでのブログで何度か触れたことはありましたが、少し前にお遊びのスパが好きだっていう子が私のところに依頼してきたんです。
まぁ私の基本スタンスは反省すべきことに対してお説教してお尻ペンペンをするので、その子にも同じようにお仕置きをしたのですが、その後にお話ししていると、どうしてもお遊びのスパが楽しいらしく、過去に体験した事とか理想とかを嬉しそうに話してくるんですね。

私のところには反省内容ありきのお仕置きを望む子ばかりで、なかなかそういう子が来ないので、この機会にいろいろと興味深く話を聞いてみました^^
で、お話をしているうちに、お仕置きが終わっていい子になったからということでお尻を叩いてとお願いをしてきたんですね^^;

私の場合、過去にSMの世界にいたのですが、スパの世界のキーさんに出会ったことによって、それまで抱えていた違和感が払拭し、これが私が求めているものだと感じ、それがきっかけで今はスパの世界にいるわけなんですね。
しかしジャンルは違えど、SMでもスパでもどちらにしても理由があるからこそ叩くのであって、直さなければならない理由があるからこそ、反省させたい、罰を受けさせたい、懲らしめたい、叩きたい、という気持ちが芽生えるわけです、

SMのお仕置きとスパのお仕置きは似ているところもありますが、その一つにはSMのお仕置きにスパのお仕置きを取り入れることには違和感がないというのもあるのでしょう。
しかしスパの家庭的なお仕置きにはSM要素があるお仕置きは取り入れられません、そこが違う点でしょう。
ま、それでも私の中での共通点は悪い事の罰でのお仕置きなんですよね。

なので、遊びのスパを頼まれた時にはちょっと戸惑いましたが、まぁこういう経験もいいかもしれないなということで望みの通り要望のお尻叩きをしてあげました^^;
ただ、叩いてみて思ったのが、理由なく叩くのは私にとって奉仕作業にしか感じなかったことです^^;

「はい、叩きますよ」といって、叩いていると相手はニコニコしながら「楽しい!」とか「笑っちゃう」とか、そんな発言が聞こえてきたり、我慢比べみたいに競技っぽくなってしまったり・・・^^;
まぁこれでは完全な叩かれたいだけの性癖ですよね、それもキーさんなのでいいんですけど。

キーさんはお尻を叩かれたい欲求があるものなのでそれはそれで当たり前なんですけど、一応前提としては「お仕置きは嫌だ」というものがあって、それでも悪い事をしてしまったからお尻ペンペンの罰を受けなければならないという心理状態で、それでも嫌なものは嫌だ、そういうことは子供であれば誰しも思うことですよね。
こういう心理でいることでお仕置きがリアルになるのであって、だからこそそこに忠実であるキーさんは多いんでしょう。

逆に私的には「お仕置きは嫌だ」という前提があるからこそ罰を受けさせたいという欲求が強まるんだなぁと改めて感じました。
まぁそこはカーさん的思考ではなく、S的思考なんですけどね、そこには蓋をしておきましょうね(笑)
カーさん的思考であれば叩きたいとか懲らしめたいとかではなくて、躾けの為に仕方なくという考えでしょうからそこは私は違いますね^^;

あ、それはカーさん的思考じゃなくて、親から子へのお仕置きの”親”の思考ですね、カーさんの思考は”お尻を叩きたい”なので間違いでした^^;
それに私はお仕置き中は親のような立場でしているので何の問題もありませんよね^^;

キーさんの中でもお仕置き中は痛くて本当に嫌だと思っている人もいますが、自分のファンタジーの世界に入って心地よくなってしまっている子もいます。
叩かれて気分が高揚したり、叩かれている最中に欲求が満たされて満足する子もいますし、それはそれぞれですが、やはり前提には、仮にお尻を叩かれたくてしょうがないとしても「お仕置きは嫌だ」というものがあるからこそ、親から子供的なお仕置きの構図が出来上がり、より満たされるのではないでしょうか。
だから遊びのスパとは別ジャンルということになりますよね。

私側もそうですね、子供が受けるお仕置きのように、お仕置きは嫌なものだけど、悪い事をしてしまったのだから強制的にされても仕方がない、という前提だけはないと叩く行為が単なる作業のように感じてしまうんでしょうね^^;

まぁそうはいってもいい子になったのならご褒美として遊びのスパでも頼まれればしますからね、そういう思いがある人は勇気を出して依頼してみてください^^、
遊びのスパ、楽しいスパというジャンルはありますし、それはお仕置きのスパとは違う嗜好なので、パートナー選びとか、相手探しの時は確認は必須です。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示