Q&A 家庭的なお仕置きからSMへ

コメントから来た質問です。
質問があると記事も書きやすいのでスパ関係でも日常のことでもなんなりと質問してきてください^^
なお、質問はコメント欄からお願いします。

Q.
私は小さい頃から、お尻ぺんぺんのお仕置きに憧れていました。
最初は道具さえ絶対に嫌だと思っていました。
でも今は、平手でのペンペンも好きだけど、ある程度痛みを感じれる道具での厳しめのお仕置きに惹かれます。
もっといえば、毛嫌いしていたはずのSMっぽいことも…縛られて叩かれるのも悪くないかなと。
見るだけで嫌悪感があったのに、一度縛られてみたら嫌な気分にならなかったし、ロウソク垂らされるのも興味あったりします。
こんな私って変ですか?元々は家庭的なお仕置きに憧れてはずなのに、だんだんと違う方向に欲求が出てくるんです。

A.
違う方向に欲求が出てくることに対して変ですか?とのことですが、変ではありません。
この質問では細かいことまで分からないのですが、SMっぽいことに欲求が出てきたという点で”性的な事”を含むのであれば、これは元々持っていたM性に、スパのお仕置きを通じて目覚めたという事でしょうね。

この様な人も普通にいますし、体験したからこそ目覚めたというのは必然です。
その中には、スパのお仕置き欲がなくなって、性的なSMにシフトしていく人もいれば、スパのお仕置き欲は持ちつつ、別で性的なSMを楽しむ人もいます。

また、この質問の意図が、”性的な事を一切含まない”SMっぽいことであれば、これはスパのお仕置きに通じているものです。
もともとディシプリンのお仕置きは、悪い事をした者に対して、苦痛を与えて躾をする行為です。
その苦痛を与える行為がスパのお仕置きでは”お尻叩き”となっているだけで、基本的には苦痛を与える行為なのです。

SMっぽいことというと、それだけで性的な事を連想してしまいますが、実はそうではありません。
苦痛を与える行為だからSMというわけではなく、”SMをする”という意識があってそれを求めているからSMになるのです。

例えば海外である、むち打ちの刑や拷問的な刑罰をSMなんて言う人は誰もいません。
また自白させようとしたり、懲らしめとして拷問のようなひどいことをしてもそれもSMとはいいません。

なので、縛られて叩かれても、ロウソクを垂らされても、吊るされて鞭打ちされても、洗濯ばさみで皮膚を挟まれても、それが相手の苦痛のためだけの拷問的な罰であればSMではなくなるのです。
もちろん意識がSMと捉えればそれは単なるSMプレイですし、そこに被虐欲で求めているならM欲求となりますけどね。

しかしこれは明らかに家庭的なお仕置きではありませんね。
家庭的なお仕置きとは、親から子供にするような、家庭でするようなお仕置きであって、それは虐待的であってはいけません。
なので、叩く場所はお尻で、基本的には平手でお尻をペンペンするんですね。

この質問者は、縛られて叩かれるとか、ロウソク垂らされるとかにも欲求が広がったそうですが、これも悪いことの罰で、苦痛が伴うのであれば、意識的には躾としてのディシプリンスパでも通用すると私は思います。
意識的というのはSMではなく、これは悪いことへの罰で苦痛を強いられているんだという意識です。

もちろんこれは「家庭的な親から子のお仕置き」ではなく「家庭的ではない大人同士のお仕置き」になるわけで、この質問者は、「だんだんと違う方向に欲求が出てくる」といっていますが、単純に家庭的なお仕置きから、家庭的ではないお仕置きに変わっただけかもしれませんね。

ちょっと難しくなってしまいましたが、とにかく、拷問や折檻や体への刑罰はSMでななく、人を罰するためにする行為ですから、いくら虐待的でも意識次第でSMにもなるし、立派なお仕置きにもなるということです^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

Q&A 子どもの躾

今回もコメントからの質問への回答です^^
スパ関係でも日常のことでも、聞きたいことや質問があればコメント欄からお願いします。

Q.
京介さんは自分の子供ができたとしたら、どんな風に子育てをしますか?
またやっぱり、お尻叩きのお仕置きをしますか?
理想の父親像ってどんなものだと思いますか?
京介さんだったらどんなお父さんを目指したいか、どんな子育てをするかみたいな記事が読みたいです。

A.
私に子供ができて子育てするとしたら、まず重要視することは一人で生きていく力をつけさせることですかね。
動物でいえば、狩りをする力を身につけさせ、たくましく生きていけるようになる、というようなものですね。
内面的には、コミュニケーション能力をつける、礼儀正しいこと、協調性を持つこと、人の痛みをわかる人間になる、そういった事を勉強よりも重きを置いて教えていきたいです。

それと、自分の人生は自分で決めさせたいと思っています。
といっても、私の今までの経験においてのアドバイスはします、しかしそれをするしないは子どもの自主性に任せると思います。
もちろん勉強はしてもらいたいし、いい大学、いい企業に就職をしてもらいたいとは思いますし、そこを目指す意味も説明しますが、それを拒否したり、それでも勉強したくないというのであれば子どもの気持ちを尊重します。

なんでかというと、勉強して、いい大学に行って、いい企業に入る事は、経済的に幸せになる可能性が高い選択肢なだけで、それで幸せになるとは限らないからです。
それならば、自分の好きなように生きて、生きていることを実感して、そういう心の幸せを感じた方がいいと思うからです。
1人で生き抜く力があれば学歴なんか関係なく、それでも経済的に安定することはあるし、貧乏でも心豊かに笑って生きていければそれが幸せだと私は思っています。

お金があっても不幸せな人もたくさんいますし、お金があるからこそ不幸になる人も世の中にはたくさんいます。
だからお金持ちになることが勝ち組ではなく、最終的に幸福感を感じられる者が勝ち組で、そこを目指すのが人生の目的なのではないかと私は思っています。

こんな子育て論をかたっても、これは私の理想を述べているだけですからね、実際できるかどうかというとやってみなければわからない事でしょうし、子育ての最中はそれが子供にとっての正解かは分かりませんが、子どもが成人して最終的に幸福になってくれれば子育ては成功です。
学歴、地位、名誉、世間体、、、そんなものは私にとっては見栄でしかなく、心に幸福感さえあればそれが一番です。

教師でも評論家でも理想の子育て論は完璧っぽいですが、いざ自分の子供となると違うことをしていたり、子どもが抑圧されて不幸な方は意外と多いのではないでしょうか。

それは周りの人や子供たちは自分のいう事を聞くのに、自分の子供は言うこと聞かない、そういうイライラがつのって、感情的になったり暴言を吐いたり、物を投げたり、体罰をしてしまったりしてしまうのでしょう。
なの、そういう環境の人たちの方こそ余計に問題があるのかもしれません、いろいろな人に話を聞いているとそう感じます。
いつもそばにいる子供だから自分の思い通りにならなくてイライラしてしまうのでしょうから、私も実際に子育てしてみないとわからない部分はあるでしょうね^^;

自分の子供にお尻叩きのお仕置きをするかどうかについては、します!
といっても相手が子供なので、服の上から軽めに「ぺん!」という感じで連続で叩くことはしないでしょうかね^^;

理想の父親像というのはよくわかりません。
ただ、厳格で近寄りがたい父親にはなりたくありませんね、いつまでもフレンドリーに、友達のような感覚でいたいと思います。
私は人生の先輩として、叱る時は厳しく叱る、それ以外は友達のような関係で何でも話せる関係を続けたいです。

それと、女の子でも、男の子でも、抱きしめたり抱っこすることを日常のこととしたいし、お風呂も子供が拒否するまでは入り続けたいと思います。
また、子どもが悪いことをしたり、たとえ犯罪を犯しても、それが殺人だとしても、絶対に見捨てることは無いですね。
子どもが私から離れたい、二度と会わないでほしいと言われたら何の未練もなく離れますが、そうでないのであれば、どんなに悪い子になったとしても見捨てることは絶対ないです。

という感じでしょうか^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

Q&A ラブスパかディシプリンスパか

コメントから来た質問です。
質問があると記事も書きやすいのでスパ関係でも日常のことでもなんなりと質問してきてください^^
なお、質問はのコメント欄からお願いします。

Q.
私は お膝のお尻ペンペンで興奮するんです、懲罰的なディシプリンは怖いだけです。
お尻が強い方なので素手や軽い道具は気持ちよくしか感じませんし、濡れてしまいます。
そこで、濡れた事に対してお仕置きされるのが好きです。
その時 下半身を触られるのは気持ちいいですが、やっぱり胸とか上半身とかエッチは全く受け付けません。
私はラブスパ派でもディシ派でもないんだと思うようになりました。
ただのお仕置きごっことしてのプレイが好きなのかな?
叱り方は 厳しいのも汚い言葉で怒鳴られるのも嫌いです。
優しい丁寧な言葉で諭すように叱られたい。そんな理想があるので、自分の趣向に合う人とは出逢えていません。
私 なんなんでしょう?

A.
まずは膝の上でのお尻ペンペンで興奮してしまう事ですが、お仕置きである程度興奮するのはキーさんであれば普通のことです。
もちろんそうでない子もいますが、どちらにしても小説などを読んで興奮するというのはあるはずです。

また懲罰的なお仕置きが怖いキーさんも多いですし、逆にそれを好むキーさんは少数派だと思います。
まぁ、レベルにもよりますが、いきすぎるといくら性的なことがないとはいえSM的な罰に近いのではないでしょうか。

次に、軽く叩かれると気持ちよく感じたり、お仕置きされると濡れてしまうとありますが、これはキーさんだからこそだと思います。
お仕置きに憧れていたり、そこに羞恥心やドキドキ感があると、考えているだけでも濡れてきてしまうものです。
それに軽いお尻ペンで、お尻に軽い刺激があると心地よく感じてしまうもので、余計に頭の中でファンタジーの世界のようなものが出来上がってしまい余計に興奮してしまう事もあるでしょう。
もちろん濡れない人もいますが、濡れない人の方が少数派ですから、ちょっと悩んでいる方は安心してください。

そして、叱り方は 厳しいのも汚い言葉で怒鳴られるのも嫌いで、優しい丁寧な言葉で諭すように叱られたいという理想があるそうですが、これも多くのキーさんが望んでいることです。たまに怒鳴られたいという子もいますが、それは一度体験してみたいとか、一度泣いてみたいというレベルでのことで、それが毎回だとこれもSM的なお仕置きのようになってしまうでしょう。

ここまではどこにもラブスパ要素はないと思います。
問題はお仕置き理由ですね。

この方は「お仕置きをされて濡らしてしまっていることに対してのお仕置き」ということですが、そこを指摘して叱ってほしいと、お仕置きをされる側が望んでいるのであればそれは有りだと思いますし、それに対してのお説教も、いやらしさを出さずにできると思いますから、それ自体は”お仕置きさる側が望むなら”ラブスパとは言えないと私は思います。

しかしお仕置きをされる側が全く望んでいないのに、お仕置きでお尻を叩かれて濡れたことを指摘してお仕置きをしたとしたら、それはラブスパのようになってしまうでしょう。
濡れてしまうのは無意識であり、話を聞いていないということでもなく、それでお仕置きは理不尽でしかありませんからね。

ただ、この方の場合は、そのお仕置きの際、下半身を触られると気持ちよくて感じてしまうのは問題で、性感帯を刺激してのお仕置きならば、それはラブスパになってしまうでしょうね。
SMでいえば快楽責めや羞恥責めのようなものです^^;

実際は、具体的にどのように触っているのかまでは分かりませんし、この文章でしかこの方のことは分からないのですが、なんとなくこの方の場合は、下半身を触られなくても満たされるような気もするんですけどね。
もちろん性感帯ですから触られたら感じてしまうのは当たり前なのですが、それをしたら躾としてのお仕置きに違和感があるはずなのですよね。

しかしラブスパのように性的快楽も求めてしまうと、そこだけがディシプリンからズレていて、お仕置きに一貫性がなくなってしまうはずです。
この方が下半身を触られることを望んでいるのならしょうがありませんが、そこまで望んでいないのならスパのお仕置きにはこの行為は持ち込まない方がいいと思いますし。
半ば中途半端なところがなかなか趣向の合う人が見つからない要因かもしれませんね。
ま、それをする場合は恋人とするとか、何か変えてみたらどうでしょうか。

私もこれまでラブスパとディシプリンスパの境界線はどうなんだろうと幾度か考えてみたのですが、ラブスパかどうかは、お仕置きをする側の物理的行動を、お仕置きを受ける側が心理的にどう捉えるかで決まるのではないかという考えにいたっています。
そのお仕置きをする側の物理的行動とは言動であり接触です。

それでお仕置きを受ける側が心理的にラブスパと思えばラブスパだし、ディシプリンと思えばディシプリンでいいのだと思います。
お仕置きをする側の心理がどうであろうと、お仕置きを受ける側がディシプリンのお仕置きと感じてればそれで成立するはずです。
難しいですよね、何言ってるのかって感じですけど^^;

そしてそこに興奮もしくは性的興奮が伴っていたとしても、それを表面上に出さず自分の中で消化していればディシプリンスパでいいのだと私は思っています。
その心の中をお仕置きをする側に伝えてもいいでしょうし、黙っていてもそれはいいと思います、言う必要は全くありませんからね。

どちらにしてもお仕置きに憧れていたり、「お仕置き」や「お尻ペンペン」という文字や言葉にドキドキしている時点で、ある種の興奮はしていて、だからこそお仕置きを望むのであって、その上でのディシプリン派なのですからね。
逆にいうとそういう多少なりの興奮も無いのであれば、それはキーさんではないんでしょうけどね^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

Q&A お仕置きと性衝動

コメントから来た質問です。
質問があると記事も書きやすいのでスパ関係でも日常のことでもなんなりと質問してきてください^^
なお、質問はコメント欄からお願いします。


Q.私はラブスパ派なのかと思っていたんですが、お尻ペンペンに多少エロさを求めますが、エッチはしたくない感じです
おかしいのでしょうか

Q.私はディシプリン派のキーでお仕置きに性的な事があるのは絶対に嫌なのですが、お仕置き欲が上がってしまう時にお仕置きのことを考えて一人でしてしまって、あとになってすごく自己嫌悪になります、これって変ですか?

Q.お仕置きに性的な事がはいるのはNGなのですが、お仕置き欲は私の中では性欲のようなもので、そんな私は京介さんの所に行く資格がないなと思っています、そういう子はやっぱりいらっしゃらないですか?

A.
お仕置きにある種のエロティシズムを感じてしまっている事に関して悩んでいるディシプリン派のキーさんはたくさんいます。
しかしそれは過度な羞恥心であったり、いけないことという意識が要因になることもあります。
ま、このような人間の性衝動に関してはまた別の記事で書きたいと思いますが、ディシプリン派のキーさんであるから性衝動を感じるのに違和感を持つ気持ちは分かりますが、それはそれでいいのです、そういう感覚になるから頭から離れなくなったり、惹きつけられてしまうのですからね^^
性衝動と性的なお仕置きは全く違うものであるので、そこは全く気にしないでいいと私は思っています。

で、今回は質問に関して簡単に返答したいと思います。
まず最初の質問ですが
「ラブスパ派なのかと思っていたんですが、お尻ペンペンに多少エロさを求めますが、エッチはしたくない感じです」とのこと。

A.
ラブスパの定義というのがちょっと難しいのですが、その行為でディシプリン的なお仕置きが成立して反省できるのであれば、エロさを求めるのも有りかもしれませんが、そうではなく肉体的な性的興奮を楽しむ行為になってしまうのであればそれはラブスパと言えるでしょうね。
ただ、エッチはしたくないという事なので、ディシプリンのお仕置きは成立しそうですが、お仕置きにどこまでのエロさを求めているのかが不明なので、微妙なところですね^^;
性器や胸、性感帯等を刺激するようなお仕置きは全てラブスパと私は考えています。
今回の質問に関しては、ラブスパ派かどうかではなく、自分が何を求めていて、どうしたいか、それで満たされているのかが重要な事と思います。


次の二つの質問はまとめて返答します。
「ディシプリン派で性的なお仕置きは嫌なのにお仕置きのことを考えて一人でしてしまう」
「お仕置き欲は私の中では性欲のようなもので、そんな私は京介さんの所に行く資格がないなと思っています」

こういう悩みを抱えている人は多いと思いますが、お仕置きのことを考えて一人エッチをしたとしてもそれが性的なお仕置きを望んでいるということではありませんよね。
性的でないディシプリン的な家庭的なお仕置きに性衝動を感じるキーさんは普通にいますし、性衝動を感じたとしたら、それを考えて一人エッチをするのはおかしなことではありません。

また、お仕置きに性衝動を感じるのであれば、お仕置き欲を性欲として脳で認識してしまうということです。
性的な事やエッチな事では無くても、関連する何かの要素があればそのように認識してしまうことがあります。

無意識に脳で認識していることもあるので自分でも気づいていない場合もありますが、女性の場合は特に愛情で満たされたいという気持ちが根本にあり、そのため愛情を求めてお尻ペンペンのお仕置きに惹かれてしまうケースが多いです。
また、お仕置きという行為に性衝動が混ざって性的興奮するのは小説や妄想の時であったり、実際お仕置きを受けた時の事を思い出してのことなので、実際のお仕置きで性的要素の一切ないお仕置きを求めているのならそれでいいんです。
実際のお仕置き時に性的興奮をしているわけじゃないですからね、もし仮に性的に興奮しているとしたらM的な感覚といえるでしょう。

ディシプリン派のキーさんにとっては、お仕置きに性衝動を感じることと、性的なお仕置きというのはイコールではなく、比較対象でもなく、全く次元の違うものです。
そういうものですから、そこは悩まずに安心して依頼してください^^

お会いした時には、そこら辺のお話しをすることが多く、どうしてそのような欲求を持ってしまったのか、どうしてそういう反応をしてしまうのかと、そこら辺の心理の追求をしたりもしています。
悩んでいる方には欲求についてのお話しもしていますし、それで自分のことが少しわかるだけでも心の安定につながります。
なので自分を分析したい人など、そういった相談も歓迎します。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

Q&A 「お仕置き」の分類

ブログのコメント欄から興味深い質問があったのでそれについて書きたいと思います。
また、今後もこのような形で質問に答えていきたいと思いますので、コメント欄にて質問してください、必用に応じてブログ上にて返答していきたいと思っています^^

返答に関してはあくまで私見ですからね^^;
いろいろな考え方がある中で、私がこうあるべきであろうということをご返答していきます。

Q.
スパ動画を見ても、色々なスパがありますよね?
私は膝の上で子供のようにお尻ペンペンされたい願望があります。
でも、ケインとか使ってお尻が真っ赤に腫れ上がり、皮が破け血が滲むような懲罰的なスパもありますよね。
スパンキングって何種類かに分けられるんですか?

家庭的なお仕置き=「お尻ペンペン」だと思うんですが、
スパンキング→ただ叩かれたい。
お尻ペンペン→子供がされる。
懲罰→凄く悪い事をした時。
こんな感じで分類されますか?合ってますか?


A.
そうですね、私もそういうような認識でいます。

スパンキング→ただ叩かれたい
ディシプリンスパンキング=躾のためのお仕置き(性的要素無し)→悪いことに対してのお尻叩きの罰

スパンキングはそのままですが、「お仕置き」に関してはある意味分類は存在します、その分類というのはお仕置きを受ける側の心理であり、場の雰囲気も関係してきます。
ちなみに性的な事を含むお仕置きは除外しています、性的なことがないお仕置きの分類です。

①家庭的なお仕置き
絵本やアニメに出てくるような、厳しくても何か”温かい雰囲気”のお仕置きで、虐待的、懲罰的ではないものを指していると私は捉えています。
私のお仕置きは基本的にこの家庭的なお仕置きとなります、凄く悪い事をしたら厳しくはなりますが、皮が破けて血が滲むくらいのお仕置きは家庭的なお仕置きと認識していませんので、そこを限界としてお仕置きをしています。
また、家庭的なお仕置きでも、「平手のみ」「平手と家庭にある道具のみ」「道具の種類は問わず」と人により分けられます。

②懲罰的なお仕置き
懲罰的と言うと家庭的な雰囲気はそこには存在しません、悪いことをしたんだから我慢して罰を受けなさいという、何やら”冷たい雰囲気”のお仕置きを指していると私は捉えています。
教師が生徒に対する体罰や罪人を処罰する体罰であって、良い子になるようにというよりも、懲らしめるため、苦しめるためのお仕置きというような感じでしょうか。
もちろんこれもディシプリンスパ(躾の為のお仕置き)ですから、私も人によってはこのようなお仕置きをすることもあります。
ただ、そうはいっても皮が破けて血が滲むまでのお仕置きはせず、そこを限界としてお仕置きをしています。

➂虐待的なお仕置き
本気の力ずくで押さえつけながら叩いたり、皮が破け流血しても叩き続けたり、相手を痛めつけたり傷つけるのが目的というような”乱暴な雰囲気”のお仕置きと私は捉えています。
「厳しくお仕置き」というと、このように考えてしまう人もいるので、注意が必要です。
私は要望があれば雰囲気的な演出はしますが、要望もないのにすることは一切ありません^^;

④拷問的なお仕置き
悪いことの罰といっても様々あります、単純にお尻を出してお尻を叩くことにとどまらず、屈辱的な雰囲気のお仕置きも存在します。
理不尽なことを含むこともあり、”拷問的な雰囲気”のお仕置きとなります。
具体的には、縛られて抵抗できないようにして叩かれる、声を出せないように口をふさがれる、辛い体勢を維持させる、お灸をすえられる、裸にされる、通電される、洗濯ばさみで敏感なところをはさまれる、ロウソクを垂らされる、浣腸される、などです。

これらの一部を”性的なお仕置き”と捉える人は多いと思います。
ですがこれらを、”性的な興奮を煽るためにするのではなく、肉体的、精神的苦痛を与えるためだけにする”という前提があるのならば必ずしも性的ではないと思います。
ま、ここまで来てしまうとSMレベルになってしまいますけど、別にそれはそれでいいと思います。
また、それでも心理状態がしっかりと「ディシプリンのお仕置き」と捉えているならばそれでいいのではないでしょうか^^;
ただこのレベルになるとお互いの確認は必ず必要です。

私の場合は一部については要望があればすることもありますが、要望が無いのにすることはありませんのでご安心を^^;
また、掲示板などで初めて会う関係であればこのようなことを考えてる人も必ずいるので事前に確認した方がいいと思います。

以上、分類的には大きく分けて4つほどあるかと思いますが、これは全てお仕置きを受ける側がどのような雰囲気でお仕置きを受けたいかという心理的な部分での分類であって、どれを選ぶかはお仕置きをする側ではなく、される側が決めるべきことです。
それは自分が求めていたり欲していることであって、それを埋めていかなければいけないからです。

また、最後にあげた「拷問的なお仕置き」は、スタンダードなお仕置きとは全くの別物となります。
最初はだれでもディシプリン派のキーさんである子が殆どですが、いろんなお仕置き見たり読んだり妄想しているうちに、だんだんとこのようなことを欲してしまうというのはよくあることです。
こういったことで悩んでしまっている子も意外と多いのですが、深層心理下では似たような構造なので悩む必要はないと思います^^

なにか題材にしてほしいことがあったらコメント欄にてお願いします、話題にしたい内容であればブログ記事にてご返答しますのでお気軽にどうぞ^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示