良いお年を

あっというまに1年も終わってしまいます、特に私の場合はこの一年はあっという間でした。
まぁお仕置き三昧の一年であったんですけどね^^;
この一年間の異常ともいえる速さはお仕置き活動が充実していたせいなのか年齢のせいなのかはわかりません(笑)

来年も引き続き、同じような形態でお仕置き活動をしていく予定なので、初めての方も気軽に連絡してきてください^^
私の方は来た方との出来事やお話しは秘密厳守を一番に考えてますのでそこは安心してください。
また厳しそうで怖いという方、希望があれば普通に軽めのお仕置きのみもしていますから、大丈夫ですよ^^

「良いお年を」という言葉は本来は大晦日である31日に発する言葉ではないようですが、まぁそこらへんの細かいとこは抜きにご挨拶をさせていただきますね(汗)

みなさん、良いお年をお迎えください^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

サンタさんのプレゼント

ちょっと前のキーさんとのお話。

クリスマスは嫌な思い出しかないというキーさん・・・。
まぁそのキーさんは、母親からかなり突き放すような躾をされていて、それが原因で今でも母親との確執があり、そこを乗り越えようと頑張っている最中なんですけどね。

私から見ると母親はそのキーさんをよりよく育てようと必死で愛情もあったのでしょうが、その躾の仕方や、言葉の選択を間違っていたので、キーさんは愛情を感じず、意地悪だ、私のこと嫌いなんだと思い込んで大人になってしまったのでしょう。

ただ、このような躾であっても、どのような躾であったとしても間違いとは言えません、私がいう間違いと言うのは、その愛情が子供に伝わらないことです。
厳しくても優しくてもスパルタでも過保護でも、子供自身が親の真の愛情を感じて、良好な親子関係の構築とともに、自立した社会生活が送れてさえいれば、それが躾の正解なんだと私は思っています。

話を戻します…。
で、クリスマスは何で嫌なのかと私が聞いてみたんですね。
家でクリスマスはしてくれなかったのか、プレゼントはくれなかったのかと具体的に。
すると、クリスマスはしてくれたしプレゼントはくれたと返答してきました。

なんでそれで不安なの?と聞くと
豪華なプレゼントではあるものの自分の欲しいものとは違い、プレゼント自体が大きくて自分の狭い部屋にはおいても邪魔だけと。
しかもいつも口癖のように「お金がないない」という癖に、プレゼントは見栄を張ってか、高価なものを買ってくると・・・。
自分がほしいものをねだっても買ってくれない、欲しいクリスマスプレゼントは高価なものではなく安価なのに…。
クリスマスプレゼントは毎回そんな感じなので、そういう事をする親は意地悪だとも言い出す始末です^^;

まぁ訴えたい気持ちは分かりますけどね・・・。
でも、そのプレゼントは親としては、子供が喜ぶと思って用意したプレゼントで、そこには親が子供時代に欲しかったという気持ちが入り込んでいたのかもしれませんが、それでもサンタに扮してサプライズのプレゼントなんですよね。
だから私は、「そのプレゼントが嫌だとしても愛情は感じないとダメだったんだよ、子供の頃はそう感じていても今は感謝の気持ちを持てるようにならないと」と話をしました。

するとその言葉に反発するように
「欲しいものを買ってくれるのが普通だもん!それがサンタさんのプレゼントだもん!」と本気で訴えてきます^^;
私は
「プレゼントをもらう側が指定するのはそもそも間違っているんだよ、サンタさんだって本来はいい子にプレゼントを配るだけで、それぞれの欲しいものをあげているわけではないんだから」
といい、「プレゼントをくれたというその行為で感謝して喜べる人になれないと、幸せも感じられなくなるんだよ」とちょっと厳しめに話をしました。

すると、その前から少しシクシクと泣いていたのですが、今度は号泣しながら
「違うもん!欲しいものをくれるのがサンタさんだもん!!」と大きい声を出し、泣き出してしまいました・・・(汗)

私「・・・・。」

もう20代も後半になるのに、こんなことでも必死に泣きながら真剣に訴えるのを目の当たりにして、、、子供のように純粋だなぁ、可愛いもんだなぁと感じていましたけどね(笑)
子供じみた考え方は直さなければなりませんが、そういう心の部分をさらけ出して、私にぶつけてくれるというのは私としては嬉しいものなんですね。

その後、それではよしとせず、しっかりと感謝の気持ちは持つように、逆恨み的な考え方はしないようにとお説教をして納得はしたみたいですけどね…。
もちろん欲しいものはどうしても欲しいし、子供だから余計にそう思うのはわかりますが、その気持ちをごっちゃにして、せっかくのプレゼントを嫌悪して、プレゼントをくれた人を悪く思うというのは間違っていますから、そこはしっかりと切り離さないとですよね^^;

ま、今回の子供のような大泣きにはビックリしたのと、ちょうどクリスマスイブという事もあり、ちょっとブログに書いてみました。
些細な事でも感謝の気持ちが持てるようになりましょう、できない子はお仕置きになるかもしれませんからね^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

ピアスの穴開け

先日のお話。

何度もお会いしているキーさんが何の前触れもなく、いきなり「ピアス開けてほしい」と私に言ってきたんですね^^;
メールで事前に行ってくれればと思ったのですが、彼女いわく、私なら断らないで開けてくれると思ったらしいんです(笑)
もちろん二つ返事で承諾し、断りませんでしたけどね・・・。

話を聞いてみると、その子には彼氏がいて、彼氏にピアスの話をするといい感じで賛成してくれたそうなんですが、いざ開けてくれと頼むと「それはできないなぁ」と躊躇してしまったとのこと。
自分でもピアスの穴を開ける勇気が無かったそうで、私との雑談中、いきなりピアスの穴開けの件を切り出してきたのです^^;

まぁ私はピアスで穴を開けるくらいのことで動じることはありませんからね^^;
むしろ頼まれれば喜んで開けてあげます^^

ピアスの穴開けには基本的にニードルかピアッサーを使うのですが、その子はすでにピアッサーを購入して持参してきていました。

私の持参していたウエットティッシュにはアルコール成分が入っていたのでちょうどよく、耳たぶをアルコール消毒してから、ペンでマーキングをして、ピアッサーを耳たぶに当てて、「いくよー」というと女の子は「ちょっと待って…」と躊躇し始めます…。

「大丈夫、3,2,1、って数えてからやるから」
と言っている最中の「3,2,1」が本番だったと思ったらしく、目を思いっきりつぶっていました(笑)

そして本番
「3,2,1、カシャ!」っと片方の耳を開け、もう一方の耳も同じ要領で開け、穴あけ自体はほんの1,2分で終了しました。

痛みは多少あったもののそこまででもなく、しかも一瞬のことなので痛いというよりも挟んだ感じがしたようです。
そしてお仕置きの方が断然に痛いとのことでした^^;

なので、ピアスの痛みを恐れている人は大丈夫です、お仕置きでそれ以上の痛みを感じているわけですからね(笑)
ピアスを開けたいけどどうしよと迷っている人は私が開けてあげますよ、耳たぶ限定ですけどね^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

悪い事の清算は今年のうちに

今年も残り17日。

今年の罪悪は今年の内に清算をして気持ちのいい新年を送りましょう^^
もちろん清算はお尻ペンのお仕置きの罰です。
お仕置きを受けて気持ちを引き締めてから新年を迎えるのは心の切り替えとしてはとてもいいのではないでしょうか。
12月も残りわずか、勇気をもってお尻ペンペンのお仕置きを受けてみましょう^^

ちなみに、年末は31日まで活動、年始は3日から活動を開始する予定でいます^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

雨女の存在

私のところにちょくちょく来るキーさんなのですが、その子は私と会う日の9割以上が雨という高確率の雨女さんです。
1か月、2か月の話ではありません、ここ1年半以上、毎月のように会っている中での統計ですから^^;

このキーさんはキーさん友達が2,3人おり、いずれも私のところにきているキーさんなんですが、たまに遊ぶそうなんですね。
以前ディズニーランドに行ったときも雨…。
しかも夏に晴れ予報だったのがゲリラ豪雨で凍えるような寒さになったそうです。

その他にもそのキーさんと食事や遊びに行くたびに雨だそう・・・。
自ら先に冗談っぽく「私いつも雨なんだよ」と雨女であることを伝えてるらしいのですけど、相手のキーさんは笑いながらその場をやり過ごすそう。
そして会った時には実際雨で「本当のそんな人いるんだぁ」とびっくりされるそうです。

カフェに行っても晴れていたのにカフェを出た途端に雨とか(笑)
とにかく雨予報ならともかく、晴れ予報でも雨が降るなんてことも普通にあるからびっくりです^^;
田舎に帰っても雨、東京に戻ってきても雨なんて話は驚きもしなくなりました(笑)

今回11月の初めに私はブログで「11月30日は雨」と真面目に予言をしようと思ったくらいです^^;
それはその日にキーさん友達とディズニーシーに行く予定だと聞いたからです。

まぁいいやとほったらかしていたらやはり雨^^;
しかもここ最近ずっと晴れの中のピンポイントの雨ですからね。
更に今年一番の寒さで、札幌に至っては105年ぶりの11月の連続真冬日更新という異常気象・・・。
まぁ地方は関係ないですけど^^;

つい先日来た時に「また雨だったな」ってことをそのキーさんに話したら、「奇跡的にディズニーシーは雨降らなかった!」と大喜び…。
夢の国だからか(笑)

「でも各地では雨で寒くて大変だったよ」と現実の世界を教えてあげました…。
雨女って本当にいるんだなって、私の他に2人のキーさん友達も初めて実感したそうです。
偶然とは思えない、むしろ必然的な、嘘のような本当のお話しでした^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

2017年最大の満月

明日の深夜に今年の中では一番大きな満月が見られます。
ピッタリ満月になる時刻は明日12月3日の深夜の0時47分だそうです(正確には12月4日となりますが)
まぁ明日の夜遅くに見れればほぼ満月なので問題はないでしょう^^;

知っている方は多いと思いますが、月と地球の距離は一定ではありません。
月は楕円軌道を描いているので平均では約38万キロですが、楕円軌道の為、地球との距離が約40万キロの時もあれば約35万キロの場合もあるんですね。
かなり距離が近い場合はスーパームーンと名付けられますが、今回のはスーパーとまではいかないようです^^;

また冬の時期は特に月や星がとても綺麗に輝いて見えますよね^^
それは冬になると空気が乾燥して、空気中に水分が少なくなることで、視界を邪魔するものが無くなり、空がくっきりと澄んで綺麗に見えるからです。

12月という空気が澄んだ時期にこの今年最大の大きさの満月は、より明るく、そして大きく見え、綺麗に鑑賞できることでしょう。
明日(12月3日夜)の天気が良ければいいのですが、短時間でも鑑賞してみましょう。
日本のどこにいても同じ月を見ているなんてなにやらつながりを感じますよね^^
月にはとても神秘的な魅力があると私は感じます^^

話はずれますが、「月に代わってお仕置きよ」というフレーズも更にドキッとしてしまいますよね(笑)



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示