歪んだ愛情? 続き

前記事の続きです。

歪んだ愛情というのはつまり、相手を困らせ、その反応で愛情をはかり、相手対応で愛情を感じて満たされるということです。
本来は、悪い所を愛情を持って叱られて、罰として愛情を感じさせるようなお尻ペンペンをされ、その後許され、対話したりスキンシップすることで愛されていると再認識し、結果愛情で満たされるわけです。

歪んだ愛情を求めるとは、幼児プレイのようなものを持ち込み、駄々をこねて、わがままを言って、いたずらをしてわざと相手を困らせ、それで構ってもらったり優しくされたり叱ってもらうような対応で愛情を感じるという、本来のお仕置での愛情の受けとり方とは違うものとなっているんですね。
親は子供を見捨てたりしないので、子供が困らせるような行動をしたとしても愛情をかけます、その再現をしたい欲求なんでしょうか。

これに味を占めてしまうと、親や恋人、配偶者等にはできないので、スパの世界からなかなか離れられなくなってしまいます。
これはお仕置きの関係だからこそこういったことは起こりやすいのですが、そういう幼児プレイ的なことをして満たされるというのは、相手に依存する要素が強くなっていき、知らず知らずのうちにそこに執着してしまいキーを卒業できないという現象が起きることがあります。

で、それがどんどんとエスカレートしていってしまって、自分でコントロールできなくなってしまうのは、心理的な快楽でもあるからです、というところまで前回は書きましたね。
迷惑や困るような行動をしても見放されないという安心感で満たされるのは当然これが精神的な快楽なわけです。
お仕置きでも悪いことを叱られてお尻ペンペンされて、いい子いい子されると愛情を感じて満たされるので、これも精神的な快楽ですから、どういうもので満たされるかの差だけなんですね。

シンプルにいえば相手側に迷惑をかけたり困らせたりして愛情を得ようとするのは歪んだ愛情の求め方です。
一方家庭的なお仕置きは、相手側に迷惑もかけないし、困らせてもいないわけですね、躾けのために悪い所を叱るだけで、相手は迷惑や困らせるために悪いことをしているわけではないので、叱られたい、その上でお尻ペンペンされたいというのは真っすぐな愛情の求め方といえると思います。
相手側に迷惑をかけたり困らせたりしてそれをお尻ペンペンの理由にして、結果満たされるとしたらこれも歪んだ愛情の求め方です。

例えば赤ちゃんは自分の意思を伝えるために泣いてアピールをするものです。
そうしたアピールで反応してくれ、ミルクを与えてもらったり、不快だったオムツを変えてもらったり、そばに来てもらったりと、そこで安心感と同時に愛情を感じていますよね。

そのコミュニケーションを繰り返しながら養育者との愛着関係を築き、絶対的な安心感と自信というものが芽生えてくるものです。
泣いたり大声を出してアピールをすれば面倒を見てくれる、振り返ったら誰もいなくて怖くなり、泣いてアピールすれば駆けつけてくれる。
そういった日々を過ごしていくことで、自分が守られているという実感、そして不安な時に帰れる居場所の確保というものを、心の中で築いていくものなんですね。

それはエスカレートするもので、ワザと泣いて困らせ、それでも面倒を見てくれるというところに心理的な快楽を覚え、甘える快感の一つとして利用し、それによって更に養育者との愛着関係を深めていくのが幼児の本能というものです。
アピールすれば受け入れてくれる、そういう意識を持っているから一生懸命に訴えるんですね。
なので、そういう愛情の求め方は乳幼児的であり、自分でいろいろとできるようになってきたら自立していくわけなので、やっぱり大人がそういう行動をとるとしたら幼児プレイという感じですよね。

もし乳幼児の時に十分に構ってもらっていなかったとしたら、またはそういう部分が満たされないまま大人になってしまったら、甘えたい、愛されたいという意味で、歪んだ愛情の求め方をしてしまってもおかしくありませんね。
またそういう愛情を再度与えてもらいたいと思ってそうなるでしょう。
その部分がスパのお仕置きにスッポリと心にはまってしまったらそういう行動になるのは不思議ではないですけどね。

でもその部分の快楽だけを求めてしまうと、そこには男女の情も絡むので、それが依存のように癖になり、エスカレートしその行為から抜け出しにくくなってしまうのです。
本来はその部分の欲求を子供の頃に満たし、成長し、その欲求は薄れていくものですからね。

そもそも人を困らせる行為というのは、成長するに応じて子供のいたずらや悪さにつながっていくものです。
背徳感を感じるものはスリルとかゾクゾクわくわくするような感覚があり、すなわち楽しさや興奮と同じ快楽です。
自分のアピールやいたずらで人が反応し、それを面白く感じてしまう、それは人間は持っているものですが、成長とともに理性で抑制していくものです。

大人になっても相手を困らせることに執着してそれをやめられない人や、それで快楽を感じたり満たされ感を得たいという人はいますよね、それはまた犯罪的な人や構ってちゃん的な人、快楽の為と、それぞれですが・・・。

まぁそうやって相手を困らせる行為がエスカレートしすぎると、相手を困らせないと愛情を感じられなくなり、そこまでなってしまう事が問題なんですね。
そういった癖がついてしまった人は歪んだ方法で愛情を求めるようになり、望んだ反応がないと満たされなくなります。
もし私が相手側とするならば、その部分を直してその歪みを正し、正常に愛情を求められるように対応していきます。

まぁあくまでキーを卒業したい人にはお仕置きの魅力だけを感じればよく、更に幼児プレイの魅力を感じるようなことがあればなかなか卒業はできないでしょう。
相手を困らせることで意思の疎通をしてお互いに楽しみたいという人はそのままでも全然かまわないですけどね^^;


これはお仕置とか関係なく一般の人もそうですが、相手が優しくて、全て受け入れてくれるからといって、それが快感になってしまっている人は結構いるものです。
暴言をはいて感情的になってしまったり、意固地になって相手が折れてくれない限り拗ねてしまう人、、、そういう態度をとっても相手が優しく構ってくれて許してくれる、それが嬉しく感じてやめられなくなっていませんか?

困らせなければ愛情は得られないと行動してしまっている人はしっかりと考え直す必要がありますよ。
そこが自立への第一歩かもしれません。
ま、実際にはそういう大人はいますけどね、そういう大人は本当に困った人ですから、そうはならないように、なったとしてもそこはパートナー同士、幼児的なプレイの中でおさめるようにしてくださいね^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示