「子の心、親知らず」 その2

前回記事の続きです。

親と一緒にいるのは苦痛でしかないのに、親には良い子のふりをし続けているケースは意外と多くあり、その親自身子供とはとても良い親子関係が築けていると思い込んでいるのですが、実際は違うというかなり恐ろしい現状があるというお話でした。

そんな子供達は成人してどういう気持ちでいるのか、どう親と接しているのかということが今回の本題です。
成人して親と同居しているケースもあります、普通に考えたら家を出ればいいのにと思うのですが、親に反対されるのが分かっているからそれが言い出せない、というよりもそれさえも言い出せない子もいるんですね。

また一人暮らしを許してくれて別で暮らしている子達や結婚して別々に住んでいるケースもたくさんあります。
それでも年末年始や一般的に言われている帰省時期には必ず顔を出すのはもちろん、そういうことがなくてもたまに会いに行ったりしたりします。

いや、それは当たり前のことだし、親孝行だし、とても素晴らしいことなんですけが、親に会うことがとてつもなく苦痛であるなら会わなければいいと思うのですが、それができないんです。
たまに家に帰らなければ親に叱られたり、嫌味を言われたりする、そうなると嫌われる、見捨てられる、家族の輪を乱すという恐怖心があり、辛くても会いに行ってしまうようです。
また、反抗できなかったり決断ができないので、他の選択肢や考え方自体が分からないということもあるんですね。

親不孝な話ですが、本来親子関係が強固なものであれば親の所なんかに帰らなくてもある程度は平気でいられるものです。
「便りがないのは無事な証拠」と、ことわざがあるように、成人した大人は、楽しかったり忙しかったりすると、親よりも優先したいものができ、「実家に帰らなきゃな」と思っていてもつい先延ばしにしてしまうものです。
2年、3年帰らなくて、そのことに多少の罪悪感があっても、親を後回しにしてしまう人は多くいます。

でもそれが良い子を取り繕っている子にはできないんです。
親の期待を裏切ること、親に叱られるであろうことをすることができないんですね。
成人しても子供のまま、そういう心理状態になってしまっているんです。
もしそんなことをしたら、それこそ見放されてしまうかもしれない、家族がバラバラになってしまうかもしれないと不安になり、子供の頃同然、全てを支配されてしまっているんですね。

子供時代に何があったのかは様々なケースがありますが、その殆どは体罰のような虐待ではありませんし、むしろそうでないケースの方が圧倒的に多いんです。
まぁこれは今回のテーマ(子の心、親知らず)だからこそですから、体罰的な虐待なら親は子供の心を少なからずわかるわけですから当然ですね^^;

そんな様々なケースがある中、共通して言えることは子供は親に愛されるために頑張って努力し続けているということです。
親の期待に応える、それをすれば愛情がもらえると思って必死に頑張る。
親の敷いたレールをそのまま突っ走るのもそうです、勉強していい成績を取るのもそう、良い学校に入るのもそう、反抗しないのもそうです。
反抗しないのが行き過ぎて反抗期すら知らないというケースが殆どかもしれません。
親の期待する良い子でいれば褒めてくれるし、愛情を貰えると思って頑張り続けますが、その愛情はいつまでたっても手に入りません。

なぜかというと、その親たちは子供がいくら頑張っても、その子供の”心の部分”を満たしてあげることに対して軽視してしまっているからです。
勉強や躾を重視し、学費や経済的に支援してあげているというだけで満足してしまっているのでしょう。
もちろん、それはそれで大きな愛情ではありますが、子供の心を埋めるものでは決してありません。

大切なのは”体”と”心”のスキンシップです。
頑張っていたり、良い子していたら、その都度抱きしめてあげればいい、そういう”体”のスキンシップが欠けているんだと私は感じます。
子供を信じてあげる事、子供の話を真剣に聞いてあげること、傷ついた時にはどんなことでも味方になってあげること。
そういう”心”のスキンシップが欠けているんだと思います。

精神論も行き過ぎで、何事も頑張れ頑張れというだけでは人間の心は維持できません、悩みや愚痴、そして心の傷はしっかりとケアしてあげる。
子供を信用すること、しっかりと話を聞いてあげること、そして抱きしめてあげること。
これが愛情の中で一番大切なことなはずです。

でも「そんなことでくじけるな、負けるな、そんな子は知らない」と突き放し、それの限界点が分からずに教育して取り返しのつかない精神状態へと追い込んでしまう。
でも親はそれは精神を鍛える手段であり、子供を幸せにするために必要なことでそれが愛情と考えているんですね。

だから子供はいくら頑張っても認めてもらえないという絶望感を感じ続け、親に背くことを恐れるんです。
そして親の気に食わないことをすると一番欲している愛情を受け取れない・・・・、でもいくら良い子でいても自分の求めている愛情を与えてもらえない、そんな心情でいるから親と一緒にいると苦しいし、それでも離れられないでいるんだと思います。
離れる決断ができないといってもいいかもしれません、全て親が決めてしまって、良い子でいるためには従うのが一番で、だからこそ反抗もせず、自分で決断する能力に欠けてしまう事にもつながるんです。

親は何とかできなかったのでしょうか、心と体の愛情を与えることはできなかったのでしょうか。
子供たちは実は必死のSOSを発信しているのですが、それに親は気が付かない、もしくは大したことないと判断してしまう。
でもこれだけは断言できます。自分にとっては小さな悩みでも、その人にとっては生死にかかわる悩みということは普通にあることなので、悩みの大きさは個人の価値観で測っては絶対にいけません。

だからただ真剣に子供と向き合って話を聞くだけでいいと思います、傷ついた心をケアしてあげればいいと思います、嘘つき呼ばわりされたりいじめられても子供の言うことを信じて応援してあげればいいんです。
そういうケアがないから子供は親から何かしらの屈辱を受けたと感じ、それが心の傷となってしまうんです。

と、そうやって成長してしまったわけなので、そんなことをいまさらグズグズ言っていても過去は変えられませんよね^^;
ま、通常は親と話し合うのは必要ですが、それができないから難しいことなんですけど、頑張っても話ができないのであれば、これまでのことを受け入れるしかありません。
受け入れるという本当の意味は今の苦しい状況と同じではなく、親といても苦痛ではなくなる、もしくは少しは薄れるということです。
苦しんでいては受け入れるとは言い難く、これまでと何ら変わりはないですからね。

まぁ私がそういう子たちにいつも言っていることは、間違いなく愛情はあったということです。
心と体の愛情を与えられなかったのは、親はそれよりも躾や学業、経済的な支援という愛情の方が大切と思っいたんでしょう。
自分の人生での失敗や後悔という経験をいかし、あらかじめレールを敷いてみたり、物事を決めつけてみたりして子供には不自由な思いをさせたくないという愛情。

はたまた自分の夢を子供に託したり、自分が幸せと感じることをしてあげることが子供の幸せと思い込むそういう愛情。
子供にとっては迷惑なことですが、これも立派な愛情には変わりありません。
本当に愛情が無かったら、そんな育て方はしないし、支援もしないはずですから。

親も人間です、全てをわかるわけもなく、子育ては素人ですからね、人間心理もわからないだろうし手探りで必死だということは理解しなければなりません。
そういう子供たちが満たされなかったのは、心と体のケアやスキンシップという愛情ですけど、それでも親は子供に対する愛情はあったんだと理解することで受け入れる。
他人の家庭を比較せず、他の家庭の愛情を欲しがったりうらやましがったりをしない。
自分の理想の愛情ではなくても自分の親はその親なりの愛情表現をしてくれたという事実を受け入れてみてはどうでしょうか。

そして自分が経験した愛情不足は、付き合った相手側には与えてあげる、また子供ができたらその子供には与えてあげる。
そういう経験をしたからこそできることでもあります。
負の連鎖はもうおしまいにして、これからはその経験を活かし、幸せを与えられるようなれればいいのではないでしょうか。

今まで満たされなかった愛情不足を埋める場所はどこにもないかもしれません、でも自分の思いを吐き出す場所、願望を叶える場所、満たされなかった愛情を感じられる場所を少しでも感じたいのならば私はいつでも待っています。
力が及ばないこともありますが、このブログに共感できるのであれば少なくても他の人よりも気持ちは理解していることになると思います。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

「子の心、親知らず」 その1

「親の心、子知らず」または、「子の心、親知らず」ということわざがありますよね。
それにまつわることなんですが、”うちは子供とは仲がいい”と思い込んでいる親御さん、実はそうでないかもしれませんよ、、、というちょっと深刻なお話です。

「親の心、子知らず」とは、簡単に言うと、親が愛情をもってしつけや教育をしているのに子供はそれを理解していないということ。
その時は分からなくても、成長していくうちに、もしくは自分が子供を授かって育てた時に初めて理解できるんだよというような事なんですが、これはいずれ解決するというお話しなんですね。

でも実際は理解しないまま解決できずに苦しんでいる”成人した子供”も世の中にはいるんです。
しかも深刻に苦しんでいて、親と一緒にいるのは苦痛でしかないのに、親にはいい子のふりをして良い関係を保つように頑張っているんですね。
しかしそれを親は知らず、むしろ親は子供とは良い関係を築いていると思い込んでいたりするケースがあるんです。
本来苦痛であればそのことを親に伝えれば解決にもつながりますが、そういう子たちは未だに反抗できないため愛想をふりまいて親の機嫌を取ってしまうのです。

そういう子たちとは、真面目な良い子で不器用な人が多く、このブログで言うキーさん的な性格な人なんですね。
良い子だからこそ親の言うことを聞き、親に背くことができない、自分の嫌なことさえも親の顔色を見てしまうんです。
もちろん親とめちゃくちゃ仲良しの子もたくさんいるのですが、親との関係に苦しんでいる子もいるんです。
はたから見ても、そして親から見ても良い関係が築けていると思っても、実際は違うという少し恐ろしい現状なんですね。

よくあるのは、親子関係は悪いのに世間体を気にして良い家族を装っているというケースです。
これははたから見たら仲の良い家族でも実際は違うという一般的によくあることで、どの家族がそうなのかは聞かないとわからないものですよね。
しかしそうではなく、親だけが仲の良い親子と思い込んでいて、実際は子供は親が大嫌いで一緒にいると苦痛にしか感じないというケースで、こればかりはその子供本人にしかわからないことなんです。
もちろんそんな事実は親にはもちろん、友達にも言えないことなので、その闇は封印されており、表には出ないんですね。

でも子供だった子が今は大人になり、その大人が私のところにきて子供時代の話、そして現在の心境を吐き出すのですから、これは子供に聞く以上にリアルな子供の心理なはずです。
しかもそうやって話を聞くことで、闇を抱えた子供がどのような大人になっていくのかという結果が分かることでもあるわけです。

普通、親に不満があれば、子供の時から直接親に文句を言ったり、反抗期に爆発したりします。
少なくても大人になり自立すれば自分の意思を親に伝えることができるはずです。
もちろん親を敬うことや、気を遣うことは当然するべきで、自分の気に食わないことを何でもかんでも言うというのは逆に子供のままで成長していない、単なる自分勝手な人です。
そうではなく、問題の解決のためには自分の気持ちを冷静に伝えるという行動にでることも一つの手段だと私は思います。
それは自分の精神の健康を保つことだからです。

しかし真面目で不器用な子はそんなことも親に言えないんですね。
言えないからこそ親と会うだけでも苦痛でしょうがなく、精神的に疲れ、それでも親はそんな子供の気持ちは全く知らず、良い関係だと思い込んでいるんです。
親がこの事実を知ったらかなりショックでしょうね。

さて、その子供はどういう気持ちでいるんでしょうか。
そのお話は次回に持ち越します^^





当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

今日は何の日?

今日は2月11日で祝日です。

で、今日は何の祝日なのか会話の途中にキーさんに聞いてみました。
そのキーさんは即答で「健康の日」だっけ?
と回答(笑)

「け、けんこうのひ?」と私は戸惑い、、、「なにそれそんな祝日あったっけ?」
と聞くと「んーー、なかったっけ?」と軽い返事(汗)
私が「それって憲法記念日のこと?」と聞くと「ああ、それだそれそれ!」とあくまで勘違いという感じで取り繕ってました^^;
でも、今日は憲法記念日ではないんですけどね(笑)

このままではしょうがないので、その子に今日は”建国記念の日”ということを教えてあげました。
確かに”けんこうのひ”と”けんこくのひ”では一文字違いですけどね、でもその子はれっきとした”大学生”。

おまけのお話しですが、その子とインド料理のお話をしていた時、「タンドリーチキンって何の肉?」と真剣な顔つきで聞いてきたんですね。
私が「たんどりー”チキン”」とチキンを強調して言ってみると、「あ、鶏肉か」と顔を赤らめて納得していました^^;

日本の大学もこれでは危機かもしれませんね^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

痛みの追求

お仕置きにつきものなのは痛みですよね^^;
もちろん罰であるお尻叩きのお仕置きは痛くなければなりません。
でもそれはお仕置きをする側の視点であるはずなんですよね。

何が言いたいかというと、お仕置きを受ける側のキーさんが、度を超えた痛みを追求してしまうということに違和感があるということなんです。
私がコンセプトとしている親から子供に対してのお仕置きを想定すると、子供は痛みを求めてはいませんよね、痛くない方がいい、早く終わってほしいと思います。
でもスパの世界のお仕置きでは、もっと痛いお仕置きをしてほしい、軽めのお仕置きでは反省できない、満たされないと思う人もいるんです。

でもそう仕向けてしまうのは、お仕置きをする側に問題があるんじゃないかって最近すごく思うんですね。
お仕置きをするたびに厳しくなる、必要以上の痛みを与え続け堪えさせる。
お仕置きを受ける側はどんなに痛くても限界というものが許されないわけで、お仕置きが終わったら安堵を感じ、どんなに痛くても終わってしまえば満たされることになります。
それは痛みと安堵のギャップがあればあるほどです。

そしてお仕置きがどんどん痛くなると、今度は軽めの痛みだと満たされないということにつながります。
痛みを堪えぬく、我慢することで達成感を得て、それが癖になってしまうのでしょう。
痛み=愛情と錯覚をし、軽めになると物足りなくなることにつながることもあります。
本来は単なる罰であるのにそこに達成感が混じってはお仕置きに痛みを追求しているのであって、これでは違う意味でお仕置きを欲することになり、キーの卒業はなかなかできないでしょう。

もちろん罪悪感がメチャクチャあることや、これは悪すぎだという事例に関してはかなり厳しくしなければいけませんが、そうではなく、単にそこまでではない悪さを繰り返したとか、痛みに耐えられるようになったからという理由でどんどんと厳しい痛みを与え続けていては、お仕置きを受ける側は痛みを堪えることで満たされる方にシフトチェンジしていってしまい、方向性が違ってくるのではないかなといろいろなキーさんを見ていて感じます。

そういうケースを見て私が最近お仕置きの取り組み方が少し変わったのは、いかに厳しくなく痛みを与えるかということです。
道具を使って強く叩き、痛みを与えるのは簡単です、しかし強く叩けばどんどんと皮膚が麻痺してしまうため、痛みに慣れ、堪えてしまうんですね。
なので力加減はもちろんのこと、メリハリをつけたり、強弱をつけたり、時間を長めにとったりして、叩かれる側が痛みだけを追求しないように持ってっています。

その結果感じることは、痛みを追求してしまう人はスパの世界から抜け出せない傾向の人が多く、更なる痛み、痛い道具などを追求し続けてしまいます。
痛みを追求させないようにお仕置きをした人に関しては、痛いのは痛いので、痛さの反応的には変わりはりません。
というか強くは叩いていない中での痛みで、痛みには弱いままなので、いつまでも弱い力で痛みを感じられるという感じですね。

キーさんは基本痛みを求めているのではなく、愛情や承認欲求を満たすためにお仕置きを求めているので、その根本を満たしてあげればお仕置き願望は多少薄まっていくものです。
しかしお仕置きをする側がお仕置きをどんどんと厳しくしていき、痛みを堪えさせたりすると、痛みを耐え抜くことが反省であり、それが満たされるものだと”調教”しているようなものなんです。

私はこれとは違い、痛みを与えても、キーさんには痛みを追及させないような、それでも痛いお仕置きをしていき、本来の罰であるお尻ペンをしていきたいと思っています^^
お仕置きが調教にならないように配慮する、最初の新鮮なお仕置きの感覚を持続させる、極力エスカレートさせていかないようなお仕置きをしていきたいと考えています。

ま、これは肉体的な部分に係る精神的なものですからね、そのようにお話しして、キーさん自身にスパのお仕置きの範囲を超えないよう、痛みを追求しすぎないよう、きっちりと心掛けさせていきたいと思います^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示