同意無しでお尻を叩いた女の子のその後・・・。

2011年12月20日の記事で同意無しのリアルお仕置きのお話 最終話 というのがあったのですが、なんでかは分からないのですが、そのページだけいつもブログ閲覧ランキングの上位に君臨しているんですよね^^;
3話に分けているのに最終話だけいつも閲覧件数が多いのはなんででしょう?(笑)

で、その記事の最後に
「この彼女は今後お仕置き嫌いになるかお仕置き好きになるか、何か変化がありましたらまたお話しますね」
と書いてあるんですね。
それで、すでにもう5年がたとうとしているんですけど、その後がどうなったのかを報告したいと思います^^;

あの日からもプライベートでたまに会う関係の彼女ですが、決してお仕置きの関係ではありません。
たまに会ってお話をする程度なのですが、昔は手の負えないじゃじゃ馬だったのが最近は少し謙虚さを身に着けた感じに成長しています^^;

ちなみに彼女は私のこの活動を知っています。
知っているのに私に付きまとっているのは、実はお尻叩きに興味があるのではないかと私は思ったんですよね。
なのであれからいろいろと探りを入れてみました。

探りを入れた結果・・・。
彼女はキーさんの気持ちが全く理解できないんですよね(笑)
説明しても理解できないほど感覚が遠く、たまにキーさんを知ったかのように私に心理的な事を話してくるのですが、それがまたトンチンカン(笑)

それではMではないかと探りを入れてみてもこれもちょっとずれていると感じました。
まぁ結論はキーでは決してありません、そしてM要素はあるにしてもMはちょっと違う感じがします。
なのでいくらお尻ペンをしてもキーさんにはなれないんだなって感じました。

そんな彼女ですが、基本いい子なのですが、たまに心無い行動をとってしまったりするんですね。
そういうときはきっちりとお説教してお仕置きです。
あの同意なしのお仕置きから数えて彼女を本気でお仕置きしたのは3回程です。

「お仕置きするぞ」というと
「駄目!なんで叩かれなきゃいけないの?私はキーさんじゃないんだから叩くんならキーさんを叩いてよ!」
と本気で怒り、逆切れして訴えるようにいつも突っかかってくるんです。

なんで自分で悪いことしてるのに他のキーさんを叩かなければならないのでしょうか(笑)
それとも私が叩きたい趣味だと思っているから、叩くなら私ではなくてキーさんを叩いてと言っているのでしょうか。
まぁどちらも的外れで、彼女が悪いことをしたから罰として、罪の償いとしてお尻を叩くわけですから。
またまた同意無しのリアルお仕置きの再開です^^

強引にうつぶせにさせて膝の上にのせると足をバタバタさせて暴れて「嫌だ嫌だ、なんでー」と抵抗します。
強引にスカートをめくり、パンツを下し、平手でお尻ペンです、でも彼女は嫌がって怒っています^^;
スパのお仕置であればお仕置きされて怒ることは無いですけど、怒るところがリアルお仕置きなんですよね^^

最初は抵抗して反抗して「やだやだ!ひどいー、ほんとやめて!、私悪くない」などと本気で言っているのですが、
「そんなこと言っているとお仕置き終わらないぞ」と言って更に力を入れてお尻を叩くとすぐに「ごめんなさい」と非を認めるかわいらしさがあります(笑)
回数的には30発程の平手のみのお仕置きですが、しっかりと反省してごめんなさいが言えれば終わりにしています。

でも彼女の場合、お仕置きが終わるとほっぺたを膨らませて睨んで「怒ってるんだからね!」って迫ってくるんですよね。
かわいいので、突き出したその顔にそのまま軽くビンタをしたりするんですが(笑)
びっくりした顔から泣きそうな顔になって更にかわいいんです(笑)
結局は強引に抱きしめてあげて頭をなでてあげて、「もう悪いことはお仕置きで清算したからおしまい!良い子、良い子」と魔法の言葉をかけてぎゅっとしてあげると収まりがつく感じですね^^;

まぁこれからも本気で悪いことがあったらお仕置きしますけどね、これは彼女の為でもあり、素の反応を見れる私の楽しみでもあり(笑)
同意なしの本気のお仕置きってまずはできませんからね、キープしておきたいです(笑)
多分この子は一生キーさんにはなれないでしょう、要素もセンスもなさすぎですから^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

真面目な子たちの葛藤

真面目な子って何が真面目なのかというと難しいですよね。
表向き真面目な子でも心の中では腹黒い人(人間ですからこれが多いです)
自分のダメなところを見せたくなくて必死な人
悪く思われたくなくていい子を演じている人

それぞれ考えは違えど、私はどれも根が真面目な子だと思っています。
不真面目な子はそんなことどうでもいいわけですからね(笑)
でも、真面目な子って完ぺきにこなそうとするから心の中はかなり追い詰められているんですよね。

自分の悪い部分やだらしない部分をさらけ出したくてもなかなかできない、悪いことをしようとしても勇気が出ない。
そういう子はいい子であることが当たり前になっていたり、見放されてしまうかもという恐怖があって、ありのままの自分を出したり反抗したりの冒険ができないでいるんですね。
そのままでいいんだよ、それでも好きだよ、と言われることで自分の甘えの欲求を満たしたいという思いがあるのに、見捨てられることに怯えて自分を出せないでいるのでしょう。

人間は一人では生きていけません、そしてどんなに頑張っても、人によって得手不得手があるようにできないことはたくさんあります。
しかし根が真面目な子は、できない自分を認識する度に自分を責めてしまい、自己嫌悪を繰り返し、自分の存在意義を問い、必要とされていないんじゃないかと思い込んでしまう傾向があります。
そんなことを日々考えて一人で抱えこんでしまっては、当然心がもたないですよね。
自分の嫌な部分を受け入れて、それを許して、ある程度自分を甘やかすことは精神衛生上必要な事ですから。

それと中には自分に対して厳しく、他の人よりもレベルの高い自制を自分に科してしまう人もいます。
要は自分のいい加減な部分、至らない部分を認められないのです。
本来はそれを認めてあげることがストレスの発散や精神の安定につながるのですが、周りの目を気にしすぎて自分を追い詰めてしまうのです。
そういう子たちのほとんどは、悲観的でマイナス思考、そして見捨てられ感も強いんです。

それは、これまでの人生、自分が良い子でいたから受け入れられていたんだと思い込んでいたり、逆に親や友達から受け入れてもらえなかった環境であったりと様々です。
悲観的であるが故に、優しくされたり、過保護であったり、叱られなかったことも「愛情がないんじゃないか」と思ってしまったり、感情的に怒られたり、理不尽な言動をされたりしたら当然心に傷を負ってしまうんです。

悲観的な考え方で生きていると、自分が悪い子だと親からも周りからも見捨てられてしまうという考えが植え付けられてしまうのも無理はありません。
子供のころからそういったものを引きずっていると、大人になっても「見捨てられてしまうのではないか」という意識で人と接してしまう傾向があるからです。

根が真面目な子でもこのように様々なタイプがありますが、だからこそ甘えることに欲求を覚えたり、叱られても見放されない愛情を求めてしまうんだと思います。
その求める行為がお仕置きへとシフトしていくんだと思います。
それでも見捨てられる恐怖はあるのですが、その気持ちを受け入れる約束のお仕置きの関係は、3次元の空間としては唯一の居場所となっているのかもしれません。

『大丈夫、失敗したっていいし、過去に何があっても、どんなひどいことをしてしまってたとしても見捨てたりしないよ』
そんな大きな愛情を求めてお仕置きに惹かれていくのでしょう。
もちろん無条件というわけではありませんよね、しっかりとダメなことはダメと叱り、そういったことを清算するためにお仕置きがあります。
だけど、どんなに叱られても叩かれても見放されない愛情がそこにはあるんです。

そういう子たちは人に弱みを見せることは苦手です、でも逆に弱みを見せても嫌われることはないと無意識に求めている部分があり、実際に弱みを見せれるようになれば心が軽くなり、もっと心が満たされます。
見放されてしまう恐怖はいつまでも持ち続けることはありますが、それでもお仕置きの時はそんな日常とは違うので、見放される恐怖に蓋をして満たされようとできるんですね。
そういうことを繰り返していけば、弱い部分を出しても嫌われることはない、というのが少しずつ確信へと変わっていけるかもしれません。
自分のダメなところや弱さに向き合える場所、それがお仕置きの世界では可能なんだと私は思います。

お仕置きとはただ単にお尻を叩くだけではありません、心を満たして上げ、信頼関係の中から少しずつ自立を促したり自信をつけたりと、ある種のメンタルトレーニングでもあると思っています。
お仕置って本当に理にかなった行為だなって感じます^^

真面目な子たちの葛藤ってあまり聞かないのは真面目だからこそこんなこと話せないと思ってしまう事で周りに周知されないだけなんだと思います。
私はそれをいろんな根が真面目な人から聞いているのでよく知っています。
心の葛藤は辛いものです、まずは他人の力を使ってでも自分の心を満たして上げること、それが大切だと私は思います^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ始めました
https://www.instagram.com/kyosuke295/



キングオブキーさん

先日キーさんの交流会(学生部門)を開催してみたんですけど、キーさんといえどいろんな人がいるものですね^^
しっかりした人もいればおっちょこちょいの人もいたり、毒を吐く人や癒しオーラのある人、一見クールに見えたり、甘えん坊さんだったりと様々いました。
一人一人は真面目で大人しく人見知り的な感じなのですが、それが集まるとまた違う人物の集まりというような雰囲気になるものです^^

そんな交流会の中で興味深いことがありました。
私は参加しませんでしたが、お手伝いの人も含めて8人で”ババ抜き”をした時のお話です。
8人の”ババ抜き”って私も初めて目にして、最初と最後がどういうことになるのかと興味を持ってみていました。

すると、ババ抜きが始まってすぐに一人のキーさんの手持ちカードが1枚に。
やったー!と叫び、満面の笑みで、もう上がりますよってみんなにアピールしていたんですね。

ところが初めに上がったのは違う人物、そして次から次へと先に上がられ、みんなの期待はこのキーさんの負けでした^^;
負けろ!とは誰も言いませんでしたが、その空気で負けろ!と念じているように私は感じました(笑)
とうとう残り三人になり、みんなはそんな奇跡はまさか起こるまいとは思っていたのですが、なんと最後の二人になってしまい大盛り上がり。

二人で3,4回カードを取り合い、そしてとうとう最初に一枚になったキーさんが負けてしまいました(笑)
ものすごい引きの弱さに大盛り上がりで、集まった中での一番の”キーさん認定”をされてしまいました。
当然の罰ゲームはお尻叩き
というのは決めてなかったので、お尻ペンの罰を最初に決めておけばと後悔してしまいました…。

小説に出てくるようなキーさんでしたが、このキーさんはこんなことでは終わりません^^;
最後の片づけを4人にしてもらうことに決め、その選出方法はトランプ。
52枚のカードから7人がそれぞれ引き、数字の低い人に片づけをしてもらうことにしたのですが、、、。
1から13までの52枚のトランプがある中で、そのキーさんの引いた数字は「1」^^;
一同大爆笑で幕を閉じました。

キーさんの中においてもキーさん的な宿命を背負っているキング(クイーン)は存在していると勉強になった交流会でした^^


交流会の感想はサイトにアップしてあります、興味のある方はご覧ください^^

当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

キーさん交流会の報告

サイト「お仕置きの部屋」では先日行われた「キーさん交流会学生部門」の感想をアップしました。
私のサイトを通じては初めて行われた交流会でしたが、その雰囲気を見てみたい方はぜひお越しください^^

今回は学生さん7名が集まりました。
次回は社会人部門を企画中です^^


PC版 http://oshioki.biz/ibento/kouryu1.html
スマホ版 http://oshioki.biz/sp/ibento.html
モバイル版 http://oshioki.biz/i/ibento.html

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示