お仕置きは安定剤?

このお仕置き活動を始めてから不思議なことがちょくちょく起こります。
大きなところで言うと心の安定で、これに関してはお仕置きは心が満たされる行為なので理解はできるんです。
それが具体的になると「本当にそれがお仕置き効果?」というような不思議な現象にもなってきます。

不思議といいつつも、同じようなことが頻繁に起こるとそれは不思議ではありますが、偶然とはいえなくなります。
まぁ、お仕置き行為の元は心を満たしたいということなので、今となってはそれらの不思議な現象はお仕置き効果であると確信していますけどね^^

それではどんなことが起きているかということですが。目に見えてわかる具体的な例が生理周期です。
お仕置きを受けてから生理周期が正常に戻ったという報告がこれまでに何件もあるんです。
初めてその現象を聞いたのは、本格的にスパのお仕置きを始めたころでした。

最初は何かの偶然かと思ったのですが、その子の場合、生理周期が初潮の頃からずっと40日くらいだったんですね。
それがお仕置き後に急に28日になり、その時に「それはお仕置きで心が安定したからきっとお仕置き効果だよ(笑)」と何の根拠もなく相手に言って、「まぁしばらく様子を見よう、それが続くようなら間違いないよ」というような話をしていたんですね。
でもその28日周期が半年以上続いたんです^^;
そしてその子としばらく会わなくなったらまた生理周期が40日に戻り、また会いだしたら28日になるという嘘のような本当の話しです・・・。

その子だけなら特殊な例だと思えたのですが、同時期に他の子も同じような現象が起きていて、その子は本当に不安定で周期が一定していなかったのが安定しだし、この子も私と会わなくなったらまた不定期になったりして、2人同時ということはもうお仕置き効果なんだろうなと、曖昧ながらも心で思っていました。

その後も意識していろいろな子に聞いてみると、特に生理周期が不定期だったり周期が短すぎたり長すぎたりする子に改善がみられるというデータが集まってきたんですね^^;
当然お仕置きによって心が満たされるのですから、精神の安定が生理に影響するのはわかるのですが、お仕置きがこれほどまでに効果的だとは信じがたいところもあり、何か魔法のような不思議な感覚でした。

例を挙げるとたくさんあるのですが、他にも初潮時からずっと生理周期が20日の子が29日周期になったり、バラバラな周期が安定した周期になったりと、このような不思議な現象は今に至るまでたくさん起きています。
そしてその生理周期をそのまま維持できる子もいれば、会わなくなるとまた前の状態に戻る人もいます。

私が最も驚く現象は、若い頃からずっと20日とか40日の周期でいる子が、大人になって、お仕置きを受けてから29日前後の周期になることです。
生理とは一般的には30日前後の周期なのですが、その中で精神的に不安定な状態であればその周期が乱れるということは当たり前の現象で、心が安定したら正常に戻りますよね。
そのことは心や精神的な問題なのでお仕置き効果も説明もできますが、初潮の頃から今までの生理周期がお仕置きによって修正されるということは本当に驚きというか魔法のようなものですよね^^;

まぁこれは全員に共通することではないし、そのような傾向が強いということなのですが、他の例では眠れるようになったとか、怖い夢を見なくなったとか、どれも一時的なことはありますが、お仕置きによって精神的に満たされ、それが体の仕組みを変えていき、体調にも影響してくるということでしょう。
こう分析してみると安定剤なんかよりも強力なお薬なんじゃないかなと思うことが多々あります。

カーさんは魔法使いにもなり得るし、ドクターにもなり得るのかもしれませんね^^
オキシトシンとセロトニンを分泌させ、ドーパミンやβエンドルフィンを混ぜてホルモンバランスを絶妙に整え治療する、みたいな。
しっかりと心が満たされれば心には大きな癒しにもなるんだと思います。

まぁそれだけキーさんたちは心に何かストレスになるようなものを抱えているのかもしれません。
キーであることやお仕置きを考えてしまうこと、そのことを誰にも言えないこと、それだけでも重荷かもしれませんしね。
女の子であるがゆえにオープンにできない負担というものは精神に重くのしかかってきますし、そういう部分を理解してくれる人はなかなかいないから余計だと思います

そういうことで悩んでいるキーさんやキーさん予備軍、はたまたMさんも含め、そういったものを吐き出したいのであれば、ここでなら心を解放できますからね^^
この場所は皆さんにとっては非日常の場所であると同時に、あなた自身の心の中身であり、居場所であってもいいと私は思っています。
まずは勇気を持つことが大切です、新しい何かを見つけなければそこからは何も生まれませんからね。



当サイトへは下記よりお入りください。

PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

キーかМか、、、お仕置き体験その②

続きです。

このサイトを立ち上げてからすぐ位のころでしょうか、これまで三人だけSMの体験をさせたことがありました。
その子たちは共通して「Mなのかキーなのかわからない」と悩んでいたんです。
それは空想上や妄想上の悩みではなくて、実際にSM的なこともスパ的なことも体験した上で訳が分からなくなっていたんですね。

私はスパのお仕置きの後に、「SMのお仕置きとスパのお仕置きの違いを体験したいなら、日を改めてならしてあげてもいいよ」
というようなことを言ったことがありました。
それは私はSMの活動をしていたこともあり、スパのお仕置きとSMのお仕置きの明らかな違いがよくわかっていたからです。
その行為で本当に求めているものが分かればいいかなと思ったのですが、日を改めてと言ったのはスパとSM的なことを意識的に分けるために同じ日や同じ場所ではしたくなかったからなんですね。

明らかな違いというのは支配するものとしての意識からくるものですが、言動や顔つきでその場の雰囲気を変えていきます。
そういった雰囲気作りは大切で、そうやって相手の精神的な部分をコントロールしていくのです。
どんなお仕置きの違いか簡単に言うと、スパは親から子への愛情溢れる叱りに対して、SMは虐待的、より支配的で理不尽な叱りも含まれるという感じです。

それを3人それぞれに実践してみて、SMのお仕置きに対してどう感じるかということを検証していきました。
3人ともSM行為はあまり経験はしていなかったものの、そのうちの一人に関してはカーさんからSM行為をされて嫌悪を覚える傍ら、感じてしまっている自分がいて戸惑いを覚えたそうです。
このキーさんたちが嫌悪していたのはスパのお仕置きなのにSM行為をしていたからだと私は感じ、だから今回はスパではなくSMということで体験をさせたいと思ったのです。

実際どうだったかというと、3人ともSMに対しては本人たちが思っていた以上に快楽を感じ、SMを求めていることが分かったようです。
同時にスパがなければ満たされず、その部分はSMでは決して満たすことができないということも分かったようです。
つまりスパとSMは別物で、スパは精神的な安定のために必要で、SMは性的快楽のために必要だということです。
キーでありMでもあることは普通のことでもありますが、一番苦労することはパートナー問題でしょうね^^;

今現在の私のこの活動では、体験したいということでも性的なSM行為をすることはありませんが、雰囲気や言葉でその違いを感じさせてあげたり、カウンセリングでキーかMか、はたまたその両方かを診断したりはできますからね。



当サイトへは下記よりお入りください。

PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋




(注)現在は活動で会った方との予約時間外のお付き合いは一切していません、また、これは過去のお話ですので現在の対応とは異なる所があります。

キーかМか、、、お仕置き体験その①

キーさんの中にはお仕置きに対して”スパを求めているのかSMを求めているのか”が分からない人ってまぁまぁいるんですね。
多分キーだと思うけど違うかもしれない、SM的なことも考えてしまうから自分はどうなんだろうという感じです。

お仕置きに興味をもっていろいろと検索してみるとSM的要素なお仕置きがたくさん出てきて、そういうのを含めてお仕置きと認識してしまうこともありますよね。
そうやってSM的な部分を受け入れないとお仕置き体験ができないと思ってしまう子もいるんです。
しかもスパのお仕置きとSM的なお仕置きというのは、その世界を知らない人から見たら同じに見えてしまうこともあり、それはお仕置きに憧れを持つキーさんの一部も同じような感覚なんですね。

そして体験の結果、SM的なお仕置きに対して多少の違和感を感じつつも心地よさも感じ、ある程度満たされるのでそのまま流されてしまう子もいます。
でもそれはキーの部分とMの部分が混在しているからこそ違和感と心地よさの両方が混在しているんだと思います。
ただ、そういう場合はスパのお仕置きは別でするというようなことをしていかないと心が満たされないままでいることにつながります。
SMはSMですればいいんです、そしてスパのお仕置きの欲求が出た場合にはスパのお仕置きをしてくれる人を探せばいいわけです。

M要素がなければSM的なお仕置きには心地よさは感じることはあまりないのですが、SM的なお仕置きとスパのお仕置きで共通している部分もあるのでまたややこしくなるんです。
それは、「支配下にはいる、叱られる、追い詰められる感覚、抵抗しても押さえつけられて叩かれる」というようなことで、これはキーでもMでも満たされる部分が似ているんですね。

だからこそ、キーであり、Mでもある人は自分がMなのかキーなのか、またはスパとSMのどっちを求めているのかがわからずに悩んでしまうことがあるんでしょう。
しかもそのことを相談する相手もなく、パートナーに相談したらほとんどはSMに誘導されてしまうでしょう。

そうやって流されてしまう背景には、女性はもともとM要素を持っている人が多く、キーであるけれどMでもあるという人は普通にいて当たり前で、誘導されやすいからなのではないかと私は思います。
なのでキーの部分は一切捨てる必要はなく、性欲の部分でMになればそれでいいと思います。

こういう相談は軽いものから重いものまでカウントすると、かなりの人が一度は悩み、相談してくることが多いんですね。
現在の活動では、SMに対する考え方や精神的な部分の捉え方などを説明して疑似的にSMとはどういう行為なのか、それを自分でイメージしてみてどう感じるのかというのを言葉で説明したりアドバイスをしたりしています。
その結果、実際はキーであり、Mでもある人が多いですね、稀にですが、キー要素がないMなだけだったという人もいましたね^^

まぁ、過去には実際に体験させたこともありました^^;
そんなお話をカミングアウトしようと思います。

続きはまた後日に・・・。

売り飛ばされる覚悟のお仕置き!? 続き

続きです。

待ち合わせをしたのですが、最初に服装や特徴を聞いてみると「帽子をかぶってます」のみ・・・。
これは相当警戒しているな、大丈夫かな?と思いつつ待ち合わせ場所へ。
電車は到着しているはずなのにそれらしい姿の子がいませんでした^^;

冷やかしかなって思っていたらこっちに向かってくる子がいて、その手には帽子が。
あれ、さっきはいなかったはずの子がいるし、帽子を手にしているけどこの子じゃないだろうなと思いながらも私も近づいて行って○○さん?と恐る恐る声をかけるとその子でした。

何やら最初は私を見かけてとっさに隠れたとのこと、しかも帽子を手に持っていては目印が全くないのも同然ですから見当たるはずがありませんよね^^;

移動中、緊張の顔というよりも恐怖の顔でしたね、歩くのも5M後ろを歩いているしかなりの警戒^^;
はたからみたら私がナイフか何かで脅して連れ去っているような感じだったのではないでしょうか(苦笑)

そしてその子が一言。
「本当に何もしませんよね?」
私は「大丈夫、本当にサイトやブログの通りだから」といったのですが、当然聞く耳を持っていなかったでしょう(笑)
部屋に入ってからもキョロキョロとずっと中を物色していて、どこか逃げ道でも探していたのでしょうか?
私はずっとその子の恐怖心を取り除くためにいろいろとお話をしていた感じでしたね、、、。
そしてお説教をしていざお仕置きに入ると、完全拒否・・・^^;

ここにきて必死の抵抗とはどういうことかと冷静に考えつつ(完全拒否なのかお仕置きありきの拒否なのか)、ただ、この子の場合は強引に押さえつけてのお仕置きはきっとパニックを起こし、恐怖心から必死に泣き叫ぶのではないかと想定をしつつ、それでも遠方からきてお仕置き無しとはいきません。
本気の抵抗なのかどうかを探るために、その子の手を取って膝に乗せようとしますが、力で抵抗されそれもできず、それならばと説得しながら60%くらいの力でなんとか膝の上に乗ってくれました。

メールでのやり取りでは普通のお仕置きということだったので、厳しくはできないし、特にこういう子は要注意なので手加減はしっかりとしないとなという思いでお尻叩きに入りました^^;
叩きだすともう痛がり、もう嫌だと言い出す始末です^^;
しばらく叩いた後に場所を移動するもその最中も拒否る拒否る…。
何とか立たせて道具を出すと拒否ったのですが、軽く体験だけだからと説得させてケインと布団叩きで軽く3発づつ。

その後平手でのお尻ペンをし、最後に平手50回を宣言するもこれも必死の抵抗。
ここはこれまでの態度も見過ごせないということもあり、私自身譲れなかったので最後は押さえつけて力を込めて叩きました^^
まぁこれで私自身スッキリとはしたんですけどね・・・・、でもまだその後がまだあるんです・・・・。

お仕置きが終わったので頭を撫でていると、その子はなんと私の手を振り払ってきたのです・・・・。
こんなことこれまでなかった反応で私は戸惑い、本気で逃げたかったんだな、今もすごく怒っているんだなって解釈をしました。
気まずい雰囲気を打破するため、そして相手の機嫌を探るためにも離れた状態でありましたが会話をしてみました。
すると何故だかこれまでと違って明るい感じで話してきたんですね。
おやっと思ったのですが、やっと恐怖心をなくし、信用してくれたのかぁという感じで私もホッとしました。

そしたらいきなり
「全然痛くなかった」
とケロッとした顔で私に言ってきました^^;
えっ!?と状況がつかめず、私が
「それは普通のお仕置きということだったから軽めにしたからだよ」
というと
「もっと無理やり押さえつけられて容赦なく叩かれるのを想像していたからなんかイメージと違った」と^^;

こっちは気を使って恐怖心を和らげようと必死だったし、その時にも必死に相手の機嫌を探ろうと必死だったのに、、、、えーーっ!って感じです(笑)
キーさんにはそういうことでさんざんやられているので、お仕置き開始時の拒否には全く応じない私でしたが、今回ばかりは本気度を感じすぎてそれに応じてしまいましたからね。
でもその一言から私の方がスッキリ感が一瞬でなくなり、今回のお仕置きにモヤモヤが心に残ってしまいました^^;

時間がないので追加のお仕置きもできず、その子には「今度来たら容赦しないよ!」といっておきました。
その時には「また来るね」って明るく返事をしていたのでこれまでの恐怖心や不信感は取れていたのでしょうが、こちらは全くです(笑)
その後のメールでその話をした時に「本当に押さえつけられて叩かれていたらもしかして大声出していたかも」と言ってきて、またまた「えーーっ!」って感じでしたが本当に押さえつけなくてよかったかもです^^;

でも薬漬けにされるかもしれないという恐怖心があってもお仕置きを受けに来るというのは、それだけお仕置きに魅力を感じてしまったキーさんの一時的なパワーでしょうね、凄いです・・・。

薬漬けにされるかもしれないと思っても来たキーさんがいるんだよっていう話を、最近お仕置きを受けに来た、その子と同じ年くらいの若いキーさんにメールのやり取りの最中の雑談として話をしたらこんな返信が来ました…。

「一応、万が一どこかに捨てられたり売り飛ばされてしまったときの事を考えて、両親宛ての遺書のようなものを書いて部屋に隠してから家を出ました(^^;)結局そんなものは必要なかったのでよかったですが(笑)」

この子もですか・・・・^^;

極めつけは昨日のブログを読んだキーさんからのコメントです。
「まぁ、不安ですよね。私もいろいろ考えました。世の中、覚醒剤やら殺人やら、いろんな事件が数多くありますからね。でも、京介さんの書く文章に惹かれて、どうしても会ってみたくなりました。自分がそう決めたから、殺されてもしょうがない、とまで思ってました(笑)ま、それくらい覚悟して行きましたね。」

だそうです(苦笑)

このようなことを考えると、やはり一人の真面目な女性が知らない人に会いに来るというのは相当の覚悟がいる行為なんだなって感じるし、それでも私のところに来たいと思ってくれるキーさんは私は大切にしたいなって改めて思いました^^

大切にするといってもお仕置きに影響することはありませんから勘違いはいけませんよ(笑)
とにかく、薬漬けにして売り飛ばすなんてことは、ぜーーーーったいにありませんからね、ブログやサイトはそのままです、安心してください。

って書いてもやっぱり不安は残るのでしょうかね、悲しい限りです(T_T)



当サイトへは下記よりお入りください。

PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

売り飛ばされる覚悟のお仕置き!?

つい先日のお話です。

私はサイトのほうではお仕置きの依頼を受け付けていて、依頼者とはメールのやり取りでいろいろなことを話し、実際に会う日にちと時間を決めているんですね。
そのメールのやり取りの中でのメール内容です。

「確認なんですが、性的要素は一切なくて愛があるディシプリン型なんですよね?、そう言って実はビデオで撮ったり来た子を薬漬けにしたりしてないんですか?」

なんて、直球な・・・^^;
もちろん返答は

「はい、ブログやサイトの感想を見ていただければわかると思いますけど、そんなことは一切しません、健全なお仕置きですよ^^」

と書きましたが、そのまた返信です。

「ブログもサイトもだいたい読みました。でも文面ではなんとでも書けますし、体験談だって京介さん自身が書いたりできます。それになんで女性限定でなんですか?」

と、もう何を言っても通用しない・・・、この子はこんなに疑っているのになんでお仕置きを依頼しようと思っているんだろうかと不思議に感じていました^^;
私の返答は

「そうですね、そこまで思われてしまってはしょうがありませんが、私が改ざんしたことはありませんとしか言えません、それと男性は膝の上に乗せて生尻を叩くことはしたくないからです、そこは私の好みとなります」

そしてそれに対しての極めつけの返答は・・・

「分かりました。信じます。でももしブログに書いてないことをしたりしたらブログはもちろん荒らしますし探し出して警察に突き出しますけど大丈夫ですよね?」

さすがに参りました^^;
逆にこっちが怖くなってしまいますよね、こうなってはお説教気味に返信です。

「あの、私が○○さんにお仕置きをさせてくださいと頼んでいるわけではなく、○○さんが私にお仕置きを依頼するわけですよね?不安はよく分かりますが、あまりにも攻撃的でなにか違和感がありますけど大丈夫ですか?もう一度冷静に考えてみてください」

と返し、それからしばらく返信はなく、お仕置きも諦めたのだろうなと思っていたのですが、1か月後にメールが来て、とんとん拍子でお仕置きの日にちと時間が決まってしまいました^^;

この子もめちゃ不安でしょうが、私も不安でした(笑)
そして初対面からのことはまた後日・・・。
そりゃ、一筋縄ではいかないはずですよね^^;

縛ってのお仕置き

私のお仕置きの基本スタイルは何度も書いてある通り親から子へのお仕置きのイメージです。
なので、基本スタイルでは手を拘束するなどの縛る行為というものは一切ありません。
なぜ縛らないかというと、それはSM的なお仕置きに近くなってしまうためで、スパにはSM要素というものは取り入れたくないというのが理由です。

しかし、それは嫌悪しているからしないのではなく、親から子供へのお仕置きには違和感があるからしないだけです。
そういうイメージでお仕置きをしているし、そういうイメージを持ってお仕置きにくる子がほとんどだからです。

そうはいっても、もしキーさんから縛ってほしいとの要望があれば私は縛ることは全然かまいません。
しかしその時は親から子へのお仕置きとは少し違うものになりますよね、そうであったとしたら虐待的に感じてしまいます。
でもそれはそれでキーさん本人がよくわかっていることで、私も理解してやることなので問題ないと考えています。

ただ、仮にそこからキーさんがSMプレイを望んだとしても、性的なことはしませんし、そこはお断りします。
縛ることは性的ではなく、そこから性的なことに発展していくからSMプレイとなるのです。
だから性的な事のないSM的な感じであれば許容範囲内です。

何故このような話をしたかというと、縛られてお仕置きを受けてみたいと言うキーさんも少なからず存在しているからです。
何回か来ているキーさんの何人かにお願いされたのですが、その時はとてもとても勇気がいったそうです。

なかなか言い出せなかったのは、縛る行為はSM的になるからスパには持ち込みたくないと私がブログに書いているからであって、それをする場所ではないと思っていたからだそうです。
こんなことを言ったらもうここには来れないみたいに考えてしまっていたようです。

確かに私はブログを通じて縛る行為はSM的になるからしたくはないと散々書いていますが、それはお仕置きの形を確立するために発信していることです。
そういう指針がなければお仕置きを受ける側はとても戸惑ってしまいますし、何でもありであればお仕置きを受けることさえも躊躇してしまうでしょう。
なので私のところは親と子のお仕置きを基本姿勢にし、SM的要素のないお仕置きと表現してきました。

ただ、難しいかもしれませんが、私の中ではこのことと要望は違うんですね。
私から縛ることは一切しませんが、要望であれば要望通りのお仕置きはします。
ただ、その中でも性的要素があるお仕置きはお断りはしますけどね^^;

自分がスパを求めているのかSMを求めているのかいまいちわからない人って結構多いんです。
それはいろいろなお話をしているからよくわかるのですが、いろいろな経験やイメージを持たないとなかなかわからないものです。
だから、縛られたいという願望がある人は縛られたらいいと思ういますし、経験があまりない人はまずはスタンダードなお仕置きを受けて欲しいと思うんです。

縛りを要望して経験し、それに違和感があるかどうか、心地いいものかどうかを感じればいいと思います。
そこに違和感を感じたらわかるでしょうし、お仕置で縛られたほうが反省できると思えばそうすればいいと思うんです。
要はここでのお仕置きは自分自身を知ることが基本にあるので、そういった体験をして自分の求めているものを探っていけばいいと私は思っています。

実際に縛りを経験した人たちの多くは違和感を覚えていました。
それは家庭的なお仕置きとしては違和感を覚えるけど、縛り単体は半々くらいでまたしてほしいという人もいました。
またその中にはキーとしては家庭的なお仕置きをしてほしいけど、Mの部分を満たしたくてSMのパートナーを探したいという人もいました。

スパでの縛りに違和感を覚えず、願望が満たされて満足する人ももちろんいますが、それは人それぞれのお仕置きを通しての自分が満たされる感覚なので、私は何でもありだと思っています。
キーさんでもMな人はたくさんいますから、キーの部分はスパを、Mな部分は性的なところで発散すればいいだけの話です。

私としては、もし縛ったとしても性的要素のないお仕置きをキーさんにするだけで、その部分のスタンスは何も変わりはありません。
ただ、親から子へのお仕置きという意識的なところは変えざるを得ませんが、そこはそれにしか興味がないということではないので何も問題はありません^^
それは私のお仕置きの範囲はもう少し広いからです、そこはキーさんの需要に合わせているだけですからね。

なので、縛りの願望、してみたいという好奇心がある人は遠慮なく言ってきて構いませんよ^^
それを我慢して別なところで変な人に引っかかったり嫌なことをされたりするよりも、自分がどう感じるのか、どう捉えるのかを安全なところでまず試してみることは必要だと思いますからね。





当サイトへは下記よりお入りください。

PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示