勝手なイメージ^^;

先日意外なことがあったのでそのお話を。

私のサイトを通じてお仕置き依頼をする子は結構いるんですが、その中でもつい先日来た10代後半の女の子の私に対するイメージにはちょっとびっくりして笑ってしまいました。

初対面、初めましてとあいさつをすると、いきなり「なんかイメージと違う~」と言い出し、
私がどうイメージしていた?と聞くと

「色んな人の感想を読んで、すごく日焼けしていて真っ黒な人かと思った~」と
いやいや、みんなが黒って書いているのは服装だから(笑)と突っ込みを入れました^^;

更に「筋肉質って書いてあったから黒くてボディービルダーみたいな人かと思った」と^^;
私は色白で、筋肉質といってもマッチョな感じではないのでそれでだいぶイメージと違ったんでしょう。

更に更に、アクセサリーをジャラジャラつけた中年のおじさんをイメージしていたそうです^^;
確かにアクセサリーはつけてはいますが、一応それなりにはしているつもりです(汗)

私の車に乗せ、音楽が流れると、「クラシック聴くんですか?なんかイメージと違う~」と
恐る恐る、「どんなイメージだったの?」と聞くと
「ロックなイメージ」と・・・。

私はロック系は学生時代は聞いていましたが、今は趣味ではないんですよね、今は癒される曲や寂しい感じの曲、クラシック(ピアノ)を好んだりしています。
でも全体的なこの子が感じたイメージを総合すると、凄くヤンチャでチャラいおっさんって感じですよね(苦笑)
感想を見てそう感じてしまったんだから仕方がないのでしょうが、やはりイメージって怖いものですよね^^;

私の場合は初めて会う人には勝手なイメージを作らないようにしています、文章や内容から推測できることはあっても経験上、イメージをすることはあまりいいことはないのでそうしています。

なので、私のイメージも勝手に作ってほしくないということを思いますね^^;
このブログ自体の印象はおそらく固くて真面目な人みたいな感じでしょうかね?
感想を読んでいたら少しはブログのイメージとは変わるかもしれませんが、それでもイメージしちゃいますよね・・・。

顔を褒める人もいれば雰囲気を褒める人もいます、でもそれはその人が感じた印象でしかありませんからそこからイメージを作ることはしない方が無難なはずです^^;
逆に私の顔や雰囲気が気に食わないという人はそこは何も書かないだけであって、そこでは判断できないこともあります。

ここで言いたいことは良いイメージを持たないようにということです。
顔や雰囲気に良いイメージを持ったまま会ってみても、そうでなかった場合はがっかりしますよね^^;
逆に悪いイメージを持って会えば、それよりはましであれば、まぁいいか、という気持ちにもなります。
お仕置きを受けるにあたって、イメージの違いでがっかりしていては真剣に話ができないかもしれませんから気を付けましょう^^

PS.
顔が黒いという話、ついこの間、初めてお仕置きに来た子に、こういうことがあったんだよって話したら「私もそう思ってた」と・・・。
私は勝手に黒いのは服と思いこんでいたんですが、確かに服とは書いてなかったような・・・・。
だからそういう誤解をしている人は多いのかもしれませんね^^;

気まずかったお話

先日のお仕置きをした時のお話です。

普段というか、通常のお仕置きの流れは、
十分にお話をしてからお説教をし、お仕置きをし、しっかりと罰を受けて反省できていればいい子いい子してあげて終了という感じなんですね。
たまにいい子いい子してお話ししているときに別の反省材料が出てきてお仕置きになってしまうことはあるんですが、それでも最後のフォローの時間はあるものです。

ただ稀に時間ぎりぎりになってお仕置きになることもあって、その時は最後のいい子いい子(アフターフォロー)があまりできないんです。
まぁそんなことはたまにあっても別にそこは大人だし、しょうがないので気にはしませんけど…。

で、先日、帰る間際になって、最初の話とは違うことを言ってきて、お説教からやり直す事態になってしまったんです。
お尻は平手で強めに叩いてお仕置きを終了したんですが、その悪いことをしてしまった時の決断がとても辛く悲しいものだったのと、それに対してお仕置きを受けたのが合わさって、キーさんはしばらく泣いていたんです。

私の場合は女の涙には弱くなく、泣いている姿って結構好きなんですよね。
ウソ泣きは嫌いですが、本気泣きは好きで、だから泣き止ますような優しい言葉って私はかけないんです。
S性がそういうところで出ちゃうんですかね^^;

それで時間になって部屋を出て歩いていたんですが、途中知らないおじいさんとすれ違い、その女の子を二度見して私を見て来たんですね。
なんだこのおじいさんは、と思って女の子を見ると、シクシク泣いていたんです^^;
これでは私が女の子を泣かした酷い男という印象ですよね(汗)
これまですれ違った人もそう思っていたのかと思うとなにやら気まずい気持ちになってしまいました(笑)

悪い子だったのは女の子なんですけどね、親と子供なら周りは叱られたんだなって予測できますが、大人同士では男が悪者になってしまう傾向にありますよね。
そんなことに一抹の理不尽さを感じてしまいました^^;




当サイトへは下記よりお入りください。

PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

大失態

ついこの間、やらかしてしまいました…。

なんと、まさかのドタキャンです^^;
その日約束をしていたのをスケジュール帳に記入するのを忘れていたのが原因なのですが、その日はお仕置きの依頼も入っていないし他の予定を入れていたんですね。

身内を家に呼んでいて、今から出かけようとしていたところ「ピンポン」とインターホンが鳴りました。
宅急便か何かかと思い、出てみるとそこにはまた別の友達が。
慌ててメールを確認すると確かに約束をしており、それをスケジュール帳に書いていなかったことが判明、頭真っ白です。

先に約束をしていたのは友達のほうなので、身内には事情を説明して帰ってもらいました。
家にいたのが身内で不幸中の幸いだったかなって思います、それにそのまま遠くに出かけていたらと思うとぞっとします。
かなり久しぶりの大反省で、最近スケジュール管理に慣れてきて注意力が欠如していた事実を受け入れ、しっかりと気持ちを切り替えていくことを自身に誓いました。

家に呼んでいたからドタキャンにはならなかったものの、そうでなかったら完全なるドタキャンですからね・・・。
大反省です。
本当に最悪の事態に陥らなくてよかったです。
でもドタキャンになってもならなくても、忘れていた事実は同じですからそこはドタキャンと同じです。

こんなことをもしキーさんがやらかしたらお仕置ですが、厳しいお尻叩きのお仕置きになりますよね。
ではどうするかを考えてみました。
私の場合は、勝手ですがこのブログにその事実を書いたことで、”社会的制裁”というお仕置きを受けたことになるのでそれで許しましょう。
という結論に至りました。
関係者の方々申し訳ありませんでした^^;

節電

たまには個人的なことも書いてみようかなと。

昨日の夜、一人酒を飲みそのまま冷房つけっぱなしで寝てしまったのですが・・・、
朝方4時ごろ、暑くて目が覚めたのですが、冷房の設定温度は27度だし、これ以上低くする必要はないかなって思って我慢していました。

で、もう少し寝ようかと思って、暑いから服を脱いでパンツ一枚になってベッドに行ったんですね。
「やっぱり27度じゃ暑いなぁ、でも節電しなきゃだし、この温度設定に慣れとかないとな」って感じで汗かきながらも寝ていました。

5時ごろにまた暑くて目が覚めて、もう起きようかとテレビを付けニュースを見ていました。
天気のニュースでなにやら今日は、昨日より最高気温が8度も低いということでした。

ん???
と思い、窓を開けてみたら涼しい風が・・・・。
風が通るように対面の窓も開けてみたらめちゃ涼しい。
ベッドに行き寝転んでみるとその風のせいで涼しいどころか寒い(笑)

冷房かけて暑がっている自分、更に節電だと言い聞かせ我慢していた自分。
そんな滑稽さに情けなくなりました^^;
節電どころか電気の無駄遣いですよね。

これはお仕置き対象でしょうか?
セーフでしょうね。
みなさんは客観的に聞いてどう思いますか?

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示