惹きつけられる”背徳感”とは

お仕置きに求めるものは一つずつさかのぼっていくと、そこには愛情という温かいものがありますよね。
抱擁感を感じたり、温もりに包まれたいと思ったり、そして自分を見てもらえて、認めてもらえるということで、人間が誰しも持つ承認欲求というものが満たされるのがお仕置きの一連の流れであり魅力です。

これは、”なんでお仕置きを求めているかわからない”という多くのキーさんの話を突き詰めていくと全てが愛情にたどり着くからなんですね。
なので、今の段階でなんでかわからない、自分は変だと思っている人たちは、その途中のプロセスは分からなくても、愛情を求めているということは間違いのない心の欲求なので、そこはそういうもんだと認識してください。
決して変ではありませんからそこは安心していいと思います。

それで、お仕置きに求めているものは分かっても、お仕置きに惹きつけられる理由っていうのがよく分からないものですよね。
惹きつけられるものは愛情だということは分かっても、そこでなんでお仕置きなのか、お仕置き以外ではどうして満たされないのか、普通に考えたらこんな事思うのも変だし、できたら考えることもやめたいと思うでしょう。

他のことで満たされたい、でもお仕置きを考えているときが一番満たされる、、、お尻ペンペンされたい・・・。
そういう欲求は我慢すればするほど溜まっていって、パンクしそうになってしまうんですよね。
このやめたくてもやめられないという心理には愛情がほしいということがあるのですが、その愛情を受け取る手段としてのお尻ペンペンには”背徳感”という厄介な魔力が関係しています。

背徳感というものは心理的にも隠されているから、隠したいものだからこそ、余計その存在に強く欲情してしまうものなんですね。
簡単な例をあげると、私たちの生活の中で裸を見ると欲情したりドキッとしたりしますが、これが裸族の人たちであれば欲情することはありませんよね。

それは何故かというと我々は衣服を着て、胸や性器は見せてはいけないものとして隠しているからなんですね。
隠しているからそれは見てはいけないんですが、それを見たいと思うことは背徳的なことですよね。
なので、隠されていることに興味を持つこと自体が背徳感の一つで、それによって欲情し、見たいという欲求につながり、いけないとわかっていてもそれを求めてしまうものなんですね。

人間が誕生したころの大昔、性行為や排泄行為は無防備で外敵から襲われる危険性があるので、必然的に隠れてするようになりますよね。
そうして隠していくうちにその行為に羞恥心を感じるようなったのかもしれません。
人間の欲求はそれが隠されているからこそ、そして貴重だからこそ感じるものです。
それがさらに禁止の制約を破る背徳感により、高揚感が更に高まるものなんですね。

結局そうした羞恥心や背徳感が快感を生むわけですから、そうなると「私はいけないこと考えてる、私は変だ」という意識を持ってしまい、それは真面目な人ほど強く思い悩んでしまう事なんですが、そう思えば思う程背徳感を更に感じ、どんどん引き込まれていってしまう事につながります。

またもう一つ、相手を叩いてしまう事、同等に叩かれる事、こういう加虐や被虐の暴力的な事も”してはいけなタブー”であり、背徳感を感じる行為でもあります。
過激で厳しい懲罰的なお仕置き小説でもドキドキしたり知らないうちに濡れてしまったりするのは、この背徳的行為を自分に置き換えているためで、快楽を得ているわけでもないのに体が反応してしまっているということも起きる場合があります。
これは人によって反応が違うので、全ての人に当てはまるわけではありませんが、これらがお尻ペンペンに惹きつけられる背景にあるのでしょう。

心理学的に人は自由を制限されると自由を回復しようとすると言われています。
「~しては駄目です」と言われると、やりたくなってしまう心理が働くものです。
なので人は禁止されればされるほど、それに対して興味が湧いてしまうという本能的なものを持っているんですね。。

いろいろな例がありますが、それが不倫であったり、一人エッチであったり、痴漢であったり、暴力的な事であったり、そしてお尻ペンペンであったりと様々ですが、これらに禁止をかけてしまうともっと欲求が上がったりすることがありますよね。
特に痴漢なんていうのは捕まったら地位も名誉も職も奪われ、全てが終わるような大変な犯罪なのに背徳的な心の高揚により、理性をおさめることができない人もいるわけですよね。

禁止やタブーには背徳感がつきもので、その背徳感は性欲中枢を刺激するので、ちょっとしたきっかけでそれに惹きつけられるととても厄介なことになるものです。
不倫、浮気、というものは誰しも恋愛を知る前は嫌悪の対象であり絶対にしないと思っているものです。
禁断の恋もそうですが、それが惚れてしまえば禁止が背徳感となり、いけないことと分かりつつもより興味がわき、周りから反対されればされるほど、想いが強くなってしまうことがあります

お仕置き欲求も同じようなもので、タブーを犯しているという事実でより惹きつけられ、欲求に繋がっていくのでしょう。
幼い頃に見てはいけないと思ってしまうようなものを見てしまうとそれが性癖のきっかけになることがあります。
(性癖とは性的な嗜好ではなくその人の偏った性質という意味です。性癖とはを参照してください)

だからこそ、幼少時や子供のころに目撃したアニメや絵本のお仕置きシーンや、他人が叱られたりお仕置きされたりしたのを目撃したのをきっかけに、お仕置きを忘れることができなくなる人、その虜になる人がいるんだと思います。
ドキドキしてしまった時点で背徳感を感じますよね、いけないことだ、こんなこと思ったらいけないと自分に禁止をかけてしまいます。

それがお尻ペンペンの裏に潜む”背徳感”の魔力であり、そうやって真面目に禁止をかけてしまう人ほど、お尻ペンペンのお仕置きに惹きつけられてしまい、脳裏に刻み込まれて一生頭から離れなくなるでしょう。
だからこそお仕置きという言葉だけでドキドキしたりキュンキュンと反応してしまうんでしょうね。

ただこの時は頭の中での脳内でのお仕置きの妄想でそれに興奮しているにすぎません、実際に真面目にお説教され、痛いお仕置き受けている時には興奮はありません。
といっても余裕がある時に自分の妄想と重ね合わせようと意識したとしたら興奮はするでしょうが、それをするかどうかは人それぞれです。
小説を読んだり妄想したりのお仕置きと、実際にされるお仕置きとはまた脳内の捉え方が違うものです。
それはキーさん自身がよくわかっていると思いますが。

まぁ禁止はよくないということです、だからいつもいっている通りにこうなってしまったら禁止をするのではなく、体験して欲求を薄めていく作業が必要なんです。
本当に欲求の波の高い時は苦しいでしょう、このサイトももっと気軽に依頼を申し込めるようになるといいんですけどね。
まぁとにかく気持ちがどうにもならないような時は勇気を出して依頼してみましょう。



当サイトへは下記よりお入りください。

PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋


スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示