お仕置きへの執着

いきなりですが、そもそも私は過去精神的な心のやりとりを求めSMの世界を経験してきた人間です。
まぁSMの世界といったら大げさなのですが、単に人間の本質や素の部分を求めるためにSM行為を好んでいたというのが正しいでしょうか。
相手の嫌がる顔や喜ぶ顔、必死な顔や本能的な反応が見たい、そのような人間の本質的なところを追求したく、仮面をとった素の部分である精神的な心の動きに興味があったんです。
最終的にたどり着いたのは精神的なSMであって快楽的なSMではなかったんです。

お仕置きに憧れを持つ子達がスパの世界を知る前は、自分はMなんだと思い込むのですが、それは一般的にはSMの知識しかないからです。
でもSMの動画を見たりすると気持ちが悪いと思ったり、そこまでじゃない人でもSMの体験をしてみると違和感が出てしまうことがあって、そういう人はM性がない、根っからのキーさんなんでしょうね。
自分は何なのか、何者なのか、変なんじゃないかと葛藤して、後からスパのお仕置きの世界を知ると、自分だけじゃなかったんだ安心して感動してしまうことはよくある話です。

私はそれとは違うのですが、似た部分はあるなぁと前からよく感じていたんですよね。
スパの世界があることは昔は知りませんでしたが、SMの世界でいろいろな経験をしていくうちにキーさんと出会って知ったんですね。
最初は「こういうことを好む人もいるんだ、叩くだけでお互いに満足するのか、興味ないな」と偏った認識で捉えていました。
まぁその時はキーさんと向き合うことはせず、キーさんの存在を否定していたというか、俗にいうS目線でキーさんを見ていて、「変わったMだなぁ、注文つけてばかりで面倒臭そうだなぁ」という印象しか持っていませんでした^^;

しかしそれから長い間に何人かのキーさんと出会ったのですが、いずれもM性のあるような、叩かれるのを楽しむようなキーさんだったので、それもあって「キーというのは注文の多いMだなぁ」という印象しかなかったんですね。
そんな中、一人のキーさんと関係を持つようになり、その時に主従関係を構築しようと試みたり、キー心理というものを探ろうと分析したりしていたのですが、その時に初めてM的な嗜好を全く持っていない子もいるんだとわかり、これがカルチャーショックだったんですね。

こういうキーさんがいるということが新鮮で、いろいろと話しを聞いていくと、それがディシプリン派のキーさんというもので、家庭的なお仕置きを好む人の多くはその子と似たような感じだということを知ったんですね。
肉体的快楽ではなく、精神的な部分で家庭的なお尻ペンペンを求めている人がいるんだと知り、肉体的な性欲にまみれていないその健全さは私がSMの世界では諦めていた部分でもあったので、そこで初めてキーさんに向き合い始めたんです。

エッチなことやSMではなくて、親身に叱られ、罰としてお尻ペンペンされ、許しがあり、抱きしめることで甘えられ、その一連のお仕置きの流れで愛情を感じて満たされるのがディシプリン派のキーさんであり、それがキーさんの根源だと私は感じました。
それが私の追求してきた部分と大きくかぶり、需要と供給の関係から私の嗜好がキーさんとびったりと合致したという感じでした。

結局今お仕置きの世界にたどり着いた私がいるのは”SM”を追求した結果だったんだなって思います。
SMをいろんな面でしっかりと経験してきたからこそお仕置き観が固まったし、その経験をしていなければ今の自分は違うところにはけ口を向けていたんだろうなと思います。

MはSに加虐されることに喜びを感じて性欲を満たそうと求めてしまいます。
それは当たり前なのでいいのですが、私が加虐心でMに嫌がることをしているはずが、いつの間にかMは自分の性欲を満たすために”もっともっと”と過剰におねだりすることがあるんですね、あからさまに。
それが行き過ぎちゃうと相手によっては冷めてしまっていました。

結局私はM性だけでは絶対に表現ができないことを望んでいたんですよね。
肉体的快楽として「お仕置きしてください、もっともっと」的に性的快楽を望む人には、お仕置きをしたくないという気持ちがどんどん膨らんでくることもあります、それはそれが相手を苦しめ、加虐することにも懲らしめることにもなるからです。
でもそうなると自分の加虐的なはけ口はなくなり、結果飽きてしまうというおかしなことを繰り返していました。

そういう快楽の顔ではなく、私は嫌がる姿、痛がる反応、必死な表情、本能的なしぐさ、などで人間の本質を見たいタイプのSなので、そこに性的なものはなくていいし、むしろない方がもっと興奮度があがるんですね。
そういった経緯で肉体的快楽のSMから徐々に精神的な部分のSMにシフトチェンジしていったんです。
そこの部分を更に追求していくと、究極的にはそこらのノーマルな一般人をお仕置きしたいとなり、そういう思いが強くなっていたんですよね(汗)

もしそれが実現したら本気で嫌がるから素の部分が見れるだろうし、人間の本質が見れるなと思うようになったんです。
でも同意がなければそれはダメなことなので、そんなこと出来るわけないしと葛藤したりモヤモヤしたりしていました^^;
そんな時に根っからのキーさんに出会い、ノーマルではないにしてもM性だけを持っている性欲の塊な人と比べても限りなくノーマルに近いし、お尻ペンペンは好きでも嫌だという前提でお仕置きを受けるので私の需要と合致したんですね。
更にキーさんの需要も私にマッチしているというすごく相性のいい出会いだったんです^^

昔の私はキーも所詮お仕置きを求めている部分では同じだからMと同等に考えていたところがありました。
「私はMではなく根っからのキーです」なんて言葉はただのくだらないプライドにしか捉えていませんでした。
結局は変態扱いされるのが嫌だという気持ちだけでキーを名乗っているのかなって考えてしまっていましたね。

でも今考えるとSである私に興味を持つ自称キーさんはキーではなくMだったんでしょう^^;
だから根っからのキーさんがいても私はその子たちをM的に見ているので、当然その子たちは私を避けるわけで、そうであるなら根っからのキーさん的存在を認識できないでいるのは当然のことですよね^^;

まぁ結局Mという部分は被虐を求めているので、いじめられたり叩かれて興奮するという性的な”性癖”ですが、キーは叩かれる痛み自体で興奮することはなく、自分のダメなところを叱ってくれたり成長のために親身に接してくれることに愛情というものを感じる”性格”なんですね。
ただ、その罰としては絶対的に”お尻ペンペン”が必要なんですが、その痛みで興奮するわけではないので、それは性的な性癖ではないんです。

もしお尻を叩かれて興奮するようであれば多少のM性をもっているんでしょうが、自分自身が何をより多く求めているかの問題なのでそこは問題ありません。
女性は基本受身なので殆どがM性を持っていると思いますから、その日の気分で今日はキーモード、今日はMモードとしてもいいですし、実際Mでキーである女性はそんな感じで分けています。


話を戻します。

キーさんへのお仕置きは、それこそ私が思っていたノーマルな人をお仕置きしたいという願望そのものです。
もちろんキーさんはお尻ペンペンされたいという願望を持っているので、お尻ペンペンされたいのですが、お仕置の時は”お尻ペンペンされるのはヤダ!”という前提でお仕置きを受けるので、ノーマルの人へのお仕置きと疑似的でありますが、同じようなものなんですね。

それはMのように叩かれるのを嫌がりながら興奮するのとは違い、実際に痛いのは嫌なので、”お尻ペンペンはヤダ=痛いのはヤダ”となり、自己欺瞞的ですが本心からお仕置きはヤダ!になるんですね。
それこそノーマルな人にお仕置きと同じことなんです。
それに加えてそれまで私は加虐として相手を叩いていたのが自然とその子のためにという愛情で叩けるようになっていったのも事実です。

ただ、Sの面が出てしまっているというか、、、まぁそれは良い面だと思うのですが・・・。
それは悪いことをしたら懲らしめる為に痛みをもって罰するのですが、そこに妥協がないってことなんです(汗)
いくら必死にごめんなさいをしても気持ちがこもっていなかったらお仕置きは終わらないし、泣こうが叫ぼうが絶対してはいけないことを繰り返したら、罪の償いという意味合いで厳しく叩けるんです。
この子のためにという思いが後押しをしているんですけどね、あれだけ必死にごめんなさいをしているのに叩ける私も我ながら・・・、と思ってしまいます(笑)

これはパートナー関係にある人限定ですが、お仕置きでは相手が限界を超えたとしても、相手がそれで怒ったとしても切れたとしても私は妥協はしません。
大好きだからそこまでするんです、それで理解できないと言って嫌われたとしてもそれでいいと私は考えています。
そのうち私の気持ちを理解してくれるだろうし、私の元から去ってしまってもそういう気持ちは必ずあるはずだからそれでいいんですね。

離れるのは相手の選択だし、それで幸せになるのなら私は喜んで自由にさせます。
決して見捨てるのではなく、離れてしまったとしても私は相手をいつまでも忘れはしません。
そしていつか気まずい思いをしてまでも戻ってくるのなら暖かく迎え入れますし、そういう子も可愛く感じてしまうんですね^^
本当に私の方向性は親と子供って関係性で無償の愛的なんだと思います、お仕置きでどんなことでも全て許せるってところが。
私は愛情を持って接しているので、いつか必ず相手は理解してくれる、そういう信念が根底にあるからできることだと思います。
これはそこまでの信頼関係があるからこそそこまでできるのですが、パートナー関係でなくても考え方は同じなのでそこまで厳しくするのかしないかの差なだけです、信頼関係がないのにそこまでしたら単に人を傷つける行為なだけですからね^^;



話がそれましたが(汗)

ディシプリン派のキーさんはお尻を叩かれるだけの行為は求めてない人が多いんですよね。
叱られることで愛情を感じるんです、どうでもいい人を叱るなんてしませんからね、そういう意味で愛情を感じてしまうんだと思います。
ま、叱る前提に愛情をもって親身になっていることはいうまでもありませんし、お仕置きの後のアフターフォローまでの一連で愛情を感じるわけですけどね。

それを求めてしまっている以上、お尻ペンで痛みも感じなくてはならないんですね。
自分が求める愛情を手に入れるにはそれなりのリスクも必要なんです(笑)
だからお尻ペンの最中は本当に嫌だしやめて欲しいことなはずなんです。

キーさんがお仕置きを求めるのはお尻ペンペンされたいからなのですが、なぜお尻ペンペンされたいのかということは深層心理という無意識の中に答えがあって、そこが自分自身わからないから”自分は変だ、こんなことやめなきゃ”と思ってしまうと思います。そのきっかけというのはだいたいは幼少期や小学校低学年くらいににあることが多いようです。

それとキーさんはお尻ペンペンに興味を持っていますが、単純にお尻ペンペンされたいというのと、理由があってされたいのではやっぱり違いますからね。
家庭的なお仕置きを好むキーさんの殆んどは理由が無いお仕置きは嫌だし、そうであるならお仕置きはしてほしくないと思っていますよね。

で、お尻を叩く行為は愛情がないとキーさんは満たされません、そして愛情をもってお尻ペンをすれば自然と相手にも伝わるものです。
お説教やお仕置き、その後のスキンシップの一連のお仕置きを通して、自分はこの人から愛されていると感じて承認欲求を満たすので、叩かれている最中は本当に嫌だけど、お仕置きが終わった直後やその日の夜、または痛みが消えかけた数日後にはまたお仕置きを求めてしまったりするものです。

すなわち愛情や自分が存在している証を求めているのであってお尻叩きはその手段や過程として最適なだけなんですよね。
ディシプリン派のキーさんもカーさんも見失いがちですが、メインは愛情をどう受け取るかで、その愛情伝達の手段としてお尻ペンペンがあるわけです、なのでそこには相手に真剣に向き合ったり、心の対話であったり、そしてアフターフォローが必要なんですね。

お尻ペンペンにキュンとするのは、きっかけであったアニメや絵本、実際のお仕置き風景に愛情を感じたからで、本来はお尻ペンペンされたいんじゃなくて、愛情を受け取りたいということなんですね。
その部分とお尻丸出しのお尻ペンペンという衝撃的で恥ずかしくて見てはいけないように感じるドキドキ感が重なって、それが脳裏に焼き付いてしまった事から、愛情を受け取る手段としてお尻ペンペンは絶対にないと満たされないという状態になっていくというのが基本的なところだと思います。

それにお説教から始まって許しがあって絆を深めるという流れのお仕置き行為はとても理にかなっていますよね、精神的な心の揺さぶりも影響する究極の愛情伝達手段といってもいいのではないでしょうか。
お尻ペンも最初の段階は耐えられますが、だんだんと痛くなってきますよね。
いつになったら終わるのかもわからないし謝っても許してくれない時もあり、その時は嫌だし痛いし、こんなことなら言わなきゃよかった、悪さしなきゃよかったと後悔しますよね。
だからこそ次の段階が効いてくるんです。

最後の仕上げはお仕置きが終わった瞬間に訪れます。
それまでの地獄のような痛みから解放されるんですね、しかも許されて、抱きしめられて、優しさに包まれる。
その解放感のギャップがとんでもないんです、地獄から一気に天国ですから。

厳しい口調から優しい口調にかわり、甘えることも許されなかったところから甘えることができる。
怖かった人が急に優しくなって自分の成長のために叱ったんだとしっかりとお話してくれる、そのお話によって憎まれたり嫌いでお仕置きをしたのではない、好きだからしたんだって再確認できるんですよね。

普通の状態からそうされても愛情で満たされますが、どん底からだとその比ではなく数十倍にもなるでしょうし、最高の愛情を感じられるんです。
そういったことを日々妄想してお仕置きされてみたいという願望を満たせないで、ジェットコースターのようなどん底から天国に行くようなスリルを味わい、それを繰り返し、それは病みつきになってしまってもおかしくはありませんよね^^;
そして実際にお仕置きを受けて生身の人間と触れ合い、更に直接的な愛情で満たされることになるわけです。

なのでお仕置きを求めている、お尻叩きを求めているというのは誤解される表現であって、実際は愛情を求めているだけと私は思っています。
そういう子たちはお尻ペンペンだけであれば何ら愛情を感じないでしょうし、そうであるならばお尻ペンペンなんていらないでしょう。
それがディシプリン派のキーさんなんだと思います。
一連の流れを無視するのであればお仕置なんて嫌悪に感じるだけです、そうじゃない人はM性が混じっている人でしょうね。


私のお仕置きへの想いはこういうことが多くを占めています、スパのカーからSMのSになる人はたくさん聞いてきています、それはそれでいいことでしょう、結局はそれを求めていたのだしSMの世界はとてつもなく広いし深いところですから。
でも私の場合はSMの世界で自分の求めているものを探し続け、究極がキーさんとのお仕置きだったんです。
だから本心をいうと私はスパの世界にいる意識はなく、カーだとも思っていません、単純にスパの世界にいるキーさんが私の求めているものを満たしてくれる存在という認識です。

それは私にとって非日常だったSMがどんどんと形が変わり、健全化し、日常的なものに変わったということです。
非日常だったSMはいまだに残っていますが、それは性欲のはけ口です。
非日常ではS的な性欲は満たしているので、それを日常であるこのお仕置き活動に持ち込む理由がないのです。
そしてもし持ち込んでしまったらせっかく見つけた私の求めていたものが全て崩れることになるので持ち込まないんです。
性的な事がないからもっと興奮できるということはあると思います、それはキーさん的には理解できるのではないでしょうか。
性欲を満たしたいのならスパのお仕置きの時ではなく、他でSM的な事をすればいいだけですからね。

結局はなんの実体もないものをSという性癖を満たすためだけにSMの世界に入り、その中で自分の求めるものを求めて求めて彷徨い続けて、そしてやっと自分の居場所を見つけたって感じですね。
SMも途中からは性的なことだけを求めてしていたわけではなく精神的なものを求めるようになり、人間の心や本質を追求したくて突き進んで、今はその究極の居場所なんだなって思います。

最後に、スパにはいろいろな考え方や嗜好があります、今回の記事は親と子供の関係性のような家庭的なお仕置きというものをコンセプトで書いていますが、これは私の中の考え方なのでそういう趣旨でお読みください^^;




(注)これは過去のお話ですので現在の対応とは異なる所があります、ちなみに今はスパのパートナーはいませんし募集もしていません

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示