キーとカーの不思議な関係

キーとカーってあまり聞きなれない言葉ですが、スパの世界では基本的な用語なんです。
私はこの作り上げられたスパの世界にはあまり入り込みたくないのですが、このブログを主張していくためにはスパという世界を経由しないと難しいのでそこは利用させてもらっています^^;

キーとかカーというのは
まあ、スパ用語というのですが、
キーとはお尻を叩かれる側(お尻を叩かれたい人)
カーとはお尻を叩く側(お尻を叩きたい人)
のことをいいます。

それってS(サディスト)とM(マゾヒスト)のことでしょ?
ってスパの知識がない人は当然そう思うのでしょうが、違うんですね。
自らのことをキー、カーと呼んでいる人たちはSとMとは違うと思っているから、わざわざそう名乗って区分けしているんですね。

スパの住人は基本的にお尻叩き以外のことには興味がなく、そのお尻叩きにもそれぞれこだわりがあります。
基本的にはお尻を叩くにはきちんとした理由があり、それについてお説教をし、お仕置きとしてお尻を叩き反省を促す、反省できたら最後にはフォローをしてあげる。
いけないことをした自分をしっかりと叱りつけて正しい道に導いてほしいという「キー」という存在が主役です。(と私は思います)

まぁスパと一言でいってもいろいろなものがあり、私が説明したスパはディシプリン派のスパであり、それは性的要素の一切ない躾としてのお仕置きで、しかもSM要素もないという一般的にはなかなか理解できないようなものですが、これは基本的に遊びのお尻叩きではなく真面目なお仕置きの取り組みです。
お尻を叩く行為を好む人が集まる世界を”スパ”というので、他にもいろいろなお尻叩きの形はありますが、このブログではディシプリン派の家庭的なお仕置きのことを”家庭的なお仕置き”と表現しています。

こんな私ですが、実は過去私はスパの世界をちょっと理解できませんでした、それはキーさんとの関係をSMのように支配関係で考えていたからです。
キーさんを理解するにはその支配関係の部分を解いていかないととても難しいんです。
そして現在のスパの住人達も自分のことを理解できず悩んでいる人も多いようで、理解できていないがためにキーとカーのパートナー関係は長続きしないことが多いんです。

私は過去にSという立場(支配欲)でキーさんとお付き合いをしたことがあるのですが、違和感があったんですね、それが何だったのかというと支配関係なんです。
SM的な関係でもある”主従関係”は支配したい者(S)と支配されたい者(M)なんですね。
よって支配したい側の”S"が主導なんです。

当然Mが主導でもいいのですが、主従関係である支配と服従の関係であればやりすぎはちょっと違いますよね。
まあ、人間ですから願望というものがあり、多少の要求はいいのですが、それが度を越えてはどうかと思います。
でも主従をごっこ遊び的にするのであればまぁ有りですし、Mが主導でもそういうパートナーなのであれば理解できますけどね。

で、SMの主従関係を好んでいたこともあって、私はキーさんとの関係も当然支配関係で接していたんです。
心も支配下において、言った事には絶対服従的な。
理想のお仕置きを聞いたところでそれをするかしないかはこちらで決める、こちら主導で全てが動く的な発想です。

当然そんなんじゃキーさんとはうまくいくはずもなく、価値観の違いで長くは続きませんでした。
私も引くことはせず、相手は「私はキーだから」ということを主張してたのですが、支配関係に囚われていた私は聞く耳を持ちませんでした。
まぁ結局私はその時、キーさんはMの卵とでも思っていたんですね、調教のようなことをしたらMの部分が出てくるみたいに思っていたところがありました。

でもそれからだいぶ後に、全くMっ気のない根っからのキーさんと出会い、そこでとことん討論する機会があったんですね。
何週間にも及ぶ討論でやっとキーさんというのを理解できて、それでキーさんとの支配関係は違うなと思うようになったんです。
キーさんとの違和感はこの支配関係だったとやっと気が付いたんですね。
それまでは”ご主人様と奴隷”的な主従関係でお仕置きを捉えていて、キーさんに対してはお仕置き理由には正当性があり、性的な事をしなければそれがスパのお仕置きだと認識していましたんです。

でもそのキーさんと関わってからは支配関係で物事を考えるのではなく、キーさんとの関係は全て家庭的な親と子の関係で考えるようになったんですね、それは私にとっては革新的なことでした。

Sは主導権を握っているので、したいことをMが受ける、それが逆転するとエゴMとかわがままMとか言われますよね。
キーとカーの関係はカーさんが主導権を握ってキーさんがそれを受けると思われがちですが、基本的にキーさんの理想のお仕置きをカーさんがしてあげる構図が出来上がっているので、受け身のはずのキーさんが根本的には主導になるんですよね。

不思議ですよね、キーとカーの関係は。
そうなんです、SM的に考えたりするから不思議なだけなんですよね。
シンプルに考えればいいだけなんです。

つまり分かりやすく言うと、悪いことをしたときは、親は愛情を持ってお仕置きしますよね、時にはお尻を丸出しにしてペチンペチンと。
そうやってシンプルに捉えることが出来れば、SM的に考えてたことが滑稽に思えてきます^^;

昔は結構お仕置きはありましたが、最近の親はしなくなってきていますし、学校での体罰もできない世の中になってきています。
お仕置きがあるとしても親や先生は叩きたくて叩いているわけではありません、二度と悪いことさせない、しっかりとした人間に成長させたいがためにお仕置きをしているんです。
そして当たり前のことですが、お仕置きをすることは個人の欲求でも何でもありません。
欲求であれば叩きたいから叩いているということになりますからね。

私の場合も叩きたくて叩いているわけではなく、親子関係に似たものがあって悪いことがあったらお仕置きをするだけなんです。
悪いことをしたときにお仕置きをして懲らしめなければ、その子の為にならないと思うから叩いているんです。
悪い事をしたら罰を与えたくなったり懲らしめたくなるのはS要素があるからかもしれませんが、ゴールはその子の成長というのは間違いのないことです。

キーさん側から考えるといい子で生きてきた子や叱られた経験がない子が多いんです。
そこで、しっかりと叱ってほしいと考えるようになりお仕置きを求めてしまうということにもつながるんですね。
悪い子でも叱られない子や奔放に育てられた子は同じように感じます。
それは叱られている人たちを見て、悪いことをしているのにも関わらず、なんで大人が振り向くのか、なんで良い子である自分より愛情を与えれているのかと思ってしまうからです。

大人が真剣に向き合って説教したり叩いたりするという光景をみると、実感が湧かないためにそのように写ってしまうんです。
そこから真面目な子や叱られることが少ない子はお仕置きに憧れを持ち、お仕置きにより甘えたくなるという現象に陥ることがあります。
幼少期に実際にお仕置きされている人はお説教の嫌さとお仕置きの痛さで二度とされたくないと思うんですけどね(例外もいますが)

キーさんはこういう幼少期の影響が大きいものの、大人になった自分が悪いことをしても叱ってくれる人がいませんよね。
だからそれを叱ってほしいという単純なことで、それを親や先生に求めることは不可能だからパートナーを探すんです。
ずっと自分を見つめていて欲しい、構って欲しい、甘えたいという意識が強いんですよね。

ただ、こういうことを理解していないカーさんが多すぎてこれではお付き合いがうまくいきません。
精神的な部分では、キーさんはお仕置きをおねだりしているわけですからカーさんはそれを受け入れてお仕置きをしてあげる”立場”であって決してキーを支配しているのではないということを。
ただ、本当のお仕置きというものはお仕置きする人は絶対の支配者で、お仕置きをされる人は嫌でもそれを受け入れなければならない、よってお仕置きの要求など本来は有り得ないんです。

だからキーさんは形的にはお仕置きの最中のみは支配されていなければならないんです。
これは本質的なことで意識の問題でもあります。
そうであるからお仕置きを求めつつも”お仕置きを求めていない”という意識がないと多少の矛盾が生じてくるんです。
とっても難しいですけどそれを演出するのはカー側の問題だと私は思っています。

また、スパのパートナーを親や先生、兄弟におきかえてお付き合いをする傾向がありますが、それは関係性としては理にかなっているとは思います、まぁ個人的には意見はありますがここでは省きます。
ただ、恋人関係はどうなんでしょう、恋人にそれを求めるって一番の理想ですが、一番難しいような気がします。

それは恋愛は余計な感情を挟むからです、嫉妬もあるし、親兄弟、先生のように客観的に相手を冷静に見れるのかというのがとても難しいことだと思います、そして傷つく代償も大きすぎる。
一番理想な分、それなりのリスクが伴うと思います。

とにかくこの支配関係が複雑なキーとカーの関係はとっても難しいのだと思います。
周りのパートナーを見てみると私のしている事とはちょっと違う世界ですけど、とってもとっても不思議な関係ですよね。

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示