10億円が紛失したかもしれない大変な事態・・・。

10億円が紛失って、誰のお金かって、私のお金です。
その10億円が本当に紛失したかもしれない事態となり、今は必死になっているところです・・・。

去年の12月
年末の宝くじを連番で20枚買って、それをどこかにしまったんですけど、それがないんです(汗)
年始あたりから探しているんですけど、最近になって念入りに探してもどこにもなくて困っています^^;

連番ということは当たっていれば前後賞合わせて10億円!
以前は毎年最低3万円は購入していたのですが、いつもほぼ300円しか当たらず、ばからしいので、ここ数年は20枚だけ買うようにしています。

1枚でもあたる時は当たる、でも連番なら前後賞があるのでということで連番で、しかも10枚ではなく、確率が2倍になる20枚にしてるわけです。
それでも最低600円は当たりがあるので(連番なので下一桁は必ず当たるため)それも貴重ですし、万が一当たっていたらと思うと、モヤモヤするので今からちょっと必死に探してみます^^;

自宅に置いたのか、施設に置いたのかは微妙なのですが、ちょっと頑張って探してみます。
管理不行き届きでお仕置きにならないように、しっかりと見つけ出してまた報告することにしますね^^;
なにか事あるごとに私のお尻をペンペンしたいというキーさんが何人かいるので気をつけねば…。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

キーさんにメンヘラが多いのか

こういう問題についてちょくちょく聞かれることがあったので、今回はメンヘラについて書いてみようかと思います^^;

そもそもメンヘラという言葉はネット上の造語として作られたもので、意味的にも曖昧なのですが、私が捉えているメンヘラは、自己中心的で自分の思い通りにならないと自虐的な言動をする、自分が酷く病んでいることを相手にアピールする、構ってほしくて相手を巻き込む、相手に執着しすぎて迷惑をかける、依存体質、マイナス思考、みたいな感じでしょうか。

例えば、ラインで相手からの返事がないのに山のように送信し続けたり、勝手な被害妄想でヒステリックに相手を攻撃したり、過去のことをほじくり返してあなたのせいだと責任を取らせようとしたり、心身ともに束縛したりとかですかね。
それに対して納得のいく対応をしなければ激しくヒステリーを起こして泣いたり怒ったり嫉妬したりし、時には自殺をほのめかしたり自傷など自虐的な行動をして相手を困らせる、そういう表現方法で自分の辛さをアピールするような過度な構ってちゃんという印象です。

その相手方は心身ともに近い人が対象で、気を許した相手に依存しやすくなりこのような行動をとりますが、その他の他人に対してはそこまでの態度を取らず普通なことが多いようです、まぁ説明は難しいですが^^;
なので精神疾患を患っているからといってそれはメンヘラとは言わず、精神疾患でなくても上記のような病み体質だとメンヘラとよ呼ばれます。

ただ、人は強い悩みや酷い落ち込みがあれば、親しい人に依存しやすく、そういう行動をつい起こしがちですから、多少当てはまったからといってもメンヘラとはならないと思います。
一時的な事ではなく、依存してしまうような相手にはそういう自己表現しかできなかったり、相手の愛情をはかる手段として相手を攻撃したり自虐的な言動をするような表現しかできない人はメンヘラといえるのではないでしょうか。

まぁ本人たちにとってはそういう方法でしか自分を表現できないからしているんです。
一筋縄ではいきませんが、愛情を持って接してそういう歪んだ表現方法を正していくのは依存相手が一番適しているのではないかと私は思います。

で、本題に入ります
「キーさんにメンヘラが多い」
という都市伝説的なことは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、はたしてどうなのでしょうか。

メンヘラさんは承認欲求が強く、自分だけを見ていてほしい、愛してほしい、全てを受け入れてほしいと思ったり、見放され不安が強いために、相手を試すために構ってちゃん的な行動に出てしまったりするのが特徴だと思います。
これだけを見ると一部のキーさんの特徴と一致してしまいますね^^;

でも例え特徴が全く同じでも、相手に対する表現方法が違えばメンヘラのメの字もないんですね。
メンヘラはその人の欲するものそのものではなく表現方法ですから。
それにキーさんといっても全員が同じ特徴ではありません、愛情たっぷりに育った子もいます、叱られたことがある人もいればない人もいます、幸せな家庭で育って愛情は十分に受け取っている人もいますし、依存体質ではない人も普通にいます。

メンヘラさんの特徴とは実は人間であれば誰しも持っている普通の思いで、メンヘラさんはそれが過度に強いということまでは普通の範囲内だと思うのですが、それに加えて相手に対する表現方法が自己中心的過ぎて異常な状態になってしまっているから問題なんだと思います。
なので欲求が同じでもその表現方法が自己中心的であったり相手を巻き込んで困らせるということでなければ、それは普通の人ということです。

ここまで長々と説明をしてしまいましたが、キーさんにメンヘラが多いのかという題目についてそろそろ回答しますね^^;


ずばり、私がこれまでおおよそ230人程のキーさんと会ってメンヘラと感じる人は1人もいませんでした。
結構衝撃的な答えだったのではないでしょうか。
まぁ正確にいうと”私に対して”メンヘラ的な言動をした子は1人もいませんでしたということです。

もっと正確にいうと、何人かは私に対してメンヘラ的な言動があったことはありましたが、それに対して注意をしたことで、私に対してはそういう言動をしなくなったという意味で、私に対して現在は一人もいないということです。
まぁそういうメンヘラ的な言動をした人が過去にいてもそれは数人なので限りなく少数です。
もしまた再燃してもそこを注意していくので私に対してメンヘラを出すという人はでてきても稀なんだと思います。

ただし、私に対してはメンヘラではなくても他の人にメンヘラ的な自己表現をしてしまうという子はいます、いわゆる私以外の人に対するメンヘラさんです。
私はそういう子には自己表現のしかたを叱り、違う表現方法をするようにとお説教をします。
それで直るのかというとそうはいい切れませんが、やはりそういうダメな表現方法を繰り返すたびにお説教をしてお仕置きを繰り返しています。

メンヘラな性質のキーさんは自分の行動はよくないと思って私の所に反省しにくるので、おそらくキーさんに限らずほとんどのメンヘラの子たちは自分の自己表現に対してこのままじゃまずいと悩んでいるんだと思います。
だからたまたまメンヘラの子がキーさんであればそことお仕置きがつながるのでしょう^^;
でもメンヘラなキーさんも私のお会いした中では稀なので、キーさんにメンヘラが多いのかというと、限りなく少ないといってもいいと思います。

ただここで私が思ったのは、キーさんにメンヘラが多いというのはもしかしたら相手側がメンヘラに導いているのかもしれないということです。
スパやSMのパートナー関係は依存的になりがちですし、依存させてからいきなり捨てたりとか音信不通とか騙していたとか、そういうことは頻繁にあって、依存しきってからそうなると気がおかしくなって当然で、それで抑うつ状態になる人もたくさんいます。
そうなる前でも何かそういう匂いを感じたら不安や不信感がどんどんと強くなって、それが続けば自然と抑うつ状態になることもあるでしょう。

もし抑うつ状態になったら正常な判断ができないので一時的にメンヘラ的な言動になってしまう事もあります。
鬱とはそういう病気でもあるので一時的なことであればそれは一時的なメンヘラであって、その一時的なメンヘラは相手側が導き出したメンヘラです。

と考えるなら、キーさんにメンヘラが多いのではなく、カーさんやSさんがメンヘラを増やしてしまっているのかもしれません^^;
仮にですが、キーさんにメンヘラが多いということが本当であると仮定すると、私の関わったキーさんにはメンヘラさんはほぼいないので、そう考えるとカーさんやSさん側がメンヘラになるきっかけを作っているとも考えられます。

まぁ私の場合はキーさんとはパートナー関係ではないのでお互いに一線を引いてできますが、パートナー関係となると一線を引くのが難しく、お互いに深くかかわりあっていくことでお互いを満たすみたいな部分があり、そこがいいところでもあるんでしょう。

なので、そういう関係性の問題もあるのかもしれませんが、やはりどこかで一線を引いて冷静に相手を見てあげて、相手が間違った自己表現をした時にはしっかりと指摘して正しい表現方法を教えていき、歪んだ部分を直し成長させていく関係が望ましいと思います。
とても難しいことですが、パートナーになったのなら責任をもって相手と関わる、それがパートナーとしての理想の関係でしょう^^

こういう関係で傷ついた経験のあるキーさんやMさんはたくさんたくさんいますから、そういったことも理解したうえでパートナー探しをして、パートナーと関わる心構えを持つ、それがいずれ自分を守ることにもつながるはずです。
メンヘラ的な要素を持っている方は特に注意してみましょう^^

とにかく私の所にはメンヘラさんはほとんどみかけないので、キーさんにメンヘラが多いというのは間違いだと断言します。
もしかしたらメンヘラな子はそういう性格なゆえにパートナーがなかなか出来ずにたくさんの人と会うことになり、それもメンヘラが多いという印象を持たれる一つの理由ということもあるかもしれませんね^^;



余談です。
メンヘラとはもともとは「メンタルヘルスに問題がある人」のことを指していたそうで、そこから「メンヘル」→「メンヘラー」→「メンヘラ」と形を変えていったそうです。
これはネット用語でネット上の隠語 、 略語 、 造語であり、こういう言葉をインターネットスラング(ネットスラング)というようです。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

税務申告?届け出?

活動をしているといろいろな声が届いてきます。
その一つに「お金を取っていてそれを申告しているのか」「届け出はしているのか」「それらをしていなかったら違法ではないか」
という声がありました。

そういう話をどこかから聞いた方から私は教えてもらうのですが、たまにそういうことを耳にします。
ま、実情を知らない人がそういうようなことを言われたら「そうなんだ!」と思ってしまうでしょうから困ったものです^^;
ということで誤解のないように説明したいと思います(どうでもいいことですが)

ちょっと法律的なお話をすると、税法上の事業とは収益活動ことで、その中でも個人での事業は個人事業主にあたり、これは当然利益を目的に生計を立てていることが前提です。
その場合は事業を開始してから1か月以内に「開業届」(正式には「個人事業の開業届出書」)を税務署に提出しなければならないことになっています。(仮に出さなくても罰則はありません)
これが税務署への届け出義務です。

ただし私の活動は税法上で事業に当たらない個人活動であり、私が断言してしまえばある種のボランティア活動ともいえちゃいます(汗)
ま、私の趣味的な事で好きでやっていることですが、それが人助けにつながればそれはそれでボランティア活動と表現してもいいのかもしれません^^;

ちなみにボランティアは、かかった経費等を受け取らない無償ボランティアと、経費分を徴収するような形の有償ボランティアとありますが、経費を受け取ってもこれを所得とはいいませんし、もしそれで利益が出ているようであれば税金の申告が必要な場合がでてきます。

結局は個人活動とか有償ボランティアとかの活動形態は問題ではなく、税務署が事業とみなすかどうかの話です。
税務署が事業とみなすかどうかは利益(所得)がどのくらいあるかで判断します。

利益が出てなければ事業とはみなさないので開業届の必要はありませんが、いくら有償ボランティアといえど一定額以上の所得になった場合は事業とみなされるでしょうね。
そうなれば開業届は必要になり、その上で税額が発生する収益が出た場合は申告の義務が発生します(税額が発生しなければ申告するしないは自由です)

で、私のお仕置き活動の場合ですが、確かに料金は発生していますが、それは施設使用料という名目でいただいており、これは施設の維持費等の経費として受け取っているわけです。
1ヵ月どのくらい経費がかかるかは計算できるので、それを1か月に最大何人くらい依頼がありそうかを想定して、その人数で割った額を施設使用料として設定しています。

つまりこの額は利益を想定しての金額ではなく、利益が出ないように計算した額で、毎月赤字分は私自身が負担しています。
これは毎月の経費ですが、それ以外にも初めにかかった諸経費や施設の整備費、活動をやめた時の処分費などはすべて私負担になるので、金銭面に関してはマイナスしかありません。

仮にの話ですが、依頼者がめちゃくちゃ増えて、利益が出てくるような自体になった場合でも、税額が発生しない範囲(控除額を差し引いて所得なければ)であれば申告義務はありません。
まぁ申告するような額になったとしたら施設使用料を減額しますけどね^^

ちなみに私は毎年欠かさず確定申告をしています。
逆にこの活動もひっくるめて申告できれば節税ができるのですが、この活動は事業でないのでそれは認めらません^^;


それと事業の届け出といえば税務署とは別に特定の業種は警察への届け出が必要です。
お金を取ってお尻を触るから風俗だ!なんて声があるようですが、これもそもそも事業ではないので風営法には該当しません。

簡単に説明すると風俗営業とは大きく分けて「風俗営業」と「性風俗関連特殊営業」があり、その中で俗にいう性風俗というのは、「個室を設けて個室において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業」となっています。
まぁ簡単にいうと、性器への接触や裸を見せるなどして自己の性的欲求を満たす行為ということになります。

この活動の場合は性的行為はありませんし、お説教をして罰としてお尻を叩くだけです。
これが性風俗という認識であるなら、親から子供へのお尻ペンペンは性的虐待となり、犯罪行為ということになってしまいます。
まぁ私の認識も依頼する人たちの認識もこれは性的行為ではないということが前提となっているので性風俗の認定には無理がありすぎます。

マッサージや整体も性的行為ではなくても、時には生尻を触ったりするのも仕事で、だからといって風俗ではないですからね。
そこから先に性的サービスがあれば別ですけど。
また、利用するにあたっては18歳以上であればなにも問題はなく、日本の法律はしっかりと遵守した上で活動をしています。

ちなみに依頼する側が性的好奇心を持っていたとしても成立しません。
例えばマッサージや病院などに性欲目的でいく人はいますけど、それは店側はそれに応じるわけではないし、相手があからさまにそういう態度でなければ対処のしようがありません。
なので私の活動に仮に性欲目的で来たとしても私がそういう行為に応じない限り全く問題はないわけです。

というか、そもそも利益を目的とした事業でも商売でもないので、風営法とはまったく関係のない活動です。
仮に商売にしたとしてもやっている内容は絶対に風俗と認定はされないと断言できますからね^^;

趣味のサークルとか、同好会とかで性的な事をしているところも存在しますが、そこの密室で1対1で性的な行為をしていたとしても違法行為とはなりません。
なのでこの活動であれば事業でもないし、性的な事もしていないので任意活動として全く違法性のないものです^^

長々と書きましたが、最後に。
スパの世界はいろいろな見方もありますし、それぞれのいろいろな考え方はあると思いますが、私は私なりの思いでシステムを考えて活動をしていますので、どうか温かくお見守りください^^;

ということで、届出関係の説明でした^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

学校休校

新型コロナウイルスの影響で小学校、中学校、高等学校が今日から休校になってしまいましたね、びっくりです^^;
賛否両論があるようですが、このような決断をしたことは私は立派だったと感じます。

もし休校にしてなかったらどういう結果になったのか、、、ということはもうわからなくなりました。
なので「ここまでする必要はあったのか」という声がでるのは当然かもしれません。
そしてこの対処がうまくいったとしても、うまくいったかどうかの判断がつかないので、残念ながら批判は免れないでしょうね。

ただ私が思うに、このまま対策が遅れて中国の武漢市のようになってしまったとしたら、それこそ最悪の政府となってしまうのは確実です。
批判するのは簡単ですが、その批判している人たちが責任のある立場であったなら、手遅れにならないように苦渋の決断をしなければならなくなるのではないでしょうか。
私は政府のような責任のある立場ではないからこそ、前記事に書いたように自分自身の憶測でものを言えるんですけどね^^;

学校が休みになり、共働きの親たちが会社を休まなければならないとか、そういうところまで考えてくれていないとか、批判が相次いでいますが、命より仕事が大事なわけはありません。
いきなりすぎるといっても手遅れになるかもしれないと考えたら1日でも早いほうがいいに決まっています。
もし仮に武漢市のように感染が広がってしまったら今度は自分の家族の命を考えなければならず、そうなったら仕事は二の次ですからね。

卒業シーズンともかぶり、そういった意味でも批判が出ているようですが、卒業式等があるから、本人たちが可哀そうだから休校はやめますなんて判断はできませんよね。
給料が入らなかったら生活ができなくなる、お客さんが入らなかったら店はつぶれる、倒産も相次ぐ、これはもうしょうがないことだと思います。

それはこういった未知のウイルスが発生してしまったわけなので、痛みはみんなで受けなければならず、まずは命を守ることが最優先だからです。
考え方が「まぁ大丈夫だろう」と考えるのか、「もし武漢市のようになってしまったら」と考えるのとは大違いですし、もし武漢市のようになると最初からわかっていれば休校は当然のことで、政府からは休校どころかもっとたくさんの要請がでてくるでしょう。

今回のウイルスは子供には感染しずらいという情報もあり、そういったところからやりすぎだという声が上がっていることもありますが、休校要請しないで子供からどんどんと感染が広がってしまったらそれこそ大問題です。
現時点ではそこまではっきりとウイルスの正体がわかっておらず、恐らく大丈夫だろうという考えでは危険です。

新型コロナウイルスに関しては、終息はなくても国民みんなの協力で感染を遅らすことはできるわけです。
今感染を遅らすことには大きな意味があって、それは新型コロナウイルスの特性の解明をしたり、既存の薬で代用できるものを探したり、ワクチンを開発する、そういった時間が必要で、遅らすことによって時間稼ぎができるわけです。

特に高齢者が肺炎にかかったら死に直結する可能性が高いので、予防方法も含めて今回のウイルスの特性を解明し、治療薬やワクチンを開発する必要があります。
今の段階で急激に感染が広がったら対処できず、死者も増え、国民はかなりパニックになって、中国武漢市の二の舞になってしまうかもしれません。
電車内でのトラブルも、買い物時のトラブルも、中国での出来事をみているようなことが日本でも起きていますからね^^;

こういったことを考えた場合、今回の休校要請は政府であれば出さざるを得ない判断だったと思います。
人間対ウイルスの戦いは今に始まった事ではありませんが、ウイルスを撃破できるように感染を遅らすことも一つの手段です。

まぁ休校要請についてはよく出せたなという意味で立派だと表現していますが、私個人的にはこれまでと同じく、そこまで恐れる必要はないと思っています。
今は致死率が2%となっていますが、これはインフルエンザ(0.1%)の20倍です。

脅威は脅威ですが、まだまだ風邪気味の人でも検査を受けている人は少なく、私の勝手な推測ですが、結果的には日本での致死率は1%未満にはなるのではないかと思っています。
責任のない立場だからこそ言える個人的見解ですが^^;

マスク、トイレットペーパー、ティッシュの不足、子供の対応、仕事、経済的損失等、国民の殆どが痛手を負っているわけですが、ここはみなさんで協力し合って一日も早く今までの日常を取り戻せるようにしていきましょう^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

2017年最大の満月

明日の深夜に今年の中では一番大きな満月が見られます。
ピッタリ満月になる時刻は明日12月3日の深夜の0時47分だそうです(正確には12月4日となりますが)
まぁ明日の夜遅くに見れればほぼ満月なので問題はないでしょう^^;

知っている方は多いと思いますが、月と地球の距離は一定ではありません。
月は楕円軌道を描いているので平均では約38万キロですが、楕円軌道の為、地球との距離が約40万キロの時もあれば約35万キロの場合もあるんですね。
かなり距離が近い場合はスーパームーンと名付けられますが、今回のはスーパーとまではいかないようです^^;

また冬の時期は特に月や星がとても綺麗に輝いて見えますよね^^
それは冬になると空気が乾燥して、空気中に水分が少なくなることで、視界を邪魔するものが無くなり、空がくっきりと澄んで綺麗に見えるからです。

12月という空気が澄んだ時期にこの今年最大の大きさの満月は、より明るく、そして大きく見え、綺麗に鑑賞できることでしょう。
明日(12月3日夜)の天気が良ければいいのですが、短時間でも鑑賞してみましょう。
日本のどこにいても同じ月を見ているなんてなにやらつながりを感じますよね^^
月にはとても神秘的な魅力があると私は感じます^^

話はずれますが、「月に代わってお仕置きよ」というフレーズも更にドキッとしてしまいますよね(笑)



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

満月のお話

前記事で「中秋の名月」のお話をしましたが、何人かの人からコメントがあり、その中で「話が難しい」というコメントもありました^^;
よくよく考えてみたら月の満ち欠けの仕組みがよくわかっていない人には意味が分かりませんよね・・・。
分かりやすく説明したつもりでしたが、それは月の満ち欠けの仕組みが分かっている人だけにしか通じなかったかもしれません^^;

なので、今回は満月の仕組みを簡単に書いてみようと思います。
単純に説明すると、満月になるのは、「太陽」「地球」「月」が一直線にならんだ時です。

地球は太陽の周りを回っていますから、地球から見ると、地球と太陽は常に一直線ですよね。
そして月は地球の周りを回っていますから、当然「太陽」「地球」「月」が一直線になる時があります、それは2回です。

1回目は
太陽-月-地球
2回目は
太陽-地球-月
です。

1回目に一直線になる時は、太陽の光は地球から見ると月の”裏側”に当たっているので見た目は光っていません、なので月が見えないんです、これを新月及び朔日といいます。
それが旧暦でいう毎月1日で、2日目からは太陽、月、地球が一直線でなくなることで太陽の光がかすかにあたって月が光りをおび、3日目が三日月といいます。
そうやって日にちを追うごとに月が満月に近づき、2回目の一直線になる時に満月となるんです。

その2回目に一直線になる時は、太陽の光は地球から見ると月の”表側”に当たっていて、月の球体の反面全体に光が当たり、満月となるんです。
そうやって月は地球の周りを一周するのですが、その1周する日数が約29,5日なんですね。

「太陽-月-地球」と並んだときは旧暦の1日=朔日=新月(地球から見ると月に光が当たっていないので月がないように見える)
「太陽-地球-月」と並んだときは旧暦の15日~17日の間のどれか=望月=満月(地球から見ると月反面に光が当たっている状態)

で、満月になるのが旧暦でいう15日~17日と不定期なのは前記事で書いたように月が地球を半周する速度が一定ではないので、月が地球を半周する日にちがその都度違ってくるんです。
半周に13,9日の時もあるし、15,5日の時もあるのですが、もう半周して一周するときには約29,5日となるという不思議な現象が起きています・・・。
それにプラスして、旧暦は30日と29日が交互になっているので(現在の暦は30日と31日)満月になる日にちが一定ではないんです。
ということで十五夜が満月ではないというお話を前記事でしました。
まぁこれで月のお話は簡潔です^^


ちなみにコメントに「三日月が好きです」という人もいましたね、コメントの返事は恐縮ながら一律していません^^;
ただ、勝手ながらコメントはドシドシと受け付けていますので^^

私も三日月は大好きです。
三日月を見ると良いことが起きる幸運の月ともいわれていますよね。
意識をしていれば見れますが、意識をしていなければまず拝むことができない月なんですね。
だから私は満月とともに三日月も好きなんです^^

新月(月が光ってないので無い状態)が1日ですからその2日後が3日目の月で三日月です。
三日月が出現しているメインの時間は昼間ですが昼間は光りませんよね。
太陽が沈んでから三日月が光るのですが、その頃にはすでに西の低い位置にいますから、建物や山などがあると、それにさえぎられて、タイミングを合わせても見ることができないこともあります。

だからこそ、昔から三日月をつかさどった兜や象徴があるんでしょうね。
まぁ見かけたらラッキーなことが起きると思っていて間違いないでしょう^^
今夜は満月の夜、いい感じで雲もあり、綺麗な月です、昨日に引き続き、十五夜気分で晩酌します^^


補足
分かりずらくなるので詳しくは書きませんでしたが、月の周期は地球1周約29,5日と書きましたが、実際は29,530589日です。
そしてもう一つ、正確にいうと29,530589日というのは月の平均周期で、実は月々によって地球一周の日数は変わります。
月が地球を一周する実際の日数は29.27日~29.83日の間のどれか不定期で、これは月の複雑な楕円軌道によるものです。
それを平均して29,530589日としているわけです。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

中秋の名月

今夜は中秋の名月ですね^^
外は良い感じの雲も出ていて情緒あふれる雰囲気を醸し出しています。

中秋の名月とは、一年で一番美しく見える月であり、それゆえにお月見をして宴やお酒を飲んだりするようになったようですね。
旧暦でいうと8月15日の夜であるので十五夜と名付けられています。
その時期は、空気が澄み、月がいつもより明るく輝いて見え、更に虫の声も交じり、 より風流を感じられるからこそ、中秋の名月と名付けられたのでしょう。
私は月の神秘的なとこが好きなので、十五夜のお月見は必ずしています^^

ここで少し月のお話を。
基本的に十五夜のお月見というのは、一年で一番美しい状態の月の満月を鑑賞するというものです、しかし今回の満月は10月6日と2日後になっていますね。

どういう事でしょうか。
月の周期は約29,5日です、旧暦では30日と29日を交互にして調整していたので、結局は月の周期と同じ29,5日となり、ずれた分は閏年で調整していました。
なので、基本的に旧暦15日=十五夜(十五夜というのは毎月の15日の夜のこと)=満月なんですね。

なぜ今回ずれたかというと、実は月というのは地球を一周する速度が一定の速度ではないんですね、早くなったり遅くなったりして一周するんです。
地球を一周約29.5日で周っていますが、そうすると満月になるのは半分の14,75日と計算上はなりますよね。
しかしそれは計算上であって、実際は14日くらいの時もあれば、15,5日の時もあります。

月は地球が太陽を回るような正確さはありません。
最初の半周を14日くらい~15,5日くらいの不定期で周り、もう半周して、最終的に一周は約29,5日となるわけです。
それには理由があるのですが、そういう物理学的な難しい話は省きますね^^;

だから単純に最初の半周が14日としたら、もう半周を15,5日で周り、また最初の半周が15,5日なら、もう半周を14日で回っているんです。
その関係にプラスして、旧暦は一か月29日と30日の月が交互なので、満月は15日から前後にずれ、旧暦の15日=毎回満月とは限らないんですね。

本来の趣旨のお月見は満月のはずです、十五夜というのは基本満月であろう日なのでお月見をするわけで、本当の中秋の名月は旧暦8月15日付近の満月の日、つまり10月5日の明日が一番最高な満月なんですね^^
なので私は明日は晩酌で月見酒を楽しみます^^

何故明日が満月なのか?カレンダー上では10月6日が満月なので1日早いと思った人いませんか?
実は満月というのは一瞬の出来事です、それはそうですよね、月は移動しているんですから。
一瞬ですが、完璧な満月になる時間を調べてみると10月6日の午前3時40分だそうです。

なので月見で最高の満月に近い形を見るのは明日、10月5日の夜ということになります。
10月6日の夜よりも満月に近いわけです、こういったこともわかったうえでお月見をすればもっと楽しめるかもしれませんね^^
そういう考えなら、たとえ十五夜が曇りや雨で残念でも、お月見のチャンスがあるわけですから。

最後に
「月に替わってお仕置き」というフレーズがあるように月とお仕置きはもしかしたら関連が強いのかもしれませんね(笑)
私が月に替わってお仕置きしますからね。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/


キーさんとのマル秘話

前記事でお仕置きの初対面の時は特に会話を重視していると書きましたが、そうやっていろいろな心をさらけ出していかないと本当意味で自分を出すことには繋がらず、どこか遠慮してしまうと思うんです。

会話の内容はやはり心の中身なんですよね、普段の生活のことはもちろんですが、自分の悩みに対してどう思っているのか、周りの人をどう感じているのか、なぜ悪い癖が直らないのか、それを精神的に分析してお互いに考えて、最善の方法を探ったりします。
ここまでは普通の会話というか悩みというか、まぁそのために会っているようなものですからね。
私の場合は更にいろいろなことを探ったり聞いたりして壁をなくしていきたいので、異性関係の話もよく聞くんです。

会話は例えそれが性的な問題だとしても話を聞いたり、恋愛相談みたいになることもあります。
恋愛的なこといっても私が話題として振っているだけでそれに対して乗ってこなければ、もちろんそこから広げはしません。
ただ、たいたいの人は私に隠す必要性もないのでそういった愚痴や悩みなんかも赤裸々に話してスッキリとすることが多いみたいです。

まぁ私がそういう雰囲気をだしているから話しやすいんだと思いますが、私は性的な話でも例えその中のアブノーマルな話でも真顔で真剣に話をするので相手も話しやすいんでしょうかね。
私の性的なものに対しての考え方は俗にいう「変態行為」と呼ばれる行為だとしてもそれは別にしたいからしているでいいんじゃないのっていう感覚でしか捉えません。

それは楽しさや快楽を追求したくなる要素は人間なら誰でも持っている部分であるからです。
実際私もかなり好奇心が旺盛だったので若いころにはアブノーマルならアブノーマルなほど、その世界を覗いてみたい欲求にかられ、その精神状態を探求してましたからいろいろな経験や体験があります^^;
なので仮に周りから変態といわれている行為だとしても私からしたらそんなのまだまだノーマルでしょって思ってしまうんです・・・。

仮にその変態行為が性的であるならば、それを突き詰めてしまうとそれがどんどんエスカレートしていき、やがて一般的には理解できない世界になってしまうこともあるんですね。
当の本人は最初はソフトにやっていて、ノーマルとさほど変わらなかったものでも次第にが刺激が足りなくなり、長い年月の積み重ねでハードになっているだけで、アプノーマルの意識はあまりないんですね。

性的でなくてもマニアというのもそうですよね、凝りすぎて極め過ぎると一般人からは理解されないのですが。それも最初はソフトだったのがいつの間にかマニアという極めてしまう人になってしまうだけで、本人はいたって普通なんですよね。

そもそも私はアブノーマルも所詮ノーマルだと思っているし一般的にエッチな話も精神的に深い心の部分だと捉えているので何気なしに相手に聞いてしまい、それで相手が私の話に乗ってくればさらに突っ込んだ話もしてしまいます。

で、パートナー的にお付き合いしている子と性的な話題になる時なんですが、その子がなんともいえない仕草で恥ずかしがったり言葉でごまかしたりすることが結構あるんですね。
そうなると私の場合、ついついいじりたくなってしまい、いじめたくなってしまうんです^^;
いじるめといっても精神的にいじめるということで、その子の肉体をいじめることはしませんよ^^;
いじめるというか意地悪をいうというか・・・。
まぁその時にはどうしてもSな性格が出てしまうんですね^^;

その流れで彼氏とのエッチの頻度とか、一人エッチの話とかの話題になってしまったんです。
ここでですが、ちょっと中断して質問です。
一人エッチなんてしたことないよっていう女性の何割が一人エッチしていると思いますか?

まぁ、統計をとっているわけではありませんから実際にはわかりません^^;
ただ、私は昔から極親しい女性に対して一人でしているかどうかということを聞いちゃうんですね。
本来は隠すべきものを私にだけに話すということに興味があるのと相手の精神状態を見るのも好きなのでそういうことをするときがあります。
別にお仕置きとかSMとか関係なく、昔から親しくなった女性とかにも聞いていました。

で、聞いてみると結構一人エッチをしたことがある人っているんですよね。
それでここからなんですが、ここで私は一人エッチをしていると答えた人にこう聞きます。
「例えば一人エッチしているって誰かに聞かれたり話題になったらいつもなんて答えるの?」

そう聞かれた時にはほぼ全員が「したことがない」って答えているっていうんです。
そうです、したことがあるっていう人は絶対していますが、したことがないっていう人は本当にしていないかはわからないんですね。

だからこそ女性はほとんど一人エッチなんてしないという事になってしまっているんだと思います。
そしてしないのが一般的で、している人はアブノーマルな行為だろうと思い込んでいるから余計言えないんでしょう。
一般的にいえないことだからこそ聞きたくなるのであって、結局私は好奇心が強いんでしょうね(笑)

ただ私は人間の本質や本能というものを追求したくてそれについてはかなりの好奇心や探究心があります。
だからお仕置きをする側としても精神的な葛藤や心を打ち明けられることに親身になり、それに対して向きあってあげたいと思いそれが私の満たされる要素の一つなんです。

一人エッチに対しても誰にも言えない秘密の隠し事ということで聞きたくなる要素で、正直に話してくれることに嬉しさを感じてしまう部分があることは否めません。
そこでMっぽい反応を見るといじめたくなってしまうのは性格的にSなのでそこは止められない部分でもあるのかもしれません^^;

まぁそういう話は相手の反応を見て、反応しだいではその話を終わらせたりエスカレートさせていったりしていて、そこの駆け引きというか空気を読むようにはしています。
まぁこれはあくまでお仕置き後の全く雑談的な会話の一部ですからいつもこんな話をしているわけではありません。

とにかくどんな話題でも平常心でお話ができるということで、その話題はどんなことでも構わないんです。
そして性的な事というのは誰にも話せない話題なので、そんなことこそ私に話をして客観的に話をしてあげたいなっていう気持ちなんです。
私のことは男性と意識せず、自分の分身というか自分のすべてを見て、見守っている人という意識でいてほしいという願いもあるのかもしれませんね。

とにかく女性は性の知識に乏しいです、スパの世界もSMの世界も詳しくない人が多いように思います。
恋愛も含め、そういったことを相談できる人って女性であるからこそいないものですよね。
なのでそういう人の助けとしてもこれは凄く必要な事だと感じています。
そういったマル秘話でもそういった相談でも親身にお話しするので悩んでいる方は思い切って相談してみてください^^



(注)これは過去のお話ですので現在の対応とは異なる所があります、ちなみに現在スパのパートナーはいませんし募集もしていません。

女性に好かれるには携帯の待ち受けを子猫にしろ!?

これは「ホンマでっか!?TV」で紹介された格言!?です。
この番組はたまに見るのですが、私の場合はバラエティーとしてではなくてその真意について真面目に見入ってしまうんですね^^;
最近は時間帯が合わなくてあまり見ていないのですが、見るときはとても興味深く頭を働かせています。

題名にある
「女性に好かれるには携帯の待ち受けを子猫にしろ」
というのは3,4ヶ月前とか、ちょっとよく分からないくらい前に放送されていたものなのですが、とても印象深かったのでブログに書こうと心にとどめていた言葉なんです。

これだけを聞いたら誰しも「えー、ありえない」と思うのですが、これは「ホンマでっか!?TV」の演出の部分で、ここから心理学者や経済学者、脳科学者等の専門家がその意図を説明して「あー、なるほど」と視聴者を納得させるようなテレビなんです。
私は専門家や心理学者といえどその説明は違うんじゃないかとか、そういう解釈なら理解できるという感じで視聴しています。
別に私は何の専門家でもありませんが、いろいろな人の心の奥底を覗いていると例え統計的に正しくても違うものは違うと感じてしまいます。

理解しようとする気持ちで視聴しているので殆どは納得がいくんですけどね。
これは違うと思っていることは日本では通用しないとか、今の若い世代には通用しないとかいうレベルでいくら視野を広く持ってもそうとは言い切れないものってあるものです^^;
まぁ、そんな感じで私は見ているのですが、勉強になることが多いですね。

で、話を戻しますが、
「女性に好かれるには携帯の待ち受けを子猫にしろ」
という格言を、ある専門家が説明をしていたのですが、その意味は

上司である本人が、携帯電話をワザと机の上に忘れ、猫の待ち受け画面にしておくそうです。
そうするとそれを部下である女性社員が見つけて、そのことが更に他の女子社員たちに広まり、好かれるそうなんです。
私はこの説明を聞いたときに「何いってんだこの人は」と思いました、そしてテレビの観客も各専門家たちもそのように思っていた雰囲気でした。

ただ私が「何いってんだこの人は」と思ったのは違う意味合いだったんです。
それは”私ならもっとしっかりと説明できるのに”ということです。

要するに私の場合、その格言の意図することを理解していたんです。
まぁ会場も司会者のさんまさんも「それはないない、ありえない」というようなことを言っていましたが、深く考えない人はそう思うでしょう。
とくにさんまさんは理解することはするのですが、ちょっとでも自分には受け入れられないこととなると頑なに全否定してしまう悪い癖がありますね^^;

理解力はあるように見えてもここだけは譲れないという領域については誰に何を言われて否定してしまいます。
ま、それはキャラもあるし、バラエティーなのでいいんでしょうけどね。

で、番組上そういう理解されないような時は他の専門家の人たちがフォローしたり補足したりして徐々に皆を説得するのですが、今回は専門家全員が首をかしげて小ばかにするような感じで否定をしていました。
そしてその格言を言った張本人もその根底にある心理的な意味をわからずに知識として持っていたので説明もできないでいたんです。

だから「女性に好かれるには携帯の待ち受けを子猫にしろ」と発言した人はきっとマニュアルというか本で得た知識、または誰かから直接聞いた話しだったんだなぁと感じました。
本で得たからこそ、読んだことの説明しか出来なく、なぜそうなのかという心理的な説明が出来ないんだと感じました。
うわべだけの知識は本を暗記すればいいことですが、それでは一番大切な心の動きまでは分かりません。

なので私が簡単に説明したいと思います。
実はこれを説明したかっただけなんですけどね(笑)

待ち受けを子猫にするという意味なのですが、私の解釈はこうです。
女子社員に厳しく、そして普段は冷たく見られているような上司ってそれが性格だと思い込まれ、そして嫌われることが多いですよね。
コミュニケーションがうまい人ならいいですが、不器用で真面目な人ほど嫌われてしまいます。

仕事だけの面は見せてもプライベートなことをオープンにしないとダークな部分だけが印象に残ってしまいます。
でもそんな上司が実は子猫好きだったらどうでしょうか。
そこには人としての暖かさというものを感じ、本当は心優しい上司なのかな?という印象が生まれ、今まで見れなかった仕事以外の部分を知り好感を持たれるということに繋がると思うんです。

そしてここが大きなポイントなんですが、それをあからさまにアピールするのではなく、上記の説明であったように
「上司である本人が、携帯電話をワザと机の上に忘れ、猫の待ち受け画面にしておく」
このことが演出としては素晴らしいところだと私は感じました。

すなわちギャップなんですよね。
仕事に厳しい人間は冷たいと思われがちですが、本当の心はとても暖かくて優しいとなれば仕事上の厳しさが仕事への情熱であったと心象が変わることになるのではないでしょうか。
だから子猫の待ち受け画面ではなく、それをにおわすような物であればなんでもいいんです。

それを子猫の待ち受け画面にこだわるから理解されないし、マニュアルとしてしか理解していないので説明も出来ないんでしょう。
待ち受けなら子犬でもいいし、動物ではなくても花の風景とか、何か心が癒されるようなものであればいいと思います。
また、待ち受けではなく、道端にいる犬や猫を可愛がったり子供や老人に対して優しく接してあげたりとか普段部下には見せない暖かみのある優しさを見せればいいだけなんだと思います。
ま、実際その場だけの優しさ、表向きだけの優しさであればそんなメッキはすぐに剥がれてしまうし、周りの人もそこまで人を見る目がないわけではないのであからさまな行動は逆効果なんですけどね。

仕事に厳しく、仕事を徹底的に追求する人を嫌う人はあまりいませんが、それと性格を同一視してしまうから嫌うんですよね。
仕事に厳しく、プライベートではメチャ優しかったら男から見ても格好いいと感じてしまいます。
へらへらと女子社員の機嫌を取る上司よりも仕事に厳しさを追求する心優しい上司のほうが比べ物にならないくらい良いでしょう。

今までの上司の厳しさや冷たさは私に対する嫌がらせや上司自身のため、出世のためだけだと思っていたものが、そうではなく愛情だったんだなって思われれば部下からは自然と慕われると思います。
厳しい中で優しさを出すってこれは難しいことなんですが、それが愛情であり、そしてこれはお仕置きにも通じるものでもあるんです。
愛情のあるお仕置きを受けたことがある人であれば話しが分かりますよね?

すなわちそういう部分を見せるために「子猫の待ち受け」が必要だったんでしょうね(笑)
まぁ、ここまで説明しないと意味は通じないと思うのですが
とても残念なことに、専門家のなかには心理学者もいたわけで、その人が何のフォローもせずその人を変人扱いのように小ばかにして笑いながら、全く理解してあげなかったのがなぜか私が悔しかったです^^;

で、その番組中に別のお話でその心理学者がこういいました。
「筋を通さなければ気が済まない人は離婚する可能性が高い」
もちろんみなさん「えーーー!」となりましたがお約束ですから^^;

私は題名でいろいろと考えて説明の前に大体理解できるのですが、たまに理解できないときは説明を聞いて理解したりしています。
でも、今回のこれは説明を聞いても絶対に理解できないことだなと思い、決め付けのような言い方にイラッとしてしまいました。
こういうことは番組の中でたまーにあるんですけどね^^;
まぁ編集の関係や面白おかしくというバラエティーの演出もあるので、当然カットされている部分もあると思います。
そもそもカットや編集で作り上げられたものだけを見て決め付けてしまうのは専門家の人たちに失礼な部分もあるかもしれませんね。

説明を聞いてみると
「筋を通さなければ気が済まない人は離婚する可能性が高い」
その理由としては
「結婚とはこういうものだ」「結婚とはこうあるべきだ」

と自分の意見を通そうとする男は、相談をしても自分の価値観や考え方を押し付けるだけで、何を話しても返答が想像つくし、つまらない答えしか返ってこないと思われるそうです。
そして結局はこんなことを聞きたいわけじゃないから次第に相談しなくなって会話がなくなってくるそうです。
だから離婚に繋がるという説明なんですが、その説明は十分に理解できます。

ただ、「筋を通さなければ気が済まない人」というのは自分の考えを押し付けるのとイコールではないですよね。
「結婚とはこうあるべきだ」というのは筋ではありません、人それぞれ結婚観というものがあり、理想の結婚というものもあり、それは個人の価値観です。
だからそんな自分勝手な価値観を突き通すのに筋もへったくりも無いと思います。

それは筋を通すのではなく筋違いなことを押し通すってことですから。
それこそ自分の結婚観を押し付けるなんてことは理不尽な要求の何ものでもないですよね。
これを筋といってしまうのは日本語的に間違っているでしょう。

このことに対して私がとても反応しているのは私がお仕置きの流れとしてお説教しているからなんですよね^^;
筋が通ることをお説教するから相手は納得してくれるんです、そうでなければお仕置きはしないし、できないんです。
その子が筋が通らないことをしてしまったり、相手に迷惑をかけてしまう行為を叱り、しっかりとした子になってほしいと愛情をこめてお仕置きをしているんですから当然です。
結婚観が私と違うからそれでお仕置きなんて出来ませんし、そんな理不尽な人はお仕置きをする資格はありません。

自分の価値観を押し付けるのと筋を通さなければ気がすまないというのは全然違う話ですから、たとえバラエティーといえどその心理学者は細心の注意を払いながら言葉を選んで欲しいものです。
特に私は価値観の押し付けについては厳しく注意していますし、私も無意識にそうならないように気を付け、絶えず客観的に物事を見つめるようにしています。
筋は通さなければならないし、価値観の押し付けはいけません。
価値観と筋は違うものだということを理解してもらえればと思った発言でした^^;

はじめに説明したとおり私はこんな感じで専門家の言葉をそのまま受け取りません。
自分の客観的な目で捉え、理解するように最大の努力をして、その上で正しいかどうか検証しています。
専門家を検証するとは上から目線みたいに感じるでしょうが、そうではなく私は流されることが嫌いでしっかりと納得をした上で知識として得たいんです。

いろいろな人の心を知るためには自分だけの心ではなく客観的に広い視野で物事を見つめることができないといけません。
そういうところから無意識に行動に移しているのかもしれませんね^^

女子高生の合法風俗?

先日のお話、19歳の子がお仕置きを受けに来たのですがその理由にびっくりとしてしまいました。

最近はあまり聞きませんが、少し前は援助交際が普通のようにありましたよね、今は出会い系とかの規制も厳しくなり掲示板で知り合うことも難しくなり、男性側も危機感が出てきて自粛しているのでしょう。
しかしその規制もあってのことか違う形での商売が今流行りつつあるようです。

その女の子は19才でありながら現役の女子高生とのことでした、今やっているバイトを辞めたいのだけれども楽だし友達もいて楽しいからなかなか辞められない、いけないこととは思っているのだけど。
とのことでした。

メールのやりとりではあまり詳しく聞かなかったので私は非合法なことをしているのかなと考えていましたが、実際に会って詳しく聞いてみるとグレーゾーンではあるけども合法みたいなんですね。
でも条例を適用すれば非合法にもなるというようなギリギリのラインなはずです。

そのバイトとは「女子高生モデル」です。
女子高生モデルといえば聞こえがいいのですが話を聞いたら「こんな世界あるの?風俗でしょ?」という感じでした。

今都内に5,6店舗はあるらしく、それに類似した店舗を入れると10店舗を軽く超えるそうです。
女の子たちはその複数の店舗に面接し登録をしているそうで、その日の予定で今日はどこの店舗というような形で、複数の店を行ったり来たり渡り歩いているらしいです。
こういうモデルのお仕事はクチコミで女子高生の間では有名みたいです。
また、身分証明書を見せるので現役女子高生だけというのは間違いないそうです。

内容ですが、表向きの名目は「女子高生見学、デッサン、写生」ということだそうです。
マジックミラー越しの部屋に現役女子高生が学校帰りの制服で友達としゃべったりご飯食べたり宿題やったりとしているようです。
マジックミラーの向こう側は個室になっていて男性客が入っているとのこと。
気に入った子を指名すると女の子がマジックミラーの前まで来てポーズをとる。
そのポーズが問題で、いわゆるパンツ見せですね。
店舗によってパンツ見せのポーズが違うらしいのですが、ある店では体育座りの大股開きが当たり前だそうです。

積極的な女の子は指名欲しさにスカートは短くしてブラウスのボタンを外してブラを露出させたりTバックを履いてきたりしてそれを客にチラチラ見せてアピールするそうです。
それで男性客の目的はデッサンではないんですね、そこがヤバイところで「写生」ではなくて「射精」をするみたいなんです(笑)
パンツを見て自分でひとりでしごいて射精するのが目的なんですね。
写生と射精をうまくかけたねって冗談にもなりませんよね^^;
で、ここからが一番の問題点であり、これは合法でもなんでもなく完璧に非合法なところ。

なんでその女の子は男性たちがひとりでしごいて射精をしていることがわかったんだと思いますか?

そうなんです、マジックミラーとは名ばかりで中身がうっすらと見えちゃっているんですね。
店舗によってらしいのですが、普通にうっすらと見えちゃっているところがあって、しかもどこの店舗も、いわゆる車の黒いフィルムと同じように手をかざして中を覗くとしっかりと見えちゃうそうです。
女の子は指名を取るために気にいられようと覗き込んだりするそうです。
一人エッチネタに股間を丸出しにして男性のその行為を見てあげている。
そんなことはあってはならない行為ですよね。

実際そうとは知らずに面接を受けてバイトに来る女の子がほとんどらしいのですが、そんな女の子でも周りの空気に流されてそれが普通となってしまい、風俗嬢と同じことをしてしまうんです。
心理的な要因ですが、周りがやっているとそのこと自体麻痺してしまい罪悪感や羞恥心がなくなるものですよね。

私の場合羞恥心のあるパンチラならまだしも(見せようとして見せているのではない)はいどうぞ的なパンチラには全く興味はわきません^^;

とある店舗ではTバックは当たり前、ボタンを3つ4つ外して大股開きは当たり前で、まるで下着姿で部屋にいるような感じらしいです、やはり店舗によって違うのはみんなそれになれて流されてしまっているんでしょうね。
女の子によっては客のジェスチャーによりチラ見せとか過激なポーズまでしてしまう子も噂ではいるようです。

もちろんこの店舗はいずれ摘発されるでしょう、合法的に出店はしていますが、実際は非合法ですからね、店側は風俗ではないといっていますが、実際どういうことが行われているか店側も分かっているからです。

この女の子には精神的に麻痺しないように、どういうことをしているのかをしっかりとお説教をしてお尻ペンをしました。
これで辞めてくれればいいのですけどね。

子供たちは合法であるとお墨付きがあれば仕事内容はおいといて友達がいるからという軽いノリで仕事をしてしまうのでしょう。
未成年だからこそ善悪の判断が曖昧なのでしょう、それ自体はしょうがないことなのかもしれません。
正直、こういう法律の抜け道的な、未成年者の性を商売にするところは厳しく取り締まって欲しいものです、これは大人にしかできないことですからね。

景気が悪くお金もないのに贅沢だけは向上している、周りと比較をしてしまうからつい背伸びしてしまう。
だからどんなことをしてでもお金を手に入れたいと思ってしまうところがあるのでしょう。
そんな世の中だから今の日本は精神的には不幸な国だと思います。

貧しい時代のみんなで節約して生きていた時代には後戻りができなくなっている私たちです。
今後ずっと先のお話、精神面が原因で人類が破滅へと進んでいくのかもしれませんね・・・。

危険な血液型占い

いきなりですが、血液型のお話をしたいと思います。

血液によって性格って違いますよね、
でも、アメリカの心理学的な研究では血液型と性格の因果関係は全くないそうです。
まあ、過去の情報なので今現在の最新の情報は分からないのでご了承を。
国によってはO型しかいない国も存在していますからその国が全員同じ性格とは考えにくいですしね。

でも確実に血液型と性格っていうのは関係があるって思いませんか?
人と接していれば全てではないにしても血液型で大まかな性格は理解できることが多いので、血液型と性格は関係があることくらい肌で感じますよね。
でもなんでアメリカではそれがないのか、結構昔ですがそのことを知ったときに考えてみました。

ここからは自論です。
ま、一言で言ったら血液型別性格は暗示によるものだと私は思っているんです。
だから雑誌によく載っている血液型占いって結構恐ろしいものなんだなって思うんです。
考えてみたら幼い頃から雑誌には必ず血液型占いが載っていました(昔は特に人気がありました)
毎日、毎週、毎月、必ず誰しも目にしてきただろうと思います。

幼い頃から自分の血液型について精神的に洗脳されて来たらどうなると思いますか?
様々な血液型の長所、短所がありますよね、人間ズボラなときもあるし、細かいときもあるし、自己中な時も、潔癖なときも必ずあると思います、そのいずれかの行動をしたときに、同じことが占いに書かれていたとしたら、やっぱり私は何型なんだと再認識してしまいますよね。

実はこれは誰にでも当てはまるような行動を書いているに過ぎないんですよね、それが多少なりとも当たっていると全てを信じてしまうという心理が働いてしまうので占いではこういう手法を使うことがあるんです。
最初は少しだけでも当たったり占いの事例とかぶれば、それが衝撃的すぎて印象に強く残ってしまうんです。
当たっていなければそのままスルーしますが、当たったときにはそれはたまたまなのですが、やっぱりそうなんだと変な納得をしてしまいます。

そうしたことを続けてくると自己暗示的に誰かが作り上げた血液型の性格になってしまうんですね。
それって本当に恐ろしいことだと思いませんか?
実際、こうした手法を用いて、まずは信用信頼させるという作業をしているような職業はいくつか存在します。

アメリカにはそもそも血液型占いなんて存在していないので、こうしたことからアメリカでは血液型と性格の因果関係はないと断言しているんだと思います。
逆に日本は心理学的に研究をすれば絶対に因果関係は出てくるはずです。
しかしそれは血液型占いの暗示であって幼い頃からの洗脳の為であると結論が出ると思います。

なので結局は因果関係はないと結論付けられる結果にはなってしまうでしょうけど。
まぁ、血液型については、悪いことばかりであれば信用しないようになるのかもしれませんが、たまにでもいいことがあると異常に反応してしまい、自分の血液型の性格を受け入れてしまう傾向にありますよね。

今までブログにも書いてきましたが、幼少期の育った環境というのは成人になって大きく響いてきます。
虐待された子、過保護な子、いじめられた子、裏切り続けられた子、見放された子、叱られたことがない子、愛情に飢えている子。。。
等々、そういった子は特にその一部分の精神が成長できずに過去の欲求を成人になっても追い求めてしまいます、過去に経験できなかった何かを求めてしまうんですよね。

その子達の愛情表現や人との接し方は自然と親から教わり精神的に身についてしまいます。
だから虐待を繰り返したり離婚を繰り返すケースが少なからずあるんですよね。
遺伝ではなくこれは精神的に植えつけられてしまった部分で愛情表現というものを歪んで学んでしまった結果なんだと思います。

親から受けた屈辱は自分ではやらないと決めるのですが、その大半は同じことを繰り返してしまう、そしてそのことについて苦しむ。
これは頭の中身ではいけないと判断していても、無意識に培われた感覚的な部分で違う判断をしてしまい心と脳が矛盾することによって葛藤してしまうんだと思います。

幼い頃から培われてきた部分ってそれだけ恐ろしいものなんですね。
だから血液型占いは恐ろしい、即刻やめるべきだと思っちゃいます。
洗脳行為だとして法律で規制しなくてはいけないほど危険なものだとも感じます^^;
それは、血液型占いによって、人間の性格を決めてしまう恐れあるものですからね。
放送法でも他の法律でも洗脳行為は取り締まりの対象となります、これも同じ行為じゃないかとつい思ってしまいます^^;

と私は結構昔からこのように思っていました、それと血液型で人を判断するのは日本では有りです。
それでも自分を強く持っている人は血液型の洗脳に流されずにきちんと自分の性格を維持できているんです。
そうやって築き上げられてしまった性格はもうどうにもならないかもしれません…。

まあ、今回のお話しは私の自論ですが、このくらいのことはすでに出回っているのかもしれません。
というか、その筋の人からしたら「何を今さら」と笑われることかもしれませんが。

血液型は自己暗示によるもの、情報による洗脳の何者でもない。
それがちょっといいたくなりました(汗)
でもそれによって作り上げられた性格を今更変えるのは無理なのかもしれませんね^^;

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示