誹謗中傷のお話し

女子プロレスラーの木村花さんが亡くなってしまいましたね。
誹謗中傷に耐えられなくなったようですが、顔も名前もわからない大勢の人達からの人格否定のような書き込みはきつかったでしょうね。

目に見える相手であっても精神的にきついでしょうが、面と向かえば反論もできるし、自分に多少の落ち度があればそこに落としどころがつけれます。
でも自分の言い分を訴えることができない状況というのはとても精神的にくるものです。

誹謗中傷の原因である事件も、もし素のままの彼女であれば違う対応をしたのではないかと感じます。
ヒール役のプロレスラーとしての出演ですから、プロレス団体のキャラを通さなければならなかったり、番組側もヒールっぽく演じるように念を押していたようですから、そこに本当の自分とのギャップが生じて、それでもプロレス団体の盛り上がりや番組の趣旨の為に必死に耐えていたのではないでしょうか。

そんな精神的に不安定な状態での誹謗中傷で、本来はキャラであったはずのヒール役のプロレスラーとしての木村花を本当の自分の姿として思い込んでしまい、自分はネットに書き込まれたようなダメでいらない人間だという錯覚に陥ったんだと思います。
そうなったとしたら死を選んでしまうのも無理はないでしょうし、もはや精神は心神耗弱状態だったのかもしれません。

私自身もこの活動を長くしていて200人以上の人たちと接してきていますが、もちろん全員が全員私と気が合うわけではないでしょう。
私のお仕置きとしてのお説教はその人が直したほうがいいと思うことをズバッと指摘するので、それを人格否定と思い込んでしまう人もいるみたいですからね(汗)

何回もお会いしている人とは言い合いみたいなことがあったりしたこともありますが、その場合でも後になって私の言っている事の趣旨を理解してくれたりして逆に信頼が深まったりします。
ま、理解した振りをしてそのまま二度と来ないという人もいるかもしれませんし、理解できないで”酷い人!”と思ってしまう人もいるでしょうけど^^;

でもそれが誹謗中傷につながったり、実際の内容を悪く拡大解釈したり、歪んで捉えてありもしない推測をしたりと、それがおいしいネタとなってしまいます^^;
あ、ちょっと話題がずれてしまいそうなので、この話の続きはまた次回書こうと思います。

ま、ある程度有名になってくるとつつかれるのはしょうがないですよね。
木村花さんはメチャクチャ痛ましいですが、その原因を作ったと推測されてる書き込み者も今はかなり辛いことでしょう。

でもそれはそれ相応の罰でありお仕置きです。
高い代償がついてしまいましたね。
本来は刑事罰でも民事罰でもいいので罰を受けさせて償い、清算するのが一番いいのですが、それがないと一生言われ続けるかもしれませんし、そうなると本当に苦しいでしょうね。

悪い事をしたとはいえ、殺人の意図があったわけでもないでしょうし、単なるはけ口や日頃のうっ憤を匿名という名のもとに晴らして、それがこうなるとは思わずにやりすぎちゃったんでしょう。
結果今回は悲惨なことになってしまいましたが、誹謗中傷を書き込むというのは少なからず誰しも加害者になりかねません。
殺人の意図がなくても一人の人間を苦しめる、そして死に追いやる可能性がある。

そこまでの意図がなくても、もし死に追いやってしまったら加害者も一生その死の責任を抱えていくでしょうし、それはとても辛いことです。
それこそ”人を呪わば穴二つ”です。
その意味は
「他人を呪い殺そうとして墓穴(はかあな)を掘れば、その報いを受けて死ぬ自分の墓穴も掘らねばならない」
というもの。

でもこうなってしまった以上はどうしようもないです、本当に高い代償だと思います、心当たりのある方は明日は我が身ですからね。
そんな子は当然お仕置きです!


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

新型コロナウイルス終息の兆し?

新型コロナウィルスはいつ終息を迎えるのでしょうか。

アメリカでは3月末から今現在まで、毎日3万人もの感染者が増え続けています、1日あたり3万人ですよ、それが未だに続いているのが現状です。
そして死者数は4月だけに限ると1日平均2000人の方が亡くなっているという悲惨な状況が続いています。
このデータだけを見るといつまで続くのかと先行き不安です。

しかし明るいニュースとしては中国、韓国をはじめ、数か国では規制解除や規制緩和がされ始め、少し明るい兆しが見えてきています。
またその他の国でも感染者の連鎖が収まりつつある国が増えてきています。
日本は微妙ですが、ここ2,3日だけを見ると少なくなっているので、このまま減少していけばと願うばかりです。

ちなみに非常事態宣言が解除されたらお仕置き活動も再開します。
消毒液を完備し、ペーパータオルを使用するなど、予防はしっかりとした上でまた再開したいと思っています。

この自粛期間中は悪い子してしまった子はたくさんいるでしょう、というかたくさんいるはずです。
自制というのはとても難しいものです、会社に出勤していれば周りの目がある、学校に行けば先生の目がある、だからこそできることが多くありますよね。

誰も見ていない状況でやるべきことをできている人なんて少数だと思います、人間は弱い生き物ですからね^^;
でもこのだらけた気持ちを切り替えるために悪い子だった自分を振り返り、しっかりとお仕置きを受けて気持ちを切り替えることは必要でしょう。

言い訳もあるでしょうし、頑張ったこともあるでしょうから、そういったこともしっかりと聞いたうえで、よくできたことは褒め、ダメなものはダメと納得いくまでお説教をしていきます。
しっかりと納得ができてからお尻ペンペンのお仕置きです!

やっぱりディシプリンスパのお仕置きはシンプルが一番です。
その人の成長を願うからこそ悪い事を叱る、そしてその罰としてお尻を叩く、ただそれだけです。
そこに遊び要素とかラブスパなどの性的な事は必要ありません、そういうお仕置きになるとガチの反省の為のお仕置きではなく、大人の遊び的なお仕置きになってしまいます。

お説教さえちゃんとしていれば、優しいお仕置きや甘々のお仕置きでもしっかりと成立します。
優しく軽めに一発ぺチンするだけでも人によっては心に響きますから、それを最大限に生かすには悪い事に対しての説明や説得を含めたお説教がとても大切な要素です。

悪い子してた子はしっかりと反省しましょうね^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

他人のための自粛

今回のコロナウイルスの自粛は他人のための自粛といってもいいでしょう。
でも実際問題、他人のために自分の人生をかけてまでの自粛ってできるんでしょうか。
知らない他人の命を守るよりも自分や自分の家族の生活や命を守る方が優先だと考える人が多いはずです。

お金に余裕がある人やそこまで生活レベルが変わらない人は問題ありませんが、収入がなければ破綻してしまう家庭の自粛は死活問題です。
今回の自粛で借金を多く抱えて自己破産したり、解雇等で今までの生活にもどれなくなる人は多いでしょうし、そうなると自殺者は当然増えていくものと想定できます。

正直国が自粛を要請するならそれ相応の金銭的損失を補償してほしいものです。
自粛は要請する、でも金銭的補償はしない、というのでは切羽詰まってしまっている国民は納得しないでしょう。

知らない他人のために全てを犠牲できる人間なんてそうはいません。
中には周りに白い目で見られるのが嫌だから生活の破綻を覚悟で自粛する人はいるでしょうが、そういう人はひっそりと命を絶つ可能性が高いでしょう。
それでは結果的に他人のために死を選ぶ選択をしたことになってしまいます。
だからこそ国が金銭的補償の方向で政策を考えてほしいと思います。

国がだめなら私たちでも募金活動でもなんでもして損害を補填するシステムを作り上げるとか、国民全体の力でなんとかできたらなと思います。
私の場合は今の段階では問題はありませんが、まぁしいていえば施設の維持費くらいですね^^;
なので私は今のところは何か少しでも協力していきたいなと思っています。

とにかく新型コロナウイルスの一日も早い終息を願います。
今回の緊急事態宣言で終息の兆しが見えてくることを願うばかりです、今月末には目に見えてきますからそれには自粛、我慢です、緊急事態宣言の範囲が広がらないように終息を目指しましょう。

みなさんいろいろな面で大変でしょうが頑張ってしのぎましょうね、国が動かなくても個人的に応援する人は必ずいますから^^

志村けんさん訃報

いきなりの志村けんさんの訃報
新型コロナウイルスに感染して重症化していることは知っていましたが、まさかという知らせでした。

これまで日本での死者は57人となっているようですが、これまではいまいち実感が湧いていませんでした。
志村けんさんと私は知り合いではないですが、やはり有名人ということもあって一方的にはよく知っていて親近感があり、それがあったからこそ衝撃的でした。

しかしこのように普通に生きていた方がいきなり新型コロナウイルスに感染して2週間余りで亡くなってしまうというケースはこれまでもあったわけで、そう考えると身近な人が不幸なことにならない限り、他人事のように捉えてしまうのかなぁと感じました。
少なくとも私はそうでした。

有名人も一般の人も命は同じはずなのにこのように感じてしまったことはとても反省すべきことだと思います。
これから亡くなられる方が増えていくことは避けられない状況のようですが、一人一人の命を同じように重く捉えていきたいと思います。

これまで新型コロナウイルスで亡くなられた方々にご冥福をお祈りいたします。

京介

学校休校

新型コロナウイルスの影響で小学校、中学校、高等学校が今日から休校になってしまいましたね、びっくりです^^;
賛否両論があるようですが、このような決断をしたことは私は立派だったと感じます。

もし休校にしてなかったらどういう結果になったのか、、、ということはもうわからなくなりました。
なので「ここまでする必要はあったのか」という声がでるのは当然かもしれません。
そしてこの対処がうまくいったとしても、うまくいったかどうかの判断がつかないので、残念ながら批判は免れないでしょうね。

ただ私が思うに、このまま対策が遅れて中国の武漢市のようになってしまったとしたら、それこそ最悪の政府となってしまうのは確実です。
批判するのは簡単ですが、その批判している人たちが責任のある立場であったなら、手遅れにならないように苦渋の決断をしなければならなくなるのではないでしょうか。
私は政府のような責任のある立場ではないからこそ、前記事に書いたように自分自身の憶測でものを言えるんですけどね^^;

学校が休みになり、共働きの親たちが会社を休まなければならないとか、そういうところまで考えてくれていないとか、批判が相次いでいますが、命より仕事が大事なわけはありません。
いきなりすぎるといっても手遅れになるかもしれないと考えたら1日でも早いほうがいいに決まっています。
もし仮に武漢市のように感染が広がってしまったら今度は自分の家族の命を考えなければならず、そうなったら仕事は二の次ですからね。

卒業シーズンともかぶり、そういった意味でも批判が出ているようですが、卒業式等があるから、本人たちが可哀そうだから休校はやめますなんて判断はできませんよね。
給料が入らなかったら生活ができなくなる、お客さんが入らなかったら店はつぶれる、倒産も相次ぐ、これはもうしょうがないことだと思います。

それはこういった未知のウイルスが発生してしまったわけなので、痛みはみんなで受けなければならず、まずは命を守ることが最優先だからです。
考え方が「まぁ大丈夫だろう」と考えるのか、「もし武漢市のようになってしまったら」と考えるのとは大違いですし、もし武漢市のようになると最初からわかっていれば休校は当然のことで、政府からは休校どころかもっとたくさんの要請がでてくるでしょう。

今回のウイルスは子供には感染しずらいという情報もあり、そういったところからやりすぎだという声が上がっていることもありますが、休校要請しないで子供からどんどんと感染が広がってしまったらそれこそ大問題です。
現時点ではそこまではっきりとウイルスの正体がわかっておらず、恐らく大丈夫だろうという考えでは危険です。

新型コロナウイルスに関しては、終息はなくても国民みんなの協力で感染を遅らすことはできるわけです。
今感染を遅らすことには大きな意味があって、それは新型コロナウイルスの特性の解明をしたり、既存の薬で代用できるものを探したり、ワクチンを開発する、そういった時間が必要で、遅らすことによって時間稼ぎができるわけです。

特に高齢者が肺炎にかかったら死に直結する可能性が高いので、予防方法も含めて今回のウイルスの特性を解明し、治療薬やワクチンを開発する必要があります。
今の段階で急激に感染が広がったら対処できず、死者も増え、国民はかなりパニックになって、中国武漢市の二の舞になってしまうかもしれません。
電車内でのトラブルも、買い物時のトラブルも、中国での出来事をみているようなことが日本でも起きていますからね^^;

こういったことを考えた場合、今回の休校要請は政府であれば出さざるを得ない判断だったと思います。
人間対ウイルスの戦いは今に始まった事ではありませんが、ウイルスを撃破できるように感染を遅らすことも一つの手段です。

まぁ休校要請についてはよく出せたなという意味で立派だと表現していますが、私個人的にはこれまでと同じく、そこまで恐れる必要はないと思っています。
今は致死率が2%となっていますが、これはインフルエンザ(0.1%)の20倍です。

脅威は脅威ですが、まだまだ風邪気味の人でも検査を受けている人は少なく、私の勝手な推測ですが、結果的には日本での致死率は1%未満にはなるのではないかと思っています。
責任のない立場だからこそ言える個人的見解ですが^^;

マスク、トイレットペーパー、ティッシュの不足、子供の対応、仕事、経済的損失等、国民の殆どが痛手を負っているわけですが、ここはみなさんで協力し合って一日も早く今までの日常を取り戻せるようにしていきましょう^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定”でありカウンセリング的な”心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけております。
お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含めて全体的にはカウンセリングのようなものです。

また、私は基本的に反省理由をこじつけてのお仕置きはしません。
お仕置きはお説教とお尻ペンペンが必ずセットで存在し、更にお仕置き後のアフターケアをしてお仕置きが成立します。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為と自己の自制や罪悪感」です。

お仕置きでの関係性は温かい愛情のある親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
なので私が命令口調で話したり、感情的に怒鳴ったり汚い言葉遣いを使ったりすることはありません。

また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので私の趣旨とは違います。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりとくるかもしれません。

ここに至るまで、過去私はSMという世界にいました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、双方とも性的なことを求めていたり、調教という名の理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんそれはそれで性的な面ではSとして面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の精神的な部分を満たすためにはスパの世界がしっくりときたんですね。

スパの世界からSMの世界に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
ま、私は根本的にSですけど、そのSの嗜好がカーとかぶったという感じです。

SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に悩んで苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いていけないと思っても頭から離れなくなっているケースや、親子関係の確執や人間関係での苦難があったりと、何かしら心の闇や人に言えない秘密を抱えていたりします。

悩みや闇を抱えている人は、それを全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まない、親が子供にするような愛情のあるお仕置きであり、同じお仕置きでも性的要素がを含めばそれはSMとして解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

みなさん揃ってそういう思いはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません、どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまう日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ディシプリン派で、親から子への家庭的なお仕置きに憧れてしまう人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対してSMのようないかがわしい概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要なある意味健全な事と解釈していいんです。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる解放の場で、人生において成長の場と捉えれば自分の為にもなるはずです。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことはすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いですが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください^^

京介

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示