Q&A お仕置きと性衝動

コメントから来た質問です。
質問があると記事も書きやすいのでスパ関係でも日常のことでもなんなりと質問してきてください^^
なお、質問はアメブロのコメント欄からお願いします。


Q.私はラブスパ派なのかと思っていたんですが、お尻ペンペンに多少エロさを求めますが、エッチはしたくない感じです
おかしいのでしょうか

Q.私はディシプリン派のキーでお仕置きに性的な事があるのは絶対に嫌なのですが、お仕置き欲が上がってしまう時にお仕置きのことを考えて一人でしてしまって、あとになってすごく自己嫌悪になります、これって変ですか?

Q.お仕置きに性的な事がはいるのはNGなのですが、お仕置き欲は私の中では性欲のようなもので、そんな私は京介さんの所に行く資格がないなと思っています、そういう子はやっぱりいらっしゃらないですか?

A.
お仕置きにある種のエロティシズムを感じてしまっている事に関して悩んでいるディシプリン派のキーさんはたくさんいます。
しかしそれは過度な羞恥心であったり、いけないことという意識が要因になることもあります。
ま、このような人間の性衝動に関してはまた別の記事で書きたいと思いますが、ディシプリン派のキーさんであるから性衝動を感じるのに違和感を持つ気持ちは分かりますが、それはそれでいいのです、そういう感覚になるから頭から離れなくなったり、惹きつけられてしまうのですからね^^
性衝動と性的なお仕置きは全く違うものであるので、そこは全く気にしないでいいと私は思っています。

今回は質問に関して簡単に返答したいと思います。
まず最初の質問ですが
「ラブスパ派なのかと思っていたんですが、お尻ペンペンに多少エロさを求めますが、エッチはしたくない感じです」とのこと。

A.
ラブスパの定義というのがちょっと難しいのですが、その行為でディシプリン的なお仕置きが成立して反省できるのであれば、エロさを求めたお仕置きも有りだと思いますが、肉体的な性的興奮を楽しむ行為になってしまうのであればそれはラブスパと言えるでしょうね。
ただ、エッチはしたくないという事なので、ディシプリンのお仕置きは成立しそうですが、お仕置きにどこまでのエロさを求めているのかが不明なので、微妙なところですね^^;
性器や胸、性感帯等を刺激するようなお仕置きは全てラブスパと私は考えています。


次の二つの質問はまとめて返答します。
「ディシプリン派で性的なお仕置きは嫌なのにお仕置きのことを考えて一人でしてしまう」
「お仕置き欲は私の中では性欲のようなもので、そんな私は京介さんの所に行く資格がないなと思っています」

こういう悩みを抱えている人は多いと思いますが、お仕置きのことを考えて一人エッチをしたとしてもそれが性的なお仕置きを望んでいるということではありませんよね。
性的でないディシプリン的なお仕置きに性衝動を感じるキーさんは普通にいますし、性衝動を感じたとしたら、それを考えて一人エッチをするのはおかしなことではありません。

また、お仕置きに性衝動を感じるのであれば、お仕置き欲を性欲として脳で認識してしまうことは当たり前のことです。
人間は、脳のどこの領域で物事を認識するかまではコントロールできないので、自分の感情と体の反応は必ずしも一致しないのです。

無意識に脳で認識していることもあるので自分でも気づいていない場合もありますが、女性の場合は特に愛情で満たされたいという気持ちが根本にあり、それを求めてお仕置きに惹かれてしまうということが多いと感じます。
仮にお仕置きという行為に性衝動が混ざっていても、心理面でディシプリン派のお仕置き、つまり性的要素の一切ないお仕置きを求めているのならそれでいいのです。
それは、ディシプリン派のキーさんにとっては、お仕置きに性衝動を感じることと、性的なお仕置きというのはイコールではなく、比較対象でもなく、全く次元の違うものだからです。
そういう子もたくさん私の所には来ていますので、そこは悩まずに安心して依頼してください^^

お会いした時には、そこら辺のお話しをすることが多く、どうしてそのような欲求を持ってしまったのか、そこら辺の心理の追求をしたりしています。
悩んでいる方には欲求についてのお話しもしていますし、それで自分のことが少しわかるだけでも心の安定につながります。
なので自分を分析したい人など、そういった相談も歓迎しますよ^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

Q&A 「お仕置き」の分類

ブログのコメント欄から興味深い質問があったのでそれについて書きたいと思います。
また、今後もこのような形で質問に答えていきたいと思いますので、アメブロのコメント欄にて質問してください、必用に応じてブログ上にて返答していきたいと思っています^^

返答に関してはあくまで私見ですからね^^;
いろいろな考え方がある中で、私がこうあるべきであろうということをご返答していきます。

Q.
スパ動画を見ても、色々なスパがありますよね?
私は膝の上で子供のようにお尻ペンペンされたい願望があります。
でも、ケインとか使ってお尻が真っ赤に腫れ上がり、皮が破け血が滲むような懲罰的なスパもありますよね。
スパンキングって何種類かに分けられるんですか?

家庭的なお仕置き=「お尻ペンペン」だと思うんですが、
スパンキング→ただ叩かれたい。
お尻ペンペン→子供がされる。
懲罰→凄く悪い事をした時。
こんな感じで分類されますか?合ってますか?


A.
そうですね、私もそういうような認識でいます。

スパンキング→ただ叩かれたい
ディシプリンスパンキング=躾のためのお仕置き(性的要素無し)→悪いことに対してのお尻叩きの罰

スパンキングはそのままですが、「お仕置き」に関してはある意味分類は存在します、その分類というのはお仕置きを受ける側の心理であり、場の雰囲気も関係してきます。
ちなみに性的な事を含むお仕置きは除外しています、性的なことがないお仕置きの分類です。

①家庭的なお仕置き
絵本やアニメに出てくるような、厳しくても何か”温かい雰囲気”のお仕置きで、虐待的、懲罰的ではないものを指していると私は捉えています。
私のお仕置きは基本的にこの家庭的なお仕置きとなります、凄く悪い事をしたら厳しくはなりますが、皮が破けて血が滲むくらいのお仕置きは家庭的なお仕置きと認識していませんので、そこを限界としてお仕置きをしています。
また、家庭的なお仕置きでも、「平手のみ」「平手と家庭にある道具のみ」「道具の種類は問わず」と人により分けられます。

②懲罰的なお仕置き
懲罰的と言うと家庭的な雰囲気はそこには存在しません、悪いことをしたんだから我慢して罰を受けなさいという、声も出せず、何やら”冷たい雰囲気”のお仕置きを指していると私は捉えています。
教師が生徒に対する体罰や罪人を処罰する体罰であって、良い子になるようにというよりも、懲らしめるため、苦しめるためのお仕置きというような感じでしょうか。
もちろんこれもディシプリンスパですしお仕置きですから、私も人によってはこのようなお仕置きをすることもあります。
ただ、そうはいっても皮が破けて血が滲むまでのお仕置きはせず、そこを限界としてお仕置きをしています。

➂虐待的なお仕置き
本気の力ずくで押さえつけながら叩いたり、皮が破け流血しても叩き続けたり、相手を痛めつけたり傷つけるのが目的というような”乱暴な雰囲気”のお仕置きと私は捉えています。
「厳しくお仕置き」というと、このように考えてしまう人もいるので、注意が必要です。
私は要望があればしますが、要望もないのにすることは一切ありませんのでご安心を^^;

④拷問的なお仕置き
悪いことの罰といっても様々あります、単純にお尻を出してお尻を叩くことにとどまらず、屈辱的な雰囲気のお仕置きも存在します。
理不尽なことを含むこともあり、”拷問的な雰囲気”のお仕置きとなります。
具体的には、縛られて抵抗できないようにして叩かれる、声を出せないように口をふさがれる、辛い体勢を維持させる、お灸をすえられる、裸にされる、通電される、洗濯ばさみで敏感なところをはさまれる、ロウソクを垂らされる、浣腸される、などです。

これらの一部を”性的なお仕置き”と捉える人は多いと思います。
ですがこれらを、”性的な興奮を煽るためにするのではなく、肉体的、精神的苦痛を与えるためだけにする”という前提があるのならば性的ではないという解釈もできます。
ま、ここまで来てしまうとSMレベルになってしまいますけど、別にそれはそれでいいと思います。
また、それでも心理状態がしっかりと「ディシプリンのお仕置き」と捉えているならばそれでいいのではないでしょうか^^;
ただこのレベルになるとお互いの確認は必ず必要です。

私の場合は一部については要望があればすることもありますが、要望が無いのにすることはありませんのでご安心を^^;
また、初めて会う関係であればこのようなことを考えてる人も必ずいるので事前に確認した方がいいと思います。

以上、分類的には大きく分けて4つほどあるかと思いますが、これは全てお仕置きを受ける側がどのような雰囲気でお仕置きを受けたいかという心理的な部分での分類であって、どれを選ぶかはお仕置きをする側ではなく、される側が決めるべきことです。
それは自分が求めていたり欲していることであって、それを埋めていかなければいけないからです。

また、最後にあげた「拷問的なお仕置き」は、スタンダードなお仕置きとは全くの別物となります。
最初はだれでもディシプリン派のキーさんである子が殆どですが、いろんなお仕置き見たり読んだり妄想しているうちに、だんだんとこのようなことを欲してしまうというのはよくあることです。
こういったことで悩んでしまっている子も意外と多いのですが、深層心理下では似たような構造なので悩む必要はないですよ^^

なにか題材にしてほしいことがあったらコメント欄にてお願いします、話題にしたい内容であればブログ記事にてご返答しますのでお気軽にどうぞ。
コメントに関してはアメブロの方のブログからしてくださいね^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き理由(欲の自制)

今回はお仕置き理由の”欲の自制”について考えてみたいと思います。

前記事にも書きましたが、お仕置き理由というのは悪い事全般です。
しかしお仕置き理由が悪い事ではない場合もあり、その一つが”自制”というものです。

もちろん、自制できなくて悪い事をしてしまうという事であれば、普通に悪い事になりますが、そういう自制ではなく、自分で決めたことを守れないことに関しての自制です。
自制に関しては私が悪い事ではないと判断しても、本人の中で直したいことであったり悪い事であるならば立派なお仕置き理由となるわけです。

その中でも私が普段「悪い事ではないししてもいいんだよ」と言っていることでも、本人の中では自制したいことであり、それをお仕置き理由として申告してくることがあります。
その代表的なものは「お仕置きのことを考えてしまう事」と「自慰行為」です。

お仕置きのことを考えて他のことが手につかないというのはキーさん特有の悩みであり、自慰行為に関しては女性特有の悩みなのでしょうね、そういう欲を無くしたい、そういう行為や妄想をしたくないという、その人にとっては切実なものなんです。

お仕置きのことをばかり考えてしまうことについては、寝る時にいろいろと妄想してしまってなかなか寝れなくて、翌日も寝不足だったり、授業中や仕事中にずっと頭の中で考えてしまって集中できなかったりと、こんなこと考えてしまう自分をお仕置きしてほしいとなるわけです。

しかもこういう欲求には大きな波があり、生理前だったり、面倒だけどやらなければならないことがあるとき(試験勉強や課題など)に特に強い波が出てきてしまい、それがとても苦しくて、どうにもならなくなって悩んでいる人は多いものです。

自慰行為についても同じです。
男性なら気にしないことでも、女性だからそういう行為や妄想をしたら恥ずかしいとか、誰にも言えないとか、罪悪感が強く出てしまうこともあり、人によっては受け入れている人もいれば、深刻に悩んでいる人もいます。

ただ、私的にいうと、ブログでもお話ししている通り、お仕置きは愛情表現の一部であって、寂しさを埋める事やスキンシップでの安心感、そして叱られる事などで愛情を求めているのであって、決しておかしいことではありません。
そこにお尻ペンペンという、お尻を丸出しする行為があるから恥ずかしく、考えたらいけないことだと感じてしまうのであって、そこだけをクリアすれば普通の愛情表現であり、ビンタするのと何ら変わりがありません。

なので当然欠けている愛情や欲求を埋めるためにお仕置きのことを考えてしまうのはしょうがないことだし、その欲を解消するために私は”スタンダードなお仕置き”を受けることを推奨していますから、私的にお仕置きを考えてしまう事に対してお仕置きはしません。

欲求というのは体験すれば無くなることがありますから、お仕置き欲を無くしたいと思うなら思うほどスタンダードなお仕置きを受けることは必要で、実際にお仕置き欲求が薄まっていく子は私の元には結構いるんですね。
逆に我慢すればするほど欲求は過度になり、どんどん苦しくなってしまいますから、そういう事にならないように、早めにお仕置きを受けることを推奨しています。

ただ、本人の要望で自制したいというのなら推奨している部分は伏せて、「自分がそうしたいなら一切考えないようにしなさい!」とお説教では普段言っている事と逆のことを言ったりすることもあります。
お仕置きを推奨しているのにお仕置きのことを考えるなというのは矛盾していますが、それが本人にとっての悪いことであればそういうことを言って自制させるように仕向けます。

自慰行為に関しても同じです、自慰行為は悪い行為ではなく、人によっては気分を良くしたり、モヤモヤしている心を安定させたりといい面もあるわけです。
自慰行為で心やホルモンバランスを整えることも必要な場合もあるので、「自慰行為はしてはいけないことだよ」とは言えません。
もちろん過度にしてしまうのは問題もありますから、そこは少し自制するよう言うかもしれませんが、一切しないように禁止することは言いません。

なので本人の自制の問題として、「お仕置きのことを考えないようにしたい」「自慰行為をやめたい」というのであれば、それに対してお仕置きもしますし、約束をしてそれを破れば次回もお仕置きとなり、これも立派なお仕置き理由となります。

また、本気でやめたいと思う人と、そうではなくてお仕置き理由として
「お尻ペンペンなんていけないことを考えてばかりの私をお仕置きしてほしい」
というキーさんもいます、それはシチュエーション的な理由であり、自慰行為も含め、「そんな子はお仕置きです!」というようなゾクゾク感を味わって満たされたいという人もいますから、そういう理由についても私の中では有りです。

ただ、矛盾点もあり、それはお説教をするにあたって、それは”いけない事”であり”はしたない事”であり”悪い子”という事になるので、普段私がブログで話している事とは180度違ってきます^^;
それでも本人がそう望んでいるのであればその子のためのお説教に切り替える事も大切なことと思っているので、お説教中に「ん??」と思ってもそこは気にしないでいてもらわないと困ります(笑)

ま、要するに”自制”と名がつけば、私が良しとしていても、どんなことであってもお仕置き理由になるということです^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き理由(自制と罪悪感)

お仕置き理由についての「自制」と「罪悪感」について考えてみたいと思います。

お仕置きは”悪い事をしたとき”にするものですが、その悪い事の基準は、日本においては基本的に日本の社会の基準です。
もちろん個人な価値観でのお仕置きも存在しますが、それが躾としてのお仕置きの基本だと私は思っています。

一方、一般的には悪い事じゃなくてもお仕置きを必要とするときもあるんですね。
それが「自制」や「罪悪感」です。

罪悪感に関しては、その事が社会的に、もしくはお仕置きをする側の基準で悪い事と判断したらもちろんお仕置きですが、悪い事と判断できなければお仕置きにはなりません。
しかしそういう場合でも、本人の基準で罪悪を感じ、それを悪い事と判断しているのであれば、本人基準では悪い事であり、よってお仕置きが必要ということになります。

罪悪感とは、人によっては過去の過ちの清算でもあり、両親に世話(迷惑)をかけたことであったり、更には一生消えない罪悪感を抱えてて、一生お仕置きを受け続けなければ気が済まないという人もいます。

一般的に考えて悪い事ではないケースの場合は、相手に罪悪を抱えなくてもいいという説明はし、それでもお仕置きを望むのならそれについてはお仕置きをします、それは本人の中では悪い事だからです。


次に自制に関しては、どうしても自制ができないことで自分自身に罰を与えて自制できるようにしたいという意味で、当人はお仕置きを必要としているんですね。
自制といっても「自制できなくて悪い事をしてしまう」という事であれば当然お仕置きですが、そういう自制ではなく、一般的な悪い事ではなく、自分で決めたことを守れないことに関しての自制です。

例えば、
休みの日は10時間勉強したい
23時までに寝たい
ゲームやスマホをいじって家でダラダラと過ごしてしまう
課題を早めに終わらせたいのにいつもギリギリになってしまう
就業時間の30分前には会社についていたい

このような自制はその罪悪の判断は自分次第なわけです。
勉強10時間なんて凄すぎですよね^^;
一番多い例をあげたのですが、5時間はしたいという人もいて、これでもなかなかできないことです^^;

私からしたらそれができなかったからといって悪いことだとは思わないし、むしろそれに近いことをやっているという意味では尊敬に値します。
しかしこれは本人基準では駄目なことであり、自分で決めたことができていないということでモヤモヤし、お仕置きの力を借りて自制したいという強い思いがあるわけです。

こういう理由でもまず説明するのは、どうしてそういう目標を作ったのか、それは達成できる目標なのか、ということをじっくりとお話をし、その上で今後どのように取り組んでいくかを本人に決めさせ、今後はきちんとするように約束をします。
どうしてそのような事を話し合うのかというと、それは本当に自分にとってやらなければいけない事なのかをはっきりとさせるためです。

勉強だって10時間必要な人もいれば1時間で足りる人もいますし、学校の授業だけで十分という人もいます。
一律に10時間勉強しなければいけないというわけではなく、本人が必要だからそれをしなければならないわけですよね。
だからそうやって自分で決めた事に必要性が無ければやる必要もないし、お仕置きも必要ありません。

なのでそういうお話をして、本人が自制する必要があるのであれば無理のない計画を立てさせて、その後しっかりと”約束”をします。
その場でのお仕置き理由としては、自分で決めたことを守れなかったことに対してですが、約束をしたことによって今後は自制だけではなく、約束を守るという義務感が生まれ、更に意志が強固となって今まで以上に頑張れることにつながるものです。

そうはいってもそれが持続するかどうかが一番の問題です、お仕置き直後は誰でもできますが、それを持続することが一番の難関ですからね。
もちろん約束を破ってしまったら厳しいお仕置きが待っていますから、そのお仕置きでまた一からやり直しということになるわけです^^;

自制については”欲”の自制というのが厄介なもので、それで悩んでいる人は結構いるものです、次回はそれについて考えてみたいと思います。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き理由

私の場合は、本人からの要望があれば別ですが、要望がない限りは、お仕置き理由がないとお尻ペンはしていません。
そのお仕置き理由についてのお話しですが、お仕置き理由には本人の申告とそうでない場合とがあります。

本人申告のお仕置き理由の場合は、自分がしてしまった悪いことや罪悪感を抱えている事、自制したくてもできないこと、または良い事か悪い事か判断がつかない、などが多くを占めています。

この場合は自分から依頼をして、この内容に対してお仕置きをしてほしいという要望があるため、お仕置きの形としてはキーさんの思い描いている通りのものとなるのでしょう。

しかしキーさんはお仕置きを求めていても、自分から「こういう理由でお仕置きしてほしい」っていうのは違う感じがするものです。
それはそうですよね、心理的な前提としてはお仕置きは嫌なことだし、されたくないものなのに、それを求めているということは矛盾しているので、自分からはなかなか申告しづらいものです。

なので会話の中で私がお仕置き理由を導くようにしていくのですが、素直に言えない子は結構いて、それで最後まで誤魔化してしまって、帰ってから「実は言えなかったことがある」なんてこともよくある話です^^;

そういう子は会う回数が2回目、3回目と増えていくにしたがってそうなる傾向があります。
それは最初は初対面でお仕置きのために来ているのもあるし、知らない人だから言えるのでしょうが、回数が増えるごとに仲が深まっていくので自分から申告することがどんどんと恥ずかしくなっていくからでしょうね。


また、お仕置き理由に関しては本人の申告ではなく、私が判断したお仕置き理由というものもあります。
これに関しては、会話中に出てくる悪い事やコミュニケーション能力として直した方がいいと思う事、視野が狭すぎる事、自分が何も思っていなくても相手を不快にさせている可能性があるもの、その場でのいたずらや私との禁止行為を破る事などです。
他にも、行儀、礼儀、女性らしさ、というのも躾の一環としてお仕置き理由となる場合もあります^^;

自分で申告してのお仕置き理由もそれはそれでいいですし、そうしなければお仕置き自体が成立しないのですが、本来のお仕置きは悪いことや直さなくてはならない部分をその場で見つけて、それに対してお説教をしてお尻ペンをする事ではないでしょうか。
なので、キーさんが意図して理由を申告するお仕置きと、キーさんが意図していない事をその場で見つけて指摘するお仕置きの両方を私はしています。

本来のお仕置きとは、親が子供にするようなお仕置きという意味です^^;
子どもはワザワザお仕置きされることを親に言うことはしませんし、ほとんどは親が悪いところを見つけてお仕置きをするわけですから、だからこそ子供にとってお仕置きって嫌な行為なんです。

逆にいうと、そういうお仕置きを繰り返していくことによって、お仕置きに対しての憧れやお仕置き欲求というものが少しずつ薄まっていくのではないかと、これまでの経験で私は感じています。
もちろんお仕置きする理由をこじつけるためにアラ探しをすることはありませんが、成長のために足りない部分やいたらない部分を指摘されてお仕置きされるのは、自分で自己申告してお仕置きをされるのとは、心理的にも随分と違うものになるものです。

もちろんキーということを受け入れてお仕置きを求めていくというのであればそのままでいいのですが、お仕置き欲求を薄めたい人やいつかは卒業したいと思う人は、このようなお仕置きで薄めていくことも考えてみてはどうでしょうか。

悩んでいる人はとっても多いのですが、お仕置き欲求をどうにかしたい、消したい、卒業したい、ということを深刻に考えている人は、このようなスタンダードなお仕置きが一番ですから、治療?の一環として利用するのもいいのかもしれません^^

次回はお仕置き理由の「自制」「罪悪感」について考えてみたいと思います。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示