未経験キーさんへ

お仕置きという言葉にドキッとしてしまう人、お仕置きに興味を持ってしまう人をキーさんといいますが、8割以上のキーさんは幼少期から小学生くらいにはお仕置きに目覚めているものです。

もちろん最初は皆さん未経験者です。
その中でも多いのは、実際に知らない人にお仕置きされるなんてあり得ないと思っている人ですね。
仮にお仕置きされたいと思っていてもそれは妄想上の世界でという、実際にはそんなこと起こりえないだろうと考えてしまうものです。

それはそうですよね、そんな世界がある事なんて小さい頃には知る由もなく、お仕置きはファンタジーの世界で、実際にお仕置きをするスパの世界が存在していることなんて知りません。
ネットでスパの世界を知った時でも、こんな世界は自分とは無縁だと考えている人が多いようです。

しかし、興味のあるお仕置きのことをネットで調べれば調べるほど、その欲求は強くなってしまうものです。
そしてお仕置きのことを考えすぎて生活が乱れてきて、そんな自分変だと思ったり、嫌になったり、かといってお仕置き欲求を抑えることもできず、そういった葛藤から我慢するがしんどくなって、勢いで掲示板やお仕置きサイトに連絡を取ってしまうという人が大半を占めているようです。

今の現状で抑えられている人はその波をなんとか食い止めているわけですが、それを繰り返していくうちにそれを飛び越えてしまい、不安や恐怖があるのに、連絡をとるようになってしまうんですね。
もうどうなってもいいという投げやりな気持ち的なことなんでしょうね、それくらいお仕置き欲と戦うのはつらいことなんでしょう。

ですが、それで経験してしまった人はそれで収まりがつくのですが、まだ未経験の人はその葛藤が続くわけですね。
そして経験しなければまたネットをさまよい、いろいろな小説や動画、ブログなどに出会ってしまい更に欲は上がってくるものです。
そのお仕置き欲はピークを過ぎれば一時的なものとしてまた過ごせるのですが、またしばらくして現れるお仕置き欲がピークに達した時にはとても辛く苦しんでしまいます。

そんな思いをするならと、みなさん勢いで依頼してくるのですが、私はその勢いはとてもいいことだと思います。
未経験の皆さんのお仕置きを経験する勇気が出ない大きな理由は「怖い」という部分で、それで心にストップがかかってしまうようです。
もちろんそうですよね、ネットで知らない人に出会って、そこで何をされるかもわからず、そう考えると勇気が出てもすぐに引っ込んでしまうでしょう。
私のサイトではお仕置きについても、掲示板利用についての注意点も詳しく説明していますし、実際に私のところに来た人たちの感想がズラッと出しているのですが、それでも「怖い、不安」というのはついて回るようです。

もちろん書いてあることは本当であろうと思っていても「もしかしたら」と考えてしまったら依頼もできませんよね。
それでも依頼をする人は本質を見抜く目でも持っているのでしょうかね^^
ただ、私のサイトは嘘偽りなく、感想も書いてあることも真実です。
何か騙すようなことや悪いことをしても私には何のメリットはありません。

結局この活動は私が自分がしたいことをしているだけなので、もし違うことをしたいのならそれを表現すればいいだけなので、わざわざ嘘や騙すようなことを訴える意味がありません。
やろうとすることがあるならそのままを表現した方がそれに賛同した人が来てくれるので、わざわざ偽ることをする必要はないですよね。
もちろんどんどんと目立って来ればそれが気に食わないいと悪く言う人もでてくるでしょうが、それがあったとしてもその情報量や信憑性を考えれば真実かどうかは判断つくのではないかと思います。

まぁとにかく、未経験のキーさん達が、その欲求を満たしたいのであれば、まずは私のようにサイトをやっているところでスタンダードなお仕置きを受けてみて、その欲求を満たしてあげることが危険回避の意味ではいいと思います。
パートナーを探すとか掲示板を使うとかはその後でもいいわけですからね。

キーさんの中にはいけない世界にはまるという考えもいるようですが、これは別にいけない世界でもなく、スタンダードなお仕置きであればどんな人間にも必要なことだと思います。
しかもハマるなんてことはありません、それはそのように相手側が仕向けたり、いつまでも理想のお仕置じゃなくて満たされなかったりするからだと感じます。
自分を見つめ、悪いことを反省し、成長をする、それを見てくれる人との関係も含め、自分の成長のためと思えば、人にとってはとても必要な事ではないかなって私は思っています。

未経験の皆さんは一度は経験してみることをお勧めします。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き欲のコントロール

キーさんのお仕置き欲のコントロールってかなり難しいようですね…。
お仕置き欲には波があります、そして厄介なのはお仕置き欲の波がきて、それがピークになると、やらなければならない大切なことがあるにもかかわらず、お仕置きのことばかり考えてしまって何もできないでいたり、ネットで小説や動画をあさって時間を費やしたりというのがほとんどだと思いますが、中にはネットの掲示板で適当なカーさんを見つけて会話をして欲をおさめたり、更に簡単に会ってみたりと普段しない行動をとってしまうことってありますよね。
普段は自分をコントロールできても、ピークの時は勢いで行動してしまうんですね^^;。

私のところに来るキーさんにも「あの時は欲求がヤバくて勢いでメールしてしまった」などとよく聞くお話しです^^;
こういうどうにもできない心の衝動をコントロールするにはどうしたらいいでしょうか…。
果たしてそこまで高まってしまったお仕置き欲を、辛い思いをせずに抑えることはできるのでしょうか、そこら辺を考えてみたいと思います。

お仕置き経験のない人は、特に未知のお仕置きの世界に対して好奇心が旺盛になりますので、妄想が膨らみすぎ、心がどうにもならなくなり、とても悩んでいるようです。
なんでわかるかというと、私にお仕置き依頼をしてくる子たちは未経験の子が多いので、そこから話を聞いているからです。

実は未経験の子たちは、知らず知らずのうちにお仕置きへの好奇心を自分であおってしまっているんですね。
キーさんはお仕置きに興味があるので、当然ながら検索して小説を読んだり、動画をみたりするのですが、それによってどんどんとお仕置きにはまっていき、お仕置き欲を高めてしまっているんです。
結果、お仕置き欲が制御できないくらいに膨らんでしまい、それで辛い思いをしてしまうことにつながります。

お仕置きに興味を持ってしまったら小説や動画をネットで探してしまうのはしょうがないことですが、逆にそれがお仕置き欲を高め、どんどんと抑えがきかない状態に移行していってしまうんですね。
なので早い段階で小説や動画などを見ないようにすれば、お仕置き欲がまだ初期段階で抑えられ、それくらいなら自分で制御もできるかもしれません。

スパの世界を知ったばかりの頃は、誰しもお仕置き欲を制御できているわけですからね、その段階でそれ以上踏み込まないでいることがお仕置き欲をコントロールするヒントかもしれませんね。
でもすでに制御できなくてモヤモヤしている人、どうにもならないという人は沢山いますよね、だから悩んでいるんですけどね^^;

こういう子たちは、やはり実際にお仕置きを受けることが一番だと私は思います。
私のところに来る子達も、一度お仕置きを受けた事によってある程度の欲は解消され、お仕置き欲はの全ては消えなくても、またいつでも来れるという安心感もあってか、これまでの苦しみからは解放されているようです。
また、お仕置きを受けて、その直後はお仕置き欲が上がることもありますが、それは一時的なもので何度か繰り返すことによってそれは薄まっていくものです。

なので、お仕置き欲でモヤモヤしたり、何も手につかなかったり、涙が出てきたり、どうしようも心のコントロールができないのであれば、長い目で見てその先のことを考えたら、勇気を出してお仕置きを受ける方が、今後の生活が円滑に送れることにもなると思います。

依頼となると妄想ではなく現実のお仕置きとなりますが、ここでのお仕置きは軽めから厳しめまで選択はできますし、様子を見ながらということもしているのでそこまで怖がる必要はないです。
また実際に私が活動でしていることは、お尻叩きそのものよりもお話しがメインのお仕置きとなりますから、お仕置きされに行くというよりも、カウンセリングに行くという気持ちで捉えた方が良いと思いますし依頼もしやすいのではないかと思います。

キーを卒業したいという人は卒業する方向でカウンセリングという名のお仕置きを受ければいいと思いますし、しばらくはキーのままでいいという人は卒業なんて考えずに今はお仕置きに浸っていればいいと思いますしね。
お仕置きの捉え方は人それぞれですから、卒業しなきゃいけないなんてことは一切ないし、卒業するならそれでいいと思います。
その人の生活スタイルで決めることですから、私はそれに合わせたお仕置きをしていきます^^

それと叱られる愛情とは違う、少し歪んだ愛情が癖になって、それもないと満たされないという人もいます。
その歪んだ愛情の受け渡しが癖になって、キーをやめられないというよりもそういうところから離れられないということがあるようです。
このお話、詳しいことは次回の記事に書いてみましょう。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き!お尻ペンペン!

お仕置き
お尻ペンペン

こうやって文字に起こすだけでもドキッとしてしまう人はいますが、これが言葉として口から出るとなると更にキュンとしてしまうキーさんはかなり多いのではないでしょうか。

お仕置き前提でのパートナーさんや、私のように依頼を受けてお仕置きをするような人が口にしてもある程度ドキッとするでしょうが、そうではなく、普段の生活で誰ともなくその言葉が出てくるとなると、平静を装っていても頭がパニックになるくらいドキッとしてしまう子はいるでしょうね。
それはテレビをみていてもそうだし、知り合いやそこらの他人から何気なく言葉に出てくる場合もありますよね^^;

おそらく「お仕置き」や「お尻ペン」という言葉を平気で口にする女性というのは、お仕置きに全く興味のない人で、逆にお仕置きに興味のある女性は、お仕置きとかお尻ペンという言葉はなかなか口にできないものです。
私はたまにキーさんに「お仕置き」という言葉を言わそうとすることがあるのですが、恥ずかしがって頑なに言わない子が多いんですね^^;
そんなことをしていると、なにやら私が女性に向かって卑猥な言葉を強制的に言わそうとしているような錯覚に陥るほどです(笑)
ま、そんな恥ずかしがる顔を見るのもかわいくていいんですけどね^^

話を戻しますが、普段生活していて、いきなりお仕置きワードが飛び込んでくることってたま~にありますよね。
そっちのほうがキーさん的にはドキッとするしなにやらソワソワとしてしまうようです。

「あとでお仕置きだよ」
「お尻ペンするよ」

ただの文字としてではなく、これが日常の世界で他人の口から出た言葉だと、意表を突かれたようにドキッとしたり、キュンとしてしまうようです^^;
これってまるで魔法の言葉ですよね。
魔法というと聞こえが良すぎるような気もします・・・。
しいていえば、まさしくこの言葉は”呪文”の一文であり、確実に魔力が潜んでいますよね^^;
妖術をかけられたように、自分の意思とは関係なく心が乱れ、自分をコントロールできなくなってしまうのです・・・。

お仕置き欲にも波があり、特に勉強や課題などで追い詰められたようなストレス状態の時や、生理前などのホルモンバランスが崩れている時など、考えたくもないのにお尻ペンのお仕置きの呪縛に囚われ、やらなければならないことも手につかない。
お仕置きのことなんて今は考えたくないのにそればかり考えてしまう。
まさしく妖術にかかってしまって、その呪縛に囚われてしまっている状態ではないでしょうか…。

これは時と場合によってはメチャクチャ厄介なことであり、キーさんであればその魔力の呪縛から逃れたいと悩んだ経験がある人殆どではないかと思います、それだけお仕置きの魔力は自分をコントロールできないほどなんですね^^;
キーさんって、キーさん友達がいない人の割合が多いので、それこそ悩みは尽きないのですが、こういう悩みはみんな同じように抱えている事なので自分だけ変なんだと悩みすぎる必要はありませんからね^^

この呪縛を解いて自分をコントロールできるようになるにはどうしたらいいか。
結局は「お仕置きを受けなさい」ということになるのですが、次回はそのヒントを書いていきたいと思います。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き欲を無くしたい人へ 3

前記事の続きです。

お仕置きに対しての恥ずかしさや、いけないことをしていると思う事、やめなければならないという思いは消えにくいですよね…。
だからこそ頭にこびりついてしまう、消せるものなら消したい、だけど消せない…。
それではどうしたらいいのでしょうか。

それはもう、”思い込み”しかありません、まずはタブーを解消することですね。
それには「お仕置きは普通のこと」「子供はみんなされているんだから当たり前のこと」「変なことじゃない」「後ろめたいことはない」と、堂々としていることです。
解決策があるように見せて「なんだ、こんなことかよ!」と思われるかもしれませんが、自己暗示でもこれは大切な事です。

幼少期に”愛情のあるお仕置きや愛情のある体罰”を実際に受けてきた人の多くはお仕置き欲はほぼありません、それは普通に体験して普通のことだと思っているからです。
だからこそ叱られたり叩かれたりということに対してタブーと思う気持ちがないんです。
そういう気持ちになればいいのですが、キーさんはすでに脳裏に刻み込まれたまま大人になってしまったのですから、そこが難しいんですけどね^^;
ただ、そこは思い込まないと前には勧めません。

そう意識させる方法としては、お仕置きしてくれる人を固定し、まずは羞恥心やタブーな気持ちを薄めていくことです。
その上で、欠如していた部分の愛情を満たしていき、「向き合って真剣に叱ってくれる人はいるんだ」「どんなことをしても見捨てない人はいるんだ」「人は自分を受け入れてくれるんだ」「認めてくれるんだ」という自己肯定感を養う、そうしていくうちにお仕置き欲の低下にもつながっていくものです。

ただ、そういうことをしてくれる相手がいるかどうかという部分に問題があります。
まずはスタンダードなお仕置きをしてくれる人、次にすべて受け入れて、見放さないで、自分を認めてくれる人。
そうでなければ本当の意味で満たされないかもしれません。
遊び的ではない、恋愛的でもない、スタンダードなお仕置きというのがポイントで、もっと言えばキーさんの理想の形や雰囲気のお仕置きを一つ一つつぶしていくことが大切です。

私がこれまでキーさんを見てきて感じたことは、お仕置き欲というのはスタンダードなお仕置きを何度も繰り返していけば自然と薄れていくもので、「やめなくてはならない」、「卒業しなきゃ」という思いをあまり持たないようにしていると、自然とお仕置きが無くても平気になる人が多いように思います。

また、カーさんと名乗っても多少なりとも性的な事をする人が結構いるようなのですが、そういう人とあたると、キーさんが思う自分の理想のお仕置きではないので、根本が満たされません、そうなると当然根本のお仕置き欲求は残ったまんまになります。
パートナーを変えたとしてもなかなかそういう人はいないので、いろいろな人を転々とすることにも繋がっていき、結果キーさんをやめれないで葛藤していくことになるので、もし卒業したいと思っているなら、そういったことにも注意は必要です。

ちなみに、カーさんの中には性的な事をするのがお仕置きのセットと考えている人もいるようなので、そこはしっかりと確認しておかないといけません。
私のサイトにも書いてありますが「カーさん=性的な事をしない人」というのは間違った認識です。
スパにはいろいろな形があるので、どれが本当かの正解はありません。

ただ、私の場合は私のルールの中で活動していますし、コンセプトを掲げてやっています。
私の中でのお仕置きは、性的なことが一切ないお仕置きなのですが、そこは私のお仕置き観で決めていることです。

また一方、お仕置き欲を封印してしまう人が結構いるんですよね。
でもそれだとなかなか欲求の解消はできずに余計に長引かせてしまったり、爆発してしまったり、人によってはSMに走ってしまったりしてしまう傾向が強いように思えます。

SMがダメといっているわけではないです。
ただSMを知らない人がSMの味をわざわざ知る必要はないんじゃないかなって私が思っているだけです。
SMというのは知的な要素が無ければ精神的に盛り上がることは難しく、だからこそ嵌まってしまうと快楽の追求に歯止めがかからなくなるものなんですね、M気質を持っていればの話ですが、SMとはそういう世界なんです。
男性ならまだしも女性なら蜜の味を知らないほうが幸せじゃないかなと私は思いますけどね^^;
蜜の味を知ってしまった人はとことん追求すればいいことですから、それはそれで幸せなのかもしれませんけどね^^

こういったことを全て考慮すると、私のようなスタンダードなお仕置きをするようなサイト運営者に依頼するのが一番かもしれません。
一番のネックは自分ひとりだけのカーさんではないこと、いろいろな人が来ている中の一人であることです。
それが寂しくて一人のパートナーを求める人もいますしね。

でも私の場合は一人一人と全力でぶつかっていますし、私の中では全員に対して一対一と思っているんですね。
そこらへんを割り切って、それでも自分の心が満たせそうならばサイトへの依頼は一番いいのではないかと思います。
って、宣伝ではないですよ、本心で思っていることですからね(笑)
私のところに限らずって意味ですから^^;

まぁ、はっきり言ってお仕置き欲求を消したいのであれば、その欲求を満たしてあげる事は必然です、そうしていくことによって欲求というものは薄まっていくものですからね。
平和や生活が保障されている日本では、生活的な欲求は満たされているわけですが、その後に求めてしまう欲求というのが、承認される欲求であり、愛で包まれる欲求ともいわれており、それが無ければその先のステージには進めないものです。

お仕置きに惹きつけられてしまう人はそういう部分を満たしてあげることが必要であり、そこが満たされない限り、お仕置き欲求も薄まらないものです。
つまり、一番欲している承認される欲求や、愛で包まれたい欲求は、一連のお仕置き行為の中に全て含まれていて、タブーな思いも含めるとやはりお仕置きで欲求を満たし、欲求を薄めていくのが一番の卒業への近道だと思います。
それだけお仕置きは理にかなっている行為なんですね。

ちなみに、心配している人は非常に多いと思いますが、お仕置きを受けたからといって、お仕置きにどんどん嵌まりこんでいくということはまずありません。
それはディシプリン派のお仕置き欲は、性欲とは違う次元の欲求ですからね、お仕置きには上限があり、欲求を追求してしまうということが無いからです。
ただ、思い違いをして痛みを追求してしまう人はいます、そうなるとそれはSM的な意識になっていって、嵌まる可能性はあります。
だからこそ、それを調整することができる相手を選ぶことが重要となってくるのです。

なので、そこらへんも見てくれる相手を選ぶか、もしくは自分自身に痛みを追求しないような意識を維持していれば、お仕置きに嵌まってしまうことはまずないと考えていいと思います、安心して大丈夫ですよ^^
お仕置きを受けてみようかと思った方々、勇気を出して一歩を踏み出してみて下さい、いつでも受け付けていますからね。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き欲を無くしたい人へ 2

「厄介な要因があります」というところで前記事は終わっていましたね、意味深に終わらせてみました^^;
前記事の続きです。

愛情を満たしてあげてもそれだけでは欲求が収まらない厄介な要因というのは、性的ではないお仕置きだとしても、キーさん自身が、「これはいけないこと」「変態行為だ」「恥ずかしいことだ」「誰にも知られたくない」と強く思えば思うほど、お仕置きの欲求は脳裏から離れないことです。
お仕置きに惹きつけられる要素として、タブーを冒しているという心の動揺が大きく関係しているんですね。

子供の頃に目撃したアニメや童話では、お尻を丸出しにされて叩かれている描写が多いですよね、また幼少時にお尻叩きを目撃した人も少なくありません。
そこで現実に他人のお尻を目撃し、しかも叩かれている行為に「見てはいけないものを見てしまった」「自分がされたら恥ずかしくて生きてけない」など、個人差はありますが、タブー的なものを感じているはずです。

このタブーというのが性欲中枢と結びついていて、タブーであるからドキドキとしてしまったりモヤモヤとすることにつながり、脳裏から離れなくなることがあるんです。
タブーが性欲中枢と結びついているというのは、性的な事を感じる全てはタブーであるといっても過言ではないからです。

例を挙げると、裸を見たら性的興奮をするのはいつも服を着ているからであって、見てはいけないものを見てしまったとか、恥ずかしい、というタブーを冒しているからで、アマゾンにいる部族で裸に近い恰好をしていても、その民族間ではそれが普通であるために性的な興奮はしません。
ただ、それをテレビで見る日本人は多少なりともドキッとはしますよね、そういう部分がタブーと性欲中枢が結びついているというところです。

タブーな事だからといって全てが脳裏に焼き付くわけではありません、何かのきっかけ、何かの環境、性格的なもの、状況、体調や気分などにより、その事が無意識に頭から離れなくなるということは我々の身に普通に起こっていることです。
それをどう防ぐかということは、個々の感受性や環境の違いなどもあり、不可能なのかもしれません。

また性欲とは別物で、性欲以前にアニメや童話などで見るお仕置きというのは、とてもあたたかい愛情を感じ、それが自分が欲しているであろう愛情であるから、その愛情の部分で強く惹きつけられ、その愛情こそがお仕置き欲の大部分を占める要素であると私は思っています。

その欲している愛情とタブー(お尻丸出しのペンペン)という別物の二つが複合しているからこそ、更に惹きつけられ、その二つの相乗効果で自分の行動を制御できなくなるくらいにお仕置き欲求が高まってしまうのでしょう。

つまり性的ではない普通のお仕置きを見てしまっただけでも無意識に性欲中枢が反応し、その原因が「羞恥心」であり「いけないことをみてしまった」ということでもあるんです。
「お仕置きに反応してドキドキするなんていけないことだ、考えないようしなきゃ」と思うのもタブーで、これが逆効果になるんですね。
でもこれって日本人なら普通に恥ずかしいですよね、お尻を叩かれるのもそうですが、それよりもスカートをまくられたり、下着を下ろされるわけなので、それを「恥ずかしく感じるな」「いけないことと思うな」というのは無理でしょうね^^;

ただ、それを繰り返していくうちに、同じ相手であれば多少の羞恥心も消えていくだろうし、欲求も満たされ、結果欲求を減らしていくことにつながるのは必然だと思います。
それが一番の卒業の近道じゃないかと私は思っています。

年齢を重ねて再発したら、それこそどうにもならなくなってしまうことが多いですし、それこそ修行僧的にならないとSM的な事にシフトしてしまう危険性が高いようです^^;
だからこそ若いうちにお仕置きを経験しておくことは、欲求を薄める意味でも人生全体を考えたらやるべきことなのではないかとも思います。

そうはいっても恥ずかしさや、いけないことをしていると思う事、やめなければならないという思いは消えにくいですよね…。
それではどうしたらいいのでしょうか。

また長くなりそうなので、続きは明日・・・・。





当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示