ドミナントとサブミッシブ

ドミナントとサブミッシブという言葉が最近になってかなり広まるようになりましたね。
とはいってもこれは英語の言い方であって、日本語でいえば単なる主従関係(支配者と隷属者)です。
まぁ支配と服従の関係ということです。

そういう関係はこれまでは”SM”の主従関係という見方をされていて、支配欲のある人はS、支配される側はMと決めつけられていたんですね。
ですが実際はS(加虐嗜好)じゃなくても支配欲があったり、M(被虐嗜好)じゃなくても被支配欲(従属欲)がある人もいて、そういう人たちにとっては違和感でしかなかったんですよね。

まぁ昔のことはわかりませんが、もしかしたらキーとカーも昔はMとSと言われていたかもしれませんしね、そういう違和感です。
日本語で表現したら「俺は支配者嗜好だ」「私は隷属者嗜好だ」となり、そうなると少し滑稽というか、威張っているお山の大将的に見られそうですしね、そういうこともあってそんな表現はしなかったのかもしれません^^;

そんな中、ドミナントとサブミッシブという言い回しが出てきたことで、自分を表現する言葉として違和感なく受け入れられ徐々に広まっていった感じでしょうか。
「私はMではなくサブミッシブだ」と公言する人も多いようですが、もちろんその通りでMは被虐を好む性癖であるために、被虐を好まないサブミッシブ(服従欲)も当然います。

まぁ「私は服従したいタイプ」「私は隷属者(従属者)嗜好」と表現するよりも「私はサブミッシブ」と言ったほうがおしゃれでスッと心になじむ感じに聞こえますよね。
同じく「俺は支配者嗜好」というよりも「俺はドミナント」という方が全然センスいいですよね。

そもそもドミナントとサブミッシブという言葉が日本で頻繁に使われるようになったのは、2015年に公開された「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」という映画からだと認識しています。
この映画は私の知人からの勧めで観たことがあるのですが、簡単にいうと支配欲でしか性欲を満たせない男性がノーマルの女性に惹かれ、その女性と主従契約を結んだのですが、性癖の違いでうまくいかずすったもんだがあるという感じの映画です(笑)

ドミナントというのは支配者嗜好
サブミッシブは被支配者嗜好=服従嗜好=隷属嗜好=従属嗜好です。(どれも同じ意味です)
SMの関係であれば当然Sは加虐欲があり、Mは被虐欲があり、Sが罰を与えている時はM側は支配されてるという事になります。
つまりSがMを責めている時はドミナントとサブミッシブの関係といってもいいと思います(主従関係)

ただ加虐欲が無かったり、被虐欲がない場合はSでもMでもないので単なるドミナントとサブミッシブの関係になります。
SとMはもちろんですが、これがキーとカーであったりしても、管理監督という面から考えると場合によってはカーでありドミナント、キーでありサブミッシブというような関係もありえます。

これらは支配欲と被支配欲を持っている者同士の関係ですが、日常にもあることです。
それは会社の上司と部下であったり、師弟関係、親子関係、恋人関係等で、そうした関係を構築せざるを得ない環境下で起こり得ます。
従わざるを得ないという意味ではまったく別ものではありますが、契約や約束事をして本人の意思とは関係なく縛り付け、約束事を破ったら何かしらの罰があるわけですから、これも主従的な関係でドミナントとサブミッシブの関係といえます。

勘違いしやすいのはドミナントとサブミッシブというのは支配したい人と支配されたい人という意味合いであり、本来そこにSMは関係ありません。
しかしそういう関係の代表にSMがあり、SM的なお仕置きをするのでそう認識されるだけで、それがゲンコツでもビンタでも叱るだけでも、干されることでも、それは罰であり、性的な罰ではなく、そういう罰をくだす関係も当然ドミナントとサブミッシブです。

SとMの意味は加虐したい人と加虐されたい人
カーとキーの意味はお尻を叩きたい人と、お尻を叩かれたい人(叩く事が悪い事の罰かどうか人それぞれ)
ドミナントとサブミッシブの意味は支配したい人と支配されたい人

Mであり、サブミッシブの人もいます。
キーであり、サブミッシブの人もいます。
そしてMでもキーでもなく、サブミッシブだけの人もいます。

長々と書きましたが、ドミナントとサブミッシブという関係にSMや性的な事をこじつけないで単なる支配と従属と考えるとわかりやすいかと思います。
その中で自分がどういう嗜好を持っているか、それが一つなのか、複数持っているのかを見極めて、自分の嗜好を探っていけばいいと思います^^

ちなみに私の性癖はドミナントでS、私のプライベートの深い仲の人たちは全てサブミッシブということになるでしょう・・・。
それはこれまでお付き合いした人全員に対してそうだったような気がします^^;
こういう性格だからこそキーさんと相性がいいんだと思いますよ^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

過去のSMのお話

前記事では支配や管理といったお話をしましたが、それに関連して、過去にしていた私のSMのお話をしてみたいと思います。
SMに嫌悪感がある人はスルーしてください、人によってはグロい話かもしれませんしね^^;

過去にSMの世界にいたことはブログにも書いたことがありますし、FC2ブログのプロフィールとして、どうしてSMの世界からスパの世界に来たのかということも書いてありますので気になった方は目を通してみてください^^
プロフィールはPCからしか見れないようなので、見れない方はこちらからどうぞ→プロフィール

私は最初はSMというジャンルしか知らずにSMの世界に足を踏み入れたのですが、スパの世界というものを知ったのはそのずっと後でした、まぁスパの世界を知っていたとしても確実にSMの方に入り込んでいましたけどね。

そして私のSMの嗜好は主従関係で、それは支配と服従というようなもので、その関係性においては相手が嫌がること全般を好んでしていました。
私の中の加虐とは、精神的に追い詰める事や、羞恥的な事、苦痛的な事なことが主なものでしたが、それは相手が嫌がることが前提であって、相手が喜ぶことは加虐にはならないので興味はありませんでしたね^^;

まぁ人間の本性や本質という部分にとても興味があって(今もそうですが)、嘘のない、全てを曝け出せる超越した関係というものを追求していました。
その中で一般常識の配慮はもちろん、女性としての品格や立ち振る舞いなどの躾をメインに、ダメなところがあったらSM的なお仕置きをしていました。

それと一つ、私の中のSMは他とは違う特徴がありました。
SMというと、一般的には当たり前のようにセックスがありますよね、私の場合はSMと恋人のようなセックスは別物と捉えているので、SM行為にそのようなセックスは必要としていませんでした。
それは私の中で行き着いたSMの概念が、支配行為や加虐行為であり、セックスではないからです。

まぁSMの世界に入った当初は肉体的な性欲を満たすために性的な事も含めていろいろな事を経験してきましたが、そこからどんどん追求した結果そこまでに至ったという感じです。
SMで好んでいたのは主従関係でしたが、主従関係といっても私の中では区分けがありました。
例えばご主人様と奴隷的な関係である場合はセックスは一切しませんでしたし、それは相手が望んでもあえて拒否していましたね。
それは、それを拒むのがまた加虐につながり、相手の必死な様子や欲求を満たせないで悶々としてる姿を見て楽しみたかったからです^^;

ご主人様とペット的な関係である場合は、扱いがペット的に可愛がるということで私の中では奴隷的な扱いと違う区分けになるのですが、セックスに関しては加虐行為が成立するならありですし、相手が必死にお願いするのならばしてあげるという姿勢でしたね^^;
ま、いずれにしても私から誘うことは皆無です。

で、私の最終的にたどり着いたSMは、相手が全裸になっても基本的に私が服を脱ぐことはしませんし、お仕置き中に限っては絶対に服を脱ぐことはしませんでした。
それは真面目に躾をするのに私が裸になる必要性は全くないですし、お説教して躾をしているのに性的な事をしていては立場的にもおかしなことですからね(笑)

これは今のスパのお仕置きの感覚と非常によく似ています、違うところはSMの時は主観が入って自分好みの女性にしようとしていたことと、大きく違うのはSM的なお仕置きをしていたことです。
SMを追求した結果こういう形を好むようになったのですが、お仕置だけに焦点をあてると、私の主観を入れず、家庭的なお仕置きをにしたのが今の形といっても過言ではありません。

こういう感じだからキーさんの要望があればSM的なお仕置きもできるんですね、そこに性的な事が無いからそれを躾としての罰としても応用できるんです。
念を押しておきますが、SM的なお仕置きをするのは要望があればですからね、要望が無ければしません。
あくまでSM的なお仕置きは”サービス”としてしてあげるということですから、要望が無いのにわざわざすることはありませんので^^;

話を続けます。
一般的な認識では、SMは加虐行為や被虐行為などのプレイがあり、最終的には性的な事を楽しむとされていますし、実際パートナーとはセフレのような関係ですよね。
しかし私はそうではなく、セックスが目的ではないし、相手が単純に喜ぶだけなのであれば性的な事もしたくなくなります。
なぜかというと、それは奉仕になるからです。
私がSMでしたかったことはいことは懲らしめたり、いじめたり、追い詰めたり、恥ずかしめたり、ということですからね。

ただ、SMのパートナーとなってしまうと相手は当たり前のように性的な事を要求してきます。
それはSMは性的快楽であるセックスやそれに類似する行為で性欲を満たすという固定観念が無意識に浸透しているからです。
だからこそそれがないと、愛されてないとか寂しいとか、そういう方向にいってしまい、お互いの距離が縮まれば縮まるほどにどんどん病んでいき、結果傷ついて離れていくという結果になりかねません。

最初からセックスありきではないということを伝えても、やはり心の奥底では「SM=性的な事」という固定観念にとらわれているので、「私を必要としてくれいていない、愛してくれていない、寂しい」と思考がずれていき、病んでいってしまいがちです。
そうなっていくとそれはマイナスの関係です。

それまではプラスに働いて、人間的にも隷属者としてもどんどん成長していたのが、それを機にマイナスに転じ、結果余計に傷ついてしまう。
これは相手にとってはとても辛いことで、そんなに傷つくなら出会わなかったほうが良かったかもしれないと思ってしまいます。
そしてこういう病みは私にとっても凄く辛いことです。

SMの関係って性的な事が絡むという概念がある以上とても難しいですよね、なので私のやりたいことはSMでは実現不能だなって感じたわけです。
私が相手に伝えている事は最初から一環として変わらないんだからそれでいい、とは思えませんでした。
とにかく相手を傷つけたり病ませたり、依存体質にさせてしまったりとそういう結果が苦痛になったわけです。
だからそういう重い関係ではなく、現在は遊び的に性欲処理的な感覚で、裏でひそひそとSMはしてますけどね(笑)

ま、そういうことに嫌気がさしたので、性的快楽を求めていない人が多いスパの世界に行き、それがぴったりとはまったんですね。
私の過去のSMは、若気の至り的な俺様的な部分もありましたが、今は更に上を行く、いってみれば大人に成長したような感覚かもしれません^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

キーかМか、、、お仕置き体験その②

続きです。

このサイトを立ち上げてからすぐ位のころでしょうか、これまで三人だけSMの体験をさせたことがありました。
その子たちは共通して「Mなのかキーなのかわからない」と悩んでいたんです。
それは空想上や妄想上の悩みではなくて、実際にSM的なこともスパ的なことも体験した上で訳が分からなくなっていたんですね。

私はスパのお仕置きの後に、「SMのお仕置きとスパのお仕置きの違いを体験したいなら、日を改めてならしてあげてもいいよ」
というようなことを言ったことがありました。
それは私はSMの活動をしていたこともあり、スパのお仕置きとSMのお仕置きの明らかな違いがよくわかっていたからです。
その行為で本当に求めているものが分かればいいかなと思ったのですが、日を改めてと言ったのはスパとSM的なことを意識的に分けるために同じ日や同じ場所ではしたくなかったからなんですね。

明らかな違いというのは支配するものとしての意識からくるものですが、言動や顔つきでその場の雰囲気を変えていきます。
そういった雰囲気作りは大切で、そうやって相手の精神的な部分をコントロールしていくのです。
どんなお仕置きの違いか簡単に言うと、スパは親から子への愛情溢れる叱りに対して、SMは虐待的、より支配的で理不尽な叱りも含まれるという感じです。

それを3人それぞれに実践してみて、SMのお仕置きに対してどう感じるかということを検証していきました。
3人ともSM行為はあまり経験はしていなかったものの、そのうちの一人に関してはカーさんからSM行為をされて嫌悪を覚える傍ら、感じてしまっている自分がいて戸惑いを覚えたそうです。
このキーさんたちが嫌悪していたのはスパのお仕置きなのにSM行為をしていたからだと私は感じ、だから今回はスパではなくSMということで体験をさせたいと思ったのです。

実際どうだったかというと、3人ともSMに対しては本人たちが思っていた以上に快楽を感じ、SMを求めていることが分かったようです。
同時にスパがなければ満たされず、その部分はSMでは決して満たすことができないということも分かったようです。
つまりスパとSMは別物で、スパは精神的な安定のために必要で、SMは性的快楽のために必要だということです。
キーでありMでもあることは普通のことでもありますが、一番苦労することはパートナー問題でしょうね^^;

今現在の私のこの活動では、体験したいということでも性的なSM行為をすることはありませんが、雰囲気や言葉でその違いを感じさせてあげたり、カウンセリングでキーかMか、はたまたその両方かを診断したりはできますからね。



当サイトへは下記よりお入りください。

PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋




(注)現在は活動で会った方との予約時間外のお付き合いは一切していません、また、これは過去のお話ですので現在の対応とは異なる所があります。

キーかМか、、、お仕置き体験その①

キーさんの中にはお仕置きに対して”スパを求めているのかSMを求めているのか”が分からない人ってまぁまぁいるんですね。
多分キーだと思うけど違うかもしれない、SM的なことも考えてしまうから自分はどうなんだろうという感じです。

お仕置きに興味をもっていろいろと検索してみるとSM的要素なお仕置きがたくさん出てきて、そういうのを含めてお仕置きと認識してしまうこともありますよね。
そうやってSM的な部分を受け入れないとお仕置き体験ができないと思ってしまう子もいるんです。
しかもスパのお仕置きとSM的なお仕置きというのは、その世界を知らない人から見たら同じに見えてしまうこともあり、それはお仕置きに憧れを持つキーさんの一部も同じような感覚なんですね。

そして体験の結果、SM的なお仕置きに対して多少の違和感を感じつつも心地よさも感じ、ある程度満たされるのでそのまま流されてしまう子もいます。
でもそれはキーの部分とMの部分が混在しているからこそ違和感と心地よさの両方が混在しているんだと思います。
ただ、そういう場合はスパのお仕置きは別でするというようなことをしていかないと心が満たされないままでいることにつながります。
SMはSMですればいいんです、そしてスパのお仕置きの欲求が出た場合にはスパのお仕置きをしてくれる人を探せばいいわけです。

M要素がなければSM的なお仕置きには心地よさは感じることはあまりないのですが、SM的なお仕置きとスパのお仕置きで共通している部分もあるのでまたややこしくなるんです。
それは、「支配下にはいる、叱られる、追い詰められる感覚、抵抗しても押さえつけられて叩かれる」というようなことで、これはキーでもMでも満たされる部分が似ているんですね。

だからこそ、キーであり、Mでもある人は自分がMなのかキーなのか、またはスパとSMのどっちを求めているのかがわからずに悩んでしまうことがあるんでしょう。
しかもそのことを相談する相手もなく、パートナーに相談したらほとんどはSMに誘導されてしまうでしょう。

そうやって流されてしまう背景には、女性はもともとM要素を持っている人が多く、キーであるけれどMでもあるという人は普通にいて当たり前で、誘導されやすいからなのではないかと私は思います。
なのでキーの部分は一切捨てる必要はなく、性欲の部分でMになればそれでいいと思います。

こういう相談は軽いものから重いものまでカウントすると、かなりの人が一度は悩み、相談してくることが多いんですね。
現在の活動では、SMに対する考え方や精神的な部分の捉え方などを説明して疑似的にSMとはどういう行為なのか、それを自分でイメージしてみてどう感じるのかというのを言葉で説明したりアドバイスをしたりしています。
その結果、実際はキーであり、Mでもある人が多いですね、稀にですが、キー要素がないMなだけだったという人もいましたね^^

まぁ、過去には実際に体験させたこともありました^^;
そんなお話をカミングアウトしようと思います。

続きはまた後日に・・・。

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示