平手の威力

今更ながらなのですが、力強く叩いた平手でも痛い平手と痛くない平手ってあるんですね^^;
実は先日のお仕置きの後、何気なく自分の尻をパン!パン!と平手で叩いたんですね(笑)
セルフスパ(自分でお尻を叩く)というわけではなく、単に気合を入れるような感じで(相撲取りがやるような)パン!パン!と2発叩いたんです。

それほど強く叩いたわけではなかったのですが、全然痛くなかったので、隣にいたキーさんに向かって「あんまり痛くないものだな」といいつつ、もう少し力を入れて叩いてみたのですが、これも痛くなかったんです^^;
まぁ自分で尻を叩くなんて今までしたことが無くて、初体験だったんですけどね(笑)

それで、いつものような感じでもう一回力強く叩いてみたら今度は「痛っ!」となりました。
ここで気づいたのは、この痛いのと痛くない平手の違いです。
その正体は「スナップ」だったんですね^^;

すかさず隣にいたキーさんに「ちょっと実験させて」と許可を得てお尻を叩こうとすると「何?何?」と拒否・・・。
「多分痛くないと思うからちょっと叩かせて」とお願いすると、渋々なのかまんざらでもないのかよくわかりませんがお尻を出してくれました(笑)
最初はスナップを利かさずにそのまま叩くと、キーさんは「全然痛くない」と小ばかにした感じで言葉を返します^^;
次に結構力を入れて叩いたのですが、それでも「そんなに痛くない」と返事をします。

次に私は「じゃあ、スナップを利かせて叩くよ」といい、3発ほど、「ピシッ!ピシッ!ピシッ!」と叩くと今度は転げるように痛みを感じてしまいました(笑)これがいつもの平手です^^;

これまでは無意識にスナップを使ってお尻ペンをしていたのですが、これが平手の威力だったことを初めて知りました。
常識だったのかもしれませんが、私的には新しい発見でした。

キーさんでも自分で叩いた経験のある子は、平手はあまり痛くないという印象の子もいるかもしれません。
でも実際の平手は痛いものですからね、ご用心を(笑)



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

敗北感

いつの日か、「痛い痛い、もう無理!」って何度も言い続けてきたキーさんを許してあげたら、帰り際に「今日は前に比べてあんま痛くなかった」みたいな捨て台詞を吐いて帰っていった子の記事を書いたのですが、その子のお話しです。

あれからはメチャクチャ厳しくお仕置きをして、「痛い、痛い、限界、無理」といってきても「どうせあとでケロッとするんだから」といって聞く耳を持たずビシバシと叩き、しかもお尻の皮膚が強すぎていくら叩いても血が出るまでにはならないという強者です^^;

あれからは容赦なく叩いているのですが、私の人生でこれだけ本気で叩いたことは無いくらいの滅多打ちです。
なかなかごめんなさいを言わず、仕上げは布団叩きでフルスイングで連打をしているとようやく「ごめんなさい」という言葉が出てお仕置き終了というような感じなのですが…。

今回は会社をサボってしまったことについてお仕置きをしました。
同僚にムカついてて、当てつけで仮病を使って休んだとのことだったのですが、そこは一人いなくなるだけで大変になる職場です。
本人いわく「でも1年半で1回だけだよ」といい、私は「一回でもサボりはダメ!しかもその理由が子供じみている」と叱り、お尻叩きを始めました。

いつもの要領でいろんな道具で叩き、いつものように「痛い、もう無理、限界、ほんと無理」と言ってくるのですが、私はそのまま叩き続けました。
ケインやしゃもじ、小型の警策を使用し、本人はかなりの痛がりようです。

そして布団叩き、ベルトと使い、もう限界のようにのたうち回っています。
しかし、私は「ごめんなさいがない」ということで容赦なく叩くのですが、本人は一回のサボりで謝りたくないようで、頑なにごめんなさいを言いません^^;

私も意地でもごめんなさいを言わそうとして、布団叩きやベルトをフルスイングでお尻を叩くのですが、「痛い!無理!」の言葉だけで、一向にごめんなさいを言いません・・・。

これ以上ないくらいのお仕置きをしていてもごめんなさいだけは言わず、私も意地になってお尻を叩き続けます、鞭に布団叩きにフルスイングで息が上がってきて・・・・、そのうち私も疲れてきてしまい、根負け・・・。
結局謝らせることができずにお仕置きを終了としました(汗)

ごめんなさいは本来心から言わなければ意味が無いのですが、言葉だけでも私は本人の口から言う事を大切にしています。
でも今回はお手上げ。
お仕置き人生で初黒星的な敗北感に苛まれました^^;

流血もないし、こんな超人的な人間っているんだなって驚きもあって、お仕置きの後は私の方が放心状態でした(笑)
でも本気で叩いてもこれじゃ、この子の右に出るものはいないでしょうね…。
帰る時はケロッとして帰っていきました^^;

ちなみにいっておきますが、こんなレベルのお仕置きはこの子だけです、特別なことなので普通の子には絶対にしません(笑)
ご安心を^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

想定外な要望!

何度か会っているキーさんのお話しです。

そのキーさんはとっても恥ずかしがり屋さんなのですが、もともとはお仕置き未経験者であり、そもそもそのお仕置き欲を何とかしたいという気持ちが強くてサイトを通じて依頼があったんですね。
何でこんなことに自分の人生が振り回されているんだろうと悩んでいて、どうしてもお仕置き欲を無くしたかったようです。

初めて会った時には「やっぱりお仕置き無しで」といってお仕置きを受けないで帰っちゃったんです。
でもそれではお仕置き欲が落ち着くことはありませんよね。

次に会った時には、服の上からという事だったので、多少強引にお尻ペンをしようとして膝に乗せたのですが、2,3回叩いただけで「もういい、やっぱりいい」と暴れだしてしまいました・・・^^;
結局その日もそれで終了。

2か月くらいしてまた依頼があるのですが、メールの時点ではお仕置き欲がかなりあるのに、実際に会うと緊張もあってか、お仕置きされたいという気持ちがなくなってしまうようで、結局お仕置きをしないで帰ってしまう。
そんなことが3回くらい続きました^^;

そしてある日、会ってお話をしていると「お願いがあるんだけど」といったっきり、私が何を聞こうとも恥ずかしがってなかなか声に出そうとしません…。
「そんなに恥ずかしいことなの?」ときくと「うん」と頷き、その繰り返しで5分くらい過ぎてしまいました^^;

私も恥ずかしいことって何だろうと、お仕置きに関連した恥ずかしいことを言ってみるのですが、何を言っても否定します・・・。
しばらくすると鞄をガサゴソしだし、何かを取り出しました。

「これしてほしい」
というので、それを見てみるとそれはなんと「アイマスク」(汗)
「え?これをしてお仕置きしてほしいの?」と聞くと
「違う、京介さんにしてもらいたいの」と・・・^^;

何やらお尻を見られるのが恥ずかしくて、私にアイマスクをさせてお仕置きをしてもらいたいらしいのです(汗)
ま、それはちょっとできないと拒否をしてその日もお仕置き無しで終わってしまいました。

するとその日のメールで
「アイマスクしてくれないのは分かったけど、その代わり京介さんのを見せてほしい」と・・・。
え?見せてほしいって何を?もしかしてアソコ?まさかな、、と思いつつ本人にメールしてみると、

「お尻を見せるのが恥ずかしいから、まずは京介さんのお尻を見せてください」と・・・・。
なんだその理屈は・・・、とびっくり仰天してしまいました^^;

もちろんそんな要望には応えられませんし、しっかりと拒否しましたけどね。
結局諦めて、後日会った時には部屋を暗くするという条件でやっとのことでお仕置きを経験することができました。

恥ずかしがり屋すぎるのも度を越えると厄介ですね^^;
私の場合はもうたくさんのお尻をみていますから、お尻を見て欲情することはありません(笑)
更にいうと、過去のSMをしていた時やプライベートも含めて裸自体は結構見ているので欲情なんてしません、そこはお医者さんと一緒だと思いますよ^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お日様

キーさんとの会話の一幕

その日は雨が降っていて、移動中だったんですね。
そしたらそのキーさんが無邪気な感じで「あっ、向こうに”お日様”が見えてるからこれから晴れるよ」
といったんですね^^

私はその「お日様」という単語に反応してしまい「ふーん、お日様ねぇ」と意味深な感じで返答すると
「何それ、からかってるの?」とむくれた感じで返してきました^^;

まぁ別にからかってはないんですけどね、そういう子供っぽい一面を女性に見ると、大人でも子供でも私は可愛いなって感じてしまって、それがちょっとからかっているような含み笑いとして出てしまうんでしょうね・・・。

するとその子は「お日様って別に普通に使うもん」というので、私も「そうだね、普通に使うよな^^」と大げさな表現でいうと、その子はむきになって「使うよ!」といってきたんです。
なので私は「そうだよな、普通に使うよ、ちょっとググってみて(Googleで検索をかけること)」というと、そのキーさんは嫌な予感を感じながらもググり始めました。

すると「ほら、太陽のことを言うって書いてある!」と勝ち誇った顔でいうので、私は「そりゃ、お日様は太陽のことなんだからそう書いてあるだろうけど、他には何か書いてない?」
というと、しばらくして「あっ、、、」と小さい声が

私が「何?」と聞くと「別に」と返答してきたのですが、私が「いいから読んでみなさい」というとその子は渋々読んでくれました。
すると「絵本や子ども向け音楽などの表現ではこちらが使われることもある」と気まずいながら読んでくれました(笑)

それでもお日様は普通だと頑なに譲らないキーさんに、「それじゃ上司にも使うのか?」と聞くと、それでも「そうだよ!」と譲りません。
まぁ本人もよくわかって居るんでしょうけど、そういう他愛もないやり取りがまたほのぼのしていものだなぁと思いブログに書いてみました^^


ちなみにその日は平昌オリンピックで女子フィギアスケートを中継していて、その後、部屋に入り、そのキーさんと一緒にチラッとテレビを見たんですね。
そしたらそのキーさんは専門家っぽい感じの口調で「ロシア人は日本人と違ってスラっとして背も高いし足も長いし、スタイルがいいから、やっぱり見た目が違うよね」
となんか格好良い感じで言ったんですね。

私も「そうだよなー、かっこいいし見た目違うよなー」と意味深にいうとそのキーさんは気づいたようで、またまたむくれてしまいました…。
そのキーさん、背が150センチくらいしかないのに、自分のこと身長のことなんて忘れて、必死にスタイルのことを熱弁する姿がまたほほえましくて(笑)

キーさんに限らず女性は無邪気さとか幼さとかいう部分はいつまでも残しておいてほしいなって私は思います。
それがまた子供のように感じ、お仕置きが似合っていると思ってしまう一面でもあるのかもしれませんね^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

追及を逃れたいがあまりに・・・

たまに来るキーさんのお話しで、これはキーさんあるあるでしょうが、今回は行き過ぎのような出来事がありました^^;

私が「今日は何か反省しなきゃいけないことはある?」
ときくと、決まって
「反省することないから今日はお話しだけ!」と答えてくるんですね。
何度も来ているキーさんはそんな感じになってしまう傾向はありますね^^;
といっても突っ込んでいくと何かしらは出てくるものですけど(笑)

それにこの子は会社の上司や先輩に対する言動がちょっと自分本位だったり、甘え上手なところもあるのかちょっと会議中でもふざけた態度をとっちゃうので、会社のことを突っ込んで聞くと必ずぼろが出てお仕置きになってしまう感じなんです。

それを学習してか、そのうち突っ込んでも途中まで話し、まずいなぁと思ったら話を誤魔化し「何もないよ」というように悪知恵を働かすようになってきたんですね。
それでも私の突っ込みに引っかかってボロが出たり、矛盾が出たりで結局はお仕置きになってしまう事が毎回続くんですけど(笑)

でもそれに懲りたのか、今度は何を聞いても「話したくない」「知らない」「わからない」と、私の追求を警戒して話そうとしません。
なので聞くだけではなく、具体的な話を持っていくと、今度は

「プライベートなことは話したくない!」 といってくる始末・・・。

ん???
プライベートなことは話したくないって、、、全てはプライベートな会話なんだから、もう会話が成り立たないってことですよね(笑)
追及を逃れたいからといってもそれをいっちゃあおしまいでしょう^^;

そんなふざけた態度をとっているので私は
「あ、そう、じゃあ話すことないね」
とそっけなくいって、そっぽを向いてしばらく黙っていると、、、
何も聞いてないのに自分からべらべら話し出してくるんです(笑)
話しすぎると結局自分からボロを出してしまい、結局お仕置きになってしまうというオチ付きです^^;

まぁこのキーさんだけではなく、これはキーさん的性格といってもいいかもしれませんね。
無邪気に話しているのに思わず口が滑り、叱られてしまう・・・・。
キーさんに限らずそういうところがとても可愛いと感じてしまうのは私だけでしょうか^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

サンタさんのプレゼント

ちょっと前のキーさんとのお話。

クリスマスは嫌な思い出しかないというキーさん・・・。
まぁそのキーさんは、母親からかなり突き放すような躾をされていて、それが原因で今でも母親との確執があり、そこを乗り越えようと頑張っている最中なんですけどね。

私から見ると母親はそのキーさんをよりよく育てようと必死で愛情もあったのでしょうが、その躾の仕方や、言葉の選択を間違っていたので、キーさんは愛情を感じず、意地悪だ、私のこと嫌いなんだと思い込んで大人になってしまったのでしょう。

ただ、このような躾であっても、どのような躾であったとしても間違いとは言えません、私がいう間違いと言うのは、その愛情が子供に伝わらないことです。
厳しくても優しくてもスパルタでも過保護でも、子供自身が親の真の愛情を感じて、良好な親子関係の構築とともに、自立した社会生活が送れてさえいれば、それが躾の正解なんだと私は思っています。

話を戻します…。
で、クリスマスは何で嫌なのかと私が聞いてみたんですね。
家でクリスマスはしてくれなかったのか、プレゼントはくれなかったのかと具体的に。
すると、クリスマスはしてくれたしプレゼントはくれたと返答してきました。

なんでそれで不安なの?と聞くと
豪華なプレゼントではあるものの自分の欲しいものとは違い、プレゼント自体が大きくて自分の狭い部屋にはおいても邪魔だけと。
しかもいつも口癖のように「お金がないない」という癖に、プレゼントは見栄を張ってか、高価なものを買ってくると・・・。
自分がほしいものをねだっても買ってくれない、欲しいクリスマスプレゼントは高価なものではなく安価なのに…。
クリスマスプレゼントは毎回そんな感じなので、そういう事をする親は意地悪だとも言い出す始末です^^;

まぁ訴えたい気持ちは分かりますけどね・・・。
でも、そのプレゼントは親としては、子供が喜ぶと思って用意したプレゼントで、そこには親が子供時代に欲しかったという気持ちが入り込んでいたのかもしれませんが、それでもサンタに扮してサプライズのプレゼントなんですよね。
だから私は、「そのプレゼントが嫌だとしても愛情は感じないとダメだったんだよ、子供の頃はそう感じていても今は感謝の気持ちを持てるようにならないと」と話をしました。

するとその言葉に反発するように
「欲しいものを買ってくれるのが普通だもん!それがサンタさんのプレゼントだもん!」と本気で訴えてきます^^;
私は
「プレゼントをもらう側が指定するのはそもそも間違っているんだよ、サンタさんだって本来はいい子にプレゼントを配るだけで、それぞれの欲しいものをあげているわけではないんだから」
といい、「プレゼントをくれたというその行為で感謝して喜べる人になれないと、幸せも感じられなくなるんだよ」とちょっと厳しめに話をしました。

すると、その前から少しシクシクと泣いていたのですが、今度は号泣しながら
「違うもん!欲しいものをくれるのがサンタさんだもん!!」と大きい声を出し、泣き出してしまいました・・・(汗)

私「・・・・。」

もう20代も後半になるのに、こんなことでも必死に泣きながら真剣に訴えるのを目の当たりにして、、、子供のように純粋だなぁ、可愛いもんだなぁと感じていましたけどね(笑)
子供じみた考え方は直さなければなりませんが、そういう心の部分をさらけ出して、私にぶつけてくれるというのは私としては嬉しいものなんですね。

その後、それではよしとせず、しっかりと感謝の気持ちは持つように、逆恨み的な考え方はしないようにとお説教をして納得はしたみたいですけどね…。
もちろん欲しいものはどうしても欲しいし、子供だから余計にそう思うのはわかりますが、その気持ちをごっちゃにして、せっかくのプレゼントを嫌悪して、プレゼントをくれた人を悪く思うというのは間違っていますから、そこはしっかりと切り離さないとですよね^^;

ま、今回の子供のような大泣きにはビックリしたのと、ちょうどクリスマスイブという事もあり、ちょっとブログに書いてみました。
些細な事でも感謝の気持ちが持てるようになりましょう、できない子はお仕置きになるかもしれませんからね^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

ピアスの穴開け

先日のお話。

何度もお会いしているキーさんが何の前触れもなく、いきなり「ピアス開けてほしい」と私に言ってきたんですね^^;
メールで事前に行ってくれればと思ったのですが、彼女いわく、私なら断らないで開けてくれると思ったらしいんです(笑)
もちろん二つ返事で承諾し、断りませんでしたけどね・・・。

話を聞いてみると、その子には彼氏がいて、彼氏にピアスの話をするといい感じで賛成してくれたそうなんですが、いざ開けてくれと頼むと「それはできないなぁ」と躊躇してしまったとのこと。
自分でもピアスの穴を開ける勇気が無かったそうで、私との雑談中、いきなりピアスの穴開けの件を切り出してきたのです^^;

まぁ私はピアスで穴を開けるくらいのことで動じることはありませんからね^^;
むしろ頼まれれば喜んで開けてあげます^^

ピアスの穴開けには基本的にニードルかピアッサーを使うのですが、その子はすでにピアッサーを購入して持参してきていました。

私の持参していたウエットティッシュにはアルコール成分が入っていたのでちょうどよく、耳たぶをアルコール消毒してから、ペンでマーキングをして、ピアッサーを耳たぶに当てて、「いくよー」というと女の子は「ちょっと待って…」と躊躇し始めます…。

「大丈夫、3,2,1、って数えてからやるから」
と言っている最中の「3,2,1」が本番だったと思ったらしく、目を思いっきりつぶっていました(笑)

そして本番
「3,2,1、カシャ!」っと片方の耳を開け、もう一方の耳も同じ要領で開け、穴あけ自体はほんの1,2分で終了しました。

痛みは多少あったもののそこまででもなく、しかも一瞬のことなので痛いというよりも挟んだ感じがしたようです。
そしてお仕置きの方が断然に痛いとのことでした^^;

なので、ピアスの痛みを恐れている人は大丈夫です、お仕置きでそれ以上の痛みを感じているわけですからね(笑)
ピアスを開けたいけどどうしよと迷っている人は私が開けてあげますよ、耳たぶ限定ですけどね^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

雨女の存在

私のところにちょくちょく来るキーさんなのですが、その子は私と会う日の9割以上が雨という高確率の雨女さんです。
1か月、2か月の話ではありません、ここ1年半以上、毎月のように会っている中での統計ですから^^;

このキーさんはキーさん友達が2,3人おり、いずれも私のところにきているキーさんなんですが、たまに遊ぶそうなんですね。
以前ディズニーランドに行ったときも雨…。
しかも夏に晴れ予報だったのがゲリラ豪雨で凍えるような寒さになったそうです。

その他にもそのキーさんと食事や遊びに行くたびに雨だそう・・・。
自ら先に冗談っぽく「私いつも雨なんだよ」と雨女であることを伝えてるらしいのですけど、相手のキーさんは笑いながらその場をやり過ごすそう。
そして会った時には実際雨で「本当のそんな人いるんだぁ」とびっくりされるそうです。

カフェに行っても晴れていたのにカフェを出た途端に雨とか(笑)
とにかく雨予報ならともかく、晴れ予報でも雨が降るなんてことも普通にあるからびっくりです^^;
田舎に帰っても雨、東京に戻ってきても雨なんて話は驚きもしなくなりました(笑)

今回11月の初めに私はブログで「11月30日は雨」と真面目に予言をしようと思ったくらいです^^;
それはその日にキーさん友達とディズニーシーに行く予定だと聞いたからです。

まぁいいやとほったらかしていたらやはり雨^^;
しかもここ最近ずっと晴れの中のピンポイントの雨ですからね。
更に今年一番の寒さで、札幌に至っては105年ぶりの11月の連続真冬日更新という異常気象・・・。
まぁ地方は関係ないですけど^^;

つい先日来た時に「また雨だったな」ってことをそのキーさんに話したら、「奇跡的にディズニーシーは雨降らなかった!」と大喜び…。
夢の国だからか(笑)

「でも各地では雨で寒くて大変だったよ」と現実の世界を教えてあげました…。
雨女って本当にいるんだなって、私の他に2人のキーさん友達も初めて実感したそうです。
偶然とは思えない、むしろ必然的な、嘘のような本当のお話しでした^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お説教の敗北^^;

あるキーさんとのやり取りで、お仕置きのつもりでお説教していたのですが、キーさんの反論でおとがめなしになってしまったというレアなケースがありました・・・。
その内容というのが特殊な内容なのでブログに書くかどうかは迷ったんですが、悔しい出来事でもあるのでお話しします^^;

実はそのキーさん、会社のトイレでたま~に一人〇ッチをしてしまうらしく、その話を聞いてからは雑談時に「あれからどう?」みたいな話をするようになったんですね^^;
まぁ昼休みを利用してとのことなので、お仕置きというわけにもいかず、そして私はそういう行為は容認派なのでおとがめなしとしていたんです。

そんなある日の雑談時、女の子が「この間は昼休みではなく、仕事中にしちゃった」と言ってきました^^:
事務の仕事をしているのですが、それを抜け出してトイレでしてしまったとのことでした。

当然これはお仕置きですよね、給料が発生している時間帯にそういう行為をするなんて許されるはずはありません。
私は「上司に許可を取って一人〇ッチをするなら構わないけど、許可を取っていないのであれば許されるわけない」
と言ったのですが、女の子は当然「そんなこと言えるはずがない!」と反論。

私は「とにかく、仕事中に遊んでいるのと同じなんだし、ムラムラしたからといって仕事をサボるのは社員としての職務を全うしていないし、それをしながら給料をもらうなんてあり得ない話、厳しくお仕置きをするよ!」といい、膝の上に乗せようとしました。

ところがその瞬間に女の子が一言。
「でもタバコ吸っている人もいるよ」と・・・。
そこからの会話です。

私   「タバコ吸っている?それは休憩時間の話でしょ」
女の子「違うよ、仕事中にだよ」
私   「それは許可を取って吸っているんじゃないの?」
女の子「違うよ、好きな時に自由にタバコ吸っているよ、だから私もいいじゃん!」
私   「じゃあ、トイレで一人でする行為はたばこの一服と同じって事?」と言ったとたん、急に元気になり
女の子「そうだよ、タバコ吸わないんだからいいじゃん!」
私   「じゃあ何、それをしてリフレッシュして仕事に取り組めるって事?」
女の子「そうそう、そういうこと!」
私   「・・・・。」

タバコの一服と同じ、そして会社としてもそれはリフレッシュの一環として認めている・・・・。
「んーーーーー」と女の子を膝に乗せたまましばらく考慮・・・。
で、結論としてこう答えました。
「わかった、タバコと同じ意味合いということでお仕置きは無しでいいや」
と、口論に負け、屈辱的な敗北となってしまいました^^;

いつもは誰にどんなに返されても、私がお仕置きと決めたら、結局はとどめの一言でお仕置きとなるのですが、今回初めて私が撃沈となってしまい、何やらやっつけられた感でモヤモヤとしてしまう一幕でした。

この件に関してはお仕置きする理由がなくなってしまったわけです、、、
品格がないといえばそうですし、マナーとか常識とかを考えてもいかがなものかとも思うのですが、人前ではない部分までそれを押し付けるのもどうかなと、考えてしまい…。

苦渋の決断でした^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

雑談での出来事

お仕置きが終わり、キーさんと雑談していたときのお話しです。

急にその子が「最近あそこがかゆくて」と言い出し、そこからの会話です。

私   「あそこって、中がかゆいの?」
女の子「そう、中がかゆくて」
私   「かんじた?」
女の子「違う、かゆいの」
私   「だから、かんじたなの?」
女の子「違うよ、かゆいだけだって!」
私   「は?カンジタって理解してるの?」
女の子「だからかゆいだけで感じてないって!」
私   「カンジタってカンジタ菌のことだぞ!(苦笑)」
女の子「感じた?って聞くから感じているのか聞いているのかと・・・(赤面)」

最初から話がかみ合わないと思ったら、そんなこと考えていたんですね・・・。
私も全く気付かなかったのですが、そうですよね、確かに「感じた」ですね(笑)

調べてみると「カンジタ」とも「カンジダ」ともいうようですね、正式名称はカンジダみたいですが、発音しにくいのかなんなのかよくわかりませんが、カンジタという呼び方の方が一般的となっているようです^^;

その女の子はその後、私の勧めで婦人科に行って、検査し、現在結果待ち。
医者からは「おそらくカンジタでしょう」と言われたそうです。
まさか医者から「おそらく感じたでしょう」と言われたと思ってないでしょうね、その子なら有り得ます^^;
お大事に^^


※膣カンジタ(膣カンジダ)
カンジダ菌(真菌:カビの一種)が膣内に繁殖して炎症を起こす病気です。
この菌は健康な人でも皮膚や口、性器に寄生しているのですが、からだの抵抗力が落ちた時や、膣の自浄作用が低下した時、抗生物質の長期服用、妊娠や糖尿病などがきっかけとなって増殖し、炎症を起こしてしまいます。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

反則技?

ついこの間のお仕置きのお話です。。。

いつものように雑談し、いつものように反省しなければならないことについてお説教し、そしていつものようにお仕置きとなりました。
女の子を膝の上にうつ伏せで乗せ、いざお仕置き。
スカートをめくると、叩こうとする手が止まってしまいました…。

そこには可愛い可愛いマイメロちゃんの顔がお尻いっぱいにあったのです^^;
しかも耳付きで耳だけがブラ~ンと垂れ下がっています(笑)
さすがに何も悪いことをしていないマイメロちゃんを叩くことはできません・・・。

緊張感の中、叩くのを躊躇し、思わず苦笑いをしてしまった私は、その女の子とマイメロのパンツに敗北してしまったようで複雑な気持ちになってしまいました^^;

ま、結局は下着の上からは叩かず、お尻を丸出しにしてお尻を叩いただけだったんですけどね、さすがの私もあのマイメロに見つめられて叩く気力が一瞬失せてしまったのが何か自分に人間らしさを感じてしまいました(汗)

故意かそうでないのか、こういう気持ちにさせるのは反則技ではないでしょうか(笑)




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

体調管理

最近体調管理ができていないキーさんがチラホラいますね^^;
まぁ季節の変わり目でもあり、なにより寒いので風邪ひきは多いのですけど、だからといって、風邪をひくのは周りに迷惑をかけてしまいます。

仕事を休めば仕事への影響もあります、友達との約束を破ることにもつながります。
無理して仕事や約束を遂行すれば、風邪をうつしてしまったり、余計気を使わせてしまったりでやはり良いとは言えませんよね。
私のところへお仕置きをくる子も、前もって日にちと時間を決めてあり、風邪ひきとなるとそれはドタキャンになってしまいます。

私もお仕置きの予定に合わせて仕事やプライベートの都合をつけているので、段取りが狂うと他で断った人に対して申し訳なく、できればそのようなことは避けてもらいたいのですが、風邪であればしょうがないですよね^^;

しょうがないことなんですが、その前に”体調管理”ということは大切なことです。
社会人なのですから、寒い時期や季節の変わり目に風邪をひくというのは経験値としてわかっているはずなのに、安易に薄着のままでいたり、疲れているのに飲みに行ったり、寒いのにいつまでも外をブラブラしていたりと何かしら原因はあるものです。
とくに疲れやストレスが溜まっているときは免疫力も下がっており、その時こそ体調に気を使わなければならないので、そこの意識は社会人である以上、しっかりともっていなければなりません。

最近そんなキーさんたちが何人かいて、ドタキャンの子、ドタキャン寸前で何とか回復した子などいて、そんな中でつい数日前に私のところにきたキーさんがいました。

来てからはたびたび咳をし、鼻をかみ、明らかに体調が変だったため、私が「風邪?」と聞くと、本人は「花粉症」といってきます。
花粉症で咳をするのは私は見たことも聞いたこともなかったのですが、まぁそのままスルーして話をはじめたのですが、その症状は改善せず、私は何度も「それ花粉症じゃないんじゃないの?」と聞くも、本人は花粉症と言い切ります。

おでこに触れようとすると避けるし、まぁ私は風邪だなとは思ったのですが、ちょっとした拍子に体の一部に触れることがあって、そしたら結構熱を持っていたので、強制的に熱を計りました。
すると「38度」
今回はお仕置きは持ち越しということにして、布団に寝かして話をしていたのですが、帰る間際にもう一度計ってみると今度は39,2度^^;

時間まで寝かせてあげてから帰ってもらったのですが、その後のメールで「夜に計ったら40度超えてましたと」^^;
それはインフルエンザかもしれないから明日病院に行くようにメールをし、その後の連絡もするようにも言っておきました。

次の日の昼頃、その子からメールが来て、「インフルエンザでした」とのこと・・・。
去年に引き続きインフルエンザの子が私のところにきたことになるのですが、私は大丈夫だったようです。
近距離で話をしていたのですが、すでに5日経過したのでもう大丈夫でしょう^^不死身伝説継続中です(笑)

しかしこの子は次回来たらお仕置きですね^^;
今回見送ったお仕置きと合わせて厳しめにしようと考えています。
インフルエンザはある程度仕方ないとしても、花粉症と噓をついたことは悪いことですからね。
みなさんも体調管理には気を付けてくださいね^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

今の季節は?

少し前の記事でかいたキーさん語録?の続編です。
前の記事はこちら

前回2月11日の祝日を「建国記念の日」ではなく「けんこうの日」と自信をもって答えたキーさんですがまたまた面白いことをしてくれました。
ちょうど2月28日にそのキーさんは私のところに来たのですが、私がカレンダーを見て「明日から”春”だな」と言ったんですね。
そしたら「え?春?」
と意外そうにいうんです^^;
まぁ体感的には冬だし気持ちはよくわかるんですけどね^^

おそらく季節が1か月ずつずれているのかな、どうなのかなと興味がわき、私が「じゃあ今の季節は何?」と聞くと
「冬じゃないの?」と・・・・^^;

その子の頭の中の全体像を把握するためにさらに質問を続けてみました。^^

それじゃ春は?と聞くと「4月、5月」
夏は?と聞くと「6月、7月」
秋は?と聞くと「8月、9月、10月」
冬は?と聞くと「11月、12月、1月、2月、3月、、、あれ?多いな」と(笑)
「え?え?なんだろ?、、、春夏秋冬で12か月だからもしかして3か月ずつ?」と^^;
ん~~、1か月ずれているレベルではありませんでした(笑)

「じゃあもう一度」と
夏は?と聞くと「5月、6月、7月」
秋は?と聞くと「8月、9月、10月」
冬は?と聞くと「11月、12月、1月」

この時点でおかしいですよね(笑)

それじゃ春は?と聞くと「2月、3月、4月、、、あれ?変だな」って感じでした(笑)

季節が分からないどころではなく、季節を感覚で捉えているみたいですね^^;
これで大学生です、、、、大学名は言えませんが、恐るべしです、季節くらいは習わなくなったとしても覚えておきましょう。
ちなみに日本では3月から春の始まりです。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

今日は何の日?

今日は2月11日で祝日です。

で、今日は何の祝日なのか会話の途中にキーさんに聞いてみました。
そのキーさんは即答で「健康の日」だっけ?
と回答(笑)

「け、けんこうのひ?」と私は戸惑い、、、「なにそれそんな祝日あったっけ?」
と聞くと「んーー、なかったっけ?」と軽い返事(汗)
私が「それって憲法記念日のこと?」と聞くと「ああ、それだそれそれ!」とあくまで勘違いという感じで取り繕ってました^^;
でも、今日は憲法記念日ではないんですけどね(笑)

このままではしょうがないので、その子に今日は”建国記念の日”ということを教えてあげました。
確かに”けんこうのひ”と”けんこくのひ”では一文字違いですけどね、でもその子はれっきとした”大学生”。

おまけのお話しですが、その子とインド料理のお話をしていた時、「タンドリーチキンって何の肉?」と真剣な顔つきで聞いてきたんですね。
私が「たんどりー”チキン”」とチキンを強調して言ってみると、「あ、鶏肉か」と顔を赤らめて納得していました^^;

日本の大学もこれでは危機かもしれませんね^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

知識不足・・・・

お仕置きする側としては道徳的な事やマナー的な事を認識していることはもちろんですが、やはりそれ以上に法律的な知識も必要だと私は思っているんです。

何が良くて、何がダメで、何がグレーか、
刑法、民法、道路交通法のレベルであればある程度把握しているしかなり自信もあったんですけどね。

つい先日、あるキーさんが、運転中にスマホを見ていただけで警察に捕まって切符を切られたという話になったんです。
私も、運転中に通話をしていたら違反ということは知っていたのですが、スマホを見るだけでも違反だとはしらなくて・・・。
で、それはおかしいな、なにそれ?みたいな話になったんです。

ところが調べてみると、新しい法律で、携帯電話を手に持って見ているだけで違反となることが判明(汗)
それだけにとどまらず、携帯電話ではなく、画像や映像が表示されるような端末、例えばパソコン、デジカメ、DS等を手に持ってみているだけで違反だそうです…。
それは「画像表示装置」と分類され、手に持って見ていたら交通違反で、車に備え付けのものを見ているのは違反ではありません。

補足ですが、手に持っているだけなら法律違反ではありません、それを注視した場合が法律違反です。
また、画像表示装置ではない、本や新聞、チラシなどであれば注視していても違反ではありません、これは倫理的にはダメですけどね、ここまで法律違反にしてしまうと収拾がつかなくなるから載せていないだけでしょう。
良い子の皆さんはセーフだからといって注視しないようにしてください^^、

新しい法律が出てくるのはいいのですが、本気で知らないと怖いものですね^^;
もし私が携帯やデジカメ等を見ていて違反切符を切られたら確実に文句を言っていたでしょう、、、、それを想像すると、とても恥ずかしい^^:
寝耳に水だったので勉強になりました、みなさんも運転中は気をつけましょうね^^

ちなみに赤信号で止まっているときは見ていてもオーケーだそうです^^
とにかく、危険な行為で事故が多発しているからこそ法律ができるんですからね、自分を守るためでもありますが、他人を守るためでもあるこの法律、しっかりと守っていきましょうね^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き中に

つい先日のお仕置きのお話しです。

お仕置きの理由は遅刻。
前回遅刻の件でお仕置きをしており、改善策を考え、遅刻をしないことを約束をしたはずだったのですが、それをしっかりと守れなかったということでした。

いつものように正座をさせ、お説教をしました。
今回は遅刻に加え、一度お仕置きを受けている事、そして約束をしたことを破ってしまったということで厳しめにお説教をしたんですね。

お説教を終えてお仕置きです。
いつもは私が誘導して膝の上に乗せ、服の上から平手で叩いていくのですが、今回は少し懲らしめようと、自分で下着を下ろさせて、ソファーに”くの字”の姿勢をとらせ、自分でスカートをまくり上げてお尻を出しなさいと指示をしたんです。

当然恥ずかしがるし嫌がりますよね^^;
しかしその前に厳しいお説教があり、その場の空気は反抗できない雰囲気、それに加えて威圧的に姿勢をとるように促していたので、もう精神的には強制力がかかっていたのでしょう、時間はかかりましたが戸惑いながらもその姿勢をとったんです。

私は厳しい表情をして生尻を平手で叩き始めました。
最初の叩き始めが一番緊張感があるし、お説教の直後ということもあって、張り詰めた空気感が漂っていたんですね。
10発くらい叩いていると、女の子の携帯が鳴ったんです。
こんなタイミングで?とお互いに思ったし気まずかったでしょう・・・。

実はこのお仕置きの日の前日に急な仕事が入ってしまい、もしかしたら電話がかかってきてしまうかもということは聞いていたんです、まぁ電話対応で済むような仕事だったようです。
しかしそのギャップがまた・・・。

今の今まであの緊張感の中、お尻丸出しでペンペンされていたのに、すっと立ち上がって専門的な話をして、仕事のできる女性みたいな口調でお客さんと交渉しているんです^^;
スカートは下りているけどノーパンで・・・。
その姿を見て思わず声を出して吹き出してしまいました(笑)

電話が終わり場所をベッドに移動して今度は膝の上でお尻ペンをしていました。
そうするとまた電話が…。(笑)

女の子が仕事の電話をしているので、私はベッドをおり自分のスマホを確認していたのですが、ふと女の子を見るとお尻ペンのうつぶせの姿勢でお尻丸出しなのに、またまた仕事のできる女性のような口調で格好良く上司と電話しているんです(笑)
それを見ていたら女の子と目があって、私がニヤけていると何事もなかったようにスカートを下ろして座って話していました…。

その後またお仕置きを再開、膝の上に乗せて叩いていると・・・、またまた電話が^^;
私が携帯を取ってあげ、、女の子は私の膝から降りて電話で話していたのですが、私は腰をつかんで膝の上に戻したんです^^
叩かれると思ったのか、女の子は思わず電話越しに「え?」と声を漏らしていました(笑)

まぁその反応が見たくていたずら心で膝の上に乗せてみたのですが、あの時のびっくりした顔は印象的でした(笑)
ある意味これも罰になったのではないでしょうか(汗)

電話の向こうのお客さんや会社の人は、まさかお尻丸出しでペンペンされているとは知らず、そして本人もそういうそぶりを見せずにそのままの格好で電話している、そんなことが日常にもあるんだなと改めて実感した一日でした^^
キーさんたちの仕事の顔や友達の前での顔って私は見ることができないのでとっても貴重な時間でした、それってうれしいものなんですよ^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

キングオブキーさん

先日キーさんの交流会(学生部門)を開催してみたんですけど、キーさんといえどいろんな人がいるものですね^^
しっかりした人もいればおっちょこちょいの人もいたり、毒を吐く人や癒しオーラのある人、一見クールに見えたり、甘えん坊さんだったりと様々いました。
一人一人は真面目で大人しく人見知り的な感じなのですが、それが集まるとまた違う人物の集まりというような雰囲気になるものです^^

そんな交流会の中で興味深いことがありました。
私は参加しませんでしたが、お手伝いの人も含めて8人で”ババ抜き”をした時のお話です。
8人の”ババ抜き”って私も初めて目にして、最初と最後がどういうことになるのかと興味を持ってみていました。

すると、ババ抜きが始まってすぐに一人のキーさんの手持ちカードが1枚に。
やったー!と叫び、満面の笑みで、もう上がりますよってみんなにアピールしていたんですね。

ところが初めに上がったのは違う人物、そして次から次へと先に上がられ、みんなの期待はこのキーさんの負けでした^^;
負けろ!とは誰も言いませんでしたが、その空気で負けろ!と念じているように私は感じました(笑)
とうとう残り三人になり、みんなはそんな奇跡はまさか起こるまいとは思っていたのですが、なんと最後の二人になってしまい大盛り上がり。

二人で3,4回カードを取り合い、そしてとうとう最初に一枚になったキーさんが負けてしまいました(笑)
ものすごい引きの弱さに大盛り上がりで、集まった中での一番の”キーさん認定”をされてしまいました。
当然の罰ゲームはお尻叩き
というのは決めてなかったので、お尻ペンの罰を最初に決めておけばと後悔してしまいました…。

小説に出てくるようなキーさんでしたが、このキーさんはこんなことでは終わりません^^;
最後の片づけを4人にしてもらうことに決め、その選出方法はトランプ。
52枚のカードから7人がそれぞれ引き、数字の低い人に片づけをしてもらうことにしたのですが、、、。
1から13までの52枚のトランプがある中で、そのキーさんの引いた数字は「1」^^;
一同大爆笑で幕を閉じました。

キーさんの中においてもキーさん的な宿命を背負っているキング(クイーン)は存在していると勉強になった交流会でした^^


交流会の感想はサイトにアップしてあります、興味のある方はご覧ください^^

当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

キーさん交流会の報告

サイト「お仕置きの部屋」では先日行われた「キーさん交流会学生部門」の感想をアップしました。
私のサイトを通じては初めて行われた交流会でしたが、その雰囲気を見てみたい方はぜひお越しください^^

今回は学生さん7名が集まりました。
次回は社会人部門を企画中です^^


PC版 http://oshioki.biz/ibento/kouryu1.html
スマホ版 http://oshioki.biz/sp/ibento.html
モバイル版 http://oshioki.biz/i/ibento.html

キーさん達の交流会

先日私のところにきているキーさんを集め、初めての交流会を催しました。

私は以前ブログにも書いていましたが、オフ会というものがあまり好きではないのと、キーさんたちの集まりによって悪い方向に行くことを懸念してそういう会は避けていた部分もあったのですが、一人のキーさんの情熱に負け、今回試しに開催してみることにしました^^;
まぁオフ会は嫌いなのと、実際はオンラインでつながっているわけではなく、私のところに来るキーさんの集いなので、オフ会ではなく、交流会と名付けて開催しました^^;

人数が多過ぎるのも考えものなので、今回は学生部門として開催をして7名の参加者達が集まりました。
後日サイトの方には彼女たちの感想をアップしたいと考えています。

この交流会も盛り上がりはしましたが、浮かれすぎたキーさんたちはその後暴走気味に…。
後日個別にお仕置きをすることになるでしょう。

今回のことを踏まえて社会人部門の交流会も検討したいと考えています^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

おこちゃまなキーさん達

キーさんって色々な人がいますが、基本的にお仕置き中のどこかの部分で子供に返りたいって思っている人が大半を占めているものなんですね。
そういう思いは関係ないように見えてもキーさんの見た目は年相応よりも若い人もいて、そして人によってはもっと幼く見えてしまう人もいるんですね。
精神的に子供に返る妄想が多いからそうなるのかどうなのか・・・。;

これまでびっくりしたのは30歳超えているにもかかわらず高校生に見えてしまう強者^^;
20代半ば過ぎなのにどうみても高校生にしか見えない人が数人、その中には中学生に間違われる人、そして未成年と間違えられて補導されてしまう人など、顔をみてもなるほどと思う人がたまにいるんです。

ある日のお仕置きの待ち合わせ時、10代後半の子なのですが、途中の乗り換えの駅で待ち合わせの駅までの切符を窓口で購入したのですが、その料金が子供料金(笑)
つまり小学生と間違えられたそうで、それを待ち合わせの時に聞いてびっくり!

よくよくみると中学生くらいかなという感じだったのですが、まぁ小学生と間違えることもあり得るかなぁという感じでした。
窓口のアクリル板を通しての清算だったことと、手がちっちゃすぎてそれをみると小学生そのもの^^;
まぁそれで勘違いしたんじゃないか?とその子と話をしていました^^

お仕置き後のメールでもそのことを突っ込んでいじっていたのですが、その数日後、、、、。
実は後になって料金を調べてみたところ大人料金だったそうです…・。
おいおい・・・^^;

そのことをブログにあげて晒してやる(笑)と思って下書きまでしていたのに直前にこれですか?って感じでした^^;
でもせっかく書いたからブログにあげちゃえってことでアップしちゃいましたけど。。。(笑)

その子が20代後半になってどのような雰囲気になるかは不明ですが、キーさんの中には見た目が若い子や雰囲気やしぐさが幼くて見た目は年相応でもなぜかおこちゃまっぽく見えてしまう子がいますよね。
そういう子をお仕置きしているとついつい可愛いなぁと感じてしまいますし、それこそ親から子供へのお仕置きという感じです。

そんな子を無理やりペンペンして罰を与えるのはかわいそうだな・・・・・。なんて思っていたら叩けませんよね(笑)
そういう子だからこそ叩きたくなってしまうんです、、、、あ、カーさんとしては失格ですね、そこはSでしかありません(汗)
建前は、悪いことをした罰として、泣く泣く叩いているんですからね、口が滑っちゃいましたが誤解のないように(笑)
次回来た時に今回の勘違いの件についてお仕置きをするかしないかはただいま検討中です^^;

それとキーさんが若い子ばかりというのは気持ちが若いとか精神面が幼いからという面が大きいと感じます。
まぁ年相応の人がほとんどですから若く見られないからといって気にしないようにしてください。
年相応で十分ですからね^^

売り飛ばされる覚悟のお仕置き!? 続き

続きです。

待ち合わせをしたのですが、最初に服装や特徴を聞いてみると「帽子をかぶってます」のみ・・・。
これは相当警戒しているな、大丈夫かな?と思いつつ待ち合わせ場所へ。
電車は到着しているはずなのにそれらしい姿の子がいませんでした^^;

冷やかしかなって思っていたらこっちに向かってくる子がいて、その手には帽子が。
あれ、さっきはいなかったはずの子がいるし、帽子を手にしているけどこの子じゃないだろうなと思いながらも私も近づいて行って○○さん?と恐る恐る声をかけるとその子でした。

何やら最初は私を見かけてとっさに隠れたとのこと、しかも帽子を手に持っていては目印が全くないのも同然ですから見当たるはずがありませんよね^^;

移動中、緊張の顔というよりも恐怖の顔でしたね、歩くのも5M後ろを歩いているしかなりの警戒^^;
はたからみたら私がナイフか何かで脅して連れ去っているような感じだったのではないでしょうか(苦笑)

そしてその子が一言。
「本当に何もしませんよね?」
私は「大丈夫、本当にサイトやブログの通りだから」といったのですが、当然聞く耳を持っていなかったでしょう(笑)
部屋に入ってからもキョロキョロとずっと中を物色していて、どこか逃げ道でも探していたのでしょうか?
私はずっとその子の恐怖心を取り除くためにいろいろとお話をしていた感じでしたね、、、。
そしてお説教をしていざお仕置きに入ると、完全拒否・・・^^;

ここにきて必死の抵抗とはどういうことかと冷静に考えつつ(完全拒否なのかお仕置きありきの拒否なのか)、ただ、この子の場合は強引に押さえつけてのお仕置きはきっとパニックを起こし、恐怖心から必死に泣き叫ぶのではないかと想定をしつつ、それでも遠方からきてお仕置き無しとはいきません。
本気の抵抗なのかどうかを探るために、その子の手を取って膝に乗せようとしますが、力で抵抗されそれもできず、それならばと説得しながら60%くらいの力でなんとか膝の上に乗ってくれました。

メールでのやり取りでは普通のお仕置きということだったので、厳しくはできないし、特にこういう子は要注意なので手加減はしっかりとしないとなという思いでお尻叩きに入りました^^;
叩きだすともう痛がり、もう嫌だと言い出す始末です^^;
しばらく叩いた後に場所を移動するもその最中も拒否る拒否る…。
何とか立たせて道具を出すと拒否ったのですが、軽く体験だけだからと説得させてケインと布団叩きで軽く3発づつ。

その後平手でのお尻ペンをし、最後に平手50回を宣言するもこれも必死の抵抗。
ここはこれまでの態度も見過ごせないということもあり、私自身譲れなかったので最後は押さえつけて力を込めて叩きました^^
まぁこれで私自身スッキリとはしたんですけどね・・・・、でもまだその後がまだあるんです・・・・。

お仕置きが終わったので頭を撫でていると、その子はなんと私の手を振り払ってきたのです・・・・。
こんなことこれまでなかった反応で私は戸惑い、本気で逃げたかったんだな、今もすごく怒っているんだなって解釈をしました。
気まずい雰囲気を打破するため、そして相手の機嫌を探るためにも離れた状態でありましたが会話をしてみました。
すると何故だかこれまでと違って明るい感じで話してきたんですね。
おやっと思ったのですが、やっと恐怖心をなくし、信用してくれたのかぁという感じで私もホッとしました。

そしたらいきなり
「全然痛くなかった」
とケロッとした顔で私に言ってきました^^;
えっ!?と状況がつかめず、私が
「それは普通のお仕置きということだったから軽めにしたからだよ」
というと
「もっと無理やり押さえつけられて容赦なく叩かれるのを想像していたからなんかイメージと違った」と^^;

こっちは気を使って恐怖心を和らげようと必死だったし、その時にも必死に相手の機嫌を探ろうと必死だったのに、、、、えーーっ!って感じです(笑)
キーさんにはそういうことでさんざんやられているので、お仕置き開始時の拒否には全く応じない私でしたが、今回ばかりは本気度を感じすぎてそれに応じてしまいましたからね。
でもその一言から私の方がスッキリ感が一瞬でなくなり、今回のお仕置きにモヤモヤが心に残ってしまいました^^;

時間がないので追加のお仕置きもできず、その子には「今度来たら容赦しないよ!」といっておきました。
その時には「また来るね」って明るく返事をしていたのでこれまでの恐怖心や不信感は取れていたのでしょうが、こちらは全くです(笑)
その後のメールでその話をした時に「本当に押さえつけられて叩かれていたらもしかして大声出していたかも」と言ってきて、またまた「えーーっ!」って感じでしたが本当に押さえつけなくてよかったかもです^^;

でも薬漬けにされるかもしれないという恐怖心があってもお仕置きを受けに来るというのは、それだけお仕置きに魅力を感じてしまったキーさんの一時的なパワーでしょうね、凄いです・・・。

薬漬けにされるかもしれないと思っても来たキーさんがいるんだよっていう話を、最近お仕置きを受けに来た、その子と同じ年くらいの若いキーさんにメールのやり取りの最中の雑談として話をしたらこんな返信が来ました…。

「一応、万が一どこかに捨てられたり売り飛ばされてしまったときの事を考えて、両親宛ての遺書のようなものを書いて部屋に隠してから家を出ました(^^;)結局そんなものは必要なかったのでよかったですが(笑)」

この子もですか・・・・^^;

極めつけは昨日のブログを読んだキーさんからのコメントです。
「まぁ、不安ですよね。私もいろいろ考えました。世の中、覚醒剤やら殺人やら、いろんな事件が数多くありますからね。でも、京介さんの書く文章に惹かれて、どうしても会ってみたくなりました。自分がそう決めたから、殺されてもしょうがない、とまで思ってました(笑)ま、それくらい覚悟して行きましたね。」

だそうです(苦笑)

このようなことを考えると、やはり一人の真面目な女性が知らない人に会いに来るというのは相当の覚悟がいる行為なんだなって感じるし、それでも私のところに来たいと思ってくれるキーさんは私は大切にしたいなって改めて思いました^^

大切にするといってもお仕置きに影響することはありませんから勘違いはいけませんよ(笑)
とにかく、薬漬けにして売り飛ばすなんてことは、ぜーーーーったいにありませんからね、ブログやサイトはそのままです、安心してください。

って書いてもやっぱり不安は残るのでしょうかね、悲しい限りです(T_T)



当サイトへは下記よりお入りください。

PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

売り飛ばされる覚悟のお仕置き!?

つい先日のお話です。

私はサイトのほうではお仕置きの依頼を受け付けていて、依頼者とはメールのやり取りでいろいろなことを話し、実際に会う日にちと時間を決めているんですね。
そのメールのやり取りの中でのメール内容です。

「確認なんですが、性的要素は一切なくて愛があるディシプリン型なんですよね?、そう言って実はビデオで撮ったり来た子を薬漬けにしたりしてないんですか?」

なんて、直球な・・・^^;
もちろん返答は

「はい、ブログやサイトの感想を見ていただければわかると思いますけど、そんなことは一切しません、健全なお仕置きですよ^^」

と書きましたが、そのまた返信です。

「ブログもサイトもだいたい読みました。でも文面ではなんとでも書けますし、体験談だって京介さん自身が書いたりできます。それになんで女性限定でなんですか?」

と、もう何を言っても通用しない・・・、この子はこんなに疑っているのになんでお仕置きを依頼しようと思っているんだろうかと不思議に感じていました^^;
私の返答は

「そうですね、そこまで思われてしまってはしょうがありませんが、私が改ざんしたことはありませんとしか言えません、それと男性は膝の上に乗せて生尻を叩くことはしたくないからです、そこは私の好みとなります」

そしてそれに対しての極めつけの返答は・・・

「分かりました。信じます。でももしブログに書いてないことをしたりしたらブログはもちろん荒らしますし探し出して警察に突き出しますけど大丈夫ですよね?」

さすがに参りました^^;
逆にこっちが怖くなってしまいますよね、こうなってはお説教気味に返信です。

「あの、私が○○さんにお仕置きをさせてくださいと頼んでいるわけではなく、○○さんが私にお仕置きを依頼するわけですよね?不安はよく分かりますが、あまりにも攻撃的でなにか違和感がありますけど大丈夫ですか?もう一度冷静に考えてみてください」

と返し、それからしばらく返信はなく、お仕置きも諦めたのだろうなと思っていたのですが、1か月後にメールが来て、とんとん拍子でお仕置きの日にちと時間が決まってしまいました^^;

この子もめちゃ不安でしょうが、私も不安でした(笑)
そして初対面からのことはまた後日・・・。
そりゃ、一筋縄ではいかないはずですよね^^;

勝手なイメージ^^;

先日意外なことがあったのでそのお話を。

私のサイトを通じてお仕置き依頼をする子は結構いるんですが、その中でもつい先日来た10代後半の女の子の私に対するイメージにはちょっとびっくりして笑ってしまいました。

初対面、初めましてとあいさつをすると、いきなり「なんかイメージと違う~」と言い出し、
私がどうイメージしていた?と聞くと

「色んな人の感想を読んで、すごく日焼けしていて真っ黒な人かと思った~」と
いやいや、みんなが黒って書いているのは服装だから(笑)と突っ込みを入れました^^;

更に「筋肉質って書いてあったから黒くてボディービルダーみたいな人かと思った」と^^;
私は色白で、筋肉質といってもマッチョな感じではないのでそれでだいぶイメージと違ったんでしょう。

更に更に、アクセサリーをジャラジャラつけた中年のおじさんをイメージしていたそうです^^;
確かにアクセサリーはつけてはいますが、一応それなりにはしているつもりです(汗)

私の車に乗せ、音楽が流れると、「クラシック聴くんですか?なんかイメージと違う~」と
恐る恐る、「どんなイメージだったの?」と聞くと
「ロックなイメージ」と・・・。

私はロック系は学生時代は聞いていましたが、今は趣味ではないんですよね、今は癒される曲や寂しい感じの曲、クラシック(ピアノ)を好んだりしています。
でも全体的なこの子が感じたイメージを総合すると、凄くヤンチャでチャラいおっさんって感じですよね(苦笑)
感想を見てそう感じてしまったんだから仕方がないのでしょうが、やはりイメージって怖いものですよね^^;

私の場合は初めて会う人には勝手なイメージを作らないようにしています、文章や内容から推測できることはあっても経験上、イメージをすることはあまりいいことはないのでそうしています。

なので、私のイメージも勝手に作ってほしくないということを思いますね^^;
このブログ自体の印象はおそらく固くて真面目な人みたいな感じでしょうかね?
感想を読んでいたら少しはブログのイメージとは変わるかもしれませんが、それでもイメージしちゃいますよね・・・。

顔を褒める人もいれば雰囲気を褒める人もいます、でもそれはその人が感じた印象でしかありませんからそこからイメージを作ることはしない方が無難なはずです^^;
逆に私の顔や雰囲気が気に食わないという人はそこは何も書かないだけであって、そこでは判断できないこともあります。

ここで言いたいことは良いイメージを持たないようにということです。
顔や雰囲気に良いイメージを持ったまま会ってみても、そうでなかった場合はがっかりしますよね^^;
逆に悪いイメージを持って会えば、それよりはましであれば、まぁいいか、という気持ちにもなります。
お仕置きを受けるにあたって、イメージの違いでがっかりしていては真剣に話ができないかもしれませんから気を付けましょう^^

PS.
顔が黒いという話、ついこの間、初めてお仕置きに来た子に、こういうことがあったんだよって話したら「私もそう思ってた」と・・・。
私は勝手に黒いのは服と思いこんでいたんですが、確かに服とは書いてなかったような・・・・。
だからそういう誤解をしている人は多いのかもしれませんね^^;

気まずかったお話

先日のお仕置きをした時のお話です。

普段というか、通常のお仕置きの流れは、
十分にお話をしてからお説教をし、お仕置きをし、しっかりと罰を受けて反省できていればいい子いい子してあげて終了という感じなんですね。
たまにいい子いい子してお話ししているときに別の反省材料が出てきてお仕置きになってしまうことはあるんですが、それでも最後のフォローの時間はあるものです。

ただ稀に時間ぎりぎりになってお仕置きになることもあって、その時は最後のいい子いい子(アフターフォロー)があまりできないんです。
まぁそんなことはたまにあっても別にそこは大人だし、しょうがないので気にはしませんけど…。

で、先日、帰る間際になって、最初の話とは違うことを言ってきて、お説教からやり直す事態になってしまったんです。
お尻は平手で強めに叩いてお仕置きを終了したんですが、その悪いことをしてしまった時の決断がとても辛く悲しいものだったのと、それに対してお仕置きを受けたのが合わさって、キーさんはしばらく泣いていたんです。

私の場合は女の涙には弱くなく、泣いている姿って結構好きなんですよね。
ウソ泣きは嫌いですが、本気泣きは好きで、だから泣き止ますような優しい言葉って私はかけないんです。
S性がそういうところで出ちゃうんですかね^^;

それで時間になって部屋を出て歩いていたんですが、途中知らないおじいさんとすれ違い、その女の子を二度見して私を見て来たんですね。
なんだこのおじいさんは、と思って女の子を見ると、シクシク泣いていたんです^^;
これでは私が女の子を泣かした酷い男という印象ですよね(汗)
これまですれ違った人もそう思っていたのかと思うとなにやら気まずい気持ちになってしまいました(笑)

悪い子だったのは女の子なんですけどね、親と子供なら周りは叱られたんだなって予測できますが、大人同士では男が悪者になってしまう傾向にありますよね。
そんなことに一抹の理不尽さを感じてしまいました^^;




当サイトへは下記よりお入りください。

PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

風邪予防

ちょっと前の話になるんですけど、先月にお仕置きであった子のお話です。

会った時から咳を「ゴホゴホ、ゴホ、ゴホ」と繰り返していて
私は半分冗談で、「風邪移すなよ、移したらお仕置きだぞ」
なんて言っていました(笑)

翌日その子から「風邪大丈夫でしたか?」とメールが来て私は「大丈夫」との返事をしたのですが、
その翌日、またまたその子からメール。
すると
「私インフルエンザだったんだけど、移していたらごめんなさい」と^^;

いやー、かなりの時間密着してましたからね、焦りました。
翌日もお仕置きで会う約束の子もいたのもあり、インフルエンザで迷惑をかけるわけにはいかなかったんですね。
すぐに知り合いの医者にメールして、潜伏期間など詳しいことを聞いたりしたのですが、結局私は大丈夫だろうということでした^^;

予防というわけではありませんが、最近からR1ヨーグルトを食べ始めた効果なのか、なんか体調がいい気がしています。
R1ヨーグルトにはインフルエンザ予防の効果もあるらしいし、健康にいいと聞きます。
もちろんこの活動を通していろいろな人と会う約束をしているので体調管理には気を付けてはいるんですけどね。

ちなみに昔は平熱が36,5度だったのが、最近計ったら37,2度に^^;
なにやら平熱は高いほど免疫力は高まるそうで、37.2度も平熱の範囲内だそうです。
ちょっと前までは私は熱に弱く、37度の熱でもぐったりとしてたはずなんですけどね。
体質が変わって風邪をひきにくくなったようです^^

ところで37度って風邪の目安ではなかったですか?
でもそれはどうやら認識が間違っていたようで、平熱の高い低いでその人の風邪の目安も違ってくるそうです。

ブログを遡ると、風邪をひいたのはちょうど4年前で、私はそれ以来風邪をひいていません、あの時のブログに書いてあった教訓が今も生きているのでしょうか^^
お仕置きをする側として、そして会う約束をしているキーさんたちへの責任として風邪をひいている場合ではありませんよね。
お仕置きをする身として、今後も自分を律して風邪予防を続けていきたいと思います^^

ちょっとした出来心

前記事で縛りの話を書いていてちょっと思い出したことがあったのでそのお話です。

遠い過去にこんなことがありました。
パートナーであったキーさんにお仕置きをし、ベッドでまったりとした時間を過ごしていた時のこと。

私はおもむろにきんちゃく袋の中から麻縄(体を縛る用の麻の縄)を取り出して
「これわかる?」
と聞くとそのキーさんは首をかしげながら
「ひも?何に使うの?」
というので
「これで体を縛るんだよ」
というと
「へーー」
と分かっているのかいないのか微妙な返事。
実はその子はそのような知識が全くないキーさんなんですね^^

で、なんで私が麻縄を持っていたかというと、事情があってお付き合いのあるM女さんからその日に受け取っていたからなんです。
もちろんきーさんを縛るために用意したわけではないですからね^^;
たまたまキーさんと会う日と重なっただけですから。

で、私は冗談半分、本気半分で
「縛るの体験してみる?」
というと
「え、やだやだやだ」
との返答
でも私からするとその解釈は
「縛られてみたいな」
だったんですね。
それで
「じゃあ、足だけだから、大丈夫だから」
ということで、両足だけをボンレスハムのような感じで縛っていったんですね。
そしたら
「やだやだやだ、本当にやだ」
といい、その聞こえてくる声に心地よさを感じ(笑)
でもそんな言葉は無視して縛っていると、、、。
なんとそのキーさんの目からは大粒の涙が・・・・。

そうです、真剣に泣いちゃったんです、、、。
それを見た私はというと、
こんな素の涙も滅多に見れるものじゃないと、数秒間ですがその泣き顔を観察してしまいまして、それから縄を解きました^^;
まさか大の大人がこんなことで泣くとは思わず、私のちょっとした出来心で思わぬ収穫を得ることができました!?
いや、収穫ではなくて、ちょっとした出来心で怖い思いをさせてしまいました(汗)

そのキーさんにどうして泣いたか聞いたところ、なにやら私の顔つきが変わって怖かったのと、縛られること自体が怖かったとのこと。
私は顔つきを変えた覚えはないのですが、無意識に変わっていたのでしょうか???

そのキーさんとは長い付き合いで信頼関係もしっかりあるのでこういう行為ができたのであって、他の子であれば絶対にしませんからね、どうか誤解をしないようにしてください^^;
縄を解いた後は何事もなかったように仲良くお話ししましたから何も問題はなかったんでしょう(笑)

まぁつい出来心でこんなことをしてしまいましたが、今後は細心の注意を払いたいとその時に思いました。
お仕置きには要望がない限りSM的行為を持ち込まないというのはどんな状況でも徹底していますのでご安心を^^




(注)これは過去のお話ですので現在の対応とは異なる所があります、ちなみに現在スパのパートナーはいませんし募集もしていません。

好き嫌い

私は好き嫌いはないに等しいのですが、唯一アボカドが嫌いなんですね。
若いころにアボカドに関して癖があるというような変なイメージを叩き込まれて、それから食わず嫌いになったようです。
食べた記憶があるような、無いようなで、あいまいなんですけどね・・・。

で、ついこの間、長ーいお付き合いのキーさんと会った時にお酒のつまみ的なものを持ってきてくれたんです。
蓋を開けてみたら、「アボカド」(笑)
アボカドをスライスしたものにスライスチーズとハムをサンドしてしょうゆをかけたもの。

で、せっかくの差し入れなので、好き嫌いは言えず我慢して食べてみたんです。
そうしたらこれがおいしかったんですね^^
酒に合うし、しょうゆがまたいい感じで全然食べれるし、おしゃれでつまみにはぴったりな感じです^^

ちょっと話がそれますが、関連していますから・・・。
その子は私のブログを隅から隅まで読むような子でアメーバのブログ(FC2ブログと同じ内容)に書いてある私のプロフィールも確実に読んでいて、しかも以前そのプロフィールのことでいろいろ話したこともあるくらいしっかり読んではいたんです。

食べながらパソコンを持ち出し、私がそのプロフィール画面を開き、彼女に
「プロフィールってみたことある?」
と訊くと、当然
「読んだことあるよ」
とのこと
「もう忘れているかもしれないからもう一度見てみなよ」
と私は言いました。
その子はなんで今?みたいな不思議な顔をしながらも、促されてプロフィールを読み出しました。
途中で
「あっ」
「アボカド嫌いだったの?」
と(笑)
「なんだよ、最初からずっと書いてあるし(笑)」
「えー、うそー、気づかなかった・・・。ごめん」
「隅から隅まで読んでるって言ってたのになんだよー、口だけじゃん(笑)」

という落ちになりました^^:

まぁ最初はアボカドが嫌いなことは隠しておこうと思ったのですが、今回アボカドを食べてみて、とってもおいしかったのでつい教えたくなったんです。

そして私は彼女に
「これで好き嫌いがすべてなくなった、ありがとう^^」
と感謝して、それからまた料理をおいしくいただき、至福の時間を過ごしました。

こんなことがあったのでアメブロのほうのプロフィールの「嫌いな食べ物」の欄を「アボカド」から「ゲテモノ」に変更しました(笑)
まぁ「くさや」とか特殊な食べ物もゲテモノ的に考えているので本当に今は嫌いなものがないんです。
食わず嫌いはよくないですよね、それをキーさんに教わった日でした。

その節はありがとうございました^^


お仕置きサイトも運営しています。
スマホ版「お仕置きの部屋」(お仕置き依頼お受けしてます)



(注)これは過去のお話ですので現在の対応とは異なる所があります、なお現在はアメブロは更新していません。

2年半ぶりのお仕置き

あけましておめでとうございます。
早速ですが、年も終わりの大みそか、2年半ぶりのお仕置きをしてきました。

本人の感想及び私のコメントはサイトの方に後日アップしますのでここではちょっと別の話を。
今回Y子さんに会ったのは初めてだったのですが、その際の雑談でのお話です。

実は私、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない24時」という番組にほんのチラッと出演したことがあるんです。
雑談中の何かの話題のとき、流れでそういう話になり、

「その番組見たことある?」 って聞いたら
「ある」 って答えたんですね。なので続けて
「5年前くらいでこうこうこういう感じの企画だったんだけど」と聞いたら
「見覚えある」 って答えたんですね。

さすがに5年前だし5,6時間ぐらいの番組だから、そんな細かいところまで覚えているはずないと思いつつ聞いたので、私としてはびっくりというか、なにか目に見えない縁でもあるのかなとか心の中で思ってしまったんです^^;

「じゃあYは私の顔みたことあるってことだな」
って話で私自身ちょっと盛り上がってしまったのですが、その後お仕置きが終わり別れてから家に帰り、あることに気が付きいたんです。

というよりもある重要な事実を見落としていたんですね。
それは家に帰ってテレビをつけた時にちょうど「ガキの使い」が流れていた時に気が付いたんです。

みなさんはきっと気が付いていますよね、しかし私は2年半のブランクのせいか、不覚にもまるっきり気が付きませんでした。
Y子さんがなぜ「ガキの使い」を見ていたのか、そしてそれを細かく把握していたのか・・・。

そうです、その答えは「お仕置きのケツバット」です(笑)
偶然でも何かの縁でもなんでもなく、単なる彼女はお仕置きに憧れている子であるために、興味シンシンに、また、よこしまな動機も含めて目をキラキラさせて見ていたのでしょう。
まぁ、本人にこの話はしてないですし、確認もするつもりはありませんが、もう私の中でそのように解釈してしまってます(笑)

そんな基本的な事も気づかずに話を終わらせてしまった自分にちょっと不完全燃焼です。
ブランクで勘が鈍っているのかな?
あ、念のためいっておきますが私はお笑い系の仕事でも番組制作者でもありませんからね。

ま、そんな感じで一年を締めくくりました。
2年半ぶりのお仕置きをしてみて感じたことは私の場合、やはり対話があって初めてお仕置きという行為に移れるのであって、単なるお尻叩きは興味ないんだなっていうのを再認識しました。

しかもおそらく対話が8割お仕置きは2割程度の割合かもしれません。
なんだったらお仕置き無しで対話のみでもいいくらいです^^
それくらい対話を重要視しています。
ただ、お仕置きが2割といっても手を抜くわけではありません、しっかりと罰は受けてもらいますからね^^


「お仕置きの部屋」、サイトを再開しましたのでご覧ください。
近日中に「お仕置き後の想い」に「Y子」をアップします。

PC版   お仕置きの部屋
スマホ版 お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋


お仕置きの代償!?

少し前にかなりキツめにお仕置きをしました。
キツめといっても平手だけなのですが、相手の子は押さえつけていないと逃げたり手でお尻をかばったりするんです。
なので道具だと休み休みのお仕置きになってしまい、ダメージは残せても結果余裕を与えてしまうので、膝の上で抑えつけ、連続で平手でペンするのが一番効くかなと思い、その時は平手だけにしようと決めたんです。

その子の悪い癖は自分のイライラを相手に告げようとせず、感情的になって物や相手に当たることなんです。
私にもそういうことをするので毎回厳しく叱ってはいるのですが、今回はひどすぎることもあり本気でお尻ペンしたんですね。

ケインを使ったところで、1発事に手でお尻をかばって打てなくなってしまい、何度我慢しなさいといっても痛みに敏感らしく我慢できないんですね。
だから今回は連続で叩けるように平手にしたんです。
ほぼ100%の力で平手で叩いたのと、回数もかなり多く叩きました。
私の場合数は数えないのでわからないのですが、ほぼ100%の力で叩いたとしては今までで一番たくさん叩いたはずです。

その子は回復が早く、痛みも痕も2日くらいですぐに無くなる子だったんですが、4,5日して、「今までの道具でのお仕置きよりも痛い、まだ痛いよ」といってきたんですね。
私も懸命に叩いていたのでそういう結果がでて内心満足もしていました^^;

その後その子と10日くらいして会ったときに私の手のひらを見て「これどうしたの?」って聞いてきたんですね。
私は笑いながら「なんだと思う?」って聞くと
キーさんも笑いながら「わからないよ、そんなおかしなことなの?」っていってきて
私が「当ててごらんよ」といっても全く想像がつかない様子でした。
そのやりとりだけで二人とも笑いながら言葉を交わしていました、今考えると私はともかくその子は何がおかしかったのか(笑)

その傷はどんなのかというと右手の手相でいう頭脳線の2センチほどですが、内出血で線が赤くなっていたんですね。
それでキーさんもわからないようなので原因を教えてあげたんです。
「実はこの間の平手でのお仕置きで内出血ができちゃってさ、情けないから言わなかったけど」
と(笑)

そうなんです、叩きすぎて内出血になっていたんです(笑)
その子お尻が硬いんですね、脂肪自体なくてお尻が小さくて筋肉質なので、叩くこっちも痛いんです。
だけどとても悪い子だったので気合を入れて長い時間叩いていたんです、私もさすがに痛かったですが、そのうち感覚も麻痺してきて^^;

実は内出血だけだったらよかったのですが、翌日車の運転で右手でハンドルを回したときに肩が痛くて・・・。
そう、肩を入れて叩いていたのでそれで肩の関節がおかしくなったみたいで・・・。
ま、それは4,5日で治りましたが、なんで私がお仕置きの代償を払わなければならないのでしょうか(笑)
しかも内出血は1ヶ月たった今でもうっすらと残っています・・・^^;

本来は悪いことへの代償はお尻に返ってくるのですが、罰を与える方が怪我をしていたら情けない話ですよね(笑)
ま、それだけ真剣にお仕置きをしているってことで理解をしてください^^;

ラブホテルでのお話

前回記事を書いていてふと思ったのですが、お仕置きでホテルを利用するにあたっていろいろとあるなって(笑)

前記事でホテルでは常連ということを書いたんですが、それに関連する話を少し。
当初はいろいろなホテルを転々と利用していたのですが、その中で移動やホテルの質や料金を考えてみると大体行くところが絞られてきたんですね。
それでメンバーズカードを作ったのですが、その中の一つのホテルのメンバーズカードは行った回数によりホワイト会員、シルバー会員、ゴールド会員、プラチナ会員と段階がありそれぞれ客室料金の割引額が変わってくるのですが、フロントでそのカードを出すと受付の人によっては「プラチナ会員様ですので20%引きで○○○円になります」って丁寧にどの段階かいってくれるんです。

そのように聞いて一緒にいる人はどのように思うのかなっていつも思うんですよね。
プラチナ会員というと来店回数は51回以上で、それは部屋の案内を見れば一目瞭然で・・・。
ま、別に一緒にいる人がいつもお仕置きをする子なので何の問題もないのですが、そういうことではなくて、もし私のようなパターンではなく恋愛的にホテルを利用している人が同じように言われたら女の子から「何でそんなに通っているの!どういうこと?」なんて喧嘩になるだろうなっていつも思うんですよね(笑)
別にプラチナ会員だとか20%引きだとか声を出していうことではなく、そこは気を使って無言でやるのがラブホテルという特殊な施設での気遣いではないかなって思います。

別のホテルの話ですが、そこもいつも利用しているところで前に記事に書きましたが、お仕置きの関係である二人と三人でホテルを利用したことがあるんです。
3人では2回利用したんですけど、そもそもそのホテルは原則3人は駄目なんです。
メンバーズカードもあるし移動手段から考えてもそのホテルがよくて受付で直接聞いてみたところ50%増しでOKがでたんです。
そのホテルは無人受付なのですが、3人の場合は料金計算が手動となるのでフロントに人が来て顔が分かってしまうんですね。
それは別にどうでもいいんですけど。

で、1ヶ月位してまた3人で利用したときには夜に宿泊で入ったのですが、私だけフロントに行ってで3人で利用するということを話していて二人は少し離れたエレベーターの前にいたんですね。
受付の人も前回と違う人で、その人はエレベーター前にいたのが若い二人だった為に心配したのか、少し大きめの声でその二人の子に対して

「大丈夫ですかー」

って声をかけたんです(汗)
犯罪か何かの臭いでもしたんでしょうかね・・・。
その時はさすがに苦笑いものでしたけど。

問題はその次に普通に利用したときの話なんですけど、その時はよく会う子とそのホテルで待ち合わせをしたんです。
私が先にホテルに入り、後からその子がその部屋に来るという待ち合わせのケースでした。
だからそういう時もフロントにあらかじめいっておかなきゃならず私はフロントに
「待ち合わせで後から来るので来たら部屋に通して下さい」
と伝えて部屋に入ったんです。

そしたら5分位してフロントから部屋に電話がきたんです。
注文も何もしていないのに何事だろうと受話器をとってみると

「ご利用は3人でしょうか?」といってきたんです(汗)

普通こんなことわざわざ聞かないですよね(笑)
完璧顔を覚えられているなって気が付いた瞬間でもありましたが、若い子二人を連れてこのホテルを利用している私をホテルの従業員はどういうイメージで私を見ているか気になるところでもあります^^;

どちらのホテルであっても私は利用回数は多いし、ホテル側はどのような人か気になることもあると思いますが、特に部屋の中は何も乱れていないのですから余計不思議でしょうね。
エッチをした形跡もなければ備品を使用した形跡もない。
極稀に風呂を利用することくらいでしょう、それ以外は飲み物やコーヒーを入れたりしますが、私の場合必ず部屋を出る時に布団の乱れを直すので、清掃員にとっても不思議でしょうし、絶対になにかおかしいと思いますよね^^;

まさか部屋の中でお仕置きのお尻ペンをしているなんて想像もしていないでしょう、音が漏れてそれを聞かれていれば別ですが(笑)
ま、でも普段は無人受付で誰が利用してるかなんて分かりませんしね、仮にメンバーズカードで分かったとしても「このメンバーさんの利用する部屋はいつも乱れていない」なんてところまで調べることはしないでしょうから考えすぎですけどね。
そういう意味でも対面式のホテルは利用はできないなって改めて考えさせられます(笑)




(注)これは過去のお話ですのでホテルを利用するなど、現在の対応とは異なる所があります。

期待することによる弊害

人から期待されることって嬉しいことでもありますが、反面それを裏切ってはいけないという気持ちから自分を着飾ってみたり、偽りの自分を見せてしまっていることってありますよね。

また、期待をする方も、そのことが出来たり守ってくれたら嬉しいとか、それができなかったら悲しいとか、そういう表現で相手のやる気や持続感をより出すように仕向けたりということは普通にあることですよね。

まぁそう仕向けたとしても演出とかではなく、本心で嬉しいとか悲しいと思っていることは嘘ではないのですが、それによって相手に逃げ場を与えず苦しい状況に追い詰めることにつながることもあると思うんです。

そんなことを思う出来事がこの間あり、私もそれについてこれまでのことも含めいろいろと考えさせられました。
お酒を飲まないという約束を毎回破ってしまう子のお話なんですが、
実はその子は未成年で来月二十歳になるんです。
で、今はまだ法律的にお酒を飲んではいけない年齢なのでもちろんお酒を飲んだら許しません。

初めて会った時から会うたびに毎回飲酒でのお仕置きをしています。
さすがに気まずいということもあり、会ったときはお酒を飲んでいないというのですが、私の場合あやしいと思ったらそれを引き出すような会話をしていき矛盾を見つけたりします。
その中で顔に出てしまったり矛盾を追求していく中で逃げ場をなくし嘘を暴くみたいな感じです。

誘導尋問をしてみたりいろいろと追求して相手の様子を探ります。
でも、あからさまに嘘と断定した接し方は相手を傷つけてしまうのでしません。
ま、結局は相手が嘘を突き通せば納得をせざるを得ないですし、そうなると嘘は暴けないんですけどね。
なんだかんだいっても相手の変化の一部を見つけることは可能でも相手の心を見通すことはできませんから^^;

あ、話を戻します。
実際は未成年といっても19歳なので暗黙的には飲んでいる人もいるのが現状ですが、私とその子の関係性上、それは認めることができず厳しくお酒を禁止しているんです。
未成年といえど、周りが飲んでいたら人付き合いという面での気持ちはわかるんですけどやっぱり立場上黙認はできませんからね^^;
そういうことを少しでも許してしまっては全てが成り立たなくなってしまうので、誰に対しても細かいことにも目をつぶらずに接しているんです。

で、私の場合、お仕置きのあとに時間があればその相手と飲み屋さんに行くのですが、まぁそれは私がお酒好きというだけのことで、お酒を飲みながらお話をするのが楽しいという自己満足なんですが・・・。
飲み屋さんにはその未成年の子も連れていったりするのですが、当然のことながら一度もお酒を飲ませたことはありません。

それで、毎回毎回お酒でのお仕置きをしていたのですが、もう20歳になるまで1ヶ月を切ったころ、それくらいの期間は我慢させて、なにかしらの達成感を味わってもらいたいと思うようなりました。
その子には
「20歳になったお祝いで一緒に乾杯しよう」
といい、
「それまで我慢できたら絶対嬉しさは倍増するし、私も凄く嬉しい気持ちになるよ」
っていったんですね。
でもお酒飲んじゃったら残念だし悲しくなるよっていうことも言っていて、だから私のためにも頑張ってというような形で約束をしたんですね。

それから少し日にちが経ってからメールで
「お酒飲んじゃったら悲しい?」
というような感じのメールが来て、それに対しては
「飲んでしまうことは悲しいけどそれは仕方のないことでもあるから嘘だけはつかずに正直に言って欲しい、嘘をつかれることが一番悲しいからね」というような返信をしました。
「飲んじゃったの?」と聞くと
「飲んでないよ、ただ聞いただけだから気にしないで」と返事がきました。

結局は後日飲んでいたことが発覚してお仕置きをしたのですが、その時に私はそれに対して、残念だとか悲しいだとか言ってしまっていたんです。
とにかく後数週間のことなんだからなにがなんでも我慢させたくて、それは私の自己満足のためだけだったかもしれません。

で、つい先日の話ですが、私はその子と会った時に、前日に何をしていたのかを聞いたんです。
そうすると
「10時過ぎまでバイトして、そのあと家に帰った」といったんです。
でもその日会ってすぐの会話では
「昨日は0時過ぎに家に帰ったら親と喧嘩になっちゃって、そのまま友達の家に泊まった」と言っていたんですね。
「22時に仕事終わって何で0時過ぎに家に帰ったの?それまで何していたの?」と聞くと、
「バイトの人と話していたら遅くなった」といいました。
「本当に22時であがったの?本当に話していただけ?」と聞くと
「そうだよ」と答えるだけでした。
「昨日はご飯を食べに行ったんだろ?分かっているんだよ」
と聞いても知らばっくれてましたが、長い時間をかけてさらに追求してみると、結局は21時にバイト終わって食事に行ったことを白状しました。

なんで私はそこまで食事に行ったと決めつけられたかっていうと簡単なことで、朝から焼肉の臭いをさせながら話している時点でもうバレバレだったんですよね(笑)
夜の焼肉のあとはいくら歯を磨いたり気を使っても多少焼肉独特の臭いが残りますから^^;
私はそこまでちゃーんと把握して話をしていたんです(笑)

で、そこからはなんでそんな嘘をついたのかを追求したのですが、黙ってばかりで答えようとせず、以前は普通に話をしていたことを今回は話をしない。
何かを隠しているのは事実でそれについて追求をしましたが何もいおうとしません。

私はその子に
「嘘で付き合うような関係なら私でなくてもどこにでもそんな人はいるだろ、嘘で格好付けるような関係になってしまうのであれば私と一緒にいる意味はないし、そこは重要なことなんだよ」といいました。
そうするとその子はしばらくの沈黙の後、重い口を開き
「お酒飲んだことをバレたくなかった」と言いました。
「そんなのお酒飲まなかったって嘘つけばいいだけで、なんでその前の出来事にも嘘をつくの?」というと、
「結局いつもどこかに食事に行ったというとお酒のことを追求されて言葉や顔にでちゃってバレちゃうから」と答えました。

だから食事に行った出来事自体を無いことにして嘘をつこうと考えたようです。
私はその子に、嘘を嘘で塗り固めてしまうとそれまでの積み重ねてきたことも何もかもが崩れてしまうことにもなりかねないのでそういうことは絶対にしないようにと言い聞かせました。

実際私は嘘の真意についてもっと大変な事を想定していたので、お酒を飲んだことがばれたくなかっただけということを聞いて安心はしました。
お仕置きされたくないからその出来事について嘘をついたりごまかしたりするのはそれはしょうがないことだと思うのですが、それ以外の出来事についてはごまかす必要なんて何もなく、なんでも正直に話をすることが基本にあるのでそいういう意味ではその理由にホッとしたんですね。
だからといって嘘をついていいということではないのですが、嘘をつく理由というのがしっくりくるのがお仕置き逃れくらいしかないのでそれ以外の嘘は二人の関係性上よりダメなことなんです。

でも結局こんなくだらない嘘を招いたのは、私が期待してしまったせいでもあって、この子は私の期待を実現しようと思い、喜ばせようとする気持ちと悲しませたくないという気持ちで自分が飲んでしまった事実を隠そうとしたんですね。
しかもいつものように普段の行動を報告してしまうとそこから追求されて飲酒がバレてしまうのでそこを変に学習して行動自体を無いことにして嘘を嘘で塗り固めてしまったんです。

それを考えてみると結局は私の自己満足な考えでその子を苦しめてしまったんだなと感じ、今回のことは反省するきっかけとなりました。
約束を守ればいいことなんですが、もしそれができなかったときに、心が優しいからこそ、そこまで考えてしまうのであって、それができなかったときにはそれをどう消してしまうのかを必死に考えてしまうのでしょう。

それもこれも相手を悲しませないため、喜ばせるためにしていることで、自分は嘘をついていることで傷つき苦しむのですからとっても切ない優しさなんですね。
私はそんなことは求めていないし、いつも正直でいて欲しいと思っているのですが、今回のことは私にも責任があったんだなって感じました。
これまでも私はこれに似たようなことをしてきてはいるのでそのたびに相手を苦しめたり、嘘をつかせてしまって罪悪感に苛まれることをさせてしまっていたのかなと考えさせられました。

期待するにあたり自己満足な感情が入り込みすぎると、期待することへの弊害というものが出てきてしまうんではないかと感じます。
だから私が喜ぶとか悲しむとかいう自己満足な感情を伝え過ぎるのではなく、時には毅然として当たり前のことはやって当たり前という態度で十分であると思います。
また、やる前や約束をした時に感情を出し過ぎて期待するのではなく、約束を守れた時や何か出来たときにめいっぱい喜び、そして褒めてあげるのがいいのかもしれません。

しかし期待することはとても良いことでもあって、やる気にもさせるし持続力もつけさせるし、その言葉は魔法のようなものでもあると私は思います。
ただ使い分けがとても難しいことでもあって、期待するにも必ず”逃げ場”を与えることが大切なことだと感じます。
その逃げ場をどう作るかはその人やその状況により変わってくるものでもありますが、それによって嘘や偽りで傷つくことを避けられるのではないかと思います。

耐えられる心の限界は人によって違うものです、「こんなことくらい」とよくいいますが、それはその人自身の心の限界であって、人によってそれは極端に違ってくるものです。
だから私はどんな悩みでもその人にとってはとても重いものなんだと受け止めて真剣に話を聞いています。
自分の心や他人の心で比較して「こんなことくらい」なんて考えたりはしません。
一般的に作られた「こんなことくらい」というくだらない悩みだとしてもその人が真剣に悩んでいるとしたらそれは重大悩みなんです。

だから逃げ場を与えるのにもその人やその状況によって真剣に考えなければならないし、例え考えたとしても人の心なんてそこまでしっかりと分かり得るものでもありませんから本当に難しいことなんです。
これは繊細でとても難しいことなのですが感情の調整というものをその都度しっかりと考えて言葉にすることが大事で、そうしないと相手を苦しませる結果になりかねないとつくづく感じました。





(注)現在は活動で会った方との予約時間外のお付き合いは一切していません。

陰謀!?&途中経過

2ヶ月ちょい前から炭水化物を抜いたダイエットをしているのですが、思ったより減るものでもないですね。
昔は効果あったのですが、やはり年なのか減りにくい体質となってしまっているようです^^;
4月の終わりあたりからようやく重い腰を上げて週3,4日くらいでジョギングorエアロバイクを30分程ですが、するようにしています。

炭水化物抜きダイエットをしていることについて関連があるちょっとしたお話です。
ついこの間、お仕置きで午前中にホテルに行ったのですが、その時に相手の子が一緒に食べようと思って持ってきたと「パン」を私に見せたんですね。
私が炭水化物を抜いていることは知っているはずで、外でランチをするときもセットのライスを頼まなかったり、パスタ屋さんではサラダしか頼まないのを見ているんです。

そのたびに「少しくらい食べても平気だよ」とそそのかし食べさせようとするんですよね(笑)
まぁ本人はそそのかしているつもりはないんでしょうが、ちょっと自分に甘い性格なのでそこまで私が徹底していることにびっくりして信じられないというところでしょうかね。
さすがに私も相手が炭水化物を抜いていることを知らずに持ってきたならお付き合いで口はつけるでしょうが、この子は私が炭水化物抜きダイエットをしていることを知っているので私は「炭水化物を抜いているから食べないよ」と答えました。
するとその子は「せっかく作ってきたのに」と残念そうに言いました。

私もまさか作ってきてくれていたとは思わなかったので、その気持ちに心を動かされ、そこまで頑張って作ってきたのだからちゃんと食べてあげようと考えを改めたんですね。
そしてそれを告げるようとしたとき、その子は「うそうそ、これよく彼氏に使う手なんだぁ」とニコニコして答えたんです^^;
私はそこまで親身に考えていたことにイラッとしながらも
「なんだよ、作ってきたなら少しでも食べようと思ったのに」と笑いながら返してあげました。

「いつも使う手口って、ばれるだろ?」と聞くと
「全然ばれないし、ばれたらばれたで開き直っておしまいでしょ」と軽い感じで話していました。

全く、、、男の気持ちをどういう風に考えているのか、とんでもない女ですよね^^;
それはよくないよといくら説明しても「男はそういうのに弱い」とか「結局喜ぶんだからいいじゃん」と悪気がありません。
更に聞いていくと、お母さんが作ったお弁当も自分が作ったといって彼氏に渡すこともしていたようです^^;

まぁそんなメッキはすぐにはがれるでしょうけどね。
今はしていない!?ようなのでまぁ若気のいたりという事で・・・。
それで私が冗談交じりで「歴代の彼氏の変わりにお仕置きするよ」っていったらさすがにびくついていました(笑)

またこの子は買う量も半端なく、4,5人で食べるくらいの量を買ってきて、私も食べないし、彼女もあまり食べないので殆ど残ってしまったんです。
それを突っ込むと「量り売りだったから仕方がなかった」ということでした。
その間も「食べてよ」というし、気持ちは嬉しかったので、一口サイズのチーズケーキっぽいパンを一つだけ食べました。
炭水化物をずっと抜いていたのですが、ここで食べてしまいました(泣)

これって彼女の陰謀でしょうかね・・・。
まぁ、そんな気持ち毛頭無いんだと思うのですが、炭水化物を抜いていることを知っていて食べると思ったなんてどういうことでしょうかね。
彼女は自分がそう思うと相手もそうだと思い込む癖があるので、軽い感じで買ったんでしょうかね^^;

で、この子は仕事でもプライベートでも遅刻の常習犯なのですが、前回待ち合わせしたときに乗り換えのときに乗るはずの電車が目の前で出発してしまったというんですね。
細かく聞いてみると乗り換えの途中にATMからお金を下ろしていたと・・・。

「お金なんて待ち合わせ場所に着いてからでもいいだろ、とりあえず遅刻しないことが優先だよ」というと
「なんか行ってからお金下ろすのもどうかと思ったし財布に入ってないと不安だから」と言い訳していました。
もちろん遅刻は一番いけないことですが、人前でお金を下ろすのも相手に迷惑がかかるときもあるでしょう。
でもそれは前日でもいいし事前に準備しておけばいいことですからね、遅刻の理由にはなりません。
もちろんこの件ではお仕置きをしっかりとしていたんです。

何でこの話をしたかというと、今回このパンを買ったときも乗り換えのときだったらしく、もし店員や他のお客の関係でドタバタしていたら当然遅刻をするわけで、そういう危機感が無いんだなって思ったんです。
結局はぎりぎり間に合ったのですが、実際パン屋ではちょっと手間取っていたので本人もドキドキしていたといっていました。

遅刻をする人ってそういうところがあって、考え方は「きっと大丈夫だろう」なんですよね。
でも時間を守る人の考え方は「もしかしたら間に合わないかもしれない」なんです。
そこの意識の違いで、遅刻をしない人は歩いているときでも行き先の看板を探しながら道に迷わないようにしたり、しなくてはならないことがあってもとりあえず待ち合わせ場所早くついてからするものです。

それに比べいつも遅刻して言い訳する人はボケッとして道を歩いているから道に迷ったり、あまり考えていないから我慢できるトイレもそこでしたり、目に入ったものを買ってしまったりとしてしまうんでしょう。
とりあえず乗り継ぎのホーム付近までは早歩きで行くのが基本ですからね。

遅刻に限らず先のことを想定して動くということは癖がつけば簡単なことで、そうしていれば何事もすばやく対応できるようになるものです。
余裕が無いから何かハプニングがあったときに対応が出来ずそれを言い訳にしてします。
余裕があればハプニングを処理できる時間も頭もつかえるんですね。
そういうところを是非注意して生活してもらいたいなと思いました。


さて、
ちょっと炭水化物抜きの話からずれてしまっていますが、
現在の私の途中経過です、

2ヶ月と10日前は
体重72,5kg、体脂肪24,7%、ウエスト89センチでした。

23日前は
体重68,9kg(-3,6kg)、体脂肪22,9%(-1,8)、ウエスト85センチ(-4センチ)でした。

本日は
体重67,7kg(-4,8kg)、体脂肪18,7%(-6,0)、ウエスト82センチ(-7センチ)でした。

あと、体重が1,8kg減で65キロ代です、これからがちょっと大変かもしれませんね^^;





(注)これは過去のお話ですので現在の対応とは異なる所があります、ちなみに今はスパのパートナーはいませんし募集もしていません。

小鳥のさえずり

余談的なお話です、お仕置きとは関係ありませんが(汗)


お仕置きの関係の女性とホテルに入ったときの出来事です。
時間的には午前9時30分くらいでした。

ホテルに入るとその子がトイレに入ったので私は窓を全開にして外の空気を感じていました。
とてもいい天気でしかも朝方ということもありとてもすがすがしい気分でした。

その子がトイレから帰ってくると「鳥が鳴いている」と嬉しそうにいってきました。
「ウグイスも鳴いている」とはしゃいでいたので
私は「鳥さんどこにいるか探してごらん」といったんですね。

するとその子は窓から身を乗り出し一生懸命に小鳥の声がする方向を探しきょろきょろとしていました。
「いないよー」といいながら一生懸命に。

その光景を見て私は可愛いなぁと思いつつ嘲笑していました。
しかし、いつまでたっても小鳥は見つからず、
私は「じゃあ窓を閉めて鳴いてる場所を感じてごらんよ」
といってみました。

その子はいわれたとおり窓を閉めてみたのですが分からず、更に何度も窓の開け閉めを繰り返していたのですが、
「いないよー、わからない」と残念そうに訴えてきます。
私は呆れた感じでニヤニヤしていたらムッとしたようで「バカにしてんでしょ!」と言い返してきて私はそれに対して「いやいや、可愛いなぁって思って見ていたんだよ」と返しながらニヤニヤとしていました。

あきらめたかと思うとしばらくするととまた探し出し30分くらいたったくらいにやっとあきらめてしまいました。
私がそんな事忘れた頃にその子は「まだ鳴いているよ」と言い出し、やはり鳥の鳴き声が気になるようです。
私は「そっかそっかー」とニヤニヤしながら子ども扱いで接しているとまたムッとしてしまいました。

お昼くらいになったころ、ふと気がつくと鳥の鳴き声がなくなっていました。
私もそんなこと忘れていたのですが、それに気がついたキーさんが「鳥の鳴き声聞こえなくなった」
というので私も「え!?」と思い、確かにいつの間にか聞こえなくなっている・・・。と

で、キーさんが立ち上がって何かをしていたので、それを見て私はその子に分からないように有線放送の「A-10」を押しました。
するとまた小鳥の鳴き声が聞こえてきました。
私はその子の顔を見ないで向こう側を向いて寝た振りをしていたら
その子が

「えっ!あの鳥の鳴き声有線放送だったの!?」
といい、チャンネルをいじりだし、とうとうネタがばれてしまったんです(笑)
自分にも呆れていたのか「ひどーい!」といいながら恥ずかしそうに笑っていました。

実は有線放送での鳥の鳴き声だったんですね(笑)
以前ホテルに入ったときに偶然に鳥の鳴き声の有線がかかっていて、それが朝方だったので私がとても気に入ってしまったんです。
癒されるしリラクゼーションというか疲れが取れる感じで。
なので「A-10]という番号を覚えていたんです^^
有線放送の会社はどこか忘れてしまいましたがチャンネル数が少ない有線でした。

でも私は最初に「じゃあ窓を閉めて鳴いてる場所を感じてごらんよ」といったんですよ。
それは窓を閉めたら部屋のスピーカーから聞こえているのが分かるでしょっていう意味で、それでも分からなくて無邪気に窓の開け閉めをしているその子に、可愛いなってニヤニヤとしていたんです(笑)

唯一の誤算が、いつの間にかチャンネルが変わっていたことです。
何かの拍子に触ってしまったんでしょうね。
いつ気がつくか凄く楽しみにしていたのでかなり残念でしたが・・・。

って
そんなほのぼのとする出来事がありました。
結局お仕置きに憧れる純粋で生真面目な子ってそんな天然な感じの子が多くて、そういったことがたくさんあるのですが、
今回は小鳥の鳴き声の癒されながらの出来事だったので特に印象に残ってしまったようです^^;


(注)これは過去のお話ですので現在の対応とは異なる所があります、ちなみに今はスパのパートナーはいませんし募集もしていません。

スパ欲全快なキーさんのお話

キーやカーなどのスパ用語が分からない人はこちらをご覧ください。


キーさんにもいろいろな人がいますが、このキーさんは異常かも!?です(笑)

どういうことかというと
なんと、このキーさん、8日間で5日もお仕置きを受けたという強者なんです^^;
しかも複数に・・・。
ここまで聞くとキーではなく単なるマゾと誰しも思うでしょうが、このキーさんはスパに性的なことがあると一気に冷めてしまうそうなんです。
そのようなことをする人には二度と会わないのでやっぱりキーの部類なんでしょうね。

私はそのキーさんのお仕置きの始まりでもある第1日目に会い、そして最終日である8日目に会ったのですが、それまではそんなにお仕置きを受けているなんて知らなかったんです。
どういう経緯で知ったかというと、8日目に会った時のお仕置きの際にそのキーさんのお尻に痣が残っていたんです。
どういうことか聞いてみると他のカーさんにお仕置きをしてもらったと。

私と会っていない6日の間に同じカーさんに2回会い、更に別のカーさんに1回会っていたという事でした^^;
計5回のお仕置きです・・・。
そのキーさんは私との面識は以前からあったのですが、今回会った私以外のカーさんとは初対面とのことでした。
よくもまぁそこまでしてお仕置きを受けるなぁと呆れてしまいました^^;

彼女は何をしたいのでしょうか?
話を聞いてみると、満たされる何かを見つけたいようなんですよね。
以前からいろいろな話をしていて彼女の葛藤もある程度は分かっているんですけどね、今はいろいろとやってみて現実を知る事が必要なのかなって思っています。
現実はというともっと昔からのお付き合いのカーさん(また別の)がいたりしてとても複雑なんですね^^;

ま、彼女自身は自分で何を求めているのか、何が満たされないのかということが分からないらしいですが、私が思うに彼女が今求めているものというか必要なものは、カーさん兼彼氏だと思うんですよね。
しかも愛し合い、結婚前提的な真面目なお付き合いのカーさんです。

一生に渡り、自分の駄目なところについてお仕置きをしてくれる人、自分よりもしっかりしていてずっと見ていてくれる人。
こういう人を求めていると思うのですが、そんな人もなかなか見つからないですよね。
日常で探すのはもっと困難でキーである事を暴露した上で、彼氏がカー体質でなければ長続きしませんし。
まぁ私は運よく見つかればいいなぁと影ながら応援しています^^

それにいろいろな人にお仕置きをしてもらうことによって現実が見えてきて、元の環境がどれだけ幸せでどれだけ満たされていたのかが分かるかもしれません。
自分の意識や考え方を変えるだけで相手を受け入れられるようになるし、今まで気持ちを求めてばかりいたものを、相手の気持ちを受け入れる形で接することによって、相手には優しくなれるし、そうなると今までの不安やストレスも自然となくなることもあります。

そうはいっても、人間は欲求の生き物でもあるのでそれよりもさらに満たされるものを求めてしまうのかもしれません。
それはそれで仕方のないことですが、やはりどこかで妥協しないとそれ以上はなかなか難しいし、それを求めすぎていると今の幸せを逃してしまうことにつながります。
かといって満たされない感は心に残るものでそうなると何かをしてなくては居られなくなってしまってもう迷路のように堂々巡りになってしまいます。

結局は「妥協しなければいけないのか」「でも若いうちにチャレンジしていくことは必要だし」などと考えてしまうのでしょう。
そしてそれが更に満たされない結果となってしまうんでしょうね。
まぁそういう人の多くは「愛する」という感覚が中々持てない人なのかもしれません。
”愛する”そして”愛される”ことができれば心は満たされるものです。

しかし、変に気持ちが冷めてしまっていたり、そういう冷めた目でしか人を見れなくなってしまったりすると”愛する”ということがしにくくなってしまうものなんです。
だからこそ満たされない。

そこには家族、友達、恋愛、会社などでの甘やかしや裏切り、傷ついたことなども関係していて、人に対して不信感を抱き、全ての自分を預けるような信頼ができないようになってしまっていることがある場合があります。
そういう人は傷つくことがより怖くて、その部分では気持ちの切り替えができないという、とっても不器用な生き方しかできない人たちなんだと思います。

大恋愛(ラブラブの期間)なんて心理学的にいうと3年が限度らしいです、それ以上はその気持ちの高まりを維持するのが困難なんだそうです。
これはドキドキ感を演出する脳内ホルモンが分泌し続けるのが3年が限度ということからきているようです。
人間は刺激になれるとそれが当たり前のものと認識して以前のような感情が持てなくなるからです。

その3年間の間に相手を信頼して人間性を好きになって尊敬できる部分を見つける、そして本当の意味で愛し合えることができれば、それから先、どんな困難なことがあっても乗り切れるのかなって感じます。
本当の意味で愛し合えるとは、相手の嫌な部分も受け入れられること、嫌な部分も含めて愛せることでもあると思います。
そして一番重要なのはこの3年の間にお互いの嫌な部分やダメな部分、人に見せたくない部分を正直に相手に見せることだと感じます。

一生自分を偽り通せるならば見せなければいいですが、やはり一生を共する間柄で仮面をかぶって違う自分を演じ続けることは困難で、結局ボロが出て相手を幻滅させてしまうことが多いのではないかと思います。
かといって我侭し放題、自分本位になっていいというのではなく、謙虚になり、相手を尊重して生活していくことは最低限必要なことだし、それは違う自分ではなく、人間としての成長として捉えなければならないのではないでしょうか。
とにかく、その3年の間に相手の本当の姿を知ることができなければ本当の意味での愛ではないと思います。

愛や幸せというのは、小説やドラマ、映画の世界みたいに理想を作り出すのは簡単ですが、理想を現実にできている人なんてこの世には存在していないと私は思います。
理想の夫婦と言われている人たちも、リッチな生活をしている人たちも、成功者と賞賛されている人たちも含めて、満たされない何かは必ずあるものです。
誰しも何かしら心に闇を抱えているし、悩みや満たされない感はあるはずです。
要は、その部分とどう向き合うかが大事なんですよね。

話しが込み入ったことになってしまいましたが、そのキーさんも同じこと、キーさんでなくても人間ならば誰しも同じなんですよね。
結局は欲求というものが邪魔をしてしまうんです。
その欲求も時代が流れるにつれどんどんと贅沢なものへと変貌していっています。
そこの部分をどう食い止め、どのように向き合って考えるかが一番大切なことだと思います。

今までは高度経済成長と欲求の高まりが比例していたので過度な欲求も解消できてきましたが、バブル崩壊以降は反比例して欲求だけが異常に膨れ上がっています。
そこの意識を変えていかないと心が壊れてしまうことにつながるとても深刻な問題になると思います。

きっかけは他愛もないキーさんのお話でしたが、彼女の心の葛藤を見ていたらキーさんに限らず、人間みんなに当てはまることかもしれないなぁと改めて考えさせられた出来事でもありました。

おもしろおかしいお話のつもりがいつも最後はこんな感じになってしまうんです(笑)
なぜか書いているうちに自然となっちゃうんですよね・・・。
なんででしょ^^;

服装の印象

3月に入ってからとっても忙しかったのですが、今週でようやく落ち着きそうです。
でもその忙しさというのは殆どお仕置き関係なので精神的には満たされているんですけどね(笑)
仕事も最低限なことしかやってきていなかったので来週からは仕事にもしっかりと気持ちを入れて取り組んでいこうと思っています^^;


本題に入ります。
まぁ自分の話でどうでもいいお話なんですけどね。

私の印象は、まぁ普通だし優しそうな顔とはよく言われるんです。
自分で自分の顔の評価ってできないもので、こればかりは周りからいわれるしか感じ取ることができません。
生まれてからずっと付き合っている顔なので今更どんな感じの顔だかなんてわかりませんよね。
他の子の情報でしかないのですが、優しいときは優しいけどお説教やお仕置きの時は顔が怖くなるそうですが、それ以外は優しい顔だそうです。

気を使って言っているのかな?とも思いますが、自分自身イカツイ顔とは思っていないしそんなタイプではないのは分かっているので、言われたことを間に受けているのですけど。
でも実際はというとお仕置きでの初対面の人には怖がられるんですよね^^;
特に冬期限定で(笑)

お仕置きで初めて会ったとき、みんな怯えたようにしているんですね。
ま、それは緊張感でと思っていたのですが、それぞれ後から聞いてみたら違う理由からという部分が強いみたいで・・・。
ま、緊張が後押ししているのでしょうけど。

それがなんなのかというと服装です^^;
私は真冬の寒さになると暖かそうなコートを着ているのですが、それが原因なんですね(笑)
12月中旬くらいから3月中旬くらいまで限定で着るのですが暖かいし何といっても私のお気に入りなんです。
やっぱり顔と同じで服装も自分ではどんな印象か判断つかないのですが、はたから見るとイカツイみたいです^^;
ほぼ全員にそのコートを突っ込まれるのでそうなんだなぁと最近再認識をしているところです(苦笑)

それと普段の私は昼間サングラスをしているのですが、さすがにサングラスは初対面の時は外します。
それはイカツク見えるのはよくわかるしそういうところを初めから見せて威圧したくないし、何といっても普段の顔を見て欲しいというのが強いんですよね。
ま、サングラスをしていると格好よく見えますよね、私の場合はまぁまぁサングラスが似合うので格好よく見えちゃうんですよ(笑)
普段の顔とサングラスをした顔は違いますからね、似合わない人は似合わないし。

だから威圧したくないという部分もそうなんですが、ずっとサングラスをしていて外したときに幻滅!なんてことがないようにっていう理由もあるんです^^;
たまにいますよね、サングラス外すと笑っちゃうくらい印象が変わる顔が・・・、思わず笑ってしまう事もありますよね^^;
私はそうは見られたくないので必ずサングラスを外した顔を印象づけてからかけるようにしています。
こうやって普段何気ない行動でも気を使っているんです(笑)
私はイケメンでも何でもありませんからね、最初に格好悪い顔を見せておかないといけません^^;

だからそのコートにサングラスをしているとちょっと印象が悪くなりすぎるので待ち合わせ到着する前くらいからサングラスを外す念の入れようなのですが、結局は服装だけで相手を怖がらせてしまうようです。

ところが一度だけ初対面でサングラス姿を見られたことがありました。
コンビニの地下で待ち合わせをした時の話なのですが、その時には私は待ち合わせの20分前には到着していて、待ち合わせ場所の確認でコンビニの地下に行ったんですよね、まさか既に待ち合わせている人が来ているとは思わずに。

下に降りてみると一人だけ女性がいましたがその時は違う人だと思っていました。
フリーメールの不具合もあって連絡が取れず服装や印象などの重要な情報が何もなかったのもありますし、当日はその不具合で音信不通状態だったので(後から分かったことです)ドタキャンかなっていう思いが既にありました。
その後、上の階に上がりサングラスを外して立ち読みをして時間まで待っていたのですが、結局誰も来ず、私はもう来ないと思い食事をしに行きました。

食事をしている最中にその地下にいた女性を思い出し、もしかしてと思い、既に30分を過ぎていたのですが、コンビニの地下に行くとその女性はまだいました。
しかもその地下にはその女性一人だけです。
しばらくその場にとどまっていたのですが、その女性は一切振り向きもせず微動だにせず化粧品をみていたので声をかけることもできずその場を後にしました。
もし待ち合わせだったら一瞬でも顔を見たりそわそわしますからね、それもないのに声をかける勇気はありませんでした^^;
完全にドタキャンだと思いとりあえず何かあったのかもしれないのでメールを入れてそこを後にしました。

で、結局そのコンビニにいた子が待ち合わせの子だったんです(汗)
結局はその子とは後日会ったのですが、その時のことを詳しく聞いてみると、
私は気がつかなかったのですが、最初私が待ち合わせ場所の確認でサングラスをして地下に降りたとき一瞬私を見たそうです。
印象と違って怖くて、この人だったらやめておこうと思ったらしいです^^;
で、結局コンビニの地下に再度いったときも(この時はサングラスを外していました)そういう理由から振り向くことはしなかったようです。

こんなこともあるんですね・・・。
だからサングラスだけは今はいろんなことを想定して外すようにしています(苦笑)
そしてみなさんに”あのコートはやめな”って言われています(笑)

今はようやく暖かくなったのでそのコートは着ることはありません、なのでしばらくは問題ないでしょう。
でも服装での印象ってそこまで強烈なんだなって改めて考えさせられました。
自分ではお気に入りなんですが、今時はやりじゃないというか時代にあってないからやめようかなとも。
きっとそういうコートを着ている人があまりいないのでそういう印象なんでしょう^^;

というお話しでした。

珍しいタイプのキーさん

キーやカーなどのスパ用語が分からない方はこちらをご覧ください。あ


ちょっとあまり遭遇しないような不真面目なキーさん(お仕置きに憧れを持つ人)のお話です。


キーさんって真面目な子、悪いことがしたくてもできないようなキーさんが多いんですよね。
でもこのキーさんはちょっと違うんです。

この子は去年高校を卒業したばかりの殆ど初心者の若い子です。
キーさんというのは学生時代は真面目な子が殆どを占めているのですが、その子はとっても悪い子だったんです。
悪い子といっても小学生までは真面目でいい子だったらしいですけど^^;
ま、女の子だし当然と言えば当然ですかね。

でも話を聞くと小学生までの行動は、それはうなずく事ができるくらいお姉さんでいい子だったんですね、だから今でもちょっと悪い子が抜けきれていませんが、根はとってもいい子で凄く心の優しい子なんです。
心が優しいって一番大切なことだと感じます、外面や性格は良く見えるように演じていても心の中身は腹黒い人や性格悪い人ってたくさんいますからね。
その子の態度や考え方はとてもひねくれていますが、心は誰にも負けないくらい優しいものを持っていると感じます。

「誤解されるから態度や話し方を直しなさい」と言っても「分かってくれない人はそれでいい」みたいにいい、さらに話を続けると逆ギレして自分の主張を譲らない頑固な子なんです。
ま、私はその子が離れない限り言い続けますけどね^^

話を聞くと小6からタバコを吸い始めて、中学時代は泊まり歩き、高校時代はキャバクラでバイトをしてたとのことで、酒とタバコは当たり前のようにしていたようです。
渋谷をうろついていたらしいのでそこにたむろしている金髪ギャルを想像してくれればある程度はイメージがわくのではないでしょうか。
今はほぼ黒髪で見た目はまぁまぁ落ち着いていますが、話し方や行動はまだまだって感じです。

で、その子の初めてのカーさんのことですが、結局トータル3,4回しか会っておらず、自分から離れていったという事でした。
お仕置きらしいお仕置きはされておらず、痛がるとやめてしまったり、可哀相だからと言ったり、あとで謝ったりするらしく、そういうのに違和感を感じて連絡を取らなくなったそうです。
それから1年以上相手を探すこともなく過ごしたきたのですが、探しているわけではないのに本当に偶然に私と出会ってしまったというような感じだそうです。

それで、そんな過去のカーさんの話を聞いていてふと気になったので確認のため聞いてみたんですね。
「その時ってまだ金髪でギャルっだったの?」って。
「そうだよ」と答えました。

んんー、何が言いたかったというと、
まぁ以前から私は俗に言う”ギャル系”の子達を見るとお尻ペンをしたくなる衝動になるんですよね。
ギャル好きという事ではないですよ(笑)

マナーがなっていなかったり、世の中を小バカにしているような発言なんかを聞くたびに
「本来なら膝の上で即お尻ペンペンなのに」
といつも考えながら歩いています(笑)

なんかキーさんは表向きがいい子なのでお仕置きする理由はみんな似たり寄ったりですが、ギャル系で大人をなめているような子達はたくさん理由がありますからね(偏見かな?)
なのでその時のカーさんはうらやましいなぁとちょっとだけ思ってしまいました(苦笑)

まぁでもはっきりいうとそういう雰囲気のキーさんもいるんだなって新鮮に感じたのが大きかったですかね。
真面目でいい子という定番がキーさんでもありますけど、当然素行の悪いキーさんもいるでしょうし、それが少数だからあまり出会えないんでしょうか^^;

とっても、その子はその子なりにとてつもない辛い出来事とかもあったわけで、それを理解してくれない世の中や家族に訴えかけたかっただけなので心の奥底は真面目な事同じなんでしょうね。
悪い子になりたくてなれる子は悪いことをしてストレスを発散できているようですが、それを受け止めたりしてあげないと状況は変わらないのでストレスが溜まりどんどんエスカレートしていってしまうのでしょう。
結局は大人に訴えることができなくてストレスがたまってくるし、よって甘えることもできないのかもしれませんね。

悪い子になりたくてもなれない子は発散する場がなくストレスがたまっていきますが、根本は愛情に飢えていることや甘えたいということなので、心の葛藤は悪い子と似通っている事もあるんでしょうね。

過保護や放任主義、更に叱られない寂しさっていうのはその環境にない人や叱られてきた人には理解できないことなんですね。
叱られたり厳しくされてきた人達は放任や怒らない親が羨ましいと思ってしまいがちなんですけどそれは間違った見方です。
それが愛情に包まれている優しい家族であるとか、愛情をたくさん与えられて甘えて育ったってこととイコールではないんです。
そこを履き違えている人がとても多いし、当然親もそうなんですよね、叱らないことが優しさだと勘違いしています。

自分が叱られて嫌だったから、厳しくされて嫌だったから自分の子供にはそれをしないでいてあげよう、それが愛情なんだって。
でも虐待は除いて、厳しく育った人ってそれが嫌だったのは当然ですが、そこに愛情を感じているのであればそういう人はとても親を好きだし、尊敬していたり幸せだったなって感じるものです。

逆に放任されてきた子は、自分に無関心なのか、本当に愛されているのか、と寂しさを感じてしまい心が満たされないということもあるんですよね。
子供への愛情表現って偏りすぎることに問題があってこれらのことを均等にその子の性格に合わせて与えてあげることが重要なことだと感じます。
以前書いたことがありましたが、親になる前にそういった心理学的な勉強はとても必要なことだと思います。

誰でも初体験でもある子育ては手探り状態です、でも子供は親が世界で一番の存在と錯覚しています。
だからこそ自分を理解してくれなかったり、気持ちを察してくれなかったりすると、ひねくれたり満たされない気持ちになったりしてしまうんですね。

だからせめて子供を産む前に人間の心のコミュニケーションの大切さ、愛情の与え方を勉強して欲しいんです。
放任も、過保護も、叱らない教育も全て、子供を本当に愛しているからこそしているというケースは多いんですよね。
でもそれだけに愛情を注いでしまっては愛情の偏りができてしまい子供は満たされないこともあり、時には厳しくすることも必要なんです。

逆に子供側からの視線では、自分が大きくなって大人になったら親は自分と同じ人間なんだとしっかりと認識して、手探りで育ててくれたことを感謝して、自分が満たされなかったものは親の未熟さであって愛情はしっかりあったんだと認識してあげることは必要だと思います。

親に捨てられたり、離婚してしまって片親の子供たちも沢山いる中で、平凡でもちゃんと両親が育ててくれたことに感謝をして幸せを感じて欲しいと思います。
些細なことでも愛情や幸せを感じられることこそが今の時代の人たちには欠けていることであり、満たされない根源だと私は感じています。

話はだいぶ飛んでしまいましたね(汗)
とにかく私は真面目なキーさんとしか接してこなかったのでこの悪ガキ的なキーさんはとても意外でどうしても書きたくなりました。
私の方向性は変わらないし悪いことが多すぎるのでお仕置きもたくさんあるし扱いがとっても大変ですが、それでも私を必要としていてくれるので私も真剣に向き合っています。

根っからの悪い人間はいないしこの子はどうしてこのような価値観になってしまったのかを解明し、正常な考え方に持っていきたいと今は思っています。
子育てって大変で、きつい事を言って子供が傷ついたりそれで信頼関係を失ったり、そこから悪い道に入ったりしてしまうんです。
些細なことからすべてが始まります。
これからもこの意外なキーさんの成長を見て生きたいと思っています^^

子供の心のままの大人

人間ってだいたいはストレスが溜まっていたり、社会に出て疲れてたりと何かしらの苦労を抱えていますが、そんな中で一瞬でも子供に返りたいと思っている人はいるものです。
それがお仕置きに関係あってもなくてもです。

ま、社会生活でストレスがたまったり、心の中で葛藤をしたりってよくありますよね。
そんな状態で、自分の弱い面を出すことができなかったり出せる相手がいなかったりすると心が悲鳴をあげて心の行き場がなくなってしまうこともあると思います。

そんな時に子供に返って甘えたいって思ってしまうんでしょうかね。
子供に返りたくても意識は大人であるのが普通なのですが、意識も子供な人も中にはいます。
本人は大人としてしっかり行動しているつもりなのですが自然と子供みたいなところが出てしまうんですね。
まあ、そんなことが垣間見れる出来事が先日ありました。

お仕置き関係の子をある博物館に連れていったときのお話なのですが、その博物館には歴史的価値のある物が展示してあってちょうどその時間、その展示物について講義するというアナウンスが流れて人が集まっていったんですね。
みんな遠慮をしているのか一番前の真ん中の席だけは空いていて、私はそういうところも座っちゃう人なので特等席に座らせてもらいました(笑)

その展示物の話はおいといて、まぁ歴史にまつわる話で、いきなりゴールデンウィークの話になったんですね。
そこでこんな質問をされたんです。

それではみなさんに質問です
4月29日はなんの休日ですか?
5月3日は?
5月4日は?
5月5日は?

と。
さすがに5月5日はこどもの日ですね。
5月3日は???憲法記念日だったっけかな?とその時考えたのですが、自信がなく口に出ませんでした。

あ、でここからです。
講師の人が「4月29日は何の日でしょうか?」と会場の人に聞いたんですね。
私はその子に「みどりの日だろ?」と自信ありげにいったのですが、その子は「え、昭和の日じゃないの?」といい、いつも自分に自信ない性格なのに妙な自信を醸し出すので、私も休日の呼び名が変わったって聞いたような気がしてきたんです^^;

で、講師が「それじゃ、29日が昭和の日だと思う人手を挙げてください」といったんですね。
で、その子はその講師を一点に見つめて手を挙げたんです、まるで学生のような感じで。
私は「おいおい、普通手なんか挙げないだろー」と心の声で突っ込みつつ、恐る恐る後ろを振り返るとやっぱり手を挙げている人はほとんどいない、いても50代、60代の年配の方のみ。
そう、こういうのって小さい子供か年配の人しか手なんか挙げませんよね(笑)
答えがわからないという人もいるでしょうが例え答えが分かっていても恥ずかしくて手を挙げられないのではないでしょうか^^;

まだまだ続きがあります。
講師が「じゃあ、みどりの日だと思う人手を挙げてください」と続けていったんですね。
するとその子は私に
「手あげないの?」といってきたんですね(笑)
まさかそこを突っ込まれるとは思ってもみなかったので笑いそうな顔をこらえながら思わずその子を見つめてしまいました。
そのときに私の口元はニヤニヤとしていたと思うのですが、それをみてその子は首をかしげていました。
そのアイコンタクトで空気を読める人は気がつきそうですがまったく理解不能で私のこと「変な人」って思っていたのかもしれませんね^^;

ま、確かにみどりの日だと思ってはいましたけどね、学生じゃないんだから手を挙げなくたって怒られるわけじゃないし、正解したからってどうなるわけでもないし、逆に知識をひけらかしているようで恥ずかしくないですか?

結局29日は昭和の日だったわけです。
で、5月4日はみどりの日になってたんですね。
前までは国民の休日という日だったんだと思いますけど、カルチャーショックでした、時代についていけてない(汗)

まだまだ終わりません(笑)
その流れで水族館も行ったのですが、イルカのショー兼イルカの生体の説明みたいなことをしていてまたしても問題が出たんです(笑)
あ、その時も一番前の真ん中の席が空いていてそこに座りました、まぁそこは水がかかるかもしれないということでみんな避けていたのかもしれませんが。
イルカの生体の質問(5問くらい)に対してもやはりこの子は相変わらず手を挙げていました(苦笑)
そして結構な観客がいたのでたしかに手を挙げていた人もいたのですが、やはり子供か年配者。

その子は後ろを振り返ることなく自分が正解だと思う質問に手を挙げていたのですが、頭の中では全員が手を挙げているものだと思い込んでいるのでしょう(笑)
みんなが手を挙げていないのを知っていてあえて手を挙げているのと、それを知らないでみんな手を挙げていると思い込んで手をあげているのとは全然違いますからね。
子供は無邪気に大きい声で答えを口で言っているのですが、これって大人が手を挙げるのとあまり変わらないなぁと考えながらその子の無邪気な姿を見ていました。
「なーに?」と聞くので含み笑いで「なんでもない」と答えて・・・。

こういう子供のまま大きくなったような女性もいるんですね、子供に返ろうとするのではなく、根が子供だからそうする必要なく、でも仕事とかの時は必死に大人になろうとするみたいな感じです。
ま、私はそれにたいして口に出していうことはなく、呆れながらも可愛いなぁと思っていました^^;

人間は大人になるに連れて純粋な心を忘れていくものですが、子供に返ってみるからこそ純粋になれることもあるのではないでしょうか。
それによって社会生活に疲れはてた自分を浄化できる、リフレッシュできることにつながるのだと思います。
子供に返ることこそが、唯一自分を吐き出せる空間であり居場所である場合もあります。

お仕置きは自分を見つめなおすこと、そして甘える事という感じで表現されていますが、そうではなく子供に返ることが大きな魅力なのかもしれませんね。
敵ばかりの社会に立ち向かいボロボロになりながらも必死に戦っている毎日。
精神的に疲れ、理解してくれる人も殆どいない、注意されても心のない怒りでありイジメでもある。
弱い自分がいて、その部分を出したくても吐き出すところなんてどこにもない。

そんな人たちが弱い自分を出せる、ストレスをすべて発散できる相手を必要とし、その相手の下で子供に返ることによりストレスを吐き出し、社会生活を維持できる。
それが結果的にお仕置きを求めるという形に直結してしまっていることもあるのかもしれません。
欲してる何かを極限に突き詰めていた結果ではないかと改めて最近感じています。
他人には見せたくない部分でも唯一の存在に対してだけにはそういう部分を見せられれば幸せですよね。
見栄やプライドの塊まりを砕いて楽になりたいと願っている人は今の世の中たくさんいるのではないかと感じています。

だからこそ大人だけど子供に返りたいと思い、子供に返って全てを吐き出したいと思うのでしょう。
子供に返るとは自分の弱い所を曝け出すということと認識している人もいるでしょう。
そういう仮面を脱ぐことが子供に返ることなんでしょうね。

でも先ほどの女性のように大人なのに子供の心を持ち続けている子は無邪気で天然で、一生懸命で、私から見たらほのぼのするしとても可愛く感じてしまいます^^



(注)現在は活動で会った方との予約時間外のお付き合いは一切していません。

お仕置き依存症?

日常会話やテレビなどでお尻ペンとかお仕置きとか悪い子とか耳にするとすぐにお仕置きモードになってしまう私ですが、
100円ショップやホームセンターに行くとお仕置きに使えそうなものを必ず物色してしまいます^^;

家庭的なお仕置きに憧れを持つ子はよく家庭にあるようなお仕置き道具を好みますよね。
まぁ私的にはスリッパは無しですけど、おそらくキーさんもスリッパは好まないような気がします。
日本の家庭にあるような道具というと、布団叩き、物差し、定規、木ブラシ、靴ベラ、といったところでしょうか。

で、先日渋谷にある和食の割烹料理的なお店に招待されたときのことです。
初めて行ったお店だったのですが、混んでいて少し待たされていたんですね。
靴を脱いであがるような店だったのですが、ちょうどそこに靴べらがあって、その靴べらがどう見てもお尻叩き用にしか見えないくらいよく出来たおしゃれな造りだったんですよね。

逆にいうと靴べらには見えない、お仕置き用にしか見えない竹製の作りでした。
とても長い靴ベラで長さは80センチほどあったかと思います。
今度こういう靴ベラを探してお仕置き用として持っておこうと心に決めた瞬間でもありました(笑)

で、そのお店には二人で行ったのですが、一緒にいたのはキーさんでした。
お仕置きをする為に会ったのではなく、お仕置きのことも含めお話しをする為にその日初めて会いました。
お昼に会い、食事をして他の場所でいろいろとお話をし、夕方そのお店に行くまでには結構緊張もほぐれていた感じでした。

私はその靴べらを手にとってニヤニヤとしながらキーさんを見つめたのですが、これが無反応なんですね。
絶対に反応しているはずなのに平静を装っているんだと思って、その靴べらでお尻を叩く振りをしたんですね。
でも表情を変えず、逆に少し怒った様な感じで「やめて」といわれてしまいました(汗)

キーさんっていい子で真面目な子が多いので、人前でこんなことあり得ないんでしょうね^^;
「私は全く興味なんてありません、なんですかそれは」
みたいな感じでいるのが見え見えだったので、つい軽く叩いてしまいました(汗)

その後も待たされている間、私はその芸術性のある靴べらを賞賛し、一生懸命にキーさんに語っていたのですが、そのキーさんは首をかしげ、あまりピンときていない”フリ”をしていましたね^^;
会話が聞こえてしまうという不安とかあったのでしょうか。

私の中では絶対にドキドキしているなと決め付けていていたんですけどね。
本人には本当のところは確認していませんが。
平静を装っている姿が少し可愛く見えました。

その後、食事をしながらも、お仕置き関連のお話に花が咲き・・・。
お仕置き話しに夢中になるとつい熱く語って周りに人がいることを忘れてしまうんですよね^^;
今度そのキーさんに本当のところはどう思っていたのか聞いてみることにします^^


(注)現在は活動で会った方との予約時間外のお付き合いは一切していません。

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示