どうにかしたい日常の欲求 2

前記事の続きです。

どんどんと性欲の世界にはまっていかないようにするにはどうしたらいいのか、それには抑制が必要ですが、、、とここまでお話ししましたね。

抑制というのは何かというと、ネットでいろいろと調べないということです^^;
なんだよ!と思うでしょうが、それしかないんですよね・・・。

仮に普通の性知識であれば、いくら調べたとしてもいいと思います、それは彼氏がいればそういう行為をするわけなので問題は無いのですからね。
でもそれが更に進化してアブノーマル系になると彼氏では処理できなくて困ってしまうことになりますよね。

アブノーマルな事って肉体ではなく、脳が刺激されるものなので、肉体の快楽に、更に快楽を与えてくれるものでもあるんです。
もちろん興味が無い人にとっては何の意味もないことですが、何か感じるものがある人はそこから抜け出せなくなります。
例を挙げると薬物のようなものですね。
薬物は脳内ホルモンの分泌を促して脳に快楽を与えるものなので、なかなか抜け出せない危険なものです。

だからあえて自分で調べてわざわざアブノーマルな世界に入ることはしない方がいいんです。
もともとアブノーマルに興味があって調べるのであればそれはその人の性癖なので自由ですけどね^^

今の時代は好奇心で性的な情報はすぐに調べられて、そこには必ずアブノーマルな情報もあります。
アブノーマルな行為は脳で考え、人によっては快楽を得てしまうものなので、アブノーマルに興味が無かった普通の人でも興味を持ってしまうこともあるんですね。
だからこそアブノーマル行為の低年齢化が進み過ぎているんだと私は思っています。

ディシプリンスパの世界でも似たようなことがいえます。
最初はお仕置きがたまたま出てくるようなアニメを見たり、実際に大人に叱られている他人の姿を見て、お仕置きに憧れをもってしまいますが、その時はそれで終わっていたはずです。

しかしネットで調べてみると動画や小説、ブログや掲示板等、今まで憧れていたお仕置きの世界がさらに広がり、妄想力が付き、どんどんとお仕置き願望が膨らんできて、お仕置きを実際にしてほしくなるけど勇気が無い。
そうなると、どうにもならない苦しい思いを感じたりしてきます。

更にいうと、スパのお仕置きとSMのお仕置きは大まかにいうと、支配されることや追い詰められるような精神的な部分が似ていることから、キーさんがSMに流されてしまう事がよくあります。
スパのお仕置きを検索していれば必ずSMの情報も出てきてしまい、それに対して嫌悪を持っている人はそれでいいのですが、興味を持って見てしまうと、スパと違った拘束感や被支配感、隷属感、嫌なことを強要されるようなお仕置き等、スパのお仕置きと似た部分を妄想して、錯覚のような感じでSMに興味を持ったりしてしまいます。

興味を持ってしまえば今度は体験したくなりますから、そうなると見ず知らずの人に会わなければなりません。
ただ、SMはディシプリンスパとは違い性欲処理なので、その性欲処理の為に掲示板で男の人を探すことになるんです。
でも性欲処理のために男を探すなんて絶対にあり得ないこと!と以前は必ず思っていたはずです。

そのハードルを越えてしまうほどの欲求があって、それで一歩踏み出してしまい、それをしてしまうとなかなか前の純粋な自分には戻れないんです。
もし知らない男の人には会いたくないと、強い意志で我慢していたとしたらそれはそれで妄想ばかりが膨らんでしまい辛く苦しむことになるわけなので、それがわかっているからこそ、アブノーマルな世界は見ないのが一番いいんです。

もちろんいい人と出会う確率もあります、スパでもSMでも掲示板の出会いで結婚した人もいます。
ただそれは確率からいったら低すぎますからね・・・。
リスクを背負って、傷つくのを覚悟で、体をいろいろな男の人に捧げるというのは考える余地がありそうです。

まぁとにかく、どうにもならない欲求を抑える方法は難しいのですが、そこまでではない人はネットの情報を調べすぎないように、アブノーマルな事を妄想しないように、今の妄想の世界を広げないようにしていきましょう。

お仕置き願望であればここで体験するのもいいでしょう、性欲に関してはここで話をするだけでも薄れることはありますし、実際にどのようなものなのかを私が話をすることで多少さめることもあるかもしれません。
妄想とは所詮妄想で、現実の怖さや虚しさ、実際どういう人が多いのか、どういう事例が多いのか、までは考えられていませんからね。
そういう問題で悩んでいる人は是非お話しに来てください^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

どうにかしたい日常の欲求

どうにもならない欲求で悩み苦しんでいる人は結構いるものです、特にそれは女性に多いでしょうね。
どうにもならない欲求というと「性欲」が一番に上がりますが、それ以外にも満たされたい対象がとても強いのであれば性欲以外にもありえます。
その一つがディシプリン派の性的ではないお仕置き欲求なんですね。

お仕置き欲にせよ、性欲にせよ、それはかなり深刻な問題であります。
男性であればそういう不満は友達に言えますし、性欲処理をする風俗もあります。
男が風俗に行くというのは彼女や奥さん、女友達には内緒にしている人も多いですが、男同士ではオープンにコミュニケーションの一つとなっていたりします^^;
ですが、女性はそういうわけにもいかず、そういうことを口にしたらどうなるかわかりませんよね。
だから自分の中で抱えてしまい、そしてそれがもっと欲求をためてしまう事にもなるんですね。

ひどい時には涙が出たり、吐き気がしたり、モヤモヤがとれなくてやらなければならないことが手につかなかったり、頭から足先までに電流が走るような感覚に陥ったり、ソワソワして落ち着かなかったり、本当にどうにかしたいけどどうにもできない、日常生活に支障が出るような苦しみです。

スパのお仕置き、SM的な行為、そして性行為と欲求はそれぞれありますが、最近はネットが普及していることもあり、この異常なほど膨らんでしまう欲求の正体は、実はネットなどから仕入れた余計な情報というのは間違いありません。

スパのお仕置きに興味があってそこからお仕置きを検索して妄想を膨らませていく子
若い時に性的な事に興味を持ってネットで調べてはまっていく子
その中でより刺激的なSMに興味をもってどんどんと調べてしまう子

興味があるということはとことん調べてしまいますし、自分の理想やより満たされる妄想があったり見つけたりするわけなので、どんどんと世界が広がっていきます。
妄想してもそれは飽きてしまい、更に刺激的な妄想をしてしまう。
定番の妄想はあったとしても、そこから微妙にストーリーを変えたりしていろいろなことを考えてしまいます。

こういったことを日々考えていたらその欲求を満たしたいと思うのは当然で、でも満たすには見ず知らずの人と会わなければならない。
未経験の人だいたいはそこで思いとどまります。
それは私は正解だと思うのですが、欲求を満たせないというのは辛いもので、それが悩み苦しみ、日常生活に支障が出るほどになってしまう人もいるんですね。
女性の場合は特に生理前なんかはホルモンバランスが崩れ、かなり不安定になってしまうのでその時期はとても辛いという人が多いようです。

しかしそうなってしまってはなかなか対処のしようがありません、欲求を抑えるには欲求を満たしてあげることが一番の近道であるのですが、そうなると誰かに会わなければなりません、それができないのですからもう我慢しかないんですね…。
でも、ここまで欲求が抑えられなくなってしまった子にはとても地獄の日々となるわけです。

妄想の力ってもの凄くて、それは現実よりも満たされるストーリーですから最高のシチュエーションなんですね、それをどんどん進化させていったらどうなるかくらい想像は尽きますよね^^;
パートナーやそれを満たしてくれる彼氏がいるのなら問題ないのですが、その相手方がいない子たちはとてもかわいそうです。

性的なことが無いお仕置ならば問題はないと思いますが、そうではなくて自分の”性欲処理”のために知らない男の人と会うという行動は我慢してもらいたいと私は思います。
一度会ってしまったらこれまで守ってきた大切な何かを失ってしまうような気がします。

一度そういう人と会うことを経験した人は、その高いハードルをクリアしてしまったために抵抗力が薄まる、そこで大切なものが麻痺してしまう、そこが怖いと私は思うんです。

そのようにどんどんと性欲の世界にはまっていかないようにするにはどうしたらいいのか、それには抑制が必要ですが、それは次回にまたお話しします。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

キーかМか、、、お仕置き体験その②

続きです。

このサイトを立ち上げてからすぐ位のころでしょうか、これまで三人だけSMの体験をさせたことがありました。
その子たちは共通して「Мなのかキーなのかわからない」と悩んでいたんです。
それは空想上や妄想上の悩みではなくて、実際にSM的なこともスパ的なことも体験した上で訳が分からなくなっていたんですね。

私はスパのお仕置きの後に、「SMのお仕置きとスパのお仕置きの違いを体験したいなら、日を改めてならしてあげてもいいよ」
というようなことを言ったことがありました。
それは私はSMの活動をしていたこともあり、スパのお仕置きとSMのお仕置きの明らかな違いがよくわかっていたからです。
その行為で本当に求めているものが分かればいいかなと思ったのですが、日を改めてと言ったのはスパとSM的なことを意識的に分けるために同じ日や同じ場所ではしたくなかったからなんですね。

明らかな違いというのは支配するものとしての意識からくるものですが、言動や顔つきでその場の空気を変えていきます。
そういった雰囲気作りは大切で、そうやって相手の精神的な部分をコントロールしていくのです。
どんなお仕置きの違いか簡単に言うと、スパは親から子への愛情溢れる叱りに対して、SMは虐待的、より支配的で理不尽な叱りも含まれるという感じです。

それを3人それぞれに実践してみて、SMのお仕置きに対してどう感じるかということを検証していきました。
3人ともSM行為はあまり経験はしていなかったものの、カーさんからSM行為をされて嫌悪を覚える傍ら、感じてしまっている自分にも気が付いていた感じでした。
このキーさんたちが嫌悪していたのはスパのお仕置きなのにSM行為をしていたからだと私は感じ、だから今回はスパではなくSMということで体験をさせたいと思ったのです。

実際どうだったかというと、3人ともSMに対しては本人たちが思っていた以上に快楽を感じ、SMを求めていることが分かったようです。
同時にスパがなければ満たされず、その部分はSMでは決して満たすことができないということも分かったようです。
つまりスパとSMは別物で、スパは精神的な安定のために必要で、SMは性的快楽のために必要だということです。
キーでありМでもあることは普通のことでもありますが、一番苦労することはパートナー問題でしょうね^^;

今現在の私のこの活動では、体験したいということでもSM行為をすることはありませんが、雰囲気や言葉でその違いを感じさせてあげたり、カウンセリングでキーかМか、はたまたその両方かを診断したりはしていますよ^^





当サイトへは下記よりお入りください。

PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

キーかМか、、、お仕置き体験その①

キーさんの中にはお仕置きに対して”スパを求めているのかSMを求めているのか”が分からない人ってまぁまぁいるんですね。
多分キーだと思うけど違うかもしれない、SM的なことも考えてしまうから自分はどうなんだろうという感じです。

お仕置きに興味をもっていろいろと検索してみるとSM的要素なお仕置きがたくさん出てきて、そういうのを含めてお仕置きと認識してしまうこともありますよね。
そうやってSM的な部分を受け入れないとお仕置き体験ができないと思ってしまう子も多いんです。
しかもスパのお仕置きとSM的なお仕置きというのは、その世界を知らない人から見たら同じに見えてしまうこともあり、それはお仕置きに憧れを持つキーさんの一部も同じような感覚なんですね。

そして体験の結果、SM的なお仕置きに対して多少の違和感を感じつつも心地よさも感じ、ある程度満たされるのでそのまま流されてしまう子もいます。
でもそれはキーの部分とМの部分が混在しているからこそ違和感と心地よさの両方が混在しているんだと思います。
ただ、そういう場合はスパのお仕置きは別でするというようなことをしていかないと心が満たされないままでいることにつながります。
SMはSMですればいいんです、そしてスパのお仕置きの欲求が出た場合にはスパのお仕置きをしてくれる人を探せばいいわけです。

М要素がなければSM的なお仕置きには心地よさは感じることはあまりないのですが、SM的なお仕置きとスパのお仕置きで共通している部分もあるのでまたややこしくなるんです。
それは、「支配下にはいる、叱られる、追い詰められる感覚、抵抗しても押さえつけられて叩かれる」というようなことで、これはキーでもМでも満たされる部分が似ているんですね。

だからこそ、キーであり、Мでもある人は自分がMなのかキーなのか、またはスパとSMのどっちを求めているのかがわからずに悩んでしまうんです。
しかもそのことを相談する相手もなく、パートナーに相談したらほとんどはSMに誘導されてしまうでしょう。
そうやって流されてしまう背景には、女性はもともとМ要素を持っている人が多く、キーであるけれどМでもあるという人は普通にいて当たり前で誘導されやすいからなのではないかと私は思います。
なのでキーの部分は一切捨てる必要はなく、性欲の部分でМになればそれでいいわけです。

こういう相談は軽いものから重いものまでカウントすると、かなりの人が一度は悩み、相談してくることが多いんですね。
現在の活動では、SMに対する「”考え方””精神的な部分の捉え方””言動や行動”」などを説明して疑似的にSMとはどういう行為なのか、それを自分でイメージしてみてどう感じるのかというのを言葉で説明したりアドバイスをしたりしています。
その結果、実際はキーであり、Мでもある人が多いですね、稀にですが、キー要素がないМなだけだったという人もいましたね^^

まぁ、過去には実際に体験させたこともありました^^;
そんなお話をカミングアウトしようと思います。

続きはまた後日に・・・。

ちょっとした出来心

前記事で縛りの話を書いていてちょっと思い出したことがあったのでそのお話です。

遠い過去にこんなことがありました。
キーさんにお仕置きをし、ベッドでまったりとした時間を過ごしていた時のこと。

私はおもむろにきんちゃく袋の中から麻縄(体を縛る用の麻の縄)を取り出して
「これわかる?」
と聞くとそのキーさんは首をかしげながら
「ひも?何に使うの?」
というので
「これで体を縛るんだよ」
というと
「へーー」
と分かっているのかいないのか微妙な返事、そのような知識が全くないキーさんだったんですね。

で、なんで私が麻縄を持っていたかというと、事情があってお付き合いのあるM女さんからその日に受け取っていたからなんです。
もちろんきーさんを縛るために用意したわけではないですからね^^;
たまたまキーさんと会う日と重なっただけですから。
キーさんといっても何度も会っているお互い気心の知れたキーさんです、でなければこんな会話できません(汗)。

で、私は冗談半分、本気半分で
「縛るの体験してみる?」
というと
「え、やだやだやだ」
との返答
でも私からするとその解釈は
「縛られてみたいな」
だったんですね。
それで
「じゃあ、足だけだから、大丈夫だから」
ということで、両足だけをボンレスハムのような感じで縛っていったんですね。
そしたら
「やだやだやだ、本当にやだ」
といい、その聞こえてくる声に心地よさを感じ(笑)
でもそんな言葉は無視して縛っていると、、、。
なんとそのキーさんの目からは大粒の涙が・・・・。

そうです、真剣に泣いちゃったんです、、、。
それを見た私はというと、
こんな素の涙も滅多に見れるものじゃないと、数秒間ですがその泣き顔を観察してしまいまして、それから縄を解きました^^;
まさか大の大人がこんなことで泣くとは思わず、私のちょっとした出来心で思わぬ収穫を得ることができました!?
いや、収穫ではなくて、ちょっとした出来心で怖い思いをさせてしまいました(汗)

そのキーさんにどうして泣いたか聞いたところ、なにやら私の顔つきが変わって怖かったのと、縛られること自体が怖かったとのこと。
私は顔つきを変えた覚えはないのですが、無意識に変わっていたのでしょうか???

そのキーさんとは長い付き合いで信頼関係もしっかりあるのでこういう行為ができたのであって、他の子であれば絶対にしませんからね、どうか誤解をしないようにしてください^^;
縄を解いた後は何事もなかったように仲良くお話ししましたから何も問題はなかったんでしょう(笑)

まぁつい出来心でこんなことをしてしまいましたが、今後は細心の注意を払いたいとその時に思いました。
お仕置きにはSMを持ち込まないというのはどんな状況でも徹底していますのでご安心を^^



スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示