税務申告?届け出?

活動をしているといろいろな声が届いてきます。
その一つに「お金を取っていてそれを申告しているのか」「届け出はしているのか」「それらをしていなかったら違法ではないか」
という声がありました。

そういう話をどこかから聞いた方から私は教えてもらうのですが、たまにそういうことを耳にします。
ま、実情を知らない人がそういうようなことを言われたら「そうなんだ!」と思ってしまうでしょうから困ったものです^^;
ということで誤解のないように説明したいと思います(どうでもいいことですが)

ちょっと法律的なお話をすると、税法上の事業とは収益活動ことで、その中でも個人での事業は個人事業主にあたり、これは当然利益を目的に生計を立てていることが前提です。
その場合は事業を開始してから1か月以内に「開業届」(正式には「個人事業の開業届出書」)を税務署に提出しなければならないことになっています。(仮に出さなくても罰則はありません)
これが税務署への届け出義務です。

ただし私の活動は税法上で事業に当たらない個人活動であり、私が断言してしまえばある種のボランティア活動ともいえちゃいます(汗)
ま、私の趣味的な事で好きでやっていることですが、それが人助けにつながればそれはそれでボランティア活動と表現してもいいのかもしれません^^;

ちなみにボランティアは、かかった経費等を受け取らない無償ボランティアと、経費分を徴収するような形の有償ボランティアとありますが、経費を受け取ってもこれを所得とはいいませんし、もしそれで利益が出ているようであれば税金の申告が必要な場合がでてきます。

結局は個人活動とか有償ボランティアとかの活動形態は問題ではなく、税務署が事業とみなすかどうかの話です。
税務署が事業とみなすかどうかは利益(所得)がどのくらいあるかで判断します。

利益が出てなければ事業とはみなさないので開業届の必要はありませんが、いくら有償ボランティアといえど一定額以上の所得になった場合は事業とみなされるでしょうね。
そうなれば開業届は必要になり、その上で税額が発生する収益が出た場合は申告の義務が発生します(税額が発生しなければ申告するしないは自由です)

で、私のお仕置き活動の場合ですが、確かに料金は発生していますが、それは施設使用料という名目でいただいており、これは施設の維持費等の経費として受け取っているわけです。
1ヵ月どのくらい経費がかかるかは計算できるので、それを1か月に最大何人くらい依頼がありそうかを想定して、その人数で割った額を施設使用料として設定しています。

つまりこの額は利益を想定しての金額ではなく、利益が出ないように計算した額で、毎月赤字分は私自身が負担しています。
これは毎月の経費ですが、それ以外にも初めにかかった諸経費や施設の整備費、活動をやめた時の処分費などはすべて私負担になるので、金銭面に関してはマイナスしかありません。

仮にの話ですが、依頼者がめちゃくちゃ増えて、利益が出てくるような自体になった場合でも、税額が発生しない範囲(控除額を差し引いて所得なければ)であれば申告義務はありません。
まぁ申告するような額になったとしたら施設使用料を減額しますけどね^^

ちなみに私は毎年欠かさず確定申告をしています。
逆にこの活動もひっくるめて申告できれば節税できるのですが、この活動は事業でないのでそれは認めらません^^;


それと事業の届け出といえば税務署とは別に特定の業種は警察への届け出が必要です。
お金を取ってお尻を触るから風俗だ!なんて声があるようですが、これもそもそも事業ではないので風営法には該当しません。

簡単に説明すると風俗営業とは大きく分けて「風俗営業」と「性風俗関連特殊営業」があり、その中で俗にいう性風俗というのは、「個室を設けて個室において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業」となっています。
まぁ簡単にいうと、性器への接触や裸を見せるなどして自己の性的欲求を満たす行為ということになります。

この活動の場合は性的行為はありませんし、お説教をして罰としてお尻を叩くだけです。
これが性風俗という認識であるなら、親から子供へのお尻ペンペンは性的虐待となり、犯罪行為ということになってしまいます。
まぁ私の認識も依頼する人たちの認識もこれは性的行為ではないということが前提となっているので性風俗の認定には無理がありすぎます。

マッサージや整体も性的行為ではなくても、時には生尻を触ったりするのも仕事で、だからといって風俗ではないですからね。
そこから先に性的サービスがあれば別ですけど。
また、利用するにあたっては18歳以上であればなにも問題はなく、日本の法律はしっかりと遵守した上で活動をしています。

ちなみに依頼する側が性的好奇心を持っていたとしても成立しません。
例えばマッサージや病院などに性欲目的でいく人はいますけど、それは店側はそれに応じるわけではないし、相手があからさまにそういう態度でなければ対処のしようがありません。
なので私の活動に仮に性欲目的で来たとしても私がそういう行為に応じない限り全く問題はないわけです。

というか、そもそも利益を目的とした事業でも商売でもないので、風営法とはまったく関係のない活動です。
仮に商売にしたとしてもやっている内容は絶対に風俗と認定はされないと断言できますからね^^;

趣味のサークルとか、同好会とかで性的な事をしているところも存在しますが、そこの密室で1対1で性的な行為をしていたとしても違法行為とはなりません。
なのでこの活動であれば事業でもないし、性的な事もしていないので任意活動として全く違法性のないものです^^

長々と書きましたが、最後に。
スパの世界はいろいろな見方もありますし、それぞれのいろいろな考え方はあると思いますが、私は私なりの思いでシステムを考えて活動をしていますので、どうか温かくお見守りください^^;

ということで、届出関係の説明でした^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

良いお年を?

もうすぐ今年も終わってしまいますね、本当にあっという間の一年でした^^

お仕置き活動の方は昨日の30日が最後でした。
まぁ今日でも受け付けはしていたんですけどね、さすがに誰も予約はなかったです^^;
年始は4日から活動を始めますが、3日でも予約は受けようかなと考えています。

ちなみに今年は初めてお会いする子が39人でした。
去年は38人だったので、ほぼ同じくらいでしたね、隠れキーさんも含め来年はどのくらい初めての子が来るのか、そういったことも一つの楽しみでもあります^^

初めてでも話している内容は結構深い内容なので、1回会うだけでもとても親近感が湧きますし、いろいろな人生や心の葛藤、そしてお仕置き欲求など、他人には見せれない一面を明かして心を解放することによって、そこらの知り合いよりも心が許しあえるんでしょうね。

サイト開設は2011年ですが、7年間の中の数年は活動休止し、再開後からは丸3年となりました。
あっという間の3年でしたが、この活動をしていてよかったなぁと実感しています、いろいろな出会いに感謝です^^
来年もよろしくお願いします。


最後に「良いお年を」で締めたいのですが、この言葉は31日には使わない言葉だそうです。
ざっくり説明するとこの意味は「大掃除や年内にやらなければならないことを全て終わらせて、無事大晦日を迎えられるように」
という意味を込めて「良いお年をお迎えください」というそうです。

なんだその複雑な言い回しは!と思ってしまいますが、「良いお年をお迎えください」というのはそれを省略した言葉で、年内にやらなければならないことは31日にはすでに終わっている事なので、31日にその言葉を使うのは間違いだそうです。
昔の言葉だからそうなっているのでしょうけど、そういう語源であれば、その言葉を言いたくても無知と思われるから言いずらいし、かといって31日でも普通に使う人はたくさんいて返答に困ってしまいます。
しかもこの言葉は一番しっくりきますしね。

新年を迎える前であればいいと思うので、それならば、新たに言葉の意味を作ってもいいんじゃないかでしょうか。
単純に「良いお年を」でいいですよね、本当にいい言葉だと思います。

ということで、それではみなさん

よいお年を^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

映画「ボスベイビー」

柄にもなく、付き合いで「ボスベイビー」という映画を観てきました^^;
ま、以前も「美女と野獣」というどちらかというと子供向け(?)の映画を観たのですが、 今回の「ボスベイビー」も考えさせられるものがありました^^;
やはりなんでも観てみるものですね、付き合いで自分の好みでないものを観るのもいいものかもしれません^^

この「ボスベイビー」ですが、単なるコミカルな映画なのでしょうが、私的にはとても切なく心を揺さぶられました。
まぁ最終的にはハッピーエンドなんですけど、そこに至るまでの前半の経緯は心が引き裂かれるようでした^^;

まぁ簡単いうと、弟が産まれるのですが、当然赤ちゃんであるため、両親は赤ちゃんに付きっ切り。
それまで両親を独り占めだったお兄ちゃんは一気に疎外感に苛まれます。

映画を観ていると現実離れしているようですが、嫉妬したお兄ちゃんの家族に対する心の葛藤というか、そこからくる被害妄想的な空想の世界のようにも受け取れます。

私のところに来るキーさんの中にもお姉ちゃんだからといって、母親に十分に甘えることができずに育ってきた子は結構いるものです。
まだまだ幼いにもかかわらず、妹や弟に母親をとられ、強制的に自立させられ、それによって甘えることを我慢して育ち、それによって心が欠落し、精神に歪みが生じているケースもあります。

お姉ちゃんとして当たり前のように育てられると、お姉さん的な性格になるように、本人は寂しさなど感じない無自覚な子も当然いるのですが、大人になってから寂しさに気づく子もいますし、甘え方が分からなくて素直になれなくなってしまった子もいます。

そういう経験があったり、弟もしくは妹がいる人には共感できる部分が大いにあるのではないでしょうか。
全ての愛情を受けいていた子が、ある日突然その全ての愛情をとられてしまうのは、小さいながらに気が狂うような悲しさがあるでしょうね。
子どもの子育てもそうならないように、赤ちゃんに手間をかけるのはしょうがないのですが、その分お兄ちゃんやお姉ちゃんにはそれ相応の言葉がけをしていくのは大切な事です、それは手間のかからない言葉をもちいた愛情ですからね^^

まぁコミカルチックでブラックな部分もある映画ですが、深読みしすぎなのでしょうか、私はなにやら切ない映画のように受け取ってしまいました^^;
映画はいろいろな刺激をもらえていいものですね、人間にとって大切な何かを教えてくれるような映画はとても心に響きます。
そういうのが私の好きな映画です^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」

先日「8年越しの花嫁 奇跡の実話」という映画を観てきました。
まぁ実話という事だったので興味があって観に行ったのですが、これこそ純愛といか究極の愛って感じでしたね^^

この映画を観た後ですが、モデルとなった二人とその家族のドキュメンタリー映像を観ました。
主人公の二人の話では、この映画は実話を忠実に再現されていると話していたので、それを聞いて更に気持ちが入り込んでしまいました^^;

ドキュメンタリー映像で実際の二人の顔をみて、二人の話を聞いて、闘病生活の写真を見て、両親の話などを聞いたりしていると、映画では感じられなかったものが心に届いてきます。

恋愛や結婚をするにあたって、いくらお金があっても、学歴や勤務先が優秀でも、ルックスが良くても、それは形だけの幸せです。
当たり前ですがそこに愛がなければ心の幸せはつかめません。
ただ、生活のことを考えたり周りの目を考えたりすると愛より形に走りがちになってしまう事もあるでしょう。

しかしこの映画の主人公の場合は、全てが無くなったとしても結婚したでしょうし、愛だけで幸せになれる心の持ち主だなぁと感じました^^
綺麗事をいっても、実際は愛だけではなかなか結婚には踏み切れないものですが、それでも一緒になるというのが純愛というのではないでしょうか。

お金では心を満たせません、満たせたとしてもそれは一時だけです。
地位や名誉、学歴や職業なども同じことです。
一生懸命に勉強をしていい企業に就職することが幸せではなく、これは幸せになるための手段の一つです。
幸せとは形も必要な事はありますが、それよりも優先すべきことは愛のはずだと私は思っています。

永久的に心を満たしてくれるのは「愛」だけです、そんなことはないと思っている人も死の直前には気がつくかもしれません。
まぁその永久的な愛を得るのが難しいのであって、得ようと思っても得られるものでもないんですけどね、その想いは大切だと思います。
そんな基本的な事を考えさせられる映画でした^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

はじめてのおつかい

先日テレビ番組で「はじめてのおつかい」をたまたま見る機会がありました。
ちょっと用事があったので1時間ほどしか見れなかったのですが何か見入ってしまう魅力のようなものがありますよね^^;

小さい子供の言動はいつも正直なので、そういうところが魅力なのかもしれません。
時には傷つく言葉を口にしますが、優しい言葉や想いもたくさん持っていて、小さい子供が口にする思いやりの言葉はグッとくるものがあります、それは確実に本心からと分かるからでしょう。
そういう部分って大人になるにつれて変わっていきますよね・・・。

いい面ではありますが、相手を傷つけないような発言をして、自分の本心をしまったり
悪い面では優しい言葉がけも気恥ずかしくなって言わなくなってきたり、
素直な自分を見せないように強がってみたり、
大人になるにつれて成長という名の元、人間の大事な部分も消えていくような気がします。

なので「はじめてのおつかい」での小さい子供の必死な姿や、ありのままの自分を出す姿、そして純粋さに対して人間の本質を感じ、それで魅せられてしまうんだろうと感じます。
私のところに来るキーさんでも、子供のように必死に話をしてくる子、ちょっとからかったことをいうとムキになって抗議してくる子など普通にいますが、私から見たらそういう姿は小さい子供そのもので、「可愛いなぁ」と思う一部分でもあります^^;

今回私が見たお気に入りの場面は男の子と女の子の二人でのおつかいでした。
お母さんにお団子を買うのですが、荷物が多いからといって二人の分はその場で食べてしまい、お母さんの分だけを持って帰ることになったんですね。
そしてもう少しで家だという時に安心感もあったのか、喜びながら走り出したんです。
私はその時にその子が転んで泣いてしまう姿を不謹慎ながら妄想していたのですが…、
その瞬間に転んでしまい、団子が道端に転がり、その女の子は大泣き・・・。

自分のおやつでも悲しいのに、お母さんのために頑張って持ってきた気持ちのこもった品物だったはずです。
その女の子の気持ちを考えると、とても切なく、何とも言えない思いになってしまいますよね・・・。
ただ、私の場合はそういう姿にキュンとしてニヤけてしまうんですけどね^^;
可愛すぎてキュンとしてニヤけてしまうということですから誤解のないように(笑)

でも、ああやって悲しい場面に人目を気にせずに大泣きできる純情さや素直さは大人になるにつれて忘れてしまいますよね。
大人になってもそういう部分は持ち続けてほしいと私個人では思っていますし、そうできないのであれば私の前だけでは本当の自分をさらけ出して、ありのままの姿を見せてほしいと思ってしまいます。
そう考えていたら、そういう部分を求めて私もお仕置き活動をしているのかもしれないと、この番組を見て少し考えてしまいました^^;

この番組はたまにしかやっていないようですが、なぜか何かのきっかけで番組の一部は見ているという不思議な番組なんですよね、調べてみたらだいたい年2回しか放送されていないようです。
次回は予約録画をしてじっくりと見てみたいと思いました^^;

大人になった今、子供に返ってみたいとか、子供のように無邪気になってみたい、昔の願望を叶えたいなど、そういう部分で自分を満たしてみたいと思う方は是非お話を聞きますよ^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定”でありカウンセリング的な”心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけております。
お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含めて全体的にはカウンセリングのようなものです。

また、私は基本的に反省理由をこじつけてのお仕置きはしません。
お仕置きはお説教とお尻ペンペンが必ずセットで存在し、更にお仕置き後のアフターケアをしてお仕置きが成立します。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為と自己の自制や罪悪感」です。

お仕置きでの関係性は温かい愛情のある親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
なので私が命令口調で話したり、感情的に怒鳴ったり汚い言葉遣いを使ったりすることはありません。

また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので私の趣旨とは違います。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりとくるかもしれません。

ここに至るまで、過去私はSMという世界にいました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、双方とも性的なことを求めていたり、調教という名の理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんそれはそれで性的な面ではSとして面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の精神的な部分を満たすためにはスパの世界がしっくりときたんですね。

スパの世界からSMの世界に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
ま、私は根本的にSですけど、そのSの嗜好がカーとかぶったという感じです。

SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に悩んで苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いていけないと思っても頭から離れなくなっているケースや、親子関係の確執や人間関係での苦難があったりと、何かしら心の闇や人に言えない秘密を抱えていたりします。

悩みや闇を抱えている人は、それを全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まない、親が子供にするような愛情のあるお仕置きであり、同じお仕置きでも性的要素がを含めばそれはSMとして解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

みなさん揃ってそういう思いはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません、どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまう日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ディシプリン派で、親から子への家庭的なお仕置きに憧れてしまう人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対してSMのようないかがわしい概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要なある意味健全な事と解釈していいんです。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる解放の場で、人生において成長の場と捉えれば自分の為にもなるはずです。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことはすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いですが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください^^

京介

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示