満月のお話

前記事で「中秋の名月」のお話をしましたが、何人かの人からコメントがあり、その中で「話が難しい」というコメントもありました^^;
よくよく考えてみたら月の満ち欠けの仕組みがよくわかっていない人には意味が分かりませんよね・・・。
分かりやすく説明したつもりでしたが、それは月の満ち欠けの仕組みが分かっている人だけにしか通じなかったかもしれません^^;

なので、今回は満月の仕組みを簡単に書いてみようと思います。
単純に説明すると、満月になるのは、「太陽」「地球」「月」が一直線にならんだ時です。

地球は太陽の周りを回っていますから、地球から見ると、地球と太陽は常に一直線ですよね。
そして月は地球の周りを回っていますから、当然「太陽」「地球」「月」が一直線になる時があります、それは2回です。

1回目は
太陽-月-地球
2回目は
太陽-地球-月
です。

1回目に一直線になる時は、太陽の光は地球から見ると月の”裏側”に当たっているので見た目は光っていません、なので月が見えないんです、これを新月及び朔日といいます。
それが旧暦でいう毎月1日で、2日目からは太陽、月、地球が一直線でなくなることで太陽の光がかすかにあたって月が光りをおび、3日目が三日月といいます。
そうやって日にちを追うごとに月が満月に近づき、2回目の一直線になる時に満月となるんです。

その2回目に一直線になる時は、太陽の光は地球から見ると月の”表側”に当たっていて、月の球体の反面全体に光が当たり、満月となるんです。
そうやって月は地球の周りを一周するのですが、その1周する日数が約29,5日なんですね。

「太陽-月-地球」と並んだときは旧暦の1日=朔日=新月(地球から見ると月に光が当たっていないので月がないように見える)
「太陽-地球-月」と並んだときは旧暦の15日~17日の間のどれか=望月=満月(地球から見ると月反面に光が当たっている状態)

で、満月になるのが旧暦でいう15日~17日と不定期なのは前記事で書いたように月が地球を半周する速度が一定ではないので、月が地球を半周する日にちがその都度違ってくるんです。
半周に13,9日の時もあるし、15,5日の時もあるのですが、もう半周して一周するときには約29,5日となるという不思議な現象が起きています・・・。
それにプラスして、旧暦は30日と29日が交互になっているので(現在の暦は30日と31日)満月になる日にちが一定ではないんです。
ということで十五夜が満月ではないというお話を前記事でしました。
まぁこれで月のお話は簡潔です^^


ちなみにコメントに「三日月が好きです」という人もいましたね、コメントの返事は恐縮ながら一律していません^^;
ただ、勝手ながらコメントはドシドシと受け付けていますので^^

私も三日月は大好きです。
三日月を見ると良いことが起きる幸運の月ともいわれていますよね。
意識をしていれば見れますが、意識をしていなければまず拝むことができない月なんですね。
だから私は満月とともに三日月も好きなんです^^

新月(月が光ってないので無い状態)が1日ですからその2日後が3日目の月で三日月です。
三日月が出現しているメインの時間は昼間ですが昼間は光りませんよね。
太陽が沈んでから三日月が光るのですが、その頃にはすでに西の低い位置にいますから、建物や山などがあると、それにさえぎられて、タイミングを合わせても見ることができないこともあります。

だからこそ、昔から三日月をつかさどった兜や象徴があるんでしょうね。
まぁ見かけたらラッキーなことが起きると思っていて間違いないでしょう^^
今夜は満月の夜、いい感じで雲もあり、綺麗な月です、昨日に引き続き、十五夜気分で晩酌します^^


補足
分かりずらくなるので詳しくは書きませんでしたが、月の周期は地球1周約29,5日と書きましたが、実際は29,530589日です。
そしてもう一つ、正確にいうと29,530589日というのは月の平均周期で、実は月々によって地球一周の日数は変わります。
月が地球を一周する実際の日数は29.27日~29.83日の間のどれか不定期です。
それを平均して29,530589日としているわけです。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

雑談での出来事

お仕置きが終わり、キーさんと雑談していたときのお話しです。

急にその子が「最近あそこがかゆくて」と言い出し、そこからの会話です。

私   「あそこって、中がかゆいの?」
女の子「そう、中がかゆくて」
私   「かんじた?」
女の子「違う、かゆいの」
私   「だから、かんじたなの?」
女の子「違うよ、かゆいだけだって!」
私   「は?カンジタって理解してるの?」
女の子「だからかゆいだけで感じてないって!」
私   「カンジタってカンジタ菌のことだぞ!(苦笑)」
女の子「感じた?って聞くから感じているのか聞いているのかと・・・(赤面)」

最初から話がかみ合わないと思ったら、そんなこと考えていたんですね・・・。
私も全く気付かなかったのですが、そうですよね、確かに「感じた」ですね(笑)

調べてみると「カンジタ」とも「カンジダ」ともいうようですね、正式名称はカンジダみたいですが、発音しにくいのかなんなのかよくわかりませんが、カンジタという呼び方の方が一般的となっているようです^^;

その女の子はその後、私の勧めで婦人科に行って、検査し、現在結果待ち。
医者からは「おそらくカンジタでしょう」と言われたそうです。
まさか医者から「おそらく感じたでしょう」と言われたと思ってないでしょうね、その子なら有り得ます^^;
お大事に^^


※膣カンジタ(膣カンジダ)
カンジダ菌(真菌:カビの一種)が膣内に繁殖して炎症を起こす病気です。
この菌は健康な人でも皮膚や口、性器に寄生しているのですが、からだの抵抗力が落ちた時や、膣の自浄作用が低下した時、抗生物質の長期服用、妊娠や糖尿病などがきっかけとなって増殖し、炎症を起こしてしまいます。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

節目

今日は7月1日ですね。
上半期も終わり、今日から下半期、ついこの間年始を迎えたと思っていたらもう1年の半分が終わってしまいました。
1日1日は長いものですが、振り返ってみるとあっというまで、この半年間何をしてきたかと考えると後悔するものですよね。

今年の始まりである1月1日には多くの人が「今年の抱負」を考えた事と思います。
しかしそんなこと忘れかけていませんか?
こういう節目の日だからこそ、もう一度原点に返って、今年目標にあげた抱負を振り返ってみてはどうでしょうか。

あわただしい毎日、悩みや苦悩を抱えながら頑張ってきた毎日、1日1日はそんなこんなで必死で何もできなかった人もいるでしょうが、この6か月というスパンで考えると、日々少しでも何かをできたのではないか、それが積もれば成長できたはずではないか、そう考えると後悔を感じます。

節目というものはそういった日々の慣れを改めるためにあるものです、大きな節目は年末年始ですが、その他にも様々な節目、行事がありますよね。
その都度の節目を意識して、自分を振り返り、怠慢や邪心などの心の”ケガレ”を落としていくのは大切なことです。

目標を立てて何かを達成しようとしている人でも、高い目標を掲げてしまうとなかなか自分の思い通りにならないもので、そういう自分に嫌気がさすことでしょう。
自制がなかなかできなくても、こういった節目を利用して原点に返って考えてみると、忘れかけていた初心がよみがえってくるものです。
長期間の自制なんてそもそもなかなかできるものでもありませんから、節目に初心を思い出し、その繰り返しでいいのではないでしょうか。

また、節目というものは何かの行事ごとに限らずに1日の中でも意識することはできます。
それは1日の行動の中で自分の節目を作ればいいんですね。
受験で長期間勉強漬けの人、資格取得で必死な人、会社の仕事に追われている人、毎日の生活に追われている人、人間関係で悩んでいる人、そういう人に必要なのかもしれません。

その節目は自分自身の神聖な儀式と考え、その都度自分を振り返り、邪念、邪気、迷い、病み等の”けがれ”を落とすんです。
節目は自分自身で決めなければなりませんが、例を上げると、朝家を出る時、会社や学校に入る時、誰かとあいさつを交わした時、勉強や課題に取り組むとき、仕事に取り掛かる時、夜寝る時、朝起きる時と何でもいいわけです。
人によっては朝早く起きての散歩やジョギング、掃除やラジオ体操でもいいでしょう。
また、靴を脱いだ時にきれい揃えたり、出かける前に服装などの乱れを確認したり、靴がきれいかどうか、そして身だしなみを確認したり、そういう事でも気が引き締まり、けがれが落とせるものです。

その節目の時に、少しの時間でも瞑想して心を無にしたり、深呼吸したりして、”けがれを落とす”儀式をしていくと気持ちに変化が起き、新たな気持ちに切り替わるものです。
どういう儀式かは人によって考えればいいことですが、それを毎日の日課としていけばといつも新鮮な気持ちで朝を開始できるのではないかと思います。

こういう考えで、気持ちを切り替える節目を作ってみたらどうでしょうか、ほっておけば心に”けがれ”は溜まっていくものです。
神社やお寺でお祓いしてもらわなくても、日々の小さな”げがれ”は自分で落とすことはできるものなんですよ^^

あ、、ちなみにお尻ペンのお仕置きは神社やお寺のお祓いよりも、違う意味で効果あるのではと私は思っているんですけどね^^;
”げがれ”を落としたい人は一度考えてみるのもいいかもしれません…。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

今の季節は?

少し前の記事でかいたキーさん語録?の続編です。
前の記事はこちら

前回2月11日の祝日を「建国記念の日」ではなく「けんこうの日」と自信をもって答えたキーさんですがまたまた面白いことをしてくれました。
ちょうど2月28日にそのキーさんは私のところに来たのですが、私がカレンダーを見て「明日から”春”だな」と言ったんですね。
そしたら「え?春?」
と意外そうにいうんです^^;
まぁ体感的には冬だし気持ちはよくわかるんですけどね^^

おそらく季節が1か月ずつずれているのかな、どうなのかなと興味がわき、私が「じゃあ今の季節は何?」と聞くと
「冬じゃないの?」と・・・・^^;

その子の頭の中の全体像を把握するためにさらに質問を続けてみました。^^

それじゃ春は?と聞くと「4月、5月」
夏は?と聞くと「6月、7月」
秋は?と聞くと「8月、9月、10月」
冬は?と聞くと「11月、12月、1月、2月、3月、、、あれ?多いな」と(笑)
「え?え?なんだろ?、、、春夏秋冬で12か月だからもしかして3か月ずつ?」と^^;
ん~~、1か月ずれているレベルではありませんでした(笑)

「じゃあもう一度」と
夏は?と聞くと「5月、6月、7月」
秋は?と聞くと「8月、9月、10月」
冬は?と聞くと「11月、12月、1月」

この時点でおかしいですよね(笑)

それじゃ春は?と聞くと「2月、3月、4月、、、あれ?変だな」って感じでした(笑)

季節が分からないどころではなく、季節を感覚で捉えているみたいですね^^;
これで大学生です、、、、大学名は言えませんが、恐るべしです、季節くらいは習わなくなったとしても覚えておきましょう。
ちなみに日本では3月から春の始まりです。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

小鳥のさえずり

余談的なお話です、お仕置きとは関係ありませんが(汗)


お仕置きの関係の女性とホテルに入ったときの出来事です。
時間的には午前9時30分くらいでした。

ホテルに入るとその子がトイレに入ったので私は窓を全開にして外の空気を感じていました。
とてもいい天気でしかも朝方ということもありとてもすがすがしい気分でした。

その子がトイレから帰ってくると「鳥が鳴いている」と嬉しそうにいってきました。
「ウグイスも鳴いている」とはしゃいでいたので
私は「鳥さんどこにいるか探してごらん」といったんですね。

するとその子は窓から身を乗り出し一生懸命に小鳥の声がする方向を探しきょろきょろとしていました。
「いないよー」といいながら一生懸命に。

その光景を見て私は可愛いなぁと思いつつ嘲笑していました。
しかし、いつまでたっても小鳥は見つからず、
私は「じゃあ窓を閉めて鳴いてる場所を感じてごらんよ」
といってみました。
その子はいわれたとおり窓を閉めてみたのですが分からず、更に何度も窓の開け閉めを繰り返していたのですが、
「いないよー、わからない」と残念そうに訴えてきます。
私は呆れた感じでニヤニヤしていたらムッとしたようで「バカにしてんでしょ!」と言い返してきて私はそれに対して「いやいや、可愛いなぁって思って見ていたんだよ」と返しながらニヤニヤとしていました。

あきらめたかと思うとしばらくするととまた探し出し30分くらいたったくらいにやっとあきらめてしまいました。
私がそんな事忘れた頃にその子は「まだ鳴いているよ」と言い出し、やはり鳥の鳴き声が気になるようです。
私は「そっかそっかー」とニヤニヤしながら子ども扱いで接しているとまたムッとしてしまいました。

お昼くらいになったころ、ふと気がつくと鳥の鳴き声がなくなっていました。
私もそんなこと忘れていたのですが、それに気がついたキーさんが「鳥の鳴き声聞こえなくなった」
というので私も「え!?」と思い、確かにいつの間にか聞こえなくなっている・・・。と

で、キーさんが立ち上がって何かをしていたので、それを見て私はその子に分からないように有線放送の「A-10」を押しました。
するとまた小鳥の鳴き声が聞こえてきました。
私はその子の顔を見ないで向こう側を向いて寝た振りをしていたら
その子が
「えっ!あの鳥の鳴き声有線放送だったの!?」
といい、チャンネルをいじりだし、とうとうネタがばれてしまったんです(笑)
自分にも呆れていたのか「ひどーい!」といいながら恥ずかしそうに笑っていました。

実は有線放送での鳥の鳴き声だったんですね。
以前ホテルに入ったときに偶然に鳥の鳴き声の有線がかかっていて、それが朝方だったので私がとても気に入ってしまったんです。
癒されるしリラクゼーションというか疲れが取れる感じで。
なので「A-10]というのは有線放送のチャンネル番号だったんです。
有線放送の会社はどこか忘れてしまいましたがチャンネル数が少ない有線でした。

でも私は最初に「じゃあ窓を閉めて鳴いてる場所を感じてごらんよ」といったんですよ。
それは窓を閉めたら部屋のスピーカーから聞こえているのが分かるでしょっていう意味で、それでも分からなくて無邪気に窓の開け閉めをしているその子に、可愛いなってニヤニヤとしていたんです(笑)

唯一の誤算が、いつの間にかチャンネルが変わっていたことです。
何かの拍子に触ってしまったんでしょうね。
いつ気がつくか凄く楽しみにしていたのでかなり残念でしたが・・・。

って
そんなほのぼのとする出来事がありました。
結局お仕置きに憧れる純粋で生真面目な子ってそんな天然な感じの子が多くて、そういったことがたくさんあるのですが、
今回は小鳥の鳴き声の癒されながらの出来事だったので特に印象に残ってしまったようです^^;

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示