カテゴリ分け

少し前に自分で書いたブログを読み直していると記事に書いたんですが、読んでいくうちにカテゴリー(ジャンル分け)が大雑把すぎてもう少し細かく分けた方がいいなと感じました。

で、今までは11個ほどのカテゴリーだったのですが、細かく分けようとするとどんどんとカテゴリーが増えていってしまい、終わってみたら36個ものカテゴリーとなってしまいました(汗)
ちょっと多すぎ感はありますが、カテゴリーから見ると目次のようなものなのでとてもスッキリとしたと私的には満足しています^^;

で、このカテゴリーですが、パソコンからは見れるのですが、スマホからは見れないようです。
その場合はブログのメニューから「PCビュー」を選択するとパソコンから見るのと同じ仕様になるので、興味ある方は覗いてみてください^^
我ながら自己満足です(笑)





当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

お仕置き報告

サイト「お仕置きの部屋」では「お仕置き後の感想」の更新をしました。
スマホ版はこちら

9/18(金) お仕置き後の感想「りささん」 を追加しました。


ブログではアップしない内容なので、興味ある方やどのようなお仕置きがされているか不安な方など、どうぞ参考にしてください^^
内容はお仕置きを受けた方がどのようなお仕置きだったかを、自主的に、そしてなんの制限も受けることなく自由に綴った感想となっています。
感想はお仕置きを受けた皆さんに書いてもらっていますが、本来は私自身で参考にするために始めたものです。
そういう趣旨なので、サイトには出してほしくないという方の感想は掲載していません。
心や気持ちを共感できる部分があると思うので、自分を律するためにも読んでみるといいかもしれませんね。

また、私が客観的に見た感想もコメントとして書いていますのでご覧ください。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

スパ好きではない、カーでもない、カー役?

いきなりですが、私は自分のことをカーだとは思っていません、これまでのブログでも”私はカーだ”という表現はしていないと思います。

スパの世界のカーさんはお尻を叩くのが好きだったり、動画や小説を見るのが好きだったり、他にも画像やイラストなどを見たり、お尻フェチという人も多いようで、それによって興奮をするのでしょうね。
私はカーさんとは交流が一切ないのでわかりませんが、キーさんから聞くカーさん像はそんな感じです。

私はというとお尻を叩くのは好きというわけでもないし、動画や小説、画像やイラストなどを見ても一切興奮しないし、むしろ見てもつまらないと感じます^^;
もちろんお尻フェチじゃないし、お尻を見て興奮することもありません。
つまり私はスパ好きでも何でもないんですよね。
そういうことで、私はここにあげたスパのカーさんの要素は無い!ということです。

でもお尻叩きに関しては補足があって、私はお尻を叩く行為自体は好きではないですが、条件が整えば変わってきます。
その条件は”悪いことをしたら”であって、その罪に対して相手を懲らしめるために罰を与えたくなるんですね。
家庭的なお仕置きを好むキーさんは”理由が無ければお尻を叩かれたくない”というように、無条件でお尻を叩かれたいわけじゃないんですね。
それでもお尻ペンペンされたいから反省しなくてはいけないことを申告するんですけどね^^;

で、私は悪いことをした子に対しては懲らしめのために痛みを伴ったお仕置きをしたくなるのは事実なんですが、実はその痛みを与える部位は別にお尻じゃなくてもいいんですね。
キーさんがお尻叩きを望んでいるから、その需要に合わせてお尻に痛みを与えて懲らしめているというのが本音です。
だからお仕置きだとしても”お尻を叩きたい”というわけでもないんですね。

もちろん親から子への愛情のある家庭的なお仕置きを考えると、痛みを与える場所はお尻へとたどり着くのですが、もし相手側がビンタとかゲンコツとか背中への鞭打ちとか、他の部位の方が愛情を感じるし反省できるというのであれば、その部分に痛みを与えて懲らしめることをするでしょう。

要は私には叩く部位というこだわりはないんですね、こだわりがないから要望があればお尻でもいいんです。
そして私の欲求的な話をすると、単純に私は悪い子をみるとお仕置きで懲らしめたくなるんですね。
お仕置き方法はその罪に値するくらいの痛みを与えることなんです。
だからそういう部分をみると私はカー的ではなく、S的な発想なんでしょうね。

もちろん痛みで懲らしめるのは、その子の成長のためにしっかりと反省させていい子にさせたいからするわけで、だからこそお説教に重点を置いて納得させてからじゃないとお仕置き始まりません、それは要望がなくても私がしたいことです。
虐待的に叩くのは成長も反省もできないので私は嫌いで、家庭的な雰囲気で痛みを与えて懲らしめるという感じが好きなんですね。
まぁ本物の親もそういうところはありますよね、そしてどんな罰を与えるかはそれぞれですよね。

罰の種類は、おやつ無し、スマホやゲームの没収、外出禁止、反省文、家の手伝い、ゲンコツ、ビンタ、そしてお尻叩きと、それは様々ですが、ほとんどの親は何かしらの懲らしめの罰は与えていると思います。
本当の親と違うところは、悪い子を見るとお仕置きをしたい欲が出てくるということくらいですかね^^;
親はそんなことはないでしょうが、でも「悪さをしたら二度としないように懲らしめなくてはいけない」という部分は完全に一致しているわけです^^

お仕置きは憎くてしているわけじゃないので、頑張ってその罰を受けて二度としないって約束が出来たのなら許しがあり、いい子いい子したくなるんですね、それも私がしたいことです。
そこも親から子供に対する無償の愛と同じところですね^^

キーさん的にも私のような感覚の方が親から子への家庭的なお仕置きとしてはしっくりくるんじゃないかなって感じます。
お尻を叩きに興奮したり、お尻フェチだったり、お仕置き動画で興奮したり、そういう類の欲がある人にお仕置きをされるのは、いくらお互い様だからとそこに蓋をしても、そこを想像したらちょっと違和感が生まれてしまうのではないでしょうか。


私の場合はお尻に興奮するという要素がなく、悪い子を見たら痛みをもって懲らしめたくなるという欲求なので、そういう心理面から考えると自然といえば自然なのではないでしょうか。
実際にその子の成長の為って心から思っているのは本当ですし、だから私はプレイ感がなく、日常のような雰囲気でお仕置きができるんじゃないかなって思います。
キーさんだからといって相手はカーさんじゃないといけないなんてことはありませんよね、むしろ本当はお尻を叩かせてほしいと願っている人じゃない方が理想なのではないでしょうか、少なくても妄想上はそうでしょう。


こういうことを今更書こうと思ったのは、たまに
「京介さんはお尻叩きたくないんですか?叱りたくないんですか?スパ見て興奮しないんですか?」
などと聞かれることがあり、そういう時に「ああ、そんな風に思われているんだ、何か嫌だな」と思ったり、
「今日生理でお仕置きできないんですけど行ってもいいですか?」
ときかれ、「普通にお仕置き無しでっていってくれればいいのになぁ、叩きたい人と思われているのかな?」と感じたり、
当然活動をしているのでそう思われるのは当たり前なのですが、その都度相手側に伝えるのではなく、ブログを通じて私の感覚を伝えてみたくなったんですね。

私は一般的なカーさんの感覚を持っていないので、そう考えると恐らく私はS的要素でキーさんにお仕置きをしているんだと思います。
でもそれでキーさんとの需要と供給の関係になれているので、それこそウィンウィンの関係ではないでしょうか。
キーさんの需要とはお仕置きの罰としては”お尻ペンペン”ということ。
供給とは私が”お尻”に痛みを与えるということです。

お尻を叩くことが好きであったり、お尻を叩く行為に興奮したりする人よりも、単純に悪い子をお仕置きしてしまいたくなる人の方が、実はキーさんとは相性がいいのではないでしょうか。
遊びのスパ、お仕置き理由のないスパ、ラブスパ的なもの、そういったものを求めるキーさんには向いていませんが、家庭的なお仕置き的なものを求めるキーさんにはしっくりとくる存在だと思います。
ま、依頼されればただ叩くだけでも要望は聞きますけどね^^;


最後に。
これまでの私は、カーの振りをしていた方がキーさんも依頼しやすいだろうなと思ったり、S欲求に似たようなものでお仕置きを捉えていたらキーさんに避けられるんじゃないかなと思ったり、そういうよこしまな気持ちがあったので濁しながらブログは書いていたんですが、どう思われたとしてもそういう部分は伝えておこうと今回思ったんです。
よくよく考えたら私のような感覚の方が家庭的なお仕置きを好むキーさん的には合っているんじゃないかなって思うようになったのが大きいですけどね。

私はスパ好きではありませんし、カーでもありません(お尻叩きが好きという意味で)し、キーさんからしたらカー役とでもいうんでしょうか。
悪い子を見つけたらお説教して痛みのあるお仕置きをして懲らしめたい、その部分だけ見るとS欲求なのでしょうかね。

痛がっている姿、恥ずかしがっている姿は私のS的な要素を満たしてくれます。
お説教やお仕置きによって私の言うことを理解して一時的でもいい子になったのなら私の支配欲的要素も満たされます。
約束事をした後に再会しその報告を聞くことによって私の管理欲的な要素も満たされます。
心の内を聞き、人に言えない悩みや悪いことを全て晒してくることによって人の心を把握するという欲も満たされます。
私の言葉によって前向きに考えられたり、人生がいい方向に変わってくれたり、気持ちが切り替わったり、欲求が薄まったりすることで心が軽くなったとしたらそれはそれは嬉しいことです。
これだけの要素を全て満たしてくれるのはお仕置き活動以外ないでしょうね。

こういうところを満たせるのは相手がキーさんだからであって、だから私はこの活動が好きなんですね。
キーさんじゃなくてもMさんでもそれはできますし、一般のノーマルの人でも可能ですが、やはりそれには依頼してくれることが条件ですよね、そうしなければ同意とはいえず悪ことですから。
まぁキーさんと私とで、需要と供給がピッタシ合っているのであれば、私が何者でもいいですよね^^;




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

過去と現在のキーさんとの関係性の違い 続き

前記事の続きです。

「過去と現在でキーさんとの関係性がシフトしていったのには理由があります」というところからですね。

その背景には、施設を借りてそこの維持費でもある施設使用料を貰うようになったということがあり、そこから接し方が徐々に変化していったんです。
それ以前の活動はラブホテルでお仕置きをしていたのですが、活動休止の時期があり、その後活動再開時には仕事が私の都合で融通できる仕事に変えた関係で、もっとたくさんの人と関わりたいと思うようになったんですね。

それまでは依頼者と私でホテル代を折半にしていて、折半でも当然たくさんの人と会えば会う程ホテル代は莫大になります。
長く活動するにはそれは現実的ではないので、それならば施設を借りてしまおうという発想で、施設を借りてその場所でお仕置きをすることにしたんです。

私の仕事の収入に関しては活動に時間を割けば割くほど仕事の時間が減り、結果収入が減ってしまいますが、今後は仕事よりも私のしたいことをしようという隠居的な考えでお仕置き活動を優先することにしたんです^^;
ま、老後のことまでも考えても、これまで蓄えたものもあったので、施設の維持費の足りない分を毎月私が補填をしても10年は大丈夫だろうという計算があり、2016年初めから仕事をセーブしてお仕置き活動中心の生活がスタートしたという感じです^^;

ちなみにその当時は資金不足になったら閉鎖すればいいやという軽い考えで始めたのですが、いざ始めてみると賛同者もいてくれているのでそう簡単にはやめられなくなり、今後はちょっと先行き不安ですがなんとか活動を維持できればと思っています^^;

で、この施設使用料を貰うようになってから私主導のお仕置きからキーさん主導のお仕置きにシフトしていったということになるんですが、実際に私に依頼をして施設使用料の3,000円を払うとなると、お金を払って話を聞いてもらったりお仕置きをしてもらうという感覚になるものです。

一方的に私が受け取る形だと、そのお金が私の利益だと錯覚してしまう人もいるでしょうし、ホテルでのお仕置きのように折半で2,000円~3,000円を受け取ってその場で支払えばなんてことはないのですが、私が一方的にお金を受け取る形だと私も含めて錯覚に陥ってしまうものです。

実際は毎月の維持費の足りない分は私が補填していますから、結果的にその都度私もお金を払っているのと同じなんですけどね^^;
でもそこは目に見えない部分で、私がお金を出している光景はその場にはないし、維持費の支払い時に立ち会わせないでお金を出させているとそのように思ってしまってもしょうがないのかもしれません。

ちなみに施設の維持費というは家賃だけでなく活動にかかる様々な費用も含まれるのでそれなりにお金はかかっています。
当然足りない分の全ては私が負担することになりますし、今はコロナの関係で費用負担が大きすぎて、これ以上コロナが最悪の状態になるのであれば閉鎖なんてこともあるかもしれません・・・。

施設使用料というのは3,000円となっていますが、ラブホテルを利用したら折半でも一人2,000円~3,000円はするので、それで雰囲気の悪いラブホテルではなく、出入りに後ろめたい気持ちにもならない場所なので、妥当な金額だと思いますけどね。
まぁ美化していうならば、私のしていることは利益のないボランティアですからね^^


話を戻します^^;
で、それまでの私は、私のサイトやブログを見て、相手は賛同して依頼しているわけだから、私中心の私の思った通りのお仕置きをして、それで合わなければしょうがない、私が相手に合わす必要はない、という考えでした。
ホテル代も目の前で折半して支払っていたので、そういう面でもお互いに求めあって会っているので、基本的なお仕置き姿勢さえ示していればいいという、掲示板での出会い的な感覚が強かったんだと思います。

でも施設使用料をもらうようになると、私の満足だけで終わらすのは違うような気がしてきて、そう考えているうちにだんだんと気を遣うようになり、現在はキーさんのお仕置き観にできるだけ合わせた雰囲気を作ったり、厳しさも私基準ではなく、キーさん自身の痛みを感じる度合いで判断したりと、以前とは関係性が変わってきました。
それはそれで相手が喜んでくれると、私も嬉しいのですし、悩んでいることを解決に導いたり、キーを卒業したい人の手助けをしたり、それによって満たされる気持ちになったり感謝されるとなると私の心も満たされます。

以前はパートナーはいましたが、パートナーでない人にもある程度パートナー的な感じで接していました。
ですが現在は明確に依頼者と管理人のようなスタンスになっていて、過度なパートナー的な雰囲気も出さないように気を付けています。
といってもそんな冷たい関係というわけではなく、そこはフレンドリーにというか親と子供的にというか、接する態度は変わっていません。

その上でキーさんの要望に合ったお仕置きであったり、卒業に向けたお仕置であったり、好きな体勢や道具の要望を聞いてあげたりと、いつの間にか当然のようにキーさん主導のお仕置きをしています。
交通の面の費用も含めて労力を払ってわざわざ私に会いに来てくれるというところにも依頼される嬉しさがあるのですが、やはり来てくれたならできるだけ満たしてあげたいと思うようになっています。

まぁ、それでもスタンスを変えてないのはお説教です。
カウンセリング時は真面目なお話をしていってその中でダメなところを指摘する、それが要望でなくても会話の中でそれを見つけたら追求してお仕置きをしています。
そして反省内容を聞いても私が客観的に判断して悪い事じゃないと思えばその理由についてはお仕置きをしないなど、そういった部分は徹底しています。

満たしてあげるといってもキーさんの機嫌を取ることはしません、叱る時はキーさんが凄く嫌な思いをするケースもありますし、そこは譲らないのですが、そこは本気で向き合っていると思ってくれると幸いです^^;
要望に合わせるのはお仕置きの内容とか厳しさとか雰囲気ですからね、誤解をしないようにお願いします(笑)

ということで、お説教無しでお尻を叩くだけどか、お仕置きを楽しむとか、そういうお仕置きではないので、お仕置きごっこ的な感覚の人とか遊び感覚とかスパ好きさん的な人には私のお仕置きの方向性は合わないかもしれません^^;

とにかく以前の私は自分が満足すればいい、相手は私の方向性に賛同したキーさんなんだから私の満足していることをしていれば結果満たされるんだ、と思っていましたね。
そしてそれで私と合わないのであれば私は合わすことはしないので”さようなら”みたいな感じだったと思います^^;

キーさんの感覚にに合わせてお仕置きをしてあげるとか、キーさんのために奉仕的なことをするとか、そういう感覚は持ち合わせていませんでした。
なのでそういう意味では嫌な想いや傷つけてしまった人はいたと思います。

それはおそらくですが、過去に私はSM的な主従関係を好んでいて、パートナーも複数いたこともあり、その時は主導権は絶対的にこちらにあり、主導権を不動のものとするために相手を言葉で操ったり、徹底的に支配したり、躾の一環として罰を与えていたりしていたので、その流れで叱る立場の者がその手段を相手に合わすのはあり得ないと思いこんでいたんだと思います。
今思い返してみると絶対的な支配者という立場で考えていたんだなぁと感じます^^;

今になってみると過去より今の方が楽しいですし、過去の私は変なこだわりに固執していたんだなぁと思います^^;
そういう枠にとらわれず、私がしたいと思ったことをする、その上で変化はありましたが、想定してなかった偶然の変化でありますが、今の方向性が一番心地いいんです。
人によっては人生相談であり、欲求の行き場を逃がす手段であり、欲求を薄めて卒業をする為であり、心の治療的要素であったりと様々ですが、その土台の上でのお仕置きは、スパという非日常世界を超えて、真剣に自己に向き合う日常のあるべき姿なんだと感じます。

初めての人には非日常に見えますが、実際に会って話している内容は日常そのもので、その中でのお仕置きなので、悪い事をしたらお説教してゲンコツ、みたいな感じです。
お尻を出してペンペンするから意識をしてしまうだけで、叩く場所が頭かお尻かの差と考えればなんてことはありません。
ま、恥ずかしいは恥ずかしいですけどね、子供でされている人は実際にいるんですからなんてことはありません!

まぁサイトを再開してしばらくはまだ昔の感覚で接していた面もあるので嫌な思いをした人もいたと思います。
だんだんとシフトチェンジしていったので、かなり強引で一方的だったところもあったと思いますが、そう考えても結構変わったなぁと自分ながらに感じます^^;
そういった経験も生かして、今は相手を気遣って、成長するように、良い方向に行くようにと考えながら接しています。
それでも人間ですから完璧には難しいんでしょうけどね。

という、長々と書きましたが、過去と現在のキーさんとの関係性の違いのお話しでした^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

過去と現在のキーさんとの関係性の違い

最近過去のブログを始めの方から読み返しているんですが、その中で昔と考え方が大分変わったのかなぁと感じることが多々あり、今の自分との違和感を覚えながらそのまま読み進めていると、”ああそういうことか!”と今との違いがわかったことがあり、ちょっとブログに書こうかな、ということになりました^^;

現在の活動はあくまで依頼をするキーさんの要望に沿ってのお仕置きです。
もちろんこのお仕置きは性的な事が一切ない家庭的なお仕置きなのでその中で特に要望があればのことです。
お仕置きも私基準の厳しさじゃなくて、キーさんの痛みの感じ具合によってキーさん基準のお仕置きをしています。

お仕置きが初めての人は未知の痛さに恐怖があるので、要望のお仕置きレベルによっては手加減してキーさんの様子をうかがいながら恐怖を与えないようなお仕置きを心がけてもいます。
そして依頼にあたっては私を利用する形でも全然かまいませんし、むしろ私でよければどんどんと利用してほしいと思っています。

一方、過去の私のお仕置きはすべて私主導でお仕置きを決めていました。
精神的な部分でどうしてもNGという要望は聞き入れていましたが、お仕置のやり方や道具の選別、体勢、そして厳しさも全て私基準です。

もちろん家庭的なお仕置きなので性的な事は一切ありませんが、痛みを我慢できるような子やとても悪い事をしてしまった子には虐待じゃないかくらい厳しくケイン打ちもして(家庭的ではないですね・・・。)私が納得する厳しさでお仕置きしていましたし、痛みを目いっぱい感じてもらうために、痛みという部分を追及していました^^;
今思い返しても自分が怖くなります(笑)

また、私には過去にパートナーがいました、人数は6人でしたね^^;
このパートナーは、お仕置き活動の中で出会った人が多いのですが、私がパートナーにしてもいいなぁと感じて相手に声をかけて、相手もパートナーになりたいとなったらパートナー成立でした。
昔は自分のお仕置きに賛同してくれる人と出会うためにサイトをしていたので、パートナーも作り、依頼も受けていたという感じでした。

で、過去のブログを読んでいる方はご存じかもしれませんが、そのパートナーとの関係のことをブログに書いていたこともあったんですね。
お仕置き観的な事もそうなんですが、それはパートナーとしてのお仕置き観であったりもするので、現在のパートナーとしてではない関係だと、お仕置き観が微妙に違うこともあります。

結局は活動を再開する時に、依頼する全ての人と平等に接するために、全員とパートナー関係を解消し、みんなと同じように依頼をして先着順に日時を決め使用料も同じように払うという形にしたので、パートナーの意味がなくなり、解消することにしたんです。
このパートナー解消後はパートナーを作らないことに決めています。

パートナー解消に関しては過去のブログに説明していますので気になる方はこちらから→「パートナーのくくり解消」

で、そのパートナーへの接し方はお仕置き依頼とは異なるので更に個人的な私基準のお仕置きになり、要望は一切通りません。
もちろん性的な事はしませんが、道具の種類やお仕置きの厳しさ、お仕置きの体勢などはすべて私が決め、精神的にNGな事以外は嫌な事でも従わせていました。

そして私の価値観の押し付けもします。
それは理不尽な事では無く、例えば女性としての品格を身につけさせたり、気遣いができるように躾けたりとかです。
今の活動では、本人が希望するならそこも注意するようにしていますが、それは厳密に悪い事かというとそうではないので、同意がなければこれは価値観の押し付けに過ぎないんですね。
女は女らしくなんて、そう思える人にしか通用しないことですし、気遣いもしたくないという人も、それはそれで個性ですからね。

まぁとにかく私にとってその時のパートナーの存在は、”俺の自由にできる子供”的であって、”俺の自由にできる女”的でもあり、そういう感覚で自分の価値観の中でお仕置きをして接していました^^;
彼女的といっても性的な事は誰にもしませんでしたよ、”俺の自由にできる女”的といっても親子的ですから(笑)
とにかく昔はキーさんに合わせたお仕置きではなく、「私のブログに賛同したキーさんには私のお仕置きに合わせてもらう!」というスタンスでした。

一方、今のキーさんとの関係は親子的な感覚でも自分の自由にできるとは考えていません。。
そし自分の女的とも思っていません。
親身になっていろいろと考えたり、解決策を見出したりというカウンセリングの面はもちろんですが、要望のお仕置きを実現してあげたりという感覚で接していて、私主導ではなく、キーさん主導でキーさんのお仕置き観に私が合わすという感じに変わりました。

なので過去にブログで書いてあることは今と違う感覚での内容もあり、それがパートナー目線なのか、お仕置き依頼のキーさん目線なのかでも微妙に違ってきますし、それは私自身違和感が出て当然ですよね^^;
まぁでも恐らくパートナー以外の話題はブログにはそこまで書いていないと思いますけど。

それとブログもそうですが、お仕置き後の感想にも違いが出ているでしょうね、だから私のお仕置きに恐怖を持っている子がいるんだなぁと今更ながら理解したような気がします^^;

で、こういう形でキーさんとの関係性が徐々にシフトしていったのには自然とそうなったのですが理由があります。
長くなるのでここでいったんやめて、また続きを書いていきたいと思います^^
とにかく今は過去ほど怖くないですからね、もし怖い思いをしたい人がいたら、その事を伝えた上で私にすべて一任するお仕置きを依頼してみてください(笑)

それではまた後日続きを書きますね^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

熱中症になりにくい体作り

前記事の話の流れから熱中症の話になってしまいましたね^^;

ここ最近報道されているような熱中症の予防は暑さを避けて冷房をつけるなりして涼しい場所にいること、水分を十分にとり、過度な運動を避けること、部屋の中でも危険なので、寝る時でも冷房をつけておくことなどが推奨されていますが、そういった生活環境を整えるよりも、まずしなければならないことがあります。
それは熱中症になりにくい体作りである、肉体の訓練です。

注意喚起ではそこをなぜ避けているのか、なぜ積極的な報道をしないのかというのは、おそらくそれによって熱中症になる人が増えたり、それによって当然死者が出てしまう可能性もあるからでしょう。
暑さに体を慣れさせるということは暑さに身を置くということであり、それは体質によっては熱中症になるからです。

まぁ肉体の訓練といっても大したことではなく、前記事でも書いたように身体を暑熱馴化(しょねつじゅんか)させなければなりません。
暑熱馴化とは人間の体に自然と備わっている機能で、夏のような気温が急激に上がる暑さのような環境の変化に対して、ある程度の時間をかけて徐々に肉体が適応していくというものです。
熱中症にかからないためには、まずは自分の肉体に対して暑熱馴化を促す事をしなければなりません。

促す行為としては単純で汗をかくことです。
気温が上がりつつある時から外で適度な運動をするのもいいですし、それができない場合は入浴やサウナで暑さを感じて汗をかくのでもいいんです。
エアコンのような随時適温の環境下では馴化がしずらいので極力エアコンは控えて暑さに順応していくように意識して汗をかくことが大切です。

なぜ汗をかくのがいいのかというと、暑熱馴化を促す行為とともに、汗をかきなれていないと汗腺の一部が休止状態となっていて、活動している少ない汗腺から出る汗は高濃度の塩分の流出につながります。
ベタベタとしていたり、さらっとしてない汗の原因はそのためです。

汗腺が夏仕様に復活していないと過剰に塩分が体から出てしまい、その影響でも熱中症になりやすくなります。
大量に汗をかいたとしても塩分が体内にそれなりに残っていればある程度熱中症も防げますが、汗と塩分の両方が大量に出てしまうと熱中症の危険は高くなります。

だからこそ真夏を迎える前に汗をかくということは大切で、冷房漬けで汗をかかない快適な環境というのはとても危険なんです。
冷房をつけないことで汗をかく、それによって汗腺を増やして暑熱馴化を促す、その方が大切なことです。
汗腺が増えて暑熱馴化もしていくと、汗で排出する塩分が減ったりする影響で体温が上がりにくくなり、水分補給にしても水分が体に吸収しやすくなるそうです。
今からでも遅くないですが、その場合は様子を見ながらしたほうがいいでしょう。
本来は梅雨前くらいから体の準備はしておくべきです。

それと前記事で熱中症にかかりやすい人には理由があるとかきましたが、その理由は体温調節がうまくできないからです。
その代表にはまず乳幼児と高齢者があげられますが、乳幼児は体温調節機能がまだ発達していない為です。
そして高齢者は老化により筋肉量の低下も合わさって体内の水分が少なめな上に体温調節機能も衰えている為です。
高齢者はそれに加え暑さや喉の渇きを感じにくくなったり持病などの影響で熱中症にかかりやすい体になっているわけです。

この乳幼児と高齢者には熱中症予防として冷房をつけたり水分補給をするなどの生活環境を整えることが必須で、決して肉体の訓練をしてはいけません。
訓練できるものではないので乳幼児であれば保護者が環境を整え、高齢者であれば自身で自覚をすることが大切です。

そして乳幼児と高齢者以外に、健康な体なのに体温調節機能が衰えている人が結構いるようですが、当然そういう人も熱中症にかかりやすくなっています。
それはエアコンなどで一年中快適な環境で過ごしている人達です、心当たりのある方は結構いるのではないでしょうか。
そういう人は寒さへの対応もできていないことが多いので、真冬に外に出て身体を冷やすとすぐに風邪をひいたりしますね。

そういう人でも徐々に体を慣れさせる訓練はできるはずですから、熱中症予防としてやるべきだと思います。
熱中症が危険だといって屋内にいると余計に体は機能しなくなってきます、それこそ災害や震災などがあって冷房がない環境になってしまったとしたら本当に大変な事だと思います。

また、可愛いわが子だからといって快適な環境で育ててしまっては、将来的に熱中症にかかりやすい体になってしまいます。
子供のころから快適な環境下でいては、結果すぐに体調を崩してしまったり熱中症になってしまったりで、大人になって訓練しても体温調節機能や暑熱馴化がしにくい体質になるでしょう。
誰でも熱中症にかかるリスクは持っていますが、まずはかかりにくくする体作りが基本だと感じます。

猛暑続きですが、今はたかが40℃と思っていたほうがいいと私は思っています。
このまま地球温暖化が進めば100年後、200年後に45℃、50℃になっていっても不思議ではありません。
実際人が住んでいる世界の町で、夏の平均気温が40℃越えというところがいくつもあり、最高では夏の平均気温が47℃というところもあるくらいです。

平均がその気温なので、最高気温が50℃越えも頻繁にあるということです。
100年後、200年後に我々は生きてはいませんが、子孫は生きているわけですから、その子孫に50℃越えでも耐えられる肉体に進化をさせていくことも使命のような気がします。
ところが今は肉体の弱体化をさせているだけですからね、科学の進歩もいいですが、肉体の進化は自然の摂理に逆らわずに暑さに順応していくのが必要なんじゃないかなと感じます。

温暖化は進むでしょうから、どんなに暑くても生きれる遺伝子を残していく、その為には暑さに対応できる肉体を持っていなければなりません。
毎年0.1℃ほどの上昇であれば肉体も対応できるような気がしますが、それでも100年後には10℃も気温が上昇してしまいます。
冷房漬けでいたとしたら対応はできないでしょうね。


ちなみに熱中症は気温が高い中、直接日差しを浴びたり、湿度が高かったり、風がない状態の時に起こりやすいそうです。
また健康な人でも暑さに体が順応していなければ熱中症になりますし、他にも水分不足だったり、寝不足やストレスで体調がすぐれなかったりした時に発症しやすくなります。
熱中症になるのはそれらの影響で、普段は自然に機能している体温調節機能が働かなくなってしまって汗をかけなくなり、その為に熱が逃げなくなり体温があがってしまうためです。

基本的な話ですが、なぜ汗をかくのかというと、暑さで上がった体温を下げる為で、なぜ汗をかいたら体温が下がるのかというと、汗が皮膚の上で蒸発するときに熱を奪われる気化熱という現象がおきるからです。
なのでタオルで頻繁に汗を拭いていたら汗が蒸発しないので体は冷えず、また汗が出る、それをすぐに拭くと体が冷えずにまた汗が出てどんどん脱水状態になり、しかも体に必要な塩分も汗と一緒に出てしまいますから悪循環になるので要注意なんです。
汗をかき慣れるというのは体温調節機能を正常に保つことでもあって、その機能が劣っている人は万全に予防していても体温調節機能が働かなくなりやすく、熱中症になるわけです。

本来は汗は極力拭かないようにして気化熱で体を冷やすように心がけることがいいのでしょうね。
また水分補給といって一気に水を大量に飲んでしまうと、更に体の中の塩分濃度が薄まって深刻なほど体調が悪くなることがあり、それを水中毒といいます。
この水中毒や熱中症を避けるためには一気じゃなくこまめに水分をとる、その水分は利尿作用のあるカフェイン飲料(コーヒー、お茶、紅茶)は避け、発汗で失われたミネラルを補給するためにも麦茶がいいそうです。
また、大量に汗をかいて塩分がかなり失われている場合はスポーツドリンクがいいのですが、これは糖分が多いので、体重が気になる人はしょっぱい食べ物と麦茶の組み合わせがいいそうです。

とにかく汗をかく習慣を身につけることが本当の熱中症予防です。
その上で危険な暑さの場合には無理せずに涼む、そういう生活をしていく方が生物的にも健全だと私は思います。
まぁそういうことで前記事でも書いたように、私は夏を楽しむために心地よく汗をかき、冷たいお酒(ホッピー)を飲むことにしています。

ただし、真夏にキンキンに冷えた飲み物を飲むこと、アルコールを摂取すること、それをおいしく飲むために水分をとらないようにしていることは熱中症や内臓のことを考えるととてもよくないことらしいです^^;
といっても私が夏の楽しみとして好きでしている事ですし、それで体調が悪くなることも現在はないので、しょうがないですよね。

決して良い子は真似しないでくださいね(笑)



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

夏の過ごし方

私の夏の過ごし方というどうでもいいお話しと、熱中症予防に少し役に立てそうなお話をしたいと思います^^;

私の夏の過ごし方は「夏を楽しむ!」です。
私は暑い夏も寒い冬も好きで、春も秋も心地よいので好きです、どれが一番好きかといわれるとそれぞれに良い面があるので選べません^^;
ただ嫌いな時期はあります、それは梅雨の時期です。

梅雨はどうにも楽しめませんが、私は夏の暑い時は暑さを楽しみ、冬の寒い時は寒さを楽しみます、春や秋もそれぞれ楽しめることはありますしね。
で、夏の暑さを楽しむというのはどういうことかということですが、それは冷房を使用しないで汗をかくことです(笑)
扇風機は使用しますが、この風だけで十分です。
寝る時は窓を開けて扇風機をかけて寝ますが、風が通らないような日は暑くて寝れない時もあり、そういう時に限り冷房を28℃に設定して扇風機をかけて寝ていますが、それもほぼありません、それは単純に風が通る部屋だからです。

そして醍醐味は、暑さで汗をかいている晩酌時にキンキンに冷えたグラスにビールを注いで飲むことです。
分かりやすくビールと書きましたが、厳密にいうとホッピーです^^;
このホッピーですが、グラスを冷凍して氷を入れない飲み方がメチャクチャうまくて、ジョッキを冷やす為だけに-60℃にまで冷える冷凍庫を購入したほどです(笑)

もっというと、カラカラにのどが渇いた状態で飲むのがとてもおいしいので、そのために昼過ぎ以降は余計な水分をとらないようにしています、もちろん外に出て大量の汗をかいた時は飲みますが、そこまでじゃなければ、より晩酌を楽しむ為に我慢してしまいます^^;
冷房をつけてしまったら暑さの中で飲むおいしさがなくなってしまいますのでこの時はどんなに暑くても冷房はつけません。
ビアガーデンでのむビールみたいなものです(笑)

しかしこれ、熱中症予防的に絶対にやってはいけないこととして注意喚起されている事ばかりですよね^^;
猛暑日は特に冷房をつけることを推奨されていますし、しかも睡眠時には必ず冷房を!みたいな感じですしね。
そしてアルコールは摂取した1.1倍が水分として体から出てしまうので(アルコールの分解時に水分が必要だったり利尿作用がある為)よくないとされていますし、ましてや水分補給しないなんて論外です!

こういう話をするとみなさん口を揃えて「馬鹿なことはやめたほうがいい」というのですが、でもそれが気持ちいいし夏の楽しみになっているので、我慢するのもどうなのかなって思ってしまいます^^;
もちろんお仕置きで人と会っている時は冷房をつけていますし、汗をかきたくない服装の時は汗をかかないようにしてます。
それに辛いのを我慢しているわけではなく、普通に我慢できちゃうレベルだからしているだけで、辛ければそこまでしません。

この気持ちよさは冷房漬けになっている人に教えたいのですが、いくら言っても理解されないんですよね^^;
ま、欠かせない条件は窓を開けた状態で「風が通ること」なんですけど、さすがの私も風が通らなければ冷房をつけます。
寝れそうなら冷房を消す、寝れなかったり暑くて起きる感じなら冷房をつける、単純にそれだけです。

そして、私が夏を楽しむためにやっていることは、今言われている熱中症予防に反しているようですが、逆に熱中症予防になっていることもあると私は思っています。
夜の晩酌のために水分補給をしないというのは論外中の論外ですけどね(笑)

そもそも”何で気温が高くなると熱中症になりやすいのか”ということが一般的に理解されてないからこそ過剰に反応してしまい、それが更に熱中症を増やす要因にもなっているのが現状だと思います。

去年の12月に体調管理という記事を書いたのですが、そこに寒冷馴化(かんれいじゅんか)という寒さに体が順応していく仕組みというものがあると書きました。
その逆に暑さに順応していく仕組みが暑熱馴化(しょねつじゅんか)といい、その大事な部分をスルーしてしまうと余計に熱中症にかかりやすい体になってしまいます。

誰でも熱中症にかかるリスクは持っていますが、その中でもかかりやすい人は理由があり、かかりにくくする体作りが必要なのですが、一番大切な体作りに全く焦点を当てていないのが凄く危機的な事で、今後50年後、100年後がとても心配になります。
なぜ汗をかくのか、汗をかいたらなんで体温が下がるのか、そういった基礎的な事すら知らない人も多いようです。

ついでに予防の観点からもう少し書きたいと思います。
熱中症になりにくい環境づくりで余計に熱中症になりやすい体にするのではなく、熱中症にかかりづらい肉体作りをする。
次回そういうお話を続けて書いていきますね、明日書きます^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

愛情とスキンシップの重要性

家庭的なお仕置きに絶対不可欠なのは愛情です。
お尻ペンペンのお仕置きにドキドキしてしまう人の大半はこの愛情を求めていて、それを満たす手段としてお仕置きを求めてしまうケースがほとんどだと思います。

お仕置き=愛情という図式はピンと来ないかもしれませんが、お説教は相手のことを思った愛情表現であり、お尻ペンペンのお仕置きをしている最中でも、その光景を妄想すると愛情を感じてしまいますよね。
お仕置きが終わったらスキンシップをしながらその全てを受け入れてくれることで愛情が完結され、この一連が家庭的なお仕置であって、とても深い愛情だと思います。

スキンシップはお仕置き後の抱っこや甘える行為だけではなく、お仕置き中でお尻ペンペンしていても身体が触れていればそれはスキンシップでもあります。
身体が離れている状態や手が触れていない状態でのお仕置きを嫌がる人はこういう心理なんでしょうね^^

それに小説や妄想だともっとリアルに全体の愛情を空想でき、その空想の中でのお仕置きでは性欲中枢も刺激されたりしてりドキドキが止まらなくなり、実際にお仕置きをされたい欲求が爆発してしまいそうになるものです。
まぁ性欲中枢が刺激といっても性的なお仕置きではなく、家庭的なお仕置きを好む人は性的でない愛情あふれたお仕置きだからこそ反応するんですね。

そういう反応がありすぎると実際に日常生活に支障が出てしまうこともありますから、まぁ深刻といったらかなり深刻なんですけどね^^;
で、大半の人はお仕置きに愛情やスキンシップがなければ満たされ感は低いです。
どこかで目にした愛情のあるお仕置きの描写が脳裏に刻み込まれたためにお仕置きを求めてしまうのですが、そうであるからなんでかわからないけどお仕置きに愛情を感じ、それを求めてドキドキしてしまうものでしょう。

愛情を求める手段は他にもいろいろとあります。
それは恋愛であったりその延長線上のセックスであったりが一般的ですよね。
でもそれよりももっと愛情で満たされるものが”お仕置き”という人もいて、それがキーさんの中にはいるんですね。

男性の多くはセックスで満たされるみたいですが、女性はセックス自体よりも抱き合ったりのスキンシップの方を大事に思っている傾向があって、それは瞬間的か長期的かという大きな差があります。
そしてそういう愛情よりもお仕置きの方がもっと愛情で満たされるという人もいるんですね。
つまりセックスよりも満たされるのが家庭的なお仕置き、恋愛よりも満たされるのが家庭的なお仕置きで、恋愛やセックスはしたくてもそれよりも上位なのが家庭的なお仕置きによる愛情という人もいるということです。

ちょっと怖い話になるかもしれませんが、この愛情やスキンシップは、実は人間にとってかなり重要で、これがないと生命維持や精神に支障をきたすことになるって聞いたらどう思いますか?
実はそういう人体実験が過去にあり、そういう結果が判明しています、現在ではありえない実験ですけどね^^;

まぁだからこそ大人になっても甘えたかったり愛情を欲したり、スキンシップで包まれたいと本能的に感じるんでしょうし、精神的な安定につながるんでしょう。
そして家庭的なお仕置きに魅力を感じてしまう人も、それが愛情やスキンシップを求めてのことであれば本能的な欲求であるといえるでしょうね^^

そのスキンシップと愛情的な人体実験を2つほど紹介したいと思います。

今から800年ほど前、神聖ローマ帝国のフリードリヒ2世が、生後間もない孤児の赤ちゃんを50人集めさせて、教育されない赤ちゃんはどういう言葉を話すようになるのかという人体実験をしました。
養育係には、
赤ちゃんの目を見てはいけない、声をかけてはいけない、一切触れ合いをもっていはいけない、常に無表情で接する。
ということを徹底させたそうです。

ちゃんとミルクなど栄養は与えていたそうですが、スキンシップや愛情無しに育てられた赤ちゃんは尿が出なくなり尿毒症を発症し、泣かなくなり、1才の誕生日を迎える前に50人全員が死亡したそうで、死因はおそらくストレスによる病気の発症だったと考えられています。
結局当初の実験結果は得られず、スキンシップや愛情の人体実験になってしまったという予想もしない結果になってしまいましたが、残酷過ぎですね…。

もう一つ、スキンシップがもたらす効果の人体実験は1950年頃のスイスでも実施されています。
心理学者のルネ・スピッツは戦争孤児の赤ちゃん55人を施設に入れて、保母や看護師に面倒を見させたそうです。
その時の養育条件は、母乳を与えないことと皮膚接触の禁止です。
要するにスキンシップが一切ない赤ちゃんはどのように育つかという実験でした。

結果は55人中27人が2年以内に死亡し、17人が成人前に死亡したそうです。
なんと55人中44人が死亡です。
残り11人は成人後も生き続けたそうですが、その多くには知的障害や精神障害が見られたそうです。

原因はスキンシップが無かったことによる成長ホルモンの障害だと考えられていて、そうだとしたらスキンシップ不足によってオキシトシンやセロトニンの分泌が阻害されてしまったからということになるでしょう。
オキシトシンはスキンシップで分泌され、ストレスを消したり多幸感をあたえてくれる人間にとってとても重要なホルモンです。
要するにスキンシップがないと肉体や精神に大きな悪影響がでてしまうということですね。

これは幼児期の話ですが、幼児期を過ぎて大人になってもスキンシップによりオキシトシンやセロトニンは分泌します。
肌と肌のふれあいで分泌しますが、愛情を感じることでも分泌します。
愛情のあるお説教、そして膝の上で罰を与えますがお仕置きしながら触れ合うのでそれもスキンシップ、更にお仕置き後に全てを許し受け入れる愛情に、アフターフォローのスキンシップをする。

もうお仕置きに魅力を感じている人にとっては幸せホルモン分泌しまくりですね^^;
お仕置きで愛情を満たすというのはとても理にかなっていて、地獄から天国に這い上がるくらい気分が上昇し、この一連の流れがあるからこそ心理的にもメチャクチャ多幸感が味わえるんだと思います。^^

過去のブログでも書きましたが、お仕置き後に生理周期が安定したり、安眠できるようになったり、精神が落ち着いたりということをよく報告を受けます。
体調がすぐれなかったけどよくなったとか、これらは一連のお仕置き行為によって成長ホルモンやオキシトシン、セロトニンなどが分泌するために一時的にでも安定するんだと思います。

最初は偶然かなと感じていましたが、最近はいろんな人が同じようなことをいってくるので確実に効果はあると確信しています^^;
なのでお仕置き欲求ばかり膨らんで日常生活に支障が出て余計にストレスが溜まってしまっているお仕置き未経験の方は心身ともによくないでしょうね。
まぁお仕置き欲求を無くすためにお仕置き依頼をする人もいますし、とりあえず何度か体験して欲求を薄めることで精神が安定出来たら最高ではないでしょうか。

とにかく愛情やスキンシップは生命維持や精神安定にはとても大切な事です。
それを単なるお尻を叩くだけで満たすのではなく、家庭的で愛情のある、そして悪い事の罰としてのお尻ペンペンのお仕置きで満たす。
叩かれたいだけではなく、愛情に触れあいたい、その手段としてのお尻ペンペンだという認識を持てばなんら恥ずかしいことでも変な事でもないと私は思います。

お話しをするだけでも親身さを感じれば満たされるでしょうし、それだけでも多幸感が出て、オキシトシンやセロトニンなどのホルモンの分泌も促されます。
お仕置きをそういう視点からみてもいいのではないでしょうか。

お仕置き欲求のある自分を否定したり我慢するのではなく、思い切って受け入れて満たしてみる。
それが出来るのは欲求があるからこそであって、もしかしたらそれがあるからすごく満たされ感が強くなれるかもしれませんしね。
とにかく欲求を持っている人の方がたくさん満たされるし安定することは間違いのないことです。




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

犬派か猫派か

たまに犬派か猫派かなんて話が出るのですが、私の場合は主従関係を築けるという意味で犬派ですね^^
猫のように気まぐれも可愛いものですが、最終的にご主人様の言うことを聞けなかったり躾ができないという点で×です^^;
わんこは忠犬が基本ですが、猫のような気まぐれな犬も可愛いものです。

私は子供のころに犬を飼っていたのですが、私が小学1年生の時に生まれたての犬を近所からいただき、それから17年間も生きていました。
今思い返すとその頃にはすでにそのわんこに対して躾をしたりお仕置きをしたりしていたので、その時からそういった行為が好きなのかなぁとふと思いました(笑)

ただ私も幼かったので、乱暴な躾をしてしまい、太ももをガブリと噛まれてしまった事があり、その傷はいまだに残っています。
病院には行きませんでしたが、2,3針は縫うくらいの怪我でした^^;
噛まれたのはそれ一回ではなく、手も噛まれたこともありました。

もちろんやられたらきっちりとお仕置きをして主従関係を構築していきましたけど、今こうやって書いているとお仕置きに通じていたんだなぁと不思議な感覚に陥ってしまいました^^;
一応子供ながらに乱暴とはいえ、虐待ではないですからね、しっかりと愛情を持って飼っていましたし、なんなら犬小屋に一緒に入って寝たりもしましたしね^^

そうやって小学校低学年くらいからわんこのご主人様として主従関係を楽しんでいました。
だからなのか、親や先生からの命令には反発心が強かったですね、学校には”行かされる”と感じていて、その義務さえも支配されている感を強く感じ、自由になりたいといつも思っていたことを思い出します。
それほど従者が嫌なんでしょうね^^;

まぁとにかく犬は可愛いですが、ネックなのが言葉が通じないこと、会話ができないことです。
なので私は幼いころから言葉がしゃべれるわんこはいないかなぁ、そういうわんこをペットにしたいなぁと思っていました。

スパの家庭的なお仕置きとは全く違いますが、わんことの主従関係での躾やお仕置き、しかも会話ができるなんてそれはそれで楽しいものですよ。
何を言っているのか、、、わかる人にはわかりますよね(笑)


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

頑張り度の基準

”頑張っているな”と評価するときの基準ってだいたいの人は自分を基準にしてしまうものです。
親が子供の頑張りを認められない、先生や友達が自分の頑張りをわかってあげられず努力が足りないと指摘する。
そういうケースの殆んどはその評価者たちは自分基準で人を評価しています。

仕事でも同僚の頑張り度は自分基準で評価をしがちで、自分が頑張った時はもっとできたからこいつは手を抜いているんだろうと思ったり、自分が気が付けることを気が付けないと真面目にやってのんのか、やる気ないんじゃないかと思ってしまい、イライラしたり怒ったりする、それも自分基準の目線です。

でも人間はみんな同じ感覚を持っているわけではありません、みんなの”普通”は自分の中だけにあり、自分を通して相手の頑張り度を評価していること自体がナンセンスで間違っていると私は思っています。
本当の頑張り度とは努力して精神的にどれだけ負担がかかっているか、そういう基準で見なければ頑張り度なんてわかりません。

例えば天才であればさほど頑張らなくても100点はとれるでしょうが、それは一種の才能です。
それよりも全然才能がない人がメチャクチャ頑張った結果が90点だったとしても、頑張り度は100点をとった人よりも数倍高いはずです。
私はこの活動でも私生活でも精神的にどれだけ頑張ったかという人それぞれの頑張り度を基準として人と接しています。

例えば人によっては10時間の勉強じゃ頑張っていないと指摘するでしょうし、別の人には6時間でも”よく頑張った”と褒めることもあります。
それは私基準の勉強時間でも世間基準の勉強時間でもなく、その人が精一杯頑張った、その人基準というものが別に存在しているからです。
ただそれがゴールではなく、そこから少しずつキャパを広げたり、できることを増やしたりするので、個々によっての課題は違うものとなります。

それがクラスや会社であったとしたらみんな同じ課題をこなし、それについて比較されたりします。
残念ながらそれが日本社会ですが、私の場合はそういう見方はしません。
ただそれでよしというわけでもないので人によってはきついと感じることもあるでしょうが、その試練にチャレンジしたり乗り越えるための頑張りが大切と考えています。
課題が無理であればハードルを下げてみたりもして調整はしますが、すぐにあきらめることがないように、そういう個々の頑張り度を重視しています。

人にはそれぞれ苦手分野もあれば得意分野もある、全て普通にこなす人もいれば苦手なことがとても多い人もいます。
でも大切なことはどれだけ”自分なりに頑張れたか”ということで、それは本人基準でいいんです。
本人基準を知るには話をよく聞いて、そこに怠け心はないか、頭や心のキャパはどのくらいか、本当に限界なのか、これまでの人との関わりでのトラブル、養育環境等、いろいろな角度から分析しその人の気質を探っていきます。

また、人によってはどんな些細な事にも敏感に反応してしまうタイプの人がいます。
音に敏感で普通の人はそれほどびっくりする音でなくても極端にびっくりしたり、ちょっとした相手の仕草にも反応し、イライラしているんじゃないかと気にして、その原因は自分かもしれないと過敏に反応してしまったり、その影響で自分の意見を言えなかったり頼みごとが出来なかったり、それで頭がいっぱいになってやらなければならないことが出来なくて怒られたりと、負のスパイラルに陥ってしまうことが日常茶飯事という人もいます。

それだけで精神的に疲れてしまって、人が普通にこなせる業務も1日中ストレスフルの状態のため、人の2倍3倍頑張って仕事をこなし、帰ったらボロボロでぐったりしてしまいます。
他の人は気にしすぎだよ、気楽に考えればいいとアドバイスをされてもそれができない気質だから更に悩みます。
頑張っているのに普通の感覚の人は理解してくれないということの辛さは相当なはずです。

また、普通以上に鈍感な人はミスや気がつけないことが多かったり、空気が読めなかったり、要領よく仕事が出来なかったり、遅刻、忘れ物などがちょくちょくあったり、そういう人は学生時代からずっと叱られっぱなしでしょう。
普通の感覚であれば気を付けていれば大丈夫でしょうが、遅刻をしないように努力をしても、忘れ物をしないように努力をしてもそれでもしてしまう人って実際にいるんですね。

人の2倍3倍頑張って気を付けて、いつも気を張って集中していればなんとか防ぐことができても人間にそもそも四六時中集中できる能力なんて備わっていません。
だからたまにやらかすことはあるのですが、人は”またお前か””やる気あるのか”とそういう評価しかしてくれません。
普通の人はさほど努力をしなくてもできることでも、必死に努力してもたまにミスが出てしまう、そういう気質の人も実際いるんですね。

怠けとかやる気がないとか頑張りが足りないとかそういうことではなく、頑張り度からいったら普通にこなせる人よりも何倍も努力はしているものです。
もちろんいい加減な人ややる気のない人もいますが、明らかにそうでない人もいるので、頑張ってない人と一緒にされることはとても辛いことでしょう。
頑張ってはいるのにダメ出しをされ、叱られるたびに自分のダメさとかを痛感し、二度としないように努力をしてもまたしてしまいます。

また人と関わることが怖い人、自分で決断ができない人、発言することが怖い人、マイナス思考で自分を責めすぎる人、全て自分が悪いという思考に陥ってしまう人、そういう人たちも葛藤しながらみんなの普通に合わせて人の何倍も頑張っているんですね。
普通の人は簡単にアドバイスしますが、それができないから辛いんです、それが理解されないから辛いんですね。

私はその頑張っている姿がとても好きですし、自分なりに頑張っている人は私にとっては尊敬に値することです。
まぁマイナス思考の人は凄く頑張っていても、私なんて頑張っていない、頑張れてない、とふさぎ込み更に頑張ることで疲弊していきます。

でも頑張り度で人をはかれる機械があったらその人たちの評価はものすごく高いはずです。
この感覚を全く理解できないという人はいるでしょうが、私にはよく理解できます、それはそういう人たちをたくさん見て来たからです。

普通普通といいますが、普通って何でしょう。
普通の感覚の概念とはコミュニティー内の大多数の感覚です、またここでいう普通とは日本人の普通のことです。

普通以上に敏感に物事を捉えてしまう人や普通より鈍感な人は、普通よりコミュニケーションがうまくできない人はそれは普通じゃないと否定されてしまうのです。
また、普通以上に空気を読みすぎる人や、逆に空気を読めない人なども普通じゃないと否定され、普通の感覚なりなさいと指導やアドバイスを強要されがちです。

でも普通に直せるならそれでいいのでそうが、直せないことを強要することは人権侵害でもあり、こういう風潮はよくないことだと感じます。
特に日本は足並みをそろえるのが好きな国民なので特にそうなりがちなんでしょうね。

それと、大多数の感覚を持っている俗にいう”普通の人”はそうではない感覚の人を理解しようとしません。
それはそれが普通で当たり前のことだと思っているから考えようともしないし、だからこそ普通に合わせろとしか思わない人が多いんだと思います
でも生まれながらに感覚が敏感な人や鈍感な人がいたり、トラウマや家庭環境などでうまくコミュニケーションが出来ない人やマイナス思考の人はいて、それは努力をしたからといって簡単に普通になるレベルのものではなく、それがその人の気質であり、それがその人たちの普通なんですね。

例えば仮に敏感すぎる人が大多数になったらそれが日本人の普通となります。
これまで普通とされてきた人たちは鈍感すぎる人となってしまい、もっと気が付きなさい!努力が足りないからだ!と叱られることになるでしょう。
ても生まれ持ってる自分の気質は変えることは難しいですし、そのことで日々叱られたり孤立的になったり、理不尽な思いをしたりと、そういう立場になった時にやっとこういった頑張り度のことが理解できるのかもしれません。

そういう人は特に仕事になると辛いでしょうが、自分に合っていない仕事を無理やるする必要はなく、ストレスをそこまで感じずに働ける職場はきっとあるはずです。
世間体に囚われず、自分やりたいことを実現する、それがそういう人たちのストレスのあまりかからない明るい未来の第一歩だと私は思います。

そういったことで悩んでいる人には、自分の本質は何か、何をしたいのか、そういった深い話もカウンセリングでは当たり前のように話しています。
私も客観的に見て話し、普通の感覚の話をして、そのギャップを理解させたり、そういったことで前を向けるように話をしています。

私は頑張って苦悩している人は応援したくなります。
世間体にしがみつかなければならない人はそれなりにスキルを普通に近づけなければなりません、世間体にしがみつかなくていい人は自由を選択できることもできます。
どちらにしても気持ちの整理は必要なので、そこは他人の手を借りることは必要で、私はそういったことで悩んでいる人の相談にものっています。
相談といっても私は提案や視野を広めるようなことしかいわないので、背中を押すこともありますが、決めるのは当人に必ずさせています。

私の想いはシンプルにいうと、自分の人生は自分の好きに生きたほうがいいということだけです。
やりたいことを実現する、それが自分の人生で、それが人生を生きているという証だからです。
もちろん世間体に縛られなくてはならない人、家族の縛りやどうにもならない環境で人の敷いたレールで生きていかなければならない人には少しでもストレスを軽減できるような捉え方を提案したり、その中での生き方を一緒に考えていったりしています。

ちょっとお仕置きとずれてしまいましたが、こういったことがメインな「お仕置きの部屋」でもあります。
ここまでの悩みではなくても直さなければならないことを本質の部分から確かめたり、人生において大切な事、そういったことを交えてのお仕置きなので、お尻を叩かれたい人と叩きたい人というスパプレイではなく、普通に人生においての真面目なお話しする場みたいな感じです。
そして必要があればそれに応じたお尻叩きがあるだけです^^
ま、直さなきゃいけないこと、約束、成長のための課題、そういう形であれば否が応でもお仕置きはつきものですけどね^^;

最後に、頑張ることは素晴らしいですが、頑張りすぎて心が折れそうな人には休息を勧めます。
そこの限界は本人の言葉を参考にしますが、いずれにしても頑張りすぎている人には人生を見つめな直すようにいろいろな話をしたり、精神が破綻してしまう前に警告します。

そこまで我慢して仕事や誰かと関わることは必要ないと思っているので、自分の人生だということをしっかりとお話をしていきます。
とにかく他人のための人生ではなく、自分の為の人生になるようにしていかないと、いずれ後悔するはずですし、最後を迎える時に満足はしないでしょう。
そうならないためにどうするか、そういったことも大切な事だと思います。

長くなってしまいました^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

Q&A いろいろな質問 part4

これまでいろいろと質問がありましたが、少しまとめて返答します編part4です^^
もし質問等がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
コメントに関しては一切承認しませんので公開されることはありません、ご安心を。

Q.
お説教の最中やお仕置きが始まってからすぐに恐怖感からとかで、「ごめんなさい」とか「すいません」とか言ってしまうと京介さんは呆れたり、おこったり等しますか?
A.
そういう意識を持っている方もいらっしゃるんですね^^;
私の場合は一切怒りませんし、呆れることもありません、むしろその言葉を言った方がお仕置きの軽減があるかもしれません。
お仕置きは嫌なものですから恐怖感や早く終わらせたい一心でひたすら謝ってその場から逃れたいという気持ちはあって当然です。
ただ、必死に何度も謝ったからといってお仕置きがなくなることはありません。
仮に反省してない上でのごめんなさいであれば反省できるまでお仕置きし、反省できたらその後に悪い事の罰としてのお仕置きが待ってますから、必死に謝ったからといってお仕置きの軽減はあっても免除はありません^^;


Q.
私の知ってるカーさんの中でもずば抜けてキーさんやキーさんではないけど京介さんの所に訪問した事がある方が多いですが、正直全員の事を覚えているのか不思議です。実際忘れている事もありますか?
A.
確かに久々に来られる人に対してうろ覚えの時はありますが、その時は過去のメールを見返して記憶をよみがえらせています^^;
正直いうと過去に他のケースと間違って話をしてしまった事が何度かあって、それによって相手を傷つけてしまったこともありました。
私は複数の人と接していますが、キーさんは私一人ですから、忘れられるということはとてもショックな事だと思います。
そういうことがあってからは特に注意をして1人の1人をしっかりと見て記憶するように努力しています^^;


Q.
一度お仕置きを経験してから、お仕置き小説や他のキーさんの実体験の感想等には興味がありますが、自分が実際にもう一度受けたいという気持ちがなくなったのは、お仕置き欲求がなくなったという事なんでしょうか?
A.
なくなったのではなくて恐らくお仕置き欲求が薄まったんだと思います。
お仕置き欲求というのは叩かれる以外にもそういった小説を好む事も含まれますが、幼少期から脳裏に記憶された欲求を消すことは難しいものです。
ただ、初めてのお仕置きで妄想と現実の違いを目の当たりにしたり、思った以上の痛みを感じたりしてお仕置き体験はこれでいいやと思う人もいますし、通常はお仕置きを受けるごとに欲求が薄まっていき、誰かに会ってお仕置きをしてもらうという労力をお仕置き欲求が下回れば、リアルなお仕置きは必要なくなります。
さまざまなケースはありますが、いつ再燃するかも分かりませんし、いまのところは欲求が薄まっているという感覚でいいのではないでしょうか。


Q.
性的要素があるお仕置きは嫌なのに自分で妄想する時とか、好みの小説を見たりした時はゾクゾクしたりドキドキしたりして明らかに性欲とわかるのですが、これってMだからなのでしょうか。
A.
自分の理想のお仕置きを妄想したり、好み小説や動画などを見て性的に興奮するキーさんは普通にいますし、こっぴどく叱られてお仕置きされたにもかかわらず、後日それを思い返して自慰行為で満たすキーさんもいます。
お仕置き中は痛みが伴ったりガチで叱られるので、そこで性的な興奮をするキーさんは稀だと思いますが、妄想や小説など痛みが伴わない環境だとそれが興奮につながるものです。

興奮といってもディシプリンスパを好むキーさんであればそのお仕置きに性的要素があると一気に冷めてしまうので、エッチな事だから興奮するのでは無くて、性的ではないお仕置きの構図で満たされるからこそ興奮の対象になるんです。
だからこれはMだからではなく、キーであるからこその感覚だと私は思います。
これが妄想ではなく、厳しくて痛いお仕置きで興奮してしまうような場合はMさんといえるかもしれませんね。


Q.
遠方から来た人は、その時一回限りという事が多いですか?
A.
私も気になったので、データを調べてみました^^;
東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城に関しては近場
それ以外を遠方としてみた結果

近場の人で2回以上来ているのは、127名中81名で63.7%
遠方の人で2回以上来ているのは、 84名中68名で80.9%
と、意外にも遠方組の方が複数回来ていることが判明しました^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

キーさんにメンヘラが多いのか

こういう問題についてちょくちょく聞かれることがあったので、今回はメンヘラについて書いてみようかと思います^^;

そもそもメンヘラという言葉はネット上の造語として作られたもので、意味的にも曖昧なのですが、私が捉えているメンヘラは、自己中心的で自分の思い通りにならないと自虐的な言動をする、自分が酷く病んでいることを相手にアピールする、構ってほしくて相手を巻き込む、相手に執着しすぎて迷惑をかける、依存体質、マイナス思考、みたいな感じでしょうか。

例えば、ラインで相手からの返事がないのに山のように送信し続けたり、勝手な被害妄想でヒステリックに相手を攻撃したり、過去のことをほじくり返してあなたのせいだと責任を取らせようとしたり、心身ともに束縛したりとかですかね。
それに対して納得のいく対応をしなければ激しくヒステリーを起こして泣いたり怒ったり嫉妬したりし、時には自殺をほのめかしたり自傷など自虐的な行動をして相手を困らせる、そういう表現方法で自分の辛さをアピールするような過度な構ってちゃんという印象です。

その相手方は心身ともに近い人が対象で、気を許した相手に依存しやすくなりこのような行動をとりますが、その他の他人に対してはそこまでの態度を取らず普通なことが多いようです、まぁ説明は難しいですが^^;
なので精神疾患を患っているからといってそれはメンヘラとは言わず、精神疾患でなくても上記のような病み体質だとメンヘラとよ呼ばれます。

ただ、人は強い悩みや酷い落ち込みがあれば、親しい人に依存しやすく、そういう行動をつい起こしがちですから、多少当てはまったからといってもメンヘラとはならないと思います。
一時的な事ではなく、依存してしまうような相手にはそういう自己表現しかできなかったり、相手の愛情をはかる手段として相手を攻撃したり自虐的な言動をするような表現しかできない人はメンヘラといえるのではないでしょうか。

まぁ本人たちにとってはそういう方法でしか自分を表現できないからしているんです。
一筋縄ではいきませんが、愛情を持って接してそういう歪んだ表現方法を正していくのは依存相手が一番適しているのではないかと私は思います。

で、本題に入ります
「キーさんにメンヘラが多い」
という都市伝説的なことは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、はたしてどうなのでしょうか。

メンヘラさんは承認欲求が強く、自分だけを見ていてほしい、愛してほしい、全てを受け入れてほしいと思ったり、見放され不安が強いために、相手を試すために構ってちゃん的な行動に出てしまったりするのが特徴だと思います。
これだけを見ると一部のキーさんの特徴と一致してしまいますね^^;

でも例え特徴が全く同じでも、相手に対する表現方法が違えばメンヘラのメの字もないんですね。
メンヘラはその人の欲するものそのものではなく表現方法ですから。
それにキーさんといっても全員が同じ特徴ではありません、愛情たっぷりに育った子もいます、叱られたことがある人もいればない人もいます、幸せな家庭で育って愛情は十分に受け取っている人もいますし、依存体質ではない人も普通にいます。

メンヘラさんの特徴とは実は人間であれば誰しも持っている普通の思いで、メンヘラさんはそれが過度に強いということまでは普通の範囲内だと思うのですが、それに加えて相手に対する表現方法が自己中心的過ぎて異常な状態になってしまっているから問題なんだと思います。
なので欲求が同じでもその表現方法が自己中心的であったり相手を巻き込んで困らせるということでなければ、それは普通の人ということです。

ここまで長々と説明をしてしまいましたが、キーさんにメンヘラが多いのかという題目についてそろそろ回答しますね^^;


ずばり、私がこれまでおおよそ230人程のキーさんと会ってメンヘラと感じる人は1人もいませんでした。
結構衝撃的な答えだったのではないでしょうか。
まぁ正確にいうと”私に対して”メンヘラ的な言動をした子は1人もいませんでしたということです。

もっと正確にいうと、何人かは私に対してメンヘラ的な言動があったことはありましたが、それに対して注意をしたことで、私に対してはそういう言動をしなくなったという意味で、私に対して現在は一人もいないということです。
まぁそういうメンヘラ的な言動をした人が過去にいてもそれは数人なので限りなく少数です。
もしまた再燃してもそこを注意していくので私に対してメンヘラを出すという人はでてきても稀なんだと思います。

ただし、私に対してはメンヘラではなくても他の人にメンヘラ的な自己表現をしてしまうという子はいます、いわゆる私以外の人に対するメンヘラさんです。
私はそういう子には自己表現のしかたを叱り、違う表現方法をするようにとお説教をします。
それで直るのかというとそうはいい切れませんが、やはりそういうダメな表現方法を繰り返すたびにお説教をしてお仕置きを繰り返しています。

メンヘラな性質のキーさんは自分の行動はよくないと思って私の所に反省しにくるので、おそらくキーさんに限らずほとんどのメンヘラの子たちは自分の自己表現に対してこのままじゃまずいと悩んでいるんだと思います。
だからたまたまメンヘラの子がキーさんであればそことお仕置きがつながるのでしょう^^;
でもメンヘラなキーさんも私のお会いした中では稀なので、キーさんにメンヘラが多いのかというと、限りなく少ないといってもいいと思います。

ただここで私が思ったのは、キーさんにメンヘラが多いというのはもしかしたら相手側がメンヘラに導いているのかもしれないということです。
スパやSMのパートナー関係は依存的になりがちですし、依存させてからいきなり捨てたりとか音信不通とか騙していたとか、そういうことは頻繁にあって、依存しきってからそうなると気がおかしくなって当然で、それで抑うつ状態になる人もたくさんいます。
そうなる前でも何かそういう匂いを感じたら不安や不信感がどんどんと強くなって、それが続けば自然と抑うつ状態になることもあるでしょう。

もし抑うつ状態になったら正常な判断ができないので一時的にメンヘラ的な言動になってしまう事もあります。
鬱とはそういう病気でもあるので一時的なことであればそれは一時的なメンヘラであって、その一時的なメンヘラは相手側が導き出したメンヘラです。

と考えるなら、キーさんにメンヘラが多いのではなく、カーさんやSさんがメンヘラを増やしてしまっているのかもしれません^^;
仮にですが、キーさんにメンヘラが多いということが本当であると仮定すると、私の関わったキーさんにはメンヘラさんはほぼいないので、そう考えるとカーさんやSさん側がメンヘラになるきっかけを作っているとも考えられます。

まぁ私の場合はキーさんとはパートナー関係ではないのでお互いに一線を引いてできますが、パートナー関係となると一線を引くのが難しく、お互いに深くかかわりあっていくことでお互いを満たすみたいな部分があり、そこがいいところでもあるんでしょう。

なので、そういう関係性の問題もあるのかもしれませんが、やはりどこかで一線を引いて冷静に相手を見てあげて、相手が間違った自己表現をした時にはしっかりと指摘して正しい表現方法を教えていき、歪んだ部分を直し成長させていく関係が望ましいと思います。
とても難しいことですが、パートナーになったのなら責任をもって相手と関わる、それがパートナーとしての理想の関係でしょう^^

こういう関係で傷ついた経験のあるキーさんやMさんはたくさんたくさんいますから、そういったことも理解したうえでパートナー探しをして、パートナーと関わる心構えを持つ、それがいずれ自分を守ることにもつながるはずです。
メンヘラ的な要素を持っている方は特に注意してみましょう^^

とにかく私の所にはメンヘラさんはほとんどみかけないので、キーさんにメンヘラが多いというのは間違いだと断言します。
もしかしたらメンヘラな子はそういう性格なゆえにパートナーがなかなか出来ずにたくさんの人と会うことになり、それもメンヘラが多いという印象を持たれる一つの理由ということもあるかもしれませんね^^;



余談です。
メンヘラとはもともとは「メンタルヘルスに問題がある人」のことを指していたそうで、そこから「メンヘル」→「メンヘラー」→「メンヘラ」と形を変えていったそうです。
これはネット用語でネット上の隠語 、 略語 、 造語であり、こういう言葉をインターネットスラング(ネットスラング)というようです。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

お仕置きの願望と現実

キーさんは理想のお仕置きというものをそれぞれ持っていますよね。
理想というのは基本なお仕置きで大雑把なものですが、それとは別に願望というものを持っている人は多いと思います。
もちろん最初はお仕置きをしてもらうことが願望であっても、一度お仕置きを受けてしまったら、こういう体勢でしてもらいたいとか、こういう行為をしてもらいたいとか、めちゃくちゃ厳しくしてほしいとか、そういう願望がでてくるものです。

その願望はまだ経験してないことが主ですが、気持ちが沈んでいる時に厳しくしてほしいとか、ボロボロにしてほしいという心境になる子もいます。
私はそういう願望を言いやすい環境にして私から聞くようにしていますが、実際にそういうお仕置きをしてみると、恥ずかしいからといって拒否したり、痛すぎるから無理ってなったりすることが多いように感じます^^;

恥ずかしいということに関してはその願望は消えるものではなく、何度かチャレンジしていくうちに結局経験することになるのですが、妄想の中での願望と現実に生身の男性にされるものとは違うのでそこでストップがかかってしまうのでしょうね^^;
厳しいお仕置きに関しては、小説の世界もそうですが、自分の妄想の中の願望では丸出しにしたお尻が真っ赤っかになっても更に叩かれて、泣きながらごめんなさいをいっても悪い事の罰だからといって厳しくお尻ペンペンのお仕置きをされる光景にキュンキュンしてしまうのでしょうが、現実はどうでしょうか。

小説を読んでその世界に入り込んだり、それをヒントに妄想をしてキュンキュンしたり、そしてそういう願望を持ってドキドキしたりしても実際に痛みを感じることはなく、痛みを想像するにとどまるから強い好奇心となるわけです。
でも実際に厳しく叩かれてみるとメチャ痛い(笑)
もちろんそれが現実であって、厳しくされたら痛すぎて我慢できるわけはなく、小説の中のように耐えることも無理でしょうし、お仕置きされてキュンキュンする余裕もなんてあるわけありませんよね^^;

滅多打ちにされたい、ボロボロになるまで叩かれたい、自分を壊してほしい、とまでの願望を持つM性のあるキーさんもいますが、そういう人たちも実際やってみると「無理!」ってなって、結局かなり手加減して叩くというケースがほとんどです^^;
ま、それが願望と現実の差であって、それは当然のことなので私の場合はそういう雰囲気づくりを重視しています。
雰囲気ならいくらでも演出できますし、そういう気持ちになれるでしょう。
厳しい痛みが無理なら滅多打ちにしている雰囲気で手加減をしてあげれば、相手にとったら滅多打ちに感じるわけですからね。

これは普通のお仕置きでも同じことですが、相手が痛みをどの程度感じるかは人それぞれなので、雰囲気は崩さず、相手に合わせた強弱でお仕置きをしています。
なので人によっては超軽めでペンペンしているだけなのに厳しいお仕置きと感じているというケースもでてくるんです。

まぁでも、キーさんは口では「厳しく!」なんてかっこよく言っても実際はへなちょこ・・・。
というのはすごく可愛いものですけどね^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

罪の重さとお仕置きの種類

キーさんは家庭的なお仕置きが基本なのですが、人によってはその時の気分によってはSM的なお仕置きを求めてしまう人もいます。
どちらも反省のお仕置き前提の話なのですが、軽めの反省内容の時は家庭的なお仕置きで、落ち込んでいる時やすごく重めの反省内容の時はSM的な感じでボロボロにされたいと望んでしまう人もいます。
まぁそれとは別に普通にM欲求がある人はそういったことはあまり関係なく求めてしまうんですけどね^^;

普通に考えてみてもちょっとした悪い事は軽めのお仕置き、かなり悪い事であったら厳しいお仕置きとなるのは必然ですよね。
ちょっとしたうっかりミスなのにケインでお尻を滅多打ちにして限界まで叩かれたらそれこそ反省なんてできないと思います。
逆にメチャクチャ悪い事をして他人の心を踏みにじるようなことをしたにもかかわらず、平手で軽めにペンペンなんて反省なんてできないしスッキリとはしないでしょう。

やはりお仕置きの厳しさは基本的には悪い事の質や罪悪感の程度によって変えていくべきものでしょう。
その厳しさはキーさんによって違います、痛みを敏感に感じる人とかなり我慢できる人とは違いますから、私の厳しさとはキーさん側の立場での厳しさのことです。

キーさんはそこまで重くない反省材料のときは家庭的なお仕置きで罰を受けて愛情で満たされたいと思う人が多いでしょう。
でも重めの反省材料だと家庭的お仕置きで簡単に愛情を感じるのはどうなのかなと感じて虐待的なお仕置きを求めてしまったり、もっと酷くなると悪い事なのにお仕置きされて満たされるなんていけないんじゃないかと感じてしまう人も中にはいるんですね。

メチャクチャ悪い事をしたのに、結局は自分のお仕置き欲求を満たしに行くというのに矛盾を感じ、それなら罰を受けないで辛い思いを抱えて生きていく方が本当の罰なんじゃないかと考えてしまうんです。
まぁ私はそれは一番よくない考え方だと思いますけどね。

罪は清算しなければなりません、痛みを感じてその場だけでも痛みで嫌な思いをして、清算出来たら償ったと同等でなければなりません。
もちろんしてしまった事を忘れていいという事ではなくて、その事は忘れずに心に留めておき、その教訓を生かし、前を向いて生きていくこと、それが成長でもあります。

法律違反をしたら罰を受けますね、それが罪の償いであり清算で、それが終わったら社会復帰ができます。
これは人間が作り出した便利な方法で、とても理にかなったものだと思います。
それはしっかりと反省して二度と同じ過ちを繰り返さないと心に誓えばやり直しができるからです。

だからキーさんの場合は嫌ってほど痛みを感じ、その痛みを感じている時に苦しみを感じれば十分に罰になりますし、その後に来る満たされ感は清算後のことなので考えなくていいんです。
自分を追い詰めるためにお仕置きを受けないでずっと心の中にしまっておくという考えはよくありません。

もし友達がそのように悩み苦しんでいたら自分はどのようにアドバイスするか、そう考えたら応えは一つでしょう。
自分にだけそう仕向けるのは自傷行為と同じだと思いますし、そうやって視野を広げて考えてみたら、それが歪んだ考え方だということに気づくでしょう。
罪悪感が強すぎると自分を責めたくなる気持ちは分かりますが、そういう時でもしっかりと誰かに罪を打ち明けて、話し合いをして罰を受けることは大切だと私は思います。

まぁそこまで自分を追い詰めてしまうのであればとても重い反省内容の時にSM的(虐待的)なお仕置きを望む気持ちはわかりますよね。
結果SM的(虐待的)なお仕置きでも満たされてしまうので、そこに戸惑いが生じてしまう人もいるのでしょうが、それは罪の清算後のことなので気にしなくていいんです。
法律違反をして、しっかりと罪の清算ができた時にはすでに前を向いていなければならず、人によっては罪の清算ができたら罪悪感も薄れ、結果満たされた気持ちになる人もいるはずです。
そういう感覚と同じようなもの、という考え方をすればいいんです。

ちなみにこれは痛みを「痛い!」と感じる人であれば罰を受けたことになりますし、ほとんどのキーさんやMさんは強く叩かれたら痛いと感じるので、罰としてお仕置きを受けているという意識を持っていればいいです。

一番厄介なのは痛みを快楽に感じてしまうタイプのドMさんですよね、、
その場合は罰にはならないので、他の方法で痛みを感じさせるか、他のお仕置きを考えるかしなければなりません^^;
だから叩かれて痛いと感じる人はずっと幸せだということでもあるんですよ^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

Q&A いろいろな質問番外編 ブラックな質問^^;

今回はちょっとブラックな質問達です^^;
推測とか誇張された解釈とか一部の言葉尻を捉えての認識とかいろいろだと思いますが、少し批判的だったり疑惑的な質問を集めてみました(汗)
まぁ私自身個人情報を守るために多少事実と異なる表現をしてみたり、冗談や驚かすために事実と少し異なる返答をすることもあるので誤解はしょうがないですが、それが独り歩きしてしまうとちょっと怖いなぁと感じました、言動には気をつけます^^;


Q.
抗うつ剤とか睡眠薬とかがあるそうですが、他のキーさんに貰ったり飲み物に混ぜたりしたことはあるんですか?
A.
いやいや、、確かにそういった薬はありますが、それは大量服用してしまったり薬を断ちたいという人から没収したものです^^;
ちなみに私が没収して保管する行為については薬機法を順守した上なので違法行為ではありません。
それ以外にもハイな気分になる市販薬を没収していたり、禁煙できない人はタバコやライター、自傷してしまう人からはカミソリ等を没収したことがあり、それも保管しています。
それはどうしても自制ができないような時に話し合いをして没収し、私が預かっているものです。
また飲み物に薬を混ぜるなんてあり得ません^^;
それは悪質な犯罪行為ですし、飲ませて何かをするなんて馬鹿な真似はしませんし、したくもありません^^;


Q.
看護師や医師のキーに薬をもってこさせて他のキーに勝手に処方してるってまじですか?
A.
医療関係者に薬を持ってこさせたことはありません^^;
処方薬を処方箋なく持ってこさせるのは違法行為となるで、そのような指示をキーさんにすることなど絶対にありませんし、私が行う行為については法的にしっかりと調べているので私自身が違法行為をすることもありません。
未成年者がお酒を飲むのも例外なく禁止しているのでそんな私がキーさんに悪い事をそそのかすなんて論外です^^;
また、最初の質問の答えに書いたように、没収した薬はありますがそれを勝手に処方したことなどありませんし、薬には必ず副作用があるものなのでそういう意味でも差し上げるなんてこともしません。


Q.
エッチしたくなるような媚薬を飲ませてるんですか?
A.
そんな媚薬があるのなら欲しいですが(笑)
まぁそれは冗談ですが、そもそも活動でお会いする人に怪しい薬なんて飲ませた事はありませんし、仮に媚薬が手に入ったとしてもキーさんに飲ますことはあり得ません。
そもそも性的な事を目的としての活動ではありませんし、私はこの活動で出会う人とセックスをしたいとは思いません。
なのでそういう薬が存在したとしても、それを飲ますなんてことは考えられません^^;
ちなみに発情する薬なんて聞いたことありませんから、そもそもそんな薬はないと思いますけどね。


Q.
女性のお尻や局部を見てエッチな気分になったりしないんですか?本当は触っちゃったことってあるんじゃないですか?
A.
お仕置き活動でエッチな気分になることはありませんし、相手の性感帯を触ったこともありません。
キーさんは”スパと性的なものは別物”とよくいいますが、私もそれと同じです、男性でもそういう目線でお仕置きをしている人はいるんです^^;
”スパはエッチな事”と捉えている人もいるでしょうからそういう人の目線から見たら理解できないかもしれませんが、私の場合はスパはエッチな事ではありません。

親が子供にお仕置きしたり、先生が生徒にお仕置きをすることは性的な事ではありませんし、性的な事を意図してお仕置きをすることはありませんよね、私もそういう認識でお仕置きを捉えています。
私は普通の男性とは感覚が違っていると思うのですが、女性のお尻を見たり、局部が目に入ったからといって興奮しませんし、単に誰でもついているものという認識なのでそういう意味では医者目線なんだと思います。
勝手なイメージで私が性に関心のない聖職者のように思われている方はいないと思いますが、いっておきますが性癖はSですし、性欲も普通にあります^^;

エロの分野ではもちろん変態の部類に入りますが、それでもお仕置きで発情したり興奮したりしませんし、女性の局部などのパーツも興奮する対象ではありません。
私が興奮する要素を持っている人は限られていますし、それは極一部の人にしか埋められません^^;
どういうものに興奮するか、ということはブログで書くことではないのでここでは伏せますが、こんな話はキーさんに聞かれたら普通にお話ししていることですから隠すことでもないんですけど、ブログではふさわしくないので^^;


Q.
サイトで出会うキーさんとセックスすることが絶対ないと言い切れるんですか?
気になったキーさんや好きになっちゃったキーさんがいたらしたくなるのが男性だと思うのですが。
A.
セックスすることはありません。といいたいところですが、念のため99%ありませんといっておきます(汗)
ですが1%あったとしても私から誘うことや口説くことはありませんね、それは私がそういう人間なのでないといい切れます。
1%というのは、私も人間ですから気になった子が私にその気を持っていたら可能性的が0とはいいきれないことが起きるかもしれ無いという意味です^^;

過去にSMをしていた時とかには処女を捨てたいという人にセックスしてあげたこともありますが、私はセックスに対しては極端にいうと握手やキスくらいにしか思っていないという、良い子には絶対に真似してほしくない感覚を持っています^^;
まぁそこは自分自身問題ありな人間と思っていますけどね、、、。
こういうことも話の流れでキーさんと話すことは普通にあるのですが、ブログでは生々しいですよね、すいません(汗)
話を戻しますが、大人の男女が納得の上でそういう行為をするのですから、そこは二人の秘密ということでいいのではないでしょうか。
とにかくこの活動で会う人がその気がないのに性的な関係を持つというようなことに関しては100%ありません!といい切れます。
相手にその気があって、その上で私もその気があり、どうしてもとお願いされたら、という前提で1%はあるかもしれません(笑)


Q.
キーさんとSMしたりすることもあるんでしょうか。
A.
キーさんからSM的な要望があった場合にはその要望に沿ってSMの雰囲気を体験させることもしています。
ただし相手の性感帯をいじるなどの性的行為やセックス、そして私が上半身でも裸になることは一切しません。
まぁ一般的なSMというのではなく、SM的な雰囲気でお仕置きをするということですね。
それは虐待的であったり、拷問的であったり、理不尽的であったり、人格否定的であったりと、その人それぞれの要望を聞いてイメージ的に体験をさせるものです。
はりつけにされて、踏みつけられて、髪をつかまれてとか、首を絞める、拘束する、手錠をするなど、それぞれ興味があることには個人差がありますが、私ができる範囲で体験させています。


Q.
お気に入りのキーさんは時間を長くするとか、施設使用料を貰わないとか、そういうこともしているんですか?
A
そもそもサイトを再開した2016年初めは時間制限がなかったというか、私の時間が空いていれば時間を長くとったりしていました。
その後依頼する方が増えてきて、人によって時間の多い少ないがあるといけないので、3時間という縛りを設けました。
またその頃はお仕置きは3時間、カウンセリングは2時間としていましたが、2回目以降の場合、お仕置きをするかどうかは会っている時に決まることが多く、そうなるとカウンセリングなのに3時間ということが起きるようになりました。
カウンセリングの人と時間の差があるのもよろしくないので結構たってから2回目からお仕置きでも2時間という設定にしました。

その関係で2回目から2時間の人もいれば、何度か通っていて10回目くらいから2時間になった人もいますし、久々に来る子だと、2時間になるといい忘れていたなんてこともあったりと、人によっては未だに3時間と認識している人はいらっしゃると思います。
初めて来た人には次来るかもわからないのでわざわざ2時間の告知はしていなかったこともあるのですが、現在はサイトに2回目から2時間になると記載しています。

また、.現在は予約以外の時間は私の予定を入れてそれ以上長くならないようにしていますので一部のキーさんだけ時間を長くするなんてことはありませんし、施設使用料を貰わないなんてことも一切ありません。
使用料はサイト維持のために必要不可欠なものなので、私の時間を活動の一環としてとか使うのであれば全ての人に使用料を貰っていますし、時間は2回目以降は例外なく2時間としております。


Q.
お話しした内容を他の人に話したり、そのことを笑ってバカにしたり、悪口を言ったりとそういう情報漏洩みたいなことをしていますか?
A.
個人的な話を他の人に話したり、バカにするようなことをいったり、悪口をいったり、個人情報を漏らすなどの行為はしていません。
ただ、こういうケースがあったとか、こういうキーさんもいるとか、こういう職業の人もいる、こんなに大変な人や、こんな努力をする人もいるなども含めて、良くも悪くも様々な事例を例にとってお話しすることは日常的にあります。

それは馬鹿にしたりとか悪口ではなく、私の経験値としていろいろなケースがあるよ、というアドバイスや一つの話題なので、もしそれで悪く受け取らせてしまったのなら、そこは私の不徳の致すところなので、より配慮していかなければなりません。
個人情報に関しては漏洩しないように気をつけていますが、いろいろなケースを話している時に、私の方は特定されないようにどうでもいい部分は違う情報に変換したりしていますが、聞いている方は話しすぎじゃないかと感じる人もいると思います。
そのように思わせてしまうのは不安にさせてしまうのと同じことなので、そういう話題に関しては更に注意していかなければと感じているところでもあります。
ちなみに、いくらしつこく質問されても個人情報の観点から答えられないと思うようなことには一切答えていませんし、それが基本姿勢です。


Q.
盗撮したりとか隙あらばエッチなことをするとか、何か他の目的があるんじゃないですか?男が興奮しないでお仕置きだけするなんて信じられません。盗撮疑惑もあるようですが?
A.
盗撮なんてしたことありませんし、そういうものを撮影して後で観賞するという趣味もありません。
しかしスマホに関しては置いた向きによっては誤解される恐れもあって、過去にそれを指摘されたこともあるので、現在はカメラ部分を下に向けて伏せたりスマホ自体極力触れないようにするなど、相手に誤解されないような配慮はしています。

そもそもお仕置きで欲情しているわけではありませんからね、バレてしまう恐れがあるのにわざわざ盗撮する意味なんてないですし、そもそもこの活動はエッチなことを目的とはしていませんから、過去も今後も撮影をすることはありません。
それと私はお仕置きに性欲を重ね合わせることはしていません、そういう欲求は別で満たしています。
そもそも私が性的に興奮するツボはお仕置きとは別にあるからこそ性的なことを持ち込まないでお仕置きがきるわけで、もっというと、そういうツボを持ち合わせている女性でないと私の性処理はできません^^;


Q.
使用料はなんで徴収するんですか?カー側がすべて負担すべきじゃないんですか?なんでキーからお金をもらうんですか?男なのに情けないと思いませんか?
A.
使用料は施設の維持費の為です。
一般的な出会いでは施設代はカーさんが負担することが普通なのかもしれませんし、少なくとも折半のようですが、それは二人の話し合いで決めたことで、それで会ってみたいと思うのでしたらそれが良いんだと思います。
使用料を払ってまでお仕置きを受けたくないという人はいるでしょうし、自分が負担して会うのはあり得ないとか、お金が発生してお仕置きを受けるのはなんか違うとか、そういう考えの人もいるでしょう。

私の場合は私の負担を減らすことによって活動を維持できるので、そこから金額を決めており、3,000円では少し少ないのですが、4,000円では利益が出てしまい、かといって100円刻みにするのもナンセンスだし、依頼の人数も月によって不安定で私の負担がかなり大きくなる月も当然ありますが、そういうことを考慮して3,000円と金額を決めました。
維持費についてはドメイン取得や広告を消す料金以外にもお金はかかっていて、詳細はここでは伏せますがお会いして聞かれた場合は細かく説明はしています。
ちなみに、お仕置き活動を長く続けていく手段として使用料をいただく形をとるようにしたのですが、これに関しては利益が出ていないので雑所得には当たらず、事業にも当たらないので法律的にはなんの問題もありません。

それともう一つ、理由としては後付けとなりますが、私の所に交通費や施設使用料などの料金が発生しても依頼をするという部分に私はとても嬉しさを感じています。
もちろんお金を取るなら行きたくない!という人がいて当然ですが、そういうものを払っても依頼したいと思ってくれることがこの活動を続けていることのモチベーションの維持でもあります。
なので仮に私が大金持ちでお金に全く困っていなくても、それなりの労力を払ってでも行きたい、という人の気持ちを受け取るためにも使用料というものはいただくと思います。
それだけ深刻に悩んでいたり、話をしたかったり、関わってみたいと強く思っている部分ですからね、そうでなければ依頼なんてしないと思います、安全性を考えてという方もいらっしゃると思いますが、それも信頼ですからね^^
まぁ施設使用料をいただくことはサイトに書いてあることですし、それに納得をした人が依頼をするわけですから、それは私と相手側の問題であり、そこに情けなさは感じません、私はこのようなスタンスでお仕置き活動をしています^^;


Q.
お仕置き活動の他に資格もないのに一般カウンセリングをしているようですが、それでも稼いでいるんですか?
やばくないですか?
A.
一般向けのカウンセリングのサイトは作成して実際にありますが、そのサイトに関しては全くのダミーサイトです。
お仕置き依頼をして私の所に来ていることを秘密にしている人はほとんどだと思いますが、その中でも彼氏がいたりとかどうしてもバレてはいけない人もいるわけで、そういう人の逃げ道として作成したのが一般向けのカウンセリングサイトです。
もし怪しまれた時に、「ここのカウンセリングに行った」といえばトラブル回避できる可能性が高くなるので、それだけの目的で作成したサイトです。

なので宣伝をしたり広告を出したりなどは一切していませんし、そこでお客さんを受け入れたりということもありません、そもそも普通のカウンセリングはお互いに壁がありすぎるので私の性に合いません^^;
一方お仕置き活動でのカウンセリングはお説教ありきで、しかも心を曝け出せる場なので壁をほとんど感じません。
なのでお仕置き活動でのカウンセリングであればずっと続けていきたいという思いはあります。

で、表向きのカウンセリングサイトに関しては一部のバレたら困りそうな人にしか案内していないはずなのですが、いつの間にか広まっていたのには戸惑いました^^;
キーさんを安心させるために「一般の人も来てるよー」なんていったこともありますが、実際にカウンセリングをしたことはありません^^;
ちなみに法的には資格がなくてもカウンセラーとして営業活動はできますので仮に資格がない状態でカウンセラーをしていてもヤバい事では無いですし、私の場合は民間資格ですが資格は持っています。
でも普通のカウンセリングはお仕置き活動よりもかなりの労力がいるのでするつもりはありませんし、そもそもお仕置き活動でいっぱいいっぱいでそんな時間はとれません^^;


Q.
施設の中は掃除しているんですか?汚くないですか?
A.
掃除はしていて清潔に保っているつもりですが、小姑のようにじっくりみれば埃が溜まっていたりもあるでしょうね^^;
一応不潔感がないように気を使ってはいるので、パッと見の清潔感はあると思います・・・。




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

Q&A いろいろな質問 part3

これまでいろいろと質問がありましたが、少しまとめて返答します編part3です^^
もし質問等がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
コメントに関しては一切承認しませんので公開されることはありません、ご安心を。

Q.
お仕置き前から 怖くて怖くて減刑目的でたくさん謝ってしまいます。
反省するより前にごめんなさいをついつい連呼しちゃう人と、 ごめんなさいをなかなか言えない人がいると思いますが 京介さんの場合どちらを厳しくお仕置きしますか。
A.
反省もしないでごめんなさいを連呼しているのが明確であれば反省の色が見えるまで厳しくしますが、どちらが厳しいのかということであれば同じでしょうかね^^;
私の場合は基本的に「ごめんなさい」をいえなければ厳しくなります。
「ごめんなさい」という言葉は私の中で反省の言葉として認識しているので「ごめんなさい」をいえなければ当然厳しいお仕置きとなります。
もちろん適当にごめんなさいを言ったり、ふてくされてごめんなさいを言うような場合は反省と認めませんけどね^^;


Q.
京介さんはごめんなさいをいえるまで終わりにしてくれないけど、もうおしまいにして欲しい一心でごめんなさいと言うのと本心からのごめんなさいの違いは見抜きますか?
私は子どものころごめんなさいと言い続けないと許してもらえなかったので思ってなくても恐怖を感じるととりあえず「ごめんなさい」と言うクセがあります。
本心じゃないごめんなさいは嘘つきになるから本当は言いたくないです。叩かれるのが嫌でとりあえず口から出るごめんなさいじゃなくて心からのごめんなさいが出てくるまで向き合ってくれますか。
A.
もうおしまいにしてほしい一心での「ごめんなさい」と、本心からの「ごめんなさい」を見抜けるかといったらかなり難しいでしょう。
すぐ終わりにしてほしいとあからさまにわかるケースは許すことはしませんが、真面目な雰囲気でごめんなさいといったり、必死にごめんなさいをいったりする場合はその言葉を反省とみなしてしまうでしょう。
ごめんなさいをいえるまで終わりにしないのは反省の一つの目安としているからで、「ごめんなさい」をいえないのといえるのとではやはり違います。
悪く言えば「ごめんなさい」という言葉があればそれが嘘であろうが反省してなかろうが、また同じことをやろうと思っていようが、それがその時の謝罪の言葉であるならば、痛みや早く終わらせたい一心からのごめんなさいでも一つの謝罪の形として受け取ります。
そもそも、お説教の時点で納得しなければお仕置きとなりませんし、その時に反省していることを確認しますから、お仕置き終わりの「ごめんなさい」は私の中では儀式の最後の言葉のようなものになります。
だから相手が心から納得して反省するまでお説教をするといったほうが分かりやすいかもしれませんね、その時点で本心から反省しているわけですから^^


Q.
みなさんどれくらい最低叩かれるんですか?興味はありますが怖いのが勝ってしまいます。
A.
初めての場合、最低叩く回数は300回前後くらいでしょうか。
お仕置きレベルも超軽めから超厳しめまであるのでそれによっても違いますが、超軽めでも叩く強さを超軽めにして相手の反応を見て決めているので、叩く回数はあまり気にしていません。
罰でもありますが、せっかくお仕置きなのに10発で終わらせてしまったらキーさん側が物足りなくなることもありますし、そこは考えてお仕置きをしています。
ただ何回か来ている場合はお仕置きが無かったり、お尻を叩いても10回~20回と、その人それぞれ欲求や感覚によって変えている部分があります。


Q.
他のカーさんについてどう思いますか?
A.
他のカーさんのお説教やお仕置きはどんな感じなのかなとは気になります。
他の家庭のお仕置きが気になるのと同じ感覚ですね^^;
なのでキーさんからはこれまでどんなお仕置きを受けて来たのか、というようなお話を聞いて他のカーさんがどんな感じか把握して、興味深いものがあれば取り入れたりもします。
スパに関してはそれぞれの考え方があるのでそういう意味では他のカーさんのやり方に何か意見をいおうとか考えたことはありません。
楽しむスパ、遊び感覚のスパ、性的要素のあるスパ、性的要素のない家庭的なスパなど、スパに対してはそれぞれ嗜好があるので、私の感覚と別でもそこは気にしていません、私は私の思っているお仕置きを独自にしているという感覚なので、他のカーさんも自分のやりたいようにするのがいいと思っていますし、そもそも私以外の他のカーさんは別世界のお方という認識ですね^^


Q.
お仕置き中泣いてしまうキーさんはいますか?また、泣いたら手加減してくれますか?
A.
お説教中に泣いてしまうキーさんもいるくらいですから、お尻を叩いて泣いてしまうキーさんももちろんいます^^;
お説教は本人が思う以上に悪い事をしたんだよとわからせるようなお話をするので、それで罪悪感を余計に感じたりして涙が出てくるのでしょう。
それとは別にただ痛いから泣いてしまうという本当に子供みたいな理由で泣いてしまうキーさんもいます^^;
どちらにしても泣いたからと手加減をすることはありませんし、泣いても泣かなくても罰は罰ですからね。
ただ泣くということは少なくとも反省はしているんだろうなと思うので、泣いたからといって更に厳しくするということはありません。
余談ですが、泣いてる子をお仕置きするというのもお仕置きっぽいと感じてしまいます^^;


Q.
お仕置きでガチに怒られるのは嫌で、楽しみながらスパしたいんですけど、京介さんのお仕置きはどんな感じなんですか?
私はファンタジー的な空間としてスパンキングを捉えています。
A.
ファンタジー的な要望であればあらかじめいってくれればそのように対応します。
私のお仕置きは、普段の生活や人に対する言動、自制などに対してガチに指摘をしてくので、キーさんにとっては叱られる事項は日常であり、それがお仕置きと融合し、結果非日常的な空間となります。
全てがファンタジーの空間ではなく、現実が8割以上入り込んでいるので、それが嫌な方は事前に申請はしてください^^;
申請がないと楽しむスパではなく、現実的なお仕置きであり、反省の為のお仕置きという空間になり、遊び感覚ではなく真剣な場所となってしまいます。
ファンタジー的なお仕置きを望んでいる人はイメージと違うことになるので必ず事前申請をお願いします^^;


Q.
京介さんは生きる意味って何だと思いますか?もし目の前の人が本気で死にたいと言っていたら、どのような対応をしますか?
毎日死にたい思いと闘っています。薬を大量に飲んで意識を飛ばしたいけど何とか我慢しています。これからも応援しています。
A.
生きる意味についてはブログではお話しできません、これはいろいろな考え方があって私の場合は少し別次元で捉えているので、誤解を招かないためにも個別でしかお話しできません。
理由としては、私の思想が世間一般的な考えとズレがある場合、ブログで発信をすることで誘導してしまったり洗脳してしまったりすることもあるからです。
また、安楽死問題や死刑制度問題もそうですが、こういったことは個別でお話ししても誤解が生じることはありますしブログではなかなか表現しにくく理解されにくいことだからです。
とても興味深い質問なのですが、ここでの回答は伏せさせていただきます。


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

Q&A いろいろな質問 part2

これまでいろいろと質問がありましたが、少しまとめて返答します編part2です^^
もし質問等がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
コメントに関しては一切承認しませんので公開されることはありません、ご安心を。

Q.
2回目以降は、依頼フォームから申し込んだ方がいいんですか?
それとも1回目やりとりしたメールアドレスに送っていいんでしょうか?
A.
2回目は依頼フォームからではなく、やり取りしたアドレスに連絡ください^^


Q.
キーさんの見た目とかスタイルは気になりますか?
女性限定とされていますが、私は髪が短くあまり女性的ではないと思われます。京介さんの気分が乗らないかもしれませんが、依頼してもいいものなのでしょうか?
A.
女性限定としているのは個人的に男性にお仕置きというのは好まないからで、性別が女性であれば女性的でなくても問題ありません。
それと私はカウンセリング的な位置づけでお仕置き活動をしていますので、スタイルとか容姿とか気にしてませんし、気分が乗らないとかいうこともありません、心の中身をそのまま話してくれればそれで満足です^^


Q.
幼少期や、成人にかけてのDV等のトラウマは、どうしたら思い出さずに、生きれますか?
普段は、よっぽどのことがなければ、思い出さないけれど、聞かれたりすると、引っ張りだされてきます。
どのようにしたら、楽になれますか?
A.
どうしたらトラウマを思い出さずに生きれるかですか・・・。
そもそも刻み込まれたトラウマを消す作業はとてもとても難しいことです。
一人で抱え込まずにカウンリングに通ってみたり、私でよければ話を聞いてアドバイス程度はできます。
それによって視野を広げ、自分自身の力で捉え方を変えたり受け入れをすることが大切なことです。
そうできればトラウマは多少なりとも薄まるでしょうし、結果多少なりとも生きやすくなるでしょうね。
ただ、トラウマと向き合わせて逆効果になる場合もありますから深刻すぎる場合は医療機関を受診することをお勧めします。


Q.
今までで一番ハードなお仕置き内容を教えてください。
A.
布団叩きでフルスイング、それを何度繰り返してもごめんなさいを言えない強者がいました^^;
なにやら約束しても絶対に守れないからごめんなさいは言えないということで、時間制限と疲労で結局私が折れました(汗)


Q.
京介さんはお仕置きモードとサディストモードの切り替えってどうやっているのか興味があります(笑)
例えばお仕置きでお尻に鞭の痕をつけるのと、ドS行為の一環で鞭痕をつけるのはやっぱり違う心境なんでしょうか(笑)
仮にケインを力強く振り下ろした時、お尻にくっきりミミズ腫れが浮かんできて、キーさんまたはMさんの悲鳴や辛そうな表情を見聞きした時、お仕置きモードとサディストモードでの感じ方の違いってあるのかなと思いまして(;´∀`)
A.
私は単純に悪い事をした子に罰を与えて懲らしめたいという気持ちでお仕置きをしているので、それがキーさんであろうがMさんであろうが同じで、私のモードが変わることはありません。
悲鳴や辛そうな表情を浮かべたら、それは悪い事に対しての代償だから可哀そうだけど我慢しなさいという気持ちでいますね^^;
それとはまったく別の欲求で、人をいじめたり、いたぶりたい欲求も持っていますが(いわゆるS)それをこの活動で出すことはありません。
依頼があれば別ですが、この活動でいじめたいとかいたぶりたいという気持ちでお仕置きをしたことは一度もありませんので切り替え自体が必要ないわけです。
つまりこの活動で出会う人をいじめたいと思うことはないので、切り替えも感じ方の違いもないということです^^


Q.
以前の京介さんの子供に対する躾のお話がすごく興味深かったです!
京介さんは、自分の子どもに自らお尻を出させますか??
それとも悪いことをした時に、現行犯逮捕のような感じで無理矢理捕まえてぺんぺんしていきますか??
自分でお尻を出すのと相手に出されるのとでは全然雰囲気がちがうなー!と思ったのでコメントしました(o^^o)
A.
私に子供がいたとしたら無理矢理捕まえてペンペンしていくでしょうね^^;
子供にお尻を出させるということはしませんね。


Q.
私 見た目はSに見えます。サバサバしてて、強そうで、ある程度仕事は何でも要領よくこなせます。
なので、だいたい仕事でも彼氏でも頼られてしまいます。でも本当の私はMです。
人に頼るとかした事ないし、親に迷惑をかけないように生きてきました。親は兄弟の事しかみていませんでした。私が手のかからない子だったから、人に甘えること頼る事ができません。
何を言いたいのかわからなくなりました、でも、京介さんなら 何か教えてくれるかな?と思いました。
A.
周りから見たらしっかりしているし、頼りたくなるような雰囲気を持ったドMさんはいます。
そのような雰囲気であれば寄って来るのは当然Mの人ばかりで、そうなると本当の姿を出すこともできずお付き合いもなかなかうまくいきません。
そういう人は甘え方もわからないし、甘えるそぶりを出せないので、余計自分の中で葛藤してどうにもならなくなってしまう傾向にあります。
そういう人の一部はSM掲示板とかでパートナーを探したりして出会いを求めることをしますが、良い人に出会えるかどうかはわからないのでお勧めということはいえませんが、、、


Q.
調教ってどういう風なものなんですか?キーさんからMに変わって、ペットになってる人っていますよね。
その辺り、可能ならブログで取り上げてほしいです。
A.
調教とは訓練とか躾のことで、通常は動物に対して行う行為ですが、SMの世界ではパートナーを自分好みに躾けたり、体罰を与えることを調教と表現しています。
キーとMの両方を持っている人もいますが、キーさんからMさん移行する人も確かにいますね。
それはもともとMの性癖を持っていたのか、極めていくうちに興味を持っていったかのどちらかでしょうね^^

まぁMといっても様々ですが、その中でペット的に扱ってほしい人、奴隷的に扱ってほしい人、それ以外の関係性で扱ってほしい人といて、それはそれぞれの性嗜好です。
SM的な関係に主従関係を好む人もいれば、逆に主従関係を嫌悪する人もいますので、Mだからペットや奴隷ということではありません。
またMは必ずしも痛みを好むわけではありません、むしろ痛みを好まないMさんの方が多いと思います。
肉体的に強い痛みがなくても、精神的な部分をいじめられて興奮するのであればそれも立派なMさんです。
SMの形は本当に様々です、あくまで自分の望むものの先にペット等のいろいろな形があるということです。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

Q&A いろいろな質問

これまでいろいろと質問がありましたが、少しまとめて返答しますね^^
もし質問等がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
コメントに関しては一切承認しませんので公開されることはありません。


Q.
お説教やお仕置きをしてくだっているときに泣いてしまったら、怒られますか?
A.
怒りません^^;
むしろ私は罪悪感や恐怖を感じて泣くことはいいことだと思っています。自分自身を曝け出していると受け止めるので、泣く姿を見るのは嬉しいものです^^


Q.
データ室を拝見すると、関西からもたくさんのキーさんが行かれてるとおもうのですが、関西と関東でキーさんの性格とか振る舞いに違いがあったりするものですか?ふと気になりましたので、質問させていただきます。
A.
地域差で性格や振る舞いの違いは全くありません、方言が出るかどうかの違いだけですから日本全国キーさんは同じ傾向なんだと思います^^


Q.
配偶者がいるのに性行為をしてしまった場合、お仕置きをお任せで依頼したらどのくらいの厳しさになりますか?
A.
不倫といえど、その時の夫婦間の関係性や様々な状況、その人自身の生き方によって悪い事の度合いは変えています。
中にはレアケースでやむを得ず認めるケースもあるでしょう。
基本的に不倫は民事上の不貞行為として損害賠償の対象となるのでお仕置きはしますが厳しさはケースバイケースです。


Q.
管理されたい欲求をなくすにはどうしたらいいですか?
管理してくれる人を見つけるのは簡単ではないし、京介さんのところへ行くにはお金がかかるので難しいです
管理されたい欲求、叱られたい欲求、愛情を求めてしまうこと、もう全部なくしたいです
A.
管理されたい、叱られたい、愛情を求めてしまう、そういう欲求はまずは自分の理想と合致する人と経験を重ねていかないと薄めることは難しいでしょう。また相手によってはより依存してしまう事もあるので注意が必要です。
欲求があってもそれを解消できない状況はとても辛く苦しいものですから全部無くしたいという気持ちはよくわかりますが、その状況で全て無くす方法は私にはわかりません、抑圧すればするほど欲求はパンパンになっていくものですからね^^;


Q.
京介さんはこれから先結婚するつもりはありますか?
ぜひ京介さんの恋愛観についてお聞かせいただきたいです、またキーさんは結婚対象となるのでしょうか?
A,
私はこれから先結婚するつもりはありませんが、まぁ未来のことはわからないので、そういう意味では結婚する可能性はあるかもしれません。
私の恋愛観については公にするべき恋愛観ではないので個々にお会いした時にお話ししますが、真似はしないでほしいです(汗)
また、この活動で出会うキーさんとは私の中で線引きをしていますので、恋愛対象でも結婚対象でもありません。
どんな素晴らしい人が現れたとしてもそれは変わりません。


Q.
私はお仕置きされるのも好きですが、いつもお仕置きする側がお仕置きされているところや、悔しそうな表情を見るのが好きです。京介さんはお仕置きされる側になることはないのですか?
またはそのようなことを依頼者さんからされるようなことはないのですか?
A.
私がお仕置きされる側になることは1%もありません、零%どころかゼロ%です。(ちなみに零%とゼロ%は確率が違います)
また、そのようなことを依頼者からされそうになったこともありますが、そこは間髪入れず返り討ちにしてますし、どんな手段を使ってでもその気を無くさせます(笑)


Q.
いつも、片想いで、終わってしまいます。恋愛成就のコツって、何だと思いますか?
A.
これは個人の恋愛観もあり、相手側の好みや恋愛観がありますから非常に難しいことです。
恋煩いを抱えている人や悶々と葛藤している人はたまにいますが、そればかりは気休めな言葉しか伝えられません。
恋愛成就のコツは私にはわかりません^^;


Q.
悩みとかを長時間聞いたりして、うんざりしたりすることはありますか?
A.
うんざりしたことなんて一度もありません、逆にそういった話は聞けば聞くほど解決の糸口を模索してのめり込んでいきます。


Q.
2回目以降申し込んだ場合、会って行うのはお仕置き・カウンセリングという位置付けですか?会って話すだけだと何を話せばいいのか不安です。
A.
そうですね、カウンセリングとお仕置きという位置づけです。
もちろん理由が無くても要望があればお仕置きしますが、基本的にはお仕置き理由が無い場合はお仕置きはありません。
会話は前回のことを踏まえて展開しますが、その他にもこちらから何か聞き出したりもするので、そこまで不安になることはないと思います^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

税務申告?届け出?

活動をしているといろいろな声が届いてきます。
その一つに「お金を取っていてそれを申告しているのか」「届け出はしているのか」「それらをしていなかったら違法ではないか」
という声がありました。

そういう話をどこかから聞いた方から私は教えてもらうのですが、たまにそういうことを耳にします。
ま、実情を知らない人がそういうようなことを言われたら「そうなんだ!」と思ってしまうでしょうから困ったものです^^;
ということで誤解のないように説明したいと思います(どうでもいいことですが)

ちょっと法律的なお話をすると、税法上の事業とは収益活動ことで、その中でも個人での事業は個人事業主にあたり、これは当然利益を目的に生計を立てていることが前提です。
その場合は事業を開始してから1か月以内に「開業届」(正式には「個人事業の開業届出書」)を税務署に提出しなければならないことになっています。(仮に出さなくても罰則はありません)
これが税務署への届け出義務です。

ただし私の活動は税法上で事業に当たらない個人活動であり、私が断言してしまえばある種のボランティア活動ともいえちゃいます(汗)
ま、私の趣味的な事で好きでやっていることですが、それが人助けにつながればそれはそれでボランティア活動と表現してもいいのかもしれません^^;

ちなみにボランティアは、かかった経費等を受け取らない無償ボランティアと、経費分を徴収するような形の有償ボランティアとありますが、経費を受け取ってもこれを所得とはいいませんし、もしそれで利益が出ているようであれば税金の申告が必要な場合がでてきます。

結局は個人活動とか有償ボランティアとかの活動形態は問題ではなく、税務署が事業とみなすかどうかの話です。
税務署が事業とみなすかどうかは利益(所得)がどのくらいあるかで判断します。

利益が出てなければ事業とはみなさないので開業届の必要はありませんが、いくら有償ボランティアといえど一定額以上の所得になった場合は事業とみなされるでしょうね。
そうなれば開業届は必要になり、その上で税額が発生する収益が出た場合は申告の義務が発生します(税額が発生しなければ申告するしないは自由です)

で、私のお仕置き活動の場合ですが、確かに料金は発生していますが、それは施設使用料という名目でいただいており、これは施設の維持費等の経費として受け取っているわけです。
1ヵ月どのくらい経費がかかるかは計算できるので、それを1か月に最大何人くらい依頼がありそうかを想定して、その人数で割った額を施設使用料として設定しています。

つまりこの額は利益を想定しての金額ではなく、利益が出ないように計算した額で、毎月赤字分は私自身が負担しています。
これは毎月の経費ですが、それ以外にも初めにかかった諸経費や施設の整備費、活動をやめた時の処分費などはすべて私負担になるので、金銭面に関してはマイナスしかありません。

仮にの話ですが、依頼者がめちゃくちゃ増えて、利益が出てくるような自体になった場合でも、税額が発生しない範囲(控除額を差し引いて所得なければ)であれば申告義務はありません。
まぁ申告するような額になったとしたら施設使用料を減額しますけどね^^

ちなみに私は毎年欠かさず確定申告をしています。
逆にこの活動もひっくるめて申告できれば節税ができるのですが、この活動は事業でないのでそれは認めらません^^;


それと事業の届け出といえば税務署とは別に特定の業種は警察への届け出が必要です。
お金を取ってお尻を触るから風俗だ!なんて声があるようですが、これもそもそも事業ではないので風営法には該当しません。

簡単に説明すると風俗営業とは大きく分けて「風俗営業」と「性風俗関連特殊営業」があり、その中で俗にいう性風俗というのは、「個室を設けて個室において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業」となっています。
まぁ簡単にいうと、性器への接触や裸を見せるなどして自己の性的欲求を満たす行為ということになります。

この活動の場合は性的行為はありませんし、お説教をして罰としてお尻を叩くだけです。
これが性風俗という認識であるなら、親から子供へのお尻ペンペンは性的虐待となり、犯罪行為ということになってしまいます。
まぁ私の認識も依頼する人たちの認識もこれは性的行為ではないということが前提となっているので性風俗の認定には無理がありすぎます。

マッサージや整体も性的行為ではなくても、時には生尻を触ったりするのも仕事で、だからといって風俗ではないですからね。
そこから先に性的サービスがあれば別ですけど。
また、利用するにあたっては18歳以上であればなにも問題はなく、日本の法律はしっかりと遵守した上で活動をしています。

ちなみに依頼する側が性的好奇心を持っていたとしても成立しません。
例えばマッサージや病院などに性欲目的でいく人はいますけど、それは店側はそれに応じるわけではないし、相手があからさまにそういう態度でなければ対処のしようがありません。
なので私の活動に仮に性欲目的で来たとしても私がそういう行為に応じない限り全く問題はないわけです。

というか、そもそも利益を目的とした事業でも商売でもないので、風営法とはまったく関係のない活動です。
仮に商売にしたとしてもやっている内容は絶対に風俗と認定はされないと断言できますからね^^;

趣味のサークルとか、同好会とかで性的な事をしているところも存在しますが、そこの密室で1対1で性的な行為をしていたとしても違法行為とはなりません。
なのでこの活動であれば事業でもないし、性的な事もしていないので任意活動として全く違法性のないものです^^

長々と書きましたが、最後に。
スパの世界はいろいろな見方もありますし、それぞれのいろいろな考え方はあると思いますが、私は私なりの思いでシステムを考えて活動をしていますので、どうか温かくお見守りください^^;

ということで、届出関係の説明でした^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

避けられない批判、誹謗中傷

前記事では誹謗中傷のお話を書いて、その中で私自身のことを後日記事にすると書いたのでそれについて書いてみようと思います。

私も人間ですから全員に対して満足のいく接し方はできていないと思っています。
あくまで私のスタンスで自分の信念に基づいて全ての人に親身に向き合っているのですが、私と合わないという人がいたり批判的な人がいてもそれはしょうがない事と思っています。
また、はたからみて意見や批判もあるでしょうから、このように発信している以上、批判や誹謗中傷は避けられないことだと思って活動しています。

実際お話をしていて私の想いや趣旨を理解してくれず嫌な気持ちにさせてしまうケースもありますが、後になって私の言っている意図を理解してくれると逆に信頼が深まったりします。
しかしそのまま理解できないで終わってしまったら、そのまま”酷い人”と思ってしまうことになり、そこから批判は生まれます。
私は貶めることが本意ではなく、その人を成長させたり生きやすくしてあげることを目的として真面目にお説教しているので、ほとんどの人は理解はしてくれてますが、勘違いされて終わってしまうととても心苦しくなってしまいます。

そういうこところから不平不満が漏れ、それが批判や誹謗中傷につながったり、第三者に伝わって話が歪んだ方向に進んでいったり、それで勝手に推測をしたりと、それが面白くおいしいネタとなってしまったりします^^;
私とキーさんがどのようなやりとりはをしたかは秘密ですから、それが表に出るのは人間的には面白いネタですよね、週刊誌もそうですが、人間はゴシップ好きなのでそれはしょうがないです。

私は有名人ではありませんが、スパの世界ではこうしてブログもサイトもしていて一定の人には注目を浴びているので、そういう目で見られるのは織り込み済みです。
ネットを介してやりたいことを活動としてやって成り立っているので、その反面ネットを介しての弊害もしょうがないことと認識しています。

それと私のお仕置きはイメージプレイのような遊びっぽいお尻ペンペンではなく、私が話を聞いてみて、その人が直したほうがいいと思うことをズバッと指摘してお仕置きをするので、それを人格否定と思い込んでしまう人もいるかもしれません。
私は相手の性格的な事や物事の考え方や捉え方を変えたほうがいいと判断すればそれについてアドバイスします。
やはりデリケートな部分なので、そこを叱ると人嫌な気分にさせる恐れもありますがその人のために言うべきことは言っているんですね。

そうはいっても相手の為に、相手が生きやすく生活できるようにという趣旨が伝わらないのは私に責任があることですが、もしそうであるとしたら、それを伝えられないことがもどかしいところです。
実際私の方向性は世間体を重視しているわけではなく、その人の生き方を重視しています。

孤立を恐れない、我が道を行くという人であればそれを尊重し、世間体に縛られない生き方で良しとしますが、孤立は嫌だという人にはコミュニケーション能力の欠如の部分を指摘していきます。
それは今よりも対人関係をよくし、生きやすい人生を送ってほしいという思いからなんですね。

ただ、私の想いはそうであっても、相手に通じなければその人が感じたことが全てで真実ですから、それを他人に話したら私はそういう人認定となってしまいます。
私がいくら相手のためを思ってお話しをしていたとしても相手が違う解釈をしてしまえば、それは批判や誹謗中傷のネタにもなるでしょう。

まぁ私の活動なんて特に悪口や批判をしようと思えばいくらでも作り上げられますし、解釈を少し変えればいくらでも酷い人になり得ます^^;
個人情報の解釈、悪口の解釈もそうですね。

ちなみにお会いしているキーさんからはいろいろな質問もあります。

キーさんはどういう感じの人が多いのか?
他の人のお仕置きに目覚めたきっかけは?
たくさんの人と会っていて困った事とか大変だったことは?

と、このようなことを聞かれることがあります。
もちろん私は経験上でそれに対してお話をします、それが私がこの活動で安心感を与える一つの方法と思っているからです。
安心感を与えてあげるためにできる限りいろんなケースをお話しします。

でも、これが「個人情報を漏洩している」とか「悪口をいってる」というように歪んで解釈されたらどうしようもありません^^;
私がいろいろなキーさんの話をするのはそれが私の経験値ですし、それを話してあげることがキーさん達の安心材料につながるからです。

ただ、「こういうキーさんもいる」「こういう地域からくる」「こういう職業の人が多い」等については、個人を特定されない範囲で応えているのは当然のことです。
他にも聞かれたらいろいろとお話ししますが、これを個人情報漏洩だといわれてしまってはお手上げです^^;
世間的にはこれは個人情報漏洩ではないでしょうし、そもそも私はキーさんたちの個人情報なんて知りませんからね(笑)

通常は聞きませんが、話の流れで過去や現在の学校名や職業を話してくれたり聞くことはあります。
それはありますが応えるか応えないかは自由ですし、電話番号や住所、本名など、個人が特定できる情報は一切聞きません。
もちろん一切知りませんからね^^;

そもそもこの活動では、キーさんが私に心を開いてどういう人間か教えてくれることが一番の関心事であって、キーさんの個人情報に関心があるわけではありません。
そういったことを話してくれることはそれだけの信頼があるということなのでしょうからとても嬉しいですが、話してくれないのはこういう関係性上当然のことだと思っています。

また好き嫌いの話で、どういうキーさんが苦手?など、返答に困るような質問でもいろいろなケースをお話しするのですが、そういう場合は濁しながらでも返答するようにしています。
でもそれに対して歪んだ解釈をしてしまえば人の悪口というように変化することにもなりますよね^^;
私は性格的に人の悪口は言わないタイプです、悪口の定義は非常に難しいのでここでは省きますが、普通に話していて人の悪口をいう人ではないということです。

それと余談ですが、私は性格がSなので、毒舌の時もありますし、冗談でカマをかけたりもしますし、相手の反応を見るために変なことをいったりもしますが、それがその意図も説明せずに表に出たら「なんなのこの人!」となります(笑)
冗談なのにそれを本気として解釈されてそれが漏れたらもう恥ずかしいことです^^;
まぁ冗談とわからないような感じでいうからしょうがないのかもしれませんが(汗)

ま、ともかく、二人だけの秘密の話をネタのように他に漏れてしまったらメチャ恥ずかしいことなので、キーさんも守秘義務を守ってくださいね^^;
どんな些細な事でも第三者に伝えただけで、それが面白おかしく悪い解釈をされたり、推測して話を作り上げたり、そういこともあるようですからね^^;
お説教やお仕置きののことならいいですが、甘々タイムの話とか、雑談時のバカみたいな話とか、そういう話はトップシークレットでお願いします(汗)

私の元に届く変な噂とか、それを元に本当はどうなのかという確認の質問をされたりするので、それについても今度書いてみようかと思います。
サイトの方に書くかブログで書くかは未定ですが、そのつもりでいます^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

誹謗中傷のお話し

女子プロレスラーの木村花さんが亡くなってしまいましたね。
誹謗中傷に耐えられなくなったようですが、顔も名前もわからない大勢の人達からの人格否定のような書き込みはきつかったでしょうね。

目に見える相手であっても精神的にきついでしょうが、面と向かえば反論もできるし、自分に多少の落ち度があればそこに落としどころがつけれます。
でも自分の言い分を訴えることができない状況というのはとても精神的にくるものです。

誹謗中傷の原因である事件も、もし素のままの彼女であれば違う対応をしたのではないかと感じます。
ヒール役のプロレスラーとしての出演ですから、プロレス団体のキャラを通さなければならなかったり、番組側もヒールっぽく演じるように念を押していたようですから、そこに本当の自分とのギャップが生じて、それでもプロレス団体の盛り上がりや番組の趣旨の為に必死に耐えていたのではないでしょうか。

そんな精神的に不安定な状態での誹謗中傷で、本来はキャラであったはずのヒール役のプロレスラーとしての木村花を本当の自分の姿として思い込んでしまい、自分はネットに書き込まれたようなダメでいらない人間だという錯覚に陥ったんだと思います。
そうなったとしたら死を選んでしまうのも無理はないでしょうし、もはや精神は心神耗弱状態だったのかもしれません。

私自身もこの活動を長くしていて200人以上の人たちと接してきていますが、もちろん全員が全員私と気が合うわけではないでしょう。
私のお仕置きとしてのお説教はその人が直したほうがいいと思うことをズバッと指摘するので、それを人格否定と思い込んでしまう人もいるかもしれません。

何回もお会いしている人とは言い合いみたいなことがあったりしたこともありますが、その場合でも後になって私の言っている事の趣旨を理解してくれたりして逆に信頼が深まったりします。
ま、理解した振りをしてそのまま二度と来ないという人もいるかもしれませんし、理解できないで”酷い人!”と思ってしまう人もいるでしょうけど^^;

でもそれが誹謗中傷につながったり、実際の内容を悪く拡大解釈したり、歪んで捉えてありもしない推測をしたりと、それがおいしいネタとなってしまいます^^;
あ、ちょっと話題がずれてしまいそうなので、この話の続きはまた次回書こうと思います。

ま、ある程度有名になってくるとつつかれるのはしょうがないですよね。
木村花さんはメチャクチャ痛ましいですが、その原因を作ったと推測されてる書き込み者も今はかなり辛いことでしょう。

でもそれはそれ相応の罰でありお仕置きです。
高い代償がついてしまいましたね。
本来は刑事罰でも民事罰でもいいので罰を受けさせて償い、清算するのが一番いいのですが、それがないと一生言われ続けるかもしれませんし、そうなると本当に苦しいでしょうね。

悪い事をしたとはいえ、殺人の意図があったわけでもないでしょうし、単なるはけ口や日頃のうっ憤を匿名という名のもとに晴らして、それがこうなるとは思わずにやりすぎちゃったんでしょう。
結果今回は悲惨なことになってしまいましたが、誹謗中傷を書き込むというのは少なからず誰しも加害者になりかねません。
殺人の意図がなくても一人の人間を苦しめる、そして死に追いやる可能性があります。

そこまでの意図がなくても、もし死に追いやってしまったら加害者も一生その死の責任を抱えていくでしょうし、それはとても辛いことです。
それこそ”人を呪わば穴二つ”です。
その意味は
「他人を呪い殺そうとして墓穴(はかあな)を掘れば、その報いを受けて死ぬ自分の墓穴も掘らねばならない」
というもの。

でもこうなってしまった以上はどうしようもないです、本当に高い代償だと思います、心当たりのある方は明日は我が身ですからね。
そんな子は当然お仕置きです!


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

活動再開します

やっと緊急事態宣言が解除されましたね、自粛疲れでストレスが溜まっている人は多いでしょう。
ただ油断は禁物です、終息したわけではないですからね^^;

で、お知らせです。
緊急事態宣言解除に伴い、お仕置き活動を再開します。
消毒や換気、ペーパータオルの使用など、出来る限り予防に配慮をしていきます。

人によってはたかがお仕置きですが、人によってはされどお仕置きです。
不要不急と思う人はいるでしょうが、人によっては必要不可欠なことでもあります。
そのことは当人しかわからないことですから他人がとやかくいうことではないかと思います。

メンタル向上、メンタル維持、メンタル修復の為に、そして自制や罪悪感排除のために。
辛かったり、悩んでいたり、鬱になりそうなくらい落ち込んでいたり、話を聞いてほしかったり、お仕置きでスッキリしたかったり、ストレスを吐き出したかったりと、大げさではなく人によってお仕置きは免疫力の維持や健康維持に必要不可欠な事でもあります。

お仕置きといってもしっかりと日常の話を聞くカウンセリング付きのお仕置きは、お尻を叩かれる以外の効果もあります。
人によってですが、生理周期が生まれて初めて整ったという人もいますし、不順だったのが正常になったという話もよく聞きます。
カウンセリングによって自分の生き方が変わったという人もいますし、日常生活が回るようになったという人もいます。
それくらい”カウンセリング+お仕置き”のセットは、人によってメンタルに良い影響を与えているのは間違いないことです。

本当に”されどお仕置き”ですよね。
ちまたにあるカウンセリングルームよりも効果があることもあります。
普通のカウンセラーには話せないお仕置きのことや自分の性癖や本当の姿、そういったことを曝け出せて本当の自分を解放できます。
だからこそメンタルが安定しやすいんだと思います。

恋愛関係でも利害関係でもない、依存しないように線引きをしている関係だからこそ全てを晒せることにつながるので、パートナー関係よりもそういう意味ではいい影響を引き出しやすいのかもしれません。
ここでのお仕置きは一種の啓発、一種の治療、そういう意味合いでお仕置きを捉えることができたら心も楽になって、お仕置きに対してもしっかりと自分と向き合えるのではないでしょうか^^

単純にお尻を叩かれることを好んでいるんじゃない、愛情を感じること、自分を曝け出すこと、自分の存在を認めてもらうこと、見放されない安心感を得ることなど、無意識で求めているものがあるはずです。
日常生活で欠如している(していた)ことだからこそ、非日常でそこを埋めて自分を満たしていきたいと欲求が膨らんでしまうんだと思います。

だからこそそれをお仕置きに求めてしまう、そういう思考回路になってしまっているんでしょう。
それでいいと思います、それが本当の自分で、日常では理解されないことが多いので隠すことは必要かもしれませんが、それを理解する人はいますし、それをそういう相手に吐き出すことは必要だと私は思います。

遊びでも娯楽でもない、自分の為のカウンセリングと思ってお仕置きを捉えるということは自分を納得させるためにも必要ではないでしょうか。
お仕置きに対しては恋愛でも依存でもなく、自己を見つめだして解放する場、そういう捉え方をしている人は私のお仕置きと合ってていると思います。
興味ある方はアクセスしてみてください。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

活動再開に向けて

ゴールデンウイークが明けてからやっと終息ムードになってきましたね^^
ただ、ゴールデンウイークが明けた7日にはしびれを切らしたのか外に出る人が多くなっていて、更に週明けの11日からはもっと人出が多くなっていましたね。

そして14日に39県の緊急事態宣言が解除になってからは一気に外出する人が増えたので、第2波が心配です。
感染者は2週間後に出てくるということを考えると21日から今月末までに感染拡大するかもしれません。

まぁそうはいっても以前よりも咳エチケットやソーシャルディスタンスに気を使い、予防にも気を付けているのでなんとか今の状態で推移し、全都道府県の緊急事態宣言の解除を祈りたいものです。

活動の方は千葉県の緊急事態宣言が解除になったら再開しようと思っています。
消毒液やペーパータオルを使用するなど、出来る限りの予防はしていきます。

だらけたりサボったりしてしまった悪い子はお仕置きが必要ですよ^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

アメブロやめました

これまではこのFC2ブログとアメブロの両方に同じ内容のブログを掲載していましたが、今回アメブロの方を辞め、今後はこのFC2ブログ一本にしていきます。
興味ある方は引き続きよろしくご覧ください^^

また、こちらのFC2ブログでもコメントできるように設定し直しましたので、ブログの記事に関しての感想や、ブログに掲載してほしいネタや質問はコメント欄からお気軽にどうぞ^^
コメントは表示されないように設定していますし、承認はしないので公開されることはありませんのでご安心を。

なお、コメントの返事はしませんので、そこはご了承ください^^;
返事は無くてもコメントいただけると活力になりますのでよろしくです^^

コメント以外での問い合わせはサイト「お仕置きの部屋」のHPからか、こちらのメールフォームからお願いします。
スマホ版からはメールフォームが表示されないので、一度スマホ版のメニューから「PCビュー」をクリックすると、PC表示になるので、そちらからお願いします、そこにはプロフィールも掲載されています^^
以上よろしくお願いします。



新型コロナウイルスもがおさまりつつありますね、今日は月曜日なのでそこまで数値は参考にできないようですが、東京を基準に今週この状態が続けば緊急事態宣言も5月末を待たずとも解除されるかもしれません。

その時はお仕置き活動を再開しますので、悪いことが溜まってしまった子、だらけて自制ができなくなってしまっている子、テレワークでサボってしまった子はお尻ペンペンのお仕置きを受けましょうね。
バレなきゃいいなんてもっと悪い子になってはダメですよ、自分から行動を起こさないといけません。

この長い自粛でストレスはたまるし、余計に欲求が強まってしまっているでしょうから早く緊急事態宣言が解除されるといいですね。
自分自身を出せる場所で心を解放して気持ちを切り替えましょう!
ま、解除されても油断は禁物ですけどね^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

愛情あるお仕置きの愛情とは

家庭的なお仕置きでは、親から子への愛情のあるお仕置きという表現をよくしますが、その愛情とはどのようなものでしょうか。
愛情というのは相手を想う気持ちですが、それが一方的では成立しません。
愛情とは相手に伝わって初めて本当の愛情となるので、いくら相手に愛情があっても伝わらなければ逆効果です。
その場で伝わらなくても後で伝わればそれでもいいと思います。

愛情を伝えるにはまず相手の話をよく聞くこと、相手の言い分もよく理解すること、相手をすべて受け入れてすべて認めてあげることです。
その気持ちを理解した上でダメなものはダメと、相手が理解するように理由を説明して納得させることが大切です。
またその場の威圧的な雰囲気で、理解していないのに理解した振りをしてしまう場合があるのでそうならないように優しく確認も必要です。

あとは口調や言葉遣いも関係してきますが、このように接していれば相手のために親身になっているということが伝わり、愛情を感じられるはずです。
愛情のある家庭的なお仕置きでは、この要素は確実に必要で、これが不足するといくらお尻を叩かれてお仕置きされてもいまいち満たされないという結果になるでしょう。

これは一般的な子供の躾でも同じことです。
感情的に叱られてきた子は親との確執を未だに抱えているケースが多くあります。
話を聞いてみると親なりに愛情は持ってはいるようなのですが、それが本人に伝わってなく、自分は愛されていないと心に傷を持ってしまいます。

親としては愛情を持ってはいるようですが、愛情があるからそれでいいわけではありません、その愛情表現の仕方が間違っている、つまり愛情が本人に伝わっていないと子供は愛されているとは思わないわけです。
そういうケースの場合、本人に「親は間違いなく愛情は持っていたけど、その方法が間違っていた」とお話をします。
スパルタでも愛情がある場合が多く、愛情があるから厳しくしたり、突き放してみたり、他の子や兄弟と比較したりします。

「家を追い出すよ、どこかで拾ってきた子だ、何をやってもダメだな」などとあえて頑張って欲しいと願って言う親もいます。
優秀な成績をとっても褒めない親もいます、それはそこで満足してほしくないから、もっと上を目指してほしいという思いからですが、それも親にとっての愛情です。

私はそれを歪んだ愛情と表現していますが、相手を否定したり突き放すような言葉は人によっては愛情に感じる人もいますが、半面愛されていないと思う子もいるんですね。
同じ兄弟でも感じ方は違いますから一方が愛を感じて、一方は愛を感じないということもある話で、だからこそ躾というのは愛情を相手に伝えることをしなければ逆効果になってしまう事があるんですね。

もしその状況で体罰であるお仕置きをしたとしたら本人は虐待としか思わないでしょう。
だからこそそういう子は愛情のあるお仕置きを求めてしまうんだと思います、愛情や温もりを求めてなので必然なんでしょう。
そしてスパの家庭的なお仕置きも同じように、キーさんが愛情を受け取らないといまいち満たされないものです。

だからこそしっかりと相手の話を親身にしっかり聞くことや、お説教では悪い事の理由を説明して納得させることが大切で、それからお仕置きです。
そしてお仕置きの後のアフターフォローが仕上げで、愛情があって叱ったことを示して不安を取り除かないといけません。
叱られる行為というのは”もしかしたら見放されたのかもしれない”という不安がつきものですからね^^

自分の子供を叱る時は感情的になりがちです、冷静に躾として叱らないと子供は愛情を感じないで確執を生むことにつながるので、子育て中のママは要注意です。
特に教育に力を入れすぎているママはヒステリックになりがちなので気をつけないといけません。
万が一自分がコントロールできなくて暴走してしまった時は、後で抱きしめてあげることは効果的です^^

私はこういった視点でキーさんを見ているので、全てがうまくいっているとは思いませんが、相手を想う心を相手に伝わるようにお話をしています。
いろんな意味を含めて話をするので誤解が生じることはありますが、その場で伝わらなくても後で伝わる子もいます。
このような姿勢は今後も大切にしていきたいと思っています。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

新型コロナウイルス終息の兆し?

新型コロナウィルスはいつ終息を迎えるのでしょうか。

アメリカでは3月末から今現在まで、毎日3万人もの感染者が増え続けています、1日あたり3万人ですよ、それが未だに続いているのが現状です。
そして死者数は4月だけに限ると1日平均2000人の方が亡くなっているという悲惨な状況が続いています。
このデータだけを見るといつまで続くのかと先行き不安です。

しかし明るいニュースとしては中国、韓国をはじめ、数か国では規制解除や規制緩和がされ始め、少し明るい兆しが見えてきています。
またその他の国でも感染者の連鎖が収まりつつある国が増えてきています。
日本は微妙ですが、ここ2,3日だけを見ると少なくなっているので、このまま減少していけばと願うばかりです。

ちなみに非常事態宣言が解除されたらお仕置き活動も再開します。
消毒液を完備し、ペーパータオルを使用するなど、予防はしっかりとした上でまた再開したいと思っています。

この自粛期間中に悪い子してしまった子はたくさんいるでしょう、というかたくさんいるはずです。
自制というのはとても難しいものです、会社に出勤していれば周りの目がある、学校に行けば先生の目がある、だからこそできることが多くありますよね。

誰も見ていない状況でやるべきことをできている人なんて少数だと思います、人間は弱い生き物ですからね^^;
でもこのだらけた気持ちを切り替えるために悪い子だった自分を振り返り、しっかりとお仕置きを受けて気持ちを切り替えることは必要でしょう。

言い訳もあるでしょうし、頑張ったこともあるでしょうから、そういったこともしっかりと聞いたうえで、よくできたことは褒め、ダメなものはダメと納得いくまでお説教をしていきます。
しっかりと納得ができてからお尻ペンペンのお仕置きです!

やっぱり家庭的なお仕置きはシンプルが一番です。
その人の成長を願うからこそ悪い事を叱る、そしてその罰としてお尻を叩く、ただそれだけです。
そこに遊び要素とかラブスパなどの性的な事は必要ありません、そういうお仕置きになるとガチの反省の為のお仕置きではなく、大人の遊び的なお仕置きになってしまいます。

お説教さえちゃんとしていれば、優しいお仕置きや甘々のお仕置きでもしっかりと成立します。
優しく軽めに一発ぺチンするだけでも人によっては心に響きますから、それを最大限に生かすには悪い事に対しての説明や説得を含めたお説教がとても大切な要素です。

悪い子してた子はしっかりと反省しましょうね^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

悪い子が増えてる?

新型コロナウイルスの影響でストレスを抱えている人が多いようです。
そのストレスで悪い子も増えていそうですね、、、。
あなたは大丈夫ですか?

いい子していますか?
悪い子はお仕置きです!

テレワークは公私混同しないでしっかりできていますか?
イライラを誰かにぶつけたり、イライラを発散するために悪い子になっていませんか?
だらけすぎた生活をしていませんか?
部屋はきれいに保っていますか?
三密(密閉空間、密接場所、密集場面)はできる限り避けていますか?

反省内容が増えすぎないようにしないと厳しいお尻ペンペンになってしまいますからね。
まぁ終息が見えて来るころには悪い子がかなり増えていることでしょう(笑)
悪い子は膝の上でお尻ペンペンです!

まぁ、自制というのは自分自身でやらなければならないのでなかなか難しいものですからね、会社や学校に行っていれば強制力が働きますが、在宅ではそれがありません。
家にいることでどんどんだらしなくなっていくでしょうしね、怠け癖がある子は要注意です。

其れとは別に免疫力を下げないためにも規則正しい生活をして、朝日を浴び、少しでも運動をしてみましょう。
睡眠や食生活も気を付けて、しっかりとメリハリをつけた生活ができれば免疫力アップにもつながります。

これを目標にしてそれが出来なかったら反省材料としてもいいかもしれません。
そうしていかないと本当に悪い子になってしまいますからね^^;
自粛解除になった時はしっかりとお仕置きですね^^

私も緊急事態宣言から活動を自粛していますが、コロナ騒動がおさまってまた再開できることを祈るばかりです。
しかしこれが更に3,4か月と長引くと施設の維持は難しくなり、お仕置きの部屋は閉鎖せざるを得ないでしょう。
電話カウンセリングをするとか支援金を募るとか、活動維持のために何か考えないと、、、という感じです^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

他人のための自粛

今回の新型コロナウイルスの自粛は他人のための自粛といってもいいでしょう。
でも実際問題、他人のために自分の人生をかけてまでの自粛ってできるんでしょうか。
知らない他人の命を守るよりも自分や自分の家族の生活や命を守る方が優先だと考える人が多いはずです。

お金に余裕がある人やそこまで生活レベルが変わらない人は問題ありませんが、収入がなければ破綻してしまう家庭の自粛は死活問題です。
今回の自粛で借金を多く抱えて自己破産したり、解雇等で今までの生活にもどれなくなる人は多いでしょうし、そうなると自殺者は当然増えていくものと想定できます。

正直国が自粛を要請するならそれ相応の金銭的損失を補償してほしいものです。
自粛は要請する、でも金銭的補償はしない、というのでは切羽詰まってしまっている国民は納得しないでしょう。

知らない他人のために全てを犠牲できる人間なんてそうはいません。
中には周りに白い目で見られるのが嫌だから生活の破綻を覚悟で自粛する人はいるでしょうが、そういう人はひっそりと命を絶つ可能性が高いでしょう。
それでは結果的に他人のために死を選ぶ選択をしたことになってしまいます。
だからこそ国が金銭的補償の方向で政策を考えてほしいと思います。

国がだめなら私たちでも募金活動でもなんでもして損害を補填するシステムを作り上げるとか、国民全体の力でなんとかできたらなと思います。
私の場合は今の段階では問題はありませんが、まぁしいていえば施設の維持費くらいですね^^;
なので私は今のところは何か少しでも協力していきたいなと思っています。

とにかく新型コロナウイルスの一日も早い終息を願います。
今回の緊急事態宣言で終息の兆しが見えてくることを願うばかりです、今月末には目に見えてきますからそれには自粛、我慢です、緊急事態宣言の範囲が広がらないように終息を目指しましょう。

みなさんいろいろな面で大変でしょうが頑張ってしのぎましょうね、国が動かなくても個人的に応援する人は必ずいますから^^

歴史的自粛

新型コロナウイルスの猛威で自粛要請が続いていますが、明日にはついに緊急事態宣言がされるようですね。
それにしても公務員やある程度給料が保障される会社員は生活面ではそこまで困らないですが、収入の保証がない人たちにとっては絶望しかありませんね。

これがあと何か月続くかもわからないとなると、家賃も払えない、生活費もないとなれば食事にも影響が出てきてしまいます。
その状態で1,2か月と持つのかどうか、それを考えるだけで恐ろしいですよね。
それが半年、一年と続く可能性もあるとなると普通に考えても生きてはいけないでしょう。
何も対策がなければ餓死者が出たり、犯罪が起きたりするかもしれません。

それでもやはり学校より、働くより、命が大事なことです。
でも収入がなければ命も守れない、だからこそ危険を承知で働いてしまうんでしょう。
子供がいる家庭やローンを組んでいる人は今は不安しかないでしょうし、内定取り消しやリストラにあっている人も、このいつ終息するかわからない状況ではお先真っ暗です。

今まで作り上げられた生活がすべてリセットされてしまったり、マイナスに転じてしまうかもしれないのは恐怖でしかないでしょうね。
自分一人ならまだしも、守るべきものがいる人たちにはかなり残酷な仕打ちです。
でもこのような状況になったからこそ、人として本当に大切なものは何かということを考えられると私は思います。

これまで戦争や災害等、いろいろなことがあるたびに人は絆や人との温もりを改めて実感してきました。
長い年月で麻痺しそれが薄れると、またそういった人としての大切なものを後回しにしてしまいがちです。
不安や苦労、辛さがある今だからこそ、助け合ったり励ましあったりすることが今まで以上にでき、これまで見失って欠落していた事に気づかされることでしょう。

今の時代はネットがある分、会えなくてもつながりは持てる、それだけでも随分幸せなのかもしれません。
そういった些細な幸せを感じることがある意味必要です。
もしかしたらこれはそういった大切なことをおろそかにしてきた罰なのかもしれませんね。

この状況に終息が見え始めたら景気はグングンと上がってくるはずです、ある意味バブルのように。
家賃の支払いや銀行の支払いなどは恐らく国の政策で何とかしてくれるはずです。
そうでなくても事情が分かっているはずなので、自主的にそうしてくれるでしょう。
痛みはみんなで分かち合い、だからこそ団結できる、そしていずれ終わるであろうこの事態を力を合わせて乗り切っていきたいですね。

光が見え始めた時には気分は癒えます、それまでみなさんなんとか頑張っていきましょう^^


志村けんさん訃報

いきなりの志村けんさんの訃報
新型コロナウイルスに感染して重症化していることは知っていましたが、まさかという知らせでした。

これまで日本での死者は57人となっているようですが、これまではいまいち実感が湧いていませんでした。
志村けんさんと私は知り合いではないですが、やはり有名人ということもあって一方的にはよく知っていて親近感があり、それがあったからこそ衝撃的でした。

しかしこのように普通に生きていた方がいきなり新型コロナウイルスに感染して2週間余りで亡くなってしまうというケースはこれまでもあったわけで、そう考えると身近な人が不幸なことにならない限り、他人事のように捉えてしまうのかなぁと感じました。
少なくとも私はそうでした。

有名人も一般の人も命は同じはずなのにこのように感じてしまったことはとても反省すべきことだと思います。
これから亡くなられる方が増えていくことは避けられない状況のようですが、一人一人の命を同じように重く捉えていきたいと思います。

これまで新型コロナウイルスで亡くなられた方々にご冥福をお祈りいたします。

京介

緊急事態?

私はiPhoneを持っているのですが、今のiPhoneは設定によって三本指で2度タップすると拡大表示ができるようになっているんですね。
老眼なのか、細かい字が見えずらくなっているのでこの機能をよく使うんですが、先日その拡大表示がいつもよりもなぜかさらに拡大してしまい、そこからどんな捜査をしても元に戻らなくなってしまったんですね^^;

通常は2回タップして拡大表示になって、再度2回タップすると元に戻るのですが、まったく反応しなくなってしまってその状態のままになってしまいました。
スリープ状態にはできたので再度電源をつけてみると暗証番号の画面が出るのですが、拡大表示すぎるので操作ができず、更には顔認証も反応しませんでした。

それならとスリープ状態ではなく再起動をしようとしたのですが、再起動はまずボタンを押して再起動する画面を呼び出すのですが、再起動するにはその画面上で再起動の操作をしなくてはならず、そこも拡大表示すぎて操作できずに再起動できませんでした。
最終手段として音声で操作できる「siri」に「再起動して」と頼んだのですが、「手動でしてください」との指示でお手上げ状態・・・。

これはもう自然に放置して電源を落としての再起動しかないと思ったのですが、それには1日以上かかるかもしれないので試行錯誤するしかありませんでした。
そんな状態を雑談時でお話ししていたキーさんも見ていて心配そうにしていたのですが、このことが緊急事態というのではなく、そこから大変なことが起こってしまうんです。

それからどうしようかと試行錯誤しながら画面をいじってのですが、そしたらそんなボタンを押してもないのに、なんと緊急通報してしまったんです・・・。
緊急通報とは110番のことで、再起動時の画面に一緒に出てくるものなんですが、拡大画面ではその緊急通報の表示はでていなく、確実にそこには触れていないのですが、勝手にかかってしまったんです^^;

取り消そうにも画面が反応しないので取り消せず、そのまま相手側が出てしまい「事件ですか?事故ですか?」と当然のことながら聞いてきます。
私はとっさに「間違いです、すいません」と一言謝り、相手側も「わかりました」と返答して事なきを得たように思えたのですが、なかなか電話を切ってもらえず少し沈黙。
私側の方は操作ができないので電話を切ることができずにいたのですが、5秒くらいしてやっと通話終了となりました。

生まれてこの方初めて110番通報をしてしまい、横にいたキーさんも「初めて110番通報しているのを見た」と苦笑い(汗)
先週やってしまった大失態のお話しでした。
電話対応してくれた方には大変ご迷惑をおかけしてしまいました、ごめんなさい。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

Q&A 「キー卒業について」

コメントから来た質問です。
質問があると記事も書きやすいのでスパ関係でも日常のことでもなんなりと質問してきてください^^
なお、質問はコメント欄からお願いします。


Q.
よく、「年齢的にそろそろキーを卒業しなくては…」と聞きますが、やっぱり、ある程度の年齢でキーを卒業しなくてはいけないものなのでしょうか?
ある程度の年齢…30代位でしょうか?京介さんは何歳位とお考えですか?
私は遅咲きのキーで、キーであることに気が付いた時点で卒業しなくてはいけない年齢でした。

A.
キーを卒業するかどうかは本人が決めることです、自分が心地いいのであれば卒業なんてする必要はありません。
なんでキーを卒業したいかというのはそれぞれ理由がありますが、お仕置き欲求に心を揺さぶられたくないとか、キーである自分を受け入れられないとか、パートナー関係に違和感を持ったりとか、出会いにリスクがあるとか、いろんな要素があると思います。
その一つの目安が個々に設定した年齢で、歳を重ねるにつれてその思いが強くなっていくのでしょう。

ただ、キーであることをそれも自分なんだと受け入れ、そうすることで気持ちが楽になるという人もいます。
そうやって受け入れちゃえば卒業なんてしなくたっていいんです。

といっても、年齢を重ねるにつれてお仕置きをしてくれる人が少なくなってきたりするので、お仕置き欲求が強いままだとそれもまた辛いことになります^^;
そういうことからも結局は早く卒業したいということにつながっていくんでしょうね。

遅咲きのキーさんはやはり相手探しが難しいですが、お仕置きをある程度経験しないことには欲求は薄まってくれません。
だからこそ年齢を重ねると大変なんですよね^^;

ちなみに私のサイトでは35才までと年齢制限をかけていますが、もう少し依頼の人数が収まってきたら年齢制限を45~50歳くらい引き上げるつもりでいます。
そういう人こそ欲求を薄めるのにお仕置きが必要なのかもしれませんしね^^;

ま、いろいろな人からの要望があったのでそのように考えています、人が増えすぎても対応しきれないことも想定していろいろと検討します^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

卒業シーズン

もう卒業シーズンですね。
今期は新型コロナウイルスの影響で卒業式中止が相次いでいますが、それでも規模を縮小して卒業式を行う学校はあるようです。

卒業は別れでもあります。
いつも一緒にいた親しい人との別れは悲しいものです。
お世話になった大好きな先生との別れも悲しいですよね。

また卒業といえばキーからの卒業、パートナーからの卒業もありますね。
就職や転勤を機にパートナーと離れなくてはならない人もいるでしょう。
また、これに関しては今がシーズンというわけではありませんが、彼氏が出来たり結婚を機にパートナーから卒業せざるを得ない人もいるでしょう。

大好きで離れたくないパートナーから諸事情で離れざるを得ないというのはとても辛いものです。
それが一方ではなく、お互いに離れたくないと思っているのに離れざるを得ないというケースというのはそれはそれは辛いでしょう。
一方がそういう選択をせざるを得ない状況になった時にもう一方は背中を押してあげるのが一番ですが、好きで離れたくなければつい関係を続けて欲しいと言ってしまいがちで、その一言が相手に辛い思いをさせることにもつながります。

関係を続けたいと言う方も相手のこと考えると追い詰めることにつながるので辛いですが、自分のことを考えると黙っていられなくなって言ってしまう。
言われる方も相手に悪い事をしたという罪悪感で辛くなる
だからこそ黙って見届けてあげないと、どんどんと悪循環に陥ってしまいます。

相手を失って初めて相手の大切さ、重要性が分かるものです。
守るものがあるならば、突然の別れはあるものです。
急に離れなくてはならなくなるかもしれないと想定しておけば普段でも思いやりのある言動ができると思います。
些細なことで喧嘩したり、突き放してみたり、気持ちを素直に言わなかったり、そういうことは後悔につながるので、大好きな人にはしっかりと愛情表現をしていくべきだと私は思います。

特に相手に配偶者がいたり、彼氏彼女がいる人とパートナーになる場合はそういったことを踏まえてお付き合いをしていかなければと思います。
もちろん配偶者がいる人と性行為をしたら、それは不貞行為で慰謝料請求の対象となりますからそういったことのないようにしないといけませんね^^;

もしそのようなことをしてしまった人はお仕置きです!
その場合はお尻ペンペンのお仕置きをしますので正直に申告してください(笑)


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋

学校休校

新型コロナウイルスの影響で小学校、中学校、高等学校が今日から休校になってしまいましたね、びっくりです^^;
賛否両論があるようですが、このような決断をしたことは私は立派だったと感じます。

もし休校にしてなかったらどういう結果になったのか、、、ということはもうわからなくなりました。
なので「ここまでする必要はあったのか」という声がでるのは当然かもしれません。
そしてこの対処がうまくいったとしても、うまくいったかどうかの判断がつかないので、残念ながら批判は免れないでしょうね。

ただ私が思うに、このまま対策が遅れて中国の武漢市のようになってしまったとしたら、それこそ最悪の政府となってしまうのは確実です。
批判するのは簡単ですが、その批判している人たちが責任のある立場であったなら、手遅れにならないように苦渋の決断をしなければならなくなるのではないでしょうか。
私は政府のような責任のある立場ではないからこそ、前記事に書いたように自分自身の憶測でものを言えるんですけどね^^;

学校が休みになり、共働きの親たちが会社を休まなければならないとか、そういうところまで考えてくれていないとか、批判が相次いでいますが、命より仕事が大事なわけはありません。
いきなりすぎるといっても手遅れになるかもしれないと考えたら1日でも早いほうがいいに決まっています。
もし仮に武漢市のように感染が広がってしまったら今度は自分の家族の命を考えなければならず、そうなったら仕事は二の次ですからね。

卒業シーズンともかぶり、そういった意味でも批判が出ているようですが、卒業式等があるから、本人たちが可哀そうだから休校はやめますなんて判断はできませんよね。
給料が入らなかったら生活ができなくなる、お客さんが入らなかったら店はつぶれる、倒産も相次ぐ、これはもうしょうがないことだと思います。

それはこういった未知のウイルスが発生してしまったわけなので、痛みはみんなで受けなければならず、まずは命を守ることが最優先だからです。
考え方が「まぁ大丈夫だろう」と考えるのか、「もし武漢市のようになってしまったら」と考えるのとは大違いですし、もし武漢市のようになると最初からわかっていれば休校は当然のことで、政府からは休校どころかもっとたくさんの要請がでてくるでしょう。

今回のウイルスは子供には感染しずらいという情報もあり、そういったところからやりすぎだという声が上がっていることもありますが、休校要請しないで子供からどんどんと感染が広がってしまったらそれこそ大問題です。
現時点ではそこまではっきりとウイルスの正体がわかっておらず、恐らく大丈夫だろうという考えでは危険です。

新型コロナウイルスに関しては、終息はなくても国民みんなの協力で感染を遅らすことはできるわけです。
今感染を遅らすことには大きな意味があって、それは新型コロナウイルスの特性の解明をしたり、既存の薬で代用できるものを探したり、ワクチンを開発する、そういった時間が必要で、遅らすことによって時間稼ぎができるわけです。

特に高齢者が肺炎にかかったら死に直結する可能性が高いので、予防方法も含めて今回のウイルスの特性を解明し、治療薬やワクチンを開発する必要があります。
今の段階で急激に感染が広がったら対処できず、死者も増え、国民はかなりパニックになって、中国武漢市の二の舞になってしまうかもしれません。
電車内でのトラブルも、買い物時のトラブルも、中国での出来事をみているようなことが日本でも起きていますからね^^;

こういったことを考えた場合、今回の休校要請は政府であれば出さざるを得ない判断だったと思います。
人間対ウイルスの戦いは今に始まった事ではありませんが、ウイルスを撃破できるように感染を遅らすことも一つの手段です。

まぁ休校要請についてはよく出せたなという意味で立派だと表現していますが、私個人的にはこれまでと同じく、そこまで恐れる必要はないと思っています。
今は致死率が2%となっていますが、これはインフルエンザ(0.1%)の20倍です。

脅威は脅威ですが、まだまだ風邪気味の人でも検査を受けている人は少なく、私の勝手な推測ですが、結果的には日本での致死率は1%未満にはなるのではないかと思っています。
責任のない立場だからこそ言える個人的見解ですが^^;

マスク、トイレットペーパー、ティッシュの不足、子供の対応、仕事、経済的損失等、国民の殆どが痛手を負っているわけですが、ここはみなさんで協力し合って一日も早く今までの日常を取り戻せるようにしていきましょう^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスがCOVID-19(コビッドナインティーン)と名付けられましたが、まだまだ猛威を振るっていますね。
現在は感染者約78000人、死者は約2600人という事態になって、隔離ではもうどうにもならない、日本各地で感染源のわからない感染者が広まりつつあります。。

何が怖いかというとこのウイルスはまだどのようなものかがはっきりとわかっていないということでしょう。
おそらく今から日本でも爆発的に感染が広がって蔓延するでしょうが、それでもウイルスについてよくわからない状態であればかなりの恐怖でパニックになるでしょう。

ただ、ある程度解明され、治療薬も現在の何かしらの薬で代用できることが分かれば、インフルエンザと同じような扱いになり、これまでの恐怖とは少し違う感覚になるでしょう。
とにかく怖いのは肺炎であって、軽症者は風邪の症状でおさまりますが、悪化すると肺にまでウイルスが行き、肺炎になってしまうので、特に高齢者は要注意となります。
普通の風邪でも悪化したら肺炎になりますけど、このウイルスは特に肺炎になりやすいタイプのウイルスなんだと思います。

私の予測ではピークは3月いっぱいで、ゴールデンウィークの頃にはおさまってくるのではないかと思います。
それは単純に風邪ウイルスは気温や湿度の上昇に弱いからです。
それでも夏でもコロナウイルスによる風邪はあるわけで、これは終息はなく感染者がいなくなるということはないと思います。
すなわちこのまま一般的な風邪として蔓延する可能性が高いのではないでしょうか。

ウイルスはその個体では生命を維持できないので、人間のような生命体の宿主が必要で、その宿主の細胞の中で増殖をしていく生き物です。
なので宿主がなければ生きていけないのでドアノブやつり革等についたウイルスは2~8時間ほどで死滅するとされていますし、環境によっては24時間~48時間という場合もあるそうです。

しかし新型コロナウイルスはドイツの研究チームによると、平均4,5日、最長9日間生きられる可能性を示唆したと発表しており、それがその通りなら、それはそれは驚異のウイルスということになってしまいます。
これはいってみれば人間とウイルスの戦いですね。
人間は自分たちが住みやすいように地球を支配して人間本位に地球を操っていましたが、地球の生命体は人間だけではないので生物の本能としても反逆するのは自然の摂理です。

ウイルスに攻撃されない対策として、私たちが個人でできるのは予防しかありません、予防というと、うがい、手洗い、マスクが基本となっていますよね。
ウイルスを付着させないというのは物理的に不可能なので、ウイルスが付着したり体内に侵入してしまうのは避けようがありません。
しかしその付着した個数は減らすことができます。

仮にの話ですが、1000個ついたウイルスを100個くらいに減らすことは可能ですし、減らしたウイルスが体内に入っても今度は人間の持っている免疫力でやっつければ全て死滅させることができます。
いかにして体内に入るウイルスを少なくし、いかにして大量のウイルスを死滅させる免疫力があるかがポイントになると思います。
また普段はある程度の個数のウイルスを死滅させていても、寝不足やストレス、疲れや体を冷やすことで、普段持っている免疫力を落としてしまうと、ウイルスの増殖を許し、風邪やインフルエンザにかかってしまい、そういうケースで体調を崩す人は多いです。

つまり対策にはうがい手洗いマスクに加えて、免疫力の維持やアップも必要なことです。
あまり除菌除菌と気にしていても菌やウイルスに弱い身体となってしまうこともあるのでやりすぎはよくないこともあります。
私も独自の免疫力の維持やアップをしていますが、独自なものなので、真似して体調不良になられても困るのでここでは伏せておきましょう^^;
まぁ筋トレとは違いますが、いろいろな方法で人間の体の機能を向上させるみたいな感じです^^;

それと予防の一つにマスクというのが常識となっていますが、実はマスクについては予防としてのエビデンス(科学的根拠)がありません。
インフルエンザの予防を検証する研究がいくつかされており、ランダム化比較試験の結果で、いずれもマスク着用と非着用のインフルエンザ感染発症率に統計的有意差はなかったと出ているので、専門家の間ではマスクの効果は無しとされています。

逆にマスクを一旦外してポケットの中やカバンの中に入れたりしていると、そこからマスクにウイルスが付着したり、取り外した手からマスクにウイルスが付着し、それをまた使用するとウイルスが直接口についた状態で呼吸することにもなりかねません。
ウイルスはマスクの細かい網目も通り抜けるので、使い方によっては逆効果になりますので過信注意です。

ただ、マスクは感染者が飛沫を飛ばさないようにするためには大きな効果はありますし、保湿効果もあり、正しく使えばデメリットはないみたいですから、あったほうがいいかなとは思います。

ま、ウイルスに対抗するには予防しかありませんからしっかりと体調管理をして予防は徹底しましょう。
とにかく3月いっぱいは気を引き締める必要があります。
これからの情報次第でいろいろと状況は変わってきますが、重症者も確かにいますが、軽症者も多いことからもあまり恐怖に感じないように、感染した人を差別的に扱わないようにすることは大切だと思います。
いち早く感染して、新型コロナウイルスの抗体を手に入れる!という考え方もありますしね(命がけですが・・・)

あのダイヤモンドプリンセス号の中でも700人弱の感染者が出ましたが、あんなに閉塞された空間、しかもほとんどが高齢者にもかかわらず3000人以上は感染しなかったわけですから、感染しない人にはしない、軽症者も多いし、肺炎になりやすい風邪ウイルスというちょっと軽い感じで受け止めた方がいいのではないかと感じます。

このままの状態で外出も避け、イベントの中止が続いたら、当然経済は落ち込み、それこそ大変なことになってしまいます。
インフルエンザで経済閉鎖なんてことは考えられないことですからね。
でも政府的には自粛を示唆せざるを得ないでしょうから苦しいところだと思います。

未だに新型コロナウイルスの正体が解明されていないのでこのような対応になっているので仕方ないですが、空気感染の疑いや、若い人の重症化、感染力の強さや発症前の人からの感染、などなどはインフルエンザでも起こっていることですし、空気感染についてはインフルエンザもそういう疑いをもたれて研究されている事でもあります。

なのでパニックにならないように、致死率も重症率もインフルエンザに毛が生えたくらいに思っていたほうがいいでしょう。
あくまで私の見解であり推測であるということは最後にいっておきます。
なので軽く考えないように、十分警戒をした上でパニックにならないようにという趣旨でのことですからね。
まぁこの経験則での推測は2,3か月後に明らかになるでしょうけど^^;



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

ドミナントとサブミッシブ

ドミナントとサブミッシブという言葉が最近になってかなり広まるようになりましたね。
とはいってもこれは英語の言い方であって、日本語でいえば単なる主従関係(支配者と隷属者)です。
まぁ支配と服従の関係ということです。

そういう関係はこれまでは”SM”の主従関係という見方をされていて、支配欲のある人はS、支配される側はMと決めつけられていたんですね。
ですが実際はS(加虐嗜好)じゃなくても支配欲があったり、M(被虐嗜好)じゃなくても被支配欲(従属欲)がある人もいて、そういう人たちにとっては違和感でしかなかったんですよね。

まぁ昔のことはわかりませんが、もしかしたらキーとカーも昔はMとSと言われていたかもしれませんしね、そういう違和感です。
日本語で表現したら「俺は支配者嗜好だ」「私は隷属者嗜好だ」となり、そうなると少し滑稽というか、威張っているお山の大将的に見られそうですしね、そういうこともあってそんな表現はしなかったのかもしれません^^;

そんな中、ドミナントとサブミッシブという言い回しが出てきたことで、自分を表現する言葉として違和感なく受け入れられ徐々に広まっていった感じでしょうか。
「私はMではなくサブミッシブだ」と公言する人も多いようですが、もちろんその通りでMは被虐を好む性癖であるために、被虐を好まないサブミッシブ(服従欲)も当然います。

まぁ「私は服従したいタイプ」「私は隷属者(従属者)嗜好」と表現するよりも「私はサブミッシブ」と言ったほうがおしゃれでスッと心になじむ感じに聞こえますよね。
同じく「俺は支配者嗜好」というよりも「俺はドミナント」という方が全然センスいいですよね。

そもそもドミナントとサブミッシブという言葉が日本で頻繁に使われるようになったのは、2015年に公開された「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」という映画からだと認識しています。
この映画は私の知人からの勧めで観たことがあるのですが、簡単にいうと支配欲でしか性欲を満たせない男性がノーマルの女性に惹かれ、その女性と主従契約を結んだのですが、性癖の違いでうまくいかずすったもんだがあるという感じの映画です(笑)

ドミナントというのは支配者嗜好
サブミッシブは被支配者嗜好=服従嗜好=隷属嗜好=従属嗜好です。(どれも同じ意味です)
SMの関係であれば当然Sは加虐欲があり、Mは被虐欲があり、Sが罰を与えている時はM側は支配されてるという事になります。
つまりSがMを責めている時はドミナントとサブミッシブの関係といってもいいと思います(主従関係)

ただ加虐欲が無かったり、被虐欲がない場合はSでもMでもないので単なるドミナントとサブミッシブの関係になります。
SとMはもちろんですが、これがキーとカーであったりしても、管理監督という面から考えると場合によってはカーでありドミナント、キーでありサブミッシブというような関係もありえます。

これらは支配欲と被支配欲を持っている者同士の関係ですが、日常にもあることです。
それは会社の上司と部下であったり、師弟関係、親子関係、恋人関係等で、そうした関係を構築せざるを得ない環境下で起こり得ます。
従わざるを得ないという意味ではまったく別ものではありますが、契約や約束事をして本人の意思とは関係なく縛り付け、約束事を破ったら何かしらの罰があるわけですから、これも主従的な関係でドミナントとサブミッシブの関係といえます。

勘違いしやすいのはドミナントとサブミッシブというのは支配したい人と支配されたい人という意味合いであり、本来そこにSMは関係ありません。
しかしそういう関係の代表にSMがあり、SM的なお仕置きをするのでそう認識されるだけで、それがゲンコツでもビンタでも叱るだけでも、干されることでも、それは罰であり、性的な罰ではなく、そういう罰をくだす関係も当然ドミナントとサブミッシブです。

SとMの意味は加虐したい人と加虐されたい人
カーとキーの意味はお尻を叩きたい人と、お尻を叩かれたい人(叩く事が悪い事の罰かどうか人それぞれ)
ドミナントとサブミッシブの意味は支配したい人と支配されたい人

Mであり、サブミッシブの人もいます。
キーであり、サブミッシブの人もいます。
そしてMでもキーでもなく、サブミッシブだけの人もいます。

長々と書きましたが、ドミナントとサブミッシブという関係にSMや性的な事をこじつけないで単なる支配と従属と考えるとわかりやすいかと思います。
その中で自分がどういう嗜好を持っているか、それが一つなのか、複数持っているのかを見極めて、自分の嗜好を探っていけばいいと思います^^

ちなみに私の性癖はドミナントでS、私のプライベートの深い仲の人たちは全てサブミッシブということになるでしょう・・・。
それはこれまでお付き合いした人全員に対してそうだったような気がします^^;
こういう性格だからこそキーさんと相性がいいんだと思いますよ^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

支配と管理

前記事の管理されること という記事の中で支配と管理は似ているようで違いますと書きましたが、今回はそういったお話をしたいと思います。

人間に対する支配と管理という意味は同じ部分もありますが、まったく異なる部分もあります。
それは親と子供を例に挙げてみると分かりやすいかもしれません。

親は子供を管理するものです。
健康や食事、生活習慣はもちろんのこと、社会性を身につけさえるために教育や躾をします。
それは将来しっかりと自立し、社会に通用する人間に育てるために必要なことで、そういったことも含めて管理監督をするわけです。

しかしそれが支配だとしたら話が違ってきます。
支配とは自分の思うとおりに相手を束縛することで、それは自分の理想を押し付けるような躾となります。
もちろん生まれたばかりや自我が芽生えるくらいまでは完全な支配が必要ですが、自我が芽生えてからの支配は単なる押し付けや強要になってしまう場合があります。

学歴や職業にこだわり、自分が成しえなかった夢や自分が経験して後悔したことを子供にさせないようにするために支配しがちなんでしょう。
それが子供の意思であれば何も問題ありませんが、無理矢理子供に強要するということが問題なわけです。

そういう親は子供のことを思うからこそ強要する場合もあれば、単に世間体だけを気にして子供に強要する人もいます。
しかし子供にとってはそれは自分の人生とはいえません。
親に怒られたくない、叩かれたくない、機嫌を損ねたくない、見捨てられたくない、嫌われたくない、、、
そういう恐怖心があると親のいうことを聞かざるを得なくなってしまう心理状態になってしまいがちです。
しかしそういった人生を振り返ってみると自分のしたいことができてなかった人生に無性に虚しさを感じるものです。

管理というのは子供が一般社会で通用するような社会性を身につけさせるために管理監督すること。
支配というのは親のエゴで子供が納得していないことまで強要してしまうこと。
納得してなくても社会性を身につけさせるためには支配も必要なので、支配と管理は同じ意味合いな部分もありますが、やはり明らかな違いはあるんですね。

親子関係を例にとりましたが、人間を支配する、管理するというのは似ているようで違うものです。
キーやカーの関係性でも管理したり、支配したりということがあります。
管理というと生活の管理となりそれは親と子供の例と同じですが、大人が大人を支配するとなると相手が従属するわけで、従属するのは本人の意思でもあるのでそこは親と子供の例とは違ってきます。

大人になっての支配関係というのはSMの主従関係というのがあげられるでしょう。
支配というのはその中に管理も含まっていますし、絶対服従的な意味合いもありますしね。
そのような支配関係のキーさんとカーさんもありえますよね、それは家庭的な関係ではないキーさんとカーさんですけど、主従だからといってSMだ!というわけではないですからそれもありうる関係です。

その関係に関してはここ数年前からは映画の影響もあり、支配と従属の関係を「ドミナント」と「サブミッシブ」と英語での言い回しが一般的になりつつあるようですね。
「私はMではなくサブミッシブ」と訴える人が増えた気がします。

とうことで次回は支配者(ドミナント)と従属者(サブミッシブ)について分かりやすく書いてみようかと思います。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

管理されること

お仕置きを好むキーさんは基本的に管理されることを望んでいるものです。
それは悪いことに対してお説教をし、二度としないようにという意味も含めてお尻ペンペンのお仕置きをするわけですから、そこでカーさんとキーさんはこの悪いことに関しては管理する側とされる側になるからです。

管理しているからこそ今までの悪いことを把握しているわけで、また繰り返したらもう少し厳しくお仕置きをすることになります。
更に同じ悪いことを繰り返すようなら目を光らせてその都度確認したりしますから、それは結果管理なわけです。
管理という言葉が生々しいので、思わずそれは違うと感じたとしても、放任ではお仕置き関係は成立しないわけですし、一度お仕置きされたこととか約束したことをカーさんが忘れていたとしたら嫌な思いをするでしょうから、お仕置きを好むキーさんはある程度の管理を望んでいるということになります。

管理とは聞こえが悪いですが、子供は親の管理下にありますよね、そういう意味でも管理はお仕置きのセットのようなものです。
躾をするということは相手をしっかり見ているということであり、そういうことで愛情を感じて満たされるのが家庭的なお仕置きを好むキーさんでもあります。
お仕置きはされたいけど、その土台にはこういった管理されているという愛情が無ければ満たされないのがお仕置きを好むキーさんでしょう。

ただその中にも非常に強く管理されたいと思うキーさんもいます。
管理されていたり監視されていると思ったら約束をしっかりと守れる力が芽生えてきたりします。
自分の今日の目標を決めて報告することで、その目標を達成できる原動力になったりするようです。

また、約束をしたことが毎日できているかどうかの報告をすることで、自分の力だけでは怠けてしまうところにプラスαの力が働いてできるようになったり、出来ない日があったらそれについてはお説教されて後日お仕置きとなるので、改めて気持ちを引き締めたりもできるようです。

もっと管理されたい人は起床の挨拶から就寝の挨拶まで、すべての行動を報告してそれが自分の活力になったりするようで、こういう人は”管理下欲”がかなり強いんでしょうね。
ここまで行くと支配関係みたいな感じですが、支配と管理は似ているようで違うところがあります(そこら辺の話は後日記事に書きたいと思います)

私の活動でもそういう意味ではキーさんを管理しています。
もちろん日常的な管理ではなくお会いした時に、約束したことを持続できているか、悪いことを繰り返してないか、新たな悪いことは無かったか、ということを確認しているのでこれも管理です。

私の場合キーさんとはパートナー関係ではないので、日常的な報告などのやり取りは対応できませんが、お会いした時にしっかりと対応するようにしています。
一度した約束や反省内容、そして大まかな話は基本覚えていますし、そうであるからこそパートナーっぽくやり取りができているんだと思います。
まぁたまに忘れることがありますけど、そこは人間ですから大目に見てください^^;

それでも私は何人ものキーさんと接していますが、キーさんからしたら私だけという人も多いので、それなのに話したことを忘れていたり、違う人と間違えて話をしてまったらやはりショックですよね、そういうことがあったときは深く深く反省しますし、もしそういう事があったら遠慮せず怒ってくださいね^^;

で、管理されることに強い喜びを感じる人は稀にいますが、そこまでではなくてもキーさんは相応の管理を望んでいると私は思っています。
お尻を叩かれるというよりも自分のこれまでのいきさつをしっかりと知っていてくれなければその場限りのお仕置きとなってしまします。
こちらが相手のすべてを把握して、いい子とも悪いことも日常生活も把握しているからこそいい関係性が築けるのではないでしょうか。




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

新型コロナウィルス

中国武漢で発生した新型コロナウィルスですが、かなり猛威を振るっていますね。
もともとコロナウィルス自体は一般的な風邪ウィルスの一つで、人の風邪の症状の半分はこのコロナウイルス(10%~15%)とライノウィルス(30~40%)で占めていて症状も軽いものです。

そのコロナウィルスが変異したものがSARS(サーズ)でありMERS(マーズ)で、今回の新型ウィルスはこれから名前がつくと思いますが、サーズやマーズと同じようにコロナウィルスが変異したものです。
変異するとこれだけ強烈なウィルスになってしまうんですね、恐ろしいことです。

SARSについてはコウモリが宿主の可能性が高いようですから、今回の変異も中国のコウモリが原因かもしれません。
ちなみに日本にいるコウモリは中国にいる原因となったコウモリとは違う種類ですから今のところ心配いりません。
まぁ中国はコウモリを食事用にスープにして食す文化があって普通に市場で売っているので、そこから人に感染した可能性は高いかもしれませんね。

これから新型コロナウィルスの宿主をある程度絞り込んでいくことになりますが、コウモリからというのは私の推測にすぎませんからね^^;
他の動物が原因である可能性は普通にありますから、当たらなかったらそこはさっと流しといてください^^;

今回の新型コロナウイルスがどれだけ脅威かは致死率を見ればわかりやすいと思うので、ちょっと調べてみました。
インフルエンザウィルスは約0.1%
SARSは約10%
MERSは約30%
新型コロナウィルスは今のところ3%だそうです。
1月27日の情報によると、現在の感染者は2800人を超え、死者は81人で、今後の動向は気になるところです。

また、このウイルスの潜伏期間は1日~14日間ということなので、最大14日は症状に出ず、その間に検査しても基本的には陰性と出てしまい、しかも潜伏期間にもかかわらず感染してしまうというとても厄介な特徴を持っているウィルスでもあります。

潜伏期間中の新型コロナウィルスはある程度増えないと陽性反応が出ないので、検査は陰性だけど後になってウイルスが増えていって発症するということがあります。
潜伏期間でもウイルスが増えていれば陽性反応はでるようですが、体の中にウィルスが全く存在しないというところまでは今の医療ではわからないようです。

春節(太陰暦での正月)を迎え、中国大陸からたくさんの人々が世界中に飛び立ってしまったので、少なくとも2月いっぱいは感染者は増え続けるでしょうし警戒しないといけませんね。
油断せずにマスクをしたり、人混みを避けるなど、十分に警戒は必要だと思います。

それ以外にも自分自身の免疫力を上げるための工夫もして体調管理していきましょう。
とにかくこれ以上の感染に歯止めがかかるように、1日でも早い終息を祈っています。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

ミルフィーユ鍋

つい先日、ミルフィーユ鍋というものを作ってもらって初めて食べたのですが、それがもう感動するくらいおいしかったんです^^
これなら簡単だし自分でも作れると思い、さっそく豚バラ肉と白菜を買い、教えてもらった作り方で一人鍋をしてみたんですが、、、

前回メチャクチャおいしかったので大目に豚バラ肉を買ったのですが、脂身が多いものを買ってしまい、ちょっと脂身がしつこく気持ち悪くなってしまいました^^;
残すのももったいないので完食したんですけど、更に気持ち悪くなってしまいました…。
30%引きの豚バラ肉を買ったのですが、今思うと白い部分が大半を占めており、あまり知識のない私はそういうものなんだと思って買ってしまったんですね^^;

また後日、リベンジで赤身の多いものを探そうと思って買ったのですが、何枚も重なっていて脂身の部分が見えないようになっていて、実際は見えないだけで脂身が多い豚バラ肉でした。
それでも前回よりは赤身が多い気がしたので調理して食べてみたのですが、やはり結構脂身が多く、またまた気持ち悪くなってしまいました(泣)
豚バラ肉一つ選ぶのも大変な事なんですね^^;

今では思い出すのも気持ち悪くなってしまい、しばらくミルフィーユ鍋はするつもりはありません(笑)
おいしかった記憶は鮮明にあるので、気持ち的にほとぼりが冷めたら脂身の少ない豚バラ肉を買ってリベンジしてみたいと思います^^;

感動の鍋からトラウマの鍋なってしまったわけですが、肉一つでこんなに変わるとは料理は怖いものです。
教えてくれた人、もう少し素人にもわかるように教えてくれたらと、、、(笑)




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

Q&A 「嘘の告白」

コメントから来た質問です。
質問があると記事も書きやすいのでスパ関係でも日常のことでもなんなりと質問してきてください^^
なお、質問はコメント欄からお願いします。



Q.
もし、京介さんの所に通ってるキーさんが京介さんに対して嘘をついてしまった場合、どれくらい厳しいお仕置きをしますか?
また、嘘ついた事の告白をメールするのと直接伝えるのとどちらがいいですか?やっぱり直接ですよね…。


A.
私に対して嘘をついて、そのことを自分から白状した場合においては厳しいお仕置きはしません。
嘘をつくのは基本的に自分を守るためですが、一度ついた嘘を撤回することはとても勇気のいることです。
そういう意味で嘘を撤回して告白したことについては、「よく言えたね」と褒めています。
また、その嘘についてのお仕置きは軽めにペンペン程度です。

どうしてかというと、嘘をついた事について厳しくしてしまうと、次にまた嘘をついたら嫌われるんじゃないか、呆れられるんじゃないかという気持ちが強くなり、更にあんな痛いお仕置きはもう嫌だとなったら、それこそ嘘をつかせるような雰囲気を作ってしまいかねないからです。
それは関係性上はよくない事なので、そういう意味で軽めにお尻ペンペンということです。

何を言っても嫌わないんだよ、呆れることはないんだよ、ということが分かり合える信頼関係を構築できれば嘘は減っていくと私は思っています。
嘘をつかせてしまうのは、私がそこまでの信頼関係を作り上げることができなかった部分があるとも考えられますからね。
ちなみに私に対してではなく、私以外に嘘をついたのならそれはその嘘に応じた厳しさのお仕置きですからね、軽くペンペンなんてことはありません(笑)

嘘というのは、嘘をついた本人がずっと心に仕えてモヤモヤしていたり、罪悪感を抱えたりと辛いものですから、まずそのようなことにならないようなにしたいですね。
でも結局私の中では嘘をついたと告白した時点で嘘ではなくなりますからね、むしろ嘘の告白は私にとっては嬉しいものです^^
変ですけど(笑)

ただ、嘘についてそのように対応するのは自ら告白した時のみです。
対話の中で矛盾点を追求して、嘘を暴くことはたまにありますが、そうなると厳しいお仕置きとなります。
自首すると罪が軽くなるような感覚でしょうかね、自首しなければ罪が重くなるということです^^;

嘘をつくのは利害関係があるからで、その利害関係は人と人とのつながりでは必ずあるものです。
ですが私はそれを無くした関係を理想としています。
私の所では嘘は必要ないんだよ、ありのままの自分を出しても無条件で受け入れるんだよ、ということを私自身が相手に伝えきれてなければまずは無理な事でしょう。
ま、理想ですからね、なかなか難しいことです^^;

で、嘘ついた事の告白はメールでも直接伝えるのでもどちらでも構いません、本人が伝えやすい方でいいと思っています。
基本的には直接言うのが一番いいのでしょうけど、やはり本心をしっかりと伝えることに私は重きを置いているので、私に対しての嘘の告白の場合はそのように考えています。
対象が他の人の場合はケースバイケースですね。

嘘をつくのは辛いものです、嘘をついてしまって今更言えないといって私の所にお仕置き依頼をしてくる人はいますが、ここは最終的な場所でありたいですね。
ここで嘘をつかないように、ここですべて吐き出せるように、そういう最終的な居場所でありたいと思っています^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き観の変化

昔と比べて明らかにお仕置き観が変わったなぁと思うのは、最近の私のお仕置きは厳しすぎないようにしていることです。
昔はお仕置きレベルが”お任せ”という依頼であれば力いっぱい平手打ちをしてました。

まぁそこまで厳しいお仕置きとなるのは、とても悪いことをした時、同じことを何度か繰り返した時、反省していないと判断した時と
条件付きではありますが、その場合はかなり厳しくお仕置きをしていました。

また、キーさんに「他のカーさんの平手の方が痛かった」なんてことを言われたことがあり、その時以来そのようなことうを言う子には「俺の平手はどうだ!」と言わんばかりに相手を負かすような気持ちで叩いたりもしていました。

道具に関しても厳しく叩き、皮膚から血が出ないようにギリギリを基準とし、お尻が限界になったら太ももを叩くなど、痛さを追求したお仕置きでした。
そこまでしていたのは悪さの度合いに合わせてお仕置きレベルを決めていたこともありますが、相手が痛がっても躊躇しないでここまで厳しくできるということを相手に伝え、そこで甘え心を無くして反省させ、しっかりとごめんなさいを言わすように無言の圧力をかけていたこともあります^^;
恐らく昔にSMの世界でしてきたことの流れで、その部分は残っていたんだと今は感じます。

しかし今のお仕置きの厳しさの考えは、それなりに痛みを与えればいいと思っているので、思いっきり平手で叩いたりすることはほとんどありません。
道具に関しても強く叩くというよりも、そこそこの力で痛みを感じさせるような工夫をしています。
結果的にそれで反省できればいいですし、厳しすぎることで逆に反省できなくなったりするケースも見てきたので、厳しすぎるお仕置きはあまり意味がないと思うようになってきたんですね。

お仕置きの目的はお仕置き欲を満たすことですが、それと同時にしてしまったことを反省して成長することでもあります。
厳しく叩くことでお仕置き欲が満たされなかったり反省できなかったりしたとしたらそれは本末転倒で、相手の為のお仕置きにはなりませんからね。

逆に軽めのお仕置きでお仕置き欲が満たされたり、しっかりと反省して成長できるのなら、厳しいお仕置きは逆効果です。
どのような厳しさでお仕置きを受けたら欲が満たされ反省もできるのか、そこはキーさん自身にしかわからないところで、お仕置きを受けるたびに変化することもありますから、そこ部分は随時把握するようにしています。

そう思うようになったのは、何人かのキーさんから子供へのお仕置きであの厳しさは家庭的とは言えないとか、家庭的なお仕置きは平手で軽めに1回ぺちん!という感じ、
というようなことを言われ、なるほど確かに本当の子供だったらもっと手加減して叩くし、そういう気持ちを持ったキーさんであれば厳しいのは虐待的に感じるんだろうなと気づいたからです。

しかし人によってはかなり厳しくお仕置きをしてもらわないと反省した感じがしないという人もいます。
厳しくされた後のアフターフォロー時では解放感を得たり、天と地の差があるほどより満たされるものでもあるので、それで痛みを追及してしまう人は実際にいます。
また、いつもは軽めでも今回は厳しくしてほしいという人もいますし、その時の心境でふと厳しくされたいと思うことはあるものです。

でもその場合は私が昔のように力いっぱいの平手で叩いたり、ハードに道具を使用すればいいだけですからね。
厳しくなくなったわけじゃなく、要望があればいくらでも厳しくはしますよって事です^^
ただ、その要望も恥ずかしくてなかなか言えない人もいますから、キーさんは難しいんです(汗)

いくら私でもキーさんの頭の中身までは全て把握できません、それぞれがどのくらいの痛さでお仕置きしてほしいのかなんてわかりませんし、今日は厳しくしてほしい気分とか、今日は軽めにしてほしい気分とか、そんなことはわかりません^^;
なので、プレイ的にならないように、お仕置きが終わった後とか、その後のメールでとかで、お仕置きが軽すぎなかったか、厳しすぎなかったか、もう少し強くても我慢できそうか等の心境を聞いて、その人にあったお仕置きを模索するようにしています。

キーさんはお仕置き欲求があるので当然お尻を叩かれたいのですが、お仕置きが嫌という前提で家庭的なお仕置きが成り立っているので、お仕置きされたいけどお仕置きは嫌だという複雑な心理面があるんですね。
なのでお仕置きの厳しさをキーさん側から要望するというのは本来言いにくいことなのですが、そこを私が言いやすい環境を作って、できるだけ欲を満たし、ついでに反省させ成長できればと考えています。

お仕置き欲から解放されてキーを卒業したい方、お仕置きを受け入れて楽しみたい方、罪悪感を薄めたかったりしっかりと反省したい方、ボロボロに罰されたいというイメージがある方、ただただ叩かれたい方、、、
キーさんと言えど様々いるのですが、そういうものを満たすには自分に合ったお仕置きを受けることが一番ですから、恥ずかしがらず、自分の理想のお仕置きを言ってみることは大切だと思います。

最後に。
私の今のお仕置きの厳しさが物足りないのであればいくらでも強烈にできますからね、そこはご安心を(笑)
厳しいお仕置きと要望してくれればいくらでも厳しくはしますから^^
厳しくという要望が無ければ昔のような厳しすぎるお仕置きはしません、それが私の”家庭的なお仕置き”のスタンダードということです^^
といっても痛いのは痛いはずですよ(笑)




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

令和2年となりましたね、みなさんにとっていい年になりますように^^


活動に関しては1月3日からする予定です。
昨年内に清算できなかった人は心機一転するためにもお仕置きを受けてみてはどうでしょうか^^

私の新年の抱負は一昨年もそうだったのですが、「読書」です。
一昨年は想定していた分の読書ができたのですが昨年は全く読めてなかったので、今年は改めて今考えている分の本を読み切りたいと思います^^
できなかったらお仕置きも覚悟です^^;

みなさんも新年の抱負くらいはしっかりと立ててみましょうね。
できるかできないかはおいておいて、抱負を考えること、それを実行しようとすることは気持ちを新たにするという点でもとても大切な事ですからね^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

よいお年を

今年もあっという間に1年が終わってしまいますね^^;
それがいいのか悪いのかはよくわかりませんが、私にとってはこの一年とても充実した年でもありました。

また私とお会いした方々の中にも自分自身で成長が実感できた方や罪悪感を払しょくできた方、お仕置きを経験してみてスッキリとした方と様々いらっしゃると思いますが、私と会ったことで多少なりともプラスになったのであれば嬉しいことです^^

まだまだ私も成長途中ですからいろいろなことを吸収してたくさんの人に良い影響を与えられたらと思います。
私もこの活動は好きでやっていることですが、それで相手にとってプラスになるのであればやっていて良かったと更に思いますし、逆にマイナスになったり傷ついてしまうようなことがあれば私としても辛いところです。
ま、いろいろな人がいますけど、オールマイティーに対応できるように日々精進していく所存です^^

ところでみなさん大掃除は終わりましたか?
年末までに部屋の掃除を終わらすと約束した子もいましたが、なにやら難しいようです^^;
今年の5月から伸びに伸びての約束ですから、守れなかったら厳しくお仕置きです!

しかしやはり年末ですからしっかりと掃除を終わらせてのんびりと大晦日を過ごして新年を迎えたいですよね。
大掃除は30日までですからね、あと数時間ですからできていない人は頑張ってみましょう^^

それではみなさんよい年をお迎えください^^

京介



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

病は気から

つい先日体調管理という記事で、「特にこの時期の風邪は不注意や油断からおこることが多いので風邪をひいてしまったらお仕置きです」というようなことを書いたのですが、それについてこんなコメントが届きました。

-----------------------
京介さんも母と同じこと言うんですね、、風邪をひくのはあなたの体調管理ができてないから。あなたが悪いって。
子どもの頃風邪ひくと必ずそう言われて怒られました。
所が今、私の子どもが風邪をひくと母親の私の管理が悪いからだと私を怒るんです。おかしくないですか??
毎回それにすごくむかついています。
-----------------------

なるほどですね(笑)
確かに、風邪をひくのは本人の体調管理がなっていないから自己責任ですよね。
そして子供が風邪をひくのは本人の体調管理がなっていなかった自己責任もありますが、まだ子供ですから体調管理を養育者が行ったり、直接管理方法を教えることはすべきでしょうね。

ちなみに体調管理に関わらず、私の所に反省に来た人には相手が悪かったとしても当の本人にも責任がある場合にはその落ち度を反省させています。
私の所に来ていない人に責任をなすりつけても意味がないですからね^^;
そういう意味からも、風邪をひいたら本人の責任であり、子供が風邪をひいたら養育者の責任としてお仕置きとなりますね。

ただこのケースの場合、結果自分の母親ができていなかったことを怒られているわけですから頭にきてしまうんでしょうね^^;
その気持ちはよくわかりますが、私の所に来て同じ話を聞いた場合は、当然その母親と同じことを言いますし、そんなことでブーブー言っていたら厳しくペンペンです!
やはりこういうことは第三者である私だから指摘できることなのかもしれませんね^^

私は基本的に10のうち本人が1でも悪ければそこの部分を指摘して叱ります。
9悪い相手が悪くないということではなく、もし仮に9悪い相手が私の所に来たとしたら、それは更に厳しく叱るというだけです。
もちろん本人の落ち度が低い場合には相手の方が悪いということは私も伝えますし、「私は悪くない!」と思う気持ちは理解しますけど、本人の落ち度が微塵でもあるのであれば、その部分をしっかりと見つめてもらいたいと考えます。

とにかく体調管理はしっかりと!
病は気からといいますが、気を張っていれば免疫力は多少上がるものです。
それに加えて、風邪予防に対していろいろな注意をすることでも、更に気を張るということにつながります。
寒い時や疲れている時などはそういたことをしっかりと意識することでも予防になり、免疫力を下げない対策になるはずです。

”病は気から”というのは風邪に関しては絶対に迷信ではありませんからね、免疫力を下げないように、むしろ上げていくようにしてこの冬を乗り切りましょう。

ちなみに年末の活動は31日まで、年始は3日から受け付けています、今年中にスッキリしておきましょう^^




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

Q&A 「お尻叩きは虐待か」

Q.
ご質問があって、コメント致しました。
最近出た児童虐待例に「お尻を叩く」が入りましたが、どう思いましたでしょうか?
今と昔、躾から虐待への変化に驚いています。


A.
つい先日、厚生労働省の体罰ガイドライン指針案が厚労省有識者検討会でおおむね了承されたそうで、その体罰の例の一つに、”お尻を叩く”を定義したそうです。
それに関しての質問だと思うのですが、私的には率直に言ってナンセンスだなぁと感じました。
しかしその一方、法律の文言としてはしょうがないのかなとも思います^^;

そもそも体罰=虐待とも言えないですよね。
行き過ぎる体罰が虐待なのであって、軽くペンペンとするのは虐待とはいわないでしょう。
もちろん軽くでもお尻を叩く行為は表現的には体罰とはなりますが、虐待とは違います。
しかし叩く側が軽いつもりでも、受け手がどう捉えるかということも重要で、肉体的にも精神的にも本人が虐待だと感じれば虐待になります。

私もいろいろなキーさんからお話を聞いていますが、本人の虐待の捉え方はそれぞれで、線引きするというのはとても難しいと感じます。
ちなみに私は大人に対してお尻ペンペンのお仕置きをしていますが、これと同じ威力で子供に対してお尻ペンペンをしたらこれは虐待となるでしょうね^^;

それと、もし私が子供にお仕置きをするとしたら虐待にならないようにかなり手加減をしてお尻ペンペンをすると思います。
ま、それだけ”それはダメだよ”という愛情を持った信号でもある体罰は、スキンシップやコミュニケーションを含む愛情表現としてとても必要だと思うからです。

この厚生省の指針案で問題なのは、手加減の度合いや厳しさの線引きに関しては法律の文言に入れることは非常に難しいというか限りなく無理な点です。
軽くはいいけど厳しすぎるのはダメだよとはいえず、それでも虐待や過度な体罰は制限しなければならないので、そう考えるとしょうがないのかなとも思います。

今年にはいっても虐待死などが相次ぎ、どんどんと問題視されるようになり、なにかしらの対策は練らなくてはならず、そうなると苦肉の策なんでしょうね。
お尻叩きの他にも、長時間の正座、食事を与えない、殴る、ほほを叩く、等も指針案にありました。
長時間の正座や食事を与えないというのは過度な体罰(虐待)に該当しますが、殴るやほほを叩くに関しては、軽く殴る(ゲンコツ等)、軽くほほをぺチンする等のレベルであればお尻叩きと同じく、虐待には該当しないと感じます。

とにかく、注意を促す程度の軽めのペンペンは、躾するにあたって必要だと私は思います。
動物もそうであるように注意を促すには痛みを伴う行為をして脳に覚えさせるということをしていますし、人間が進化したからといって、それをなくしてはたして健全に育つかというと疑問です。

体罰は虐待になり得る一方、叱ったり軽いペンはスキンシップでもあり、愛情表現にもなるわけです。
大人の都合で叱られたり感情的に怒られたりして育った子や、叱られたことや叩かれた経験のない子達は、自分の為だけに冷静に叱られるという愛情を求めてしまうものです。

そういった意味では、すべて体罰は禁止!となると逆にキーさん人口は増えるかもしれません(笑)
また、体罰ができないとなると、精神的な虐待が増え、それもキーさん人口を増やしてしまいそうですね^^;

でもこれは難しい問題です。
もし法整備をするとしたらこういう特例を定めてたらどうでしょうかね^^;

「但し、躾の範囲内で、誰から見ても軽ーい体罰はその刑を免除する」
これでどうでしょうか(笑)
親族相盗例ならず、親族相罰例とでもしましょうか^^;

ま、とにかく、”本当にこれはダメだよ!”という合図でもある怒った顔や叩くふりや、軽めのペンというのはいろいろなことを教えていくうえで必要でしょうね。
そんなことをせずとも良い子に育っている子の方が、良い子過ぎて将来問題が出てくるかもしれません^^;

※親族相盗例
親族間の金銭に関わる罪(窃盗や詐欺等)は免除するという法律

当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

善悪の価値観

お尻ペンペンのお仕置きをするときにはそれなりの理由というものがありますよね。
もし理由が無いとしたら、それはただのお尻叩き(スパンキング)であり、それを”お仕置き”とはいいません。
そもそもお仕置きとは何かしてしまったことに対する罰ですからね^^

私の場合は当然のことながら悪いことをした時にお仕置きをしています、要望があれば別ですが、理由が無ければお仕置きをすることはありません。
それは私には叩きたいだけの欲求というものはないからで、このお仕置き活動をしているのは、悪いことをした人に対してそれ相応の苦痛をもって罰したいという欲求があるからなんです^^;

そしてそのお仕置き理由となる善悪の判断ですが、これに限っては私の価値観だけでは考えないようにしています。
というのは、私の価値観でお仕置きをしてしまっては、私が気に食わないからという理由でお仕置きをするということも出てくるでしょうし、一般的ではない私独自の信念や考え方もあるので、そういったことを強要すべきではないと思っているからです。

そういった私の価値観に合わせて体罰をもって強要したら、相手は納得はしないでしょうし、そうであるならそのお仕置きは虐待のようになってしまいます。
もっといえば自分の意のままに操れる奴隷のような感じにもなりかねません^^;
なので私は人をお仕置きするときはその事案を客観的に見つめ、第三者的な目で判断するようにしています。

私の悪い事の基準は世間一般の常識的な事、法律や規則違反、マナー違反、協調性に欠ける行為や相手を不快にさせる行為などです。
その他には自制の問題で、目標を決めたのに達成できないことや、何かしらの罪悪感を感じていることについてです。
ただ、これらのことについてもお仕置き理由としないこともあります。
それはある一部の事項に関してですが、しっかりと自分の考えを持ち、様々な弊害も理解したうえで自分の信念で行動している場合です。

そうはいってもお仕置き逃れの為に本当はそう思っていないのに流れで「私はそれでいい」と口走ってしまう子はいるんですよね^^;
まぁそういう子には一つ一つ逃げ道を無くしながら詰めていき、「本当にそれでいいのか、それならそれでもいいんだよ」と引っ込みがつかないような雰囲気で一言いうとほとんどの子は降参しますけどね(笑)

しかし善悪の価値観って難しいものです。
国によっても違いますし、日本ならではのものや地域によっても違いますしね。
そういったことも考えた上で相手が納得するように、自分の価値観だけに頼らずに善悪の判断を心がけています^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

体調管理

急激に寒くなりましたね^^
身体が寒さに慣れていないので、まだ冬の始まりなのに体感は真冬のように感じますね。
人間の身体はある程度の暑さにも寒さにも対応できるようになっているのですが、暑くなり始めや寒くなり始めを一つの信号として、そこから身体を少しずつ順応するようになっているんですね。

寒冷馴化(かんれいじゅんか)というものがあって、これは人間の身体が寒さに対応できるように、徐々にその環境に順応していくという体の機能です。
寒くなりたてにかなり寒く感じるのはそのためで、気温的にはそうでもないということになるんですね。
ただこの時期は身体の機能が環境に慣れていないので特に風邪をひきやすくなり、これを季節の変わり目と表現することもありますね。

しかし風邪をひきやすくなるからといって、これは毎年のこと。
身体が寒さに慣れるまでは身体を冷やさないように厚着をしたり、無理せず休息をとるように対策をして、しっかりと体調管理をしないといけませんね。
風邪をひきやすいということは免疫力が弱まっているということなので、そういった対策をしないと当然インフルエンザや感染症にもかかりやすくなります。

特にこの時期に風邪をひいてしまうのは、こういった体調管理がしっかりできていないことでもあり、このようなことを忠告しているにもかかわらず風邪をひいてしまったら、それはお仕置きとなりますね^^;
そうならないようにこの時期の風邪には注意して日々を過ごしてみてください。

それと、あまりエアコンなどの快適な環境に依存しすぎるのはデメリットでもあります。
それは身体の中で寒冷馴化がしっかりと機能しなくなるため、外出した時に身体が順応してなく、風邪をひきやすくなるからです。
こういうこともあるので無理をしないように、しっかりと体の体温調節機能を鍛えるということも風邪予防です。
ちなみに熱さへの対応は暑熱馴化(しょねつじゅんか)といいますが、この時も体調を崩しやすいですよね。

また、寒さ暑さに弱い人っていますが、そういった方は子供のころから快適な環境下で暮らしている場合が多いように思います。
これからでも遅くはありませんから、あまりエアコンに頼りすぎないように、無理をしないで少しずつ身体の体温調節機能を復活させるようにしていきましょう。
その方が身体的にも楽だし、風邪をひきにくくなりますからね^^

とにかく風邪をひくということは不注意や油断ということが多いですから、そうならないように風邪をひいてしまったら”お仕置き!”と意識してみてください。
風邪でのドタキャンをしないように、体調管理をしっかりしないと厳しくお尻ペンペンとなりますからね。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/




くすぐりについて

先日くすぐりの記事を書いたんですが、それについて質問もあったので補足です^^;

私自身がくすぐられることに興味あるのかどうかという質問があったのですが、それについては全く興味はありません。
くすぐるのは楽しいですが、くすぐられるのは好きじゃないですし、もし私をくすぐるようなちょっかいを出してくる子には10倍返しでくすぐり返します(笑)

私はくすぐられることに興味はないので、逆にくすぐられるのが好きな子の気持ちがよくわかりません^^:
M気質なんでしょうかね、くすぐりについての心理はいまいちよくわかりません・・・。
まぁ私がくすぐりたいタイプなのでそこはどうでもいいんですけどね^^

ちなみに私は精神のコントロールというものができて、くすぐったくないモードに切り替えることができます。
なのでいくらくすがられても大丈夫なんですね。
子供の頃はくすぐったくてやられると逆切れしていましたが、そのうち克服して、くすぐられても動じない術を身につけましたので、私に対する挑戦は無駄に終わるのでやめた方が賢明です^^

人の体質によってはくすぐりにとても弱い人もいれば、全然くすぐったくない人もいますよね。
くすぐったがらない人をくすぐっても何も反応がないので私は面白くありません。
ということから考えてもやはり私は相手の反応が楽しいんだなぁと感じます。

それと、くすぐったい所は脳の切り替えで感じ方が変わります。
くすぐったい箇所というのは性感帯でもあり、ふざけているとくすぐったいだけなのに、ムードを作って性行為をするような時はくすぐったいのが快感に変わります。

子供の頃や初体験の頃はくすぐったく感じていたのが、経験を積むにしたがって快感を得るようになっていくのは女性は特にわかるのではないでしょうか。
一見不思議なことですが、くすぐったい箇所は基本的に動物の危険個所なので、本能によって自律神経が過剰に反応してしまい、それがくすぐったく感じたり、相手に身を委ねると快楽に感じたりするそうです。
なので強靭な精神力をつけなければ本能に抗えないでしょうね^^

まぁでも笑いたくないのに笑わされてしまうって屈辱ですよね・・・。
そこもくすぐっていて私が楽しく感じてしまう部分なので、やはりくすぐり好きに関しては私のSっ気が関係しているんでしょう。
ちなみに本格的なくすぐりは、大の字になるように縛って暴れないようにし、脇などをかばえないようにしてくすぐるのが一番きついでしょうかね。

最後に、ここのお仕置きはお尻ペンペンのお仕置きがメインになっていますが、くすぐり好きのぐらさんのためにもくすぐりのお仕置きでも気軽にこれるようになるといいかもしれません。
ただし前提はお遊びじゃなくてお仕置きです!

ま、本当にそれがお仕置きになるのか実際に検証してみないとわからないことですけどね^^;
あ、それと基本的に要望がない限りくすぐりはしませんからね、もししたとしても拒否したら即座に止めますのでご安心を(笑)

余談でした^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/


くすぐりのお仕置き

くすぐりのお仕置きは私の中ではおふざけのお仕置きという認識で、笑って許せるような悪い事やいたずらに対して、たまにくすぐりをするという程度のものでした。
悪いことをしたのに笑わせてふざけるのはお仕置きにはなりませんからね。^^;
ただ、そういう私の認識が今は少し変わってきています・・・。

つい先日のことですが、私の書いたくすぐりの記事(くすぐりの刑)を見て、くすぐり体験をしたいということで私の所に「ぐら」さんがきました。
※「ぐら」とはくすぐり用語 「ぐり=くすぐりたい人、ぐら=くすぐられたい人」

その子はお尻ペンペンには全く興味がなく、小さい頃からくすぐられたい欲求がずっとあって、ネットでくすぐりの検索をしていたら私が書いたくすぐりの記事をたまたま見つけて連絡をしてきたんですね^^;
実際はくすぐりをしてもらいたいとのことだったので、お仕置きは下着着用、平手で軽めのお尻ペンペンという、形だけのお仕置き依頼でした^^;

そしてお会いした時にくすぐりのことをお話しして、実際にくすぐりをして、それがきっかけで少しくすぐりのことを調べてみると、日本では過去にくすぐりの罰も存在していたそうで、それは顔や体を傷つけられないような職業の人に適用されていたそうです。
海外では拷問の一つとしてくすぐりがあったとう記録が残っていたり、そういうのを見ているうちに、くすぐりもお仕置きになるんだなぁ、という認識に変わっていったんですね^^

くすぐりは連続して休むことなく続けると、呼吸困難になって苦しくなったり、笑いすぎて発狂状態になることもあるそうで、そう考えると”くすぐりはおふざけ”という認識が少し薄れていきました^^;

どうしてくすぐりがくすぐったいのか。
自分でしてみてもくすぐったくないのは、その指の動きを把握できるからだそうです。
しかし他人にくすぐられると指の動きが予測不可能になり、その不快な感覚が「くすぐったい」と感じるそうです。
そもそもくすぐったい箇所は急所でもあり、本能的に体を守るためにかなり敏感に反応するようになっており、それもあって、自分で触ってもくすぐったくなく、他人では過剰に反応してくすぐったく感じるそうです。

ま、そういう意味で考えるとくすぐりのお仕置きはありですけどね。
ただ私の場合ですけど、お尻叩きのお仕置きの時は多少のSっ気は抑えられるのですが、くすぐりをし始めるとSになってしまうという弊害が出てしまいます^^;

お尻叩きではそうならないのですが、くすぐりをするともっといじめたくなってどんどんとエスカレートしてしまうので、私の場合のくすぐりはディシプリンスパには合わないようです^^;
私が人をくすぐるのが面白いのは間違いないのですが、それは相手を”いじめる”とか”追い詰めたい”とか、そういうSっ気の欲求からくるものなんだと思います^^;

ま、拒否する人をくすぐることはしないのでそこは安心してくださいね^^
ただ拒否した場合でも、私にちょっかいを出してきたり、言いつけを守らないことがあったら問答無用でくすぐることがありますから要注意ですよ(笑)
その場合、お尻ペンペンかくすぐりかは私の裁量ですから(笑)


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋
インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。

なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。

このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、最初はS的な欲求を満たすために足を踏み入れたのですが、どんどんと精神的な心の部分を追求するようになっていきました。
そうしているうちに”人間の心や本質”をもっと追求したくなり、そうなるとSMに何かしらの違和感もでてきて、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている今この場所にたどり着いたのです。

その違和感を簡単にいうと、SMは性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っていたり、性欲を満たすのに貪欲すぎるところです。
もちろんSM的な事は面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのですが、性欲以外の部分を満たすためにはちょっと物足りなかったんです。

そんな中、キーさんと関りを持つことで心地よさを感じ、私の求めていた精神的な世界を見つけたって感じなんですね。
スパの”カー”からSMの””に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分があるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。
そういう人たちと出会い、関わっていきたいと思ってブログを書こうとなったんです^^

こういう世界に入り込んでしまう人は、幼少期に目撃してしまったお仕置きシーンがいつの間にか脳裏に焼き付いてしまい、いけないと思っても頭から離れないケースや、親子関係の確執や養育環境であったりと、何かしらのきっかけがあるものです。
みなさんは揃ってお仕置きの事を考えてはいけないと頭から消そうとしますが、脳裏に焼き付いてしまったキー気質は消し去ることはできません。

ではどうしたらいいのか。
どうにもならない欲求をなんとかしたいなら、経験して欲求を薄めることに限ります、勇気をもって経験することで欲求は薄まり、お仕置きのことばかり考えてしまって支障が出ていた日常生活も回るようになるものです。
欲求を解消する方法は欲求を満たすしかありません。

ここでは、悩みや闇を抱えている人はもちろん、欲求や思いを吐き出し、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいと思っています。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そしてこんな風に思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでこの家庭的なお仕置きに対してSMのような概念は捨てて、客観的に自己を見つめる為に必要な、ある意味健全な事と解釈しましょう。
他人には言えなくても、ここはみなさんが本当の自分を出せる心の解放の場であり居場所でもあります、そして人生において成長の場と捉えれば必要な場所にも変わってきます。
なのでスパという概念も捨てて、客観的に自己を見つめるためにお仕置きに関わる、という意識になることがとても大切なことだと思います。

こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
みなさんそこが心配なようですが、世の中の裏も表も悪い人もいい人もいろいろと見てきましたし、そもそも人間は弱い生き物なので、人をだましてしまったり殺めてしまったとしてもそれを聞いてドン引きするようなことはありません。
人としてどうなの?ということだとしてもそれを話してくれたことに私は親身さを感じてしまう性格なんです。

また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感は強くしますが、同情のようなことは基本的にすることはありません。
なので悩みや相談がありましたら気軽にしてください。
どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんのでそこは安心してください。

自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、歳を重ねると欲求を薄めていくことは難しくなり、どちらにしても卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^

何度も言いますが、お仕置き欲求をなんとかするにはお仕置きを経験することです。
欲求が消えることはありませんが、薄めることは可能です、ネットでの出会いとなりますが、約束事はしっかりと守っていますので、勇気をもって連絡してみてください。

京介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示