挫折に弱い人 1

小さい頃から、いくら大人に怒られないように良い子で真面目に過ごしてきても、いくら学業が良い成績であっても、社会人になってからの人生が保障されるわけではありません。
しかしそういう子達に限って、とても挫折に弱い傾向にあります。

まず、悪いことをしないので当然叱られないし、普段真面目だからこそちょっと悪いことをしてしまっても叱られずに許されてしまう。
そうやって生き抜いてきているので当然怒られ慣れていません、なので怒られる事にとても弱いんですね。
対人関係のトラブルも経験はないので、職場で必ずある些細な対人トラブルに、とてもストレスを感じてしまう傾向にあります。
そういった対処の仕方を学生時代に学んでこなかったことから、どうしていいかわからなくなってしまうのです

もう一つ、学校の勉強もそつなくこなすので自分が取り組んだ勉強に対して挫折というものをあまり知りません。
学生時代の勉強は答えがあるので、やればできるのです。
ただ目標である受験に失敗してしまった時には、挫折感が大きくなります。

また、学生時代は頑張れば問題が解けるので何でもこなせるのですが、社会人になったらそういうわけにはいきません。
入社したては分からない事ばかりで仕事ができないのが当たり前なのですが、そんな自分を許すことができません。
それは時間が解決してくれますが、必ずある仕事での失敗や叱責にはストレスを感じ挫折感いっぱいになってしまいます。
真面目だからこそ、ストレスを発散する方法もわからず、疲れているのに息抜きもできず、がむしゃらに戦い続けてしまうのです。

そこで考えるのは、「人生ってなんなんだろう」、「一生懸命真面目にに生きてきてなんでこんなに苦しい思いをしなきゃいけないのか」ということや、「親の言う通り頑張って勉強してきたのに」、「頑張っていい大学に入ったのに」、「良いところに就職できたのに」、「なんで不幸なんだろう」というようなことだったりします。
挫折に弱い人はちょっとした失敗も考え込んでしまい、完ぺきにこなせない自分に苛立ち、人生の敗北まで考えてしまう人もいます。

理想を言えば人間完璧がいいし、そうやって育てられてきたのでしょうが、人間の能力ではそれは無理な話なんです。
完璧より、むしろ不完全な自分を認め、失敗する自分に耐えられる力を身につける事こそ人生には必要だと私は思っています。

もちろん努力は必要だし、目標も大切なことですが、志望校に行けなくても、会社で失敗しても、夢がかなわなくても、それは人生の汚点ではなく、それを受け入れて成長していくことが人生の意義であって、そうであるならば不幸を引きずる必要はないんです。

そういった捉え方、考え方というのは無意識に親が教えてしまっていることが殆どです。
特に教育ママやお受験ママ、学歴至上主義の親たちにとっては学歴は死活問題ですからね。


少し長くなりそうなので、続きはまた、、
この様に育ってきた人も、親の立場の人も、自分のためにも、子どものためにも続きも読んでみて下さい^^


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き報告

サイト「お仕置きの部屋」では「お仕置き後の感想」の更新をしました。
スマホ版はこちら


9/21(金) お仕置き後の感想「れいなさん」 追加


ブログではアップしない内容なので、興味ある方やどのようなお仕置きがされているか不安な方など、どうぞ参考にしてください^^
内容はお仕置きを受けた方がどのようなお仕置きだったかを、自主的に、そしてなんの制限も受けることなく自由に綴った感想となっています。
感想はお仕置きを受けた皆さんに書いてもらっていますが、本来は私自身で参考にするために始めたものです。
そういう趣旨なので、サイトには出してほしくないという方の感想は掲載していません。
心や気持ちを共感できる部分があると思うので、自分を律するためにも読んでみるといいかもしれませんね。

また、私が客観的に見た感想もコメントとして書いていますのでご覧ください。




当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

ダイエット方法 経過

ダイエット宣言をしてからちょうど3か月がたちました。
1か月で目標を達成してからは毎日お酒を飲んでいますが、やはりここまで頑張った体重を維持したいのもあって、走ることと軽い筋トレは現在も続けています。
そういう意識もあってか、自然とカロリーなども気にしだして、お酒は毎日飲むものの、体重は微妙に減り続けています^^;

最終的には69.9kgから63.4kgと6.5kg減となっていたのですが、現在は更に1.5kg減で”61.9kg”(ダイエット前から8kg減)にまでになってしまいました^^;
ただ、これはジョギング後の体重ですけどね^^;

体脂肪率はダイエット前は23.7%だったのが、現在は”11.9%”
お腹周り(一番太い部分)はダイエット前が88センチで、現在は79センチと”9センチ減”となっています^^
ライザップのCMのようにビフォーアフターで撮影しとけばと後悔です、まさかここまで引き締まるとは思いませんでしたからね^^;
ちなみに私の身長は173センチです。

それと、今回のダイエットについて、結構な方がダイエット方法を教えてほしいといってくるので私の場合のダイエット方法も教えておきます^^:

①ジョギング
ジョギングはほぼ毎日、無理せずに近場の駅まで行って帰るの往復で距離は3.6km
距離が長いと走る気を無くすので、気軽に走れる距離を設定しました。人によっては1kmでも2kmでもいいと思います。
私は昔5kmを走っていたころがあったのですが苦痛で続かなかったのでそれの教訓です、今でも走るのは苦痛ですが^^;

②ストレッチ、筋トレ
ジョギングの後はストレッチで筋肉を伸ばし体のケアをします、筋肉を伸ばす行為は筋トレと同じ効果があるのでお勧めです。
その他に腕立て50回、スクワット50回と無理のないような回数を設定し、ジョギング後に必ずしています。
筋トレは筋肉をつけるというよりも筋肉を維持し続けるという意識です、ずっと維持するものなので過度に筋肉をつける必要はありません。

➂炭水化物抜き
私の場合はこれがよく効くようです、炭水化物を多く含む食材をさけていました、主にご飯(穀物)、麺類、パン類、菓子類、イモ類、等です。ファミレスに行くときもご飯抜きで頼んでいましたね。
私は苦痛なくできましたが、これが一般的には難しいようです^^;
また、サラダなどを大量に食べてお腹を膨らますなど、夜は生野菜と肉類がメインでしたが、結構満腹になります。(サラダ大皿2杯)

④禁酒
目標を決めた1か月は禁酒しました、短期間に体重を減らすのが目的で、一気に減らしてからは維持するという考え方です。
達成したからと安心してこれまでのことをやらなくなるとリバウンドを起こしてしまうので、あくまで禁酒1か月はゴールではなく通過点です。
私の場合はお酒をおいしく、そして暴飲暴食するために、「夏前までに目標値に!」というダイエットでした。
なんでかというとダイエットせずに暴飲暴食すると更に体重が増えるし不健康なので、とりあえず今後暴飲暴食する分を先に減らしとこうという趣旨でした^^;
早く飲みたいので一気に減らしたというのが本音です^^;

という感じでダイエットを続けて目標達成をしましたが、その後もできるだけ長い期間維持しようとペースを落としてでも運動を継続しようと思っていました。
ただ、想定外だったのは運動がいまだに続いており、現在でも炭水化物を少なめにしたり、カロリーを気にした生活になっていて、体重が微妙に増え続けるどころか微妙に減り続けているんです。

酒のつまみも生野菜で胃袋を膨らませて、タンパク質である肉や魚を中心にお腹がいっぱいになるまで食べています。
そういうところで以前と比べて少ないカロリーになって、運動もしていることからそのようになっているんでしょうね。

夜はお腹いっぱい食べても、朝昼はあまり食べていないのでそれでバランスがとれているのでしょうが、それも不健康に思えて、少し食べるようにしようと考えています。

最近の研究によると、太るのはカロリー自体ではなく、カロリーの中の炭水化物だということです、どこの研究結果が忘れましたが、最近そのような論文を説明しているものを目にしましたので、気になる方は調べてみて下さい。
ようはカロリーを気にするんじゃなくて、炭水化物の摂取を気にした方がいいということらしいです。

ただ人によっては炭水化物を抜くと不健康になることもあるので、あくまで自分に合ったダイエットを心掛けましょう。
体の代謝の構造はよくわかっているので、ダイエットのアドバイスはしますよ^^
ま、一つ言っておきますが、楽なダイエットはありませんからね^^;


当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き理由(欲の自制)

今回はお仕置き理由の”欲の自制”について考えてみたいと思います。

前記事にも書きましたが、お仕置き理由というのは悪い事全般です。
しかしお仕置き理由が悪い事ではない場合もあり、その一つが”自制”というものです。

もちろん、自制できなくて悪い事をしてしまうという事であれば、普通に悪い事になりますが、そういう自制ではなく、自分で決めたことを守れないことに関しての自制です。
自制に関しては私が悪い事ではないと判断しても、本人の中で直したいことであったり悪い事であるならば立派なお仕置き理由となるわけです。

その中でも私が普段「悪い事ではないししてもいいんだよ」と言っていることでも、本人の中では自制したいことであり、それをお仕置き理由として申告してくることがあります。
その代表的なものは「お仕置きのことを考えてしまう事」と「自慰行為」です。

お仕置きのことを考えて他のことが手につかないというのはキーさん特有の悩みであり、自慰行為に関しては女性特有の悩みなのでしょうね、そういう欲を無くしたい、そういう行為や妄想をしたくないという、その人にとっては切実なものなんです。

お仕置きのことをばかり考えてしまうことについては、寝る時にいろいろと妄想してしまってなかなか寝れなくて、翌日も寝不足だったり、授業中や仕事中にずっと頭の中で考えてしまって集中できなかったりと、こんなこと考えてしまう自分をお仕置きしてほしいとなるわけです。

しかもこういう欲求には大きな波があり、生理前だったり、面倒だけどやらなければならないことがあるとき(試験勉強や課題など)に特に強い波が出てきてしまい、それがとても苦しくて、どうにもならなくなって悩んでいる人は多いものです。

自慰行為についても同じです。
男性なら気にしないことでも、女性だからそういう行為や妄想をしたら恥ずかしいとか、誰にも言えないとか、罪悪感が強く出てしまうこともあり、人によっては受け入れている人もいれば、深刻に悩んでいる人もいます。

ただ、私的にいうと、ブログでもお話ししている通り、お仕置きは愛情表現の一部であって、寂しさを埋める事やスキンシップでの安心感、そして叱られる事などで愛情を求めているのであって、決しておかしいことではありません。
そこにお尻ペンペンという、お尻を丸出しする行為があるから恥ずかしく、考えたらいけないことだと感じてしまうのであって、そこだけをクリアすれば普通の愛情表現であり、ビンタするのと何ら変わりがありません。

なので当然欠けている愛情や欲求を埋めるためにお仕置きのことを考えてしまうのはしょうがないことだし、その欲を解消するために私は”スタンダードなお仕置き”を受けることを推奨していますから、私的にお仕置きを考えてしまう事に対してお仕置きはしません。

欲求というのは体験すれば無くなることがありますから、お仕置き欲を無くしたいと思うなら思うほどスタンダードなお仕置きを受けることは必要で、実際にお仕置き欲求が薄まっていく子は私の元には結構いるんですね。
逆に我慢すればするほど欲求は過度になり、どんどん苦しくなってしまいますから、そういう事にならないように、早めにお仕置きを受けることを推奨しています。

ただ、本人の要望で自制したいというのなら推奨している部分は伏せて、「自分がそうしたいなら一切考えないようにしなさい!」とお説教では普段言っている事と逆のことを言ったりすることもあります。
お仕置きを推奨しているのにお仕置きのことを考えるなというのは矛盾していますが、それが本人にとっての悪いことであればそういうことを言って自制させるように仕向けます。

自慰行為に関しても同じです、自慰行為は悪い行為ではなく、人によっては気分を良くしたり、モヤモヤしている心を安定させたりといい面もあるわけです。
自慰行為で心やホルモンバランスを整えることも必要な場合もあるので、「自慰行為はしてはいけないことだよ」とは言えません。
もちろん過度にしてしまうのは問題もありますから、そこは少し自制するよう言うかもしれませんが、一切しないように禁止することは言いません。

なので本人の自制の問題として、「お仕置きのことを考えないようにしたい」「自慰行為をやめたい」というのであれば、それに対してお仕置きもしますし、約束をしてそれを破れば次回もお仕置きとなり、これも立派なお仕置き理由となります。

また、本気でやめたいと思う人と、そうではなくてお仕置き理由として
「お尻ペンペンなんていけないことを考えてばかりの私をお仕置きしてほしい」
というキーさんもいます、それはシチュエーション的な理由であり、自慰行為も含め、「そんな子はお仕置きです!」というようなゾクゾク感を味わって満たされたいという人もいますから、そういう理由についても私の中では有りです。

ただ、矛盾点もあり、それはお説教をするにあたって、それは”いけない事”であり”はしたない事”であり”悪い子”という事になるので、普段私がブログで話している事とは180度違ってきます^^;
それでも本人がそう望んでいるのであればその子のためのお説教に切り替える事も大切なことと思っているので、お説教中に「ん??」と思ってもそこは気にしないでいてもらわないと困ります(笑)

ま、要するに”自制”と名がつけば、私が良しとしていても、どんなことであってもお仕置き理由になるということです^^



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

お仕置き理由(自制と罪悪感)

お仕置き理由についての「自制」と「罪悪感」について考えてみたいと思います。

お仕置きは”悪い事をしたとき”にするものですが、その悪い事の基準は、日本においては基本的に日本の社会の基準です。
もちろん個人な価値観でのお仕置きも存在しますが、それが躾としてのお仕置きの基本だと私は思っています。

一方、一般的には悪い事じゃなくてもお仕置きを必要とするときもあるんですね。
それが「自制」や「罪悪感」です。

罪悪感に関しては、その事が社会的に、もしくはお仕置きをする側の基準で悪い事と判断したらもちろんお仕置きですが、悪い事と判断できなければお仕置きにはなりません。
しかしそういう場合でも、本人の基準で罪悪を感じ、それを悪い事と判断しているのであれば、本人基準では悪い事であり、よってお仕置きが必要ということになります。

罪悪感とは、人によっては過去の過ちの清算でもあり、両親に世話(迷惑)をかけたことであったり、更には一生消えない罪悪感を抱えてて、一生お仕置きを受け続けなければ気が済まないという人もいます。

一般的に考えて悪い事ではないケースの場合は、相手に罪悪を抱えなくてもいいという説明はし、それでもお仕置きを望むのならそれについてはお仕置きをします、それは本人の中では悪い事だからです。


次に自制に関しては、どうしても自制ができないことで自分自身に罰を与えて自制できるようにしたいという意味で、当人はお仕置きを必要としているんですね。
自制といっても「自制できなくて悪い事をしてしまう」という事であれば当然お仕置きですが、そういう自制ではなく、一般的な悪い事ではなく、自分で決めたことを守れないことに関しての自制です。

例えば、
休みの日は10時間勉強したい
23時までに寝たい
ゲームやスマホをいじって家でダラダラと過ごしてしまう
課題を早めに終わらせたいのにいつもギリギリになってしまう
就業時間の30分前には会社についていたい

このような自制はその罪悪の判断は自分次第なわけです。
勉強10時間なんて凄すぎですよね^^;
一番多い例をあげたのですが、5時間はしたいという人もいて、これでもなかなかできないことです^^;

私からしたらそれができなかったからといって悪いことだとは思わないし、むしろそれに近いことをやっているという意味では尊敬に値します。
しかしこれは本人基準では駄目なことであり、自分で決めたことができていないということでモヤモヤし、お仕置きの力を借りて自制したいという強い思いがあるわけです。

こういう理由でもまず説明するのは、どうしてそういう目標を作ったのか、それは達成できる目標なのか、ということをじっくりとお話をし、その上で今後どのように取り組んでいくかを本人に決めさせ、今後はきちんとするように約束をします。
どうしてそのような事を話し合うのかというと、それは本当に自分にとってやらなければいけない事なのかをはっきりとさせるためです。

勉強だって10時間必要な人もいれば1時間で足りる人もいますし、学校の授業だけで十分という人もいます。
一律に10時間勉強しなければいけないというわけではなく、本人が必要だからそれをしなければならないわけですよね。
だからそうやって自分で決めた事に必要性が無ければやる必要もないし、お仕置きも必要ありません。

なのでそういうお話をして、本人が自制する必要があるのであれば無理のない計画を立てさせて、その後しっかりと”約束”をします。
その場でのお仕置き理由としては、自分で決めたことを守れなかったことに対してですが、約束をしたことによって今後は自制だけではなく、約束を守るという義務感が生まれ、更に意志が強固となって今まで以上に頑張れることにつながるものです。

そうはいってもそれが持続するかどうかが一番の問題です、お仕置き直後は誰でもできますが、それを持続することが一番の難関ですからね。
もちろん約束を破ってしまったら厳しいお仕置きが待っていますから、そのお仕置きでまた一からやり直しということになるわけです^^;

自制については”欲”の自制というのが厄介なもので、それで悩んでいる人は結構いるものです、次回はそれについて考えてみたいと思います。



当サイトへは下記よりお入りください。
PC版    お仕置きの部屋
スマホ版  お仕置きの部屋
モバイル版お仕置きの部屋

インスタ
https://www.instagram.com/kyosuke295/

スパ的な毎日 お仕置きブログ 精神と心の部屋

リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

京介(きょうすけ)

Author:京介(きょうすけ)
初めまして、京介(きょうすけ)といいます。

スパといわれている世界ではいわゆるディシプリン派の”カー”という存在らしいです。
そしてお説教やお仕置きは私の日常です。
私の普段の言動や行動がスパでいう”カー”というものに似ているだけなので、スパという”作られた世界”の住人である意識は全くないんです。
それくらい日常的にお説教やお仕置きをしているってことです(笑)

お説教や相手との対話については私の中では”心の安定でありカウンセリング的な心のケア”と認識しており、お仕置きの中で一番重要視していることです。
相手の理由や言い分をしっかりと聞いた上で、客観的に「何故直さなければならないか」という説明をし、納得をさせる事がお説教と位置づけており、お仕置き後のアフターフォローとしての対話を含め、イメージ的にはカウンセリングのようなものです。
なので私はこじつけの理由ではなくリアルな理由でしかお説教やお仕置きはしません。
そしてお説教とお仕置きはセットでなければ意味はなく、更にお仕置き後のアフターケアがないと成立しません。
私の場合のお仕置き基準は「他人を不快にする行為、約束を破る行為」について特に厳しく接しています。

お仕置きでの関係性は親と子供的なものです、それをコンセプトに全てが成り立っています。
つまり相手とはある意味対等な立場であり、よって敬語を使わせないようにしますし、私が命令口調で話したりすることもありません。
また、教師と生徒的のような上下関係の立場から物事を矯正するということも好みません。
このような上下関係のあるお仕置きは恐怖心により支配しているものでもあり、自尊心を傷つける場合もあるので親子間での愛情のあるお仕置きとは全く別物と認識しています。
こういう考えなので親子的でもあり友人的な立場という立ち位置が一番しっくりきます。

ここに至るまで、過去私はSMという世界を体験しました、SMの世界といったら大げさなのですが、精神的な心の部分を追求するために足を踏み入れました。
”人間の心や本質”を追求したくて入り込んだのですが、私の求めているものへの違和感がずっとあり、その違和感を解消しようと模索した結果、スパといわれている世界にたどり着いたのです。
その違和感を簡単にいうと、性的なお仕置きや理不尽なお仕置きがまかり通っているということです。
もちろんプレイ的には面白みはあるので、性欲のはけ口としてはいいのかもしれませんが、性欲以外の部分を満たすためにはスパの世界が心地よかったんですね。
スパの”カー”からSMの”S”に移行する人ってたくさんいますが、私はその逆バージョンみたいな感じなんですね(笑)
SMの精神的な部分の究極を追求した結果、スパといわれている世界にたどり着いたので、過去の体験があるからこそ今の自分がいるんだと思っています。

このブログを書き始めることになったきっかけですが、それはお仕置きに興味がある若い女性が結構いる事を知ったからです。
真面目に苦しんでいる人達を私の言葉により一人でも救ってあげれたらなという気持ちで書いていこうと思いました。

こういう世界に入り込んでしまう人はそれぞれの心の闇を抱えているものです、その闇を全て吐き出すことは難しいですが、このブログを通じて自分の居場所を見つけ、少しでも心の安らぎを感じて欲しいです。
そういった精神的な部分を私は一番大切にしています。

これだけは理解した上で私のブログをお読みください。
私のしているお仕置きとSM的なことは独自の価値観ではっきりと区分けしてあります。
ここでのお仕置きとは性的要素を一切含まないものであり、同じお仕置きでも性的要素が少しでも含めばそれはSM的として解釈しています。
独自の価値観で表現していますのでそこはご了承の上お読みください。

人それぞれ求めているものは違います、そして最初の入り口は頭の中のモヤモヤ感や欲求、焦燥感等を解消することからです。
大事な事は、それらを解消する事によって新しい何かが生まれるかもしれないということです。
そして新しい何かを見つけなければ、そこからは何も生まれません。

お仕置きに憧れを持つことは、叱られる愛情や甘える事を求めているからともいえます。
ドキドキしたりするのは、自分の求めていた愛情が受けられる、甘えられるという妄想で、それが無意識に反応してしまうだけです。
全ては無意識で起こる深層心理下での心の動きなんですね。

そのように思える人は決して叩かれたいだけではないはずです。
なのでスパに対する概念は捨てて、客観的に自己を見つめることがとても大切なことだと思うんです。


こんな感じの私ですが、様々な人達を見てきていますのでどんな内容でも私が引いてしまうことはありません。
また、私は概念や雑念に捉われません、客観的に受け止めますので共感はしますが、同情はしないです。
悩みや相談がありましたら気軽にどうぞ、どのような立場の方でも個人情報を漏らすことは決してありませんので安心してください。


自分の満たされない思い、満たされたい思いをお仕置きを通じて体験してみましょう。
体験は若ければ若いほどいいです、どちらにしても歳を取ったら卒業しなければならない必要性が出てきます、いつまでもパートナーがいるわけではありませんからそうなると心が苦しくなるだけですからね。
若いうちに体験しておくと卒業もしやすいですからそういう意味でも急ぎましょう^^


念のため、キー、カー等のスパ用語が分からない方はこちらを参照ください(笑)
これがないと意味不明となる場合がありますからね(汗)初心者さんのためにも紹介しておきます^^;

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示